2017年12月05日

独居老人の生活1050 (イミグレの指定用紙の取り出し方・書き込み方)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1050
           (イミグレ指定用紙の取り出し方・書き込み方)


 男たちが自分の連れ合いに対して言う不満は、

結婚前に惹きつけられた魅力そのものを指しているものです。

                               ルドルフ・ドライクルス (ドイツの心理学者)



@ イミグレ書類はネットから取り出そう。

よく変更されるのがイミグレの指定用紙。

ジジイはRetirement Visa(1年ビザ)延長の時、 係官の前で
新しい用紙に書き直しさせられたことがある。

この用紙はネットからダウンロードできる。

1.イミグレのOnlineにアクセス → 王様の画面。
            ☟
http://www.immigration.go.th/


pict-DSCN1460.jpg

 


2.右端のDownloadをクリック。

pict-DSCN2744イミグレ用紙.jpg




3.必要な用紙を選択する。

・Retirement Visa(1年ビザ)申請の時は#14を、

・Re-Entry Permit申請の時は#15、

・90日届けは#29、 各右端のDownloadをクリック。

pict-DSCN2745.jpg


あとは用紙が出て来るので、 それを印刷すればOK。
(カーソルを画面の下方に → 印刷のマークあり)

2枚あるので、 裏表で印刷がベスト。

                  * *

加えて、 PC上でその用紙に書き込むこともできる。
1度書いておけば、 それを保存して次回の申請時に利用可能。

変更箇所(タイ入国日など)だけ書き入れるだけ、 便利。


で、上段左端のファイルを開き、 ”名前を付けて保存”。
ご自分で判別できる名前を付けてください。

pict-DSCN2754.jpg




その保存した用紙をPC上で開けると、 右端に項目が出ている。
右端の ”入力と署名” をクリック。

ツール 「adobe acrobat DC」 を使用した画面です。
                 ☟
pict-DSCN2748.jpg




 あとはカーソルを当てて書き入れるだけ。
pict-DSCN2749イミグレ用紙.jpg


これで書類作成完了、 印刷してイミグレに提出となる。
イミグレ係官は、 癖のある手書きより読み易いので喜ぶとか。

イミグレはここで終了。

               * *  

A ヤマハのサービス。

ヤマハからメールが来て、 オイル交換無料サービスの案内。
で、 チェンマイのヤマハ販売店に出向きサービスを受けた。

無料サービスで顧客を集める...目的は新しいバイクの売り込み。
ホンダに勝たなきゃならぬヤマハ、 涙ぐましい努力だ。

新型を勧められたがやんわりお断り....無料サービスだけ享受。
ケチな客だね〜、  これ、ジジイの友人Nさん(66歳)の話。

                 * *


B 年金でもリッチに暮らせる移住先ベスト6。

タイなら10万で30万円分の暮らしができるだって。

「タイ(バンコク)で、 月15万円でもリッチに暮らせる」
 (雑誌 「PRESIDENT」  2017年11月13日号の記事)


1万円もあれば普通のアパートが借りられ、 月15万円あれば裕福に暮らせるという生活費の安さ。

1万円/月で普通のアパート、 チェンマイで探すのはかなり難しい。 
バンコクには安価で日本人向けの良いアパートがあるのかな?

加えてタイは、 「日本と同じように暮らせる」 点で海外生活初心者向けだという。


本当かな、 バンコクで月15万円のリッチな暮らし?

ゴルフもやらず、 高い和食店には行かず、 オンナも酒もやらずの生活じゃないの?

それがリッチな生活とは思えないが......
詳しくはこちらをお読みください。
               ☟
http://president.jp/articles/-/23717


                  * *


C 作家・曽野綾子(86歳)の生き方。

ジジイは曽野綾子の大ファン、 小説もエッセイも結構読んだ。
今、 チェンマイの手元にある著書はこれ1冊だけ。

pict-DSCN2756.jpg
            ☝
冒頭赤字で書いている ”諺や名言” の資料として残っていた。


夫は作家の三浦朱門(享年91)で、 作家夫婦だった。
結婚生活63年、 今年2月に5歳年上の夫をなくして未亡人に...

高齢で外出が少なくなり、 著述作業も疲れを感じるとか。
彼女が三浦との夫婦生活を振り返って語る(週刊現代)。


pict-曽野綾子.jpg
          ☝ 曽野綾子と三浦朱門(右)

                ☟

夫婦円満の秘訣は、 なるべく一緒にいないようにすること。

それぞれ自分の好きなこと、 好きな場所があり、 お互いそれを
尊重することが大事です。

「これくらい我慢しよう」 というのが夫婦の愛情ですね。
それくらいがいいんです、 お互いに.....

    1956年頃撮影.png
       ☝ 1956年頃の曽野綾子(25歳)。


人生観では、
人の仕事には、 自らが努力して選ぶ ”Profession" と、
神が与える ”Vocation”、 つまり天職の2種類がある。

とまあ、 こんなことを述べておられます。

pict-DSCN2752.jpg
    ☝ 1964年撮影、 曽野(33歳)、 三浦朱門(38歳)



ジジイに当て嵌めれば、

ジジイの余生には、 自らが努力して選ぶ ”Profession"、
つまりチェンマイで元気に独居生活をすること、 これが仕事。

神が与える ”Vocation” =天職....本能の赴くまま美女を抱く、
これもスケベに生まれた故の仕事.....の2種類。


神はジジイに天職を与えたが、 その才能まではくれなかった。









お陰で未だに美女を追っかけてますわ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:08| Comment(0) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

独居老人の生活1047 (特殊部落)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1047 (特殊部落)


    時が物事を変えるって人はいうけど、

    実際は自分で変えなくちゃいけないんだ。
 
                                  アンディ・ウォーホル (米国の芸術家)


@ Onlineによる90日届け。

イミグレ関係の煩わしい手続き....その1つが90日届け。
ジジイは今年の6月中旬、 日本から飛行機でタイに入国。

従って約90日後の9月13日にチェンマイ・イミグレ事務所に出向き、 90日届けを終えた。

この時、わざわざ行って待つのが面倒なのでOnlineを試みたが、 届け出用紙の画面まで到達できず。

入国から1回目の90日届けは、 ネットでは受付けないようだ。

                 * *

しかし2回目なら大丈夫と、 12月の届けはonlineでトライ。

結論から先に言うと ”成功”、 イミグレに行かずに済んで嬉しい!
しかしonlineが1発で承認されたかというとそうではない。


ジジイの届け出期日は12月12日、 Onlineは14日前から可能なので、 1発目は11月29日に提出完了。

これが承認されたかどうかは、 画面を前に戻して......
赤の矢印をクリックする。
                  ☟
pict-pict-DSCN1467.jpg




すると下の画面が現れる。
pict-pict-DSCN2718.jpg




これでパスポートの箇所をクリックして書き入れる。
                  ☟
pict-pict-DSCN2720.jpg


で、 下の虫メガネをクリック → 結果 Pending。
1時間後に同じことをやったが → penging。


翌日(30日)、 最初から新たにやり直し。
届け出用紙に書き込んで → 受付完了。

で、 前述と同様に承認されたかをチェック → penging。


3発目は12月1日、 また最初から新たにやり直し。
届け出用紙に書き込んで → 受付完了。

で、 前述と同様に承認されたかチェック → Approved(承認)。
ヤッター!  3回目でようやく承認されたのだ。
                  ☟
pict-pict-DSCN2717.jpg


 (追記:2017年12月4日)
読者(友人)からご意見を頂戴してます。

「Pendingというのは未定、 未決を意味している。
 なので何度も最初から書き直して提出するのはムダでは?

1度Pendingが出たら、 あとは 「Check」 をクリックして見るだけで十分だと思う。

Not Approvedが出た時だけは、 最初からまたやり直しが必要」


このご意見が正しいかもしれませんね。

90日Onlineの説明では、 受付けてからApprovedまで、7日間ほどかかる場合があると記載されてる由。

                  * *

これで終わりではない。
Approvedの右端にあるViewの虫メガネをクリック。

するとApprovedと表示された画面が出る。

pict-DSCN2741.jpg




この画面を下にスクロールし、 下部(矢印)をクリック。

pict-DSCN2743.jpg




ここで最終画面、 次の届け出期日が示された画面が出てくる。
                  ☟
pict-pict-pict-DSCN2721.jpg
        ☝ 黄色の矢印が次回の届け出期日。


この画面を印刷すれば90日届けは完了。
カーソルを1番下に持ってきて、 印刷を選んでクリック。

しかしジジイはプリンターがないので印刷不可。
一旦ディスクトップに保存(下部1番左端の保存をクリック)。

で、友人宛に送信し、 印刷して貰った次第。


承認まで3日かかったが、 これでイミグレ事務所まで行かずに
済んだと思えば楽なこと。 順番取って待つなんて.....

Onlineの手続き(書き込み)はものの4,5分で終わる。
これを3回繰り返したとて、 時間的負担はほとんど感じない。


どうぞ皆さまもOnlineをご活用ください。
ITに疎いジジイでもやりました。

要はPendingが出ても諦めず、 数回トライしてみることです。

                * *


90日届けに無関係の人....退屈されたでしょうね。
写真でも見て、 楽しんでお帰りください。


A 美女写真集。


pict-DSCN2690.jpg
           ☝ 作画:小尾 修。



写真集なんて、 ジジイは嘘ついてます。
全て絵画、 そう画家が描いたものなんです。

写真のように見える精緻な彩色.....すごい!


pict-DSCN2696.jpg
          ☝ 生島 浩。 




pict-DSCN2693.jpg
          ☝ 富所龍人。




pict-DSCN2691.jpg
          ☝ 山本大貴。



モデルさんもいたんだろうが........美女ばかり。

次の美女は絵ではありません、 普通の写真です。


               ☟



               ☟




 浅草ゆう子(94歳)、 浅草の芸者。
pict-DSCN2685美女.jpg


関東大震災のあった大正12年生まれ。
13歳でこの道に入り、 芸歴80年を超える。

「とにかく三味線が好き、 唄が好き、 踊りが好き、 芸事が好き」
これが長く続いた理由とか。

今でも毎日弟子に稽古をつけ、 週に4回はお座敷に出ている由。
この日は 「浅草・日本の芸を楽しむ」 のイベントで3曲披露。

今後の目標は100歳まで現役続行。
でもこれでお座敷に呼ぶお客がいるんだから.....浅草 イイね!

                       (以上は 「週刊文春」 より)

                 * *

B 特殊部落。

横綱の矜持があったのか、 日馬富士が暴行の責任をとって引退。
これは当然のことだと思う。


例えば一般企業で、 先輩が後輩に暴力をふるってみろ。
凶器のリモコンは、 TVやエアコンの小さなモノじゃない。

カラオケのリモコンはB5サイズくらいに大きく、且つ重い。
デカイ岩石で殴打したようなもんだ。


上司が宴席のあと、 女子社員を部屋に呼んで強姦してみろ。
いくら酒席といってもアウト、 左遷か退社の憂き目にあうだろう。

相撲取りの彼らはもっと悪質。
ヤンキー高校生仲間が、 生意気だといって1人をリンチする状況にそっくり。


貴乃花親方が警察に届け出ると、 相撲協会は親方を変人扱い。
「なぜ内分にしなかったのか、 親方は幹部じゃないか」 と...

横綱審議委員会、 委員の爺さんたちは耄碌してるのか。
「貴ノ岩がすぐに謝ればよかったのに.....」 だって。

暴行イジメ致死罪の生徒をかばう教育委員会のようだ。


2007年の時津風部屋での弟子の暴行死事件、 2011年の八百長事件を忘れたか!

日本相撲協会は殺人事件でさえ闇に葬ろうとする。

               * *

2014年、 日本相撲協会は公益財団法人に認定され、 公益事業として興行収入などが非課税となる優遇措置を受けている。

なにが公益事業だ、 暴力事業、 モンゴル事業だろうよ。
もう国技でも何でもない、 優遇措置を外して課税して欲しい。

                * *


来年の初場所から、 大相撲は装いを改めるとか。

まずは両国にある国技館の名称変更だ。

                 ☟



pict-国技館.jpg




土俵のやぐら上の日の丸も変更。

          ☟

pict-pict-1512144464715小.jpg
     ☝ モンゴル国旗を掲げる。




満員御礼の垂れ幕は恥ずかしい → これも変更。


                 ☟


pict-pict-国技館5.jpg




日馬富士の引退相撲を催行、 相手は白鳳。
得意の八百長相撲で最後を飾る。 (下はそのパンフレット)


                  ☟


pict-国技館6.jpg





2月には、 名誉挽回でNHK杯トーナメントを開催。

                  ☟

pict-国技館8.jpg


                 * *


大相撲という浮世離れした世界だけに通用する常識。
暴行・殺人・汚職....悪事はすべて隠蔽する汚れた体質。

ごっちゃん・ご祝儀は普通に脱税する麻痺した感覚。
”横綱の品格” を求める.......魚屋に牛肉は売ってないぞ。


相撲協会はまさに 「特殊部落」。

それは、








 「阿呆部落」 と言っていい。


チェンマイって ホントいいですね!

  (後記)
ジジイは栃若時代から大相撲の大ファン。
その大相撲がなんかおかしい。
外国人力士が来てから..とは思いたくないが......

今回、 相当キツイことを書いたが、 ジジイが言いたいのは、
違法・犯罪は隠すな許すな、 司法(警察)に委ねよということ。
                                以上です。





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:16| Comment(8) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

独居老人の生活999 (90日オンライン届けの直近利用について)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活999
                  (90日オンライン届けの直近利用)


  挫折は過程、 最後に成功すれば挫折は過程に変わる。

  だから成功するまで諦めないだけ。

                                     本田圭佑 (プロサッカー選手)


ジジイは先月13日、 「90日届け」 のためチェンマイ・イミグレ(プロムナーダ)に出向いて手続きを終えた。 

この模様は本ブログ#975(9月14日)で掲載済み。


オンライン届けが再開されていたのに、 ジジイは何故イミグレまで足を運んだのか?
それはネット利用の手続きができなかったから。

イミグレのオンラインにアクセスし、 届け出用紙の画面に必要事項を書き入れるまではOKだった。

pict-DSCN1468.jpg


しかしこの次の画面で現れた文字が、 ”あなたの管轄イミグレに
お問い合わせください” というもの。

書類上(画面)の記入ミスかと思い、 何度か繰り返しトライしたが
ダメだった。
それで仕方なくイミグレ事務所まで出頭した次第。

                 * *

何故ジジイの90日オンライン届け出がNGだったのか、 その理由が分からなかった。
で、 ジジイ同様ネットで完了できなかった友人2人と情報交換。

3人には共通点があった。
それはタイに入国してから初めての90日届けであったこと。

ネット手続きがNGだった理由はこれしか思い当たらない。

                 * *   

ならばタイに入国、 1度でもイミグレに出頭し、 90日届け出を済ませていた人はどうか? 

友人のAさんは9月下旬、 「90日オンライン届け」 を利用。
結論を言えば、 ちゃんと手続きを終えた(ネット成功)。

それでも手間がかかったそうな。
ジジイの場合と異なり、 最後の方まで進めたのだが、 あと1歩のところで ”ペンディング” の画面。

翌日再度トライ(送信)、 またしても ”ペンディング”。 
午後にも新たに再トライ → ”ペンディング”。 

何度か失敗(ペンディング)した後の3日目、 ようやく承認に至る。  
90日オンラインは正常に動き、 受け付けてくれたのだ。

               * *

友人Bさんはこれを聞き、 自信をもってネット手続きをした。 
9月7日(土)に1回目の届け出を送信 → ”ペンディング”。 

2回目は8日(日)午前に送信 → ”ペンディング”。 
3回目は9日(月)午前に送信 → ”ペンディング”。 

で、 9日の午後に再度アクセスしたら、 1回目の届け出の承認を確認(成功)。


90日ネットは、 下の画面をプリントアウトして完了になります。
ここまでやらなきゃダメということ.......ご留意ください。


90日完了書類.jpg
     ☝ 赤の矢印箇所に、 次回の届け出期日の記載あり。


               * *


pict-DSCN2171.jpg
                   ☝ 
 今イミグレにアクセスすると、 前国王のお写真が現れます。


ジジイがここで申し上げたいこと。
          ☟
「イミグレ・90日オンライン届け」 は利用できる(有効)。
但し1回目ですんなりと承認が出てこない。

以前には1発の送信、 すぐに承認されたこともあった。
それが再開後、 なぜ手間取るのかジジイには分からない。

しかしペンディングになっても諦めず、 何回か繰り返し送信すれば成功する。


イミグレでは、 係官が着信したオンライン届け出を目でチェック、 承認を返信するのか?

それともコンピューターの自動承認なのか?

どうであれ、「90日オンライン」 と遊んでみるのも暇つぶし。
わざわざプロムナーダまで出かける必要なし。

間違いなく 「90日オンライン届け」 は動いてます。
キーワードは ”諦めない”。


イミグレ係官たちの趣味は何か?   ジジイは知っている。









 我々を難渋させること。


チェンマイって ホントいいですね!

(参考までに)
「90日オンライン届け」 のやり方は、 本ブログの
#932(2017年7月29日掲載)をお読みください。

カテゴリーは、 ビザ・イミグレです。     以上





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:15| Comment(2) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする