2017年08月09日

独居老人の生活941 (貧乏オッサン、 チェンマイの恋:前編)


昨日(8日)の午前、 イミグレ事務所に出向く。
目的はTM30の半券を貰うため。

1階の受付の女性に 「TM30は何処ですか?」 と訊く。

「Second Floor、 Amazonの近くです」

2階に上がったが Amazon(カフェ)は見当たらず。
ここで気が付いた、 3階にあるのだ。

彼女はイギリス英語で答えて Second Floorと言った。
1階がGround Floor、 2階がFirst Floor、 3階はSecond Floor。

これが米国だとそのまま1F(First Floor)、 2F、 3Fと呼ぶので分かり易い。

同じ英語でもイギリスとアメリカで異なるからややこしい。

               * *

午前10時40分にTM30の受付けへ、 番号札は135番。
呼ばれたのが11時35分、 55分待ってようやく手続き開始。

1,2分で完了。  大病院と同じで1時間待って診察3分。
午後2時過ぎに行けば、 待ち時間が少なかったかも。


                * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活941
                 (貧乏オッサン、チェンマイの恋:前編)


    女のことが分かると、 男に哀れみを覚える。

    しかし、 男をじっくり観察すると、

    女を許してあげたくなる。

                       アシーユ・トゥルニエ (19世紀・フランスの警句家)


当時50代後半、 Tさん(現在63歳)の恋物語の幕が開いたのはいつ頃だったか。

ジジイがTさんと初めて出会ったのは和食店 「のぼる」。

ブログでお馴染み 「飲んべえ親父のチェンマイ子育て物語」 の
親父経営の店だ。


pict-のぼる.jpg
            ☝ 今は懐かしい 「のぼる」


店に行けば、 殆どと言っていいくらいTさんに出くわした。

昼間からビールを飲むジジイとTさんは、 グラスを傾けながら
くだらない話で時間を潰す。

その頃の 「のぼる」 は一種のパブみたいなもので、 店に行けば
必ず顔見知りがいる。
だから1人寂しく食べる...なんてことはなかった。

夜になると飲んべえ親父も飲み始める。
そしてグラス片手に我々の話に加わるからより賑やかに....

               * *

「のぼる」 の店員としてMiちゃん(仮名)が働き始めたのは今から
4年ほど前か。

気配りと持ち前の明るい性格で、 たちまち爺さんたちのアイドルになる。

pict-ニー2.jpg
        ☝ Miちゃん、 36歳の頃 「のぼる」 にて....





その中でも1番お熱を上げたのがTさんだった。

pict-のぼる4轟.jpg
      ☝ Tさん、 58、9歳の頃、 「のぼる」 の前で.....



店の前を屋台のアイスクリーム屋が通れば、 呼び止めてアイスキャンディを買う。

そして 「Mi−、 アイス!」 と言いながらプレゼント。
確か10バーツだったと記憶する。


アイスクリーム屋も心得たもので、 「のぼる」 の前に来るとストップし、 Tさんからの注文を待っている。

このようにしてアイスキャンディの贈り物が続いたある日のこと。
いつものように貰ったアイスを手にしてMiちゃんが言う。

「コップクンカー(ありがとう)、 アナタ」

言われたTさんの戸惑う表情。

ジジイは驚いて、 すぐ傍にいた飲んべえ親父に訊く。

「何だい、 2人はもうデキてんの?」

「いや違うよ、 Tさんのニックネームは ”アナタ”、  
 そう呼びなさいって、 Miに教えたんだ」


ジジイはそれ以来、 「あなた」 を連発するMiちゃんの声を
何度も聞いた。

Tさんはボヤく。

「アナタって呼ばれて、 俺、恥ずかしいよ。
 知らない客は、 えって一瞬、 俺の顔を見るんです」

飲んべえ親父の洒落たイタズラ、 Tさんは満更でもない様子。


Tさんがしばらく顔を見せずにいると、 Miちゃんから電話。

「お店においで〜、 アナタ〜」

飲んべえ親父の差し金だ。

銀座・赤坂、 高級クラブのホステスに負けちゃあいない。
チェンマイの庶民的和食店だってやるもんだ。

              * *


その頃、 Tさんはまだ年金(受給)がなかった。
預貯金を切り崩してのチェンマイ暮らし、 倹約の毎日である。

その中から毎日アイスのプレゼント。
しかし一向にMiちゃんの心はなびかない。



そんなTさんに転機が訪れた。
彼がマラソンランナー・よも助さんとビエンチャンに行った時だ。

pict-DSCN1569ビエンチャン.jpg
  ☝ 左がTさん、 右が裸足のマラソン・よも助さん。


2015年1月、 よも助さんがアドバイスする。

「子供ならともかく、 大人の女性をアイスじゃ口説けないよ。
 お土産にネックレスを買って、 それを贈れば1発間違いない」


ビエンチャンのレストランで計画を練る2人。
その謀議の模様をビデオでどうぞ!  (1分)
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=0qua--S27-c

                * *

「山が動いた」 (注記参照): 
こう言ったのは選挙で勝った時の土井たか子。
 

「チンコが動いた」: よも助さんから ”1発” を聞いた時のTさん。


Tさんは新年の誓いをたてる。
”今年中に、 Miを口説き落とします!”

そして彼は清水の舞台から飛び降りた。
ビエンチャンでネックレスを買ったのだ。

そしてチェンマイに戻ると、 それをMiちゃんにプレゼント。
受け取ったMiちゃんは感激の面持ち。

アイスキャンディの時とは打って変わった喜びよう。
色好い感触を得たTさんは、 ここから攻勢に転じる。

彼女のこの言葉の裏に秘めた愛を信じて.......


「アナタ、 ありがとう......アナタ〜」






                         Love lasts forever
                          (愛は永遠に続く)
                               ☟
pict-DSCN1507.jpg

                  ☝
                
       果たしてオッサンの恋は実るのか?         

                              (続きます)


チェンマイって ホントいいですね!

 (注記)
土井たか子の 「山が動いた」 は、 1989年の参院選において
「マドンナ旋風」 で勝利した時に発したもの。

語源は、 与謝野晶子が 『青鞜』 創刊号に寄せた詩だとか。
土井たか子なら然もありなん。
 
 「山の動く日」

 山の動く日来る
 かく云えども人われを信ぜじ。

 山は姑く眠りしのみ、
 その昔に於て
 山は皆火に燃えて動きしものを。

 されど、そは信ぜじともよし。
 人よ、ああ、唯これを信ぜよ。
 すべて眠りし女 今ぞ目覚めて動くなる




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:12| Comment(2) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

独居老人の生活940(#18チェンマイ百景)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活940(#18チェンマイ百景)


    今日できることを明日にしてはいけない。

    遅延は時間の盗人だからだ。

                                  ディケンズ (イギリスの作家)


@ 新国王の存在感。

ここはフォイケーオ通り、 shopping mall 「MAYA」 の交差点付近はいつも渋滞する。

この通りにあるアーチには9世国王のお写真が飾られていた。


pict-DSCN1554.jpg




しかし現在では新国王のお写真になっている。

pict-DSCN1552王様.jpg




 中央のお写真には9世と10世国王のお二人。
pict-DSCN1553.jpg


このように新国王は国民から敬われ、 より親しまれていく。


               * *


A 日本でこんなの売ってます?

この店はサンデーマーケットの出る通りにある。

pict-DSCN1518.jpg




商品名が MANCO SMOOTHIE、 40B。
ジジイはこれ見て仰天.....マンコ スムージー?



                ☟




pict-DSCN1517マンゴキャンディー.jpg
      ☝ マンゴー入りのアイスキャンディだった。


因みにSmoothieとは新鮮な果実とミルク、 ヨーグルトなどを混ぜたどろっとした飲み物をいう。

女たらしの意味も.....甘い口先から来たのかな?


                 * *


B 道路工事が中々終わらない。

最近のチェンマイはあちこちで道路脇の暗渠工事をやっている。

道路脇ならまだいいが、 道路を横断しての掘削にぶつかると、
バイク運転者が危ない目に合う。

夜明け前の暗い道、 走行中のバイクが突然ドン...の衝撃。
何とかして欲しいよ。


ここはチャンモイ通り(場所はココをクリック)。

 上蓋のコンクリ埋めだけ完工。
pict-DSCN1539.jpg




 反対側はこれから?
pict-DSCN1541.jpg




この通りは旧市街、 ココをクリック。

掘削され、 鉄筋工事まで完了。  しかし鉄筋が出たまま。
バイクで走って、 もし鉄筋の上に転倒したら危ないね。

pict-DSCN1543.jpg




バイクでこの通りに入ろうとしたが、 危険なので遠回りした。
渡した板が狭すぎるよ。
pict-DSCN1545.jpg




途中まではコンクリが打ち終わってはいるが.......

pict-DSCN1535.jpg




通りは生コン車が通せんぼ。
これが中々動かない、 車もバイクもみな迂回。
pict-DSCN1537.jpg




この通りで営業する和食店 「ごはん屋」 の店主はボヤく。
                 ☟
pict-DSCN1536.jpg


「もう1ヵ月近くもこの状態、 予定では終わってるのですが」

「役所に文句を言った方がいい、 日本なら大変ですよ」

「それが....これがタイなんです、
 あれが遅れ、 ここが予定外でとか.....仕方ないです」

流暢な日本語で喋るタイ人店主、 もう諦観の境地か。


この工事のためか、 ランチ時の店内はジジイ1人だけ。
売り上げにも影響が出ているようだ。


それでもじっと我慢のタイ人の方々.....これがマイペンライか。







 日本も全て、 このくらい悠長でいいよ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:21| Comment(6) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

独居老人の生活939 (子供が集う日本祭)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活939(子供が集う日本祭)


    這(は)えば立て  立てば歩めの親心 

    わが身につもる  老いを忘れて
                                           道歌より


@ 訂正とお詫び。

昨日(4日)のチェンマイ・イミグレの中で、 1ヵ所間違った記述を
いたしました。

「Transfer Stamp」 の手続き場所を3階と記載、
これは誤りで正しくは 1階の#3事務所です。

パスポート更新によるビザのスタンプ移し替えの手続き場所は、
1階の#3事務所です。

昨日午前中に本ブログを読まれた皆さま、 ご注意ください。
 (正午前に訂正済み、 すみませんでした)

                 * *

A ボケたのかホント心配。

8月3日、 またバッグを置き忘れた。

和食店 「ボタン」 でランチ、 そのあとバイクで10分走って次の
待ち合わせ場所に移動。

友人数人が既に到着していた。
ジジイは、 バイクを停めて初めて置き忘れに気付く。

仲間にその旨話し、 「ボタン」 に取りに戻る。
バッグの置き忘れは、 先日クラブ 「チェンマイの夜」 でやった
ばかり。

こう続くと自分でも??  心配になる。

                 *

8月4日、 道路で転んだ。
夕飯で 和食店 「憩」 へ行く。 (Street Viewはココをクリック)

店の手前10mでツクツク下車、 歩いて店に近づくとガラス越しに友人3名の姿が目に入る。

とその瞬間、 蹴躓(けつまず)いて前のめりで転倒。
6月にチェンマイへ戻ってきてから2度めだ。

膝に軽い擦り傷、 友人からボケを冷やかされた。 
72歳、 年取ったあ、 これじゃいつまでチェンマイに居られるやら?

                 * *


B タイではこんなんでも逮捕される。

  場所はサラブリ県。
pict-サラブリー県.jpg


同県のパブで働く3人のビアガールがフェイスブックにアップ。

「夜9時までに来店すれば、 ビールの Buy 1 Get 1 Free (1杯注文すれば1杯無料) プロモーションをやってま〜す」 と宣伝。


逮捕されたビアガール、 3人とも如何にも美女って感じ。
こんなパブがチェンマイにあれば、 ジジイは毎晩でも通いたい。
                    ☟
pict-サラブリ.jpg



サラブリ警察が逮捕理由を言う。

タイで2008年に公布されたアルコール規制法の 「アルコール飲料を飲むように人々を誘導すること」 は法律違反。

加えて (動画内のセクシーで刺激的な) 服装も不適切とか。

セクシーな販促行為が同5項 「アルコール飲料を飲むように人々を誘導すること」 にも相当するため、 見せしめ的な意味合いか。

それとも、 店がポリスにへの鼻薬をケチったのかも。


ではどんな感じかビデオで....(30秒過ぎから見ましょう)
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=tScr1zB0-0w


                * *


C 中学生・高校生の日本祭。

場所はランパーンの学校。
ランパーンとランプーンの中・高日本語学級の生徒が集合。


pict-pict-1501898978177.jpg
            ☝ みんなで頑張る日本祭




 鉢巻に法被、 ここは既に日本。
pict-1501960714406.jpg




セーラー服の女子生徒、 ランパーンも美人の産地かな。
               ☟
pict-1501899015230.jpg




 折り紙もやってます。
pict-1501960721066.jpg




 女の子、 可愛いですね。
pict-1501960700007.jpg



ここに日頃ボランティア活動する日本人爺さんも参加。

彼らが教えた 「よさこいソーラン踊り」 がテンポよく、 法被姿の踊りに拍手喝采、 祭りを盛り上げる。

ではその子供たちの踊りをどうぞ!  (3分54秒)
        ☟
https://www.youtube.com/watch?v=rSRhLDQlnhI


ここに餅つき大会が入ればもっと沸いたであろうに.....
「餅つきキャラバン隊」 っていうのはチェンマイだけかな?

                * *


日本祭のメインイベントは美人コンテスト。
艶(あで)やかな和服姿で妍(けん)を競う。

 
pict-pict-1501899011005.jpg




pict-1501898997987.jpg




pict-1501960706406.jpg




 そして最終選考に残った5人。
pict-1501853009315.jpg


審査員はシャレの分かる人たちのようだ。
5人のうち本物の女子生徒は1人だけ、 他の4人は男子の女装。

さて本物の女子は誰でしょう?



このように日本語を学び、 日本文化に親しんでくれる若者たち。

嬉しいじゃないですか。

タイに住む、 我々老人が貢献できること、









お金をいっぱい使いましょー。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:22| Comment(4) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする