2020年08月20日

独居老人の生活1977(パタヤ南部の観光)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1977(パタヤ南部の観光)


 少し食べ、 少し飲み、 そして早くから休むことだ。

 これは世界的な万能薬だ。
                             ウジェーヌ・ドラクロワ (フランスの画家)


まずはチェンマイ発4事件から。

@ 中国人18人の密入国(チェンライ)。

8月19日、入国管理局審査官がプレスに発表。
不法入国した中国人18名をチェンライ県で逮捕した。

不法移民がラオス側からボートで密輸されたいう情報を得て、 チェンセーン入国管理局の調査チームがメコン川周辺を捜査。

保健所は18人に対し検温、 武漢肺炎の兆候を示す者はゼロ。
タイは86日間、 市中での新規感染ゼロを更新中。

しかし怖いのはこのような近隣国からの不法入国者で、 感染している可能性がある。

加えてイミグレ警察はこの不法入国に関わった組織があるとみて、 彼らの携帯電話などを調べている。

中国人18人のタイ入国の目的や、 彼らが中国の何処から来たのかは不明。  (Ptattaya News より)


ホント、 もっといっぱい知りたいことがある。

・中国人はタイで何をするつもりだったのか?
・チェンセーンから何処に向かうつもりだったのか?
・彼らは中国の何処の住民か?


  ********************



A トラックから豚走、 道路は渋滞(チェンマイ)。

pict-Pigs run amok, bring traffic to a standstill.jpg


8月18日、 輸送中のピックアップトラックから2匹の豚が逃げ出した。
このためチェンマイ県政府センター(ココ)近くの交差点は大渋滞。

チャンプアク警察が駆けつけ、 1時間かけて2匹を ”逮捕”。

輸送していた運転手が言うには、 余りにも多くの豚を詰め込み、 逃げやすくしてしまった。  (The Nation)


  *********************



B ピン川から複数の傷を負った女性の遺体(チェンマイ)。

pict-Ping River.jpg


8月18日、 ピン川のナワラット橋近くで女性の遺体を発見。
年齢は推定40代前半、 白のT-シャツを着ており、 死後2日ほど経過。

遺体の頭と顎には何か硬い物で殴られたような傷がある。
さらに体には ”いくつかの傷穴” があり、 傷口から血がにじみ出ていた。

警察は、 何者かが彼女を襲い、 犯罪隠蔽ために遺体を川に投げ込んだものと見ている。

行方不明者捜査願いをチェック、 被害者の特定を急いでいる。
    (The Nation)

  ***********************



C 女子大生の自殺(チェンマイ)。

8月15日、 彼女の寮の部屋で遺体を発見、 首つり自殺だった。
彼女の実家はメーホソン、 大学で学ぶためチェンマイに居住。

pict-hanged herself in Chiang Mai.jpg


事件を警察に通報した彼女の友人は、 彼女は1か月間ずっと1人でいたという。

友人たちは、 彼女の部屋の明かりが点灯したままで不審に思い、 彼女のボーイフレンドに連絡、 部屋のドアを開けた。

自殺した彼女は妊娠しており、 加えて恋人と喧嘩別れ、 更に父親は重い病気、 お金もなく切羽詰まっていたのだろう。

警察は、 このようなストレスが重なり、 絶望感から自殺に至ったもの推定している。  (The Nation)


ああ、 気の毒に....
ジジイに相談してくれれば何とかしてあげられたかも。

タイでは妊娠中絶は違法、 但し出産で母体に危険が及ぶ場合や、 性犯罪による妊娠の場合は中絶が認められている。

それ以外は、 闇とか薬で堕胎する、 しかしはなはだ危険。
で、シングルマザーになるのだが、 相手の男は大概逃げる。

そんな苦境のタイ人女性を援助する...ここに日本人爺さんの出番があるわけだ。


  *********************



D パタヤ南部の観光。

昨日(2020年8月19日)はパタヤ最後の日。
午後12時にホテルを出発、 タクシーでウタパオ空港へ向かう。

但し、 ジジイのチェンマイ行きフライトは16:45発。
時間はたっぷり、 途中で観光しながら空港に行こうという計画だ。

運転手と交渉し、 途中休憩(観光)込みの750バーツで妥結。

まず立ち寄ったのがタイ人に人気の 「Pa Pa Beach」 (ココ)。

    入り口。
pict-1597886890692.jpg



  ビーチを眺めながら食事する高級レストランだ。
pict-P_20200819_123311_vHDR_On.jpg



pict-P_20200819_123403_vHDR_On.jpg



pict-P_20200819_123504_vHDR_On.jpg



   団体さんだって来ている。
pict-P_20200819_123449_vHDR_On.jpg



    女の子同士でも・・
pict-P_20200819_132142_vHDR_On.jpg



  で、ジジイが注文、 サーモンステーキ:380バーツ。
pict-1597887083905.jpg

ビアチャン小瓶が160バーツとお高い。
さすがに飲んだのは1本だけ。

クレジットカードは2000バーツ以上しか利用できず、 現金で...
年中無休、 営業は9:30〜20:00

              * *

レストランから下に行く階段、 下には撮影スポットがあるという。
レシートを見せなきゃ下りられない。

pict-P_20200819_132129_vHDR_On.jpg



ジジイも興味本位で....
中腹に広場が設置されて、 ここで海を背景にパチリ。

pict-P_20200819_132304_vHDR_On.jpg



さらに下に行くとこんなのが幾つか、 そこでまたパチリ。

pict-P_20200819_132426_vHDR_On.jpg


おそらく客のほとんどはタイ人であろう。
こんな写真を撮るのが好きなようで、 並んで待って撮影していた。

現在、 中国人など観光客がいないからまだ救われた。
彼らが押し寄せて来たらごった返して大変だろう。

興味あればビデオでどうぞ ☟
https://www.youtube.com/watch?v=yS0f5eirH14

                * *

次に立ち寄ったのが 「カオシーチャン大仏壁画」。
               (地図はココ

  pict-1597886861134.jpg
       ☝ ジジイの記念写真。



      園内にある菩提樹。
  pict-P_20200819_141556_vHDR_On.jpg



   こちらは本物のブッダ、 タイ人は熱心に拝む。
pict-P_20200819_141008_vHDR_On.jpg


入場は無料だった。   営業は朝6時〜夜9時、 無休。

詳細説明は ☟
https://tokuhain.arukikata.co.jp/bangkok3/2019/05/post_36.html         

              * *

ウタパオ空港には午後3時15分に到着。

チャーターしたタクシー運転手には約束の750バーツに、 チップ150Bをプラス、 合計900バーツを渡す。

観光料金を考えれば安いものだ。

ということで、 ジジイの5泊6日、 コロナ禍パタヤの休日は終了。
昨年10月以来の遠出だった。


予定通り午後6時、 チェンマイ空港に到着。
空港 → 自宅まではタクシー(150バーツ)で...




チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:26| Comment(2) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

独居老人の生活1976(のんびりパタヤ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1976(のんびりパタヤ)


 己の魂の資産を改善する時間を有するものは

 真の閑暇を享楽する。
                          ヘンリー・デイヴィッド・ソロー (米国の作家)


@ 噂の人々はすべて陰性を確認(チェンマイコロナ情報)。

チェンマイ県知事らが記者会見し、 感染の噂が出ているが心配しないようにとコメント。

pict-Governor insists no one has tested positive.jpg


『マレーシアの観光客のグループがチェンマイに到着した後、噂は街中に広がっている。

コロナ感染のマレーシア人男性(46)と接触した女性らを検査、 全員の陰性を確認した。

不法入国した43人のミャンマー人は既に逮捕されている。
彼らを(コロナ)検査 → 陰性を確認。

しかし43人は14日間の隔離となり、 今後は法の裁きを受ける。
チェンマイ県内では新規感染なし、 安心して欲しい』


  **********************



A PCR検査がすぐ受けられる病院リスト(日本)。

タイに入国するにはコロナに対する陰性証明書が必要だ。
健康体の人を対象に、 PCR検査を実施する病院があるという。

「週刊現代」 今週号がその病院を全国からリストアップ。
健保適用なし、 若干お高いがそれでも2、3万円からOK。

全て予約が必要、 PCR受診の理由を聞かれるそうだ。
尚、 各病院の電話番号はご自身でお調べください。
 (現代には記載ありだがここでは省略)

pict-DSCN7267.jpg


pict-DSCN7274.jpg


pict-DSCN7269.jpg


pict-DSCN7270.jpg


pict-DSCN7271.jpg


pict-DSCN7273.jpg


 ☆ は抗体検査、  ★ は抗原検査 も実施。
 陰性証明書発行には、 別途料金がかかる場合がある。

(注)陽性が確認された場合、 保健所に連絡される。

                 * *

現段階で外国人がタイに入国する場合、 次の3点を準備することが必要になろう。

A. 10万ドル(約1千万円)カバーの医療保険。
B. コロナの陰性証明書。
C. 政府指定のホテルを予約
  (入国後14日間の隔離が条件の場合)


タイ国際航空は現在、 タイ〜日本ルートを運休中だが、 10月から運航再開を予定している(が再延期になるかも)。

ジジイは10月、 同航空で日本への帰国を予定している。
それは簡単だが問題は帰タイで、 遅くとも12月初旬にはチェンマイに戻りたい。

上記3点が要求されるなら、 用意するつもりでいるが...
それにしても日本のコロナ収束、 いつになるんだろう。


参考までに:
「まめクリニック」 (東京・九段下と池袋東口)もPCR検査を実施している。
        ☟
https://mame-clinic.jp/pcr


東京でPCR検査を受けれる医療機関の値段:
            ☟
https://ningyocho-cl.com/pcrkensa-hikaku-tokyo/


  **********************


B パタヤでは食って飲んで寝てるだけ。

8月14日からパタヤに滞在中、 昨日(18日)は観光も何もせず。
午前中は部屋でニュースを読んだりブログを書いたり。

12時過ぎ、 昼食のため外出、 ホテルから徒歩6,7分でカオマンガイの店に到着。  (地図はココ

pict-P_20200818_130550_vHDR_On.jpg



   カオマンガイとソムタムを食う、 合計80バーツ。
pict-P_20200818_124010_vHDR_On.jpg
        ☝ ビールは斜め前のコンビニで購入。



   お店の経営者だろう、 美人姉妹、 姉(右)は妊娠中。
pict-P_20200818_125850_vHDR_On.jpg

             * *

ホテルに戻って昼寝、 夕方からプールで水泳。
で、夕食はこれまたホテル近くの店に行く。

店名 「Leng Kee」 海鮮とダックがウリのレストランだ。
年中無休の24時間営業。   (地図はココ


   店内はガラガラ、 従業員が作業をしている。
pict-P_20200818_200023_vHDR_On.jpg



  カニ入りチャーハン:120バーツ。
pict-P_20200818_195831_vHDR_On.jpg
      ☝ Beer Chang大瓶:100バーツ、 2本飲む。



    豆腐:100バーツ。
pict-P_20200818_200011_vHDR_On.jpg

クレジットカードで支払った。

               * *

食事後 「ヒルトンホテル・パタヤ」 へと向かう、 「セントラル」 と同じビルにある。
読者Tonyさんから 「屋上のバーからの夜景が綺麗」 とのコメント。

しかし着いてみると、 1階のヒルトン入口はロックされている。
休業中とは思えないが...ジジイの行き方が間違えていたのかも。

諦めてホテル近くに戻り、 今宵もまたライブを楽しむ。
ロックバンドが演奏していた店に初めて入った。

     Beer Chang小瓶:95バーツ。
pict-P_20200818_212825_vHDR_On.jpg



ジジイは道路に面した席に座り、 通行人をウォッチング。
「密」 を避けて...なのでまだ1度もGo Go Barには行っていない。

ここで気付いたのが、 物売りが頻繁に通ること。
勿論、物乞いも2人ほどやってきたが...

  商品を積んで押して歩いて、 どこに行くんだろう?
pict-P_20200818_214530_vHDR_On.jpg


    こちらは手に持って歩く。
pict-P_20200818_214214_vHDR_On.jpg



pict-P_20200818_214804_vHDR_On.jpg



pict-pict-P_20200818_214328_vHDR_On.jpg



pict-P_20200818_214824_vHDR_On.jpg
       ☝ みな生きるために懸命に働いている。
         コロナ不況で大変な苦労だと思う。



     麺類の販売。 これは止まっていた。
pict-P_20200818_221823_vHDR_On.jpg



     昆虫の販売。
pict-pict-P_20200818_222054_vHDR_On.jpg



   ポーク。
pict-pict-P_20200818_222021_vHDR_On.jpg


元気に毎日、 飲んで食ってブラブラ、 ジジイは幸せだと思う。
それでいてイイ女がいたら...なんと欲張りなことよ。

               * *

宿泊したホテルは 「D Hotel」   (地図はココ
agodaで予約、 820バーツ/泊(約2,800円)、 朝食なし。

日本人の客が多いのか、 エレベーターの所にこんな貼り紙が...              
「日本のお客様が大好きなD Hotel スッタフより」 とある。

pict-DSCN7254.jpg


夜の女を部屋に入れる場合は、 女の IDカードをフロントに預けることになっている。


チェンマイ在住の友人がバンコクのホテルに宿泊。
長年の恋人(素人のOL)が仕事を終え、 ホテルに行った時のこと。

恋人はホテルスタッフから 「IDカード」 を求められた。
夜の女に間違えられた彼女、 友人の前で泣いたという。


部屋は清潔、 広くて文句のつけようがない。
部屋の中に流し(キッチン)があって便利だった。

但し湯舟がなくシャワーのみ、 これがちょっと残念だが...
プールは屋上にある、 今回はジジイの貸し切り状態だった。

     部屋の内部。
pict-P_20200816_074026_vHDR_Onホテル部屋 (3).jpg



  pict-P_20200816_074026_vHDR_Onホテル部屋 (1).jpg



pict-P_20200816_074026_vHDR_Onホテル部屋 (2).jpg



5泊とも全て1人で眠る。 誰1人、部屋に入ることはなかった。
              ☟
  pict-P_20200816_074026_vHDR_Onホテル部屋 (4).jpg


ホテルは通りから20mほど奥まった所にがある。
なので通りは賑やかだが部屋の中は静か。

界隈には、 レストラン、 バー、 ライブ、 アパートなどが立ち並び、 白人の爺さんがそこら中にいる。

今回が初めての宿泊だが、 上記の料金ならまた利用したい。
これまではWalking Street のすぐ近く、 「Dream Hotel」 を定宿にしていた。

しかしコロナでWalking Street は沈滞して静か。
ならばとこちらの地域を選んだ次第。


皆さま、期待されていたかも...女の話がなくて申し訳ない気持ち。

嘘偽りなく女っ気なし、 毎晩1人、 真面目なパタヤの夜。

それでも.....





パタヤは 楽しいですよ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:34| Comment(8) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

独居老人の生活1975(白人爺さんの街)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1975(白人爺さんの街)


 老後 一日も楽しまずして空しく過ごすは おしむべし

 老後の一日、 千金にあたるべし

    もうあくせくと働くことはない。
    こんな贅沢な老後の一日、 楽しまなくてどうしよう。
    あれもしたい、これもしたい、値千金の一日である。

                          貝原益軒 (江戸時代の本草学者、 儒学者)


@ コロナ禍の現在、 タイは世界一安全な国(旅行先)。

調査したのはベルリンの 「ツアーレーン社」。
今、 安全な旅行先はどこかをテーマに8月10日に調査を実施。

同社はデータを集め、 さまざまな測定基準で分析。
日照時間、 欧州疾病予防管理センターが発表した14日間の新規感染率などをベースにした。

ランキングには、 各国の人口密度とそのIHR(国際保健規制)スコアを考慮。 
(注) IHR : International Health Regulationsの略。

そして公衆衛生上のリスクと国家の緊急事態に対応する国の能力、 加えて国際的な関心度を評価。

その結果、 第1位に輝いたのがタイで、 最も安全で魅力的な旅行先として評価された。

世界で最も安全な目的地トップ10は次の通り。
               ☟
タイ、 ヨルダン、 フランス領ポリネシア、 ギリシャ、 ウルグアイ、 
イタリア、 カンボジア、 日本、 アイルランド、 ボツワナ。

嬉しいことに日本が8位にランクイン。
中国・韓国がランク外、 どうしてかな?

残念ながら、 トップのタイは観光客の入国を制限している。
行きたくても行けないタイランド、 旅行者は歯痒い思い。
   (source : The Nation)


  **********************


A ベトジェットが割安キャンペーン中(タイ)。

”It's time to Vietjet" from just THB 0 の謳い文句でキャンペーン中。

対象はスワンナプーム空港から10の空港を結ぶ国内便。

売り出すのは10万枚の航空券で、 THBが0(但し税金、 手数料別途)ということは、 無料なのかな?

勿論、 スワンナプーム空港〜チェンマイ、 チェンライ便は含まれている。

予約は2020年8月17日〜21日まで、
毎日12:00〜14:00で受付中。

skyfun.vietjetair.com
www.vietjetair.com

利用できるフライト期日は、 9月15日〜12月31日まで。

詳しくは旅行代理店かネットで...   (source : Bangkok Post)


  **********************


B 飲んで食って寝るだけのパタヤ。

昨日(8月17日)はお昼にホテルを出発、 海鮮レストランに行く。
店名 「Mum Aroi」、 タイ人に大人気の店。  (地図はココ

ラン島で行きたかった馴染みの海鮮レストランが撤退していた。
このところ訪れるレストランには外れが多く食欲に不満。

ならば地元で人気の店なら間違いなかろうと...
場所が遠いのでソンテウと交渉、 200バーツを150に値切っていざ出発。

pict-DSCN7252.jpg
                   ☝
  1人で150バーツ、 3人でも150、 1人はこんなとき損だ。


15,6分走って目的の店に到着。
     入り口。
pict-P_20200817_123628_vHDR_On.jpg



やはりビーチ際のテーブルがベスト、 汐風が気持ちいい。

pict-DSCN7250.jpg


pict-DSCN7251.jpg



     メニューには刺身まであった。
pict-P_20200817_130342_vHDR_On.jpg



     寿司もある。
pict-P_20200817_130502_vHDR_On.jpg



和食の普及は嬉しいが、 ジジイはこの店ならではの料理を注文。

    海鮮サラダ:250バーツ。
pict-P_20200817_130553_vHDR_On.jpg
        ☝ 貝類も入ってボリュームがすごい。



だったらソムタムを注文するんじゃなかった。
    カニ入りソムタム:80バーツ。
pict-1597651910929.jpg

ビールはシンハー大瓶:160バーツ。
ジジイは2本空けた。

とにかく1皿の量が多くて腹が満杯、 ソムタムは食べきれず。
それでもビールで海鮮に舌鼓、 今日の食事は大満足。

タイ人がグループで来ていた通りで、 各料理をシェアして食せば色んな料理を堪能できる。

勘定は手持ち現金不足のためクレジットカードで支払う。

そして来た時に乗ったソンテウに電話、 迎えに来てもらう。
料金は行きと同じで150バーツ(往復で300Bの支払い)。

               * *

ビール大瓶2本飲んだ上にたっぷり食って満腹。
ホテルに戻り昼寝で爆睡 → 起きたら午後6時20分だった。

夜8時、 ホテルを出発、 ソンテウ(20バーツ)でウォーキングストリートへと向かう。

夕飯は、 パタヤ来訪時は必ず行った 「Beer Garden」。
   (地図はココ)     (Street Viewはココをクリック)

シャターが下りており、 ここも撤退したかと思ったが....

武漢ウィルス以前は店の前に大きなビアバーがあった。
                  ☟
pict-DSCN7924.jpg



   撤退したのはBeer Garden前のバーだった。
pict-P_20200817_203033_vHDR_On.jpg



「Beer Garden」 に入ってみると...

     コロナ以前はこんな光景だった。
pict-Beer Garden.jpg


pict-DSCN7932.jpg
             ☝ 2016年に撮影。



    今回はコロナのお陰、 見事に空いている。
pict-1597719825464.jpg



    テーブル席も空いていた。
pict-1597719851148.jpg



    注文はフライドポーク:150バーツ。
pict-P_20200817_210958_vHDR_On.jpg

Beer Chang小瓶が95バーツ、 2本空けた。

ランチで訪れた 「Mum Aroi」 は満席に近かったが...
タイ人に人気の店はコロナ関係なしか。

しかし観光客で繁盛する 「Beer Garden」 はコロナの影響をもろに受けている。

                * *

寂しいWalking Street を歩く気にもなれず、 ホテル近くの盛り場に移動。

宿泊したホテル界隈には、 バーやライブハウスが立ち並ぶ。

今宵はライブのバーで仕上げのビール。
音楽に引き込まれるようにこの店に入る。 (地図はココ
                 ☟
pict-P_20200817_231016_vHDR_On.jpg  



    欧米のポップスを演奏。
pict-P_20200817_220109_vHDR_On.jpg
        ☝ 客は白人の爺さんがほとんど。



ジジイは密を避けて道路に面したカウンターで飲む。
Beer Chang小瓶:55バーツ。

  ジジイの右隣の爺さんには顔馴染みがやって来て・・
pict-P_20200817_221217_vHDR_On.jpg



左隣の爺さんは店員さんと話が弾み、 カウンターからテーブル席に移動、 2人で座って話し込んでいた。
                  ☟
pict-P_20200817_222836_vHDR_On.jpg



   バイクタクシーが待機、 200m置き位に屯している。
pict-P_20200817_225227_vHDR_On.jpg



ジジイ1人で飲んでいても全く退屈しなかった。
というのも真ん前のバーの女の子たちを眺めていたから。

   カウンターから映画を観ている感じ。
pict-P_20200817_223329_vHDR_On.jpg



流れてくる音楽に合わせてリズムをとる女性、 爺さんが前を通ると皆して声を掛ける。
                   ☟
pict-P_20200817_220050_vHDR_On.jpg



ジジイは飲みながら1時間半ほど見ていたが、 客は1人も入らなかった。

pict-P_20200817_225650_vHDR_On.jpg


彼女たち、 今夜の収入はゼロかも....

この界隈にはアパートやゲストハウスがいっぱいある。
白人爺さんたちは徒歩で店に来て、 飲んで時間を潰して帰宅するのだろう。

55バーツでビールを飲み、 ライブを聴いて、 女の子をからかい...
たまにはセックスも....

中国人の姿が見えないパタヤ。
代わりにここでは白人爺さんがウヨウヨ。

パタヤは彼らにとって、 余生を楽しむ街になっている。




チェンマイとどっちがイイかな?


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:56| Comment(0) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする