2018年08月03日

独居老人の生活1258(女心にゃ裏がある)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1258(女心にゃ裏がある)


  四十歳は青春の老年であり、
  五十歳は老年の青春である。
                                     西洋のことわざ

  70歳はエロ惚けの青春である。
                                     独居老人


@ 水を流す階上の住人。

ジジイの部屋の真上に住む住人は、 毎日植木鉢に水をかける。
しかしベランダの外側の縁に植木鉢を置くから問題が起きる。

植木に水をかけると、 その水がザーっとジジイの部屋のベランダに落下、 ベランダの床を濡らす。

ここ1,2年ジジイも我慢してきたが、 先日洗濯物を干している
最中に水がザー。 慌てて洗濯物を内側に引っ込めた。

頭に来て、 アパートのマネージャーにこの迷惑行為を話す。
階上の住人はファラン(白人)だという。

    pict-P_20180622_113456ベランダ.jpg
     ☝ 丸い柵に水が跳ねてベランダを濡らす。
       階上の床から漏れた水ではありません。


その翌日から、 ピタッと水の落下がストップ。
遠慮せずに言ってみるもんだと思った。

ジジイがチェンマイに暮らし以来、 他の住民の行為に対しクレームをつけたのは今回が初めて。

反対に、 他の住民からクレームを受けたことは1度もない。

                   * *

A 本日のチェンマイ金曜朝市。

 好物の柿を購入。
 10個で40バーツ、 つまり4B/個。
pict-DSCN4274.jpg


                  * *

B TM-30でチェンマイ・イミグレに行く。

ジジイは今月、 リタイアメントビザを延長する予定。
その前に必要になるのがTM-30の届けとそのアップデート。

ジジイは今年6月3日にタイ入国、 翌日アパート側がOnlineでTM-30を通知。 あとはジジイが半券を貰うだけ。

アパートマネージャーがくれたオンライン届けの紙とパスポートを持ち、 昨日(8月2日)イミグレに出向く。

空港近くのイミグレに着いたのが午後2時過ぎ。
新事務所はほぼ完成。
         ☟
pict-DSCN4260.jpg



旧オフィス前には、 ビザ申請のため大勢の人が並んでいる。
ほとんどがミャンマーなど近隣国の人たち。
pict-DSCN4257.jpg



TM-30でジジイが向かったのは、 1番奥にある平屋建て。
  ナンバー3 のオフィスである。
pict-DSCN4256空港イミグレ.jpg


ドアを開けて中に入ればガランとしている。
順番札など無し、 「TM-30, please」 というと、 係官がこっちだよと手招き。

待たずにすぐ手続き開始、 「ちょっと待って......」 と係官。
日本語で言うからサービス満点。

入り口近くの椅子に座って待つこと3分、 係官がジジイのとこまで来て、 パスポートを返してくれた。

前に添付されていた半券に、 日付とサインをしただけ。

全ての申請がこのようにスムースなら言う事なしだが......

                * *


C 友人の惚気(のろけ)話。

70歳の友人には40ほど年下の恋人がいる。

知り合って最初の1ヵ月ほどは、 バイクに乗った彼女はヘルメット
無しで現れていた。

友人が 「絶対にヘルメットを被れ」 とうるさく言ったので、 それ以降 彼女は必ず着用するようになる。

ところが1年近く経った先日、 彼女がノーヘルでやって来た。

「どうした、 ヘルメット付けなきゃダメじゃないか!」

「忘れたの.....」 と彼女は応える。

すぐ彼女のバイクに2人乗りしてレストランへ行く。
食事中、 彼女が笑顔で友人に訊く。

「あたしに、 変わったことない?」

「特に.....マイサバーイか? (具合でも悪いの?)」

「あたし今日、 髪を切って、 そのあと染めたの、 分かる?」

そういえば肩まで伸びてた髪が短くなり、 少し茶色になっている。
「もうマンネリ化、 気を付けて見やしないよ」 と友人苦笑い。


そのとき友人はふと思ったという。
彼女のノーヘルは、 美しくなったヘアースタイルを崩さないでおくためだと....

最初出会った頃のノーヘルも髪型を保つため。
女心、 できるだけ美しく見せたかったのだろう。

「俺に綺麗な自分を見せたがってるんだよ」 と惚気る友人。

「パーマ屋代、 幾らしたんだろ?」 とジジイ。

「1,500バーツ、 通ってるニマンヘミングの美容店だってさ」

「わっ、高い!  もっと安い店があるのに......」 とジジイ。


そのパーマ屋代は、 友人が渡すお手当から支払われている。
そして美しくなった彼女はここぞとばかりに......

「ネェ、パパ〜、 早く日本、連れてって!」 と言った由。

とまあ、 嬉しそうに話す友人。

聞いてるジジイはバカバカしくなる。
何だい、 貢いでばっかし。

ああー、 こうやって若いオンナは爺さんを篭絡するのか。

だが友人の顔は、 幸せそうだった。








 エロ惚けとはこういう事か。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:45| Comment(10) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

独居老人の生活1248(サービス精神)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1248(サービス精神)


  お客様がいま何を求められているのか、

  いないのかの紙一重を見極め、

  感動の高いサービスを今後も提供してまいります。

                                   清原當博(ホテルオークラ東京社長)


@ 空港〜プロムナード(イミグレ)路線バス。

先日(20日)お伝えした ”直近のイミグレ情報” で、 参考までにバスのご案内をした。

今日はもう少し詳しく.......

      青色の大型バス:乗車賃は20B。
   pict-1532253759333pロムナーダバス.jpg



RTCの路線(ルート)は次の通り。

R2-B:
空港 → チェンマイ門 → メーピンホテル → チャンクラン通り →
シャングリラホテル → ノンホイ市場 → プロムナード。

R2-P:
プロムナード → ノンホイ市場 → Sacred Heart College →
ポンピンタワーホテル → ターペ通り → ナイトマーケット →
スリウォンブックセンター → チェンマイ門 → 空港。


   路線図
pict-1532253756100路線図.jpg


                 * *


A アメリカ総領事館のパスポートサービス。

ジジイは一昨年(2016年)の12月にパスポートの更新をした。
チェンマイ総領事館に出向いて申請。

申請日から4日後に新しいパスポートを受け取りに行く。
ジジイは自宅からバイクで15分も走れば領事館に到着。

なので苦にはならない。
では、 遠距離の日本人はどうしてるんだろう?

メーサイ、 チェンライ、 ランパーン、 ファングなどに住む人は大変だと思う。  領事館に行くだけでも1日仕事になる。

申請日の当日に新パスポートを発行してくれれば良いが.....
残念ながら遠方であっても即日はダメ → 4日後に発給。

日本総領事館では宅配利用の返却はやっていないという。
本人が再度チェンマイまで出向かねばならない。

人工透析などの病気の人、 寝たきりの人はどうするんだろう。
代理人でもいいのかな?

               * *

そんな人たちのために、 米国総領事館は新サービスを開始。
「U.S. pasport service」 である。

pict-DSCN4183アメリカ領事館.jpg
         ☝ ジジイのアパートの掲示板より。


これで遠方に住むアメリカ人は、 チェンマイの総領事館まで出向かずにパスポート更新ができるのだ。

申請用紙に記入し、 自分のパスポートと一緒に総領事館に送付。
 (申請用紙はオンラインからダウンロード可能)

そうすれば、 約3週間後に総領事館から返送されて来る。
料金の支払いはどうするか。

クレジットカード(マスターカードなど)を使う。
アメリカの銀行が発行するデビットカードでもOK。

他に小切手も使えるが、 指定された銀行に限るようだ。

興味ある方は、 http://th.usembassy.gov をご覧ください。
取り敢えず表紙だけでもどうぞ。
               ☟
pict-DSCN4195アメリカ領事館.jpg
pict-DSCN4196.jpg
アメリカの大使館・総領事館の案内(ホームページ)を見ると、
カテゴリーの中に ”US citizen services" というのがある。

つまり、 アメリカ人のために尽くしますってこと。
このパスポートサービスもその1つ。


最初の写真はジジイが住むアパートの掲示板に貼られている。

そこまでやってサービス情報を提供し、 利用してもらおうという
心意気(努力)、 これがジジイには....イイネ! と思う。


で、 日本総領事館も同様のパスポートサービスをやってるのだろうか?   答:やってません。

pict-DSCN4198日本領事館.jpg


領事館の業務は多種、 さぞかしお忙しいことと思う。
北タイの自治体などに寄付(ODA)して回ることは必要だろう。

では ”citizen services” は?  
それがカテゴリーの ”邦人援護” かな?

 <邦人援護>           (領事館の案内より)
在留日本人及び当地旅行者の方々が、不幸にして事件・事故に
巻き込まれた場合の相談・支援先及び情報等は以下の通りです。

・緊急時の連絡先
・海外安全ホームページ:タイ渡航情報

・外務省が発出する 「渡航情報(危険情報・スポット情報)」
  がタイムリーに掲載

・タイ北部治安情勢

・なお、 在タイ日本国大使館ホームページでは、 安全対策に
  役立つ情報を掲載しております。

・安全対策トラブルQ&A

・タイの安全情報(犯罪手口いろいろ)
・バンコク案内「治安情報」

・「タイでの安全のしおり 第5 緊急事態への備えと対応」

あくまで事件・事故・安全ということだ。

尚、 「企業支援」 のカテゴリーはちゃんとある......イイネ!


”Japan citizen services" という項目は日本領事館にはない。 

チェンマイ在留日本人に対するサービスの向上、 これもお考え戴ければ...と願っている。








何も 「もっと我々に尽くしてよ」 とまでは言わないけど。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:23| Comment(9) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

独居老人の生活1245(直近のリタイアメントビザ延長)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1245
                     (直近のリタイアメントビザ延長)


  人が青春のころ得たいと願ったものは、

  老年にいたって豊かに与えられる。 
                                         ゲーテ (ドイツの作家)


@ 昨日(19日)のイミグレ。

友人(72)がRetirement Visa(1年ビザ)延長のためイミグレに出向く。

しかし彼にはその前に行かねばならない所があった。
先ず日本総領事館、 次にTM‐30の半券取得である。

預金と年金の合算80万バーツで申請するので、 領事館発行の
年金証明書が必要。  その発行手数料は640バーツ。

TM‐30は、 空港近くのイミグレに行く。
中に入って突き当り、 平屋の建物。

受付けして5分で終了、 待ち時間なしと言えよう。

               * *

さて昨日の1年ビザ延長だが、 友人はPTM(メムさん)に順番取りを依頼(料金300バーツ)。

そして昨日、 7時15分にプロムナードのイミグレ到着。
8番目だった由。

但しその時間には既に40人ほどが並んでいた。
90日届けの列は15名、 Re-entry VISAはゼロ。

7時50分頃から受付開始、 順番カードが配られる。
友人は8時55分にデスクに呼ばれて手続きスタート。

書類に不備なしで、 9時5分に完了(料金:1,900バーツ)。
パスポート返却が10時30分、 約1時間半を忍耐で待つ。

この日は8:35、 8:40、 8:45、 8:55と、 各1名ずつ呼ばれて
いる。  つまり4人の係官で手続きを処理していたのだ。

手続き開始時刻では1人の係官 → 徐々に増えて4人態勢に.....
2時間で30人(の手続き)に対応、 イイネ!

尚、TM-30のコピーを提出するよう言われたとのこと。

友人はこのあとRe-entry visaも申請、 11時15分に完了。

情報まで:
イミグレ(プロムナード)発のバスが運航されている。
ナイトバザール経由の空港行き、 青色の大型バス(料金20B)。

    pict-1532253759333pロムナーダバス.jpg


ルート:空港 → チェンマイ門 → チャンクラン通り →
     ノンホイ市場 → プロムナード(イミグレ)

ルート:プロムナード → ノンホイ市場 → Sacred Heart(学校)
     ナイトマーケット → チェンマイ門 → 空港

pict-1532253756100路線図.jpg


                * *


A この人は誰でしょう?

帽子にマスクで顔を隠しているように見える。
だったらサングラスをかければいいものを。

  pict-DSCN4180タモリ.jpg
   

いえいえ、 サングラスだと却って正体がバレるのだ。

彼がお忍びで女性のマンションに行く時はいつもこんな格好。
女性とは勿論、愛人。


ハイ、 タレントのタモリ(72歳)。

   pict-タモリ.jpg


タモリには2歳年上で無名時代に結婚した妻がいる。
子供はいないが、 有名人に仲間入りした後も夫婦円満。

「仕事とセックスは家庭に持ち込まない」

タモリの信条は有言実行、 浮気もこっそりと.....
出世しても、 糟糠の妻をポイ捨てはしない。


タモリには以前にも愛人がいたという。
40代半ばの一般女性で、 この時も彼女のマンションにお忍びで
お出かけ。

人目につくホテルなど、 外では会わない用心深さなのだ。
この彼女とは綺麗に別れたとか。

その頃のタモリの年収は2億数千万円(2003年)、 手切れ金を
出し惜しみする訳がない。

ここんとこが宇野宗佑元首相や陣笠政治家と異なるところ。

タモリの爪の垢を煎じて飲みなさい、 中川俊直(48)くん。
              ☟
    pict-中川俊直氏(48).jpg
              ☝
  愛人の逆襲で立候補を断念した前自民党代議士。


で、 タモリの今回の愛人は誰?
有名人で、 年収5千万円あると言われる売れっ子脚本家。

    pict-中園ミホ2.jpg
           ☝ 中園ミホ(59歳)


松嶋菜々子主演の 「やまとなでしこ」 など数多くのヒット作を
手掛けている。
現在はNHKの大河ドラマ 「西郷どん」 の脚本が中園ミホだ。

2人が知り合ったのは2014年のNHK紅白歌合戦、 2人とも審査員として出演。
その翌年スタートの歴史もの 「Nスペ」 でも一緒にお仕事。

歳の差14、 話が合えば身も心も合うのだろう。
たちまちイイ仲になったという次第。


未婚の中園ミホは1人の子持ち、 23歳になる男の子。
34歳で出産してシングルマザーに.....子供の認知なし。

父親(不倫相手)は女優桃井かおりの兄で、 同じ脚本家の桃井章
(70歳)という噂だが.....

pict-中園ミホ.jpg
           ☝ 中園ミホと息子(右)。


そんな恋多き熟女と逢瀬を楽しむタモリ、 8月には73歳になる。
昭和20年生まれでジジイと同年。

相手が20代とかの若い女でないところがいい。
これだとドリフの加藤チャと同じで、 ロリコン助平になっちまう。

大人の、いやお互いが老いらくの恋じゃないか.......イイネ!

ブラタモリは番組だけ、 股間がブラブラタモリじゃダメよ。
おクスリのんで、 頑張れタモリ!


遅ればせながら、 ジジイもチェンマイで頑張りたい。







相手はやっぱし.....20代がイイな。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:04| Comment(10) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする