2018年02月16日

独居老人の生活1115(老人たちの反対デモ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1115(老人たちの反対デモ)


  日本の有権者数は1億人。

  国会前のデモはそのうちの何パーセントなんだ?
  ほぼ数字にならないくらいだろう。

  こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザンの
  コンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ。

                                      橋下徹 (元政治家・弁護士)


@ こんな看板でやって行けるの?

この店は東京・大田区の住宅街にある。
もう何年も営業している、 潰れないんだから不思議に思う。

店舗が自宅で家賃不要、 だからやって行けるのか。
しかし、 今どき東京にこんな看板は珍しい。

売れてるのかなあ。

                  
                  ☟



                  ☟




pict-1517024921755金魚や.jpg


熱帯魚も扱っているが、 金魚とでは売上比率、 どっちが上かな。


                 * *


A 歴史ある民家。

東京都区内にある住居、 何の変哲もない家に見えるが.....


pict-1518664208046.jpg




  表札がすごい!
pict-1518664210600.jpg

           ☝
東京府荏原郡矢口町上根岸35番地と出ている。
町名の変遷を見ると、

昭和3年:矢口村が矢口町になる。
昭和7年:荏原郡全域が東京市に編入、 矢口町は蒲田区となる。
昭和22年:蒲田区が大森区と合併し大田区に.....

ちなみに東京府荏原郡蒲田村には松竹蒲田撮影所(大正9年〜昭和11年1月閉鎖)があったところ。

     pict-松竹蒲田撮影所2.jpg


矢口町は東京・大田区の南西部に位置し、 ほぼ東京の環状八号線(環八通り)沿いになる。

最寄り駅は、 目蒲線の下丸子駅、 武蔵新田駅、 矢口渡駅。


懐かしい東京・大田区の光景。
上2枚の写真はチェンマイLong StayerのTさん(76)が撮影。


                * *


B 公園の改修工事。

東京のジジイ宅近くに公園がある。
まあまあ大きな池があり、 そこには広場もある。

pict-武蔵関公園.jpg
        ☝ 公園の広場。




数年前、 豪雨に見舞われ、 池に流れ込んだ雨水のために水が
溢れた。
で、 池周辺の一部家屋では床下浸水の被害が発生。

pict-武蔵関2.jpg



陳情を受けた区では、 公園の広場の地下に大規模貯水槽の造成工事を計画する。
溢れる池の水をそこに流し込んで洪水を防ぐもの。

計画は区議会で決定、 工事スタートへと進む。
だがここで横やりが入る。

「自然保護を!   環境を破壊する工事に反対!」

地元の住民から反対運動が起こったのだ。
池の広場にある木々を抜くからというもの。

反対するのは、 浸水被害とは関係のない住民たち。
ジジイ宅にも反対の署名をと、町内会当番がやって来る。

自宅にいたジジイは、 角を立てても仕方ないので黙って署名。
反対派は工事中止の署名を集めて区役所に陳情に行く。

しかし受け入れてもらえない。
その数ヵ月後、 工事業者が決定し工程表公示。

それでも反対派住民は諦めない。
再度反対署名を集め始める。

で、 ジジイ宅に同じ町内会の婆さんがやって来た。
今度はジジイも黙らない。

「区議会で決定したことですから、 拙宅はそれに従います」

              * *

いよいよ着工。
ジジイが公園を散歩していたら、 たまたま出くわした。

反対派がプラカードを掲げ、 工事のトラック進入を阻止している。
暇を持て余す爺さん婆さんばかりだ。


反対派といっても30人ほどで、 押し切られて結局工事スタート。
これで反対派は諦めた....妨害もなく進捗、 予定通り完工。


一度抜かれた木々は、 また元通りに植えられていた。
公園の外観は変わらず、 その地下には新たに貯水槽が完成。

その後、 雨水被害はなくなったと聞く。


反対派住民の爺さん婆さんは、 相変わらず公園にやって来る。


                  ☟




                  ☟





pict-武蔵関.jpg
                  
        

 朝のラジオ体操をするために......


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:59| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

独居老人の生活1114(温故知新)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1114(温故知新)


   故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る

                                               論語

   過去の事柄や思想などを研究し吟味して、 そこから新しい知識や見解を得ること。

                  * *

@ 昨日(2月14日)、 誰からも花をもらえなかった女性に....


                   ☟



pict-pict-1518637574011バレンタインデー.jpg


                  * *


A バレンタインデーのジジイの夕食。

昨夜のジジイの夕食は自宅で....
燻製ポーク(前日友人から貰ったもの)と惣菜(25B)。

pict-P_20180214_190251.jpg




 大根と生姜の煮つけとオクラのワサビ和え。
pict-P_20180214_190258.jpg
              ☝
これをツマミに缶ビール小を5個、 一人寂しく飲みました。
”独居老人の華麗なる生活”とは言ってるが、 こんなもんですわ。


                 * *


B 平昌オリンピックに先駆けて.....

冬季五輪開催日の前日(2月8日)、 平壌で華々しく行われたのが
軍事パレード。

朝鮮人民軍創建70年と銘打ち、 新兵器も登場。
移動発射台に乗った ICBM 「火星5」 である。

写真は金正恩将軍(34歳)と李節主夫人。
夫人はスカート姿、 さぞかし寒かったろう。
                          
                           「週刊Flash」 より。
pict-DSCN3375金正恩将軍.jpg
                  ☝  
     金正恩将軍さまはあの若さで肥満体。
     長生きできそうにないね.....あと10年持つかな?
          
                 
                  * *


C 強権ならこちらも負けちゃあいない。

                            Newsweek誌より。
pict-DSCN3371.jpg


フィリピン・ドゥテルテ大統領の強権発動にも注目。
容赦ないのは麻薬密売だけじゃない。

密輸車に対しても同様で、 2月上旬、 大統領立ち合いのもと、
ジャガーやBMWなど1億5千万円相当が 「処刑」 された。

死刑執行人はブルドーザ、 簡単に押しつぶした。
もったいないねえ。

                  * *


D 日本の軍事力もすごい!

下の車は陸軍の要請で、 1936年から量産開始。
世界初、 純国産四駆の 「くろがね四起」。

                            「週刊新潮」 より。
pict-DSCN3365.jpg


残存数が僅少で、 幻の車と呼ばれているそうな。
修理し、 実際に動く旧軍の軍用車に復活させた。

大喜びで助手席に乗るのは、 軍事オタクと自他ともに認める
石破茂代議士。


軍事オタクでも軍国主義者でもないが、 ジジイが望むのはゼロ戦の復活。
観光用に10機ばかり作り、 客を乗せて遊覧すればいいと思う。

海上に大きな中古軍艦を置いて、 「今から神風特攻隊、突撃!」
とまあ、 急降下するアトラクションなら人気爆発だろう。


                  * *


E みんなお爺ちゃんになりました。

今年2月10日、 宮崎で開催されたプロ野球選手OB大会。
巨人は宮崎キャンプ60年、 対する南海ホークスは創立80周年。

巨人には桑田真澄、 江川卓、 松井秀喜ら38名。
ホークスには野村克也、 工藤公康、 秋山幸二ら35名が集結。

では、 まだ生きてるの...という昔々の名選手が登場です。


                    ☟



                            「週刊文春」 より。
pict-DSCN3367.jpg
       ☝ 遥々宮崎まで来られただけでもご立派。


                  * *


F 観光客誘致のためのキャンペーンビデオ。

「日本は退屈」。
これが欧米人アンケートの結果だとか。

こりゃダメだ、 と日本政府観光局が動いた。
今年2月6日、 日本の魅力を海外に発信するビデオを公開。 

それが 「Enjoy my Japan」 2分21秒。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=ugxGFVhOMaE

このビデオの評判は如何に?

                *

観光立国ならこの国、 そう、タイにもビデオがある。
それがタイ国政府観光庁が作ったビデオで、

「Open to the New Shades」 (新しい色合いへのいざない)
                 ☟         2分30秒
https://www.youtube.com/watch?v=fP9zQsPzwSw


両方を見比べてみると、 同じキャンペーンVTRでもかなり違う。
タイは、 観光客の長期滞在を狙っているのかも。


ご存知の通り、 JALやANAの座席には機内誌が置かれている。
日本観光庁のビデオは、 これら雑誌をビデオにしただけの感じ。

タイ日両国の観光用VTRに関しては、 ジジイは....

タイに軍配を上げたい。









 独居老人、 タイ人になっちゃたかな。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:07| Comment(6) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

独居老人の生活1113(ランパーン遠足の1日)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1113
                        (ランパーン遠足の1日)


  老後一日も楽しまずして空しく過ごすはおしむべし

  老後の一日、 千金にあたるべし
                                             貝原益軒


昨日(2月13日)は終日、 遠足を楽しんだ。
朝10時、 ジジイ宅を出た車は国道11号線を走り、 一路ランパーンへと向かう。

遠足のメンバーは総勢4人、 毎日暇を持て余す爺さんばかり。
下戸のAさん(独身)さんが車を提供、 運転手まで務めてくれる。

あとの3人はただ車に乗り、 連れてって貰うだけの大名遠足だ。


1時間ちょっと走って休憩、 国道沿いのカフェに入る。

pict-P_20180213_112617.jpg




ここでホットコーヒー・アメリカーノ(25B)を飲む。
店員さんが愛想よく、 「美味しいですか?」 と日本語で応対。

こんな田舎で日本語を聞くと心が和む。

pict-P_20180213_112633.jpg




頻尿の爺さんたちはここで出すものを出し、 いざ出発。
最初に向かった先は、 この日の目的地の1つでここ。

                  ☟

pict-P_20180213_115024.jpg

                  ☝
ランパーン市内にある大判焼きの店。
 (地図はココ、   Street Viewはココをクリック)

暖簾には日本語で 「大判焼き」 と書いてある。



  ジジイはこれを今川焼と言っている。
pict-P_20180213_114804.jpg




  中身はアンコなど。
pict-P_20180213_115144.jpg




看板娘がまたお綺麗な方。
棺桶に入りかけの爺さんにも嫌な顔をせず、 笑顔を見せる。

大判焼きもいいが、 こっちの虜になりそう。
隣の男性は亭主じゃないそうな。
pict-P_20180213_115357.jpg




8個入りで50バーツ、 1個食べたが美味しかった。
pict-P_20180213_120156.jpg


                * *


大判焼きを買い、 1つの目的を果たした一行はランチに....
向かった先はWang River沿いにある 「リバーサイド」。
                     (地図はココをクリック)

pict-P_20180213_122711.jpg




空けたビールが大瓶7本(85B/本)。
のん兵衛のBさんとジジイが各3本飲んで喉を潤す。
pict-P_20180213_135423ランチ.jpg




  ジジイが注文、 ポークリブのシチュー(150B)
pict-P_20180213_124419.jpg




  友人は海鮮サラダ:150B。
pict-P_20180213_124409.jpg




  パッポン海鮮カレー:120B.
pict-P_20180213_124442.jpg


真昼間から遠足の宴会、 酔っ払って気炎を上げる。
気が付いたら、 客は我々だけになっていた。


                   * *


食欲を満たしたあとは寺院巡りだ。
先ずはランパーンの名所、 ワット・プラケオ・ドーンタオへ....
                 (地図はココをクリック)     
pict-P_20180213_152624.jpg



pict-P_20180213_152019.jpg



pict-P_20180213_153352.jpg


解説は省略、 興味ある方は旅ガイドのココをクリック。



この後ランパーンではもう1ヵ所、 寺院を見学。
但し、 ジジイは車内で爆睡、 何処に寄ったかは不明。


                 * *


ランパーンを後にして、 お次はランプーンへ。
ジジイは過去何度も訪れたここ、 ワット・ハリプンチャイに到着。
                       (地図はココをクリック)
pict-P_20180213_173142.jpg



pict-P_20180213_173507.jpg



pict-P_20180213_173423.jpg




沙羅双樹、 釈迦入滅を思わせるような仏像。
ジジイはこれが何だか知りません。
pict-P_20180213_173719.jpg




ワット・ハリプンチャイの西側外には屋根付きの橋がある。
中には各種店舗があり、 ちょっとした市場の感じ。
pict-P_20180213_174723.jpg


ワット・ハリプンチャイの解説も省略。
詳しくは 「タイ・スマイル」で、 ココをクリック。


                 * *


夜の帳(とばり)が下りる頃、 爺さん一行は家路へと向かう。
ここでランプーン街道沿いに住む友人Tさん(64)を慰問しようと
ジジイが提案。

辺鄙な田舎で恋人もなく、 それこそ寂しく暮らすTさんだ。
我々の来訪を国賓の如く歓迎してくれた。

   Tさん宅(借家:5千B/月)
轟自宅.jpg



夕食用に冷蔵庫に冷やしてあったBeer3本を出してくださる。
自分は近所へまた冷えたビールを買いに行くからと.....

pict-P_20180213_190309轟宅.jpg




そしてTさんが自宅で作った燻製ポークをツマミにして・・・
独身のTさんの自慢は料理だ。

しかし残念なことは、 振る舞ってあげる恋人がいないこと。

pict-1518553004028.jpg




  ビールにぴったりの燻製。
pict-1518553111573.jpg



手ぶらで訪れた我々一行。 
すると顔はデカいが心はやさしいBさんが気を利かす。

一行を代表し、 ランパーンの大判焼き1箱を差し出してくれた。

で、 ジジイが燻製ポーク1ブロックをお土産に貰い、 寂しそうに
見送るTさんに別れを告げる。

Tさん宅訪問の目的は、 実はジジイがこのポークを貰うため。



チェンマイに到着、 夕食は和食店 「憩」 で....またビール。


斯(か)くして、 爺さんたちの遠足は無事終了。










 ただ飲みに行った感じ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:21| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする