2020年01月21日

独居老人の生活1752(OAビザには医療保険が必要)


  本日2度目のアップです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1752(OAビザに医療保険)


 NON-OAビザを延長申請したら....


今日(2020年1月21日)午前、 ジジイの友人がイミグレに行く。
1年ビザ(NON-OA) の延長が目的。

友人は毎年、 チェンマイ・イミグレにて同ビザを延長してきた。
しかし最初のビザ取得が日本のタイ大使館。

タイの銀行に80万バーツの預金をした上でビザを申請。
そのため、 ビザのカテゴリーは 「Non-OA」 になっていた。

   pict-P_20191223_131315_vHDR_On浜田ビザ (3).jpg
       ☝ OAと記載されたスタンプ(参考)


今回は、 OAビザには医療保険加入が義務付けされている。
しかし友人は今日、 そのOAビザのまま、 延長手続きにトライ

結果はダメ、 係官から 「医療保険に入れ」 と言われる。
友人は現在のOAビザを失効させ、 チェンマイにて新規に取得するそうな。

               * *

ジジイは前回(ビザ・イミグレ カテゴリー)、 ビザ情報に詳しいXさんの説を記載した。 それは、

「たとえO-Aビザであったとしても、 過去にチェンマイで延長していれば、 医療保険加入の適用外になる」

本日、この Xさん説はダメという結果になった。

                * *

信頼できる人の情報によれば、 「リエントリー・マルチ」 のビザでも失効させることが出来るという。

SさんはOAビザでリエントリーはマルチ。
先日、失効させる目的でメーサイからタチレク(ミャンマー)に入国。

Sさんがそこからタイに再入国するとき、 イミグレ係官に要望。
「今持ってるビザを失効させたい」

メーサイの係官はOK、 そして次のように述べたという。
「チェンマイのイミグレに行き、 確認をとりなさい」

ということでSさんは、 OAビザ失効に成功した。
あとはチェンマイで、 新規に1年ビザ(Retirement)を取得する。

厄介な医療保険加入、 それを免れるには失効させることだ。
面倒なら、 保険に加入すればいい。

イミグレは、 10社ほどの保険会社記載の紙を渡すという。




イミグレは変に親切だ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:59| Comment(8) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

独居老人の生活1726(NON-OAビザからNON-Oに・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1726
                   (NON-OAビザからNON-Oに・・)


 昨日から学び、 今日を生き、 明日へ期待しよう。

                                アインシュタイン (ドイツの理論物理学者)


本日は、 「NON-OA」 ビザが失効し、 新たに 「NON-O」 を取得した人のお話。

友人Hさんが先日1年ビザ(Retirement)を新規に取得。
イミグレは勿論チェンマイオフィス。

Hさんが初めて1年(Long Stay)ビザを取ったのは2005年。
申請した場所は東京のタイ大使館だった。

   pict-P_20191223_131315_vHDR_On浜田ビザ (3).jpg
              ☝
 下段の 「8 AUG 2017」 は、 Hさんがパスポートを更新し、
 イミグレでトランスファー(スタンプ移し替え)した期日。


ジジイが付けた赤い矢印を見てください → 「NON-OA」。
この時Hさんは、 80万バーツを預金して取得した。

でその後、彼は毎年このビザをチェンマイ・イミグレにて延長してきたわけである。

そして2018年4月24日に ”最後の延長” を終えた。
 (ビザの有効期限は2019年6月4日)

Hさんはこの5日後、 安心して4月29日に帰国(成田着)。

  pict-P_20191223_131315_vHDR_On浜田ビザ (2).jpg


では、なぜ ”最後の延長” になったのか?
彼は体調を崩し、 チェンマイに戻って来れなくなったから。

従って今年6月4日を過ぎた時点で、 HさんのO-Aビザは失効してしまった。

ちょっとここで注目したいのは、 上の写真(上部)でお分かりのように、 Hさんのビザは 「Retirement」 になっている。

                * *

体調が回復したHさんは、 2019年11月18日、チェンマイに戻って来た。  しかし既にビザは失効している。

すぐ(翌日)旅行代理店に行きビザ取得を依頼。
この時点でHさんは、 2ヶ月以上前から80万バーツを預金済み。

で、2019年11月25日にイミグレを訪れて申請すると、 下のスタンプを押された。
                ☟
   pict-P_20191223_131250_vHDR_On浜田(1).jpg
                ☝
スタンプには、 「2019年12月18日までに再度イミグレで申請せよ」 とある。  ビザは 「NON-O」。

                * *

Hさんは業者とともに12月13日、 イミグレに出向く。
そして受領したのが次のビザ。

  pict-P_20191223_131315_vHDR_On浜田ビザ (1).jpg

ご覧の通り黄色の矢印、 「NON-O」 のRetirement ビザ。
有効期限は2020年3月11日まで(90日間)。

この期日に合わせて再度申請すれば、 今度は1年ビザを貰える。

Hさんは、 「NON-OA」 の医療保険加入の件を全く知らずにいた。

今年11月、 チェンマイに戻って来て初めて知ったという。
良いタイミングで 「OA」 が失効したもの。

これで医療保険加入の対象外になったわけだ。

               * *

ところで、 ジジイにはビザ研究に熱心な友人Xさんがいる。
このXさんは次のような見解を示している。

「たとえO-Aビザであったとしても、 チェンマイで一旦延長していれば医療保険加入の適用外になる」

Xさんの見解通りなら、 あえてO-Aビザを失効させる必要なし。
O-Aの方も、 これまで通り普通に延長申請するだけでいい。

ま、Xさん説を信じてやってみるのも一考の価値ありか。

ダメならO-Aビザを失効させ、 Hさん同様チェンマイでRetirement ビザを申請すればい。

業者の考えとは異なるかもしれないが、 皆さま独自の判断でトライしてください。 


  *********************


話は変わって、 お次は12月22日(日)の夜行便で日本に帰った
Sさんのエピソード(ビザには関係なし)。

このフライトで頭にきたSさんが、 帰国後、 ジジイにボヤきのLineを送って寄こした。

以下はSさんのボヤきです。

「利用したのは北京乗り換えの中国国際航空(Air China) 。
まずチェンマイ空港、 中国人で溢れていっぱい。

北京行きに加え、 上海便、 広州便が同じ時間帯で出発するため、 出国セキュリティーチェック、 イミグレは長蛇の列。

やかましいというか喧騒そのもの、 加えて平気で列に割り込む奴ら、 全部中国人。

お陰でセキュリティ通過に1時間もかかってイライラ。
中に入れば、 搭乗口辺りのロビーは人人人で満杯。

当然、空いてる椅子などないのだが、 それでも横になって寝ている奴、 椅子に荷物を置いている奴がいる。

Sさん、 仕方なく寝ているデブ中国人に 「失礼」 と言って座ろうとすると、 ポカンとして沈黙。

寝ていることが迷惑...こんな発想は欠片もなさそう。
デブには起き上がってもらい、 Sさんは座ったそうな。

「中国人はマナーが悪い!」  
こんな当たり前のことでボヤくSさんも修業が足りないか。

                 * *

搭乗してみれば、 当然ながら満席。
機内持ち込み荷物を棚に上げたSさん、 この後もゆっくりできない。

すぐに棚は満杯になり、 それでもバンバン押し込む乗客たち。
Sさんのバッグはとても小さく、 パソコンが入っている。

その上に重いハードケースを置くもんだから、 パソコンが壊れないかとヒヤヒヤ。

どの棚も荷物をギュウギュウ押し込む状態、 機内は人と荷物でひしめき合う。

で、Sさんは棚から自分の荷物を下ろし、 膝の上に置くことになる。

食事サービスの時には、 勝手に2つ分を取っちゃうチャイナ娘がいて、 これにはおったまげる。

                * *

北京空港乗り換え(トランジット)でもイライラするSさん。
高飛車で威圧的なセキュリティチェック。

こんな不愉快なトランジットは初めてという、 日頃は左翼のSさん。
社会主義国家の有り様に目が覚めたか。

「もう金輪際、 Air China は使わない」 と決心した由。

では、 なぜSさんはエア・チャイナを選んだのか。
それはチケット代が往復4万円ちょっとで安かったから。

安い料金には、 イライラ我慢代が含まれている。

Sさんは金持ち、 もっとマトモなフライトを選べばいい。


チェンマイの若い女には....





気前よく貢いでいるくせに.....


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:42| Comment(12) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

独居老人の生活1722(昨日のイミグレ状況ほか)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1722
                        (昨日のイミグレ状況ほか)


追従者とは、
向こうを向けと言われ、 言われた通りにすると、

後ろから足蹴にされる、 といったことがないようにと、
腹ん這いになったまま、 お偉方に近づいて行こうとする者。

                                   ピアス (悪魔の辞典より)


今日はイミグレ情報の後に、 別の話題が続きます。
最後までどうぞよろしく!


@ 昨日のイミグレ状況。

ジジイの友人からの情報です。
(イミグレに行った日は、 2019年12月18日)

1.銀行預金80万バーツは、 申請日の2か月前から必要。

2.ビザ取得後も、 3か月間は継続して80万Bの預金が必要。
  その後も、 40万バーツの預金継続が必要。

3.預金と年金の併用(合計で80万バーツ)で申請する場合、
  預金額が80万Bを超えていても、 年金+預金で受理された。

4.イミグレの混雑状況。

Aさんは朝6時頃到着でR13(13番目)。
Bさんは6時半頃でR15、 Cさんは8時頃でR29。

イミグレ業務は朝7時45分にスタート(12月18日)。
R15のBさんは、 9時40分に呼ばれた(手続き開始)。

R29のCさん(8時頃到着)の手続き開始は午後になった。

リタイアメントビザで朝10時以降に到着した申請者は、 当日は満杯で受け付けされず、 翌日出直すよう言われた。

尚、 90日通知、 観光ビザ、 リエントリーの手続きについては、
ランチ時(0:00〜13:00)も休むことなく業務が続行されていた。

               * *


次は、 読者 nekoさんのコメントより転載。

<12月17日午前9時到着でリタイアメントビザ延長は満杯>

2019年12月17日は、 去年と同じ感覚で、 銀行で預金証明を作成して、 朝9時にイミグレに到着しました。

しかし、既にその日の処理分は満杯で、 受け付けてもらえませんでした。


<翌12月18日午前5時前到着で3番目>

12月18日、朝4時50分にイミグレ到着(R3)。
5時30分にビルのドアーが開き内部の椅子に座って待つ事ができました。

7時に書類チェックの受付が開始し、7時25分に "90日通知受付" から業務開始。

自分のリタイアメントビザ(R3)手続き開始が8時15分。

保険加入など特に問題もなく延長できました。
(注) nekoさんのビザは 「NON-O」 で医療保険の対象外。


<続いてリエントリビザ取得>

延長したリタイアメントビザのページをコピーし、 リエントリビザの書類を作成してすぐに申請をしました。

10時20分にリエントリビザを取得して、全て終了。


<仏暦記述/西暦記述>

年号が書類の指示では(ポーソーと)仏暦指定ですので仏暦(=西暦+543)記述で提出しました。

しかし西暦記入がベターとのこと。

                  * *

前にも書いたが、 ジジイは2019年8月22日(木)、 チェンマイ・イミグレに行った。

目的は1年ビザ(Retirement Visa)の延長。

 11:45  1年ビザの受付。
 12:04  同上の手続きスタート。

 12:14  1年ビザの手続き終了。
 12:25  パスポートの返却あり。

受付 → 手続き → パスポート返却までたったの40分。

8月のジジイの時と比べ、 混雑がひどくなっている。
nekoさんは朝9時にイミグレ到着で満杯 → 翌日出直し。

前述のCさんの場合、 8時頃到着でも手続き開始は午後に....

ハイシーズンだからか、 混雑を見越してお出かけください。

               * *

イミグレ状況だけではやや寂しいので....
次はナイトクラブ情報です。

昨夜(12月18日)、 ジジイを含め爺さん4人がクラブ 「チェンマイの夜」 に赴いた。 (地図はココ

pict-クラブ「チェンマイの夜」.jpg


目的は 「年忘れ延命歌合戦」。
よくぞ今年も生き延びたという、 お祝いの忘年会だ。
 
夕食(ヤムチャ店)を終え、 店に入ったのが夜9時10分。
ジジイ1人だけがお気に入りの女の子を指名。

あとの3人は店にお任せ、 しかし若い美女が付いてくれた。
  ラッキー。
pict-P_20191218_211603_vHDR_Onチェンマイの夜 (1).jpg



ジジイ指名の女の子が、 寒いと言って肩にショールをかける。
それでもショートスカートの太もも辺りが寒そう。

で、ジジイは着ていた黒のパーカーを脱ぎ、 彼女の股間から膝を覆うようにに掛けてあげる。

pict-P_20191218_211603_vHDR_Onチェンマイの夜 (2).jpg
               ☝ 右がジジイ。

それを返してもらった時、 ジジイは匂いをクンクン嗅いだ。
特段いい匂いはしなかった。

女の子と喋っては唄い、 あっという間の2時間。
勘定は、 1,400バーツ/人(ウイスキーボトル代除く)。

女の子にそれぞれチップ200バーツを渡し、 店を後にした。
爺さんたちの忘年会は何事もなく終了。

また次の1年を元気に生き抜こうと、 皆で誓い合うが...
おそらく4人のうち、1人は腹上死するだろう(来年の予測)。

               * *


最後に韓国ファンの皆さまへ、 写真特集です。
文在寅大統領の年頭の挨拶から。(出所:カイカイ反応通信)
  pict-pict-Screenshot_20191218-175936文在寅 (3).jpg

  pict-Screenshot_20191219-084042.jpg


    pict-Screenshot_20191219-083947.jpg
pict-Screenshot_20191219-083742.jpg


「ニーハオ」 から語り始めた文在寅大統領の年頭の挨拶。
2020年の韓国を描く分かりやすい演説だ。

中国に頼る北朝鮮、 そしてその北に行きたいと願う文在寅。
紐につながれた中国の忠犬 「金」 と 「文」 が歩く。

                   ☟

pict-Screenshot_20191218-175936文在寅 (6).jpg



そんな追従者・北の回し者を 「ダメよ!」 と叱るマトモな少女。
                 ☟
 pict-Screenshot_20191218-175936文在寅 (5).jpg                


反日を訴えないと持たない韓国政府。
嘘八百の歴史教育で洗脳される韓国国民。

洗脳とは、 解けない催眠術”    筒井康隆 (作家)


そんな韓国に未来はない。  一言.....






 「哀れ!」


チェンマイって ホントいいですね!   





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:21| Comment(0) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする