2018年05月06日

独居老人の生活1181(#26忘れられない旅の思い出:富豪になった気分)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1181
           (忘れがたい旅の記憶‐26:富豪になった気分)


  金を稼げるだけ稼ぎ、 維持できるだけ維持し、

  与えられるだけ与えるのは男の義務である。

                                ジョン・D・ロックフェラー (米国の富豪)


絵にも書けないような美しい風景を眺めて、
「ああ〜素晴らしい!」 と、 感動する。

でも生涯残る旅の記憶は、 思いがけない出来事にあると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。
本日はその番外編‐36(Top‐36)です。            

                 * *

間もなく73歳になるジジイだが、 生涯で2度だけ金持ちの気分を味わったことがある。

それも思いがけなく起こったことで、 嬉しさいっぱいの忘れられない思い出だ。

今日はジジイの自慢話が入るので、 妬み癖のある方はスルーしてください。


@ アップグレード。

ジジイは40代後半、 アメリカで生活していた。
会社の人事異動(転勤)で赴任し、 一人暮らしを満喫。

年に2回、 夏休みとクリスマス休暇を利用し日本に一時帰国。

航空券は4,5か月前に予約、 航空会社はUnitedだった。
当時はまだE-Ticketなるものはなく、 出発期日の1ヵ月前くらいに発券された。

ところが依頼した旅行代理店の社員が、 ジジイの予約を入れ忘れていたのだ。

「Unitedはもう満席、 JALでお願いできませんか?」

 「えー、 Unitedのマイリッジを貯めてんのに...」 とジジイ。

「すみません、JALで何とか...アップグレードさせますから」


仕方なくジジイは初めてJAL(日本航空)利用で、 シカゴ〜成田を往復することになった。

チェックインして驚いた、 座席はファーストクラス。
勿論、 生まれて初めての経験で、 金持ちの気分を味わう。

搭乗して席に着くとシャンペン、 酒類は頼めばすぐに持って来て
くれる。

「眠っていたらxx時に起こして貰えませんか?」

と、スチュワーデスに頼んだら、 ちゃんと起こしに来てくれた。
メグ・ライアンの映画を観たかったのだ。


結局ジジイにとってのファーストクラスはこの時だけ。
今後、 こんなチャンスは得られそうにない。

一生に一度の豪華・空の旅となりそうだ。


               * *


A ピッツバーグ(米国)で富豪気分。

今から24年前、 ジジイはピッツバーグを初めて訪れた。
旅行というのか、 仕事の出張で1泊だけ。

東京本社の副社長が、 ジジイが勤務するケンタッキーの関連会社にやって来た時だ。

この副社長は、 日本出発前から指示を出す。

「ピッツバーグに行きたい、 アレンジしてくれ」

               * *

ピッツバーグは地元のNFLチーム 「スティーラーズ」 の名にも見られるように、 かつては鉄鋼生産の中心地として栄えた。

1970年代にオイルショック、 1980年代中盤の安価な輸入鉄鋼で、 地域の鉄鋼業は衰退。

工場は相次いで閉鎖に追い込まれ、 街には大量の失業者があふれた。

アメリカ鉄鋼産業の衰退は次の本が参考になる。

     pict-鉄鋼産業の崩壊.jpg

                 * *


ではここで1930年前後のピッツバーグの風景をご覧ください。
                          (Newsweek誌より)
pict-DSCN1957.jpg



pict-DSCN1960.jpg




pict-DSCN1962.jpg




pict-DSCN1963.jpg




pict-DSCN1966.jpg




pict-DSCN1967.jpg



しかしピッツバーグは鉄鋼業依存から脱却し、 ハイテク、 教育、 金融、 サービス業を中心とした地域経済へと移行、 従来の活気を取り戻す。

カーネギーメロン大学、 デュケイン大学、 ピッツバーグ大学など、多数の大学があり、 学術都市でもあるのだ。

                * *

本社副社長のピッツバーグ出張の目的は、 USX(現在USスチール)訪問。
USXはジジイが勤める米国会社の取引先、 といってもジジイの会社がお客。

だから気楽なものだ、 加えて懸案事項など何もない。
だが気楽でなかったのはジジイ。

ジジイが随行員として、 気難しい副社長を案内せねばならない。


午前中にピッツバーグ空港到着、 その足でUSXの本社に向かう。
その本社ビルは1970年に建てられた64階建て、ピッツバーグで最も高いビルである。

pict-usx-tower.jpg
  ☝  USスチール・タワー。


General Manager(以下GM)を筆頭に、 担当の課長や社員が待ち受けて歓迎。

英語堪能な副社長は、 もっぱらGMと米国景気や鉄鋼業を話題にして談笑。

随行員のジジイは、 居眠りしないよう注意、 聴いてる振りして
座っているだけ。

30分ほど経った頃か、 突然副社長がジジイに向かって訊く。

「固定費って、 英語でなんて言ったかな?」

 「Fixed costです」

ジジイの仕事はこの一言だけ。
それでもジジイの知っていた単語を訊いてくれたので助かった。


お昼時、 会議室にはランチが用意されていた。
バフェ形式で、 ビール、 ワインなど飲みながら....

この時のGMの愚痴っぽい話が忘れられない。

「夜、 赤ん坊が泣いて、 うるさくて眠れないんです」

50代前半のGMは離婚して再婚。
その相手がUSXの若い社員で、 子供を産んで間がないと言う。

社内不倫はよくある話、 これは日・米、 国は違っても同じか。


               * *


ランチでこの日の仕事は終了。
ホテル(ヒルトン)にチェックイン、 そのあとジジイは一人で街を
散策。

pict-カーソン・ストリート.jpg
             ☝ カーソン・ストリート。


夜7時、 ロビーで副社長と集合。

「俺は風邪気味、 悪いけどホテルのレストランで食おう」

食べ終わると副社長が言う。

「俺は休むから、 一人で遊びに行ってくれ」

この言葉にジジイは心で万歳を叫ぶ。


副社長をエレベーター前で見送ったジジイは、 嬉しさいっぱい、
ホテルの入り口でドアマンに言う。

 「タクシー」

「ご用意してあります」 とドアマン。

 するとやって来たのが大きなリムジン。
pict-リムジン.jpg
        ☝ イメージ画像。


運転手が笑みを浮かべてドアを開ける。

 「普通のタクシーでいいです」

「これはUSXが手配した車、 無料です。
 ご自由にお使いください」 とドアマン。


ならば遠慮は要らぬ、 広い車内を独り占め。
一軒目がライブがあるレストランへ......

二軒目はクラブ(ライブハウス)に行く。
翌日は飛行機に乗ってケンタッキーに帰るだけ。

外ではリムジンが待っていてくれる。
心置きなくグラスを空けてピッツバーグの夜を堪能した。


ホテルに帰ったのが12時前。
運転手に10ドル(約千円)のチップを渡して....

この後は印象が薄く、 ほとんど記憶にない。


ジジイがリムジンに乗ったのは過去3回。
シカゴ、 ゴールドコースト(オーストラリア)。

しかしジジイが一人で乗ったのはこのピッツバーグだけ。
富豪になった気分は、 忘れられない旅の思い出となった。


今後100%、 このような機会はないだろう。

いや、もしあるとしたら.....これか。


               ☟




pict-リムジン2.jpg



pict-リムジン4.jpg
                   ☝
                 霊柩車。



チェンマイって ホントいいですね!

 (追記)
「忘れられない旅の思い出」は、 次回からTop-10に入ります。



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:56| Comment(2) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

独居老人の生活1138(パタヤ健全娯楽観光-3:白人とタイ人女性)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1137
                        (パタヤ健全娯楽観光-3)


  男女の間では友情は不可能だ。

  情熱と敵意と崇拝と愛はあるが、 友情はない。

                            オスカー・ワイルド (アイルランドの作家)


パタヤ3日目、 11時頃ホテルを出たジジイとBさんは、 ビーチ沿いを散歩する。

ブラブラ暇つぶし、 30分ほどしてこのレストランが目に入り、 たまにはこんな処で食ってみるかと....

  「HOOTERS」
pict-P_20180315_122737.jpg


アメリカ生まれのフーターズ、 そのウリは店舗で働くウェイトレス(フーターズ・ガール)のコスチュームにある。

タンクトップに短パン、 オッパイと太ももを見て食欲増進。


pict-P_20180315_115241.jpg




  フーターズガールです。
pict-P_20180315_115259Hooter Girl.jpg


アメリカ国内の435店に加え、 世界の国々に進出。
「Hard Rock Cafe」 と並んで有名なレストランチェーン。


日本では、 2010年に東京・赤坂見附で1号店がオープン。
2017年末現在、 東京4店舗ほか計7店舗を運営している。

                 * *

パタヤにオープンしたのは2016年とか。
  (地図はココをクリック)

  店内です。
pict-P_20180315_113704.jpg
             ☝ 夜はライブが入る。




  テラス席もある。
pict-P_20180315_113712.jpg




同行のBさんがオーダー。
サーモンサラダ:399B、 水が50B。
pict-P_20180315_114313.jpg





ジジイの注文はチキンサラダ:349B。
ドラフトビールが168バーツ/pint。
pict-P_20180315_114322.jpg


上記料金に加え、 サービス料10%、 Vat7%が付く。
で、 この日の勘定は、 合計1,137バーツ(2人分)。


サービス料10%はキツイが、 それなりにウエイトレスのサービスはある。

時間になるとベルが鳴り、 それを合図に店員さんが踊り始める。
これは万国共通のようで、 パタヤ店でもこのように......

                  ☟

pict-P_20180315_115440.jpg


踊るのは1,2分程度、 ジジイには物足りない。
Go Go Barの女の子が..........イイね!


                 * *


ランチ後、 我々が訪れた所がここ。

「アート・イン・パラダイス、 パタヤ」 
  (場所はココをクリック)

同じモノがチェンマイにもあるが、 トリック絵画は別。
暇つぶしに行ってみた次第。

つべこべ説明は省き、 写真でご覧なってください。
  全てジジイが写ってます。
pict-1521107529270.jpg




pict-P_20180315_131928.jpg




  映画 「ローマの休日」 の1シーンを・・・
pict-P_20180315_131550.jpg




  脚部が見えません。
pict-P_20180315_124306.jpg


入場料(大人)は、外国人400バーツ、 タイ人200バーツ。
(注)タイの運転免許証を見せたらタイ人扱いになるのかな?

とにかくこんなところで外国人を差別するな!


                 * *


夕食はホテルを7時に出発 → 海鮮レストランへ。
  (場所はココをクリック)

このレストランの向かいにはこんなComplexがある(目印)。
                   ☟
pict-P_20180315_203339.jpg




   店内。
pict-P_20180315_201108.jpg
        ☝ 客の白人男性とタイ人女性2人。




我々の注文は、 魚の塩焼き:350B、
海老のアスパラ炒め:180B、  Beer Chang小瓶:70B。

pict-P_20180315_195127.jpg
               ☝ 魚の塩焼き。


上記の価格にサービス料7%がチャージされる。
この日の夕食代は、 2人分合計で739バーツ。

                 * *

ジジイは食べていて、 ふと気づいたことがある。
お客にファラン(白人)とタイ人女性のカップルが多いこと。

以下、 写真でそれを検証してみましょう。


pict-P_20180315_201159.jpg





   ここも・・・
pict-P_20180315_201133.jpg




  こっちも白人とタイ人女性。
pict-P_20180315_201056.jpg





  オッサンが若いタイ人女性を連れている。
pict-P_20180315_192327.jpg





 エアコン席も同じ、 みな爺さんと若い女のカップル。
pict-P_20180315_192337.jpg




おっと失礼、 若い女性ばかりじゃなかった。

                ☟


pict-P_20180315_192320海鮮.jpg
       ☝ 爺さんと若いタイ人男性のカップル。  



どうなってるんだ、 この店は?
この界隈では、 白人がタイ人の女性や男性と結ばれる?


                 * *


ならばと海鮮レストランのすぐ近く、 並びにあるBarに突入。
ライブもやっており、 聴きながら飲むだけでもイイ。

pict-P_20180315_210504ライブ.jpg




  ライブバンド、 演奏は懐メロポップスが多い。
pict-P_20180315_210526.jpg




  タイ人の女の子を連れて来る客。
pict-P_20180315_211049.jpg





1時間近くライブを楽しみ、 Barを後にする。
店の前の道路は一方通行、 で、ビーチ側道路まで歩く。

pict-P_20180315_203059.jpg





この通りにもBarがたくさん、 一夜の男女が巡り合う。

pict-P_20180315_203125.jpg
     ☝ それにしてもこの界隈はファランばかりで....


                  * *


怪しげな男女の雰囲気に刺激を受けて......
超真面目人間・Bさんとホテルで別れ、 ジジイ1人がWalking Streetへ。

で、 探し当てたのがこの Go Go Bar。
 「The Windmill Club」

pict-P_20180315_224257.jpg
          ☝ ドラフトビールが80B/杯。


チェンマイを引退し、 日本に戻られた元パタヤ視察団・団長(77歳)が推奨する店。

「海鮮ばかり食ってないで、 ここが美味しいよ!」

こんなLineが日本から届いたのだ。

なるほど行ってみて分かった。 
元団長好み、 真っ裸でショー的なこともやる。


残念、 ジジイの好みの女は皆無......
数が多きゃあイイッてもんじゃない。

夜遅くなり疲れも....ここ1軒だけの探訪でホテルに戻る。


今日もパタヤ健全娯楽観光の ”真髄” をレポート。









 アホみたい.....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:46| Comment(9) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

独居老人の生活1137(パタヤ健全娯楽観光-2:水と戯れる)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1137
                       (パタヤ健全娯楽観光-2)


    東海の  小島の磯の白砂に

    われ泣きぬれて  蟹とたはむる

                                             石川啄木 「一握の砂」 より


昨日(3月14日)、 ホテルを出発したのが午前10時15分。
この日はラーン島観光ということで、 桟橋に向かう。

桟橋に入ったところでジジイの記念写真。
パタヤの文字を背景に.....

pict-1521064544223.jpg
       ☝ 醜い顔は隠します。




約50分でラーン島到着。
同行のBさんと共に目指すは馴染みのSeafood Restaurant。

ビーチに面するこのお店、 店主兼シェフが出迎えてくれた。

pict-P_20180314_150754.jpg




Bさんにとってこの店は初めて。
ジジイがこの貝が旨いよ..などと説明する。

 でジジイが注文、 貝の名称不明:250B。
 Beer Chang大瓶:120バーツ。
pict-P_20180314_115712.jpg




  Bさんとシェアすればと・・もう1つ、 250B。
pict-P_20180314_121248.jpg
                  ☝ 
    貝類を食べないBさんは一口だけ味見して終わり。
    結局ジジイがほとんどの貝類を食うことに.....




  で、 Bさんが注文したのがこの魚:500B。pict-P_20180314_120759.jpg




 野菜補給でソムタムとイカの炒飯(120B)。 
pict-P_20180314_120403.jpg




ここの店は桟橋から1番遠い位置にあり、 且つ値段が高めとあって込み合うことがない。

それでも白人、 韓国人、 中国人の客などで千客万来。
ところがこの日は違った。


pict-P_20180314_124240.jpg
           ☝ 店の前はインド人ばかり。




  となると店内もインド人でいっぱい。
pict-P_20180314_123755.jpg
                  ☝ 
  店内は、 ジジイたちを除き全てインド人という状況。
  彼らはこの店のロッジに泊まっているようだ。


                 * *


店の前のビーチでは、 海と戯れる中国人が色んなポーズ。
水着姿だが泳ぐわけじゃない。

pict-P_20180314_133434.jpg





 このオバさんも水際だけ、 海の中には入らずじまい。
pict-P_20180314_133424.jpg
         ☝ 浮かれて踊ってんのかい?




こっちも足首まで......

”西海の 小島の磯の白砂に  われ歓びて 水とたはむる”
                 ☟
pict-P_20180314_132340.jpg




やっと見つけた、 海水に入っている人を....
自撮りに夢中?  温泉気分か。

              ☟

  せめて肩まで水に浸かって欲しいな。
pict-P_20180314_133107.jpg
     ☝ オシッコしてんじゃないかと思う。


                * *


ラーン島桟橋を午後4時に出る → パタヤに着いて驚いた。

どっと船から降りる乗客 VS これから乗船する人々。
もう夕方の5時、 こんな時刻から島に行って何するんだろう?

  中国人の団体さんが押し寄せる。
pict-P_20180314_164847.jpg




  ジジイたち、前に進むにも大渋滞で・・・
pict-P_20180314_164900.jpg


                 * *


ホテルに着いてジジイは夕寝1時間、 疲れをとる。
そして夜8時ホテルを出発。 晩飯は何にしようか。

向かった先はセントラル・パタヤ。
この地下1階のフードパークで夕飯だ。

pict-P_20180314_204759.jpg




  Bさんはポークスパゲティー:70バーツ。
pict-P_20180314_204322.jpg




  ジジイは鉄板焼きで・・・
pict-P_20180314_204737.jpg




  ポーク鉄板焼きセット:135バーツ、
  ビール大瓶(シンハー):90バーツ。
pict-P_20180314_205445.jpg


               * *


腹ごしらえした後は、 セントラル近くのライブハウスへ....
歩いていたら、 たまたま音楽が聴こえて飛び込んだ。

  初めて来た店。
pict-DSCN3537.jpg




  演奏曲は懐メロポップスが多い。
pict-P_20180314_214145.jpg
                 ☝ 
   客は白人がほとんど、 その連れのタイ人女性がちらほら。




 Beer Chang小瓶:120B、 だが追加の1本は無料。
pict-DSCN3540.jpg
      ☝ ジジイは勿論追加、 120Bで2本飲んだ。


                * *


ホテルに戻ってさあ寝ようとベッドに入った時である。
0時を過ぎている時刻にドアをノックする音。

Bさんかと思ってドアを開けると白人の爺さんが立っている。
上半身が裸でバスタオルを肩にかけて.....

下はトランクス1枚、 何やらブツブツ言う。
気持ち悪いのですぐさまドアを閉めて30秒ほど経過。

隣のBさんの部屋に向かうのでは..と心配になり、 ジジイはそっとドアを開いて覗いた。

するとその気配でまたその爺さんがジジイの部屋にやって来る。
で、 またブツブツ1人で喋りまくる。

「何かあるなら1階のレシェプションに行ってくれ」

何だよこの爺さん、 ホモかよ!


ドアをバタン....パタヤで寂しくジジイが1人、 眠りについたので
あります。



ということで、 パタヤ健全娯楽観光2日目が終了。


それじゃあ読んでても面白くないって?

そう、 本ブログらしからぬ愚行。









 健全って....退屈なもんですわ。


チェンマイって ホントいいですね!

  



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:13| Comment(0) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする