2018年04月17日

独居老人の生活1165(変換ミス)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1165(転換ミス)


   成功を祝うのはいいが、

   もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。

                                     ビル・ゲイツ



こうしてパソコンを使って書いていると、 しょっちゅう起こるのが
癲癇ミス。

ジジイは掻き上げたあと必ず夜見直して入るが、 それでもミスが出てしまう。
                    ☟
ジジイは書き上げたあと必ず読み直してはいるが、 それでもミスが出てしまう。


ジジイがこれまでで一番多かった変換ミスは ”あやまる” だ。
謝ると誤る、 これを気付かずに載せたことが数回あった。


今日はそんな変換ミスの実例を見て反省してみましょう。

・今年から海外に住み始めました。
          ☟
  今年から貝が胃に住み始めました


・だいたいコツがつかめると思います。
         ☟
  大腿骨がつかめると思います。


・根気よく待った甲斐があった。
        ☟
  婚期よく待った甲斐があった 


・同棲しよう、 でも言えなかった。
         ☟
 同棲しよう、 でも家なかった 


・どなたかビデオとってる人いませんか?
             ☟
 どなたか美で劣ってる人いませんか?


・もうそうするしか方法がなかった
          ☟
 妄想するしか方法がなかった


・正解はお金です  →  政界はお金です 


・彼女は耳下腺炎でした  →  彼女は時価千円でした


・共済課の安倍さま  →  恐妻家の安倍さま 


・お客様用トイレ   →   お客彷徨うトイレ


・正しいようです  →  但し異様です


・あなたの顔何回も見たい → あなたの顔何か芋みたい 


・兄は薬剤師   →   兄はヤクザ医師

 
・帰省中で渋滞だ  →  寄生虫で重態だ


・恐れながら申し上げます → 恐れながらも牛あげます 


・常識力検定を導入する  →  上司気力検定を導入する


・ちゃんと今日中に返信します → ちゃんと狂獣に変身します


・地区陸上大会  →  チクリ苦情大会


・マイセン陶器の展覧会  →  マイ戦闘機の展覧会


・洗濯物取り込んできました  →  洗濯物と離婚できました


・ラフにハマってしまって  →  裸婦にハマってしまって 


・今年中に埋蔵金を発掘したい → 今年12枚雑巾を発掘したい


・回答案です   →   怪盗アンデス


・君といると超幸せだよ  →  君といると調子合せだよ 


・話に困った司会者   →   歯無しに困った歯科医者


・テレビの発する情報  →   テレビのハッスル情報


・100円でおやつ買わないと  →  100円で親使わないと


・ドアは鎖かけてるの?  →  ドアは腐りかけてるの?

                  (source:立川談四郎著、 声に出して笑える日本語)


               * *


昨日(4月16日)の晩飯は海鮮料理を食いに行く。
店名不明、  (地図はココをクリック)

チャンクラン通り、 チェンマイランドに入る角の北側寄り、
セブンイレブンの隣にある。


pict-P_20180416_203630.jpg




   店内
pict-P_20180416_203613.jpg




   店頭には魚介類が並ぶ。
pict-P_20180416_203601.jpg




   パッタイのメニュー。
pict-P_20180416_214653.jpg




   海老のパッタイ:60バーツ。
pict-P_20180416_204929.jpg




   スープだけど品名不明:50B
pict-P_20180416_203311.jpg




   魚の揚げ物:80B、  Beer Chang大瓶:80B
pict-P_20180416_204921.jpg


業界類を、いや間違い、 魚介類を食べたくなったら是非どうぞ!


                  * *


・死あ早稲田だなあ、
 ぼくは黄身といる時が 1晩しあわせなんだ。

 ボク和紙ぬまで 黄身を鼻さ内ぞ、 飯田ろ?



・チェンマイで可愛い娘(こ)をデートに誘う.......成功!


・チェンマイで50のオバさんをデートに誘う......



  性交!  







 オバはんのとこで変換ミスか、チェッ


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:31| Comment(5) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

独居老人の生活1164(自国を悪く言う体質)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1164(自国を悪く言う体質)


  海外にいるとき、

 私は自国の悪口を決して言わないことをルールとしている。

                                       チャーチル (英国の元首相)


日本に全国14か所で展開する 「朝日カルチャーセンター」 というのがある。

通信講座もあり、 俳句や文章の添削・講評をしている。
朝日新聞社の後援で、 講師には朝日の記者出身も......


2018年1月には次のような案内が出された。

<朝日新聞OB記者が添削、 文章教室>

元 「天声人語」 筆者の冨永格(ただし)さんが監修する通信講座「文章教室」。  4月からの受講者を募集します。

      冨永格(ただし)特別編集委員.png


長年監修を務めた栗田亘さんと交代し、 その時々の言葉で冨永さんが課題を出します。

課題に沿って毎月1回800字の文章を郵送で提出。
朝日新聞OB記者の講師陣が豊富な経験をもとに添削指導します。

受講料は4月から6カ月(6回添削)2万1190円(教材費込み)

ということは約3,530円/回の添削代になる。
ブログを書くジジイも文章の勉強をした方がよいのだが.....

                 * *

豊富な経験を有するという冨永格先生は、 朝日の記者の中でも結構名前が売れた方だった。

冨永先生はご自身のツイッターで今も世界に発信されている。
その自己紹介を見てみよう。

『記者時代はパリやブリュッセルに駐在、 東京では「天声人語」を
 6年担当しました。
 退職後の楽しみは、ニュースのほか料理にお酒、街歩きと写真』


そういえば富永先生は、 かってメルケル・ドイツ首相を絶賛した。
メルケルが脱原発を打ち出した頃で、 彼の主張と合致したからであろう。

但し朝日新聞の常套で、 自社と同じ主張なら持ち上げるが、 そうでないなら知らん顔をする。

メルケルは、 高額医療は60歳までで打ち切るという医療改革を
断行した。
長生きしたければ、国に頼らず自分のカネでやれ..ということだ。

弱者の味方・朝日新聞は、 こんなことは絶対に書かない。
脱原発を言うメルケルだけを取り上げる.....嫌なやり口だ。


安保法案の時もそうだった。

自社と同じ考えの安保法案反対デモはニュースにする。
まるで日本中の国民が反対しているかのように......


しかしこのような安保法案への賛成デモは無視。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=XRLvSeCc4XI


このところ朝日の購読者数が減り続けているのも当然か。


                * *


冨永格先生の話題に戻そう。
そんな彼が批判を浴びたのが下記ツイート(2015年8月)。


pict-冨永格(ただし)特別編集委員2.jpg
                 ☝
    ナチス・ドイツの旗を持った人たちのデモ写真。


「東京での日本人の国粋主義者によるデモ。
 彼らは安倍首相と保守政権を支持している」  

これを英語とフランス語でツイート。
あたかもナチス支援者が、 安倍首相と彼の保守政権を支持しているかのように....

これでは日本人の半数がナチズム信奉者になってしまう。
世界に向けて誤解を与えるツイート、 慰安婦捏造記事と同根だ。


これにはすぐに批判が起こった。
で、 富永先生は詫びてツイートを削除。

朝日新聞もすぐ反応、 朝刊の紙面で謝罪。

 「報道姿勢に疑念抱かせおわびします」 

加えて社名を名乗ってツイッターを利用できる 「公認記者」 から冨永氏を外し、 コラム 「日曜に想う」 の執筆者からも外した。

朝日にしては珍しい迅速対応だった。
でも朝日新聞はやさしくて弱者の味方。

退職した富永氏を今年1月、 カルチャーセンターの講師に招いたのである。

                  * *

そりゃあそうだろう。
朝日新聞自体、 富永先生と同じ様なことをやっていた。

2015年1月13日付け朝日新聞の夕刊コラム 「素粒子」 だ。
                  ☟
pict-pict-pict-冨永格2.jpg

      ☝
少女に爆発物を巻き付けて自爆を強いる過激派の卑劣。
 70年前、 特攻という人間爆弾に称賛を送った国があった


朝日の思考回路は狂っている....特攻隊とテロを同一視。
戦前の日本はテロ国家だったと言いたいのか!

戦争という中で、 敵艦隊にぶつかって行った特攻隊員たち。
戦後70年、 これでは若くして戦死した兵士は浮かばれない。


記事の中で、 それとなく日本は悪い国だと印象付ける。

とにかく国内であれ海外であれ、 自国の悪口を書き、 日本の印象を悪い方へと発信したがる。


そんな朝日新聞の体質を全身に沁み込ませた冨永格先生に添削して戴くと、その文章どうなるんだろう?


例えば、 本ブログ前述の5行(朝日の思考回路は狂っている...)を送ったら下記のようになるか。
 

                ☟



                ☟




                ☟





「朝日の思考回路は狂っている....特攻隊とテロを同一視。
 戦争という中で、 敵艦隊にぶつかって行った隊員たち。

 戦後70年、 これでは戦死した隊員は浮かばれない。

 記事の中で、 日本は悪い国だとそれとなく印象付ける。

 とにかく国内であれ海外であれ、 自国の悪口を書き、
 日本の印象を悪い方へと誘導したがる」











 アカ に染まってるわ。


チェンマイって ホントいいですね!

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:40| Comment(5) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

独居老人の生活1163(奢る喜びの一日)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1163(奢る喜びの一日)


   一日一日を始める最良の方法は、
   目覚めの際に、 今日は少なくとも一人の人間に、

   一つの喜びを与えることができないだろうかと、
   考えることである。
                                  ニーチェ (ドイツの哲学者)


昨日(4月14日)の昼、 ソンクランの真っ只中ショッピングモール 「MAYA」 に出向く。 (地図はココをクリック)

水浴びは御免のジジイ、 裏通りとスーパーハイウエーを走り抜き、 水一滴かけられることなく 「MAYA」 に到着。  正午前だった。


pict-Screenshot_20180415-094535.jpg


店内に入ればこんな飾り付け。
そして美女たちが歓迎の意、 花輪を客の首にかけてくれる。

pict-P_20180414_115206.jpg




   座ってくつろぐお客たち。
pict-P_20180414_115629.jpg




正門前の広場には特設ステージ、 ロックコンサートの準備中。
                  ☟
pict-P_20180414_115353.jpg




  客の入場はこれから。
pict-P_20180414_115407.jpg




  建物の外には入場を待つ人々が・・・
pict-P_20180414_140621.jpg




  フエイケーオ通り・リンカム交差点。
  水浴びしたい人々がお堀方面に向かって行く。
pict-P_20180414_140544.jpg




  さあ、コンサート会場への入場開始。
pict-P_20180414_140603.jpg




   ジジイは水浴び御免、 ここまで。
   会場内では既に放水を始めている。
pict-P_20180414_135857.jpg




   ロックバンド、 観衆の熱気を放水して冷ます。
pict-P_20180414_135912.jpg




  火事場でコンサートをやってるようなもんだ。
pict-1523617568905.jpg
        ☝ 爺さんが行くような所じゃないわ。


                  * *


で、 ジジイが行ったのは 「MAYA」 の中、 このレストランだ。

    和食レストラン 「FIN」。
pict-P_20180414_121345Fin.jpg




現在60%値引きキャンペーン実施中(4月末まで)。
   (昨日の本ブログでお伝えした通り)
 pict-1523600390918.jpg




  キャンペーンだからか、 満席の盛況。
pict-P_20180414_122334.jpg



pict-P_20180414_122326.jpg




  注文、 サーモンの兜煮:110バーツ(45%の割引)
  ビールは小瓶で90B、 ジジイは2本飲んだ。
pict-P_20180414_122946.jpg
     ☝ 銀杏まで付いている、 これで110Bならお得。




  鉄火丼:300B(50%の割引で)
pict-P_20180414_123729Fin.jpg




  連れは茶碗蒸し:60B(40%の割引)と
  サーモン刺身:125B(50%の割引)
pict-P_20180414_122645.jpg
       ☝ 全ての料金に7%のVatが加算されます。



で、勘定は計926バーツ。

「私が食べたのはサーモンとこれ(茶碗蒸し)で180Bくらい」

高い勘定はあなたの分よ...と言わんばかりの台詞(せりふ)。

                 ☟

pict-P_20180414_125458Ben.jpg


何を言う、 ライス(30B)と水(30B)も注文したじゃないか。
と言ってもジジイの奢り分は260バーツ程度。

これでデートした気分にさせてくれただけで良しとしよう。
歳も取ったり、72歳の爺さんに付き合ってくれるのだ。


店を出て少し歩き、 エスカレーターの所で彼女が言う。

 「私、 店を見て回るわ、 バイバ〜イ」

何だい、 「割引キャンペーンなのよ」 とジジイを誘っておいて、
食ったら終わりか!


ソンクラン、 水浴びを凌ぎ.....










彼女の飯代を払いに行ったようなもんだ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:42| Comment(20) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする