2019年03月08日

独居老人の生活1462(覆面レスラー)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1462(覆面レスラー)


 成り行きと言うと無責任なイメージを持つけど
 これほど強いものはない。

 つまり、 自然の流れに逆らわずに正直に生きるってこと。

                                   ジャイアント馬場 (プロレスラー)


ジジイが生まれて初めて覆面プロレスラーを見たのは昭和36年で、 16歳の時だった。

当時のプロレス人気は最高潮、 我らの英雄は力道山。
その頃、 第3回ワールドシリーズで、 覆面プロレスラーMr.X が
登場したのだ。

pict-昭和36年 プロレス第3回ワールドリーグ戦.jpg



黒覆面姿は不気味に感じたが、 Mr.Xはリング上でも強かった。
             ☟
   pict-bill_millerミスターX.jpg


しかし主催した 「日本プロレス」 はこの時、 密林の野獣ことグレート・アントニオを目玉に使う。

デモンストレーションでは、 彼に大型バスを引っ張らせる。
                ☟
   pict-グレート・アントニオのバス.jpg



リングに登場の際は、 暴れないよう鎖で引っ張られて現れる。
                    ☟
pict-グレート・アントニ....jpg



このグレート・アントニオは、 日本のレスラーをみな粉砕。 

そのくらい強いということで、 彼の人気は絶大なものに.....
力道山はアントニオに勝てるんだろうか?

ジジイはドキドキしながら、 テレビでワールド戦に釘づけ。
固唾を飲んで見ていたら、 力道山はあっけなく勝ってしまう。

鳴り物入りのグレート・アントニオは、 本当は弱かった。
今度はMr.Xが彼と対戦する。

Mr.Xは、 リング上でアントニオの長パンツを下ろし、 尻まで観客に見せて翻弄、 Mr.Xの勝利はカッコよかった。

                  * *

そのMr.Xより遥かに人気を得たのがザ・デストロイヤーだ。

昭和38年5月、 日本プロレスに初来日して力道山と対戦。
得意技の足4の字固で全国に一大センセーションを巻き起こす。

同年、 東京体育館で行われたWWA世界選手権は平均視聴率64%を記録、 これまで歴代視聴率4位にランクされている。
                ☟
   pict-ザ・デストロイヤー2.jpg
                ☝
      力道山を苦しめるザ・デストロイヤー。

力道山とのシングルマッチは通算1勝1敗2分。 
デストロイヤーは1993年に現役を引退。

彼は日本テレビの番組 『金曜10時! うわさのチャンネル』 (司会:和田アキ子)にレギュラー出演。

強いデストロイヤーが和田にイジられるコメディアンとして人気を博した。
   pict-ザ・デストロイヤー(左)と和田アキ子.jpg

                 * *

ザ・デストロイヤーが残した功績は、 覆面レスラーの人気を不動にさせたこと。

影響を受けたのだろう、 その後の日本では、 覆面日本人レスラーが大勢現れる。

  タイガーマスクなどその典型だ。
pict-新タイガーマスク.jpg
                  ☝
  しかしタイガー魔法瓶を被ったレスラーは出なかった。



その後はタケノコの如く覆面レスラーが誕生する。
                 ☟
   pict-覆面プロレスラー3.jpg



   みんなで覆面、 誰が何やら分からない。
pict-覆面プロレスラー4.jpg



 Mr.Xの黒一色が強そうに見えたのだが.....
                  ☟
pict-覆面プロレスラー.jpg



   ナニ考えてんだか・・
pict-覆面プロレスラー2.jpg
          ☝ タイガーマユユ、 何だいこれ。


マンネリ化した現在、 今後こんな覆面レスラーに期待がかかる。

         
                  ☟

                  


                  ☟




pict-ストッキングをかぶった男.jpg


覆面ブームを作った男、 デストロイヤーも不死身ではない。
昨日(3月7日)、 米国バッファローの自宅で死去(享年88)。


デストロイヤーのマスクは、 女性用のガードルから誕生。
購入したガードルを妻が加工し、 マスクとして使用していた。

奥さんと一緒に女性用下着売り場に行き、 変な目で見られた由。
               ☟
   pict-女性用のガードル.jpg
        ☝ 覆面に化けたガードル。


デストロイヤーは、 日本では覆面をとらなかったという。

空港での入管の際も 「デストロイヤーです」 と言って通った。
覆面したままで......このエピソード、 本当かな?

運転する時も覆面ドライバーだったそうだが、 覆面パトカーに捕まったという話は聞いていない。

      pict-The Destroyer, .jpg



ザ・デストロイヤーの素顔は、 優しい感じ。

                 ☟

pict-ザ・デストロイヤー.jpg
        ☝ 通称Dick Beyerのデストロイヤー。





 さらば、 我が青春よ!


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:20| Comment(4) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

独居老人の生活1461(穴は小さい方がいい)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1461(穴は小さい方がいい)


  ・偕老同穴
  ・穴があったら入りたい

  ・蟻の穴から堤も崩れる
  ・同じ穴の貉(むじな)

  ・虎穴に入らずんば虎子を得ず
  ・人を呪わば穴二つ

  ・墓穴を掘る
  ・穴の狢を値段する

  ・蟹は甲羅に似せて穴を掘る
  ・壁の穴は壁で塞げ

  
@ イミグレ状況( 1年ビザ延長手続き)。

読者の方が昨日(3月6日)、イミグレに出向かれました。
その時の状況を下記コメントで教えてくださいました。
 (参考まで...)

『今日ビザ延長手続きに行きました。
朝6時イミグレ着、 すでに門も入り口も開いていた。

中には2人の係官がいて、 座る席を指示、 7番目でした。
7時に受付開始、 ビザ延長では3番目になりました。

7時5分に1番目の外人が呼ばれ、 私は25分後の7時30分に呼ばれ、 10分ほどで終了。

誓約書2枚(タイの法律順守等)にサインさせられた以外は例年と同じで、 銀行預金の80万バーツはチラ見だけでした。

タイ総選挙前だからなのか、 拍子抜けするくらいアッケなく終わりました』


ということは、 朝7時には係官の業務がスタートしているわけで、 申請者にとってはありがたいこと。

3月1日から適用の銀行預金を対象とした要件変更(新聞記事)に関し、 言及があったのかどうかは不明。

   ********************


A 日産のカルロス・ゴーン被告(64)が保釈。

昨日、 ゴーン前日産会長が保釈された。
このニュースでジジイを笑わせてくれたのが彼の変装ぶり。

pict-ゴーン被告スズキ.jpg
           ☝ 表に出て来たゴーンさん。



これじゃあ変装しても同じ、 目立っちゃうよ。
どうせやるなら刑務官と同じような服装にしなきゃあ。
pict-ゴーン被告スズキ4.jpg
           ☝ 私がゴーンだよって感じ。



もう1つ笑わせてくれたのが、 ゴーンさんが乗った車。
これがスズキの 「エブリイ」。

pict-ゴーン被告スズキ3.jpg
      ☝ 乗り込むゴーン、 〇にはEVERYのマーク。


逮捕されてから、 108日ぶりに乗った車が競合他社製品。
これで東京拘置所から都内を走り続けたという。

日産にだって軽ワゴンがある。
そこから大金を分捕っていたんだから、 日産車の宣伝をしてあげたらどう、 ゴーンさん!

保釈金は10億円、 ポンと払えるんだから金持ちなんだねぇ。

   *******************


B ゴーンが馬に乗る。

ゴーンはアメリカの草原で馬に乗り、 景観を楽しんでいた。
すると馬がいきなり棒立ちに.....

見ると大きな蛇が鎌首を持ち上げ、 襲いかかろうとしている。
ゴーンは持っていた拳銃を取り出し、 蛇に狙いをつけた。

と、蛇が叫んだ。
「助けてください、 助けてくれれば、 あなたの望みを3つ叶えます。

本当か、 よし、 ならば先ず、 1千億円をオレに差し出せ。

第2はゲーリークーパーのような二枚目にしろ。
オレは、 顔には劣等感を持ってたんだ。

最後はな、 今オレが乗ってる馬のようなモノにするんだ。
分かるよな、 馬の股間と同じモノだぞ」

「了解しました、 必ず3つを叶えさせます」

と言って、 蛇は草むらに消え去った。

翌朝ゴーンが目を覚ますと、 机の上に1千億円が置いてあった。

次に鏡の前で己れの顔を見て驚いた、 ゲーリークーパー瓜二つ。

「よし、 最後のナニ、 これで短小コンプレックス解消だ」

と、己れの下半身を見た瞬間、 悲鳴をあげる。

「しまった、 オレは昨日、 メス馬に乗ってたんだ」

   *********************


C テーブルランプを買う。

一昨日、 セントラル・エアポートプラザで購入。
              ☟
   pict-DSCN5283電気スタンド (2).jpg
       ☝ 価格は379バーツ+ VAT。


電球がなければランプにならない。
で、 「電球もください」 と店員に告げる。


   持ってきたのが次のもの。
pict-DSCN5283電気スタンド (1).jpg
        ☝ 79バーツ(+VAT)と意外に高い。
          レジの後で気が付いた。


LEDで、 ランプ寿命25,000時間とある。
ランプなど使ってもせいぜい1日平均2〜3時間。

1日に3時間使用したとしても8,330日分もある。
8330 ÷ 365 = 約23年のランプ寿命。

23年後のジジイは97歳、 とっくに死んでるわ。

   *******************


D 電子辞書。

ジジイは所有していた書籍タイプの辞書は廃棄処分にし、 現在CASIOの電子辞書を使っている。

一時帰国した際東京で購入し、 チェンマイに持参。
それが故障というか、 スイッチが入らなくなった。

pict-DSCN5278.jpg
                   ☝
     矢印のスイッチ箇所に亀裂が入り、 電源入らず。

こうなると不便なもので、 誤字や言い回しのチェック不可。
例えば ”つくずく思う”、 ”つくづく思う” はどっちが正しい?

仕方なく、 パソコンやスマホの翻訳使用で凌いでいる。
重くて嵩張るが、 やはり昔ながらの辞書の方がベターかも....

次回、 日本に帰った時、 どっちを買うか今、 迷っている。

   ********************


E 先日読み終えた本。

  pict-DSCN5223文庫本.jpg

直木賞作家・白石一郎著、 新潮文庫(1988年発行)の短編集。
主に豊臣・徳川時代の戦国武将が取り上げられている。

中でも蜂須賀一族を描いた ”阿波の狸” が1番面白い。

1月〜2月で5冊目を読了、 以前に比べて読書量は半分以下。
減少はブログを始めてからで、 時間がそっちへと.....

   ******************


F 友人が突然帰国。

友人は3月1日にチェンマイ到着、 3週間をチェンマイで過ごす
予定だった。

それが5日間の滞在後、 突然、日本に帰るという。

「母親の具合が悪くなったと連絡が入り.....」

格安チケットでチェンマイに来ており、 変更不可だとか。
で、 急いで片道航空券を購入(タイ航空)、 6万円ほど。

お気の毒だが、 母親が危篤では致し方ない。
一方が不運なら、 片方は幸運になる、 これが世間か。

友人は毎日マッサージに通う。
そこの女性や知り合いのタイ人にあげるため、 日本からお土産を持参していた。

まだその分がたくさん残っており → ジジイが戴くことに...

pict-DSCN5276お土産 (2).jpg
               ☝ ツマミ類が多い。



pict-DSCN5276お土産 (3).jpg



魚肉ソーセージは5本あったが、 ジジイが2本食べてしまった。
                   ☟
pict-DSCN5276お土産 (1).jpg


人様の不運がジジイの幸運に...
友人に成り代わり、 チェンマイの女の子に配りたい。

モテたらいいな。

   ********************


G 穴。

昔、 味の素がどうやって売り上げを伸ばすか、 販売促進会議を開いた。

皆で知恵を絞るが、 これといったアイディアが出なかった。
その時、 製造担当の社員がこう提言したという。

「振りかけ部の穴を大きくしたらいい」

結果、 どうなったのかジジイは知らない。

ジジイは先日、 リンピンスーパーで卓上(瓶入り)塩を購入。
これまで使用の卓上瓶では、 振りかけた際に塩がこぼれるから。

  左から、 先日買った塩(青)、 従来の塩(赤)、 胡椒。
pict-DSCN5271塩コショウ.jpg


青の瓶を開けてみてビックリ、 穴がデカすぎるのだ。
茹で卵にかければ、 ドバッと塩が振りかかる。

穴が大きい上に、 穴の数(10穴)が多過ぎる。
従来の瓶(赤)では、 穴が小さくて6穴。

仕方ないので、 振りかける際は8穴を指で塞いで使っている。

やはり穴は小さい方がいい....つくづく思った。







彼女のアソコもネ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:56| Comment(2) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

独居老人の生活1460(クリント・イーストウッド)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1460
                         (クリント・イーストウッド)


  みんなとても注意深くなっている。

  今はそんなご機嫌取りの時代だ。

  軟弱な時代になった。
                             クリント・イーストウッド(俳優、 監督)

上記の言葉は、 メディアの言葉狩りに疑問を呈し、 ポリティカル・コレクトネスを強制する風潮を批判している。

                * *

クリント・イーストウッドは今年5月末で89歳になる。
クリントは芸名で、 本名はクリントン。

しかしクリントの方が響きがよくカッコいい。
88歳だがまだまだ元気、 定年の無い稼業だから今も現役。

ハリウッドのご多分に漏れず女性関係は派手。
1953年に結婚 → 1985年離婚、 妻との間に1男1女。

1996年に再婚 → 2013年離婚、 二度目との間に1女。
再婚相手は初婚で生まれた娘と同年代、 若い女が好みのようだ。

婚外子として1男2女、 合計5人の女性との間に7人の子供が....

クリントはなぜ元気?  それは健康維持に熱心だからか。
タバコは一切吸わない。

食事では野菜類を用いたダイエットを継続、 多種類の野菜や果物や豆腐、 その他大豆製品を多く摂っているという。

ジジイはダイエットはしていないが、 ほぼクリントと同様の食事で、 魚をメインにしている → 健康長寿に期待!

                   * *

ジジイがクリント・イーストウッド初めて見たのがテレビドラマ
「ローハイド (1959〜1965 年)」。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=eRD8NSpwlGY

ジジイが西部劇映画ファンになったのは 「ローハイド 」 の影響がある。 10代のジジイは夢中になって見たものだ。
                ☟
   pict-『ローハイド』出演時のイーストウッド、フレミング、ブラインガー.jpg



 続いて1964年の映画、 「荒野の用心棒」 がヒット。
pict-『荒野の用心棒』出演時のイーストウッド1960s.jpg



このあと 「夕日のガンマン」 と西部劇モノがヒット。
               ☟
   pict-クリントイーストウッド2.jpg



そして大スターの地位を不動のものとしたのが 「ダーティハリー」 シリーズだった。
                    ☟
pict-クリントイーストウッド.jpg

ハリーが使うマグナム(拳銃)が印象的で、 ジジイは米国赴任中にマグナムを購入、 射撃場でぶっ放していたものだ。


1971年には 「恐怖のメロディ」 で監督業もスタート。
監督として約40本を手掛け、 「許されざる者」 「ミリオンダラー・ベイビー」 でアカデミー作品賞とアカデミー監督賞を受賞した。


ジジイが直近で見た彼の主演映画(監督)は、 2008年の 「グラン・トリノ」。
              ☟
   pict-クリントイーストウッド3.jpg



イーストウッドが10年ぶりに監督+俳優として出演。
それが2019年3月8日、 日本で全国公開される 「運び屋」だ。
                ☟
   pict-『運び屋』.jpg
     
88歳のイーストウッドが監督・主演を務めるのだから凄い。
これにはジジイも憧れるし、 勇気も湧いてくる → 俺だって....


ストリーは、 家族より仕事一筋で生きてきたクリントだったが、 今は金もなく、 孤独な90歳の老人になっていた。

商売に失敗、 自宅も差し押さえられて苦渋していた時、 ある仕事を持ちかけられる。

それは車の運転さえすればいいという。
簡単な仕事だと思って引き受けたが、 それはメキシコの麻薬カルテルの 「運び屋」 だった。

90歳を前にして、 美女を相手にお色気シーンもあるとか。

pict-運び屋.jpg
                    ☝
全米の警察が探す運び屋は “90歳の老人” だった..という実話
サスペンスの傑作だ。

上映時間:116分。
ブラッドリー・クーパー、 ローレンス・フィッシュバーン、 アンディ・
ガルシアら実力派が出演。

では予告編をどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?time_continue=14&v=MFvM7wcCuk4

                  * *

クリント・イーストウッドの全作品は69本(俳優および監督)。
ジジイはそのうち45本を観ている。

で、 ジジイが独断と好みで選んだトップ10 は以下の通り。
                       (  )は公開された年。

10位: ザ・シークレット・サービス(1993年)
 9位: ミリオンダラー・ベイビー(2004)

 8位: 恐怖のメロディ(1971)
 7位: マディソン郡の橋 (1995)

   pict-マディソン郡の橋 (1995).jpg

ジジイは原作(小説)を先に読み、 映画は後で観た。
不倫モノ本で、 世界的ベストセラーに....

しがないカメラマンと田舎で退屈してる農家のオバさんが、 ひょんなことから知り合って男女の仲に....

2人で4日間を過ごし、 最後はカメラマンが町を去って行く。
数年経ち、 オバさんの夫が死んだ後カメラマンを探すオバさん。

ある日彼の遺品が届き、そこには 『永遠の4日間』 という写真集が入っていた。
スケベなオッサンとオバさんが性交を楽しんだという話だが....

小説や映画になるとロマンチックな物語に仕上げる。
ではTOP-10を続けよう。

 6位: アイガー・サンクション (1975)
 5位: ダーティハリー(1971)

 4位: 許されざる者 (1992)
 3位: 目撃 (1997)

 2位: 荒鷲の要塞 (1968)

そして第1位は、アルカトラズからの脱出 (1979)

                 * *

「運び屋」 はクリント・イーストウッドの最後の主演映画になるかも....
是非とも観たいがチェンマイではなかなか難しい。

この映画の中で、 主人公が語る台詞がいいんだとか。


「もっとゆっくり生きろよ。

 俺みたいに人生を楽しめ!」






ハイ、 そう致します........チェンマイで。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:04| Comment(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする