2017年12月02日

独居老人の生活1047 (特殊部落)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1047 (特殊部落)


    時が物事を変えるって人はいうけど、

    実際は自分で変えなくちゃいけないんだ。
 
                                  アンディ・ウォーホル (米国の芸術家)


@ Onlineによる90日届け。

イミグレ関係の煩わしい手続き....その1つが90日届け。
ジジイは今年の6月中旬、 日本から飛行機でタイに入国。

従って約90日後の9月13日にチェンマイ・イミグレ事務所に出向き、 90日届けを終えた。

この時、わざわざ行って待つのが面倒なのでOnlineを試みたが、 届け出用紙の画面まで到達できず。

入国から1回目の90日届けは、 ネットでは受付けないようだ。

                 * *

しかし2回目なら大丈夫と、 12月の届けはonlineでトライ。

結論から先に言うと ”成功”、 イミグレに行かずに済んで嬉しい!
しかしonlineが1発で承認されたかというとそうではない。


ジジイの届け出期日は12月12日、 Onlineは14日前から可能なので、 1発目は11月29日に提出完了。

これが承認されたかどうかは、 画面を前に戻して......
赤の矢印をクリックする。
                  ☟
pict-pict-DSCN1467.jpg




すると下の画面が現れる。
pict-pict-DSCN2718.jpg




これでパスポートの箇所をクリックして書き入れる。
                  ☟
pict-pict-DSCN2720.jpg


で、 下の虫メガネをクリック → 結果 Pending。
1時間後に同じことをやったが → penging。


翌日(30日)、 最初から新たにやり直し。
届け出用紙に書き込んで → 受付完了。

で、 前述と同様に承認されたかをチェック → penging。


3発目は12月1日、 また最初から新たにやり直し。
届け出用紙に書き込んで → 受付完了。

で、 前述と同様に承認されたかチェック → Approved(承認)。
ヤッター!  3回目でようやく承認されたのだ。
                  ☟
pict-pict-DSCN2717.jpg


 (追記:2017年12月4日)
読者(友人)からご意見を頂戴してます。

「Pendingというのは未定、 未決を意味している。
 なので何度も最初から書き直して提出するのはムダでは?

1度Pendingが出たら、 あとは 「Check」 をクリックして見るだけで十分だと思う。

Not Approvedが出た時だけは、 最初からまたやり直しが必要」


このご意見が正しいかもしれませんね。

90日Onlineの説明では、 受付けてからApprovedまで、7日間ほどかかる場合があると記載されてる由。

                  * *

これで終わりではない。
Approvedの右端にあるViewの虫メガネをクリック。

するとApprovedと表示された画面が出る。

pict-DSCN2741.jpg




この画面を下にスクロールし、 下部(矢印)をクリック。

pict-DSCN2743.jpg




ここで最終画面、 次の届け出期日が示された画面が出てくる。
                  ☟
pict-pict-pict-DSCN2721.jpg
        ☝ 黄色の矢印が次回の届け出期日。


この画面を印刷すれば90日届けは完了。
カーソルを1番下に持ってきて、 印刷を選んでクリック。

しかしジジイはプリンターがないので印刷不可。
一旦ディスクトップに保存(下部1番左端の保存をクリック)。

で、友人宛に送信し、 印刷して貰った次第。


承認まで3日かかったが、 これでイミグレ事務所まで行かずに
済んだと思えば楽なこと。 順番取って待つなんて.....

Onlineの手続き(書き込み)はものの4,5分で終わる。
これを3回繰り返したとて、 時間的負担はほとんど感じない。


どうぞ皆さまもOnlineをご活用ください。
ITに疎いジジイでもやりました。

要はPendingが出ても諦めず、 数回トライしてみることです。

                * *


90日届けに無関係の人....退屈されたでしょうね。
写真でも見て、 楽しんでお帰りください。


A 美女写真集。


pict-DSCN2690.jpg
           ☝ 作画:小尾 修。



写真集なんて、 ジジイは嘘ついてます。
全て絵画、 そう画家が描いたものなんです。

写真のように見える精緻な彩色.....すごい!


pict-DSCN2696.jpg
          ☝ 生島 浩。 




pict-DSCN2693.jpg
          ☝ 富所龍人。




pict-DSCN2691.jpg
          ☝ 山本大貴。



モデルさんもいたんだろうが........美女ばかり。

次の美女は絵ではありません、 普通の写真です。


               ☟



               ☟




 浅草ゆう子(94歳)、 浅草の芸者。
pict-DSCN2685美女.jpg


関東大震災のあった大正12年生まれ。
13歳でこの道に入り、 芸歴80年を超える。

「とにかく三味線が好き、 唄が好き、 踊りが好き、 芸事が好き」
これが長く続いた理由とか。

今でも毎日弟子に稽古をつけ、 週に4回はお座敷に出ている由。
この日は 「浅草・日本の芸を楽しむ」 のイベントで3曲披露。

今後の目標は100歳まで現役続行。
でもこれでお座敷に呼ぶお客がいるんだから.....浅草 イイね!

                       (以上は 「週刊文春」 より)

                 * *

B 特殊部落。

横綱の矜持があったのか、 日馬富士が暴行の責任をとって引退。
これは当然のことだと思う。


例えば一般企業で、 先輩が後輩に暴力をふるってみろ。
凶器のリモコンは、 TVやエアコンの小さなモノじゃない。

カラオケのリモコンはB5サイズくらいに大きく、且つ重い。
デカイ岩石で殴打したようなもんだ。


上司が宴席のあと、 女子社員を部屋に呼んで強姦してみろ。
いくら酒席といってもアウト、 左遷か退社の憂き目にあうだろう。

相撲取りの彼らはもっと悪質。
ヤンキー高校生仲間が、 生意気だといって1人をリンチする状況にそっくり。


貴乃花親方が警察に届け出ると、 相撲協会は親方を変人扱い。
「なぜ内分にしなかったのか、 親方は幹部じゃないか」 と...

横綱審議委員会、 委員の爺さんたちは耄碌してるのか。
「貴ノ岩がすぐに謝ればよかったのに.....」 だって。

暴行イジメ致死罪の生徒をかばう教育委員会のようだ。


2007年の時津風部屋での弟子の暴行死事件、 2011年の八百長事件を忘れたか!

日本相撲協会は殺人事件でさえ闇に葬ろうとする。

               * *

2014年、 日本相撲協会は公益財団法人に認定され、 公益事業として興行収入などが非課税となる優遇措置を受けている。

なにが公益事業だ、 暴力事業、 モンゴル事業だろうよ。
もう国技でも何でもない、 優遇措置を外して課税して欲しい。

                * *


来年の初場所から、 大相撲は装いを改めるとか。

まずは両国にある国技館の名称変更だ。

                 ☟



pict-国技館.jpg




土俵のやぐら上の日の丸も変更。

          ☟

pict-pict-1512144464715小.jpg
     ☝ モンゴル国旗を掲げる。




満員御礼の垂れ幕は恥ずかしい → これも変更。


                 ☟


pict-pict-国技館5.jpg




日馬富士の引退相撲を催行、 相手は白鳳。
得意の八百長相撲で最後を飾る。 (下はそのパンフレット)


                  ☟


pict-国技館6.jpg





2月には、 名誉挽回でNHK杯トーナメントを開催。

                  ☟

pict-国技館8.jpg


                 * *


大相撲という浮世離れした世界だけに通用する常識。
暴行・殺人・汚職....悪事はすべて隠蔽する汚れた体質。

ごっちゃん・ご祝儀は普通に脱税する麻痺した感覚。
”横綱の品格” を求める.......魚屋に牛肉は売ってないぞ。


相撲協会はまさに 「特殊部落」。

それは、








 「阿呆部落」 と言っていい。


チェンマイって ホントいいですね!

  (後記)
ジジイは栃若時代から大相撲の大ファン。
その大相撲がなんかおかしい。
外国人力士が来てから..とは思いたくないが......

今回、 相当キツイことを書いたが、 ジジイが言いたいのは、
違法・犯罪は隠すな許すな、 司法(警察)に委ねよということ。
                                以上です。





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:16| Comment(8) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

独居老人の生活1046 (翼をください)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1046 (翼をください)


   鳥が空を飛ぶのは羽があるからではなく、

   飛びたいと思ったから羽ができたのだ。

                            ジャン=バティスト・ラマルク (仏:生物学者)


最近、 ジジイの友人2人がドローンを買って遊んでいる。

2人とも自宅がチェンマイから車で50分ほど走った田舎にあり、
ドローンを飛ばすには持って来いの環境。

その1人Aさん(68歳)には子供が2人、 親子で楽しんでいる由。
ドローンもピンからキリまであるようで、 Aさん購入の物はキリ。

価格は800バーツ、 彼は言う。

「玩具ですよ、 これで初歩的練習をやってます。
 安価なものほど空中静止が難しいそう」

それでもカメラ搭載が可能だという。

購入先はアジアで通販大手の 「LAZADA」。
Drones & Accessoriesで検索、 色々な品種あり。
興味のある方はココをクリック。

                * *

一方Bさん(74)所有のドローンはかなり高級品。
子供がいないBさん、 ご自分で遊ぶんだろうか。

品名が 「Mavic Pro」、 東京・渋谷で購入しチェンマイに持参。
価格は約15万円、 重さが743gと片手で持ち運べるほど。


pict-1511432318682内藤ドローン.jpg
       ☝ ジジイの友人が買ったドローン。




  カメラ搭載。
pict-1511583373648.jpg
    ☝ これで覗きはやりません....Bさん談。




  コントローラー。
pict-1511583368477.jpg


宣伝文句を読んでみよう。 どうも中国製のようだ。

『高性能な24個のプロセッサー、 4km対応の伝送システム、 4台のビジョンセンサー、 高精度の3軸ジンバルを備えた4Kカメラ。

すべては指先でタップするだけで操作できます。 大空があなたのクリエイティブなキャンバスに変わるはずです。

最大27分間の長時間飛行が可能。
スマートフォンだけでもMavic Proの操作可能。

また、バッテリー残量が少なくなると、 離陸地点へ自動帰還する
安全機能も搭載』


pict-Mavic Pro2.jpg


ではどんなモノかビデオでご覧ください(3分)。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=v6mPx2RktIQ

                * *


タイでは、 ドローン使用に規制がある。
老婆心ながら、 次のことをお2人にお伝えした。

登録や許可が必要になる場合あり。
登録を必要とするドローンは、

1.カメラ付きドローン。
2.2キロ以上のドローン。
3.25キロ以上のドローンは運輸局の許可。


その他の規制は、
4.地上から90メートル以上の飛行禁止。

5.空港から9キロ以内の飛行禁止。
6.飛行中のコントローラーは常に可視要。

7.無許可で政府機関付近の飛行禁止。
8.人や車、 建物から30メートル以上離れて飛ばすこと。

違反者は最高1年の禁固や最高4万バーツ(約13万円)の罰金、 または両方の可能性あり。


登録はタイ民間航空局(CAAT)で。
https://www.caat.or.th/en/archives/27220

申請者のパスポート(コピー)、 写真要、 ドローンの番号を明記。

(注) CAAT:
「THE CIVIL AVIATION AUTHORITY OF THAILAND」

333/105 Lak Si Plaza,
Khamphaeng Phet 6 Rd., Talat Bang Khen, Lak Si,
Bangkok 10210

CAAT 02-568-8800   063-205-8800
Information Services 02-568-8831  063-205-8831

                * *

2人は今、 人里離れた田舎で思う存分ドローンを飛ばしておられることだろう。

人間には、 鳥のように空を自由に飛んでみたいという願望があるようだ。
                   ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Ay1PBV4IHaA


pict-飛ぶ鳥.jpg


ジジイは、 川を渡るよりこっちで行きたい。










 天空を舞いながら、 冥土へと旅立つ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:57| Comment(0) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

独居老人の生活1045 (#23忘れられない旅の思い出:招かざる客)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1045
               (忘れがたい旅の記憶‐23:招かざる客)


 名誉と独立を好む国民はすべて、 自国の平和と安全は

 自分自身の剣によることを意識すべきである。

                                   ビスマルク (ドイツの政治家)


絵にも書けないような美しい風景を眺めて、
「ああ〜素晴らしい!」 と、 感動する。

でも生涯残る旅の記憶は、 思いがけない出来事にあると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。
本日はその番外編‐33(Top‐33)です。   

                  * *

ジジイがペシャワールに行ったのは38歳の時だったか。
てことは今から34年前ってことになる。

5月の連休を利用しての旅、 11日間程度だったような.....
ペシャワールといえばアフガニスタンとのパキスタン国境の街。  


pict-ペシャワール.jpg       
         ☝ 白の矢印がペシャワール。


当時治安もよく、 昼夜にわたって普通に街を見て歩いた。
夜といっても酒場があるわけでもなく、 カフェで茶を飲む程度。


では33年前のペシャワール、 街の風景をご覧ください。

  38歳頃のジジイが写ってます。
pict-DSCN0581ペシャワール.jpg




  なんか埃っぽい街という印象が残っている。
pict-DSCN0583.jpg




当時のジジイはメタボにあらず。  懐かしい!

pict-DSCN0582.jpg




pict-DSCN0584.jpg


では、 ペシャワールの忘れられない旅の思い出といえば.....

アフガンとの国境にあるのがカイバル峠。
ジジイはその峠を越えたわけではない。

アフガン難民が峠を越え、 パキスタンにやって来たのだ。

   pict-現在のカイバル峠.jpg


最初にアフガン難民が問題になったのは、 1979年12月のソ連軍によるアフガニスタン侵攻の頃。

最初に60万人の難民が発生し、 1990年までにパキスタンに330万人が押し寄せた。

欧米は難民支援のため、 1979年から約20年間で10億ドル以上の資金を提供したという。

で当時、 既にパキスタンにはアフガン難民キャンプがあった。
ジジイはそこを見学.....いや物見遊山で訪れた。

                   ☟

pict-DSCN0585ペシャワール・アフガン難民キャンプ.jpg
         ☝ 中央がまだ若かった頃のジジイ。
           生まれて初めて見た難民キャンプ。

難民の人々も暇だったようで、 ジジイたち一行(11人)を興味深く眺めていた。

当時からジジイは社会主義、 共産主義が大嫌い。
ベトナムのボートピープルは、 社会主義・北ベトナム勝利の産物。

日本のマスコミ・進歩的文化人が平和、平等と喧伝していた社会主義。  そのソ連の侵略が、 このアフガン難民を生み出した。


朝日新聞の記者や文化人はこのキャンプに来て、 1年間、飯炊きでもやって助けてみろ....ジジイは難民を見ながらそう思った。

これがペシャワール、 忘れられない旅の記憶である。

                * *

難民は何もアフガニスタンだけとは限らない。
ご存知の通り、 欧州を目指すアラブ難民は引きも切らず。

そしてアジアでは今、 この人たちだ。

  ロヒンギャ難民。          (ニューズウィークより)
pict-ロヒンギャがタイに大量流入.jpg
        ☝ 大勢が船に乗って押しかける。


運よく辿り着いても、 自分たちの国、 安寧の場所があるでもなし。
難民キャンプのように1ヵ所に収容され、 その日の食い物を貰って糊口を凌ぐ。

並んで食料を待つロヒンギャの難民たち。

pict-DSCN2629ロヒンギャ.jpg


pict-DSCN2630.jpg


余りに長い列なので1枚では収まらず。
上下の写真を左右に繋いだ感じでご覧なってください。

しっかり安定した ”我が国” というものが無い人々は過酷な運命に曝される。

                * *


アジアと言っても、 ロヒンギャだけとは限らない。
船が流されて着いたのか、 漁民かそれとも工作員か?

11月23日夜、 由利本荘港(秋田県)に8人が乗った船が漂着。
全長20m程の粗末な木造船....これで約1ヵ月漂流した由。


 北朝鮮の船だ。
pict-DSCN2700.jpg
          ☝ 「週刊新潮」 今週号より。


イカ釣り漁船だったようで、 北朝鮮人8人は保護された。

しかしこの船は本庄マリーナに係留されていたが、 吹雪の悪天候の中、 忽然と姿を消してしまった。

色々調査・研究しなきゃあならない証拠物が簡単に.....

波の穏やかな奥の桟橋に移動しておけばよかったのに...こんな
悔恨が聞かれるという。


ナーニ、 日本は平和ですから...そんなボロ船、要りません。

                * *


その3日後の26日、 今度は男鹿半島(秋田県)に木造船が漂着。
平底で全長7m、 これは密航船の疑いがあるという。

                   写真は 「週刊文春」 今週号より。
pict-DSCN2682.jpg



pict-DSCN2680.jpg

                  ☝
 残念ながら北朝鮮人民8人は全員白骨死体、 密入国に失敗。

                 * *

このような小さな船でも、 海を渡って日本にやって来る。

北朝鮮が兵器化した天然痘ウイルスを持つというのは国連の専門官の間でも常識。 飛沫感染でもうつるそうな。

独裁国家・北朝鮮に有事があれば、 ロヒンギャ難民の如く大挙して日本に押し寄せるかも。

いや有事でなくとも偽装難民がウイルス菌をばら撒きに.....
それが難民か工作員か戦闘員か....見分けが難しい。

日本はそんな時、 どう対応するんだろう?

               * *

パキスタンのように、 日本が難民キャンプを作って生活させる?
長い列で食い物を待たせると、 必ず文句が出るぞ。

粗末なテントやプレハブ、 気にくわない食べ物を提供してみろ。
先進国・日本は人権無視、 人権侵害だと言って騒ぐぞ。

寄生虫もたくさん持っている。  疫病が蔓延するぞ。
彼らは日本政府に言う、 早く治療して・・・・!


難民も騒ぐが、 それよりもっとひどい奴が日本にいる。
正義の味方・朝日新聞はけしかけて、 世界中に日本の悪口を
言い触らす。

福島瑞穂は国連の人権委員会と組んで、 胡散臭いレポートを
書かせるだろう。


先日秋田県に北朝鮮の船2隻が漂着し、 33年前に見たアフガン
難民キャンプを思い出した。


ジジイはイイ国に生まれたよ......のどかで平和な日本、











 さあ、 ”もり、 かけ” でも食うか。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:01| Comment(2) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする