2017年04月15日

独居老人の生活841(忘れられない旅の記憶 S セヴィーリャから陸路でポルトガルへ)



昨日(14日)もソンクランの狂騒は続く。
今日は皆さまが行きたがらないお堀端の模様をどうぞ。

ジジイもお堀周辺は嫌なのだ。
堀の汚い水をかけられたら堪らない、 眼病に罹る。

で、 内堀通り北側から見物。
  (Street View はココをクリック)

こちら側はさほど過激でない。
水鉄砲売りや食い物屋台が出ている。

pict-DSC_0059.jpg




 堀の中に入り泳ぐ人、 ああ汚い。
pict-DSC_0050.jpg




 座って見物する人。
pict-DSC_0051.jpg




外堀側では、 堀の水を汲んでぶっ掛ける人でいっぱい。
これだから外堀通りには行かれません。
                  ☟
pict-DSC_0056.jpg


                 * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐841
(忘れがたい旅の記憶‐20:セヴィーリャから陸路でポルトガルへ)


     すべての旅行は
    その速度が正確に定まってくるにつれ退屈となる。

                        ラスキン (19世紀イギリスの評論家)


絵にも書けないような美しい風景を眺めて、
「ああ〜素晴らしい!」 と、 感動する。

でも、 生涯残る旅の記憶は、 旅先での思いがけない出来事に
あると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。
本日はその番外編‐30(Top‐30) です。

                * *

旅をするとタクシーなど現地の乗り物を利用することが多い。
今回は船です。


今から17年前の2000年1月下旬、 ジジイはスペインからポルトガルに入った。

1人旅でその1日の行程は、

セヴィーリャ(スペイン) → (列車) → ウエルバ → (バス) →
アヤモンテ(国境の町) → (船) →
ヴィラ・レアル・デ・サント・アントニオ(ポルトガル)




国境越えはボートに乗り(出国)、 川を渡ればそこがポルトガル(入国)。

                 *

バスが終点アヤモンテに到着、 しかしボート乗り場が分からない。

近くにいた人に訊くが英語は通じず。
ジジイはスペイン語が全くダメ。  (地図はココをクリック)

ポーチュグル、 ポーチュグルと言うと3人目で何とか分かり、 徒歩でボート乗り場を目指す。

道路が石畳、 コロ付き荷物を引っ張れず、 背負って歩く。
6、7分歩いたろうか、 ボート乗り場到着。

k2106%A5ե%A7%A5.jpg
   ☝ ボートといっても車数台が乗る小型フェリー。
                
                ↓
                
10数分の乗船でポルトガルに入国(ただの下船、 イミグレなし)。
  (Street Viewはココをクリック)

ジジイは船着き場からすぐタクシーを拾い、 サント・アントニオ駅(鉄道)へと移動。

駅に着いて時刻表を見ると、 30分前に出たばかり。
次の出発まで数時間待ち。
これは堪らんと、 切符売り場の駅員に尋ねた。

「近くにカフェーかレストラン、 ありませんか?
 次の列車まで時間を潰さないと......」

 「30分後に出ますよ」


ここでジジイは駅員に教わった。
スペインとポルトガルには時差があることを。

スペインの正午はポルトガルの午前11時、 1時間の差。
知らずにいたら置いてきぼりを食うところだった。
  
そのまま駅で時間を潰し、 定刻発車の列車に乗りファロに行く。

pict-500_24373287.jpg


ファロで3日間滞在後、 また列車に乗り、 リスボンへと北上。
 (リスボンでの思い出は次回で........)


スペイン → ポルトガル、 国境越えの忘れられない思い出は、

時差の違いに気付かず...アレレと思ったこと。


まあ有り体に言えば、 ジジイが












 能天気....なだけだった。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:59| Comment(0) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

独居老人の生活840(ソンクラーン・パレード :チェンマイ 2017年)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐840
                   (ソンクラーン・パレード 2017年)


   いい人と歩けば祭り、 悪い人と歩けば修行。

                                    小林ハル (最後の長岡瞽女)


昨日13日はソンクラーンのパレード、 チェンマイは一気にお祭りムードで盛り上がる。

今日はそのパレードの模様を写真でお楽しみください。
本ブログでは初のレポート。 (水浴びがおっかなかったので...)


午後2時過ぎ、 チェンマイ・ターペ通りは車両通行制限となる。
そろそろ始まるぞ.....そんな雰囲気が通りに漂う。


やって来ましたよ。  可愛い女の子たち。
pict-DSC_0009.jpg




 お次は男の子。
pict-DSC_0010.jpg




元々は仏像、 仏塔、 年配者の手に水を掛けてするお清め。
しかし今ではお清めの水が子供から若者、 旅行者を中心に水を掛け合う 「水かけ祭り」 に発展。

ほんのチョロリのお清めの水。
            ☟
pict-DSC_0016.jpg




オバさんたちが次の行進を今か今かと待っている。
pict-DSC_0012.jpg





オバさんは暗い感じ。
ピチピチ白人娘は明るくて.......いいね!

pict-DSC_0015.jpg





 お清めの水をかけてくれてます。
pict-DSC_0018.jpg





水かけられて....あたしゃもう嫌だよって泣いてます。
                     ☟
pict-DSC_0020.jpg




こちらは若き美男美女....歩きながら女の子を口説く。
「行進済んだら、 キミを抱きたい」    「えぇ いいわ」。
                  ☟
pict-DSC_0022.jpg




 バナーを手に堂々の行進。pict-DSC_0023.jpg





相合傘ていいね、 これならジジイも歩いてみたい。
pict-DSC_0024.jpg





  決起集会のデモ行進。
pict-DSC_0025.jpg




  日傘か水除(よ)けか。
pict-DSC_0027.jpg





  皆さん、 傘をさしての行進です。
pict-DSC_0028.jpg





  5体の仏像、 堂々の行進。
pict-DSC_0031.jpg





 水鉄砲で遊ぶ観光客。
pict-DSC_0032.jpg




  こんな美女に水をかけたらダメ。
pict-DSC_0035.jpg
        ☝ 化粧落ちたら ただのブス......かも




 こいつにならOK、 ドバっとかけましょう!
pict-DSC_0037.jpg





 特大麦わら帽子で日除け水除け。
pict-DSC_0038.jpg





 纏をもった江戸の火消・め組のよう。
pict-DSC_0039.jpg





踊り狂って水をぶちかます、 こんなパレードはありません。
彼らはカラオケ店 「さくら」 の1団。
                 ☟
pict-DSC_0040.jpg



pict-DSC_0043.jpg
                   ☝
     手ぐすね引いて待ち構える、 水浴びの犠牲者は?



ジジイをズブ濡れにしやがって.......

そこの彼女!











キミの身体で乾かしてよ.......


チェンマイって ホントいいですね! 





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:25| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

独居老人の生活839(イライラしたらダメよ)



日本はお花見真っ盛り。
でも今や花見は国際的人気、 外国人の観光目玉になっている。

ちょいと見てみましょう。


この皆さんはインドネシアから日本へようこそ!
             ☟
pict-DSCN9999.jpg
              ☝ 
ムスリムだけに、 時間になればメッカに向けて祈ります。




こちらはスペイン娘。  桜をバックに一際映えてます。
              ☟
pict-DSCN0001.jpg




 白人も茣蓙の上に座って日本人と交流か。
pict-DSCN0004.jpg




このカップル、 日本人じゃありません。
台湾からカメラマン共々やって来た。
pict-DSCN0002.jpg
              ☝ 
   メロドラマの主人公になり切ってますな。




こちらの花見はオッサンとオバさんの日本人カップル。
でも訳アリの2人なのよ。
pict-DSCN0006.jpg


男は映画監督の源 孝志(55)。
立命館大学卒、 映画「東京タワー」などで頭角を現す。

女はNHKの與芝由三栄(42)。
NHKサンデースポーツのキャスターとしてお馴染み。
慶大法卒で、 ミス慶応にも選ばれた才色兼備のアナウンサー。

源監督は家庭持ち。
與芝アナはバツ1で亭主と子供がいる。

これをW不倫と呼び、 当事者はとても燃えるんだそうな。
いいねえ、 花見で飲んで熱〜い1発、 いや2発かも。

スケベなお二人には長〜く不倫を楽しんで戴きたい。
25年後、 80と67歳でヤってくれれば拍手喝采だ。

(注) カラーの4枚は 「週刊新潮」、
    白黒の1枚は 「週刊文春」 共に今週号より。




チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐839(イライラしたらダメよ)


  よもや他人の迷惑にはなるまいと思っているときに、

  他人の迷惑になっていることがよくあるものである。


                                   ラ・ロシュフコー (フランスの箴言家)


@ チェンマイで日本人爺さんと.......


「失礼ですが、 お幾つになられてます?」

 「84歳だよ」

「お若く見えますね。
 で、 最後のセックスって、 いつヤリました?」


 「今朝の4時だな」


                * *


A 恋人募集中の爺さんが訊いている。


「チェンマイの若い美女を紹介してくれませんか? 」
 
「”紹介” かどうかは分からないけど....
 ”買う” ことなら、 いつでも..........」


                 * *


B ウイグルで........


「中国はあなた方ウイグルの人にとって友人ですか?
 それとも兄弟ですか?」

  「兄弟です」

「・・・・ ??? 」

  「友人は選べますがね、 兄弟は選べません」


                * *


C 北朝鮮の強制収容所にて........


「なんで、 ここにいるんだい?」

「2006年に偉大なる金 玉男同志の悪口を言ったからさ。
 で、 キミはどうして?」

「僕は2016年に金 玉男同志を褒めたからだよ」

2人はもう1人の囚人に問いかけた。

「君は?」


「私は......金 玉男だ」


(金 玉男さんはまだ幸せ、 暗殺されずにいて......)


               * *


D チェンマイ市営競技場が.......

現在競技場はトラックしか使えない状態にある。
フィールドには入れないよう、 網ネットで囲われている。

pict-DSCN9986.jpg




網ネットにかかっているバナー。
ジジイはタイ語がダメ、 翻訳、よろしくお願いします。
pict-DSCN9989.jpg



pict-DSCN9988.jpg





何の目的で囲ったのか、 さっぱり分からないけど・・・・
トラックだけ利用する分にはどうってことない。
pict-DSCN9987.jpg


                * *


E ランチはローカルレストランで.......

店名分かりません。 (場所はココをクリック)

pict-DSCN9980.jpg




  店内。
pict-DSCN9984.jpg




ジジイの注文はイカ炒め: 55バーツ。
ビールは置いてません、 近くで買って持ち込みです。

pict-DSCN9982.jpg




 仕上げがヌードルスープ: 35バーツ。
pict-DSCN9983.jpg


メニューに1番多いのが40バーツ。
非富裕層にピッタリ、 ジジイはこんな店でも食ってます。


                * *


F チェンマイ・リンピンスーパーの店内で。


 日本酒がズラリと売られている。
pict-DSC_0006.jpg



pict-DSC_0007.jpg


こんな高い酒、 誰が買うんだろう......不思議だ。


(金持ちはいくらでもいるぞって.....声が聞こえそう)


                * *


G リンピンスーパーの店外で。

ジジイが買い物を済ませ、 駐車したバイクに戻った時だ。
バイクの真ん前に車が横付けされていて出られない。


pict-DSC_0008.jpg
            ☝ 右側がジジイのバイク。



ムカムカしたが3分だけ待つ、 車の所有者がすぐ現れると思った。  しかしダメ、 現れない。

車を動かそうと押してみたが、 ビクともしない。

仕方なく店内に戻り、 インフォメーション係の女性に言う。
その女の子はジジイと一緒に出てきて状況を見る。

彼女は店内に戻り、 「お車をどけてください」 のアナウンスでも
するのかと思った。

ジジイの予想は外れ。
そこから10数m離れた車の駐車場に向け叫ぶ。

そして誘導していた係員に合図。
係員のオッサンがジジイのバイクの所にやって来た。

オッサンは剛腕、 ジジイのバイクを車と並行になるよう、 少しずつ向きを変えていく。
そしてバイクに跨り、 足で動かしながら道路に出した。

ジジイはバイクに乗って.....
車の持ち主は依然として現れなかった。


正直言ってイライラ.......しかし
こんなんで怒ってたら、 チェンマイではやっていけない。










と分かっちゃいるけど腹が立つ.....まだ修行が足りませんわ。


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:55| Comment(6) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする