2018年12月24日

独居老人の生活1390(クリスマ・イブ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1390(クリスマ・イブ)


 古くなって値打ちが出るものを私は二つしか知らない。

  1.酒、  2.恋する男。

                              ロペ・デ・ベガ (スペインの劇作家、詩人)


まずはこれから → https://goo.gl/images/Wk9PKw


@ サンタクロースはパソコン ”オタク”。

サンタはひげを伸ばし放題でも平気。
サンタはぽっちゃり型でいつも同じ服。

サンタは意味なく笑ってる。
サンタが街に出るのは、 せいぜい年1回。

              * *

A クリスマス休暇。

「バカンス、 どこ行ってたんだ?」

「車が谷に落っこちて3時間。 病院に2週間」

飲酒運転は止めましょー!

              * *

B サンタクロースも年取れば...

煙突に入ったまでは良かったサンタクロース、
煙突の途中で動けなくなった。

  pict-1545627052412.jpg

メタボが酷くて....

               * *

C 怪訝な顔の子供。

   pict-サンタクロース.jpg

幼稚園児の娘がプレゼントを抱えて起きてきた。
そして不思議そうな顔をして言う。

「ねえパパ、 サンタクロースって近所に住んでるの?」

「どうしてだい?」

「イオンで買って来たみたいなの。 包装紙がそうだもん」

               * *

D クリスマス・キャロル。

クリスマスイブに3人の男が交通事故で死んだ。
そして、天国の門の前で聖ペテロが言う。

    pict-ペトロ.jpg

「天国に入るには、 クリスマスのシンボルが必要だ、
 何か持ってるか?」

最初の男は、 ポケットを探ってライターを取り出し火を点けた。

 「キャンドルです。」

「君は入ってよろしい」 と聖ペテロ。


2番目の男は、 ポケットからキーの束を取り出して振った。

 「これはベルです。」

「君は、天国OK」


3番目の男は、 必死になってポケットを探った。
そして、ピンクのパンティを取り出した。

聖ペテロは、眉をしかめて言った。

「それは何のシンボルかね?」


「これは.....キャロルのものです」

                * *

E 麻酔をかけられて.....

クリスマスイブに社長夫人が交通事故で病院に搬送された。
麻酔をかけられている間、 何度もため息をついて、

「オー、 ジュリー、 ジュリー.....」

手術成功、 奥さんが退院する時、 医者は微笑みながら、

 「ジュリー氏によろしく」

すると夫人は不思議そうに訊いた。

「アラッ、 うちの運転手をご存知なの?」

               * *

老人が1人で過ごすクリスマスは侘(わび)しいもの。

女性とは.....
一緒にいると大変だけど、 なしでは生きられない存在。


それでも酒があるから生きている。

https://www.youtube.com/watch?v=J6P3fCDQVMI

 きよしこのよる  星はひかり ♬
 すくいのみ子は  まぶねの中に
 ねむりたもう  いとやすく





 メリークリトリス!


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:14| Comment(6) | 小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

独居老人の生活1321(犬からの慰謝料)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1321(犬からの慰謝料)


  昨日は犬でした。 今日も犬です。

  明日も多分、 犬でしょう。

 (ため息!)  発展の望みはありません。
                                     スヌーピー


@ オウム。

オウムが風邪を引いたのか、 コンコン咳ばかりしている。
で、 獣医のところに連れていった。

「風邪じゃないですね、
 風邪を引いた人の真似をしてるんです......」

                *

オウムが老いてきたので、 1000バーツで買ってきた若い雌の
オウムを一緒の籠の中に入れてやった。

そしたら初老のオウムはいきなり襲い掛かって雌オウムの羽を
抜き始めた。

 「おやめになって、 何をなさるの!」

 「1000バーツ出したんだ、 裸でヤラせろ」


ハイ、 分かります、 溜まってたんですね、
人間も同じですから......

                *

オウムを背中に止まらせて税関を通ろうとした。

    pict-オウムが人間の肩に.jpg


「モシモシ、 そのオウム 税金がかかりますよ」

 「・・・いくらですか?」

「200バーツです.....  剥製なら無税、 タダですが.....」

するとオウムが、

「早まるなよ、 カネで済むことだぜ........」

                *

動物遣いが犬の頭にオウムを止まらせると、 オウムが色んなことを喋る。
中には有名な詩を読んだりも.......

    pict-オウムと犬.jpg


「すごいネ、 このオウム」

「いや、 大した事 ないですよ。 実を言いますと、 これ
 オウムが喋ってるんじゃねぇんです。 犬の腹話術なんで....」

                 * *


A 犬。

ドーベルマンを連れて散歩している若者。

    pict-ドーベルマン.jpg
             ☝ ドーベルマン。


一方で女の子が、 足の短い黄色い犬に可愛いリボンを付けて
散歩していた。

たまたま通りで鉢合わせ。

「危ないよ、 こっちはドーベルマンだ、 避(よ)けないと...」

女の子は平気な顔して犬を連れて寄って来る。

「危険だよ、 俺の犬が....知らないよ!」

とうとう犬同士がぶつかった。
ワンワン、 ギャンギャンと大喧嘩が.....

結果は意外、 ドーベルマンが喰い殺されちゃった。

「驚いたよ、 俺の犬が殺(や)られるとは......
 ねえ、 この足の短い黄色い犬、 何て種類なの?」

「黄色いペンキを塗って、 尾っぽを切らない前はワニ
  だったの.......」

                 *

「お宅の犬、 夜通し吠え続けてるのをご存知ですか?」

「ご心配はいりません、 昼間はぐっすり寝てますから....」

                 *


「お宅の犬、 いつもウチの妻に噛みつこうとするんです、
  女房が怖がってます、 何とかしてくださいよ」

「そうですか、 まだ躾が......
 ウチの犬、 美味そうなの見るとすぐ食らいつくんです....」


                       ☟


pict-デブ.jpg
                ☝ なるほどお肉がたっぷりで.....

                  * *

先日、 ジジイの友人Nさん(74)がバイクで走っていた時のこと。

大通りからチェンマイ・スタードームゴルフ場への通りに入った時、
突然、 犬がけたたましく吠える。  (地図はココをクリック)

    pict-犬が人間に吠える.jpg


そして走るバイクに襲いかかってきた。
噛みつかれちゃ堪らない、 Nさんは足をあげてバイクを飛ばす。

逃げ切ったまでは良かったがバランスを崩し、 道路脇の塀にこすって転倒。
pict-P_20181012_05234内藤と犬8.jpg
           ☝ Nさんが転倒した道路現場。


Nさんは肘に擦過傷、 足に打撲などで痛い1日となる。
家に帰るとタイ人の奥さんが傷を見て経緯を聞いた。

奥さん、 怒り心頭.....

「私の大事なATMに何てことしやがる・・・」

奥さんはその現場(通り)はよく知っていた。

Nさんがゴルフに行く時一緒に出かけ、 クラブハウスで亭主を待っていたことが数回あるからだ。

亭主がキャディと浮気しないよう、 その防止のため。

で、奥さんはNさんを引き連れ、 犬の飼い主を探して談判に及ぶ。
これは再発防止のため。

謝る飼い主(タイ人)に対し、

「ヘルメット着用だったから、 転倒しても助かったのよ。
 飼い犬はちゃんと紐をつけて管理しなきゃダメでしょ?
 苦痛と治療費の補償として1,000バーツ出しなさい」

「今、500Bほどしかない、 これで勘弁して欲しい」

「それならここで待ってるから、 銀行に行ってきてください」

飼い主は奥に入り、 1000Bを持ってきて渋々出した。
そして繋がれた犬を見て言う。

「罰として今日1日、 お前は餌抜き水抜きだ!」

                 *

奥さんの奮闘で1000バーツ貰ったNさんはニコニコ顔。
その日の夜は2人して、 「ai 巴」 で豪華に夕食を楽しむ。

これも犬が吠えたから、 そう、犬からの慰謝料と思って食べた由。
そしてやはりタイ人女性はたくましい.......Nさんはそう実感。

奥さんへの愛が千バーツ分深まったそうな
                  ☟
pict-内藤夫妻.jpg
        ☝ 飼い主と談判した奥さん(左)とNさん。


Nさんは傷には絆創膏、 打撲には膏薬を貼って現在治療中。

で、 医者代はいくら?







 病院なんぞ行ってません。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:17| Comment(4) | 小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

独居老人の生活1315(言い方にも色々ありまして・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1315(言い方にも色々)


   火鉢かき寄せ  灰かきならし

   主の名を書き  目に涙
                                  都々逸


巨人の高橋由伸監督が辞任を表明。
理由は優勝争いにも絡めない成績不振という。

でも、 まだCS進出の可能性が残されている。
もしCS参戦 → セリーグ優勝 → 西武を破って日本一 、

こうなると...辞めさせた方も困るだろうな。 由伸、 ガンバレ!
                 * *

以前、 当時の巨人オーナー・ナベツネがこう言った。

「長期計画でやれ、 焦るな、 でも来年は優勝しろ」

難しいことを言う爺さんだが、 常勝巨人って辛いよね。

                 * *

その巨人の星といえば長嶋茂雄、 彼には華があった。
言うことがまた凄い。

長嶋が数え年61歳の時に放った言葉。

「エー、 初めて還暦を迎えまして....」

                *

ミスターは 「好きな四文字熟語を」 と言われ、 渡された色紙に
こう書いた。

 「長嶋茂雄」
                *

駅でたまたま新婚旅行客の一団と一緒になり、 何か言葉をかけてあげてと言われて...

 「皆さん、 がんばってください」

                *

「キューバもアイアンからウッドに変わって.....」

金属バットから木製バットになった時の長嶋発言。

                *

「長嶋さんの打撃論は?」 と記者に問われ、

「打つべきときに、 打つべき球を打つ」  とてもシンプル。

                *

千葉・佐倉出身の長嶋茂雄が対談で.....

「どうして千葉からいい選手が出るんですかね?」 の質問。

ミスタージャイアンツは、

 「東京に近いからねエ」

よく分からないのがミスターの持ち味だった。

                 *

誕生日にホームランを打った選手に

「凄いな、 俺はバースデイアーチ、 打ったこと無いよ」

ちなみに長嶋の誕生日は2月20日、 まだキャンプ中。

                 *

長嶋が巨人の監督時代に....

「ジャイアンツの監督は大変ですよ、
 毎日がジャイアンツ戦ですから」

                 *

オープン戦が終わりいよいよ開幕、 抱負を訊かれた長嶋監督、

 「開幕10試合を7勝4敗でいきたい」

                 *

長嶋監督が、 ピンチヒッターに耳元で指示。

 「打つとみせかけてヒッティングしろ」 

どうすりゃいいんだろ?

                 *

主審にピンチヒッターを告げに行く。
この時バントの構えをしながら、

「代打、 バント土井」   主審も泡食ったろう。

                 *

試合開始前に予想を訊かれ、

「伯仲してます、 一点でも多くとった方が勝つでしょうネ」

                 *

「野球の勝負は家に帰って風呂に入るまでわかりません」
                   ☟
pict-「勝負は家に帰って風呂.jpg

                 *

長嶋がスランプの打者にバッティング指導をした。

 「来た球を打て!」
                 *

デーブ大久保が長嶋監督に、

「監督、少しスィングがおかしいので見て貰えますか」 と素振り。

監督 「うーん、 どれどれ」

バットを持ってしばらく素振り。  大久保にバットを返して

 「どうだった?  オレのスウィング」

                 *

ミスター主催の少年野球教室にて...

「球がこうスッと来るだろ、 そこをグゥーッと構えて腰を
 ガッとする、 あとはバァッといってガーンと打つんだ」

                 *

槇原投手が完全試合継続中に、

「槇原が緊張するからパーフェクトと言ってはダメだぞ」

と槇原の横で言う。
                *

サヨナラ勝ちをした後のインタビューでコメント。

「いやぁ興奮を通り越してエキサイティングしました!」
         
                 * *

元巨人、 中畑清も負けちゃあいない。
彼が解説者の時、 生中継で発した言葉。

「この選手は積極的なところが ”みのうえ” ですから」

身上はシンジョウって言うのよ。

                 * *

元巨人軍の赤手袋こと柴田勲もシャレている。

彼は賭博がバレて謹慎。
その謹慎明けのお詫び会見、 着ていたシャツが素敵だった。

それはトランプが散らしてあるデザイン、 いいねエ!

               ☟
pict-柴田勲 トランプ.jpg

                 * *

「グラウンドには銭が落ちている」

人が2倍練習してたら3倍やれ。
ゼニが欲しけりゃ練習せえ..という名言。

これはミスターホークス、 元南海監督の鶴岡一人

これを真に受けた選手がいて、 実際にグラウンドでお金を探し回っていたという(嘘)。

                 *

これは本当の話。
サッカーの武田修宏がまだ現役の頃、 大勢で居酒屋に行った。

で、「これ頼もう、 わざまめ、 わざまめ」 一同???
武田が指差す札を見たら、 枝豆と書いてある。

ブラジル出身のラモス瑠偉選手が言う。
「バッカじゃないのか、 オメエ」

                  * *

「練習が仕事、 競輪出走は集金」

競輪の怪物・滝沢正光(58歳、現日本競輪学校校長)の言葉。

                 *

「稽古が仕事、 高座は集金」

これは橘家文左衛門の名言。

                 *

「恋人のふりするのが仕事、 H は集金」

某爺さんがぞっこんの、 若いタイ人カノ女のセリフ。

                 *

チェンマイで知人から紹介され、 遊びの好きな爺さんが35歳の
タイ人女性と付き合い始めた。

彼女は優しく爺さんに語りかける。

「あなたを最期までお世話します」

寝たきりになっても介護してくれるという。
日本人爺さん(70歳)は感激、 しかしまだいささか元気。

んじゃあ先ず下の世話をして貰おうと、 彼女を抱いた。
そして彼女とのルンルン生活がスタート。

彼女がやり始めたのは介護じゃなく、 監視。
爺さんは好きな夜遊びどころか、 1人では何処へも出させて貰えない。

介護の言葉に騙された爺さん、 まだ元気なのに.....

爺さんは悟った、 俺は彼女のコレ、 介護も監視もするはずだ。


                ☟


     pict-ATM2.jpg

                 * *

大リーグで活躍のイチローは夫婦で犬を飼っていた。
その犬の名前は 「イッキュウ」。

イチローの一、 弓子夫人の弓、 併せて一弓(イッキュウ)。
夫婦円満の秘訣って、 こんなとこにあるのかも。

でも2人が鈴木一朗、 福島弓子だから良かった。
もしこれが鈴木朗、 福島ずえなら.....

ウーン、 呼ばれる愛犬も困っちゃうよ。


ではイチローとTBS女子アナ・福島弓子との慣れ初めです。
               ☟      (1分55秒)
https://www.youtube.com/watch?v=yrTPexT49r4

                  * *

阪神の新庄剛志(現在46歳)は天真爛漫だった。

記者から「ウエイトトレーニングをしないのか」 の質問に、

「ジーンズが似合わなくなるのが嫌だから、下半身は鍛えたくない」

  pict-新庄クン.jpg

                *

新庄は阪神からからメジャーリーグに移籍、 「メッツ」 に入団。

メッツを選んだ理由を訊かれて、
「何事につけ目立つ首都のニューヨークに行きたかったから」

新庄クンね、 米国の首都はワシントンD.C.なんよ。

                *

新庄クンはMLB移籍会見の時、 こんな発言。
「記録はイチローくんにまかせて、 記憶はボクにまかせて」

ホントそうだった...でも記憶もあまり残っちゃいないよ。

                *

メッツ在籍中、 ロッカールームでコーヒーを飲んでいて思わず、
 「ニガッ!」

隣にいた黒人選手に 「ニガー」 と聞き間違えられ殴られそうに...
弁明して事なきを得たとか。

                *

MLBから日本ハムに移籍が決まった時。
記者が質問、 「どうして日ハムを選んだの?」

「1番最初に電話をくれたから」   イイネ!

でもネ新庄くん、 ”1番最初” は馬から落馬したと同じで重複表現。
”最初に” だけでいいのよ。

こんな重複表現は多い。

”まず最初に”   ”あとで後悔する”   ”今朝の朝刊”

”来客が来る”   ”思いがけないハプニング”、 

”お中元のギフト”   ”新たなニューヒロインの誕生”。

                *

その新庄クン、 晴れて日ハムに入団してこう言った。

「メジャーリーグでは英語ばかりで、 これでやっと日本語で話が
 できると思ったら監督が外国人だった」

                *

イチローが新庄クンを評してこんなことを言っている。

「あの人はパ・リーグのマーケティングを開発した。
 これは、 ボクにもできなかった偉業です」


新庄クンは野球引退後、 2010年頃よりバリ島へ移住。
モトクロスバイクのライセンスを取ったという。

バリ島で知り合った一般女性が現在の恋人とか(同棲中)。
幸せになってネ、 新庄クン!

                  * *

元巨人の剛速球投手・槇原寛己は現在解説者として活躍。

「こう連打が続くと、 ピッチャーは辛いでしょう」

続くから連打って言うんよ、 槇原さん!


この言い方もおかしい。
「これで巨人、 2連勝」  これって連勝だけでいいのでは?

3試合続けて勝って 「3連勝」 になるんよ。

                  * *

マラソンでもアレレの実況アナウンサーがいる。

「最後のラストスパート、 ゴールが近いぞ!」

「両選手、 並んで並走しております」

「一番きつい上り坂を上がっております」

「レースの沿道には、 犬や猫も大勢います」

犬・猫が大勢かい?


「ヤリました、 女子が金を取りました!」

ちょっと卑猥な感じだわ。

                  * *

陸上の福士加代子選手がアジア大会で、 21/100(百分の21)秒だけ縮めて日本新記録を更新。
                   ☟
pict-陸上福士加代子.jpg
          ☝ ペチャパイの福士加代子。


福士選手、 「21/100秒ってどのくらい?」 と訊かれて、

「乳首3つ分」 と答えた。  なるほど分かりやすい。

でも彼女、 子供を産んだら 「乳首1つ分」 になるのかな?

    pict-乳首2.jpg

                  * *

ここはチェンマイのゴルフ場。
パットが苦手な爺さん、 スコアが伸びなくてボヤく。

でもキャディーからモーション掛けられてすぐホールインワン。
お見事!  しかしそのあとが高くつく → 車、 家買ってぇ〜!

パットで悩んでいた方が良かった...とボヤく爺さん。

                  * *

「童貞の会」 に呼ばれ、 ミスターが講演した。
H の指導で上手なヤリ方を訊かれ、 長嶋節炸裂。

    pict-長嶋茂雄.jpg


「股がこうスッと開くだろ、 そこをグゥーッと構えて腰を
 ガッとする、 あとはズバッと入れてガンガンとピストンだ」






ウン、 これならヤレそな感じ........起てばだけど。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:07| Comment(4) | 小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする