2022年01月11日

独居老人の生活2486(リエントリー手続きで2時間20分かかった)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2486
          (リエントリー手続きで2時間20分)



 あれこれ忙しくしているうちに過ぎていくもの。

 それが人生なんだ。


              ジョン・レノン (ビートルズ)


@ チェンマイのコロナ新規感染(2022年1月10日)

チェンマイ県発表、 1月10日:217人、死亡1。

  pict-1641826233837.jpg

   
コロナ発生以降の感染累計:31,240人、 死亡累計:191人。

12月1日:198人 → 179 → 150 → 135 → 96 → 95 →
134 → 142 → 91 → 88 → 87 → 85 → 93 → 89 → 68
→ 65 → 59 → 57 → 78 → 65 → 57 → 68 → 56 →
66 → 66 → 57→ 67 →56 → 68 → 65 → 72人(31日)

2022年1月1日:87人 → 97 → 118 → 136 → 378
→ 298 → 310 → 283 → 209 → 217人(10日)


  *********************

  *********************




A 1月10日発表のタイのコロナ新規感染は7,926人。
       (日本の新規感染は激増、6,438人)

タイの死亡は13人(日本の死者は2人)。

10日の新規感染のうち、195人は刑務所内で感染。
海外からタイに入国した人(陽性確認)が412人。


 タイの感染者推移(2021年12月)
       ☟
12月1日:4,886 → 4,971 → 4,912 → 5,896 → 4,704 →
4000 → 3,525 → 3,618 → 4,203 → 4,193 → 4,079 →
3,787→ 3,398 → 2,862 → 3,370 → 3,684 → 3,537→
3,132 → 2,899 → 2,525 → 2,476 → 2,532 →2,940 →
2,671 → 2,766 → 2,532 → 2,437 → 2,305 → 2,575 →
3,037 → 3,111人(31日)

1月1日:3,011人 → 3,112 → 2,927 →3,091 → 3,899 →
5,775 → 7,526 → 8,263 → 8,511 → 7,926人(10日)

感染者累計:2,277,476人(日本は1,773,134人)
死亡者累計:21,838人(日本は18,404人)

尚、バンコクの新規感染は534人(東京は871人)
チョンブリ県がトップの767人、うちパタヤのあるバンラムン区で390人発生。

日本では全都県で新規感染が確認されている。
沖縄県は779人(1月10日)に減少。


  ********************

  ********************




B オミクロン感染急増、 70%を超える(タイ)

1月2日〜8日(7日間)の新規感染のうち70.3%がオミクロン株であることが判明。

Covid-19 Situation Administration(CCSA)発表。

ランダムDNAシーケンスにより、1月2日から8日に報告された感染の70.3%がオミクロン株。

デルタは同期間の感染で、 29.7%を占めた。

タイではこれまでに合計5,397のオミクロン株感染が記録されており、 5県を除くすべての県での感染が確認されている。

全体としてみれば、 オミクロン株は現在タイのCovid-19感染の35.17%、 デルタは76.71%。

しかし、この状況はオミクロン株の世界的拡大により、 すぐに逆転すると予想される。 (source : The Nation)


  ********************

  ********************



C 友人が今朝、 コロナワクチンのブースター接種。

接種場所はタビアンバーン(住民登録)のあるチェンマイ県メーテン郡。
友人(日本人)は同じ所でアストラゼネカを2回接種済み。

3回目の接種(ブースター)をするよう通知が届く。
彼の2回目接種は9月中旬で、 約4ヶ月後のブースターになる。

接種するワクチンだが、 今回は 「ファイザー」、 それも前2回と同じで無料だという。

チェンマイ県、 頑張ってるネ!


  *******************

  *******************




D 小さな村でコロナに感染すれば・・

ジジイの友人(日本人)はランパーン県のとある村にタイ人奥さんと2人暮らし。

つい先日、 その村でコロナ感染者が出た。
すると患者の家の前には ”立ち入り禁止” のテープが巡らされ、 物々しい雰囲気。

  pict-立ち入り禁止テープ.jpg
    ☝ イメージ画像

そして村人(約400人)にはPCR検査を受けるよう要請あり。
友人は、 「面倒な...感染が怖いから俺は行かないよ」

彼は1年中、自主的隔離をやっている(ようなもの)。
それもパンデミック発生以前からで、 毎日が田舎での隔離生活なのだ。

というのも、 奥さんが彼1人での外出にうるさいから。
つまり奥さん主導(命令)による 「自宅隔離」 が長年にわたり続けられている。

愛妻家の友人、 それでも幸せなんだとか、 イイネ!


  *******************

  *******************




E Re-Entry申請に2時間20分かかった(チェンマイ)

昨日(1月10日)、 友人のAさん(70代半ば)はチェンマイ出入国管理局(以下イミグレ)に行った。

飛行場近くのオフィスで、 午後1時20分に到着。
正門ゲートから入ると、 すぐ目の前に検温などする受付の仮施設(テント)がある。

pict-P_20210818_093025_vHDR_On.jpg


Aさんはそこで順番票をもらい、 係員に効いた。

「次は何処に行けばよいのですか?」

この余計な質問が長時間待ちの運命につながった

「あっちのテントに行ってください」 と言われ、 本館前の駐車場左端に設置されているテントに向かった。

このテントでは、 ボランタリーの人が事前の申請書類チェックをやっている。

1年ビザの新規申請や延長などでは必要書類が多く複雑だからだ。

pict-P_20210818_081448_vHDR_On.jpg
       ☝ 2021年8月18日撮影。


Aさんはボランティアの人に書類を渡しチェックを受けると、 こう言われた。

「そこで待ってってください」

テントには30〜40人ほどの人が待っている。
で、Aさんはボランティアに尋ねた。

「私はRe-Entry Permit の申請なので、 すぐに行きたいのですが...」

「いや、 しばらくお待ちください」

Aさん、テント下の椅子に座って待つこと1時間40分、 ようやく預けた書類が返されて番号札を貰う。

「順番がきたら呼びます、 そこでお待ちください」

ところがその順番が中々呼ばれない。
ボランティアの人は、 1年ビザもリエントリーも区分けせず、 一緒くたに扱っているのでは...

で、更に待つこと40分、 「どうぞ手続きに行ってください」

合計2時間20分も待ってやっとこさオフィス内に入り、 「インフォメーションカウンター」 へ....

順番カードを受け取ると、 今度は待ち時間ゼロ、 すぐに自分の番。

係官に申請書類を渡すと、 ものの数分で手続き完了。
パスポートに押されたリエントリーのスタンプを確認。

Aさんは、割り切れない気持ちをジジイにぶつけた。

「たった数分の手続きのために、 なぜ2時間20分も
  テントで待たなきゃならないのか!」 

        * *

ジジイは昨年10月6日の午後、 イミグレへ90日届けに行ったついでに、「Re-Entry Permit」 を申請。

Aさんが長時間待ったボランティアのテントもあったがそんなのは無視、 直接オフィス内のインフォメーションカウンターに行った。

1分ほどの書類チェックのあと、 順番票を受け取る。
とその直後、 ジジイの番となり、 手続き完了。

ジジイの所要時間は5〜6分、 Aさんの場合は待ち時間だけで2時間20分。

なぜこれだけの違いが生じたのかは、 もうお分かり。
ボランティアのテントに行ったかどうかの結果だ。

リエントリーの申請書類は、 申請用紙とパスポートのコピー数枚だけ。
ジジイはこんな簡単な申請に、 ボランティアの事前チェックが必要とは思ってもいなかった。

だからこれまで全て、 直接インフォメーションカウンターに出向き、 手続きをやってきた。

インフォメーションカウンターでも、 何の文句も言わず受付けてくれている。

Aさんも1年ビザ延長の際、 手続き完了した直後にリエントリーの申請でインフォメーションカウンターに直接行った。

その時は、11時45分ころだったので、 「午後1時に再度来てください」 と言われた由。 

だったら昨日も、 直接インフォメーションカウンターに行けば良かったのに...

「俺は真面目な性分で何事も訊き、確認してからやっている」 とAさんは言うが。


ジジイはリエントリーの手続きで、 30分以上かかったことは記憶にない。


皆さまはリエントリー申請の時、 Aさんのように(1度テントに行って)やってますか?

それともジジイのように、 直接インフォメーションカウンターに出向いておられますか?





今後どっちでやるかは 皆さまのご判断で....


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:18| Comment(2) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月18日

独居老人の生活2341(コロナ禍の1年ビザ延長)


本日2度目のアップです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2341
              (コロナ禍の1年ビザ延長)


  悲観主義は気分によるものであり、

  楽観主義は意思によるものである。

                アラン (フランスの哲学者)


今朝(10時40分)、 チェンマイ入局管理局(空港近くのイミグレオフィス)から帰宅。

リタイアメントビザ(O-A)の延長手続きに出向いた。
年に1回のお勤め、 これを取らなきゃタイでは暮らせない。

8時過ぎに自宅を出発 → 8時15分にイミグレ到着。
まずテントの中の受付で順番札を貰う(ジジイは13番目)。

pict-P_20210818_093025_vHDR_On.jpg




次にオフィスの中には入らず、 端にあるテントに向かう。

pict-P_20210818_081441_vHDR_On.jpg



そこではボランティアの人(だと思う)が、 書類のチェックをやってくださる。

ジジイは特に問題なし、 先に来ている申請者がオフィスに移って行くと、 空いた前方の椅子に移動。

pict-P_20210818_081448_vHDR_On.jpg


40分ほどこのテントで待機、 ジジイの番が来ると番号カードを手渡してくれた。

それを持ってオフィス内のインフォメーションカウンターへ行く。
そこで再度書類チェック、 今度は最後の受付番号札を貰う。

その貰った瞬間にジジイの番が来て、 1秒も待たずして手続きに入る。
数分で終了、 ビザ代金1,900バーツを払って長椅子で待つ。

しばらく待つと隣の窓口で写真撮影。
メガネとマスクを外し、 突っ立っていればOK。

pict-P_20210818_090513_vHDR_On.jpg



あとは長椅子に座って、 パスポートの返却を待つだけ。
9時25分、 パスポートを受け取り、 イミグレを後にした。

混雑なくイライラなく、 所要時間1時間10分で完了。
そのまま帰宅して、 今このようにブログを書いている次第。

これもコロナのお陰か。


        * *

ボランティアの人がテントの下で書類チェック。
イミグレには世界中から人がやって来る。

急に飛び込んで来て、 そのボランティアに質問する外国人たち。
引っ切り無しで、 書類チェックが度々中断する。

いったい彼らは何を訊いているんだろう?
それぞれのお国柄、 各人各様の特徴があるのかも。

そんな一端をコロナワクチン接種で探ってみよう。

         * *

「私は絶対にコロナワクチンを打たない」 と言い張る人たちがいる。

各国から集めたワクチン嫌いの人たちをどう説得するか?
ある心理学者が実験し、 見事にやって見せた。

その心理学者は、 それぞれの外国人にこう言った。
          ☟

米人には 「ワクチン接種すればあなたは英雄ですよ」

英国人には 「接種すればあなたは紳士です」

ドイツ人には 「接種するのがドイツの規則となってます」

ロシア人には 「接種したらウオッカ1ダース貰えます」

イタリア人には 「接種すると女性にモテますよ」

ギリシャ人には 「接種したら公務員になれます」

フランス人には 「接種は絶対にしないでください」

中国人には 「中国製じゃなくファィザーが打てますよ」

韓国人には 「日本に比べ、 韓国は接種率が低いです」

フィリピン人には 「接種しないと撃ち殺されますよ」

タイ人には 「接種すれば安心して浮気できます」

日本人には 「みんなでワクチン打ってますよ」

チェンマイの日本人爺さんには

「ワクチン打つと...







ムスコが ビンビンになりますよ!」


チェンマイって ホントいいですね!  




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:21| Comment(0) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月13日

独居老人の生活2244(直近のNon-oビザ延長)


   本日2度目のアップです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2244                                           
               (直近のNon-oビザ延長)


読者の方のコメントで、 リタイアメントビザ延長の情報を戴いた。 勝手ながら以下にコピー。

参考にしていただければ幸いです。

今朝(2021年05月12日)、 チェンマイ入管でリタイヤメントビザ(NON-O)を更新しましたので報告します。

必要書類
1.パスポートと顔写真ページ、長期滞在が始まってからのタイ入出国スタンプ、ビザスタンプページのコピー1枚づつ。

2.申請書(TM7) + 写真(6cm X 4cm) 1枚

3.誓約書 2枚 用紙はイミグレに有ります
4.TM6(出入国カード)とそのコピー1枚

5.TM30(居住報告)とそのコピー1枚
6.TM47(90日届け)とそのコピー1枚

7.賃貸契約書 コピー1枚
ここまでのコピー全てにサイン記入

8.通帳とそのコピー。
9.預金残高証明書 1通

10.預金のステートメント1年分 1通
11.THB1,900の支払い。

これ以外は必要ありませんでした。

尚、他の銀行のことは知りませんがSCBの場合通帳のコピーに緑色の小さなスタンプを押してくれますので、自分のサインはしませんでした。

           *

朝8時半に銀行へ行って書類を受け取りイミグレ到着9時。
門から入って左のテント下で書類の検査。

これが終了すると緑の大きな札を貰って建物内インフォメーションで書類、パスポート、通帳を提出。

整理券を貰って待機、 整理券番号を呼ばれTHB1,900を払います。
その後写真撮影、 そしてビザスタンプが押されたパスポート返却、 9時45分に終了しました。



匿名さん、 情報ありがとうございました。


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 16:38| Comment(1) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする