2019年12月19日

独居老人の生活1722(昨日のイミグレ状況ほか)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1722
                        (昨日のイミグレ状況ほか)


追従者とは、
向こうを向けと言われ、 言われた通りにすると、

後ろから足蹴にされる、 といったことがないようにと、
腹ん這いになったまま、 お偉方に近づいて行こうとする者。

                                   ピアス (悪魔の辞典より)


今日はイミグレ情報の後に、 別の話題が続きます。
最後までどうぞよろしく!


@ 昨日のイミグレ状況。

ジジイの友人からの情報です。
(イミグレに行った日は、 2019年12月18日)

1.銀行預金80万バーツは、 申請日の2か月前から必要。

2.ビザ取得後も、 3か月間は継続して80万Bの預金が必要。
  その後も、 40万バーツの預金継続が必要。

3.預金と年金の併用(合計で80万バーツ)で申請する場合、
  預金額が80万Bを超えていても、 年金+預金で受理された。

4.イミグレの混雑状況。

Aさんは朝6時頃到着でR13(13番目)。
Bさんは6時半頃でR15、 Cさんは8時頃でR29。

イミグレ業務は朝7時45分にスタート(12月18日)。
R15のBさんは、 9時40分に呼ばれた(手続き開始)。

R29のCさん(8時頃到着)の手続き開始は午後になった。

リタイアメントビザで朝10時以降に到着した申請者は、 当日は満杯で受け付けされず、 翌日出直すよう言われた。

尚、 90日通知、 観光ビザ、 リエントリーの手続きについては、
ランチ時(0:00〜13:00)も休むことなく業務が続行されていた。

               * *


次は、 読者 nekoさんのコメントより転載。

<12月17日午前9時到着でリタイアメントビザ延長は満杯>

2019年12月17日は、 去年と同じ感覚で、 銀行で預金証明を作成して、 朝9時にイミグレに到着しました。

しかし、既にその日の処理分は満杯で、 受け付けてもらえませんでした。


<翌12月18日午前5時前到着で3番目>

12月18日、朝4時50分にイミグレ到着(R3)。
5時30分にビルのドアーが開き内部の椅子に座って待つ事ができました。

7時に書類チェックの受付が開始し、7時25分に "90日通知受付" から業務開始。

自分のリタイアメントビザ(R3)手続き開始が8時15分。

保険加入など特に問題もなく延長できました。
(注) nekoさんのビザは 「NON-O」 で医療保険の対象外。


<続いてリエントリビザ取得>

延長したリタイアメントビザのページをコピーし、 リエントリビザの書類を作成してすぐに申請をしました。

10時20分にリエントリビザを取得して、全て終了。


<仏暦記述/西暦記述>

年号が書類の指示では(ポーソーと)仏暦指定ですので仏暦(=西暦+543)記述で提出しました。

しかし西暦記入がベターとのこと。

                  * *

前にも書いたが、 ジジイは2019年8月22日(木)、 チェンマイ・イミグレに行った。

目的は1年ビザ(Retirement Visa)の延長。

 11:45  1年ビザの受付。
 12:04  同上の手続きスタート。

 12:14  1年ビザの手続き終了。
 12:25  パスポートの返却あり。

受付 → 手続き → パスポート返却までたったの40分。

8月のジジイの時と比べ、 混雑がひどくなっている。
nekoさんは朝9時にイミグレ到着で満杯 → 翌日出直し。

前述のCさんの場合、 8時頃到着でも手続き開始は午後に....

ハイシーズンだからか、 混雑を見越してお出かけください。

               * *

イミグレ状況だけではやや寂しいので....
次はナイトクラブ情報です。

昨夜(12月18日)、 ジジイを含め爺さん4人がクラブ 「チェンマイの夜」 に赴いた。 (地図はココ

pict-クラブ「チェンマイの夜」.jpg


目的は 「年忘れ延命歌合戦」。
よくぞ今年も生き延びたという、 お祝いの忘年会だ。
 
夕食(ヤムチャ店)を終え、 店に入ったのが夜9時10分。
ジジイ1人だけがお気に入りの女の子を指名。

あとの3人は店にお任せ、 しかし若い美女が付いてくれた。
  ラッキー。
pict-P_20191218_211603_vHDR_Onチェンマイの夜 (1).jpg



ジジイ指名の女の子が、 寒いと言って肩にショールをかける。
それでもショートスカートの太もも辺りが寒そう。

で、ジジイは着ていた黒のパーカーを脱ぎ、 彼女の股間から膝を覆うようにに掛けてあげる。

pict-P_20191218_211603_vHDR_Onチェンマイの夜 (2).jpg
               ☝ 右がジジイ。

それを返してもらった時、 ジジイは匂いをクンクン嗅いだ。
特段いい匂いはしなかった。

女の子と喋っては唄い、 あっという間の2時間。
勘定は、 1,400バーツ/人(ウイスキーボトル代除く)。

女の子にそれぞれチップ200バーツを渡し、 店を後にした。
爺さんたちの忘年会は何事もなく終了。

また次の1年を元気に生き抜こうと、 皆で誓い合うが...
おそらく4人のうち、1人は腹上死するだろう(来年の予測)。

               * *


最後に韓国ファンの皆さまへ、 写真特集です。
文在寅大統領の年頭の挨拶から。(出所:カイカイ反応通信)
  pict-pict-Screenshot_20191218-175936文在寅 (3).jpg

  pict-Screenshot_20191219-084042.jpg


    pict-Screenshot_20191219-083947.jpg
pict-Screenshot_20191219-083742.jpg


「ニーハオ」 から語り始めた文在寅大統領の年頭の挨拶。
2020年の韓国を描く分かりやすい演説だ。

中国に頼る北朝鮮、 そしてその北に行きたいと願う文在寅。
紐につながれた中国の忠犬 「金」 と 「文」 が歩く。

                   ☟

pict-Screenshot_20191218-175936文在寅 (6).jpg



そんな追従者・北の回し者を 「ダメよ!」 と叱るマトモな少女。
                 ☟
 pict-Screenshot_20191218-175936文在寅 (5).jpg                


反日を訴えないと持たない韓国政府。
嘘八百の歴史教育で洗脳される韓国国民。

洗脳とは、 解けない催眠術”    筒井康隆 (作家)


そんな韓国に未来はない。  一言.....






 「哀れ!」


チェンマイって ホントいいですね!   





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:21| Comment(0) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

独居老人の生活1704(最近のイミグレ状況)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1704(最近のイミグレ状況)


 楽観主義者は何もないところに明かりを見るが、

 なぜ悲観主義者はいつだって

 その明かりを吹き消そうとするのだろうか?

                            デカルト (フランス生まれの哲学者)


11月21日(木)、 友人Aさんはチェンマイ・イミグレーション事務所に出向いた。 1年ビザ(Retirement)延長のため。

午前8時過ぎにイミグレ到着、 貰った順番札は10番目(R10)。
掲示板をチェックすると7番目の人が手続き中。

午前10時には1年ビザとリエントリーの2つの手続きが完了。
昨年と同じくらいの所要時間(約2時間)だったという。

                * *

友人Bさんは11月23日(土)の午前10時40分にイミグレ到着。
目的はTM30の届け出(前日にタイ入国)。

5分ほどで手続き完了、 実に簡単。

                * *

ちょっと問題があったのが Cさん。
チェンマイ・イミグレに行ったのは11月26日(火)。

目的は1年ビザ(Retirement)の手続き。

Cさんはこれまで年金だけ(銀行預金ゼロ)で延長してきたが、 今回、年金通知書の持参を忘れてチェンマイへ...

預金ゼロでは延長不可、 最初から1年ビザ取得の憂き目に...
すぐさま80万バーツを預金して申請、 9月上旬にビザを得た。

この日(11月26日)はそれから3ヵ月目の手続きに行ったわけ。
Cさんは午前11時にイミグレ到着。

すると受付で 「今日はもう満杯、 明日の朝7時出直してくれ」

同じ事を言われた白人は顔を真っ赤にして怒っていたという。
ジジイはこの情報を得た時、

「あれ、 ちょっとおかしいな」 と感じた。

イミグレの業務改革以来、 このようなことは1度も聞かなかったからだ。


Cさんは翌朝11月27日(水)、 6時45分に再度イミグレに...
順番札は3番目、 受付係が出直しに気を遣い、 3番にしてくれたらしい。

で、 10時15分、 1年ビザとリエントリーの2つを取得。
両方の手続きに要した時間は合計3時間半。

内訳は、 1年ビザ完了(パスポート返却)までには約3時間、 リエントリーで30分。

尚、Aさん、Cさんの両人とも、 医療保険加入は要求されず。

Cさんは翌朝に出直しさせられたり、 2つのビザ取得に3時間半もかかっている。 混雑していたのだろうか?

               * *

ジジイは今年8月22日(木)、 チェンマイ・イミグレに行った。
目的は1年ビザ(Retirement Visa)の延長だ。

 11:45  1年ビザの受付。
 12:04  同上の手続きスタート。

 12:14  1年ビザの手続き終了。
 12:25  パスポートの返却あり。

受付 → 手続き → パスポート返却までたったの40分。 

それも12時過ぎの業務だ。 
以前なら 「今日は終わり、 また明日来てね」 で冷たい対応。


もしこの後、すぐにリエントリーを申請(取得)したとしても、 長くて30分ほどの所要時間であったろう。

となると2つのビザ取得の所要時間は合計1時間10分程度。

Cさんの3時間半はどう考えても長すぎるし、 前日の 「今日は満杯、 出直してくれ」 もヘン。

今年10月30日から 「NON-OA」 ビザに医療保険加入が義務付けされたが、 これが影響か?

保険加入をめぐって申請者とイミグレで ”揉めたり” 等があり、
時間がかかっているのかも....(あくまでジジイの推測)。

(注)
ジジイが9月11日、 リエントリーを取りに行った時(午後2時半頃イミグレ到着)、 1秒と待たずに手続き完了。

                 * *

「O-A」 ビザに医療保険加入が始まってから1ヵ月近く経つが、 ジジイの友人・知人にそれで延長できなかった人は1人もいない。

ということは、 みな 「O」 ビザか家族ビザなのか。
「O-A」 を持つ友人Dさんは次のように語っている。

「俺は今まで通り(保険なし)で延長しにイミグレ行くよ。
 そこで保険を要求されたらもう日本に帰る」
               
   pict-1573853282701ビザのスタンプ (1).jpg  
        ☝ O-Aビザのスタンプ(赤の矢印)

横で聞いていたビザに詳しい友人Eさんはこう付け加えた。

「80歳を過ぎると加入する保険はなくなるよね。
 20数年タイで暮らしてきた爺さんが、 保険がないから
 帰国せざるを得ない、 こんな馬鹿げた話はないよ」

得たりとばかりにDさんが....

「日本で取得した時は O-Aだったけど、 タイで延長後は
  Oのリタイアメントビザになってるさ。
 保険は日本でこれから取得するO-Aに適用されるんだよ」

と楽観論を述べていた。





期待どおりになるといいが.... さてどうか。


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:42| Comment(8) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

独居老人の生活1692(1年ビザに医療保険加入が必要)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1692
                   (1年ビザに医療保険加入が必要)


 「なんであの娘(こ)と付き合ってるんだ?」

 「妻が死んだときの保険だ」

                                  筒井康隆 (作家)


こんな保険ならジジイも加入したいが....

以下、友人からの情報で、

1年ビザの延長のためにランパーン・イミグレに行く。
イミグレ係官からこう言われ由。

「あなたはO-Aビザじゃなくて良かったね。
 O-Aは、 医療保険加入が必要になりました」

ということで、 ランパーン・イミグレ事務所では、 Non Oビザには保険適用がないようだ。


しかしチェンマイ・イミグレでは、 医療保険加入がないため、 延長できなかった日本人がいたとの情報もある。

これはあくまで噂(又聞きの又聞き)なので....(未確認)

pict-チェンマイ新イミグレーション.jpg
         ☝ チェンマイ・イミグレ事務所。


イミグレの事務所(出先機関)によって、 運用がバラバラの可能性はありそう。

とにかく医療保険適用が始まっている事だけは確かだ。


  **********************


観光目的で日本から友人(63)がチェンマイにやって来た。
夕食のとき、 友人が言う。

「普通預金口座を作ろうと銀行に行ったんです。
  そしたらビザがないからダメ、 と言われました」
 
ビザを取るためには銀行預金(普通80万バーツ)が必要。
しかし口座が開けないとなるとビザも取れない。

「鶏が先か卵が先か、 これじゃあ1年ビザ、 取れませんよ。
 業者に頼めば何とかなるんでしょうが....」

友人は将来、 チェンマイでの長期滞在を計画している。
その準備のためには銀行預金口座が不可欠。

ジジイはこう応じた。

1.まず観光ビザでタイに入国し滞在する。
  もしビザ期限が切れたらミャンマーにビザラン。
  そうすれば3ヵ月はタイ滞在が可能。 

(注)観光ビザは日本にあるタイ大使館に申請すれば簡単に
   取れる。 ビザの有効期間は発行日から90日。

2.アパートに入居し、 賃貸契約書を結ぶ。

3.賃貸契約書を持って日本総領事館(or大使館)に行き、
  居住証明書を取る。

4.居住証明書を持って銀行へ行く。
  「ビザ申請のため80万バーツ預金するので、 口座を開設
   したい」 と申し出れば、 OKする銀行があるはず。

口座を作ったら、即80万バーツを預金すること。

以上、 準備することは
1.観光ビザ  2.賃貸契約書  3.居住証明書  
4.80万バーツ。


日本でも銀行や証券会社の口座開設にはマイナンバーカードなどが必要。

タイも厳しくなったということ。

10年以上前、 ジジイがチェンマイの銀行に口座を作ったときは、 パスポートだけあればその場で即OKだった。


ところが難問が勃発...1年ビザには医療保険加入が必要、
もしチェンマイ・イミグレでそうなったら.....非常に困る。






ランパーンに短期の引っ越しでもするか。


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:30| Comment(7) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする