2017年05月18日

独居老人の生活867(日本人爺さんとフィリピン女性の寒暖差を越えた恋)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活867
              (爺さんとフィリピーナの寒暖差を越えた恋)


     彼の家に行くの。 
     なんだか別荘を持った気分。


                             日本人を恋人に持つフィリピーナ (38歳)


@ 待ち時間

ジジイはここ10年近くで、 長時間待ったのはチェンマイのイミグレにおいてのみ。
でもイミグレは年に1回だけで、 1年ビザ延長手続きの時。

ジジイが今通院している耳鼻咽喉科医院には泣かされている。
先日掲載した鼻茸(鼻のポリープ)の摘出を含め、 昨日までに計
4回の通院。

摘出手術の時だけは予約時間があり、 待たずに済んだ。
それ以外は予約を受け付けず、 番号札を貰って待つことになる。

この待ち時間が長くてうんざり。
昨日(17日)は、 番号札〜診察終了まで3時間かかった。

それでいて診察は2分、 要は鼻腔の傷口チェックだけ。
この医院は、 院長が名医と評判で患者が殺到。

なるほどで、 ジジイの鼻茸摘出も、 ”苦痛なし、 出血なし、 その日から飲酒OK” という楽なもの。

患者のほとんどが院内で待たず、 番号札を貰ったあと一旦自宅に戻っているようだ。

ジジイは通院時間が自転車で17分、 面倒なので医院近くのファミリーレストランに行く。

昨日はそこで先ず1時間のコーヒータイム、 次いで12時近くにビール(中ジョッキ)を飲みながらランチ。
この間ひたすら新聞と持参の本を読む。

ランチ後医院に戻ったがそれから待つこと1時間半、 本も読み終えてやることがない。

これならビールを2、3本飲んでおけばよかった。

待ち時間が昼寝になっていただろう。


               * *


A ランチはルンルン気分で......

この日のランチは銀座・つばめ食堂に行く。
16日は爺さん8人だったが、 この日は若き女性が一緒。

同じ昼食でも爺さんが大勢だと葬式に行く感じ、 これが若い女性になると華やか、 デートの気分になるから不思議。

集まったのはジジイを含め4人。

本ブログを通じて知り合い、 もう顔なじみのMさん(70歳)。
チェンマイでお会いしてから2年ぶり...だが日本では初めて。

女性はMさんの恋人Kさん(38歳、 セブ在住のフィリピン人)と、 その友人Yさん(見かけ30歳、 中国人)の2人。

先ずは女性2人のお顔をご覧あれ。

pict-DSCN0469.jpg
         ☝ 左がフィリピン人、 右が中国人。


フィリピーナのKさん(38)はセブ島で英語の教師、 その教え子が中国人のYさんという関係。

なぜK嬢が日本に居るのか?
彼女はMさんから日本に招待され、 Mさんの自宅で1ケ月滞在。 

KさんはM爺さんの英語の先生、 つまり生徒が32歳年下の先生を
口説いちゃったわけ。

フランス・マクロン新大統領の逆のケース。
M/Kさんの恋には国境も年齢差も関係なし、 あるのはカネが多少絡むこと。


4月の北海道は日本が初めてのK嬢にとって寒さ極限の世界。
外出が億劫で、 部屋の中で ”食っちゃあ寝て” と H の毎日。

さぞかし愛が深まったことであろう。

M爺さんはK嬢のためにセブでアパートを借り、 お手当を渡す。

彼は年に数回フィリピンに行って3週間ほど滞在、 K嬢と一緒に
過ごすという....既に天国に居る感じ。

北海道とフイリピン、 まさに寒暖を越えた愛が燃えている。

                * *

この日の待ち合わせ場所は数寄屋橋交番前。
数寄屋橋といえば、 昔の人は 「君の名は」 を思い出す。

street viewはココをクリック。
(1番右側にバリィ、 左側の方のビルがエルメスの店)

チャイナ娘より早くに着いたM/Kさんにジジイが言う。

「Kさん、 見える?   あのビルがバリィーの店だよ。
 あっちがエルメス、 お土産にいいと思うね」

M爺さんが咄嗟に応える。
「もう買っちゃいました。  このバッグですよ」

K嬢が持つバッグは如何にも高そう。  Mさん、奮発したもんだ。
と思ったらでFlea market(古物市)で購入、 100円だった由。

 「こっちの方が高かったです」

pict-DSCN0468.jpg
       ☝ 同じくFlea marketで500円の靴。


でもK嬢は嬉しそう、 「これで十分、 素敵でしょ?」
M爺さん、 結構安くついている。

しばらく雑談しているとチャイナ娘のYさんが到着。
4人で歩いて銀座四丁目交差点へ....このすぐ近くのビル地階に
「つばめ食堂」 がある。

席に座り、 ジジイは前にいるYさんに訊く。
「そのバッグ素敵ですね、 幾らしました?」

pict-DSCN0471.jpg


YさんのバッグはFlea Marketではなく新品(で購入)。
「5千円ほどしたかな」 と屈託なく話す。

Yさんの話す日本語は100%日本人と同じ。
それも道理で4歳から日本で暮らしているとか。

「祖母が中国残留孤児として帰国したんです。
 それで私たちも日本で暮らすようになりました。

 祖母の中国での生活は非常に辛かったそうで、
 よく当時の話を聞かされましたね」

                * *

食事後はジジイだけ”お先に失礼”。
2日前に鼻茸を摘出したが、 薬の副作用の影響か身体がだるく
感じ、 自分勝手に 「お大事に」 ってなことで.......

それよりK嬢は明日、 成田からセブに出発、 帰国の途に....
今宵はM/Kさんカップルには日本最後の熱い夜が待っている。


で、食事中にM爺さんから頼まれたクスリを手渡す。
チェンマイで購入したバイアグラ・ジェネリック 「Sidegra」だ。

    pict-DSCN0480.jpg


50mg:100バーツ(4粒入り/箱)、 100mg:200B(4粒入り)
タニン市場にある薬局が1番安く売っている。
 (地図はココをクリック)

Mさんには50mgを5箱、 100mgを2箱を渡す(計900B)。


ジジイはいつもセントラル・カドスワンケーオの地下で買っていた。
その店では50mg:170B、 100mg:300Bもした。

完全にボラれていた感じ。
尚、 両店とも医師の処方箋なしで購入可。

(追記:18日正午)
本ブログを読んだ友人からの情報ですが、 100mgを180B/箱で売る店がある由。
場所はセントラルの2階、 並んでいる店の小さい方の薬局だとか。



Mさんは25mg服用でも十分効くそうな。
この先K嬢と何発ヤルんだろうか?  精力絶倫を羨ましく思う。

銀座四丁目交差点の名物、 服部時計店をバックに記念撮影。
Mさんだけお顔を隠します、 恥ずかしいとのこと。

pict-DSCN0472.jpg


食事中、 チャイナ娘に 「日本に帰化してます?」

答えは 「No」。 
中国籍で、 パスポートも中国のもの。

でも3年ごとの登録で、 日本には滞在できるそうな。
4歳から日本に住み続けていても、 中国人でいたいんだなあ。


この方の気持ちも分かるような気がする。











 蓮舫は....まだ台湾籍を持ってるぞ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:15| Comment(2) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

独居老人の生活866(悔恨の慰霊碑・天安市望郷の丘)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐866
                  (悔恨の慰霊碑・天安市望郷の丘)


真実が靴を履く間に、 嘘は地球を半周する

                         マーク・トウェイン (アメリカの作家)


1976年、 韓国天安市の国立墓地に望郷の丘が造成された。
これは日本植民地時代に故国を離れて亡くなった韓国人の安息のための施設。

ここに吉田清治は私費で謝罪碑を建てる。
そして1983年12月、 吉田は除幕式に出席するために訪韓。

  謝罪碑の碑文
pict-05faef6d.jpg


上の碑文を下に書いてみました。

「あなたは日本の侵略戦争のために徴用・強制連行され、 強制労働の屈辱と苦難の中で家族と故郷を懐かしみながら貴重な命を奪われました。

私は徴用と強制連行を実行指揮した日本人の一人として非人道的なその行為と精神を深く反省し、 こちらに謝罪するところです。

老いたこの体が亡くなった後もあなたの魂の前で両手を集めて容赦を望むばかりです」


吉田はサハリン残留韓国人の遺族だという人物の前で土下座した。
なぜ謝罪か、 それは吉田自身が朝鮮人強制連行をやったから。

とジジイは書いたが強制連行は吉田の嘘。
彼は強制徴用をでっち上げて雑誌に発表、 一躍時の人となる。

これに便乗したのが日本を滅亡させたい朝日新聞、 その後の従軍慰安婦に関する嘘八百報道はご存知の通り。

20数年後、 朝日はこの捏造をようやく認め、 社長は辞任。
朝日が記事を取り消したにもかかわらず、 反日活動家は 「吉田
証言」 の利用はやめない。 

この事態を一番憂慮していたのが吉田の長男だ。

「父の虚偽証言による日韓両国民の不必要な対立には、 これ以上耐えられない」 と行動に移す。

「謝罪碑」 の碑文(表示石)の説明は虚偽だとして碑文を書き直し、 「慰霊碑」 に交換したのだ。


pict-89e61d16-s.jpg
           ☝ 慰霊碑に生まれ変わる。


当然ながらこの行動は日本で報道される。
韓国内でも問題となり、 警察も動いた。

では韓国の新聞はどうだったか。
この件の報道は全て電子版のみで、 紙面上では報じていない。 

中央日報電子版は、
”「日帝強制徴用謝罪碑」 を慰霊碑に変えた張本人が、 他でもなく吉田氏の長男という事が分かり、 衝撃を与えている” と報じる。


韓国は吉田証言や朝日の嘘(捏造)を認めたくないのだ。
たとえ発信元が誤りだったと公表しても........  

韓国人は品性が卑しい。


                 * *


さて昨日(16日)のランチはタイ組が集まる。
場所は池袋駅前、 LABIの7階にあるしゃぶ店。

昨年も同じように集合したのだが、 今回は新顔のお2人が参加。
共に本ブログの読者で、 伊藤さん(左)とACEさん(右)。

pict-DSCN0477.jpg


伊藤さんは年2回、 それぞれ3週間チェンマイに滞在。
20年来タイを訪れているが、 恋人はいないとか。

ACEさんは毎月日本〜バンコクを行ったり来たり。
4年越しの恋人(現在32歳)がいてルンルン気分。

日本では寝ているムスコが、 タイに入るとムクムク起き上がる由。

お2人とも本ブログの読者のわりには気品ある爺さんだ。


2人とはジジイも含めみな初対面、 しかしビールが入れば和気あいあいと語り合う。

pict-DSCN0478.bmp

            ☝
下段中央(帽子)の爺さんの奥さんは美人演歌歌手。
CDも出してます。 (通販で購入可能)
            ↓
pict-w300_h300_P2_G2332879W.jpg


暇でどうにもならない方、 聴いてあげてください。
               ↓
https://www.youtube.com/watch?v=RY5__Px1wK0



90分飲み放題で900円、 バフェ料金を含め勘定は2,100円/人。
ワイン、 ウイスキー水割り、 ソフトドリンクと何でもOK。

ジジイはビールだけ、 酒好きと貧乏人根性が相まって飲み過ぎ。


2次会は池袋駅近くの居酒屋へ。
ビールとおつまみ1品付きで400円/人。

ジジイには、 2次会が昼寝タイムとなった。










それにしても、 最近の老人はみな元気だわ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:14| Comment(12) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

独居老人の生活865(#9 羽織ゴロと人権:女児への性犯罪)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活865
             (#9 羽織ゴロと人権:女児への性犯罪)


      悪人に人権はない

                              スレイヤーズより (ファンタジー小説)


今年3月26日、我孫子市で全裸の女児の遺体が発見された。
殺されたのは松戸市在住でベトナム国籍の・リンちゃん(9歳)。

pict-WS000208.jpg




逮捕されたのは渋谷恭正容疑者(46歳)。
彼がリンちゃんが通っていた小学校の「保護者会会長」 だったから仰天。

pict-DymtySx-1024x576.jpg


リンちゃんとはハイタッチなどする間柄。
渋谷は顔なじみを利用して連れ出した。

渋谷は中学生(15歳)以下の女児に性的興味を持つ変態。
いつも女児専門の雑誌を読み耽っていたという。

心配なのは、 彼が刑期を終えて娑婆に舞い戻った時。
ジジイは、 この手の変態は病気だと思っている。

刑務所で暮らしたくらいでは治らない。 再犯率も高いとか。

ジジイには中学生と小学生の孫娘がいる。
心配で心配で....しかしどう防御していいものやら。


今回の渋谷はお縄になったが、 殺さずに女児を帰していれば犯行は発覚しなかったかも。

こんなのは氷山の一角で、 事件にならないもっと多くの性犯罪がなされていると思う。


ジジイは次のような異常性愛者を覚えている。

  宮崎 勤
無題.png



  小林 薫
pict-th3.jpg



  山口芳寛
pict-th2.jpg

奴らは皆、 女児を殺害 → 事件発覚 → 逮捕に至る。


ジジイは自分のことを普通(正常)だと思っている。
女児を可愛いとは感じても、 性的対象にはなりえない。

若くても20歳の魅力ある女性なら、 十分な性的対象者だ。
なので下のマンガと同様に、 ジジイは支えることができる。

             ↓

pict-1493505071406.jpg


もし相手が女児ならば、 ジジイは支えきれずに落下するだろう。
ただ成人の女性といっても老婆だと落下....ジジイは正常なのだ。


                * *


アメリカにミーガン法という法律がある。
本来1994年にアメリカのニュージャージー州で成立した性犯罪者情報公開法の俗称。

被害者女児の名が由来で、 その後他州や連邦レベルでも類似の法律が制定された。

一般に性犯罪者とよばれる人々をメディアやインターネット上に
公開し、 身元を特定することを司法権力に要求するもの。


ミーガン・カンカ基金は 「すべての両親が、 性的に危険な者が
近隣に引っ越してきたのかどうかを知る権利がある」 と主張。

ミーガンの母親は、「もし知っていたら、 彼に近づかないよう娘に警告していたのに...」

ジジイはこの母親の気持ちが理解できる。

日本でも同様の法律があればいいと思うが必ず反対者が出る。
人権派新聞の朝日や日弁連だ。

彼らは 「人権無視」 「人権蹂躙」  「刑期を終えれば普通の人」  「社会復帰」 を訴えて猛反発するだろう。

だが異常性愛者は犯罪人でもあり病人だ(と思う)。
刑務所は、 受刑者に対しホルモン療法をやってくれるのか?

社会復帰はもっともなことで、 ジジイにも異論はない。
しかしただ漠然と野放しにしておいていいものか?


韓国では、 13歳未満への性犯罪者に対し、 GPS(電子足輪)装着を義務づけるている(2008年施行)。 

装着の期限は最長で10年間。
2010年の改正で対象が、 殺人や未成年者(19歳未満)誘拐にまで拡大した。

     Bracelet_électronique.JPG
              ☝  
   重さは80グラム。 完全防水機能付きで入浴も問題なし。



この制度は性犯罪の前科者を、 GPSを利用して監視するもの。

因みにGPS取り付け制度がある国はアメリカ(半分以上の州)、
韓国、 英、 仏、 独、 カナダ、 スウェーデンなど。

(注) 性犯罪者の ”情報公開” は、 先進国においてはアメリカ、
    イギリス、 韓国だけである。 (wekipediaより)


ジジイは日本にもGPS監視制度の導入を希望する。
宮城県が条例制定を目指しているが弁護士会が反対して難航。

ジジイは思う。
性犯罪者の ”情報公開” はなくていい(内心はして欲しいが)。

また性犯罪者の全員に装着しなくもていい(内心は全員に..)。 
スタートは、 女児への性犯罪者だけを対象として......

まだ世間に疎い幼気(いたいけ)な子供を守ってやりたい。

朝日新聞の記者も日弁連の弁護士も、 自分の子供がリンちゃんのような被害に遭えば、 ジジイと同じ考えになるのでは?


性犯罪者の人権なんか無視しろとは言わない。
しかしGPS監視程度ならいいではないか!


忘れちゃあ困る、












子供にだって人権はある。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:05| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする