2020年02月15日

独居老人の生活1778(1人でも踏ん張る)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1778(1人でも踏ん張る)


  孤独であって、 充実している、

  そういうのが人間だ。
                            岡本太郎 (画家)


@ 国際ジャズフェスティバル2020(チェンマイ)。

 pict-Thailand’s International Jazz Festival.jpg

期日:2020年2月29日(土) 午後5時スタート。
場所:One Nimman  (地図はココ
入場:無料。
演奏:
・“We Four Project” (アメリカ人4人)
  アートブレイキー& ジャズメッセンジャーズ最後の
  テナーサックス奏者・Javon Jackson が参加する。

・ “Global Cooling”  (世界のアーティストが出演)

・ “Infinity”  (タイ+オランダ人歌手)

・ “Neo Electro Jazz Quarter”  (タイ+香港歌手)

・ “Pomelo Town“  (タイ)


では Jazzの雰囲気を....

アート・ブレイキー & ジャズ・メッセンジャーズの大ヒット曲、
「危険な関係のブルース」 をどうぞ!
                ☟
https://www.youtube.com/watch?time_continue=105&v=OSXEQV4KvIc&feature=emb_logo


  ********************


A 病院の風景。

武漢肺炎やインフルエンザ、 麻疹(はしか)などの流行、 認知症から不眠症まで、 病院には色んなことがある。

1.大型クルーズ船。

船内の通路に2枚の写真が並んでいる。
それを見た乗船客が通りかかった船員に訊いた。

「あれは誰の写真なんですか?」

「武漢肺炎で治った人のです」

「じゃあ感染した他の人は........」

                * *

2.「手遅れです」 と医師。

「手遅れ?  先生、 たった今 咳が出始めたんですよ!」

「咳が出る前に来るべきだ....」

               * *

3.開業医の子供。

「パパ、 僕 本当に麻疹?」

「間違いないね」

「大勢の子供と遊んだら幾らくれる?」

               * *

4.糖尿病になって....

「先生、 やっぱり酒をやめた方がいいでしょうか?」

「それより友だちを減らした方がいいですね」

               * *

5.麻酔。

医者が患者に麻酔をかけようとすると、 患者は財布を取り出した。

「お支払いは後で結構ですよ」

「誰が払うと言いました、 麻酔をかけられる前に
 金を数えておこうと思っただけですよ」

               * *

6.70歳の爺さん。

「先生、 実は28歳の女性と結婚したのですが、 毎晩ベッドに
  入ると、 歳のせいか疲れてすぐに眠ってしまいます」

医師は薬を処方した。

「先生、 これをのむのですか?」

「いや、 奥さんにのませてください。
  あなたと同じくらい早く眠るでしょうから」

               * *

7.ジジイが主治医に訊いた?

「先生、 どっちをやめた方がいいですか、 ワイン、 女?」

「それは何年産かによりますよ」

「ワインは2018年モノ、 女性は26歳でして....」

「74歳でしょう、 好きなだけやってください、
 すぐ両方ともやれなくなりますから.....」

              * *

8.耳が遠くなった患者が言う。

「先生、最近耳が遠くて、 自分の屁の音すら聞こえないんです」

「それじゃあ、 この薬を....」

「これで耳がよくなりますか?」

「耳には効かないが、 屁の音が高くなります」

              * *

9.目が悪くなった患者。

「先生、目が悪いんです、 よく見えなくて....」

「そうですか、 これ何に見えますか?」

「18って数字ですかね」

「ホント悪いですね、 これは写真で...
 オードリーヘップバーンとジェーン・マンスフィールド」

              * *

10.手術室で....

「先生、 震えててすみません。 何せ初めての手術なんで...」

「分かります、 私だってそうですから」


  ********************

B アメリカのODA。

2020年2月11日、 在チェンマイアメリカ総領事が出席。

麻薬の国際的密輸と伝統的犯罪に立ち向かうため、 約3万ドル(330万円)相当の電子装備を贈呈した。

タイと米国の長期的視点に立った法律施行への一環である。
電子装備には30台のカメラが含まれている。

pict-U.S. Government Supports.jpg


オニール・チェンマイ総領事は次のように挨拶。

「北タイボーダーでの国際的麻薬密輸と戦うことで、
  両国の社会と家族を守ります」

               * *

こういうODAもあることを知った。

ちなみに日本はODAの一環として、 「草の根・人間の安全保障無償資金協力」 を実施している。

直近では2020年2月13日、 ランパーン・ガンラヤニー学校において、 堀越領事による日タイ関係の講演会を開催。

この時アティッタヤー留学アドバイザーによる日本政府(文部科学省)奨学金及び日本留学についての説明会が行われた。

pict-堀越領事.jpg



pict-堀越領事2.jpg



  ********************


C バレンタインデーの夜に....

昨日2月14日はバレンタインデー。
ジジイは1人、 ショピングモール 「MAYA」 に行く。

買い物を終えたあと、 「MAYA」 の屋上へと上がってみた。

そこでは何ともロマンチックムードが漂い、 来なきゃ良かったと後悔した次第。

pict-P_20200214_194655_vHDR_On.jpg



  こんなカフェ・レストランがある。
pict-P_20200214_194606_vHDR_On.jpg



   こちらも雰囲気よし、 でも高そう。
pict-P_20200214_194438_vHDR_On.jpg



   お店に入らなくても夜景を見て楽しめる。
pict-P_20200214_194350_vHDR_On.jpg



   若いカップルが愛を語り合うには絶好の場所。
pict-P_20200214_194758_vHDR_On.jpg
            ☝ 矢印はみなカップル。



   近づいて・・
pict-P_20200214_195130_vHDR_On.jpg
                  ☝
  右端のカップルは、 男は白人、 女性は見かけがタイ人。

タイ人同士のカップルは、 人前ではこのように抱かない。
ジジイはタイ人同士がキスしてる光景を見たことがない。

ま、どうでもいいことだが.....

   ここからの眺望、 フォイケーオ通り(西を見る)。
pict-P_20200214_194217_vHDR_On.jpg



   ”恋するハートチュン” って感じで・・
pict-P_20200214_195432_vHDR_On.jpg


奥さまや恋人と...バレンタインデーに限らずいつでもOK。

ほろ酔い気分で夜景を眺め、 お2人の愛を育んでくださいませ。


そう、 チェンマイの夜はロマンチック!





孤独でもロマンチック!   (充実してません)


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:08| Comment(2) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

独居老人の生活1777(恋するより徳をしろ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1777(恋するより徳をしろ)


 今日はこんな人たちが笑顔になる日。

   高級ホテル、 高級レストラン、 花屋、

  そしてお菓子屋とチョコレートメーカーと歯医者。

                             

pict-1581632016859.jpg

                * *



@ カントリーライブ。

 pict-Cha Cha Bar.jpg

2020年2月15日(土) 20:30〜22:30
場所: Cha Cha Bar  (地図はココ
    電話:085 742 4091

入場無料、 飲食するだけです。
ライブ開始は8時半だが、 店は午後4時からオープン。

カントリーソングなど懐メロポップスを楽しもう!


  ********************


A バレンタインデーの思い出。

タイのバレンタインデーでは日本と異なり、 男性から女性にプレゼントする。
女性から男にチョコをあげるのは日本だけのようだ。


ジジイだってこの日は女性と一緒にディナーを楽しみたい。
で、 これまで数人の女性を誘ったことがある。

チェンマイで最初に食事に行ったのはこちらの女性。
             ☟
pict-001.jpg


彼女(当時33歳だったか)に出会ったのは今から10年以上前。
お堀端にあったカフェ・レストランで働いていた。

夜の仕事なので夕食は1度もない。
バレンタインデーの時も仕事。

ジジイはカウンター席に座り、 彼女の仕事ぶりを眺めていた。
勿論お喋りはしたがただそれだけ、 後にジジイは振られた。

               * *


次の女性(当時28歳)とは友人の紹介で何度か食事をしたが....

  pict-pict-pict-DSCN0343.jpg

ある年(7,8年前)のバレンタインデー。

ジジイはディナーに誘ったが、 こう言われた。
「チェンマイまで遠いので....」

彼女の住まいはチェンマイから車で30分の郊外。
なんやかんやで間もなく終わった、 ただそれだけ。

               * *


彼女(当時31歳)はチェンマイのとある四つ星ホテルの従業員。

レストラン部門にいたので、 バレンタインデーの日に、 バラの花(と言っても2〜3本)を持って飲みに行った。

その後、 上手く誘い出してランチを一緒するようになる。 
数回目のランチデートの時、 彼女はこう切り出した。

「このストッキングを履けば血行が良くなり健康になるのよ」

で、 彼女は 「これを買って欲しい」 と言う。
値段を訊いて驚いた、 1セット3000バーツ。 (勿論お断わり)

pict-017.jpg


このあと数ヶ月してバレンタインデーがやって来た。
ジジイが友人の爺さんとランチをしていたら、 彼女から電話。

「バレンタインデーなのにどうして誘ってくれないの?」

「今、 ここで友達とランチしてるよ」

こう告げたら、 彼女はそのレストランに飛んで来た。
ジジイは食事だけ奢り、 素っ気ない態度で別れた。

それ以来、 彼女から連絡はない、 ジジイも誘わない。
要りもしない高額商品を買わされるんじゃ....

5年前のこと.....ただそれだけ。

               * *


友人の紹介で何度か食事した彼女は当時27歳。

  pict-pict-pict-DSC_0021彼女3.jpg


バレンタインデー、 意気込んで夕食に誘ってみた。

「xxx(友だち)連れてっていい?」 と彼女。

この友だちは既に3,4回、 彼女が連れてきていた。
3人で食べるのだが、 とにかく酒豪の友だち。

ウィスキーのボトル1本を注文したり、 料理は多めに注文しテイクアウトする。

「2人でなきゃ....」 と言ってジジイから断った。

これも5年前のこと....ただそれだけ。

                 * *


和食店でジジイがナンパして付き合うようになったこの彼女。
ある年のバレンタインデー、 夕食を付き合ってくれた。
                 ☟
pict-DSCN6083.jpg


勿論、 ジジイは花束を彼女に贈る。
その時、 彼女(当時28歳)に訊いてみた。

「花とお金、 どっちが欲しい?」

「両方、 欲しいわ!」

率直な女性で、 10回以上は一緒に食事したろうか。
結局、 ただそれだけで....会わなくなってしまった。

                * *


この彼女にもバレンタインデーの思い出がある。
ドラッグストア勤務の彼女は夜8時に仕事を終える。

  pict-pict-1486312225149JeaB.jpg


ジジイが2月14日、 彼女(当時28歳)を夕食に誘ったら、

 「疲れているからダメ....」

「じゃあ花束だけ持って行く、 受け取ってすぐ帰ればいいよ」

 「花は私、 好きじゃないの」

結局、 会えずじまい。
どうも男がいたようで、 間もなくして会わなくなった。

3年前のこと.......ハイ、 それまでよ。

               * *

ならばと今年に期待、 たまに飯を一緒する飯友をLineで誘う。

  pict-1581262446693Ben.jpg


「明日はバレンタインデー、 花束持って行くから...」

「私、 花は要らないわ....すぐ枯れてしまうでしょ?」

今年もバレンタインデー、 ジジイ1人で過ごすことになりそう。


ということで今このブログを書きながら、 他に誘う女性はいないかと思案するが、 誰も思い浮かばない。 


ジジイの付き合い方の特徴は、 指1本触れずに終わること。
なので当然、 別れに際してのいざこざも後腐れも何もない。

これを喜んでいいのかは考えもんだが....
それでもこんな爺さんに若い女性が付き合ってくれる。

チェンマイに来て本当に良かった..と実感している。


              * *

で、 皆さま、
奥さまや恋人に花を贈れば、 きっとお喜びになると思います。

花束にレターを添えて....「I love you」 と書きたいもの。
貴方の変わらぬ愛をバレンタインデーに伝えるのです。


もらった彼女は言うでしょう。






「あら、 封筒にお金、 入ってないわよ!」


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:19| Comment(2) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

独居老人の生活1776(責任はどこに?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1776(責任はどこに?)


 責任とは.....自分の肩から取り下ろして、

 神なり運命なり宿命なりめぐり合わせなり、

 あるいは隣人なりの肩へ容易に移すことができる重荷。

 占星術が行われていた時代には、

 星に肩代わりをしてもらうのが普通だった。

                                 ピアス (悪魔の辞典より)


@ 昨日のチェンマイ・イミグレ。

友人が昨日(2月12日)、 90日届けのためイミグレに行く。
到着したのが午前11時、 びっくり仰天。

並んで待つ人たちが建物の外まではみ出し、 角まで列を作っている。
友人は最後尾に並んで待つが全く前に進まない。

11時15分、 諦めて出直すことにした。
列から出てアッと思い出したのが本ブログの記事である。
                ☟
読者のコメントを本文にコピーして2月6日掲載(#1768)。
そこには90日届けやリエントリーは A の受付へ...と記載。

で、A の窓口へ行くと、 すぐに番号札をゲット。
友人は約30分ほどで90日届けを完了した由。

もう1度・・
「90日届け」 や 「リエントリーパミット」 は列に並ばず、 とにかく A の受付へ行ってみてください。


ついでながら、 この友人が ”中国人申請者” に言及、

「中国人はゲートから入ってすぐ右側の建物で受け付けているみたい。
 テント、 椅子があり、 そこに書類を持って並んでいた。
 貼り紙があり、”肺炎xxx” と漢字で書かれていた」

中国人は、 一般申請者とは別に(離して)して受け付けているようだ。 ありがたいこと。


  ********************


A 陸運局へ行く。

昨日ジジイはノンホイ(Holiday Innの近く)の陸運局へ行く。
バイクの税金支払いや保険の手続きだ。

@ まずはバイクの車体検査(60バーツ)。
陸運局の道路を挟んで南隣にある民間の検査場で....

ジジイらはオフィス待機、 検査後、従業員が客の名前を呼ぶ。
バイクの名義人は友人の奥さん(タイ人)。

長ったらしい奥さんの名前を呼ばれてもジジイには分からない。 「あなただ」 と従業員に目で合図されてカネを払った。


A 次に陸運局オフィスの入り口横にある保険オフィスへ。
待つことなく完了、 324バーツの支払い(1年間)。

pict-P_20200212_113025_vHDR_On陸運局 (6).jpg



B で、最後に税金の支払い(100バーツ)。
陸運局オフィスに入り、 すぐ左側にあるインフォメーションで番号札を貰う。
pict-P_20200212_113025_vHDR_On陸運局 (5).jpg
   ☝ 右に見える紫色のカウンターがインフォメーション。



   税金を支払うカウンター。
pict-P_20200212_113025_vHDR_On陸運局 (1).jpg



    自分の順番を待つ人たち。
pict-P_20200212_113025_vHDR_On陸運局 (2).jpg
          ☝ マスクの人は2人だけ。



   マスク着用の人が意外と少ない。
pict-P_20200212_113025_vHDR_On陸運局 (4).jpg



   ここは東京の銀座、 中国人の団体観光客。
pict-銀座、中国からの団体1月26日.jpg
           ☝ 2020年1月26日撮影。


チェンマイの人は武漢肺炎を余り心配してないようだ。
但し、 運輸局の係官は全員がマスクをしていた。


11時半頃だったからか、 少し混んでいて15分ほど待つ。
@〜B 全体での所要時間は約30分、 支払金額は合計484バーツ。

   pict-P_20200212_113025_vHDR_On陸運局 (3).jpg


バイクは友人Sさんからの借り物(500B/月)。
オイル交換などのメンテや今回の税金・保険はジジイ負担。

年間を通してのレンタル、 従って日本滞在中(約40日)も当然ながら支払う。
この1年間での走行距離は約4,400kmだった。

ジジイは1年間で、 片道30分以上を走ったことがない。
ほとんどが街中、 なのでほぼ片道15分といっていい。

借り物バイクでの事故なし、 ぶっ飛ばすことがないからか。


  *********************


B 旅行代金を全乗客に全額払い戻し。

横浜港に停泊中の 「ダイヤモンド・プリンセス」 の運航会社・プリンセス・クルーズが9日発表。

武漢肺炎の集団感染が発生した今回のクルーズでの旅行代金を全乗客に全額払い戻し、 無料にすると....(2月9日)
                  ☟
pict-全額払い戻し.jpg
                  ☝
 客室で待機している乗客に配られた運航会社の社長メッセージ。
 クルーズ料金の全額を全ての乗客に払い戻すと明記している。



    1部を拡大、 こんな感じ。
  pict-Screenshot_20200212-173200クルーズ船 (2).jpg


払い戻しはクルーズの旅行代金だけでない。

クルーズ前後の航空費やホテル宿泊費、 送迎料金、 オプションの寄港地での観光ツアーなどが含まれる。

今回の旅行で乗客が支払った全ての代金を全額を払い戻すのだ。
検疫下に置かれた待機期間中の費用も請求しないとしている。

               * *

この位のサービスをやらねばクルーズ船に乗る人はいなくなるか。
しかしこれで責任をとったと思われては困る。

この船の香港出航時、 既に武漢肺炎は世界で周知の事実。
本来なら香港において感染拡大を防ぐのが当然(の措置)。

航海を強行しておいて、 結果は日本政府に助け船を求める。
人道的見地から、 水・食料・燃料の供給なら日本もやるだろう。

厚生労働省によると、 船内での感染防止などのため、 マスクと体温計を約4000セット供給。

防衛省は支援のため、 船に約100人もの自衛隊員を派遣。
食事や生活物資の配布など乗客への生活支援を開始した。

加えて医官2人も派遣し、 船内で医療支援。

pict-7日撮影.jpg


こういうサービスは、 クルーズ船運航会社が行うべきこと。

船内には運航会社が医師を乗船させているはず。
医師が不足なら、 運航会社が責任もって派遣せねばならない。

埠頭には無料で利用できる日本の救急車も待機している。
世界各国、 ほとんどの国では有料だが.....

pict-DSCN6675.jpg
     ☝ 右側上の白い車の列が待機する救急車。



  pict-救急車(6日午後.jpg


まさか病院に搬送された乗客が、 無料で治療されることはないだろうな。

患者または運航会社に支払わせるのが筋。
ジジイは心配している、 日本はとても優しいというか甘い国。

日本の武漢救援チャーター便は1人8万円を無料にした。
無料 = 税金、 しかし海外ではほとんどが自己負担だという。

これは当たり前、 ビジネスであれ留学であれ、 自分が好きで行ったわけで、 国(税金)が彼らの帰国費用を持つ必然性は全くない。

支払いたくない人は、 搭乗しないで武漢に留まればいい。

今回の 「ダイヤモンド・プリンセス」 支援に関しては、 全て原則有料にすべきだと思う。

間違っても 「人道支援で、 全て日本政府が負担します」 と言うんじゃないぞ!
税金をクルーズ船運航会社のために使うのは筋違い。


タイに住む皆さまが肺炎になり、 タイの日本大使館に駆け込んだとしよう。
「病院に行け!」 と追い返されるだけ。

自分の責任でタイに暮らす、 自分の責任で旅をする。
病で倒れれば、 病院代を払うのは自分、 食料も自己負担だ。

                * *

タイ政府は2月11日、 武漢肺炎に関連して日本に入港できなかった香港発のクルーズ船 「ウエステルダム」 の入港を拒否。

プラユット首相は 「燃料や食料の提供など人道的支援は行う」 と発表。 

この船は、 台湾、 日本、 フィリピン、 タイで入港を拒否された。

ようやくカンボジア・シアヌークビルの寄港が許され、 乗客を下船させることが決まった由。

こういったことは全て運航会社の責任で行うこと。
どこかの国が寄港を拒否しても、 批判はされることはない。

自国民の健康と安全を守るのがその国(政府)の責任だから。

とにかく緩くて甘い日本、 だから感染者数が発症元の中国に次いで多くなる。


ボケっとしてると....






東京五輪にも響くぞ!


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:43| Comment(6) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする