2019年01月04日

独居老人の生活1400(#33忘れられない旅の思い出:ハラッパ−)


   本ブログは下品で低劣な内容です。 
   紳士・淑女および18歳未満の方はご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1400
               (忘れがたい旅の記憶‐33:ハラッパー)


 吹いている風がまったく同じでも、
 ある船は東へ行き、 ある船は西へ行く。

 進路を決めるのは風ではない、 帆の向きである。

 人生の航海でその行く末を決めるのは、
 なぎでもなければ、 嵐でもない、 心の持ち方である。

                           エラ・ウィーラー・ウィルコックス (米国の女性作家)


絵にも書けないような美しい風景を眺めて、
「ああ〜素晴らしい!」 と、 感動する。

でも生涯残る旅の記憶は、 思いがけない出来事にあると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。  本日はそのTop‐8です。 

                 * *

ジジイが初めてパキスタンに行ったのは38〜39歳の頃。
今から34年ほど前、以降の再訪はない。

そもそも猛暑の国をビール無しで周るのはジジイには無理。
加えてハラッパー遺跡の旅で懲りたのである。


ハラッパーはモヘンジョダロと並ぶインダス文明の都市遺跡。
ラホールの南西約200km、 ラーヴィー川左岸にある。

pict-pakistan.jpg

インダス文明は紀元前2600年ころから紀元前1700年頃まで続き、 エジプト、 メソポタミア、 黄河と並ぶ四大文明の一つ。

「城塞」 と城門によって隔てられて2つの 「市街地」。

「城塞」は、 南北約400m、 東西約200、「城壁」は日干し煉瓦で築かれ、その基部の厚さは12m。

現在も遺跡の発掘作業は続いている。

しかし遺跡のレンガ石を周辺住民が利用したり、 19世紀、東インド会社の鉄道敷設などで遺跡全体の保存状態は悪い由。

                * *

ジジイがハラッパーを訪れたのは昭和59年頃、 5月上旬だった。
14人くらいと記憶、 日本人ツアー客を乗せたバスは早朝ラホールを出発。

ハラッパーまでは約200q、 JR鉄道なら東京から藤枝(静岡県)か越後湯沢に相当する距離だ。

日本なら高速道路を100q/hで走って約2時間の旅。
ところが当時のパキスタンは違った。

  走る道路はこんな状態。
pict-DSCN0601.jpg

穴ボコだらけの道、 ここをバスは突っ走る。
ハラッパーまで5時間近くかかったと記憶(休憩含む)。

運悪くバスの最後部シートに座ったジジイは上下に揺られっ放し。
頭がバスの天井にぶつかりそうにもなる。

加えて直射日光が容赦なくジジイの頭と背を照りつける。
遮るカーテンも何もないのだ。

これでジジイはグロッキー気味。
途中休憩のためバスが停車するとホッとした。

pict-DSCN0590.jpg
             ☝ 停車した道路上で....
         この頃はジジイもメタボじゃなかった。

立ち寄ったドライブインで、 ジジイはカルビー・かっぱえびせんのような揚げ物のスナックを購入。

これをソフトドリンクを飲みながらムシャムシャ食べた。
これが原因だったのかは分からないが....

               * *

体力的にキツくうんざりのバスの中、 ようやくハラッパーに到着。
  先ずは博物館を見学。
pict-DSCN0596.jpg
       ☝ 左端がジジイ、 その右横がガイド。


ところが冷房の効いたバスから外に出たのだから堪らない。
すごく暑い、 ボワーとするくらい暑い!

ガイドは 「42℃を超えてます」 と言う。
ジジイは生まれて初めての体験、 42℃以上の中にいる。

今回、 ハラッパー地域の気温をチェックしてみた。
   何年の統計かは不明(参考まで)
                ☟
pict-Pakistan_Multan.jpg
                 ☝
 5月をみれば、 最高気温で東京とは20℃の差がある。



ベンチで休んでいたかったがせっかく来たのだ、遺跡見学へ...
凄いインダス文明の遺跡、 期待に胸膨らませたが、
                 ☟
pict-DSCN0593.jpg
       ☝ なんか訳の分かんないのがあるだけ。



  とにかく記念写真、 来たという証拠を残す。
pict-DSCN0592.jpg



  な〜んにもない、 まさしく ”原っぱ”。
pict-DSCN0594.jpg
     ☝ 写っている人間はジジイ、 帽子も被らずに...


上掲の写真は30数年前のハラッパー。
最近のハラッパーはどうなんだろう → グーグルマップで検索。

  それが次の写真。
pict-DSCN4961グーグルマップ.jpg
                  ☝
        ほとんど変わっていないような感じ。
        遺跡だから変わりようがないか。


予想外、 期待外れのハラッパー観光、 これが記憶に残る旅?

いいえ、 忘れがたい旅の記憶は帰途に起こった。
帰りのバスに乗ってからというもの、 疲れからか気分が優れない。

加えて腹具合がおかしくなった。
休憩のため立ち寄ったドライブイン、 ここでトイレに駆け込んだ。

和式同様の、 しゃがんで用を足す便所。
そこで下痢便を出しているまではよかった。

ところが吐き気まで催してきたのだ。
で、 尻からは便、 口からは吐瀉物が飛び出した。

同じ食った物でも、 尻から出る物と口から出る物とでは形状も色もちょっと違う。

ということで、 尻と口から同時に出した汚い初体験。
後にも先にもこれ1回。

これがハラッパーの忘れられない旅の思い出に....


どうせ同時に出すのなら、







射精と放屁がずっとマシ。     (注)ジジイは経験なし。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:01| Comment(2) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

独居老人の生活1381(無知は損)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1381(無知は損)


  それが魅力的なら無邪気さと呼ばれ、

  そうでなければ無知と呼ばれる。

                            ミニョン・マクローリン (アメリカの作家)


12月9日から所要あって日本に一時帰国、 昨日(14日)の夕方チェンマイに戻った次第。

5泊6日の短期でもあり、 今回は初めてLCCのAir Asiaを利用。

12/09 CNX 07:25 → DMK 08:25=10:45 → NRT 19:00
12/14 NRT 09:15 → DMK 14:05=15:45 → CNX 17:00

航空賃:18,000バーツ(往復)。
(注) CNX:チェンマイ、 DMK:ドンムアン、 NRT:成田。


今回の旅行では想定外のことが起きてアレレー。
@ 機内食。

LCCでは機内食の無料サービスはない。
食べたければお金を払って注文する。

ネットで事前に予約しておくと50B安くなる(200B → 150B)。
往きの時は、 前日に和食店で太巻きを購入(75B)し機内で食す。

ジジイは帰りの便だけ予約、 代金は機内で払うつもりでいた。
たった150B、 クレジットカードを使うまでもないと思ったのだ。

    pict-1544821284518機内食.jpg


これがアレレの第1発目。
出発時刻2時間前にCNX到着、 長い列に並んでチェックイン。

カウンターの係員が言う。
「先に空港内のAir Asiaサービス窓口へ行って、 機内食分を払って来てください」

15分以上も並んでいたのにこのざまだ。
仕方なく150バーツを払いに行く。

そして再び列の最後尾に並んでチェックインへ...ガックリ。
ジジイは、 無知は損するという事例を作った。

ちなみに機内販売のビールは、 缶ビール小:150B(約510円)。
同永谷園のお茶は90バーツ(約310円)。

往復でビール1缶ずつ、 計2本飲んだ。
高くて何本も飲む気になれなかった、 ジジイは貧乏性。

                 * *

A SIM2 Fly。

帰国前にAISオフィスに行き、 これを購入。

   pict-P_20181215_040407SIM2.jpg

8日間利用で399バーツ。
日本などアジアでインターネットが利用できる。

購入時、 AIS係員にこのSIMをスマホに入れてもらう。
日本到着後ローミングして使うはずだった。

ところが、 いくらどうやってもネットに繋がらない。
SIM-1しか現れず。 ではこれがSIM-2だろうと判断。

友人2人にLineを送信、 試してみた。
何回やってもダメ、 SIM-1を取り外して送信したがこれもダメ。

日本到着の翌朝、 気になってAISのバランスをチェック。
CNX出発前には800バーツ弱あったジジイの残高がゼロに...

この間、 電話も何も使っていない。
一体どうなっているのやら。

結局日本滞在期間中、 1度もSIM2Flyを使えず。
残金+SIM代の合計約1,200バーツをドブに棄てた(も同然)。

世の中、 無知は損するように出来ている。


これだけならまだ諦めがつく。
昨夜チェンマイ到着後、 自宅でPC利用を試みた。

出発する時ルーターの電源をOFFに → 帰宅後ONにして...
インターネット(SiNet)が繋がらない。

”インターネットなし、 セキュリティ保護あり” のまま。

ということで今、 電話もLineもPCも全て使えない状態にある。
今日の本ブログは、 別の場所のWi-Fi利用で発信している。

                * *

B 機内持ち込みの重量制限は7s。

チェンマイ空港でチェックインした時は、 手荷物の重量測定なし。
機内持ち込み用のキャリーバッグとリュックを背負って搭乗した。

問題が出たのは帰りの成田空港でのチェックイン。
係員はキャリーバッグの重さを測る → 重量オーバー。

ジジイの荷物は制限重量7kの倍の14s、 1万円かかると言う。
「荷物を減らしてまたチェックインされますか?」

係員の言う通りにして一旦引き下がる。
そしてバッグから荷物を取り出し、 リュックの中に移し変えた。

リュックの中は空同然、 オーバーコートやらセーターを詰め込んで来たから。
コートなどは着用、 重い荷物を空のリュックに入れた。

で、 リュックは近くに置いたまま、 再び列の最後尾に並んでチェックイン。
中身を減らしたキャリーバッグだ、 楽々OK。

とにかく行きも帰りもチェックインのやり直し。
無知が招いた結果だ、 仕方がない。


搭乗券受領後、 今度はリュックの荷物をバッグの中に移す。
そのあとは何ら問題なく、 CNXに到着した次第。

おなじAir Asiaでも、 CNXとNRTでは対応に違いがある。
どちらにしても、 ジジイが機内に持ち込んだ荷物重量は同じ。

CNX、 NRTとも出発時刻の2時間以上前に空港に到着して余裕、 焦らずに済んだことは幸い。

                * *

C 水除けスプレー。

新宿の靴店 「ABCマート」 で雨水除けスプレーが目に入った。

スニーカーにこれをピュッとかければ、 雨に濡れないという。
約2,400円、 1個購入。

その時ジジイは中年の店員さんに確認した。
「これ、機内に持ち込めますか、 タイに持って行きます」

「大丈夫、 間違いなく持ち込めます」


結果、 X-ray手荷物チェックでアウト、 没収された。
預け入れのバッグならOKでも、 客室(機内)への持ち込みはダメ。

ジジイが機内と言わず、 客室と訊けば良かった。
店員さんは細かい事、 知らないのかな、 ちょっと残念。

                * *

日本はクリスマス商戦真っ只中、 街を歩けばイルミネーションがムードを盛り上げる。

ここは東京・表参道、 高級ブランド品店が立ち並ぶ。
貧乏人には縁遠い通りだが、 歩くだけなら無料。

pict-東京表参道12月のイルミネーション画像.jpg



こちらは代々木公園、 毎年 「タイ祭り」 が開かれる所だ。
「青い洞窟」 という名のイルミネーションはとてもロマンチック。

pict-P_20181210_182915.jpg



pict-P_20181210_182404.jpg


恋人同士が愛を囁けば、 そのまま渋谷のラブホテルに直行か。

独居老人、 12月の東京は何年前だったか。

寒さなんか吹っ飛ばす...







そんな若さに戻りたい。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:03| Comment(18) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

独居老人の生活1310(楽園は何でも高い)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1310(楽園は何でも高い)


  私たちはこの世の楽園に向かって旅をしている。

  この世の楽園とはこんなものだろうと君が思うもの

   ....それがこの世の楽園だ。
                                   ジェフリー・フォード (米国の作家)


Krabi 3日目、 この日はRailay Beach(ライレイビーチ)へ行く。

このビーチは山を挟んで東と西に別れており、 Eastビーチには
クラビタウンからボートで行くとか。

ジジイと友人Yさんは、 アオナンビーチ(2ヵ所あり)から発着するボートに乗り、 ライレイビーチwestへ......

pict-P_20180927_110320RaiLay beach (1).jpg
     ☝ Holiday Inn前のビーチにあるボート発着場所。 


料金は往復で200バーツ/人、 15分ほどで到着。
ボートに乗る際は、 海水の中を膝上まで浸かりボートまで歩く。

年寄りはよろけそうになる、 ゆっくりゆっくり......
6人が乗った船は海岸沿いを走り一路Railay Beach・westへ。


  この景色が見えたら間もなく目的地到着。
pict-DSCN4629.jpg
                   ☝
  ジジイのムスコもこれくらい起ってくれれば..とふと思う。
      (地図はココ、 street viewはココ


  下船してまず村の中を散策。
pict-DSCN4632RaiLay beach (4).jpg



  バーやレストランが軒を連ねる。
pict-DSCN4632RaiLay beach (5).jpg
    ☝ 昼間は閑静、 しかし夜はきっと賑わうのだろう。



  クッキングスクール、 只今授業中。
pict-DSCN4632RaiLay beach (2).jpg



  この店でランチに・・
pict-DSCN4632RaiLay beach (1).jpg



  魚:350バーツ、  Beer Chang小瓶:90バーツなど。
pict-P_20180927_110320RaiLay beach (3).jpg 
         ☝ ビール大瓶は置いてないという。


ランチの後はビーチへ移動。
ピチャピチャ水浴びを楽しみ、 お次はビーチでマッサージ。

木陰に茣蓙を敷いてオバちゃんたちが営業。
ジジイはフートマッサージ(300バーツ)、 ぼろ儲けだわ。

メニューには300バーツとだけ示されている、
「1時間300Bだよね」 と念押してスタート。

ところが終わってみれば400バーツを請求するではないか。
「300Bは45分、 1時間なら400」 と言い張るババア。

断固拒否、 しかし仕方ないので40バーツのチップを渡す。
ババアはニコニコ笑顔で受け取りこれで終了。

糞ババア、 ダメ元でふっかけやがった。
島や辺鄙な観光地は何でも割高.....これが常識か。

                   * *

Krabi 4日目(9月28日)、 この日が最終日。
お昼前にチェックアウト、 ホテルに荷物を預けてセンターポイントへ行く。

この界隈の店を冷やかして歩く。
偽ブランドのT-シャツを買おうかと思案、 結局やめた。

12時半を過ぎてランチタイム。
ビールが何処でも高いので、 執念で安い店を1軒1軒探す。

下戸のYさんはジジイに同情、 我慢して付き合ってくれた。
5軒目でHappy hour、 Beer Chang大瓶90バーツにすぐ入る。

90バーツでも安く感じるから不思議。
しかし食い物は安くなく、 チキンレッドカレーが180バーツ。

ビール大瓶2本を飲んだジジイはイイ気分。
出発時間まで休みたいので、 ビーチ通りのカフェに行く。
                   ☟
pict-P_20180928_15291アオナンビーチのカフェ6 (2).jpg



  実にお洒落な雰囲気、 店員さんもみな綺麗。
pict-P_20180928_15291アオナンビーチのカフェ6 (5).jpg



pict-P_20180928_15291アオナンビーチカフェ.jpg


値段もその分高い(以下はサービス料10%、 VAT7%込み)
コーヒー130B、 アイスラテ180B、 2人合計310バーツの勘定。

まあ、 昼寝させて貰ったし、 好しとしよう。
これでアオナンビーチともお別れ。

ビーチに設けられた魚の像を見て.....ホテルに戻る。
                ☟
pict-P_20180928_15291アオナンビーチのカフェ6 (4).jpg
       ☝ 綱を引っ張っている人間も像である。

                   * *

最後に旅行日程と費用を参考までに・・・
Air Asia のパックツアー(ホテル代込み、 ネットで予約)

・9月25日、 チェンマイ発6:35 → Krabi 着8:30am
・9月28日、 Krabi 発19:10 → チェンマイ着20:50

ホテル:Aonag Buri Hotel (3泊) (地図はココ

料金: 航空賃 + ホテル代 = 6,600バーツ/人。
     (部屋は1人1部屋、 朝食なし)


   ホテル・レシェプション。
pict-1538184879356Aonang Buri Hotel (5).jpg



   ホテルの前はすぐビーチ。
pict-1538184879356Aonang Buri Hotel (6).jpg



   部屋の中。
pict-1538184879356Aonang Buri Hotel (3).jpg



  ジジイがパソコン開いてます。
pict-1538184879356Aonang Buri Hotel (4).jpg
                   ☝
深夜に酔ってブログを書いてたら居眠り → 椅子から転げ落ちる。



  バスタブはありがたかった。
pict-1538184879356Aonang Buri Hotel (1).jpg



  スイミングプール。
pict-1538184879356Aonang Buri Hotel (2).jpg


ホテル周辺は静かで落ち着ける。
滞在4日間すべて快晴、 ホテル/飛行機も快適、 言う事なし。

Air Asia にホテル込みで予約したのが6月初旬。
総額6,600バーツ(約23,000円)/人の支払い、 満足!

別途、 空港〜ホテル(Aonang beach)の交通費がかかる。

・Krabi空港 → アオナン ブリ ホテル (シャトルバス:150B/人)
・アオナン ブリ ホテル → Krabi空港(タクシー500B、 250B/人)

(注) タクシーといってもチェンマイのソンテウのようなもの。


Krabi はこの世の楽園、 でもジジイの不満は1つだけ。







レストランのビール代が高過ぎる。  疲れたァー。



チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:26| Comment(4) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする