2019年11月28日

独居老人の生活1704(最近のイミグレ状況)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1704(最近のイミグレ状況)


 楽観主義者は何もないところに明かりを見るが、

 なぜ悲観主義者はいつだって

 その明かりを吹き消そうとするのだろうか?

                            デカルト (フランス生まれの哲学者)


11月21日(木)、 友人Aさんはチェンマイ・イミグレーション事務所に出向いた。 1年ビザ(Retirement)延長のため。

午前8時過ぎにイミグレ到着、 貰った順番札は10番目(R10)。
掲示板をチェックすると7番目の人が手続き中。

午前10時には1年ビザとリエントリーの2つの手続きが完了。
昨年と同じくらいの所要時間(約2時間)だったという。

                * *

友人Bさんは11月23日(土)の午前10時40分にイミグレ到着。
目的はTM30の届け出(前日にタイ入国)。

5分ほどで手続き完了、 実に簡単。

                * *

ちょっと問題があったのが Cさん。
チェンマイ・イミグレに行ったのは11月26日(火)。

目的は1年ビザ(Retirement)の手続き。

Cさんはこれまで年金だけ(銀行預金ゼロ)で延長してきたが、 今回、年金通知書の持参を忘れてチェンマイへ...

預金ゼロでは延長不可、 最初から1年ビザ取得の憂き目に...
すぐさま80万バーツを預金して申請、 9月上旬にビザを得た。

この日(11月26日)はそれから3ヵ月目の手続きに行ったわけ。
Cさんは午前11時にイミグレ到着。

すると受付で 「今日はもう満杯、 明日の朝7時出直してくれ」

同じ事を言われた白人は顔を真っ赤にして怒っていたという。
ジジイはこの情報を得た時、

「あれ、 ちょっとおかしいな」 と感じた。

イミグレの業務改革以来、 このようなことは1度も聞かなかったからだ。


Cさんは翌朝11月27日(水)、 6時45分に再度イミグレに...
順番札は3番目、 受付係が出直しに気を遣い、 3番にしてくれたらしい。

で、 10時15分、 1年ビザとリエントリーの2つを取得。
両方の手続きに要した時間は合計3時間半。

内訳は、 1年ビザ完了(パスポート返却)までには約3時間、 リエントリーで30分。

尚、Aさん、Cさんの両人とも、 医療保険加入は要求されず。

Cさんは翌朝に出直しさせられたり、 2つのビザ取得に3時間半もかかっている。 混雑していたのだろうか?

               * *

ジジイは今年8月22日(木)、 チェンマイ・イミグレに行った。
目的は1年ビザ(Retirement Visa)の延長だ。

 11:45  1年ビザの受付。
 12:04  同上の手続きスタート。

 12:14  1年ビザの手続き終了。
 12:25  パスポートの返却あり。

受付 → 手続き → パスポート返却までたったの40分。 

それも12時過ぎの業務だ。 
以前なら 「今日は終わり、 また明日来てね」 で冷たい対応。


もしこの後、すぐにリエントリーを申請(取得)したとしても、 長くて30分ほどの所要時間であったろう。

となると2つのビザ取得の所要時間は合計1時間10分程度。

Cさんの3時間半はどう考えても長すぎるし、 前日の 「今日は満杯、 出直してくれ」 もヘン。

今年10月30日から 「NON-OA」 ビザに医療保険加入が義務付けされたが、 これが影響か?

保険加入をめぐって申請者とイミグレで ”揉めたり” 等があり、
時間がかかっているのかも....(あくまでジジイの推測)。

(注)
ジジイが9月11日、 リエントリーを取りに行った時(午後2時半頃イミグレ到着)、 1秒と待たずに手続き完了。

                 * *

「O-A」 ビザに医療保険加入が始まってから1ヵ月近く経つが、 ジジイの友人・知人にそれで延長できなかった人は1人もいない。

ということは、 みな 「O」 ビザか家族ビザなのか。
「O-A」 を持つ友人Dさんは次のように語っている。

「俺は今まで通り(保険なし)で延長しにイミグレ行くよ。
 そこで保険を要求されたらもう日本に帰る」
               
   pict-1573853282701ビザのスタンプ (1).jpg  
        ☝ O-Aビザのスタンプ(赤の矢印)

横で聞いていたビザに詳しい友人Eさんはこう付け加えた。

「80歳を過ぎると加入する保険はなくなるよね。
 20数年タイで暮らしてきた爺さんが、 保険がないから
 帰国せざるを得ない、 こんな馬鹿げた話はないよ」

得たりとばかりにDさんが....

「日本で取得した時は O-Aだったけど、 タイで延長後は
  Oのリタイアメントビザになってるさ。
 保険は日本でこれから取得するO-Aに適用されるんだよ」

と楽観論を述べていた。





期待どおりになるといいが.... さてどうか。


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:42| Comment(8) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

独居老人の生活1692(1年ビザに医療保険加入が必要)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1692
                   (1年ビザに医療保険加入が必要)


 「なんであの娘(こ)と付き合ってるんだ?」

 「妻が死んだときの保険だ」

                                  筒井康隆 (作家)


こんな保険ならジジイも加入したいが....

以下、友人からの情報で、

1年ビザの延長のためにランパーン・イミグレに行く。
イミグレ係官からこう言われ由。

「あなたはO-Aビザじゃなくて良かったね。
 O-Aは、 医療保険加入が必要になりました」

ということで、 ランパーン・イミグレ事務所では、 Non Oビザには保険適用がないようだ。


しかしチェンマイ・イミグレでは、 医療保険加入がないため、 延長できなかった日本人がいたとの情報もある。

これはあくまで噂(又聞きの又聞き)なので....(未確認)

pict-チェンマイ新イミグレーション.jpg
         ☝ チェンマイ・イミグレ事務所。


イミグレの事務所(出先機関)によって、 運用がバラバラの可能性はありそう。

とにかく医療保険適用が始まっている事だけは確かだ。


  **********************


観光目的で日本から友人(63)がチェンマイにやって来た。
夕食のとき、 友人が言う。

「普通預金口座を作ろうと銀行に行ったんです。
  そしたらビザがないからダメ、 と言われました」
 
ビザを取るためには銀行預金(普通80万バーツ)が必要。
しかし口座が開けないとなるとビザも取れない。

「鶏が先か卵が先か、 これじゃあ1年ビザ、 取れませんよ。
 業者に頼めば何とかなるんでしょうが....」

友人は将来、 チェンマイでの長期滞在を計画している。
その準備のためには銀行預金口座が不可欠。

ジジイはこう応じた。

1.まず観光ビザでタイに入国し滞在する。
  もしビザ期限が切れたらミャンマーにビザラン。
  そうすれば3ヵ月はタイ滞在が可能。 

(注)観光ビザは日本にあるタイ大使館に申請すれば簡単に
   取れる。 ビザの有効期間は発行日から90日。

2.アパートに入居し、 賃貸契約書を結ぶ。

3.賃貸契約書を持って日本総領事館(or大使館)に行き、
  居住証明書を取る。

4.居住証明書を持って銀行へ行く。
  「ビザ申請のため80万バーツ預金するので、 口座を開設
   したい」 と申し出れば、 OKする銀行があるはず。

口座を作ったら、即80万バーツを預金すること。

以上、 準備することは
1.観光ビザ  2.賃貸契約書  3.居住証明書  
4.80万バーツ。


日本でも銀行や証券会社の口座開設にはマイナンバーカードなどが必要。

タイも厳しくなったということ。

10年以上前、 ジジイがチェンマイの銀行に口座を作ったときは、 パスポートだけあればその場で即OKだった。


ところが難問が勃発...1年ビザには医療保険加入が必要、
もしチェンマイ・イミグレでそうなったら.....非常に困る。






ランパーンに短期の引っ越しでもするか。


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:30| Comment(7) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

独居老人の生活1678(ビザ取得に医療保険加入の要件)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1678
                 (ビザ取得に医療保険加入の要件)


  自分が何かをやることさえ確かだったら、

  少しぐらい 待っても何でもない。

                           ロダン (フランスの彫刻家)


本日(2019年10月31日)から、 「ノンイミグラントO-Aビザ」 申請に医療保険加入が要件に追加される。

次のように在日本タイ大使館はホームページで告示している。
                   ☟
pict-DSCN6203.jpg


ではその中身はというと...(ホームページより転載)

10.医療保険証 

タイ国内で治療費用補償がある保険で、 保険金額が怪我の場合は40,000バーツ以上、 病気の場合は400,000バーツ以上であり、
補償期間はそれぞれ1年以上であること、 又はそれ以上の滞在予定の方は滞在期間が補償されていること。
(これらの補償内容は必須条件となります。)


以下のどちらかの医療保険証を提出して下さい。

10.1 日本の海外旅行保険証(医療保険証)をお持ちの場合は、 保険証の原本及びコピー1部

10.2 日本の海外旅行保険証(医療保険証)をお持ちでない場合は、 タイ国内保険会社の医療保険証原本もしくはコピー1部
 
※タイ国内保険会社の医療保険は、以下のウェブサイトから
  加入可能。  https://longstay.tgia.org

11.OIC (Office of Insurance Commission)規定書式の医療保険加入証明書原本(加入した保険会社にOIC規定書式の証明書の発行を依頼する必要があります。)
OIC規定書式はこちらから参照可能です。


申請者の要件はというと...
(タイ大使館のホームページから抜粋して転載)

pict-DSCN6201.jpg


•申請者は申請時に満50歳以上
•申請者は日本国籍者もしくは日本で永住権をもつこと

•ノンイミグラントO-A(ロングステイ)
 申請料 マルチプルエントリー22,000円

6. 金融証明書(下記の3項より1項) 原本とコピー2部 :

a.英文銀行預金残高証明書原本 800,000バーツ以上が確認
 できる証明書
b.年金証書原本 月65,000バーツ以上の受給を証明できる
 証明書
c.英文銀行預金残高証明書原本と年金証書原本 合算で800,000バーツ以上が確認できること

*** a,b,cの書類は発行から3カ月以内で公証人役場と外務省の
  認証を受けること

以上、 医療保険加入は、 日本のタイ大使館で申請する人に適用されるわけである。

               * *

同じ様なビザに 「ノンイミグラント-O」 がある。
                 ☟
pict-DSCN6205.jpg
              ☝ 黄色の矢印。


読んで字の通り、 年金受給者と記載あり。

•申請者は日本または他国の政府の年金受給者
•ノンイミグラントOビザ(年金受給者)

申請料 : シングルエントリー 9,000円 /
      マルチプルエントリー 22,000円

pict-DSCN6206.jpg


「ノンイミグラント-O」 には医療保険加入の要件は記載なし。
  (巻末にタイ大使館のホームページを転載)

ジジイのビザは対象外(適用されない)ってことになる。

ジジイは 8年前の2011年、東京のタイ大使館でNON-Oを取得。
                   ☟
pict-pict-P_20191031_102631_vHDR_On_pビザ (1).jpg
                  ☝
    この時は、 ジジイは年金だけの申請で取得。
    80万バーツの預金はなし、 関係なかった。

ちなみに非犯罪者証明書も要求されず。
国公立病院発行の健康診断書(英文)提出が面倒であった。


それ以降、 毎年チェンマイ・イミグレで延長している。
                   ☟
        最新のビザ。
pict-P_20191031_102631_vHDR_On_pビザ (2).jpg
                   ☝
  2019年8月に取得、 上部にRETIREMENT の記載あり。


ということで、 在日本タイ大使館のホームページに則れば、 ジジイは医療保険に入る必要なし。

まあ、一安心といったところ。





変更されなきゃ いいが....


チェンマイって ホントいいですね!

 <参考まで>
タイ大使館のホームページから抜粋して転載。

ノンイミグラント-O (年金受給者)
 

 (注) あくまで日本のタイ大使館で申請する場合です。

•申請者本人申請。
•申請者は日本または他国の政府の年金受給者

•ノンイミグラントOビザ(年金受給者)
申請料 : シングルエントリー 9,000円 / マルチプルエントリー 22,000円

•1.アフガニスタン 2.北朝鮮 3.リビア 4.イラク 5.シリア 旅券所持者の申請手続き期間は通常30日からそれ以上。

•バングラデシュ、エジプト、イラン、ナイジェリア、パレスチナ、スーダン、イエメン、カメルーン、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、赤道ギニア共和国、ギニア共和国、アルジェリア、中国、インド、レバノン、ネパール、パキスタン、スリランカ、ガーナ、中央アフリカ共和国、ソマリア連邦共和国、サントメ・プリンシペ民主共和国、リベリア共和国、シエラレオネ共和国、サウジアラビア(Latest updated :2015.11.30)の旅券所有者の審査には10日間ほど時間がかかります。また郵送での返送はお受けできません。

•大使館は面接を要求する場合がある。ビザ手続きの時間を十分に踏まえて渡航の計画をたてること。


申請に必要な書類 :

1.有効な旅券 (有効期限が6ヶ月以上有効なもの、査証欄の余白部分が2ページ以上あるもの)
2.申請書 全ての欄を記入し、申請者が署名したもの


申請書(Application for visa)ダウンロードは こちら Download Application form

•申請書はパソコン上でタイプすることができます。
•必要な情報を空欄にタイプして下さい。英語でタイプし、大文字を使って下さい。
•大使館は作成した申請書はインクジェットプリンターでプリントすることをお勧めします。
•手書きの申請書も受け付けることが出来ますが、ビザ申請時にお時間をいただく場合があります。


3.申請者カラー写真1枚 (サイズ 3.5×4.5cm)*申請書に張り付けてください

例外 :

**以下の旅券所持者はカラー写真3枚;1.アフガニスタン 2.バングラデシュ 3.エジプト 5.北朝鮮 6.リビア 8.パレスチナ 9.スーダン 10.イエメン 11.カメルーン 12.コンゴ共和国 13.コンゴ民主共和国 14.赤道ギニア共和国 15.ギニア共和国 16.アルジェリア 17.中国 18.インド 19.イラク 20.レバノン 21.ネパール 22.パキスタン 23.スリランカ 24.シリア 25.ガーナ 26.中央アフリカ共和国 27.ソマリア連邦共和国 28.サントメ・プリンシペ民主共和国 29.リベリア共和国 30.シエラレオネ共和国 31.サウジアラビア(Latest updated :2015.11.30)

**以下の旅券所持者はカラー写真4枚;ナイジェリア、イラン

4.日本国籍以外の申請者は在留カードのコピーまたは外国人登録証明書コピー。また申請時に原本を提示(有効期限が3ヶ月以上あるもの)更新中の方は、入国管理局が発行した在留期間更新許可申請の申請受付票のコピーを提出すること(申請時に原本を提示)

5.航空券または予約確認書コピー 申請者名、便名、タイ入国日、出国日の記載必要
6.英文経歴書  全ての欄を記入し、申請者が署名したもの


経歴書 (Personal History)ダウンロードは こちら
Download Personal history form


•経歴書はパソコン上でタイプすることができます。
•必要な情報を空欄にタイプして下さい。英語でタイプし、大文字を使って下さい。
•大使館は作成した申請書はインクジェットプリンターでプリントすることをお勧めします。
•手書きの申請書も受け付けることが出来ますが、ビザ申請時にお時間をいただく場合があります。

7.年金証書原本とコピー 年金は月額65,000バーツ以上の受取りが確認できるもの

8.戸籍謄本原本 発行から3ヶ月以内

9.国公立病院発行の英文健康診断書 健康でありタイの公共を脅かす病気でない旨記載のある一般的な健康診断書

10.英文身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券または運転免許書のコピー

**身元保証人は20歳以上で正規日本居住、申請者の氏名、年齢、身体的特徴そして個人情報などの個人的特性」を確認することができること、そして申請者がタイ滞在中に大使館から連絡ができること。

***保証人は申請者と一緒にタイへ渡航する方以外
                         以上
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:27| Comment(6) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする