2020年08月10日

独居老人の生活1967(タイで著名な人権活動家)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1967(著名な人権活動家)


 民衆がものを考えないということは、

 支配者にとっては実に幸運なことだ。

                           ヒトラー (ドイツの独裁者)


@ コロナ感染者は出たのか?

先日、 「赤十字祭りコンサート」 がナコンシータマラートで開催された。

大勢の観客が押しかけて、 マスク着用なし、 ソーシャルディスタンシングも無視。

本ブログでは先日(8月5日)、 この騒動を取り上げた。

pict-Nakhon Si Thammarat on Saturday..jpg



なぜこのような熱狂が起きちゃったのか。
それは地元出身の人気シンガー、 ジェニーとリリーの姉妹が出演したから。

pict-人気シンガー、 ジェニーとリリーの姉妹.jpg
    ☝ 中央がリリー(15)で、 その右がジェニー(25)。



姉のジェニーは大ヒット曲の作詞作曲も手掛けている。
加えてとてもチャーミング。

pict-ジェニー・ラチャノック.jpg

大ヒット曲:
「ルーク クイ タン アムプー プア トァー コン ディアオ」
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=a71tTCN2q68


ジジイが面白いと思ったのはタイと日本の違い。
山口百恵、 松田聖子、 天地真理もやっていなかった。

でもタイの人気歌手は平然とやっている、 何かって?

pict-人気シンガー、 ジェニー.jpg

ジェニーの歯をよく見てください、 矯正している。
タイでは歯の矯正が流行りというかオシャレ感覚か?

笑って堂々と矯正ワイヤーを見せるところがタイ人ならでは。

               * *

で、あれだけの密な熱狂ぶりはSNSで話題に....
主催者は後日、緊急令違反で起訴された。

ところがこれだけでは終わらないのがタイ。
保健当局は詰めかけた観客2,582人のウィルス検査を敢行。

結果、 全員の陰性を確認、 昨日(8月9日)これを発表した。
ジェニー&リリー姉妹もホッとしてるだろう。


  **********************



A 来訪を告げたいのだが....

ここは東京都内の住宅地。
しかし来訪者全員が面喰ってしまう。

  pict-1597028071430.jpg



玄関までたどり着くには相当な労力が必要だ。


              ☟



  pict-1597028074647.jpg
      ☝ ヘンテコな家を建てたもんだ。


  **********************



B チェンマイで反政府集会。

昨日(2020年8月9日)夜、 チェンマイのターペ門広場で抗議集会が開催された。

ジジイは6時過ぎに通りかかり、 バイクを停めて見物というかライブを聴いた。

なんで反政府ラリーにライブなのか?

思い出した、 昔ベトナム反戦集会の時、 新宿の広場とか大学構内でギター片手に歌っていたっけ。

pict-ベトナム反戦集会.jpg



あれから50数年、 今、まさかチェンマイであのようなライブを見るとは夢にも思わなかった。

pict-DSCN7204.jpg
        ☝ チェンマイ・ターペ門広場。



pict-DSCN7227.jpg



    主催側の活動家女の子、 目がお綺麗。
pict-DSCN7221.jpg



     マスクした参加者がほとんど・・
pict-DSCN7222.jpg



     ポスターが地べたに置かれていた。
  pict-DSCN7223.jpg



    活動家が国家によって拉致されて行方不明と記載。 
pict-DSCN7214.jpg



     ゴジラが2匹、 活動に励む。
pict-DSCN7211.jpg



        「ギャオー!」
  pict-DSCN7206.jpg



ゴジラが暴れたら取り押さえるためか、 ポリスが出動。
                 ☟
pict-DSCN7229.jpg



  周囲に目を光らせて警戒にあたってる感じ・・
pict-DSCN7210.jpg



    軍からも出ているの?
pict-DSCN7208.jpg



ついにタイで著名な活動家がチェンマイに登場。
人権弁護士のアノン・ナンパ氏(35歳)だ。
                  ☟
pict-Human rights lawyer Anon Numpa speaks during a flash protest in Chiang Mai on Sunday..jpg



驚いた、 ナンパ氏は8月7日(金)に逮捕されたばかり。
容疑は刑法第116条に基づく扇動。

加えて7月のバンコク集会における武漢ウイルス規則の違反。
有罪の場合、 7年の懲役刑に処される。


バンコクの刑事裁判所は8月8日(土)、 申し立てられた犯罪を繰り返さないという条件付きで、 ナンパ氏の仮保釈を認めた。

pict-Anon Nampa, left, a prominent human rights lawyer.jpg
          ☝ 釈放されたナンパ氏(左側)。
             (写真は The Nation )


そして彼は、 すぐさまバンコクからチェンマイにやって来た。
勿論、 チェンマイでの集会に参加するためだ。

pict-“Anon Numpa” Joins Chiang Mai Anti-Government Protest.jpg

ナンパ氏は次のように熱く語る。
「私たちは3つの要求を繰り返します」
             ☟
 1.政府は、 国民を脅かすのをやめろ、
 2.議会を解散させ、
 3.新しい憲法作成に取り掛かろう。

こう、およそ400人の歓声を上げる参加者に訴えた。

但し、 ナンパ氏は演説で、 タイ王国の厳格な王室名誉毀損法の改革に関しては言及を避けた。

これを述べると再逮捕されるからだ。  (source : Bangkok Post)


pict-Activist Arnon joins Chiang Mai protest.jpg
                   ☝
ナンパ氏著の 「君主制国家とタイ社会」 のコピー版を手にする
参加者たち(8月9日チェンマイ)。   (写真はAFP)



 一冊の本に人生を丸ごと変えてしまう力があることを、
 みんな理解していない。

こう言ったのはアメリカの黒人公民権運動活動家・マルコムX だ。


アノン・ナンパ氏の一冊はタイ人の人生を変えるだろうか。

タイは 「制限君主制」 をとっている。

憲法や法律によって君主の権力が法的に制限されている。
しかし王室名誉毀損法というのがある。

日本の天皇は象徴、 不敬罪で逮捕されることはない。

タイで暮らすジジイは....






不敬罪で捕まらないよう 注意している。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:19| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

独居老人の生活1966(日韓おける歴史問題の解決が・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1966(日韓の歴史問題が...)


 人は歴史の教訓からあまり多くの事を学べないものであり、

 この事実こそ、 歴史の教える教訓のうちで、

 いちばん重要なことである。

                           オルダス・ハクスリー (英国の作家)


@ タイ税関局のオークション(競売)。

2020年8月8日、 税関局は201台の押収車両の競売を開催。
場所はバンコクにある税関局の建物。

pict-Seized vehicles go on sale4.jpg


オークションは、 オフラインとオンラインの両方で実施。
主催側の責任者がこう語る。

「大勢の人が参加できるよう、 初めてオンラインオークションを設けました。 いつでもどこでもオークションです。

加えてオークション開催前の8月5日〜7日で、 参加者が税関局の駐車場で車やバイクを実際にチェックできるようにしました。

多くの人がこのイベントに興味を持ってくださって嬉しいです。

pict-Seized vehicles go on sale2.jpg



pict-Seized vehicles go on sale.jpg



pict-Seized vehicles go on sale3.jpg


競売からの収入は、 財務省の押収物販売規定に従って国に納められます。
今回、少なくとも3億バーツの収入を見込んでいます」


ちなみにオークション参加者が最も興味を持った車といえば、 フェラーリカリフォルニア T 2015。

この車への入札は、 オープン価格の1031万バーツから始まり、 1270万バーツ(約4450万円)で落札したそうな。

これがその車です(2015年モデル)
              ☟
pict-2015年 フェラーリ カリフォルニアT.jpg
      ☝ ジジイは1度でいいから乗ってみたい。


201台もどんな理由で押収したんだろうか。
密輸を捕らえたのかな、 ジジイには想像もつかない。
  (source : The Nation)


  *********************



A 先日の昼ごはん。

この日は和食 「ジガンティア」 へ....  (地図はココ
駐車場なし、 バイクならOK。

旧市街(堀の内)の裏通り、 狭い路で車のすれ違いは難しい。
駐車する場合は 「Zoe in Yellow」 奥の広場(ココ)に置く。

で、そこから3分ほど歩いてお店に行く。
南北に走る狭い路からもっと狭い路地を西に入った突き当り。

pict-P_20200807_132700_vHDR_Onジガンティア (1).jpg



pict-ジガンティア.jpg



    和風ハンバーグセット:250バーツ。
pict-P_20200807_132700_vHDR_Onジガンティア (3).jpg
         ☝ ビアはシンハー大瓶:90バーツ。



店員さん(21)の笑顔が素敵、 美味しさが増します。
              ☟
  pict-P_20200807_132700_vHDR_Onジガンティア (2).jpg

・定休が月曜日、  
・営業時間は、 11:00〜22:00(14:00〜17:00休憩)。


食べ終わって駐車場に戻ったその時だ。
「Zoe in Yellow」 奥のブースからジジイの名前を呼ぶ声が...

忘れもしない、 チェンマイに来て初めてジジイが恋した彼女。
手も握れず見事に振られたが...性格のいいチェンマイ女性だ。
                 ☟
pict-P_20200807_132700_vHDR_Onジガンティア (4).jpg


ジジイとの出会いは彼女が32歳。
現在44歳だという、 実際オバさんの顔になっている。


   この写真は彼女がまだ37歳のとき。
pict-001.jpg
   ☝ 32歳の頃はもっと可愛い感じだった。

思いがけない8年ぶりの再会、 変わらず元気でいる由。
働き者の彼女、 苦労なく幸せに生きてほしいと願うばかり。


  ***********************



B 美しい花、 この花は何?

日本にいる友人がLineで送信してくれた。
ジジイはこれまで1度もみたことがない花。
               ☟
  pict-1596848430113オクラの花.jpg



皆さまはこの花、 ご存じでしたか?

                ☟

pict-オクラの花は食べられる.jpg
          ☝ ジジイの好物、 オクラの花。


友人はベランダで栽培 → オクラを収穫 → 食している由。
寂しい1人暮らしの老人にとって、 これも生き甲斐なのだ。


  *********************



C 韓国でも洪水被害。

ソウル市は2020年8月6日、 大雨の影響により漢江沿いにある全ての漢江公園への立ち入りを制限すると発表した。

漢江公園は汝矣島、 二村など計11カ所にある。

同日午前、 漢江上流の八堂ダムで1秒あたり18,000トンの水を放流、 漢江には約9年ぶりに洪水注意報が出された。

pict-ソウル・漢江に9年ぶり洪水注意報 公園全11カ所への立ち入り制限.jpg



pict-ソウル・漢江に9年ぶり洪水注意報.jpg



pict-韓国でも豪雨被害.jpg


韓国政府当局は5日、 首都圏と中部で8月1日から降り続く豪雨により、 5日午前6時までに計15人の死亡が確認され、 11人が行方不明になっていると発表。

また、これまでに4281棟の建物・施設の被害が報告された。
インフラをみると、 道路・橋、 河川関連、 鉄道で多くの被害。

山崩れ(277件)、 街路樹の倒壊など(159件)、 上下水道(84件)、 貯水池・排水路(27件)にも被害が及んだ。

一方、37カ所の道路が通行止めになっている。
忠清道や江原道を走る鉄道6路線は一部または全てで運休。

pict-豪雨で死者15人・不明11人に.jpg
    (source : ソウル聯合ニュース)

                * *

産経新聞の名物記者・黒田勝弘氏がイイことを書いている。

「漢江の北の方の最上流には昭陽江ダムがあり、 南の最上流には忠州ダムがある。

いずれも超大型ダムで、 首都ソウルを洪水から守ってきた。

pict-ダムの上から昭陽江を.jpg
          ☝ ダムの上から昭陽江を眺める。


その両ダムが今回、 長期の大雨で満杯となり、放流を始めたため漢江の水位が上がったというわけだ。

ところで両ダムは1970年代から80年代にかけ日本の経済協力を得て完成したものである。

特に韓国最大の昭陽江ダム建設は国交正常化(1965年)の際、 日本から提供された請求権資金を使った代表的プロジェクトの一つ。

韓国は当時、日本からの資金はそうした経済建設に使い、 個人補償は韓国が受け持つと約束している。

その結果、 韓国は漢江の奇跡を成し遂げ、 ソウル市民を洪水から守ってきた。

しかし今また日本に補償を要求しているのがいわゆる徴用工問題である。
韓国内で処理すれば済む話ではないのか」

詳しくはビデオでどうぞ!
            ☟
https://www.youtube.com/watch?v=y-NHhijf5-A

                * *

ところが韓国のメディアは見方が違う。
韓国のコミュニティサイト 「MLBPARK」 が取り上げた。

伝説クラスの日本のせい.jpg


<300ミリの集中豪雨、 日帝時代の排水設備ではお手上げ>

京畿道安城市を集中豪雨が襲い、 地滑りや土砂が住民を苦しめている。

今回だけではなく、 この地域では、かつて1時間で100ミリの雨が降った時もあちこちで土砂崩れが発生。

堤防が崩壊したり、 道路が遮断されるなどの被害を出していた。

それにもかかわらず 「日帝時代の排水設備ではお手上げ」 と、 あたかも排水設備を作った日本が悪いというような記事にされている。

               * *

韓国人にもプライドを持ったマトモな人がいて、 次のようなコメントを出す。

・これって朝鮮時代には排水設備自体が無かったことの証明。


・「なぜ日本はもっと頑丈な排水設備を作らなかったのか」 と
でも言いたいのか?
記者はこの記事を書いてて情けないとは思わないのかな。

韓国が現代でも日帝時代のインフラに頼っていて、 いまだに排水設備の一つも整えられない無能だと宣言しているようなもの。


・この言葉通りだとすれば、 75年間、大統領の頭がそのまま空っぽだったってこと、 廬武鉉も含めて...


ジジイがもし韓国人ならこう書くだろう。

「日本ボイコットだ、 すぐ排水設備を撤去しよう!」

「日本に守って欲しくない、 すぐダムを破壊しろ!」

「それでソウルの街が水に沈んだっていいじゃないか」


洪水で文在寅が溺れて死んで新たな歴史、

これが日韓の....







”溺死問題” になろう。



チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:15| Comment(6) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

独居老人の生活1965(大切なのは、 残りを濃密に生きること)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1965
                (大切なのは、 残りを濃密に生きること)


  悲観は気分のものである。  

  楽観は意志のものである。

                            アラン (フランスの哲学者)


@ 政治集会情報(チェンマイ)。

期日:明日(8月9日)の午後5時頃から。
場所:ターペー門広場(主催:人民解放団チェンマイ) 

以上、在チェンマイ日本国総領事館からの注意勧告です。


  *********************



A R118(チェンマイ〜チェンライ)開通。

8月2日以降、 大雨により道路が寸断されていたR118。
特に大きな被害はドイサケット近辺。

次のような臨時の橋が完成し、 8月6日の午後に開通。
但し、 走行できるのは20トン以下の車両で、 時速30 km以下。

pict-IMG_2691-1200x900.jpg



pict-IMG_2693-1200x900.jpg


  *********************



B トイレの穴から蛇が出てきて噛みついた。

噛まれたのは4歳の女の子。
場所はバンコク、 オンヌット駅近くのコンドー自宅のトイレ。

pict-Snake bites Bangkok 4 year old.jpg


朝5時頃、 母親が少女をトイレに連れて行き便座に座らせた。
用便後、 母親が娘を持ち上げた時、 蛇が流し穴から飛び出して娘の尻を噛む。

そのあと蛇は、 流し穴からパイプに戻って消え去った。
母親の悲鳴を聞いた父親が娘の傷口を吸って蛇の毒を吸い取る。

すぐに病院へ行き、 治療を受けた。
毒蛇ではなかったようで、 毒の心配はない由。

しかし4歳の少女にはトラウマが....
怖くてトイレに行きたがらないとか。

下水に潜むこのような爬虫類にはどうしたらいいか。
母親はfacebookに投稿し、 注意を呼び掛けている。

               * *

トイレがバンコク・オンヌット駅近くのコンドーの部屋。
チェンマイのアパートに住むジジイにだって有り得ることだ。

尻ならまだいいが、 大事なチンコを噛み切られたら....


  **********************



C ジジイ宅に現れる爬虫類。

夜になると窓の網戸に必ず現れる。
この日は朝方、 2匹がつるんで...

1匹が相手の耳元で囁いているって感じ。

  pict-DSCN7179ヤモリ.jpg


しばらく観察していたが、 交尾ではないようで....
網戸をちょっと開けたら見えなくなった、 動きは敏捷。

              * *

ジジイが住むアパートには蛇だって出没する。
2016年10月、 ここはアパートの駐車場。

pict-DSCN8266.jpg



   駐車中の車の下には大蛇がとぐろを巻いていた。
pict-DSCN8263.jpg
             ☝ 大蛇が横たわる。


専門の業者が来て、 袋に入れて持って行ってしまった。
 (本ブログ#672、 2016年10月14日に掲載)

  *********************



D 日本の新聞記者の思考回路は?

河野太郎防衛大臣の記者会見(2020年8月4日)。
東京新聞の記者が次の様に質問したのだが....

「安全保障の見直しでは周辺国からの理解が重要だが、 現状は
 理解を得られる状況ではない。
 防衛政策の責任者として今後、 理解を得られるのに必要な
 こととは何か?」

ビデオでどうぞ!
        ☟
https://www.youtube.com/watch?v=4GS4TOilWoE


左派の新聞記者って頭が狂ってる。

中国や韓国がこれまでに、 日本の理解を得られるように、 何かしたことがあるか?

この質問した記者、 馬鹿としか言いようがない。
こんなアホ記者が他にも大勢いる....日本、大丈夫かなあ。


  **********************



E これからの余生、 生き方、 過ごし方、 楽しみ方。

大切なのは 「残りを濃密に生きること」 

「どうせ、もういい歳だから」 の気分になったらそれで終わり。

人生は1度しかないチャンス。
今回のコロナで実感、 残された時間は限られている、 どう使うかが重要だ。

ネガティブなことばかり考えていれば、 余生は不幸なものにしかならない。

ということで、 著名人が考える自分の生き方、 余生とは?
    (source : 週刊現代)

               * *

「老いるほど人と話すことが大切になってくる。
コミュニケーションをとらなくなると固定観念が増えてくる。

そうなると、 次第に人に考えを押し付けるようになる。
自分が正しいと思い込んでしまうのだ」

                    大木凡人(75歳、 タレント)

               * *

「私の人生に引退という言葉はありません。
 ずっと現役で何かをしていたい。

朝は7時に起きて、 雀に餌をあげて犬の世話をします。
1分1秒だって無駄にしたくないのです」

                       デビ夫人(80)

               * *

「余命を意識してから、 人との付き合い方が変わった。
 散歩コースを毎回変えて、 知らない道、 知らない家、
  毎日発見がありました」

          露木茂(79、 元フジテレビ・アナウンサー)

             * *

「寝たきりになって、 人の世話を受けないと生きていけない
 状態になったら、 私は自ら命を絶つつもりです。

 他人に迷惑をかけたくない、 自分の身は自分で始末する」

  pict-中島誠之助.jpg

              中島誠之助(82、 古美術鑑定家)

              * *

「世界各地の皆既日食を肉眼で確認すること。
  これが死ぬまでに達成したいことです」

                    森田正光(70、 気象予報士)

              * *

「遺産は残さなくていい。  汗水たらして貯めたお金。
 人生の最後に、 自分が幸せになれる方法に使うのがベスト」
      
                 荻原博子(経済ジャーナリスト)

             * *

「もう10年しかない..ではなく、 まだ10年もある。
  人との違いに目くじらを立てないこと」

          北野大 (78、 化学者でビート・タケシの兄)

             * *

「あと10年くらいの人生で、 儲けたり、 偉くなったって
 あまり意味がない。
 どうせ死ぬんだから。 そう思ったら、 肩の力が抜けて、
 心が軽くなった。

 楽しいと思えること、 1日1日をしみじみと味わえることは
  何なのか、 おのずと見えてきた。

 総じて見れば、幸せだったな、と思えるように生きたい」

                 江本孟紀(73、 野球解説者)


  pict-江本孟紀.jpg

            * *


「もうこの歳で何も望みません、 この後は淡白に生きたい。
 やりたいこと...そりゃあまだホンの少しはありますよ。

 美味いビールを飲み、 好きなモノ食って、 若い恋人と
 ライブを聴いたり旅行したり、 週に1〜2度は H して、

 そうね、 贅沢は言いません、 90歳くらいで....

 



 
 腹上死、 ピンコロで死にたいですね」

                      チェンマイの独居老人



チェンマイって ホントいいですね!  





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:14| Comment(0) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする