2018年01月11日

独居老人の生活1082 (#4記者会見にも色々事情がありまして...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1082
            (#4記者会見にも色々事情がありまして...)


     天網恢恢疎にして漏らさず
    (てんもうかいかいそにしてもらさず)

                                      老子 (中国の思想家)


   意味: 悪いことをすれば必ず天罰が下る。
        天罰を逃れることは決してできない。

              * *


専門家は、 謝罪会見にはキーポイントがあるという。

それは、 相手の怒りを鎮めるような謝罪が不可欠。
次の3要素あり。

1.自責の念の表出(悔恨)。
2.責任の自覚(責任)。
3.補償の申し出(解決策の具体的な提案、補償)。


では反対に 「悪い謝罪」 の要素は何か。
次の4点。

1.不快な行動や失言を正当化する(正当化)。
2.被害者を非難する(逆ギレ)。

3.弁解をする(弁解)。
4.事態の矮小化(ほんの冗談で...などと言う)。


例えば、 もし貴方がやらかした浮気が女房にバレた。

1.愛人を持つことは男の甲斐性だ!
2.おまえ(妻)がだらしないからだ!

3.女から誘惑され、 ほんの出来心で....
4.ちょっとからかっただけだよ。

これでは女房の怒りに火をつけよう。

やはり、
1.俺は何てことをしでかしたんだ、 スマン。
2.愛人とは既に別れた、 もう2度としない。
3.ここに100万バーツある、 金塊でも買ってくれ。

このような謝罪がいいんだとか。
皆さま、 参考になさってください。

                * *

では上記の観点から、 最悪の会見を開いたのは誰か。
皆さまご存知のこの方。


             ☟




pict-舛添要一前東京都知.jpg


舛添要一前都知事(現在69歳)は、 毎週箱根の別荘に公用車で通い、 公私混同と批判を浴びた。

それに対して彼は会見で詫びたものの、 公私混同とは認めず。
「ルールに従ってやっている。 全く問題はない」 と説明。

一貫して違法性はないと主張。

記者団の
「緊急事態発生時、 湯河原(神奈川県の彼の別荘)いたら
  対応が遅れるのでは?」 との質問に、

「湯河原は近い、 西多摩(東京都)の方が遥かに遠いですよ」

この発言は、 西多摩地域の住民から大反発を受けた。
間違いなく西多摩郡檜原村は、 湯河原よりもずっと遠いけど。

東大法卒のエリートは人間味に欠けるようだ。



舛添知事の謝罪には、 上記 「良い謝罪」 の 「悔恨」 「責任」
「不適切な行為の認識」 が全くない。

逆に「悪い謝罪」の 「弁解」 「正当化」 ばかりが目立つ。
で、 世間の怒りは燃え上がる。

その結果、 他にもさまざまな 「公私混同」 疑惑が噴出。

第三者委員会が 「違法ではないが不適切」 の判断を下し、 辞任に追い込まれた。

舛添知事が最初の会見で不適切性を認めていれば、 辞任は回避できたかも.....


浮気がバレて、 怒り心頭の女房に釈明する。
「4,5回 H しただけ、 違法性はない」

こんなんで通用するわけがない。
一時は首相候補とも言われたほどの政界のスターは、 タダの人に落ちた。

               * *


次の方は追及されても居直っていた。
髪やヒゲを切るなら、 いっそ坊主頭になれば良かったのに...


佐村河内守(さむらごうち まもる、 54歳)。

広島県出身の全聾(自称)の職業作曲家(自称)だった。
「TIME」誌は ”現代のベートーヴェン” と書き、 広島市は広島市民賞を渡す。


pict-佐村河内守.jpg


ところが2014年2月、 彼の18年間ものゴーストライター、 新垣隆氏が週刊誌に事実を告白。

「世間を騙し続けることに耐え切れなくなりました」

加えて佐村河内守は障がい者じゃなかった。
耳は普通に聞こえていたのだ。


こんなエピソードも.....
週刊誌 「AERA」 は2013年6月、 佐村河内にインタビュー。

取材終了後、 帰りのタクシーが到着してインターホンが鳴った際、 即座に立ち上がって 「来ましたよ」 と言ったという。

で、「AERA」 は変に思い、 彼の記事掲載を見送ったという。


pict-佐村河内さんは.jpg


ではベートーヴェンの再来、 全聾天才作曲家の会見をどうぞ。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=MWZbBaEN9-8



髪とヒゲを切ったら、 ベートーヴェンが西田敏行になっちゃった。

     pict-西田敏行.jpg


               * *


たった一言で大炎上。

雪印集団食中毒事件が起こったのは2000年6月。

「雪印低脂肪乳」 を飲んだ子供が嘔吐や下痢などの症状。
大阪を中心に、 死者1人、被害者約1万5000人を出した。


1997年、山一證券、 北海道拓殖銀行、 日本長期信用銀行が
倒産。

これらとあわせ、 長く信奉されてきた 「一流企業」 ブランドに対する信頼を失墜させた。


pict-雪印乳業・石川哲郎社長.jpg
    ☝ 雪印乳業・石川哲郎社長


追い打ちをかけたのが記者会見での対応。
報道陣に追及された当時の社長・石川哲郎が大失態。

エレベーター付近で寝ずに待っていた記者団は記者会見の延長を求めた。

もみくちゃにされながら石川社長は記者に対し、

「では後10分」 と答える。

「何で時間を限るのですか!」 と記者から詰問され、

「そんなこと言ったってねぇ、 私は寝ていないんだよ!!」 と発言。

これに対し報道陣は猛反発。 

「こっちだって寝てないですよ!
 10ヶ月の子供が病院行ってるんですよ!」 


石川哲郎はすぐに謝ったものの、 世論の指弾を浴びることとなった。
ではその歴史的名言を...たった8秒、 お見逃しなく。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=zXOggOtREQ8


もう少し長く聴きたい方は、 (声だけの30秒)
            ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Jh5aeoq2dK8


石川哲郎社長はこう言えば良かったのに....

「私はずっと女房と寝てないんだよ。
  今夜はヤルって約束したんだ!!」


尚、当時義憤として見られた報道陣の 「こっちだって寝てないんですよ!」 発言。

しかし後年、 朝日新聞の慰安婦の捏造報道問題などでメディアの信頼性が失墜。

本来報道は、 中立、 公正、 客観的であるべき立場であり、 被害者を代弁するかのような感情的発言は不適当とする評価も出た。


                * *


その朝日新聞が記者会見を開く。
2014年9月、 木村伊量社長(その後辞任)の謝罪会見だ。

pict-2014-9月11日、木村伊量社長.jpg


この会見で、 福島原発の 『吉田調書』、並びに慰安婦関連記事を
取り消して謝罪。


当時非公開だった 「吉田調書」 を入手したとして報道。

「福島第一原発にいた所員の9割にあたる約650人が吉田所長の
 待機命令に反し、 福島第二原発に撤退したことが分かった」

朝日の特ダネかと思いきやこれが誤報だった。
木村社長が誤りと認め謝罪。

pict-朝日の吉田調書誤報新聞.jpg

                 * *


しかし原発問題よりも、 慰安婦問題に関して責任を問う声が続出。 朝日新聞の信頼をゼロにした嘘八百報道事件だ。


で、「慰安婦報道についても説明させていただきます」 と言及。
慰安婦問題をでっち上げてから20数年経過、 遅きに失した謝罪。


pict-朝日新聞の社長が謝罪会見.jpg
          ☝ 木村伊量社長(当時60歳)


会見当日は、 入口で朝日の社員が各社の記者の出入りを厳しく
チェック。 会見場に入れるのは各社3人のみ。

会見場に入れなかった記者は、「別室」 でモニター視聴。

朝日新聞は 「警備上の観点から狭い会場で...」 と入場制限の
理由を説明。 恥を曝すわけで、 少ない方がベターという訳だ。


ではその時の会見模様をどうぞ。   (8分40秒)
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=__bjPvpdgk8



「朝日新聞は第三者委員会に検証を任せます」

自分の都合が悪くなると ”第三者委員会”を持ち出す。
第三者といっても選ぶのは自分じゃないの?


不倫が発覚した亭主が女房に言う。
「第三者委員会に検証を任せるよ」

「このバカー、 あんたが1番知ってんだよ!」


朝日の捏造報道により、 慰安婦像は世界中に建てられて、 おまけに日本は10億円も支払った。

永遠に続きそうな慰安婦問題は今や国際問題に.....
朝日の犯行は死罪でも事足りない。


偉大なる朝日新聞さま、

すぐに韓国に行って記者会見し、 頭を下げて来てください。


「韓国の皆さま、 慰安婦報道は嘘でした」










「日本政府ではなく、 朝日新聞を責めてください」 ってね。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:38| Comment(0) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

独居老人の生活1077 (コンドーム物語)


    本ブログは下品で低劣な内容です。 
    紳士・淑女および18歳未満の方はお読みにならないでください。



チェンマイ独居老人の華麗なる生活1077(コンドーム物語)


立派な紳士方の住んでいる健康で輝かしい宮殿のために

下水溝の役をつとめるのは、 娼婦ばかりでなく女全体である。

                            ボーボワール(フランスの作家)

pict-ボーボワール(フランス).jpg
  ☝ ボーボワールとサルトル(右)。

                  * *

コンドームの歴史を繙(ひもと)けば、 それは17世紀に始まる。
1689年、 イギリスの産婦人科医が魚の浮き袋を使用したという。

日本の “国産コンドーム” の元祖は 「ハート美人」。
これが発売されたのは1909年(明治42年)。

  pict-pict-「ハート美人」.jpg
              ☝
 「ハート美人」 はオカモトが商標を取得。
 なんと現在も生産されている ”現役” 商品とか。


当時、 薬局の経営者が東京は向島の風船屋に製造を依頼し、
苦心の末に商品化したとか。  値段は1ダース1円。

明治30年頃は、 小学校の教員や巡査の初任給が8〜9円/月。
ちなみに2013年度大卒巡査の初任給は192,300円。

てことは庶民にとって当時の1円は、現在の2万円程度の価値か。


他の銘柄には当時、 「敷島サック」 があった。

日本軍用のコンドームもあってネーミングが素晴らしい。
その名も 「突撃一番」、  「鉄兜」。

第一次世界大戦では兵士が慰安婦と性交 → 性病が蔓延。
参戦した各国の軍隊が支給品にコンドームを追加、 普及が加速。

                * *


1933年(昭和8年)、 日本で現在のコンドームの基礎となるラテックス製コンドームが誕生。

戦前までは主に性病予防具として使用されたそうな。


1948年(昭和23年)、 優生保護法が公布 → 受胎調整の推進
→ 避妊具として需要アップ。

    pict-Kondom.jpg


1979年(昭和54年)、 ある感染症が発見され急激に需要が伸びる。 それがエイズウィルス。

梅毒・淋病なら治療でOK、 しかしHIVは完治しない病気。
これにはジジイも震え上がった。

幸運なことに、 ジジイは生まれて此の方1度も性病やエイズに罹ったことがない。

買春して生(ナマ)でヤッたことが2度ある。
その後2週間ほどは心配で心配で....だがいずれもセーフ。

最初が30代前半で台北、 ホテル・客室係の斡旋だった。
2度目が30代後半でイスタンプール、 数人の大部屋飾り窓。

                * *

2005年、 画期的改良がなされた。
世界初の 「うすさ0.02o」 のコンドームが誕生。

2013年には更に改良。
「うすさ0.01o」 を実現、 「サガミ」 が発売開始。
    pict-サガミオリジナル.jpg
       ☝ 5個入りで954円(アマゾン通販)


ジジイは0.02も0.01oも使用したことがある。
あまり差がないような感じだったが.....

チェンマイでは現在0.02を使用、 自宅に在庫があるから。
といってもほとんど使っていないが.......

プロの彼女たちが使うタイ産のコンドームは厚くてダメ。
0.02とそれ以上厚いモノでは、 その差は歴然としている。

                 * *


ジジイは時代劇映画を見てた頃、 疑問に思っていたことがある。
江戸時代の遊女たちはどうやって避妊してたのか?


pict-コンドーム.jpg


彼女たちは妊娠したら稼ぎに困る → 重要問題だ。

調べたら意外なものを用いていた。 何かというと、和紙。
正確には 「御簾紙(みすがみ)」 という薄くて丈夫な和紙の一種。

遊女はこれを口に入れ、 噛んで柔らかくしてからペッと吐き出し、
丸めたものを局部に詰めて避妊していたという。

今でいうペッサリーか。
でもこれで避妊がちゃんとできたのか、 使う遊女も慣れるまでは
不安だったろう。

ちなみにジジイは、 ペッサリー現物を見たことがない。

                 * *


2018年1月から、 IT時代に相応しい新商品が発売される。
その名も 「アイコンスマートコンドーム」。
       (i-con smart condom)

pict-DSCN3087スマートコンドーム.jpg


イギリスのコンドームメーカー 「ブリティッシュコンドーム」 が開発。

見た目は小さなブレスレットで、 ペニスの根元にぴったりフィット。
避妊の場合は普通のコンドーム要。


ではこのスマートコンドーム、 ウリはナニ?
以下のデータを記録することができるのだ。

  ・性交中のカロリー消費量
  ・同ピストン運動スピード

  ・ピストン運動の平均スピード
  ・挿入回数

  ・性交の頻度
  ・性交時の持続力

  ・性交の合計時間
  ・ペニスの太さ測定

  ・体位測定
  ・平均皮膚温度

  ・性感染症(性病)の検知


ペニスの硬度、 勃起時の角度の測定はないようだ。
これは重要だとジジイは思うが.....

性交時の場所はどうなんだろう?
ベッドとは限らない。

ソファーで、 キッチンで、 ベランダで、 野原で、 神社の境内で、 トイレで、 海辺で、 彼女の家で...等々。

このようにジジイも昔、 色んな場所でヤッたことがある。
20代前半のジジイには精力が有り余っていた....懐かしいなあ。


射精頻度のデータも欲しい。
老人は射精に至らない時が多いのだ。

                 * *

ということで謳い文句は、 ベッドの上で起こるすべてのことを記録することが可能。

集めたデータはスマホに送信される。
で、このデータを友人たちと共有も可能。

加えて見知らぬ他のユーザーとの比較もOK。

洗浄できるので再利用可。
値段は59.99ポンド(約9千円)。

                * *


こんなデータをどう利用するか?

例えば日米首脳がデータを共有すれば、 より緊密で強固な関係を築くことができる。

トランプ大統領(T):
 「Mr.Abe、 貴方は回数が少な過ぎ、 月1回じゃあ....」 

安倍首相(A):
 「いやあ、 疲れてましてね...改善を図ります。
   でも大統領のように、 週2回はとても無理ですよ」

T: 「でもヤル時は体位を10〜20回も変えてますね
    日本には48手あるそうだから...イイね!」

A: 「SEXは回数じゃなくて、 濃密度だと思ってます。
    ピストン運動も大統領より速いでしょう」

T: 「首相は私よりお若いからね、 スピードじゃ敵わないよ」

A: 「ちょっと驚き、 大統領のモノは意外と小さいですね」

T: 「いえいえ、 日本人の貴方が巨根すぎるんですよ。
    Mr.Abe、 これは国家機密ということで.....」

A: 「Of Course, Mr.Trump (笑) 」
 


何だかんだ言ったって、











起たなきゃ  しょうがねー。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:01| Comment(4) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

独居老人の生活1075 (#3記者会見にも色々事情がありまして・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1075
            (#3記者会見にも色々事情がありまして・・)


 人生の経験とはそれをバネにして成長するための教訓なの。

 だから、 ほんとうにひどい出来事なんてないわ。

                              スーザン・サマーズ (米国の女優、 作家)


記者会見において、 倒産劇を演じた山一証券の社長が泣いた。
兵庫県の野々村竜太郎県議は号泣して見せた。

しかし泣くとなれば女、 涙のひとしずくが効果てき面。
それでも世間のバッシングは容赦ない。


家庭持ちのロックシンガーと恋に落ちた彼女は、 不倫というレッテルでその清純イメージを壊された。


     pict-ベッキー2.jpg
             ☝ ベッキー。       




「ゲス不倫」 の流行語まで作ったタレント・ベッキー(33)。

pict-ベッキー謝罪会見.jpg




愛くるしい笑顔で人気だったベッキーも不倫発覚時は31歳。
男に抱かれたい年頃さ。

ただ拙(まず)かったのはこの言い訳。
「ただの友達です」  で、 その後一時休業する。

pict-ベッキー謝罪会見2.jpg
             ☝ 
  この位のことを堂々と言えば良かったのに.....



日本とイギリスの二重国籍だったが、 20歳を機に日本国籍を
選ぶ。
二重国籍で大臣や野党党首にまでなった蓮舫よりずっとマトモ。

W不倫をしながら、 当選したら堂々と相手の弁護士を顧問にする
あの図々しいさ → 山尾志桜里議員より遥かに謙虚である。


pict-ベッキー.jpg
              ☝
 「許してあげなさいよ」 とジジイは言いたくなる。


                   * *


こちらの女優さんは息子の不祥事で謝罪会見。
息子と言っても立派な大人、 それがなぜ母親が謝るのか?

そんな意見もあるが、 やはり有名人はつらい。
一人息子を甘やかせすぎた付けが回って来た。


  高畑淳子の記者会見。
pict-高畑淳子謝罪.jpg


息子の逮捕容疑が強姦、 これじゃあ見っともないわな。


                  * *


息子の不祥事といえば大物女優、 三田佳子(76歳)。
亭主は元NHKプロデューサーの高橋康夫。

1998年に次男の高橋祐也が覚せい剤取締法違反で逮捕。
この時次男は高校生のお坊ちゃま。


pict-三田佳子謝罪.jpg


この会見でバカ母親ぶりが明らかになる。

「息子には月50万円の小遣いを渡してました」

「母の自分が女優で有名人だから、 未成年である息子の事件
  が報道されて可哀想」

こんな発言で大バッシングを受けた。
高校生が毎月50万円も手にすれば、 ワルさもするよ。

ジジイの当時の小遣いと比較し、 溜息が出たわ。

pict-三田佳子.jpg


尚、 この次男は2000年に同じ容疑で再び逮捕される。
三田は世論の猛烈な批判を受け、 今度は1年間の活動自粛を
余儀なくされる。


                 * *


同姓のタレントも大勢の記者に追い回された。
同じ三田でもこちらは三田寛子(51歳)。


pict-三田寛子.jpg



1991年に中村橋之助と結婚(当時25歳)。
将来の歌舞伎役者となる男児3人を出産。

そして亭主は八代目 中村芝翫を襲名。
その息子3人と共に、 歌舞伎界初の同時襲名披露を行った。

pict-中村芝翫5.jpg




 こんなに仲が良さそうな夫婦。
pict-中村芝翫3.jpg




しかし亭主には愛人がいた。  祇園の美人芸者だ。
これが週刊誌で報じられ、 中村芝翫は釈明会見を開くはめに....

矢印のこんな美女。
襲名披露の浅草お練りにも、 京都から飛んで来た。

                 ☟

pict-DSCN2863中村橋之助の浮気.jpg



亭主の浮気発覚、 となると有名タレントの妻にもインタビューしたくなるのは当然。

バカ亭主への怒りを胸に秘め、 深々と頭を下げる三田寛子。
              ☟
pict-三田寛子2.jpg


ではその時の模様をビデオでどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=G71jFsgBr9k


ついでに中村芝翫の釈明会見の方も。
https://www.youtube.com/watch?v=v5aTsm45FNY


                 * *


シレーっとして、 涙も見せずに記者会見。
結局この女は政界から退いた、 当然だ。


  上西小百合議員(34歳)
pict-維新上西小百合謝罪会見.jpg
     ☝ 上西小百合議員(当時31歳、 維新)の会見。



2015年、 上西議員は衆議院本会議を欠席。
会議前日には自民党議員とともに居酒屋やショーパブをはしご。

本会議日には男性秘書と “不倫温泉旅行” にお出かけ。
これが週刊誌などで報じられて非難の嵐。


維新は上西に除名処分を下す。
仏頂面の橋下徹が面白い(ご本人は怒り心頭...であったろうが)

                ☟
pict-上西小百合謝罪橋下徹.jpg
              ☝ 右端が橋下徹。


上西小百合は昨年の衆院選挙に立候補せず...ご立派。
こんな女、 政治家になっちゃあいけないよ。 

で、タレントに転身.....売れるかな?


                  * *


ジジイを魅了した記者会見はこちらの美女。


                  ☟




                  ☟




pict-小保方晴子.jpg
             ☝ 小保方晴子(34)さん。



独立行政法人・理化学研究所の元研究員。
刺激惹起性多能性獲得細胞(STAP細胞)研究の中心人物だった。

2006年、 早稲田大学理工学部応用化学科を卒業。
リケジョ(理科系の女性)言葉まで作った。


2014年1月にSTAP研究を発表。
「リケジョの星」、 「ノーベル賞級の発見」 として一躍時の人。

しかしSTAP論文や博士論文において研究不正の疑義が発覚。
理化学研究所やネイチャーが本格的に調査を開始したのだ。


で、 小保方晴子さんは釈明記者会見を開く。
                  ☟

pict-DSCN2180小保方晴子.jpg


「STAP細胞はあります!」
「200回以上の作製にも成功しました」 等と強い口調で断言。

ジジイはたちまちこのインテリ美女の虜に......

                   * *

バッシングを受けたあげく理化学研究所を退職。
時の人が墜落、 でもメディア一斉のあの罵りようは人権侵害だと
言う人も。


2016年、 婦人公論(6月)で作家の瀬戸内寂聴さんと対談。
見出しは 「小保方さん、あなたは必ず甦ります」 の寂聴の言葉。

騒動から2年後の写真はかなり痩せた印象。

               ☟

pict-小保方晴子の今現在の姿.jpg
       ☝ あれだけ叩かれれば心労で痩せちゃうよ。




2016年1月28日、 彼女は手記 『あの日』 (講談社) を発表。

2014年1月28日に行われたSTAP細胞の会見から、 ちょうど2年後の出版となった。

pict-小保方晴子あの日.jpg


その手記の中で、 自身の現状について、
「精神的、 肉体的にうつ病を治療している」。

「いつか科学の最前線に戻ることを心から願っている」 と記載。


早く立ち直って欲しいと、 ジジイは心から願っている。
でもジジイが未だに分からないことが1点。

200回以上もスタッフ細胞を作ったのに、 その後なぜ作れない
んだろう?










リケジョじゃなく、 サギジョかな?


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:18| Comment(2) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする