2017年11月30日

独居老人の生活1045 (#23忘れられない旅の思い出:招かざる客)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1045
               (忘れがたい旅の記憶‐23:招かざる客)


 名誉と独立を好む国民はすべて、 自国の平和と安全は

 自分自身の剣によることを意識すべきである。

                                   ビスマルク (ドイツの政治家)


絵にも書けないような美しい風景を眺めて、
「ああ〜素晴らしい!」 と、 感動する。

でも生涯残る旅の記憶は、 思いがけない出来事にあると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。
本日はその番外編‐33(Top‐33)です。   

                  * *

ジジイがペシャワールに行ったのは38歳の時だったか。
てことは今から34年前ってことになる。

5月の連休を利用しての旅、 11日間程度だったような.....
ペシャワールといえばアフガニスタンとのパキスタン国境の街。  


pict-ペシャワール.jpg       
         ☝ 白の矢印がペシャワール。


当時治安もよく、 昼夜にわたって普通に街を見て歩いた。
夜といっても酒場があるわけでもなく、 カフェで茶を飲む程度。


では33年前のペシャワール、 街の風景をご覧ください。

  38歳頃のジジイが写ってます。
pict-DSCN0581ペシャワール.jpg




  なんか埃っぽい街という印象が残っている。
pict-DSCN0583.jpg




当時のジジイはメタボにあらず。  懐かしい!

pict-DSCN0582.jpg




pict-DSCN0584.jpg


では、 ペシャワールの忘れられない旅の思い出といえば.....

アフガンとの国境にあるのがカイバル峠。
ジジイはその峠を越えたわけではない。

アフガン難民が峠を越え、 パキスタンにやって来たのだ。

   pict-現在のカイバル峠.jpg


最初にアフガン難民が問題になったのは、 1979年12月のソ連軍によるアフガニスタン侵攻の頃。

最初に60万人の難民が発生し、 1990年までにパキスタンに330万人が押し寄せた。

欧米は難民支援のため、 1979年から約20年間で10億ドル以上の資金を提供したという。

で当時、 既にパキスタンにはアフガン難民キャンプがあった。
ジジイはそこを見学.....いや物見遊山で訪れた。

                   ☟

pict-DSCN0585ペシャワール・アフガン難民キャンプ.jpg
         ☝ 中央がまだ若かった頃のジジイ。
           生まれて初めて見た難民キャンプ。

難民の人々も暇だったようで、 ジジイたち一行(11人)を興味深く眺めていた。

当時からジジイは社会主義、 共産主義が大嫌い。
ベトナムのボートピープルは、 社会主義・北ベトナム勝利の産物。

日本のマスコミ・進歩的文化人が平和、平等と喧伝していた社会主義。  そのソ連の侵略が、 このアフガン難民を生み出した。


朝日新聞の記者や文化人はこのキャンプに来て、 1年間、飯炊きでもやって助けてみろ....ジジイは難民を見ながらそう思った。

これがペシャワール、 忘れられない旅の記憶である。

                * *

難民は何もアフガニスタンだけとは限らない。
ご存知の通り、 欧州を目指すアラブ難民は引きも切らず。

そしてアジアでは今、 この人たちだ。

  ロヒンギャ難民。          (ニューズウィークより)
pict-ロヒンギャがタイに大量流入.jpg
        ☝ 大勢が船に乗って押しかける。


運よく辿り着いても、 自分たちの国、 安寧の場所があるでもなし。
難民キャンプのように1ヵ所に収容され、 その日の食い物を貰って糊口を凌ぐ。

並んで食料を待つロヒンギャの難民たち。

pict-DSCN2629ロヒンギャ.jpg


pict-DSCN2630.jpg


余りに長い列なので1枚では収まらず。
上下の写真を左右に繋いだ感じでご覧なってください。

しっかり安定した ”我が国” というものが無い人々は過酷な運命に曝される。

                * *


アジアと言っても、 ロヒンギャだけとは限らない。
船が流されて着いたのか、 漁民かそれとも工作員か?

11月23日夜、 由利本荘港(秋田県)に8人が乗った船が漂着。
全長20m程の粗末な木造船....これで約1ヵ月漂流した由。


 北朝鮮の船だ。
pict-DSCN2700.jpg
          ☝ 「週刊新潮」 今週号より。


イカ釣り漁船だったようで、 北朝鮮人8人は保護された。

しかしこの船は本庄マリーナに係留されていたが、 吹雪の悪天候の中、 忽然と姿を消してしまった。

色々調査・研究しなきゃあならない証拠物が簡単に.....

波の穏やかな奥の桟橋に移動しておけばよかったのに...こんな
悔恨が聞かれるという。


ナーニ、 日本は平和ですから...そんなボロ船、要りません。

                * *


その3日後の26日、 今度は男鹿半島(秋田県)に木造船が漂着。
平底で全長7m、 これは密航船の疑いがあるという。

                   写真は 「週刊文春」 今週号より。
pict-DSCN2682.jpg



pict-DSCN2680.jpg

                  ☝
 残念ながら北朝鮮人民8人は全員白骨死体、 密入国に失敗。

                 * *

このような小さな船でも、 海を渡って日本にやって来る。

北朝鮮が兵器化した天然痘ウイルスを持つというのは国連の専門官の間でも常識。 飛沫感染でもうつるそうな。

独裁国家・北朝鮮に有事があれば、 ロヒンギャ難民の如く大挙して日本に押し寄せるかも。

いや有事でなくとも偽装難民がウイルス菌をばら撒きに.....
それが難民か工作員か戦闘員か....見分けが難しい。

日本はそんな時、 どう対応するんだろう?

               * *

パキスタンのように、 日本が難民キャンプを作って生活させる?
長い列で食い物を待たせると、 必ず文句が出るぞ。

粗末なテントやプレハブ、 気にくわない食べ物を提供してみろ。
先進国・日本は人権無視、 人権侵害だと言って騒ぐぞ。

寄生虫もたくさん持っている。  疫病が蔓延するぞ。
彼らは日本政府に言う、 早く治療して・・・・!


難民も騒ぐが、 それよりもっとひどい奴が日本にいる。
正義の味方・朝日新聞はけしかけて、 世界中に日本の悪口を
言い触らす。

福島瑞穂は国連の人権委員会と組んで、 胡散臭いレポートを
書かせるだろう。


先日秋田県に北朝鮮の船2隻が漂着し、 33年前に見たアフガン
難民キャンプを思い出した。


ジジイはイイ国に生まれたよ......のどかで平和な日本、











 さあ、 ”もり、 かけ” でも食うか。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:01| Comment(2) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

独居老人の生活970 (パタヤ貧困女性調査団・まとめ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活970
                  (パタヤ貧困女性調査団・まとめ)


     パタヤは女ならでは夜の明けぬ街


昨夜(8日)8時前、 予定通りパタヤ → チェンマイ到着。
ホテルのチェックアウトは何ら問題なく、 キーを返しただけ。

宿泊したホテルは 「Dream Hotel」。
場所は昨日、 本ブログでご案内済み。

ロケーションよく、 値段も800B/泊と手ごろ。

ルームサービス(掃除婦)の不可解な請求を除けば、 ジジイ
お奨めのホテルといえる。


 部屋は清潔。  エアコンも問題なし。
pict-DSCN1825.jpg




 トイレも清潔。
pict-DSCN1824.jpg




 ネットの接続に問題なし。
pict-DSCN1823ドリームホテル.jpg





4泊ともベッドはこの状態。
1人寝の哀愁が漂うシーツの乱れ方(半分は使わずそのまま)。

pict-DSCN1827.jpg


飲料水(ペットボトル)は2本/日がフリー。
歯ブラシ、 シャンプー、 パジャマ、 湯沸かしポットなし。

宿泊そのものでは、 料金に見合って満足。

                 * *

正午前、 ホテルに荷物を預けてランチへ......
そのあと市場で買い物、 ジジイはイカゲソの干物を購入。

pict-DSCN1874.jpg
             ☝ これで200バーツ。



そのあと時間潰しを兼ねてマッサージ。
2時間で400B、 チップ50B、 計450Bでほとんど昼寝。

20代の美女だったが、 按摩スキルはやや落ちる。
しかし弱めに揉んでもらい、 安らぎの時を味わった。


午後4時前、 ホテル前からタクシーを拾いウタパオ空港へ....
約1時間、 料金は700B。

ミニバスが250B/人だから、 タクシーの方が安くて速い。

                * *

 (まとめ)
航空機 Air Asia。
チェンマイ発8:15  → ウタパオ着9:30.
チェンマイ着19:45 ← ウタパオ発18:35.

航空賃: 3,737バーツ(往復)。

自宅 → チェンマイ空港 100B(ツクツク)
チェンマイ空港 → 自宅 150B(空港タクシー)

ウタパオ空港 → パタヤ 250B/人(ミニバス)
パタヤ → ウタパオ空港 700B(タクシー、 233B/人)。

夜の女性の連れ出し: なし。
他の出費は、 Go Go Barやバーのビール代に食費。


女性とのベッドインさえなければ、 パタヤも安く滞在可能。

清く正しく真面目にパタヤの夜を過ごせば、 お金も使わず身も心も爽やか。

そう、 性的衝動を打ち砕き、 淫乱を戒めるのです。
こんな誘惑に勝て!  (ジジイは実際に行って勝利した)
       ☟
https://www.youtube.com/watch?v=SmIJ01WPXBo











 阿呆みたいだ......


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:31| Comment(4) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

独居老人の生活969 (パタヤ・こんなホテル掃除婦ってあり?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活969
   
                 (こんなホテル掃除婦ってあり?)


   人はしばしば
   不合理で、 非論理的で、 自己中心的です。

   それでも許しなさい。
                                  マザー・テレサ


現在パタヤに滞在中の 「パタヤ貧困女性調査団」。
宿泊するホテルで解せないことが起こった。

9月6日(水)午前、 団員のKさん(68)は部屋からロビーに移動し、 暫し掃除の終わるのを待っていた。

すると見かけ50代の掃除婦がロビーに下りて来る。
掃除婦は枕カバーを手にして言う。

「これ、汚したので100B払ってください」


Kさんに言わせれば、 幅1cm、 長さ5cmほどの汚れ。

ラン島からの帰りの船中で、 壁板に頭をもたれ掛けていたので、
髪が汚れたのかも..と言う。

掃除婦はえらい剣幕で、 「払ってくれ」 の一点張り。
Kさんは、 面倒なこともあって100Bを渡した。


部屋に戻ったKさんはこの100Bに納得がいかず、 頭に血が上ってくる。
温厚な人柄のKさんがジジイに言う。

「フロントにおかしいって言ってください」

               * *
 

レシェプション女性は掃除婦から状況を聞き、 ジジイに答えた。

「枕カバーを汚した人はこのように支払って戴いてます」

と、 その請求書(か領収書の控えだったか)を見せる。

ジジイは反論する。

「であるならば、 フロントデスクから請求すべきこと。
 なぜルームサービスが請求してお金を受け取るのだ?」

「汚したから払うのです」 と取り合わない。


レシェプションの若い女性はさほど英語が話せない。
100Bのことで 「マネージャーを呼べ」 と言うのも大人げない。

加えて既に100Bは支払われている。
ホテル側から言わせれば、 「納得したから払ったんでしょ?」

pict-DSCN1829パタヤ掃除婦.jpg
   ☝ 直接カネを請求する掃除婦。

              * *


たった100バーツではあるが、 どう考えてもおかしい。

@ 宿泊客がルームサービスにカネを渡すのはチップだけでは?
  
A 掃除婦から直に要求(請求)されること自体あり得ないこと。
  おまけに払ったカネを掃除婦が受け取った。

B ならば掃除婦は、 部屋とか便器を汚せばカネを請求する?
   汚れるから枕にカバーするんじゃないのか?

C 部屋の備品(タオル、 TVのリモコン等)を盗んだ壊したという
   なら話は分かる。 
   しかしそれもフロントから請求するのが筋。

              * *

次にKさんにも対応にまずかった点がある。

D すぐに100Bを支払ってしまった。

E 払ったら、 たとえ100Bでも領収書を貰うべき。
 
F 汚れを指摘されたのならこう言ってもよい。
   「俺が枕カバーを洗って綺麗にします」

G 20バーツ程度のチップを枕元に置いた方がいいかも。
   日野団長やジジイは毎日そうしていた。

H Kさんはタイ語も英語も全く話せない。
  であるなら、 その時点で我々を呼べばよかったのだが.....

I 要は、 払ってしまったらそれでお仕舞い。

               * *

おそらく掃除婦の賃金は300B/日程度、 100B(約325円/B)といっても彼女にとっては大きな金額なのである。


枕カバー騒ぎがあった日の午後、 その掃除婦はジジイにも仕掛けてきた。

ランチから帰って来たジジイの顔を見て、 掃除婦が言う。

「冷蔵庫の水を飲んでいるので、 支払って欲しい」

「それなら俺の部屋に来てください」

ジジイはコンビニで買ってきた大きなペットボトルの水を見せ、

「冷蔵庫の水は今日、 2本目を使っている。
 しかし毎日同じものがフリーで2本、 部屋に付いてくる。

 それを明日冷蔵庫に返しておく。
 君が今日、 冷蔵庫に補給した水は持って行ってくれ」


Kさんのことがあったので、 ジジイは激怒したふりして強い口調でまくし立てた。

これだっておかしな話だ。

@ 冷蔵庫内の飲み物はチェックアウト時に精算するもの。

A 使ってなくなり補給を客が望むなら、 その客がオーダーし、
  持ってきた時確認してサインをするか、 又は支払う。

B 連泊中(残り2泊)に掃除婦が勝手に冷蔵庫に補給し、 カネ
  を請求するとは摩訶不思議。
 

冷蔵庫の水は20B/本、 てことは2本で40Bの話である。
僅かのお金でガタガタ言うのも恥ずかしいが、 掃除婦の行為には合点がいかない。

                * *
 
宿泊ホテルは 「ドリームホテル」。   (場所はココをクリック)
agodaを通じて予約、 4泊で10,555円(約800B/泊)。
 

このホテルは今回で3回目の利用、 過去にこんなことは1度もなかった。  ちなみにこの掃除婦は初顔。

今日(9月8日)のお昼前にチェックアウトする。
その時の料金請求はゼロのはず、 あったらおかしな話。

どうなることやら楽しみ.......

               * *


「パタヤ貧困女性調査団」 にとってパタヤ最後の夜。
日野団長(68)は単独行動するという。

女性の個別調査を予定しており、 クスリをのんで意気込む。

チェンマイには28歳の恋人がいるにも拘わらず、 実に仕事熱心な
団長、 敬服するのみ。


ジジイとKさんは、 前日行ったKさんのメル友のバーに向かう。
ジジイは店のライブ演奏をもう1度聴きたい。

この日はソンテウ(10B/人)に乗車、 バーの近くまで行く。

そしてバー、 アパート、 ホテル街を見ながら歩く。
Pattaya Salsong 13,  (地図はココをクリック)


 お洒落なホテルがありました。
pict-DSCN1851.jpg




 女の子が待ち構えるBar。
pict-DSCN1852.jpg




 対面もBar。
pict-DSCN1853.jpg




 客がいないBar。
pict-DSCN1854.jpg




 横丁の両サイドに乱立するBar & Restaurant。
pict-DSCN1855.jpg





 こちらは Go Go Bar。
pict-DSCN1857.jpg




 ここはホステスと白人の客で溢れてた。
pict-DSCN1859.jpg




 ゲストハウス、 アパートもいっぱい。
pict-DSCN1861.jpg




こっちはホテル兼アパートか。   3,500B/週、
8,900B/月(電気・水道込み)と出ている。
pict-DSCN1862.jpg




 客はこれから来るのか?
pict-DSCN1863.jpg




 このゲストハウスのレストランは白人高齢者で繁盛。
pict-DSCN1864.jpg





左折してメル友のバーの通りに入る。
ジジイの目はソープランドの看板に行く。

pict-DSCN1870.jpg





目的のバー、 「JONY」 に入る。
  (場所はココをクリック)
pict-DSCN1872.jpg





メル友N嬢と再会のKさん、 アポなしの訪問にN嬢は大喜び。

pict-DSCN1866.jpg


N嬢はKさんに甘える。
「チェンマイに行きたいわ、 OK?」




ジジイの前にすぐ現れたのが前日休暇だったこの子。
20歳、 アユタユ出身だという。  
pict-DSCN1867.jpg
    ☝ Kさんが持ち込んだツマミを食ってばかりいた。




前日呼んだホステスも目敏く見つけてジジイの横に.....
               ☟
pict-DSCN1868.jpg


仕方ないので2人にドリンク(140B/杯)を奢る。
結局この夜、 バーでのジジイの出費は、

ビール小瓶:60x2=120バーツ。
ドリンク:140x2=280バーツ。

写真の子にチップ100バーツ。
バンドへのチップ100バーツ、  計600バーツ。


でもライブをたっぷり堪能、 しあわせ!
女性ボーカルも登場。  スバルも聴かせてくれた。

pict-DSCN1873.jpg


ジジイは女性よりも酒と音楽が好きなのだ。

実は嘘、 オンナが1番好きなのだが、 バイア恐怖症があって
できないだけ。



メル友に別れを告げ、 Kさんとジジイは表でソンテウを待つ。
バーの真ん前には両替屋、 でも日本円や中国元の表示がない。

pict-DSCN1869.jpg

これでこの地域には欧米人が多いことが分かる。
 (注)勿論日本円の両替もやってました。




ソンテウ乗車、 Walking Streetに着いた所で日野団長に電話。
しかし応答なし.....女性と個別面談調査で忙しいのだろう。

我々2人、 寝るには早すぎる、 パタヤ最後の貧困女性調査だ。

で、 Go Go Bar 2軒をハシゴ。

pict-パタヤ・ポールダンス.jpg


しかしKさんのお目当ての子が見当たらず、 個別面談を断念。


独居老人、 今回の調査に関ししっかりと任務を果たせず。
これでは団員失格。  


でも、 清く正しく美しく過ごしたパタヤの5日間だった。










 パタヤ.....何しに行ったんだろう?


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:12| Comment(2) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする