2017年05月21日

独居老人の生活870(#20不思議だなあって思うこと:天候とIT)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活870
                 (#20不思議だなあって思うこと:IT)


  ペテン師をペテンにかけるほど愉しいことはない。

                                     ラムネー (フランスの宗教家)


@ チェンマイに大雨が降ったらしい。

チェンマイ田舎・新明天庵さんのブログ(写真)を見て、 「あれあれ大変、 空港にも行けないわ」....こんな同情が沸いた。

ところが時を同じくして、 友人からLineでメールが届く。

「学校が水浸しで休校、 子供は喜んでいるが親は堪らない。
 オレが面倒みなきゃあならないよ」

pict-1495283784635.jpg 



これには同情心も起きず、 ただニタニタしただけ。
しかし次に出てきた写真を見てアレレ!!!
               ↓
pict-1495283789772.bmp


ジジイのアパート前の道路も水浸し。
アパートの駐車場は1階、 道路と同じ高さにある。

 「置いてきたオレのバイク、 水没かあ」 

他人のことより己の心配をすることになった。
まだ5月だよ、 こんな時期になんで大雨?   不思議だ。  

                 * *


A 新しいパソコンに異変が起きた。

つい先日購入した新PCだが、 昨夜普通にスタートボタンを押し、
次に Internet Explorer をクリック。

いつものようにmsnが現れる.....と思ったらアレレ!
出てはきたのだが文字がタイ語、 写真もタイ人だ。

3時間前に使用した時には異常なく、 日本語と日本のニュース。
困り果てて日本にいる友人にLine送信、 修正方法を訊く。

すぐさま回答のLine、 http:/・・・だと思うと書いてある。
それを開けてみたがジジイにはチンプンカンプン。

何度も訊くのは恥ずかしい....今度はチェンマイ在住の友人だ。
彼も親切、 Lineの無料通話で 「あーしてこーせい」 で12分。

指示通りに進めていくと....元の日本語バージョンが現れた。
(下の写真、矢印箇所のアルファベットを入れ直してOKになる)
                 ↓
pict-DSCN0639.bmp


ホッとしたが、 なぜタイ語バージョンになってしまったのか?
ジジイは何も(操作)しなかったのに.....

これがジジイには不思議でならぬ、 ホント不思議。

                * *


B レンタル Mobile Wifi の不思議。

ジジイは今、 写真のMobile Wifiを使って通信(ネット)している。 
                  ↓
pict-DSCN0055.jpg


パソコン使用の時、 このWi-fiが時たま繋がらなくなる。
で、接続を試みるのだが、 何度やってもダメ。

しかしスマホのLineの方は何の問題もなく繋がっている。
てことはPCだけ電波のキャッチが弱いのか?

仕方なく6,7m離れたリビングに移動、 PCを使ってみる。
アレレ、 すぐ接続できて普通に使用できる。

使用時の状況が変わったのは、 場所と机の高さだけ。
机は、 切断多発が炬燵台で、 接続OKの方はテーブル。

机の高低差はせいぜい50cm、 これで影響が出るとは思えない。
ジジイは炬燵台のある自室でPCを使用したいのだ。

このブログを作成中にまたもや通信が切断。
PCとWi-fiをそのまま持ってリビングに移る → 通信回復。

なぜPCの使う場所を変えると繋がるのか....これ不思議。

                * *


C チェンマイで友人のLineが乗っ取られた。

4月上旬、 友人AさんのタブレットからLineが届く。
そこには 「今忙しい?」 と書いてある。

友人にしては言い方がいつもと違うなあ..と思いつつジジイは返信した。  「今xxxやってますよ」

するとまた着信。
「ちょっと手伝って欲しいんだけど?」

そうこうするうちに、 Aさんの携帯のLineから着信。
「オレのLineが乗っ取られたようだ」

                * *

そういうことで、 Aさんは携帯だけでLineを使用していた。
ところが5月中旬、 今度はその携帯のLineが乗っ取られる。

そして下の写真と通信文が送られてきた。
          ↓
pict-1495284268033.jpg
          ☝
(緑の箇所はAさん側の文面なので、 ジジイが隠しました)
 

乗っ取った人の書く通信文は4月と同じ。
ただBitCashカードという新しい名称が出てきている。

「BitCash」 をwekipediaで調べると、

「ビットキャッシュ社が提供する、 インターネットにおける電子商取引上の仮想通貨によるプリペイド型電子決済サービスの名称」 とある。

Web上でIDを入力して認証及び決済する方式のサーバー型電子マネー。


このカードを購入させて、 詐取するのだろう。
ジジイには 「BitCash」 など初めて聞く名称。

詐欺師がたとえジジイに頼んでも、 意味が通じずハイそれまで。
そもそもBitCashカードなんてチェンマイで売ってんの?

とにかくAさんのLineが何故2つも被害に遭ったのか....不明。


「天候」 も 「IT」 も、 どうなっているのやら.....










 不思議な世の中だ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:23| Comment(19) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

独居老人の生活869(逆玉の輿結婚)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活869(逆玉の輿結婚)


    金だけが人生ではない。
    が、金が無い人生もまた人生とは言えない。

    十分な金が無ければ、
    人生の可能性のうち半分は締め出されてしまう。

                                   サマセット・モーム (英国の作家)


今日は最近結婚した2人のタレント(女性)をご覧ください。
先ずは母親ならよく知ってるが、 娘となるとどうでしょう?

@ 神田沙也加(30歳)。

pict-thNP7R6SHJ.jpg
          ☝
これは母親の松田聖子、 デビューした時の写真。
聖子ちゃんもこのこ頃は可愛かったなあ。




神田正輝との間に生まれたのが神田沙也加。
ジジイは若い頃の聖子ちゃんの方が好き、 娘はイマイチ。

pict-thK4N1DSUA.jpg



沙也加の結婚相手(39歳)がなんか気持ち悪い。
売れない役者だというが、 当然ジジイは聞いたこともない。


pict-9132f62f-s.jpg
                   ☝
         左は神田正輝、 右端が結婚相手。


沙也加の亭主はヒモになる、 収入はほんの少しだろう。

母親・聖子ちゃんの選ぶ相手は輝く稼ぎのある男だった。
・結婚に至らず、 破局した郷ひろみは人気歌手。

・結婚した神田正輝(その後離婚)は売れてる二枚目俳優。
・再婚相手の1人目はイケメン歯医者、 ビビビーンときて.....

・再婚の2人目も医者、 なんと慶応大学病院勤務のエリート。
患者の聖子がまたビビーンときて略奪結婚。


こんな母親からすれば、 娘の婿にはもう少しマトモに稼ぐエリートを求めただろう。  「どこの馬の骨.....」 そんな気持ちか。

残念 聖子ちゃん、 でも大丈夫、 沙也加はきっと離婚するよ。


                * *


A 阿川佐和子(63歳)

pict-thYFX4GO1A.jpg
   ☝ 若い頃の佐和子さん、 まだ可愛いかったね。



彼女の父親は作家の阿川弘之。
佐和子自身もエッセイなど著述業で稼ぎ、 且つテレビ出演でお馴染みのタレント。

今から20数年前、 ジジイは阿川佐和子を見かけたことがある。
荻窪駅前の青梅街道に彼女が立っていた。
仕事で取材中だったように思う。

にっこり微笑んで可愛いオバさん、 だが意外にチビだった。
その行かず後家・佐和子さんが63にして結婚。

自身が連載を持つ 「週刊文春」 に独占手記ときたもんだ。
                ↓
pict-DSCN0636.bmp


お相手が曽根 泰教(69歳)。

慶大学法学部政治学科を卒業。
慶大法学部教授や同大学院政策・メディア研究科教授を歴任。

政治学者でもあり、 主な著書には2008年、 東信堂で出版、 
『日本ガバナンス・・「改革」 と 「 先送り」 の政治と経済』 


曽根教授は2013年に定年退職、
現在、 公益財団法人日本国際フォーラムの政策委員でもある。


2人は佐和子さんが20代のころ知り合う。
そして妻子(子供4人)ある曽根氏と付き合うようになって.....

最初2人だけで食事した後、 別れ際に佐和子は言ったという。
 「今後2人だけではお会いしません」

それでも2人の交際は延々と続く。
教授は、 佐和子の文章をチェックしてあげたりしたとか。


ジジイはいつかは知らぬが、 二人は男女関係になったと思う。
いわゆる不倫というやつ。

曽根教授が離婚し、 2人は佐和子さんのマンションで同棲開始。
おそらく曽根氏は裸一貫で家を出てきたのではないか。

無一文でも心配無用、 金持ち佐和子さんが貢いでくれる。
お二人の輝く将来は.....老々介護の助け合い。


2014年10月、 「週刊新潮」 が2人の同棲をスクープ。
さわやかイメージの佐和子さんだが、 完全なる略奪結婚と言って
いいのでは?

曽根元教授はこんな方。

           ↓

pict-27e3938b30d49cdff1772279501ffe68.jpg


曽根氏の話し声もどうぞ。
          ↓
https://www.youtube.com/watch?v=kbVWD3lBqHw



相手が69歳の爺さんでも、 佐和子さんだって63歳。
             ↓
     th.jpg



略奪愛.....いいじゃないの、 お幸せな2人。
離婚した奥さんにしてみれば、 老いた亭主など生ゴミ同然。

ゴミをタダで引き取ってくれた佐和子さんに感謝してるかも。
これは皆さまの奥さまだって同じでは?


えっ、 皆さまには阿川佐和子、 神田沙也加のように、
たっぷり稼いでくれる引き取り手がいない?    

 残念!  










チェンマイじゃあオッサン......貢ぐだけだもんなあ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:12| Comment(2) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

独居老人の生活868(誠実で思いやり・・これが日本人の美徳だ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活868
            (誠実で思いやり....これが日本人の美徳だ)


      外交には敵も味方もない。
      あるのは国家利益だけだ。

                             ゴルバチョフ (ソビエトの元最高指導者)


@ 南沙諸島の軍事基地。

とにかく下の写真をご覧ください。 
 
中国による南沙諸島の軍事基地化はここまで進んでいる。
この島は中国が、 海の中に埋め立てして造成したもの。

無題.png




 上が2006年1月、 下は2015年4月に撮影。
                ↓
pict-img_42cb69c2a1844062f9a848924d1473f1270462.jpg
       ☝ 約9年で目覚ましい発展。




下は写真は 「週刊Friday」 今週号が掲載した最新のもの。

 瞬く間に完全な軍事基地に変貌した。
pict-DSCN0564.bmp





 大きい方の四角の中を拡大した写真。
pict-DSCN0562.jpg
                  ☝
     中央に見えるのがグランド、 テニスコート、
     一戸建て住宅まである。




 小さい四角が下の拡大写真。
pict-DSCN0563.jpg
                  ☝
  軍事施設が密集、 右側にある幾つかの球体がレーダー設備。


中国は海に埋め立てしてまで自国の領土を拡張している。
南沙諸島を含め、 この一帯全部が中国のものと主張。

日本の尖閣諸島も石垣島も沖縄も、 み〜んな欲しいよね。


                 * *


A ヨーロッパの慰安婦像。

2015年、 日韓による政府間合意はご存知の通り。

日本は10億円を韓国に渡し、 慰安婦だったと称する韓国人老婆のほとんどが、 そのカネを受領している。

それが何てことだ。
「韓国がドイツに慰安婦像設立を計画、 日本側は説明を要求」

これは2016年9月10日、 中国新聞網が掲載した記事。


韓国・水原市が、 姉妹都市提携をしているドイツ・フライブルク市に慰安婦像設立を提案したのだ。
そして12月10日の人権デーに設置することで合意。

これに仰天したのが水原市と友好都市提携の福井市、松山市等。
福井市は、 日韓政府合意に反する恐れがあるとして待ったを
かけた(質問状送付)。

この計画はドイツ側が躊躇して断念(9月21日)→ 失敗で幕。
外務省も胸をなでおろす。

                 * *

ところがしつこい韓国は諦めない。
2017年3月、ドイツ・ヴィーゼント市に慰安婦像を建てたのだ。

場所は、 世界水財団のビルト理事長が代表を努める同市内のネパール-ヒマラヤ・パビリオン公園内。  (地図はココをクリック)

元慰安婦のアン・ヨムスン(90歳)が、 ヨーロッパ初の慰安婦像を見るためにヴィーゼントを訪問。

pict-b4137465-s.jpg



pict-d6643593-s.jpg


彼女は14才で日本軍が慰安婦として連行、 大変苦労したとか。
もう1人、 慰安婦だった婆さん(90)も参加して盛り上げる。



本当かね、 韓国人の女衒に売られたんじゃないの?
この2人は日本(の10億円)からお金を受け取ったと思うが....

 (建立式の模様)
o0600069213886333564.png



中国も韓国も、 世界のあちこち行ってよくやっているよ。
ある意味でジジイは感心してしまう。

だから余計に福田康夫元首相の名言が感動的で懐かしい。

 「私は他国の嫌がることはやりません」

こう言って彼は1度も靖国参拝しなかった。
誠実で思いやりのある典型的日本人だと思う。

でも他国は好き放題にやっている。
日本も遠慮せす、 他国が嫌うことをやったらいい。

上品ぶって、 カッコつけて、 非難されないように.....
敗戦後の日本政治ってずっとこんな感じ。


敵も味方もない、 好きも嫌いもないぞ。 
あるのは国家利益だけ。


日本人の持つ美徳、
誠実さ、思いやりは.....海外では通じない。











 タイだけは分かってくれるかな?  カノ女だけでも....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:09| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする