2018年12月17日

独居老人の生活1383(洗脳映画)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1383(洗脳映画)


  プロパガンダとは、

  自分が信じていないことを他人に信じさせること。

                                 アバ・エバン (イスラエルの政治家)


ジジイの子供の頃はまだテレビが普及しておらず、 最大の娯楽は映画だった。

なので映画による影響は大きいものがある。
ハリウッド西部劇を観れば、 騎兵隊が善でインディアンは悪と思い込んでいた。

とんでもない、 先住民の ”インディアン” を殺戮して土地を奪ったのは、 移住した ”アメリカ人”なのだ。

真田幸村が主人公なら、 徳川家康は狸爺の悪人となる。
幕末では勤皇の志士が善で、 徳川幕府は悪。

新選組なら近藤勇が善で、 芹沢鴨は悪人になった。
清水次郎長や国定忠治はカッコいい正義の親分、 ヒーローだ。

このように知らず知らずのうちに子供だったジジイは洗脳された。

これらの制作に関わった映画会社の社長や監督は、 洗脳する目的ではなかったはず。

単に勧善懲悪の映画がヒットするから作っていたと思う。


しかし戦前戦後には、 政府のプロパガンダのための映画が制作されていた。
その代表的な作品が、 ナチスを称賛する映画だ。

まずナチスが政権を獲得した1933年、 アドルフ・ヒトラーは直々に監督を依頼、 ニュルンベルク党大会の映画を作らせる。

その才能を高く評価された監督がレニ・リーフェンシュタール。
              ☟
    pict-レニ・リーフェンシュタール.jpg   


公開された映画が 『信念の勝利』。
しばしば割引料金や、 時には無料でも公開された。

ドイツ国民のうち2千万人ほどが、 この党大会記録映画三部作の第一作を見たという。


レニは1902年ドイツ生まれ、 元女優でもあった。

彼女はこのあと、 ナチス独裁を正当化し、 国威を発揚させるプロパガンダ映画を作り続ける。

               * *

1935年に公開されたのが 『意志の勝利』。

    pict-意志の勝利.jpg   


1934年に行われた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の全国党大会の様子が記録されている。

突撃隊の整然たる行進が美しい。
またナチ党諸部隊のヒトラーの前での閲兵行進も圧巻。

ジジイはこの映画を観に行ったことがある。
渋谷だったか、 小劇場での公開。

途中の居眠りなし、 飽きさせない見事な出来栄え。

pict-(意志の勝利).jpg


4分40秒でチョットだけご覧なってください。
Triumph of the Will(意志の勝利)
              ☟
https://www.youtube.com/watch?time_continue=15&v=BFJKkS9XEtA

               * *

レニ・リーフェンシュタールが続いて監督した映画が 『オリンピア』。

ベルリンオリンピック(1936年)の記録映画でヴェネツィア映画祭最高賞(ムッソリーニ杯)を受賞した。

これは5分32秒で....
         ☟
https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&v=HHt927h9B5Y

               * *

レニ・リーフェンシュタールは第二次世界大戦後、 米軍とフランス軍によって逮捕される。

精神病院に収監されるが、 裁判では 「ナチス同調者だが、 戦争犯罪への責任はない」 との無罪判決 → 釈放となる。

しかし戦後、 ナチスの協力者として非難、 黙殺されている。

現役の映画監督として復帰し、最後の映画作品となったのが2002年、 『ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海』。

その翌年の2003年、 長年助手を務めたホルスト・ケトナーと結婚し、最期は彼に看取られて死亡(享年101)。

ナチスとレニ・リーフェンシュタールについては、 この本が参考になった。
                ☟
    pict-ナチスと映画.jpg


最後にヒトラー演説でも......  2分26秒
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=OEiQj-FjCRc

                * *

日本でもプロパガンダ映画が作られた。
戦後GHQによる 「助言」 とはいうが強制的に....

目的はいずれも日本人に贖罪意識を植え付けること。
軍国主義者と政府の人間が侵略戦争を導いたことを匂わせる
内容だ。


『犯罪者は誰か』 (大映)
1945年12月27日公開、 上映時間77分。

監督:田中重雄、
出演:阪東妻三郎、 見明凡太朗、 浦辺粂子。

観客実績は約300万人といわれる。

  <あらすじ>
自由主義思想を抱く代議士植森隆平は日本戦うべからずと主張し戦争防止に努めていた。

国内の雰囲気は軍国主義的色彩は濃厚となり、 植森の身辺には圧迫が加えられる。
衆議院に於ける彼の演説は非国民の烙印。

植森は憲兵隊に拘引され拘置所に....
この間B29の本土空襲は激化し、 植森の妻は防火中に死亡。

妻の死を知らされても、 彼は自説を曲げなかった。

戦後、 拘置所を出た植森を待つものは敗戦の現実。
平和日本建設に邁進する若人達と新しい時代の曙光であった。

               * *

『民衆の敵』 は1946年に東宝が製作、 上映時間:83分

今井正監督の戦後第1作、 第1回毎日映画コンクール監督賞受賞作品。
出演:藤田進、 花柳小菊、 河野秋武、 志村喬。

戦時中に増産映画の名手であった今井監督が、 戦時中の工場での財閥の横暴を描く。
尚、 東京大空襲シーンは円谷英二の特撮(遠望のみ)。

左翼映画だったが観客数は約200万人。

              * *

『戦争と平和』 は1947年公開(東宝)、 100分。

監督:亀井文夫、 山本薩夫 
主演:池部良、 伊豆肇、 岸旗江、 菅井一郎

  pict-戦争と平和 (1947年.jpg


憲法普及会の企画で、「戦争放棄」 がテーマ。

D・W・グリフィス監督の 『イーノック・アーデン』 を下敷きに、 戦争が引き起こした二重結婚の悲劇を描いた反戦映画。

完成したフィルムはGHQの検閲で30分近くが削除された由。

映画の最後に 「平和憲法」 で未来があるといったナレーションが入る。

観客は大ヒットで550万人だったとか。

pict-戦争と平和 東宝1947.jpg

「流亡の曲」 この映画の主題歌です。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=UBbeGIBJ7zY

               * *

GHQが日本の映画会社に助言と称して作らせた映画は9本と聞く。
観客はプロパガンダとは気づかずに熱狂して観たのだ。

映画に加え、 ラジオドラマやドキュメンタリーでも、 GHQの洗脳は行き届いていたという。

米国は国民も国も戦争好き。  しかし日本を骨抜きにするマインドコントロールは徹底していた。

そしてその影響は現在まで続く。
日本は侵略戦争した悪い国、

”反戦を誓い平和を祈る”   平和憲法が日本を守る...

日本は御伽噺の国になってしまった。

一方で、 他国ではプロパガンダの映画やドラマが今も強烈。
韓国で、 中国で、 悪い日本をこれでもか..と描き続ける。

日本はおとなしくじっとしている。






人のいい国です、 わが日本。


チェンマイって ホントいいですね!

 <お暇なら>
NHKの反戦ドキュメンタリーです)

前編「昭和の戦争と平和」 
https://www.youtube.com/watch?time_continue=75&v=yv7O0CSX100

後編「昭和の戦争と平和
https://www.youtube.com/watch?v=IJdEveFfaYk





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:54| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

独居老人の生活1369(タイの刑務所を見よう)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1369(タイの刑務所を見よう)


刑務所に入らずして、その国家を真に理解することはできない。

国家は、どのように上流階級の市民を扱うかではなく、

どのように下流階級を扱うかで判断されるべきだ。

                          ネルソン・マンデラ (南アフリカの元大統領)


@ パレードとコンサート。

  第7回国際 ”We Love the King”
pict-We Love the King.jpg


2018年12月5日(水) 午後3時〜 午後9時。
場所はチェンマイ・3人の王様像(広場)

現ワチラロコン国王を称え、 亡くなられたプミポン国王を偲んで
開催。
たくさんの国々によるパフォーマンスとライブ演奏がある。

                 * *

A タイの若者は夜更かしがお好き。

ウドンタニー知事に率いられ、 29日午前1時半、 当局と軍の兵士はタハーン通りにあるバーを急襲。

そのバーでは閉店時刻の午前1時を過ぎても客が飲んでいた。

pict-Udon Thani pub raid.jpg


客のIDを調べると、 店内には15歳以下が2人、 17歳以下が
3人、 18〜19歳が144人と、多数の 20歳以下を確認。

バーのオーナーは起訴される。
容疑は閉店時刻違反、 許可時間を過ぎた酒類販売、 20歳以下の入場と酒類の販売。


ウドンタニーはヴィエンチャン(ラオス)まで車で約1時間。
ジジイは過去、 ここに3回来て宿泊も2度している。

そんな賑わうバーがあるとは全く知らなかった。
それにしてもタイの若者は元気、 夜明けまで遊ぶのだろう。

15歳以下も、女の子も深夜まで....どうなんってんだ。
警察に苦情(垂れ込みか)が出て、 手入れになったそうな。

                  * *

B スポーツの祭典。

明日12月1日から10日間の日程で、 タイの全国学生陸上競技
大会が開催される。

場所はチャンプアクの市営競技場。
すっかり飾り付けを終え、 タイ全土から集まる学生を待つだけ。

pict-P_20181130_064953競技場大会飾り (1).jpg
       ☝ セレモニーの舞台づくりも準備万端。



  スタジアムのメインスタンド前はお祭りムード。
pict-P_20181130_064953競技場大会飾り (3).jpg



pict-P_20181130_064953競技場大会飾り (2).jpg



競技場トラックへのゲートも傘でデコレーション。
  入場行進はここからスタートかな。
pict-P_20181130_064953競技場大会飾り (4).jpg


スポーツ観戦がお好きな方、 暇つぶしができるかも。

                 * *


C タイの刑務所はこの世とは思えない地獄とか。

2017年カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門で上映され、 大きな反響を呼んだのが 「暁に祈れ」。

   pict-暁に祈れポスター.jpg


イギリス人ボクサー、 ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を映画化、 戦慄の実話アクション。      

ビリーは、 タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者に....

ある日、 警察から家宅捜索を受けた彼は逮捕され、 タイで最も悪名高い刑務所に収容される。

そこは殺人、 レイプ、 汚職が横行する、 この世の終わりともいえる場所。
レイプは便所、 男が男たちに犯され続け、 発狂・自殺者も多数。

pict-暁に祈れ2.jpg


死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、 所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが転機となる。

彼は習得したムエタイを武器に地獄の刑務所を生き抜いていく。

pict-暁に祈れ4.jpg
    ☝ 刑務所内でのムエタイ試合を観戦する囚人たち。



  ラブロマンスもあるのかな。
pict-暁に祈れ3.jpg


監督のジャン=ステファーヌ・ソヴェールは、 撮影場所に本物の
刑務所を使用。

主要キャスト以外は実際の元囚人や、 タイの伝説的なボクサーであるソムラック・カムシンなどを重要な役どこで起用した。

タイ語を知らないビリーの恐怖を観客に味わわせるために余計な字幕は一切入れず。

ビリーの息遣いまでも伝わるよう、 音響にもこだわり、 本作の迫力を重視したという。

2017年製作、 上映時間:117分。
日本では12月8日(土)より全国順次公開。

出演:ジョー・コール、 ポンチャノック・マブラン、
    ヴィタヤ・パンスリンガムほか。

監督・脚本:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール

原作:ビリー・ムーア

『A Prayer Before Dawn:
  My Nightmare in Thailand’s Prisons
  (夜明け前の祈り:タイ刑務所の私の悪夢)』


では予告編をどうぞ。  (1分48秒)
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=v5mWoct9rtM


英語バージョンの予告編は 2分25秒。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Mp88Nuci68c


タイの刑務所の凄まじさを見たければ 『暁に祈れ』 で.....
服役者の人権尊重はどうなんだろう。

国連人権理事会の方々は調査してるんだろか?


チェンマイでも上映されると思うが.....観てみたい映画である。






タイの刑務所で暮らす日本人、 大変だろな。


チェンマイって ホントいいですね!

  <参考までに>
読者の方より90日オンラインに関し、コメントにて質問あり。
次の用紙を印刷しておけばOK、 全く問題ありません。
                  ☟
pict-DSCN3377.jpg






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:47| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

独居老人の生活1197(カネも家もある独身爺さんの余生は...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1197
              (カネも家も車ある独身爺さんの余生は...)


 世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。
 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。

 だが悟りを開いた人間とは、 群集の真っ只中にありながらも、
 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である。

                           ラルフ・ワルド・エマーソン (米国の作家、 詩人)


@ あの頃みんな若かったが......

2016年2月、 都内ホテルの1室に集まったのが昔の新御三家。
                             (週刊新潮より)
pict-DSCN3805.jpg
       ☝ 郷ひろみ、 西城秀樹、 野口五郎。 


このとき西城秀樹は言ったそうな。

「60代の次は70代が待っているわけでしょ。
 60代というのは新たな10年のスタートなんだ」

残念ながら西城秀樹は今年5月、 あの世に旅立った。
だが彼の幸運は、 結婚相手に普通の女性を選んだこと。

彼女は地質調査会社に勤務する芸能界とは縁のないOL。
スター秀樹は子供にも恵まれ、 幸せな家庭の味を満喫できた。 

歌唱力抜群のアイドル歌手だった思う....享年63、 合掌。

                 * *


A こちらはこれから30年?
                             (週刊新潮より)
pict-DSCN3804猪瀬直樹.jpg
               ☝ 蚤の夫婦。


2016年10月に交際が発覚。
愛を育み今年5月16日、 婚約パーティーを開催した。

猪瀬直樹元知事(71)と蜷川有紀(57)の熱々カップル。
彼女は舞台監督の蜷川幸雄の姪だとか。

その日は猪瀬直樹の新著の出版発表会でもあったようだ。
その本の中には猪瀬の名言が散りばめられているそうな。

 「人生に満足したら、 人は死ぬ」

 「還暦なんて、 成人式なようなもの」

そう、 100歳寿命が当たり前のような昨今、 猪瀬さんにはこれから30年が春となる。

ところで猪瀬さん、 クスリ 使ってるんですか?

                 * *


B 東映映画 「孤狼の血」 を観に行く。

pict-孤狼の血.jpg


舞台は昭和63年の呉原市(ロケは広島県呉市)、 暴力団系列の金融会社社員失踪事件をきっかけに捜査する警察。

暴力団組織間の激しい抗争を描いていることから、 「警察小説 × ”仁義なき戦い”」 といわれる。

柚月裕子著の小説 「孤狼の血」 を映画化。
5月12日から公開中で、 監督が白石和彌。

キャスト:役所広司  松坂桃李  真木よう子  江口洋介  
      田口トモロヲ  石橋蓮司  滝藤賢一ほか。


ジジイは深作欣二監督の 「仁義なき戦い」 シリーズを観ているので、 どうしても比較してしまう。

pict-仁義なき戦い .jpg
   ☝ 左から小林旭、 成田三樹夫、 不明、 菅原文太。
      (昭和48年、 仁義なき戦い・代理戦争)


面白いのは断然 「仁義なき戦い」、 暴力団抗争がメインでテンポがいい。

「孤狼の血」 は刑事役の役所広司と松坂桃李が主役だが、 どうもジジイにはしっくりこない。

pict-役所広司.jpg
          ☝ 松坂桃李(左)と役所広司。


では 「孤狼の血」 の予告編をどうぞ(1分30秒)。
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=20QecFl4oGg



懐かしい 「仁義なき戦い/完結篇」 (予告編)もどうぞ(3分)。
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=c7D-zKqaStU

                  * *


C 一昨日(22日)のランチ。

向かった先はJR新宿駅東口にある 「アサヒスーパードライ」。

pict-pict-DSCN3798.jpg




同行者は元会社の後輩2人、 共に未婚で恋人なし。
生まれて此の方、 ずっと恋人がいなかったように思う。

pict-P_20180522_12242加藤4.jpg
                   ☝
右(67)は今年2月、 チェンマイに1週間滞在(ゴルフ目的)。
左(66)は昨年まで現役、 65歳定年で退職、 今夏チェンマイに
来るそうな。

話題はもっぱら会社のこと、 病気や女の話は一切なし。
現役時代も艶っぽい話題は皆無、 2人は真面目な会社員だった。

恋人もなく、 子供もなく、 配偶者もなく、 大学を出て同じ企業で
定年まで働き、 あと何年生きられるか?  

預貯金 + 退職金 + 年金 = 優雅な独身余生。

写真左側の爺さんは、 定年後ベンツを買ったそうな。

こんなの、 ちっとも羨ましくない。
ジジイなら下心を露骨に出して、 チェンマイの若い女性にホンダ車を贈りたい。

  店内。
pict-P_20180522_121719.jpg



 オーダーは、 若鶏のから揚げ:980円(約280バーツ)
pict-P_20180522_105023.jpg



  クリームチーズと林檎:850円(約240B)
  サーロイン炙り焼き:1,880円(約540B)  
pict-P_20180522_105018.jpg



  じゃこサラダ:850円(約240B)
pict-P_20180522_105651.jpg


その他のオーダーは、 (レートは3.5円/バーツ)

・生ハム盛り合わせ:1,200円(約340B)
・ミートドリア:900円(約260B)

・生ビール(中ジョッキ):690円(約200B)
・赤ワイン(ボトル):2,800円(約800B)

で、支払いは割り勘で、 ほぼ5,000円/人(1,430B/人)となった。


こんな贅沢なランチは、 東京に居りゃこそ味わえるってもの。

チェンマイにいたら 「高〜い!」 と悲鳴をあげるだろう。
なんせ40バーツのカオマンガイが基準になるのだから。


独身後輩2人に不足しているのは情熱、 冒険心じゃなかろうか。

猪瀬直樹を少しは見習えばいいのに......











 オンナは?  情欲なしか。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:20| Comment(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする