2018年07月06日

独居老人の生活1234(#28忘れられない旅の思い出:エジプト・シナイ半島後編)


今回でちょうど1234作目、 順番に数字が並ぶのはこれが最後。

12345回に達する迄には、 今のペースなら約37年かかるわけで、 これは不可能。
37年後 → ジジイは110歳、 とっくに地獄に落ちてます。

                 * *

今回は、 一昨日(前編)の続きです。
前編をお読みでない方は、 そちらから先にどうぞ!


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1234 
             (忘れがたい旅の記憶‐28:シナイ半島後編)


  1.私の他に神があってはならない
  .偶像を造ってはならない
 
  3.神の名をみだりに唱えてはならない
  4.安息日を設け、聖なる日としなさい

  5.父と母を敬いなさい
  6.人を殺してはならない

  7.姦淫してはならない
  8.盗んではならない 

  9.隣人について偽証してはいけない
  10.隣人のものを欲してはならない
                                       (十戒)

pict-十戒モーゼ.jpg


絵にも書けないような美しい風景を眺めて、
「ああ〜素晴らしい!」 と、 感動する。

でも生涯残る旅の記憶は、 思いがけない出来事にあると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。
                 * *

Top-10:シナイ半島後編。

pict-DSCN4043シナイ半島地図2.jpg


カイロ観光を終えた我々一行はバスに乗り、 北東にあるスエズ運河橋(アル・サラム橋)を目指す。 (地図はココをクリック)

バスにはエジプト人の警官が同乗、 旅の最後まで我々を警護してくれた。
その頃ツアー客を狙うテロが発生、 観光立国エジプトに大打撃。

しかし警官1人の乗車、 テロに襲われたら一溜りもないかも。
それでも安心感を与えてくれる....感謝した。

車中ではエジプト人ガイドがギャアギャア延々と喋り続ける。
バスの音響装置が悪く、 耳にガンガンきて苦痛そのもの。

耳栓がないので、 仕方なくティッシュを詰めるがそれでも煩い。
エジプトの歴史・政治まで入り、 終わればT-シャツの販売だ。

日本人は、 1枚1,500円もするT-シャツを半数が買っていた。
勿論ジジイも元上司も購入せず、 高値でバカバカしい。

このガイドさんは仕事熱心、 しかし程度というものがあろう。
バスの中では逃げ場がない、 往生したのはジジイだけだった?

                 * *

スエズ運河橋を渡り終えた我々一行は、 ここからシナイ山の麓に位置するセント・カテリーナ修道院に向け南下する。
    (地図はココをクリック)

古代エジプト人は、 シナイ半島を経由してパレスチナやシリア方面に進出したり、 逆に侵入を受けたりした。

シナイ山は標高は約2300mで荒涼とした岩山。
モーセが出エジプトの命を受け、 十戒を授かった地とか。

セント・カテリーナ修道院は527年から565年の間に、 皇帝ユスティニアヌス1世の命により建設された由。

ユネスコの世界遺産に登録されている。

pict-DSCN0882.jpg
        ☝ 修道院をバックにジジイ(当時58歳)。

                 * *

観光はセント・カテリーナ修道院の見学だけではなかった。
シナイ山頂でご来光を拝むという....つまり登山。

  pict-DSCN0883.jpg
         ☝ ジジイの後ろがシナイ山。


日の出など、 どこで見ようが同じではないか。
深夜2:00出発という。

寒い中、朝早くに起きて登山などキチガイ沙汰。

ラクダに乗れば山頂近くまで行けるから...とは言うが、 ジジイは
真っ平御免。 

御年72の元上司は嬉々としてホテルを出発した。

pict-DSCN0885ホテル.jpg
         ☝ 宿泊したコテージ風のホテル。


ご来光から戻って来て彼らは言う。
下山中に転んで怪我した、 カメラをぶつけて壊した等々。

老人にはかなりキツいシナイ登山だったようだ。

ジジイの説明はこれくらいにして、 あとは省略。
シナイ山と聖カテリーナ修道院の説明はこのブログでどうぞ。
                ☟         
http://isekineko.jp/egypt-sinai.html

                 * *

では忘れられない旅の思い出とは何なのか?

シナイ山でも世界遺産の修道院でもない。
それはスエズ運河橋での出来事だった。

スエズ運河橋(アル・サラム橋)は、 ムバラク平和橋、 またはエジプト-日本友好橋と呼ばれ、 運河を横断している道路橋である。

pict-スエズ運河橋4.jpg


運河橋は、日本政府からの支援の下に1998年に着工 → 2001年10月に開通。
高架部の施工を請け負ったのは鹿島建設、 日本鋼管、 新日本製鐵によるコンソーシアムである。

建設費の60%(135億円)を日本が支援、 残り40%(90億円)をエジプトが負担。

橋は運河上70 mの桁下高さ、 幅10m、 全長は3.9 km。
まさに日本/エジプト・友好の架け橋と言える。

開通式にはムバラク大統領や政府閣僚が出席し、 日本からは
橋本龍太郎元総理らが出席。

pict-スエズ運河橋3.jpg

                * *


その橋を渡ったことが思い出なの?
それ以上に、 橋の上を走らされたのである。

カイロ出発の前日、 日本人ガイドがこんな事を言った。

「明日はスエズ運河橋の開通3周年記念マラソン大会があります。
 どうしても日本人に走って貰いたいとの要請がきております。

 ちょうど我々一行がタイミング良く橋を通りかかり.....
 で、ご協力をお願いします、 皆さま方だけですから」

で、 我々は橋(川の上)のど真ん中でバスから下される。
そして地元学生らと一緒に出走することと相成った。

pict-DSCN0830マラソン.jpg
        ☝ ジジイ(左)と元上司(当時72歳)


横にいた女の子2人に、 「しっかり走ってね」

「あたし、 下痢が酷くて....歩きます」  と1人が答える。


  ならばとジジイは走る。
pict-DSCN0881マラソン.jpg
                    ☝
     記念写真を...と言うので、 ちょっと走っただけ。

とその時、 前方から1人の女性が凄いスピードで走って来る。
すれ違いざま、 彼女はジジイに声をかけた。

 「無理しないでくださいね」

ハイ、 ジジイはすぐに歩いたことは言うまでもない。
彼女は橋の半分を駆けてU-ターン、 スタート地点に戻る。

その声の主はマラソンランナーの谷川真理さん(当時41歳)。
資生堂に所属、 1991年11月の東京国際女子マラソンでは優勝。

   pict-谷川真理3.jpg


親善マラソン終了後、 我々はレセプションに参加(させられた)。
壇上にいるのは美女ランナー・谷川真理さん(矢印)。
               ☟
pict-pict-DSCN0831.jpg



参加者全員に、 表彰状とT-シャツのプレゼントあり。
  そのT-シャツがこれ。
pict-DSCN3956Tシャツ.jpg



  背中にはこんなデザイン。
pict-DSCN3958.jpg
                  ☝ 
  サッカーの(アフリカ)大陸選手権が開催されたのかも。


てなことでジジイはスエズ運河橋の半分を駆け抜けた。

突然の友好親善マラソン大会に出場、 これが忘れられない旅の
思い出になる。

交通遮断された橋を悠々と走る(歩く).....実に気分爽快。


えっ、 あの女の子2人とはどうなった...ですか?








 な〜んも ありませんでした。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:43| Comment(6) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

独居老人の生活1233(亭主はどこも同じ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1233(亭主はどこも同じ)


  昨日を悔いず、 明日を憂えず、 今日を生きる。

                             杉浦日向子 (漫画家、 江戸風俗研究家)


薪には古い木を、 読むなら古い本を、 信じるなら古い友を.....
こう言ったのは新渡戸稲造。

ジジイはこれにもう1つ足したい、 小室 圭さん向けに。

  ”愛するなら由緒ある皇族の娘を”
                             (週刊文春より)
pict-DSCN4046.jpg


今夏から3年間のアメリカ留学を決めた小室 圭さん(26歳)。
ニューヨークにある名門私立のロースクールで弁護士を目指して勉強するとか。

上の写真は6月10日、 秋篠宮家に留学の報告に行く時のもの。
母親の佳代さん(51)もオシャレして....息子に連れ添って。


下の写真は普段着の小室親子。
”息子が命” の佳代さん、 普通のオバさんって感じ。

                             (週刊新潮より)
pict-DSCN4045小室圭.jpg


 ”運とは意図の産物である”    (西洋の諺)

小室圭さんは幸運を得た。 
それが意図的だったのか、 それとも純粋なる愛の賜物か。

 ”しつっこい  系図をひいて  嫌がられ”

真子さまと比べれば、 系図は月とスッポン、 家系自慢はしなくても、 弥が上にも娘に付いて来る。

400〜500万円の贈与か借金か、 それを問題にせざるを得ないのがマスコミ、 そして宮内庁。

「あの娘(こ)には、 あの娘に相応しい男性が現れるまで、
 待たしておくべきですわ」

「どうしてだい、 私達だってそんなこと、
 しなかったじゃないか」

とまあ、 秋篠宮家でも侃々諤々やっているのかも......

娘は愛を貫くのか?
「貴方と一緒なら、 私、 パンと水だけでも我慢できるわ」

「じゃ、 君はパンの心配して....僕は水の心配をするから」


真子さまには、 結婚時(皇籍を離れる際)に億の持参金が出る。
それでも小室さんの現在の仕事には不安が付きまとう。

彼にちゃんとした稼ぎが出来るんだろうか。
ということで、 弁護士目指しての留学となったのかな?

 ”人に尊敬されたかったら、 死ぬか旅に出ろ” 
                              (ペルシャの諺)

とは言っても3年間の遠距離恋愛はキツい。
真子さまが 「ちょっと彼に会いに行ってくる」

皇族の娘にそんな自由があるようには思えない。
となると....自然消滅で婚約解消?

それとも全てに愛は勝つ、 障害があればあるほど2人の愛は燃え上がるもの。

結婚か、 破談か?
不謹慎な予想はできないが、 今や野次馬の関心の的。
 (皆さまの予想はどっち?)


真子さまにこんな巷の話を贈りたい。

 「男の人を見て、 ”ああまだ独身だったら
  よかったのに” って 思うこと ある?」

  「ええ」

 「どんな人のとき.......?」

  「夫のとき」


そう、結婚すれば、 亭主というものは.....







あくびして、 股間をかいて、

放屁して、 鼻くそほじくるもんですよ。


アッ、 スミマセン、 これジジイのことでした。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:54| Comment(0) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

独居老人の生活1232(#27忘れられない旅の思い出:エジプト・シナイ半島前編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1232
             (忘れがたい旅の記憶‐27:シナイ半島前編)


  すべてを納得すれば、 心はきわめて寛大になる。

                                   スタール夫人 (フランスの小説家)


絵にも書けないような美しい風景を眺めて、
「ああ〜素晴らしい!」 と、 感動する。

でも生涯残る旅の記憶は、 思いがけない出来事にあると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。

これまではその番外編ばかり、 Top‐36まできましたが、 番外編はここでしばらくお休み。  今回からTop‐10に突入です。


Top‐10、 シナイ半島への旅。

ジジイがはじめてエジプトを旅したのは2003年11月/28日〜12月7日、 ジジイが58歳の時だった。

元会社の上司(当時72歳)から誘われ団体ツアーに参加。

元上司は1人で参加する場合、 ホテルの1人部屋割り増し料金を
(約5万円)払わねばならない。
それなら過去数回、 団体旅行で相部屋だったジジイが最適。

団体旅行が苦手なジジイだが、 シナイ半島の旅は魅力だった。
当時ジジイはまだ現役、 それでも10日位なら休暇は取れる。

航空会社はアエロフロート航空、 成田を出た飛行機はモスクワへ。 ここで乗り換えカイロに向かう。

30代前半の女性添乗員が同行、 こんな気楽な旅はない。
旅行代金が幾らだったかは忘却、 忘れる程だから安かったことに間違いない。

                 * *

カイロではお決まりの市内観光、 ピラミッドやカイロ博物館などに案内された。
      
       ピラミッドで。
   pict-DSCN0824.jpg
          ☝ 58歳のジジイです。



  ここはカイロの考古学博物館の前。
pict-pict-DSCN0827.jpg



   同館内。
pict-DSCN0828.jpg 


カイロ滞在中にオプショナルツアーの勧誘があった。
日帰りでエジプト最北の大都市、アレキサンドリアへのバス旅行。

こんな旅、 1日バスに揺られるだけ。
ジジイは興味なく不参加、 1人でカイロ市内をブラブラする。

pict-DSCN0823.jpg
             ☝ カイロのダウンタウン。


地下鉄に乗って観光地やデパート、 カイロ市内の飲み屋(ビールOK)、 動物園に行ったりした。

デパートは結構広く、 店内をウロウロしていると出口や方角が分からなくなる。

来たこともない道路にポンと出て、 そのまま歩けば迷子になる。
で、何処に行っても、 入った場所から出ることを心掛けている。

ジジイは小さな街メーサイ(タイ)で道に迷ったくらいだ。

欠かせないのが方向磁石、 これを手にして1人で歩く。
他に小さな懐中電灯も旅の必携品。

余談になるが、 ジジイは自分の財布にこんな物を付けている。
                        ☟
   pict-DSCN4040財布と笛s.jpg
         ☝ 呼び子、 笛である。

何か変事があればこれを吹く、 かなり大きな音が出る。
ジジイは何事につけ用心深い、 だからカノ女が中々できない。


飲み屋はダウンタウンを歩いていた時、 偶然目に止まる。 
店内はタバコの煙でもうもうとした状態、 変なことが記憶に残るものだ。

ランチも夕食もジジイ1人でレストランに入って食べた。
エジプト旅行中、 単独行動はこの日の1日だけ、 ジジイにはこの方が合っている。

但しトラブルも出る。
ホテルに帰るにはタクシー(約20分乗車)しか手段がない。

拾ったタクシーの運転手は途中、 夜道で停車しこうゴネる。
「(合意した)料金の倍をくれなきゃ、これから先は行かない」

この顛末は旅シリーズ#14(#728、 2016年12月15日掲載)でお伝え済み。


ジジイが無事 ホテルに着いた時、 元上司を含むほとんどが参加したアレキサンドリア・ツアー組はまだ旅の途中。

ジジイは部屋に入ってシャワーを浴びてビール。
1時間ほど経った頃か、 元上司が部屋に現れてこうボヤいた。

「なんだ、 帰ってたのか、 ホテルの受付嬢が部屋のキーは
 預かってないって言うんだ。
 てっきりお前が持って出ているものと思い、 ロビーで
 ずっと待っていた」

おかしいと思い、 念のため部屋に来てみると、 ジジイがビールを飲んでいたという訳だ。

元上司は
「こんないい加減な....連れが鍵を受け取って部屋に戻ってます、
 と言えばそれで済んだ話、 俺は1時間もロビーで待ったんだ」

と受付嬢の対応に憤懣やるかたない。

「ちょっと部屋を覗きにくれば良かったのに....」 とジジイ。

「お前のことだから、 夜遊びしてると思ってたんだ」

高級ホテルにあるまじき行為...元上司は添乗員にクレーム。
翌日、 果物バスケットが元上司に届く。

立腹した元上司はバスの中で果物をみんなに配っていたが、 これで納得して寛大になった?

こんなくだらない話が旅の思い出になるから面白い。

                * *

団体旅行の楽しみの1つに、 同行メンバーの顔触れがある。
10日間も一緒にいれば必然的に仲よくなる(気が合えば....)。

ツアーメンバーは30人ほど、 12月初旬の旅行となればどうしても老人ばかり。

しかし異彩を放ったのはこちらの2人。

                   ☟

pict-DSCN0884女の子と.jpg
            ☝ 中央がジジイ(58歳)


我々団体ツアーで若いのは添乗員とこの2人だけ。
弥が上にも目立つ。

こうしてカイロを発った我々一行はバスで北上、 スエズ運河橋を
渡り、 シナイ半島を目指す。
                     ☟
pict-スエズ運河橋地図.jpg  



独居老人の ”忘れられない旅の思い出” はこの後に起こる。

思いがけないハプニング、 それが記憶に残るもの。








 この続きは後編で......


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:52| Comment(0) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする