2017年10月11日

独居老人の生活999 (90日オンライン届けの直近利用について)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活999
                  (90日オンライン届けの直近利用)


  挫折は過程、 最後に成功すれば挫折は過程に変わる。

  だから成功するまで諦めないだけ。

                                     本田圭佑 (プロサッカー選手)


ジジイは先月13日、 「90日届け」 のためチェンマイ・イミグレ(プロムナーダ)に出向いて手続きを終えた。 

この模様は本ブログ#975(9月14日)で掲載済み。


オンライン届けが再開されていたのに、 ジジイは何故イミグレまで足を運んだのか?
それはネット利用の手続きができなかったから。

イミグレのオンラインにアクセスし、 届け出用紙の画面に必要事項を書き入れるまではOKだった。

pict-DSCN1468.jpg


しかしこの次の画面で現れた文字が、 ”あなたの管轄イミグレに
お問い合わせください” というもの。

書類上(画面)の記入ミスかと思い、 何度か繰り返しトライしたが
ダメだった。
それで仕方なくイミグレ事務所まで出頭した次第。

                 * *

何故ジジイの90日オンライン届け出がNGだったのか、 その理由が分からなかった。
で、 ジジイ同様ネットで完了できなかった友人2人と情報交換。

3人には共通点があった。
それはタイに入国してから初めての90日届けであったこと。

ネット手続きがNGだった理由はこれしか思い当たらない。

                 * *   

ならばタイに入国、 1度でもイミグレに出頭し、 90日届け出を済ませていた人はどうか? 

友人のAさんは9月下旬、 「90日オンライン届け」 を利用。
結論を言えば、 ちゃんと手続きを終えた(ネット成功)。

それでも手間がかかったそうな。
ジジイの場合と異なり、 最後の方まで進めたのだが、 あと1歩のところで ”ペンディング” の画面。

翌日再度トライ(送信)、 またしても ”ペンディング”。 
午後にも新たに再トライ → ”ペンディング”。 

何度か失敗(ペンディング)した後の3日目、 ようやく承認に至る。  
90日オンラインは正常に動き、 受け付けてくれたのだ。

               * *

友人Bさんはこれを聞き、 自信をもってネット手続きをした。 
9月7日(土)に1回目の届け出を送信 → ”ペンディング”。 

2回目は8日(日)午前に送信 → ”ペンディング”。 
3回目は9日(月)午前に送信 → ”ペンディング”。 

で、 9日の午後に再度アクセスしたら、 1回目の届け出の承認を確認(成功)。


90日ネットは、 下の画面をプリントアウトして完了になります。
ここまでやらなきゃダメということ.......ご留意ください。


90日完了書類.jpg
     ☝ 赤の矢印箇所に、 次回の届け出期日の記載あり。


               * *


pict-DSCN2171.jpg
                   ☝ 
 今イミグレにアクセスすると、 前国王のお写真が現れます。


ジジイがここで申し上げたいこと。
          ☟
「イミグレ・90日オンライン届け」 は利用できる(有効)。
但し1回目ですんなりと承認が出てこない。

以前には1発の送信、 すぐに承認されたこともあった。
それが再開後、 なぜ手間取るのかジジイには分からない。

しかしペンディングになっても諦めず、 何回か繰り返し送信すれば成功する。


イミグレでは、 係官が着信したオンライン届け出を目でチェック、 承認を返信するのか?

それともコンピューターの自動承認なのか?

どうであれ、「90日オンライン」 と遊んでみるのも暇つぶし。
わざわざプロムナーダまで出かける必要なし。

間違いなく 「90日オンライン届け」 は動いてます。
キーワードは ”諦めない”。


イミグレ係官たちの趣味は何か?   ジジイは知っている。









 我々を難渋させること。


チェンマイって ホントいいですね!

(参考までに)
「90日オンライン届け」 のやり方は、 本ブログの
#932(2017年7月29日掲載)をお読みください。

カテゴリーは、 ビザ・イミグレです。     以上





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:15| Comment(2) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

独居老人の生活998 (北タイ:チェンダオ/メガットダム観光)


昨日(9日)はサーバーにトラブル発生。
24Hのうち7〜8時間しか動いてませんでした。

それでも通常の5割以上の方からアクセス戴きました。
ありがとうございます。

ジジイは書き上げた原稿をサーバーに保存したつもりが消滅。
がっくり、 PCのメモ張の方に保存すべきでしたね。

                 * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活998
                    (チェンダオ/メガットダム観光)


  食べ物を拒絶し、 習慣を無視し、 信仰を恐れ、

  人々を避けるのならば、 家にいたほうがましである。

                                ジェームズ・ミッチェナー (米国の小説家)


一昨日(10月8日)は日曜日。
毎日が休暇のジジイでも、 日曜となると観光..という気分になるから不思議。

ならばと暇な爺さん4名が1日観光に出かけた次第。
さあ、 今日は北タイ観光をお楽しみください。


朝9時45分にチェンマイを出発、 あいにくの雨だが車なのでOK。

国道107を北にまっしぐら、 先ずはメガットダム湖を目指す。
   (地図はココをクリック)

メーテンの街を通過して右折、 道なりに走って11:10頃到着。
日頃の行いがイイから雨は上がっていた。

pict-DSCN2095.jpg




 レストランで休憩。
pict-DSCN2094.jpg





湖は水でいっぱい、 これなら水道が枯渇することなし。
安心してシャワーを浴びられる。
pict-DSCN2092.jpg


ここでジジイは、 初訪問を祝ってビール大瓶(55B)を飲む。
ツマミにイカのぶっ掛けご飯(35B)、 但しライスは残す。


ダム湖には観光ボートが運航している。
しかし誰も乗りたいと言う人がなく、 見ただけで次に移動。

                * *


次に立ち寄ったのがダム湖のほど近いところにあるお寺。
こんな田舎にも腐るほど寺院があるから驚き。


我々は 「ワット・バンボン」 に......
有名なのかな、 中国人団体がバスで到着。

pict-DSCN2098.jpg




なるほどカネをかけたお寺ですわ。
pict-DSCN2100.jpg




pict-DSCN2106.jpg





美女がいるとジジイの目はすぐそっちに......

pict-DSCN2107.jpg




pict-DSCN2109.jpg

ここも見るだけ、 他にやることなし。

                * *


ランチはチェンダオの街中で...R107沿いのレストランへ。

pict-DSCN2115.jpg





ジジイの注文はライスに大根など:50バーツ。
Beer Leo大瓶:80バーツ。

pict-DSCN2110.jpg




チェンダオは美人が多いのか、 店員さんは美女揃い。
 25歳。
pict-DSCN2114.jpg





こちらのウエイトレスは16歳の高校生、 アルバイトだとか。
気が利いていてテキパキ働き可愛い。

ジジイはたちまち虜になる。
Lineを訊いたらやってませんの返事、 がっがり。

pict-DSCN2113.jpg
                   ☝
 (注) 左側Vサインの娘、 右の青シャツではありません。


                * *


ランチ後はチェンダオで有名?な ”土管温泉” へ......
途中、 顔だけ知っている日本人の豪邸の前で停車。

ここのK爺さんはお金持ちで、 チェンダオの篤志家。
高額な物品を寄付をすることで名が知られている。

pict-DSCN2118.jpg




幼稚園をやっておられるのか。
門扉の横にこんな看板が・・・・
pict-DSCN2117.jpg
          ☝ 「夢みき幼稚園」 と書いてある。

ジジイがこんな所(ネオンなし)で暮らしたら、 3日で気が狂う。


                * *


川沿いにあるここが ”土管温泉”。
日本人爺さんが(暇つぶしの)ボランティアで設置した。

pict-DSCN2120.jpg
                  ☝ 
       管理人はいないが1年中無休、 入浴は無料。  
       24時間オープンだが夜は真っ暗闇だと思う。



 美女が入浴してました。
pict-DSCN2125.jpg




中国人かと思ったら外れ、 ジジイ好みのタイ人。

pict-DSCN2127.jpg




彼女の夫、 子供、 姑の家族で温泉を満喫。
pict-DSCN2122.jpg




日本人爺さんが取り付けた土管温泉の看板。
2004年とあるから13年前からのボランティアだ。
pict-DSCN2130.jpg
      ☝ 網で周りが囲われている、 何でなの?


我々一行は温泉に浸かることなく見るだけ。
温泉場の清掃をしたかったが、 出来ずに帰る....残念(嘘)。


               * *


この名所を落としたら観光にならない。
チェンダオ洞窟(Chiang Dao Caves)。
  (地図はココをクリック)

pict-DSCN2132.jpg




ここから洞窟に入る。  入場料40バーツ。
pict-DSCN2136.jpg




爺さんたち、 誰も洞窟内を見たいと言わない。
周りの景色だけ見て観光終了。
pict-DSCN2141.jpg


                * *


ここでチョロチョロする犬を見て、 友人と犬談義。

pict-DSCN2144.jpg


『チェンマイ周辺にいる犬は圧倒的にオスが多いんです。
 繁殖問題と関係あるのかな』   と友人のXさん。

「いつも犬のチンコばかり見てるんですか?」

『いいえ、 メスを見るんです。
 メスには乳がたくさんついていて、 垂れてるでしょ?』

「人間のメスにオッパイが6つ8つもあったら男は大変。
 H で8つの乳首をチューチューなんて、やってられませんよ」

『そうなりゃあ愛撫のし甲斐があるでしょうね。
 ところでオス犬同士が盛ってるの、 見たことないでしょ?
 そこが人間と動物の異なるところなんですね』

「犬にはホモとかレズがいないってことですか。
  さすがNさん、 よくご存じですね」


と、 こんなどうでもいい話をしながら帰途につく。

ガソリン除いて出費したのは昼食代のみ。

ただぼんやりと見ただけ....1日愉しい暇つぶし。

 








爺さんたちの観光.........こんなもんか。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:00| Comment(2) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

独居老人の生活997 (舐めたい食べたいこんなモノ)


    本ブログは下品で低劣な内容です。 
    紳士・淑女及び18歳未満の方はご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活997
                    (舐めたい食べたいこんなモノ)


   軽蔑するものは数多(あまた)ある。

   そのお陰でわたしたちは自分を軽蔑せずに済む。

                              ヴォルヴナルグ侯爵 (フランスのモラリスト)


ジジイはこの記事を読んで 「何か狂ってる」 と空恐ろしくなった。

9月23日、 新潟市のホテルで開かれた 「新潟県平和運動センター」 主催の講演会でのこと。

講演者は、 東京新聞社会部の望月衣塑子記者。

この方は他者を顧みず一人で時間を占有し、 菅官房長官に長々と質問を繰り返すことで名が知られている。
                 ☟
    pict-望月衣塑子.jpg




テーマは、 「武器輸出と日本企業−安倍政権の危険なねらい」。

pict-望月衣塑子記者の講演会2.jpg

                * *


「やっぱり産経さんはお引き取りください」。

こう主催者側から通告されたのは産経の記者。

産経がこの講演を知ったのは講演1日前の記者クラブへの通知。
講演会場のホテルに行き、 受付で名刺を出す。

するとあれこれあってようやく、 「着席せず後方の空きスペースで立って聴くなら取材OK」 の許可。

しかし講演開始10分前、 上記の通告を受け、 つまみ出される形で退場を余儀なくされる。

他の新聞社は自由に取材OKで、 産経だけが駄目だという。
理由を問うと、

「産経がいると、 望月記者が話したいことを話しづらくなるからです」 と、強い口調で答える。

「貴会は主義や論調の違いだけで、 報道機関をえり好みする団体という理解でよろしいか?」

「そうです、 そのように解釈していただいて結構」 の返答。


オイオイ、 オープンな講演で、 スピーカーは新聞記者。
それが同業の新聞にアレコレ書かれるのが嫌なの?

               * *

帰りがけに産経記者が講演受付の写真を撮ると、

pict-望月衣塑子記者の講演会.jpg


主催者男性が会場から飛び出してきて、

「何勝手に撮ってるんだ!」  で、写真を消去しろと言う。

                 
ちなみに講演会で望月記者はこう指摘したとか。

「北朝鮮問題は、 安倍政権が対話を怠ってきた結果」 だと。

               * *

「新潟県平和運動センター」 :

電話:025-281-8100 
e-mail: kenheiwa@arion.ocn.ne.jp

ホームページで活動について述べている。

「国内はもとより世界の人々と連携し、 核も戦争もない平和な、 そして人権が尊重され、 環境保護が確立される社会を作ることをめざしています。

脱原発、 憲法擁護、 新潟水俣病支援、 部落解放の運動に取り組んでいます」


                * *


ジジイはどう活動しようが、 それが法律に則ているなら自由。
しかしこの平和運動センターには言論の自由という観念がゼロ。

憲法擁護を謳いながらが、 憲法で保障されている言論の自由には反対。

こんな団体が正義の上っ面だけで罷(まか)り通っている。
これがジジイには不快.....不思議でならない。


かって毛沢東時代の中国でも、 取材は当局の意に沿うメディアだけが許された。
許可されたのは、 日本の新聞社では朝日のみ。

1966年、 毎日新聞、 西日本新聞とともに産経などは国外追放。
1人残った朝日の秋岡家栄特派員は提灯記事を日本に発信。

”北京の空は明るく澄み切っており、 蠅一匹いない”
”中国人民の目は未来に向けて光り輝いている”

で、秋岡は林彪の失脚説を否定、 後に林彪は逃げてモンゴルで墜落死。
彼はこの重大ニュースを発信できず、 大恥を曝す。


その一党独裁の中国でさえ現在では、 産経でも支局を置いて
現地取材OK。

”天安門広場のデモには戦車が出動、 多くの犠牲者が....."
”北京の空は排気ガス公害でどんよりとして暗い”

このような中国批判記事でも排除されずにいる。


それが議会制民主主義のもと、 自由主義国の日本でこんな取材拒否があること自体信じ難いこと。

”平和” を旗印にする団体にはとかく胡散臭いのが多い。

自分は他者(例えば政府や政治家)を好き勝手に批判しても、
自分への批判は許さない。


「新潟県平和運動センター」 による平和活動の一環。
                ☟
新潟県平和運動センター.jpg
          ☝ カルト教信者の集まりのよう。


同センターのブログ、 お暇でしたら.....
             ☟
http://niigataheiwaundou.blogspot.jp/


東京新聞の望月記者も臭いのなんの、 恐ろしくクサー。

役所や公共団体の会見で、 朝日新聞、 東京新聞の取材を拒否したらどうなるか?   言わずもがな....である。


                * *


今日は、上記のくだらないネタを取り上げる予定ではなかった。
腹が立ってきて、 急に書く気になり......

明るく楽しい健康的テーマ、 ハイ、 下記の食べ物が本命のネタ。


バンコクの屋台オーナーはfacebookでその商品を宣伝。
それはココナッツクリーム入りのワッフルで、 女性に大人気。

ワッフルの値段は39バーツ(約130円)、 チェンマイならカオマンガイが食べられる値段だ。


ではどんな食べ物か写真で見てみましょう!

型に入れて焼くワッフル、 このように。

                 ☟


pict-男性性器型ワッフル.jpg





出来上がって.....ハイどうぞ(販売)。
中々お見事、 女性ならしゃぶりつきたくなるか?

                ☟


pict-a waffle, sausage, cheese.4.jpg





カレのより大きくてたくましいー、 感激してパクリ。



                ☟





pict-a waffle, sausage, cheese.3.jpg





こんな可愛い彼女も笑顔でペロリ。

pict-a waffle, sausage, cheese.2.jpg





 こちらは恍惚のブルースで。
pict-a waffle, sausage, cheese.8.jpg





 カレシの一物だと思って・・・
pict-a waffle, sausage, cheese.5.jpg





 私もペロペロ。
pict-a waffle, sausage, cheese.9.jpg





 美味しいかな?
pict-a waffle, sausage, cheese.10.jpg





リアリティ十分、 見る方が恥ずかしい(嘘)......イイね!

pict-a waffle, sausage, cheese.7.jpg





ワッフルを口に含めば、 ミルクが精液のように出てくる優れモノ。

pict-男性性器型ワッフル2.jpg


以上、 多くの若いタイ人女性がfacebookなどSNSに投稿。  
タイ人女性はホントお好き.......写真・動画投稿ですよ。

                * *

ジジイはこんなワッフル、 食いたくないわ。

でも、 もしこれがあったら舐めてもいいな。
          ☟
一種類だけじゃなく、 色んな形状を楽しめるワッフル。
自分の好みをチョイスして買って.....ペロペロ食べる。

ワッフルの中から白ワインが出てきてじわじわ舌を濡らす。


チェンマイに欲しい、 こんな美味なワッフル。

皆さまのお好きなデザインは、 21ある見本のどれですか?



                 ☟




                 ☟





pict-女性器の各名称2.jpg
         ☝ 石膏で作ったワッフルサンプル。





 やっぱり本物がいいな。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:28| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする