2019年03月11日

独居老人の生活1465(3月11日、 皆それぞれに...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1465
                      (3月11日、 皆それぞれに...)


死と同じように避けられないものがある。

それは生きることだ。
                         チャップリン (英国の喜劇俳優、 映画監督)


今日3月11日は東日本大震災が起こった日。
ジジイはチェンマイから帰国して3日目の東京、 激震に仰天。

あれから8年、 今も無事に何とか生きている。
あと3ヵ月で74歳、 五体満足でよく来れたものと、 その幸運に感謝せねばならない。

こうした天災地変、 加えて病気、 いろいろあるだろう。
しかしジジイは骨折の経験さえない。

病気で手術といっても、 尿路と腎臓の結石および蓄膿症だけ。
ありがたさを噛みしめながら、 今日もビールを飲もう。

                 * *

チェンマイ在住の友人Xさん(74)は今、 日本にいらっしゃる。
病気治療のためだ。

昨年、 Xさんはチェンマイ市内の病院で食道ガンを告げられた。

手術を...ということになるのだが、 その前に遊ぼうということで、 2018年11月上旬にミャンマー旅行。

元気に戻ったあと、 チェンマイのL病院で摘出手術を受けた。
退院はしたものの、 キツい生活が続く。

流動食しか受けつけないからだ。
喉が狭くなっている上に、 痛みがある。

お手上げの状態が続く中、 Xさんは、 日本への帰国を決断。
今年2月下旬、 関東の某癌研に入院。

しかし喉が詰まっていて手術は難しいということで、 同地域にある大学病院を紹介される。

その大学病院に入院したが、 すぐ手術とはならない。
チェンマイでの治療が分からないので、 医師も慎重になる。

加えて転移もしており、 新たに3ヵ所が見つかった由。

現在、 喉が詰まって水も飲めない状況。
チューブを鼻から入れて、 胃に栄養補給をしている。

本日、 PET検査を受けた後、 治療法を決めるんだそうな。
日本の医療技術に託し、 快復して戴きたいと願うばかり。


なぜ最初から日本で治療しなかったのか、 これにはご本人の考えや事情があったと思う。

ジジイがもし手術をするならば、 当然日本に帰る。
鼻茸(鼻孔のポリープ)でさえ日本で切り取ったくらいだ。

女性ならチェンマイ、 治療なら日本、 ジジイはそう思っている。

                 * *

Xさんは初めてのガン治療だったようだが、 この有名人は過去6度もガンをやっている。


    pict-梅宮辰夫cd.jpg

俳優・梅宮辰夫が初めてガンに罹ったのは30代半ばの1974年。
「睾丸ガン」 だった。

これが左肺に転移し 「肺ガン」 に.....
さらに2011年頃には胃ガンが発覚。

2016年には十二指腸乳頭部ガンで11時間の大手術、 十二指腸と胆のうを全摘出。

そして今年の 「尿管ガン」 では腎臓摘出に伴い、 2日に1回の人工透析生活になる。

奥さんのクラウディアさんは去年3月から膠原病を患い治療中。
おまけにステロイド治療で骨がもろくなり、 今年1月に骨盤骨折。

頼りは1人娘のアンナだけ..の状態に直面している。
梅宮辰夫が語る。

「昨年9月に前立腺ガン、 そして今年1月に尿管ガン、 半年余りの間に、 僕は2度のガン手術をしたよ」

前立腺ガンはPSAマーカーが高いと言われ、 血尿が出て判明。
主治医の女医からストレートに言われたという。

「手術したらもう勃起しなくなります」

付き添っていた娘のアンナが、 本人が答える前に言う。

 「パパはもういいわよネ」

この手術で尿管ガンが見つかったというからラッキーか。

  pict-梅宮アンナ、梅宮辰夫.jpg
           ☝ アンナと梅宮辰夫(右)


梅宮辰夫の家系は、 ガンのできやすい家系とか。
父親は5人兄弟だが、 全員が胃ガンで死亡。

現在は人工透析中、 闘病が続く梅宮辰夫が自身の経験から語る。

「父親が医者だったこともあり、 民間療法はやらない。
何としてもガンを成敗するぞと意気込むと、 治療の途中で疲れてしまう。
もしもの時は、 それが自分の寿命だと受け入れた方がいい」


天災と病気は、 誰彼の区別なく襲ってくる。
明日は我が身に降りかかるかも....

2011年3月11日の東日本大震災では、 老若男女、 多くの人が亡くなられた。

俳優・梅宮辰夫は今日3月11日が誕生日、 81歳を迎える。


pict-梅宮辰夫が激ヤセ.jpg
              ☝ 現在の梅宮辰夫。


皆それぞれに......







 運命がある。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:35| Comment(4) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

独居老人の生活1464(普通の家庭がベスト)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1464(普通の家庭がベスト)


家庭の幸福のために貯えられる金は一番よい使い方をされる。

 妻を世間並みに着飾らせて夫が喜び、

 自分が世間並みに着飾った姿を見て、 妻が喜ぶ。

                                      サミュエル・ジョンソン


@ ピーナツはこのまま食えるか?

幾らだったかは忘れたが、 スーパーでピーナツを購入。
自宅で封を開けて、 1粒を口に入れた。

pict-DSCN5296生ピ−ナッツ.jpg

いつものピーナツとは違う、 グニャリと柔らかい。
えっ、 不審に思い口から吐き出す。

ピーナツの袋を見たら、 Raw と書いてある。
これは生ピーナツだったのだ。

生をこのまま食べていいものか、 それともフライパンなどで焼いて食うのか、 よく分からない。

ご存知の方、 教えてくださいませ。

   ********************


A パンクのトラブル。

3月8日のお昼前、 出かけようとバイクに乗ったらパンク。
500mほど走って近くの修理屋へ持って行く。

この修理屋は、 本業はバイクのレンタル屋で、 店の奥で修理屋をやっている。
おそらくレンタバイクのメンテの為に設備を置いたのだろう。

若いアンちゃんが椅子に座って眠っていた。
パンクを告げるとこのアンちゃん、 後輪を取り外し始める。

そしてタイヤからチューブを取り出すのだが、 この手際の悪いこと、 すぐ素人に近い...と感じた。

チューブ交換の為、 店にあった新チューブのパックを開ける。
作業に取り掛かる → そのチューブのサイズ違いに気が付いた。

で、別のチューブを選び出し → 封を切る → チューブをタイヤに入れる → 空気を入れる。

さあ、これでパンク修理完了と思いきや、 バルブが斜めに飛び出していた。

ここでアンちゃんはサイズ違いに気付く → チューブをまた取り出す → バイクに乗って何処かへ行った。

5分ほど待っていると、 アンちゃんは新しいチューブを持って帰って来た。 チューブを買いに行ってたのだ。

振り出しに戻り、 封を切る → チューブをタイヤに入れる → 空気を入れる。

ようやく完了、 チューブを取り替えるのに約1時間を要した。
代金は150バーツ。

アンちゃんは、 タイヤがすり減っているから、 タイヤも交換しろと勧める。
こんなド素人ではお断り、 バイクに乗って店を後にした。

この日は買い物したり友人と会ったりで、 十分にバイクを活用。

                * *

翌朝(9日)、 バイクに乗って朝ごはんを食べに行く。
次いでお昼前、 ランチのために出かけたら → またパンク。

2日連続のパンクにはげんなりと言うよりも腹が立ってきた。
もうあのアンちゃんの所へは行くもんか。

少々遠いが、 行きつけの修理屋へと走らせた。

   pict-P_20190309_121205バイク修理屋 (5).jpg

顔馴染みの修理工に経緯を話すと笑いながら作業に着手。
バイク後輪はそのままで、 チューブだけをタイヤから取り出す。

パンク修理でも、 店によってやり方が違うのだ。

       エアー漏れチェック。
   pict-P_20190309_121205バイク修理屋 (4).jpg


結局、 再度チューブを交換することになる。
新しいパック(チューブ)を持って来て、 すぐ作業に....


横では別の修理工が、 電動車椅子のパンク修理をスタート。
                   ☟
pict-pict-P_20190309_121205バイク修理屋 (2).jpg
             ☝ 矢印のタイヤがパンク。


同じように、 タイヤからチューブを引き抜き → エアー漏れチェック → ゴムパッキングで孔を塞ぐ。

チューブ交換はやらなかった。
このタイヤのパンクの原因は小さな釘。
                 ☟
   pict-P_20190309_121205バイク修理屋 (1).jpg
        ☝ ボルトに比べてホント小さい。

こんな小さな釘がどのようにしてタイヤに刺さったのか?
不思議に思った。

                * *

この店はパンクなど手慣れたもの、 前日のアンちゃんとは違う。
15分ほどで完了したので、 ついでにオイル交換を依頼。

料金は、 パンク+オイル = 270バーツ。
で、今朝も何事もなくバイクは走った。

昨日は昼前に乗ってパンクしたので、 先ほど(このブログのアップ直前)チェックのためにバイクに乗ってみた → 合格。

当分パンクせず、 このまま走ってくれることを祈るばかり。

   ********************


B ソンテウの乗って....

昨夜(9日)、 レストランで友人と夕食。
フォイケーオ通りからソンテウを捕まえる。

夜の飲酒運転は危ないので、 バイクは自宅でお留守番。

行先を告げると、 ソンテウの運転手は運転席に座れと言う。
                   ☟
pict-DSCN5300ソンテウ運転手 (1).jpg


お決まりの質問が飛び出る。

「何処から来てるの、 国はどこ?」

「コン イープン(日本人)です」

「俺は中国人が大嫌いなんだ、 日本人が1番いい」

ジジイは嬉しくなり、
「自宅まで行ってくれるか?  50バーツ払うよ」

いつもは近くで下車し、 5分ほど歩いて帰る。 
自宅アパートを告げても行ってくれないからだ。

「結婚してますか?」 とジジイ。

「子供が2人、 16歳の男と6歳の女の子だよ」

運転手はご機嫌でスマホを出し、 写真を見せる。
奥さん、 子供たち、 たくさん撮ってある。

「奥さん、 すごい美人ですね、 何歳?」

「40歳、 俺が46歳だよ」

「こんな美人の奥さんなら、 浮気はしないでしょ?」

「するわけないよ、 タイ人の男は浮気モンだけどな」

「そう、 浮気は絶対ダメ、 私もしません」 とジジイは嘘をつく。


運転手の奥さんと子供、 彼が見せたくなるのも分かる。
                  ☟
   pict-DSCN5300ソンテウ運転手 (2).jpg
     ☝ Facebookに出すよと言ったら、 OK!


ジジイはこの夜、 一般的なタイ人の.....







幸せな家庭を垣間見た気がした。


チェンマイって ホントいいですね!







posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:09| Comment(6) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

独居老人の生活1463(闖入)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1463(闖入)


  とかく招かれざる客というものは、

  その訪問先の主人の憎悪感に気附く事、
  
  はなはだ疎(うと)いものである。

                                        太宰治 (作家)


@ 心ゆくまでご覧ください、 どアップ写真。

pict-DSCN5292文春 (1).jpg
         ☝ トランプ大統領ではありません。

                * *

A げんなり、 お疲れのようです。

pict-DSCN5292文春 (2).jpg
                   ☝
  「女房が家で待ってるのに、 0時40分だよ、 やれやれ...」

能天気奥さまは、 酔っ払ってとっくに寝てますよ〜。

新年度予算案の衆院通過をめぐる3月1〜2日の 「深夜国会」 は、 0時40分に衆院を通過。

年度内成立のため3月1日中に決めたい与党、 そうはさせじと抵抗する野党は、 根本匠厚生労働相に対する不信任決議案を提出した。

これで国会は徹夜コースが決定、 採決は2日にずれ込んだ。
この茶番劇にかかる費用はタダなんてもんじゃない。

衆院で職員889人が残業し、 超過勤務手当は約1800万円、 タクシー代は約150万円だった由。 (全て税金)

与党が多い議席数だ、 どうあがいても予算は通る。
分かっていながら何故1晩に2千万円もかけて抵抗するのか。

オリンピックは参加することに意義がある。
野党はゴネることに意義がある...嗚呼、 ただそれだけ。

                  * *

B 大正天皇も乗った人力鉄道。

1895年から1900年にかけて漸次開通したのが豆相人車鉄道。
小田原(早川口)から熱海まで、 25.3kmを走った。

馬車では6時間、 これを人力鉄道は4時間に短縮したという。
ではどうやって走るのか?

                    ☟

pict-豆相人車鉄道(軌間610mm.jpg
                   ☝
   人間が押して動かす、 ま、トロッコのようなもの。



ちゃんと停車場(駅)だってあったのだ。
   熱海停車場。
熱海停車場の人車.jpg
           ☝ これが明治時代の熱海駅。


人それぞれというが、 道楽にも色々あるようだ。

小田原市の工務店社長が、 自分の土地にこの人力鉄道を敷いちゃったのだ。

   pict-DSCN5292文春 (3).jpg
線路の長さは25mだが、 人を乗せて楽々走る。
見事に復活させた人力鉄道、 かかったお値段は?

「女房がうるさいので、 これは内緒です」 とマル秘事項。

な〜に、 愛人を囲ったとを思えば安いもの、 イイ道楽よ!

   *********************


C 安全メガネの広告。

次のような広告が目にとまった。

pict-ClearView.jpg


タイで起きる車の事故の40%は夜間で、 それも致命的事故。

タイのドライバーは毎夜、 運転で問題を抱えている。
対向車線から目に入るライトの光線、 そして乏しい視界。

pict-clearviewmain.jpg


夜間の運転は危険であり、 疲れるもの。

弊社のイエローレンズは100%のUVカット、 目に眩しいライトを防ぎます。

コントラストと明確性が際立ち、 夜間の安全でシャープな視覚が得られます。

メガネをかけてる人でも、 その上から使用OK。

pict-Clear View.jpg


この 「Clear View」 の価格は1,553バーツ/個。
2個購入なら1,094B、 4個なら975バーツ/個。

さあ、 「Clear View」 で安全運転を!

とまあ、 こんな宣伝だが.....
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=eFSa5EdgssA


夜間に効果を発揮するメガネ....ジジイは初めて知った。
バイク運転でも勿論使える。

ただ謳い文句通りの効能があるかどうか、 これは不明。

薄暗い部屋で H する時、 この 「Clear View」 をかけて試してみるのもいい。

彼女の裸体がどのように見えるか....ウッシッシ。

シワ、 三段腹、 妊娠線、 イボ痔などがくっきりと.......

   ******************


D アメリカの警官だって発砲するぞ!

タイの警官はいとも簡単に拳銃をぶっ放す。
しかし負けず劣らず、 アメリカも容赦なく撃つ。

2019年2月22日、 盗難車が見つかったとの通報を受けて、 警察官が現場の駐車場に駆け付けた。

その問題の車には、 黒人男性が女性と乗っていた。
警察官は車から降りるよう指示。

しかし男性は車から降りずに走り去ろうとしたため、 警察官は少なくとも15回発砲、 男性は死亡した。

男性の遺族は、
「警察官の行為は不合理で行きすぎだ」 と抗議している。

                * *

ジジイは米国で数回、 後ろを走る警察の車にランプをピカピカ点灯され(夜間)、 ストップを命じられたことがある。

その時ジジイはハンドルに手をかけ、 「降りろ」 と言われてバンザイに近い姿勢で車から出た。

そうしないと、 いつ撃たれるか分かったもんじゃない。


アメリカでは、 逃げたらダメに決まってるのだが....
ではアーカンソー州の警察署が公開したその時の映像です。
                  ☟
https://www.youtube.com/watch?v=uC1nSBw-rWA

   *******************


E タイでは、 鍵をかけて寝ていても侵入して来る。

場所はバンコクの女性宅の部屋。
2月下旬、 何モノかが部屋に侵入してきた。

                  ☟


pict-Snake slithers into Bangkok woman's bedroom.jpg


寝ていた女性は間一髪逃げ出し、 事なきを得た。

珍入者はニシキヘビと見られている。
女性の息子がこの時のビデオを投稿。

「母は蛇に噛まれずにケガもなし、 幸運だった」

pict-Snake slithers into Bangkok woman's bedroom2.jpg

ハウスの不動産ガードが言うには、 以前にも同じ蛇を捕まえた。

しかし救急ワーカーの到着に時間がかかり、 蛇を暗渠(土管)の中に逃がしてやったそうな。


一軒家にお住いの皆さま、 蛇やサソリなどがやって来る。

特に若い奥さま、 年頃の娘さんをお持ちの方、 お気を付けください。  ヘンな男の侵入もありです。

トイレで待ち伏せしているかも......


             ☟



             ☟



    pict-Snake slithers into Bangkok woman's bedroom3.jpg

   ******************


F そう、 変な男が侵入してきた。

3月6日、 警察に窃盗被害の届け出があった。
衣類や下着が盗まれたという。

場所はスリプームのコンドーで、 監視カメラに容疑者が...

pict-A male clothes thief .jpg

犯人は33歳の男で、 チェンマイ・サンティタム地区のネットカフェで逮捕される。

容疑を認めたが、 盗んだ衣類は所有せず。
窃盗の前科があるこの男、 盗品を売り、 その金でビデオゲームを買ったそうな。


ジジイは下着泥棒と聞くと、 若い美女のパンティやブラジャーを連想する。

盗んだ下着を顔に被せると興奮するとか。
 (注) ジジイには経験ありません。

但し恥ずかしながら、 チェンマイ女性が脱いだパンティを手に取り、 しげしげと見たことはあります。







幾らくらいの...パンティかなぁって。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:12| Comment(0) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする