2019年11月10日

独居老人の生活1687(ランプーン・灯篭祭り)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活(ランプーン灯篭祭り)


 人々が愛を軽く見ているわけではない。
 それどころか誰もが愛に飢えている。

 ところが愛について学ばなけらばならないことが
 あるのだと考えている人はほとんどいない。

                         エーリッヒ・フロム (ドイツの社会心理学者)


@ 昨日(11月9日)の晩ごはん。

昨夜はランプーンへ....ランプーン・灯篭祭りの観光だ。
チェンマイから車かバイクで南下して約30分。

観光の前に腹ごしらえ。
店名はタイ語(ジジイは読めません)  (地図はココ
ランプーンバスターミナルから近い距離。

   ここが入り口。
pict-P_20191109_203044_vHDR_On_pランプーン・レストラン (1).jpg



  土曜日だからか、満席の盛況。
pict-P_20191109_203044_vHDR_On_pランプーン・レストラン (3).jpg



  ライブはタイ語の楽曲ばかり、 素晴らしい!
pict-P_20191109_203044_vHDR_On_pランプーン・レストラン (2).jpg



野菜炒め90バーツ、 ポークネック160バーツ、
 Beer Chang大瓶が75バーツ。
pict-P_20191109_203044_vHDR_On_pランプーン・レストラン (4).jpg

メニューはタイ語表示のみ。
しかし写真付きだから注文に困ることはない。

定休日なし、 午前10時〜夜 0時まで営業。

ランプーンにもこのような素敵なレストランがある。
田舎だと思ってバカにしちゃあダメか。


  **********************


A ランプーン・灯篭祭り。

ランプーンの観光スポット、 チャーム・テーウィー像の広場では、 今、イベント真っ最中。  (地図はココ

ワット・ハリプンチャイから徒歩5〜6分の所。

チャーム・テーウィーといえばモン族ハリプンチャイ王国の初代女王、 ランプーンの創設者と言っていい。

詳しくお知りになりたい方は旅行社の案内で...(ココをクリック)

ならばと昨夜(2019年11月9日)、 ランプーンに行ってみた。

  入り口、 24時間オープンしている。
pict-DSCN6249チャーム・ティーウィーの像.jpg



   広場は灯篭でいっぱい。
pict-P_20191109_215619_vHDR_On_p.jpg



   恋人たちは愛を囁く。
pict-DSCN6232.jpg



   真っ赤なイルミネーション。
pict-DSCN6248.jpg



  チャーム・テーウィー像を拝む人々。
pict-DSCN6241.jpg



 こんな方まで参拝している。


            ☟



pict-DSCN6242.jpg



灯篭(といっても火を灯すわけじゃないが)の販売。
                 ☟
pict-DSCN6235.jpg
             ☝ 59バーツ。



彼女の願掛けは何だろう?
「2人の愛は永遠不滅、 結婚したいわ、 お金欲しい!」
                   ☟
pict-P_20191109_221359_vHDR_On_p.jpg



   書き終えた灯篭を竿で吊るすのだ。
pict-DSCN6247.jpg



   彼女たちの願いは何だろうか?
pict-DSCN6239.jpg



ジジイも購入、 願い事を書く。

愛に飢えているジジイは、 愛について深く考えた。
愛というのは学べば学ぶだけ悩ましい。


ついに愛の源泉を探し当てる、 ここだった......で、願掛け。



                ☟




                ☟





pict-P_20191109_221717_vHDR_On.jpg



 相手を募集中です。


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:18| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

独居老人の生活1675(飲み過ぎました)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1675(飲み過ぎました)


 一人の人間が習慣的に
 大量の酒を飲むようになるには様々な理由がある。 

 理由は様々だが、 結果は大抵同じだ。
                                      村上春樹 (作家)


@ EVPADお持ちの皆さまへ。

(注)EVPADとは、 タイでも何処でも日本や海外の
    テレビ番組をそのまま視聴できる機器です。

EVPAD機能にプレイバックアプリ(無料)が追加されている。
このアプリで1週間の録画(番組)を視聴できるようになった。

関東系と関西系の8局がOK、 テレビ東京だけは視聴不可。
アプリ設定の方法は、

1.ショッピングセンターをクリック。
2.EVPADアプリをクリック。
3.saturnPlayBackのアプリをクリック。
4.ダウンロード、 インストールして開く。


やさしく画像入りで説明しているのが 「レビューの王子さま」。
                 
『最大の注目は、プレイバック再生機能を備えたアプリ 「Playback」 の登場です。

以前から中国テレビ局のプレイバック再生機能は搭載されていましたが、 新アプリでは、 日本も含めた各国の番組がプレイバック視聴できるようになりました」

これは、UBOXには搭載されていない機能なので嬉しいですね。
ということで、 詳細は下をクリック。
                 ☟
http://kattemitablog.blogspot.com/2019/07/evpad.html

このアプリで1週間のPlayBack(録画)をお楽しみください。
残念ながらジジイが持つのは 「U BOX」、 録画機能なし。


  *********************


A 嫌韓の皆さまへのビデオ(News)。

喋っているのは韓国人。
日本語の発音がちょっと...日本生まれの在日ではなさそう。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=rfYmgTvFtYM


上の続き(のNews)を視聴なさりたい方は下を・・
https://www.youtube.com/watch?v=m-v3_9hmWOM


韓国人が韓国のキチガイ左傾を詳しく説明している。


  ********************


B 2つのダム湖をトンネルでつなぐ。

メガットダム湖とメイクワンダム湖をつなぐトンネル工事が40%完成。 (地図はココ

100%完成すれば、 メイクワンダムの貯水が減少した時、 メガットダムから補給が可能になる。

pict-linking Mae Ngad and Mae Kuang.jpg


このプロジェクトはラーマ9世時代に着手。
チェンマイとランプーンの居住者が恩恵に浴する。

工事の大きな障害は、 技術的なものはもとより、 地理的・地勢的問題に関連するという。


完成が待ち遠しいが、 その頃ジジイはあの世だろう。


  **********************


C 昨日の晩ごはん。

昨日(2019年10月27日)は、 手打ち蕎麦を食いに行く。
この店(店名忘却)は今回で2度目。  (地図はココ

メインが蕎麦なので、 行く前に自宅で軽く飲んで食欲増進。

友人のKさん(75)を拙宅に誘い、 竹輪、 枝豆、 イカの塩辛をツマミにし、 それぞれ缶ビール(小)2缶を飲む。


店に入ったのは8時過ぎ、 我々はテーブルに席を取る。

pict-P_20191027_202347_vHDR_On_p手打ち蕎麦 (3).jpg



注文は手打ちざる蕎麦180バーツとアサヒビール(小瓶)。
前回来た時は160バーツだったが、 早やくも値上がり。

pict-P_20191027_202347_vHDR_On_p手打ち蕎麦 (1).jpg


この店の女将か店員なのか、流暢な英語に加え美人、 爺さん2人はウットリ。

蕎麦までより美味しく感じるから、 美女はお得だ。

pict-P_20191027_202347_vHDR_On_p手打ち蕎麦 (2).jpg

                * *

美味い手打ち蕎麦を食ってこのまま帰るのは惜しい。
で、ライブレストランで二次会ということに。

出向いた先は 「Jazz Cafe」  (地図はココ

pict-P_20191027_215450_vHDR_On_p Jazz Cafe (2).jpg



店には9時に到着、 席について2,3分後に演奏スタート。
                 ☟
pict-P_20191027_215450_vHDR_On_p Jazz Cafe (5).jpg



たまたまエルビス・プレスリーショーが....ラッキー。

pict-P_20191027_215450_vHDR_On_p Jazz Cafe (1).jpg
       ☝ カツラを被ったエルビス、 唄は上手い。


ここに来るまでに、 ジジイはビール(小)換算で3本飲んでいる。
Kさんは運転するためBeer打ち止め、 ジジイが1人でグラスを空ける。

可愛い女の子が注ぎに来る → 瓶が空 → お替りの注文を促す。
               ☟
   pict-P_20191027_215450_vHDR_On_p Jazz Cafe (4).jpg


いつもカッコつけて書いているが、 ジジイは元々美女には弱く断れない。

結局、大瓶3本を注文、 ソムタム(69B)を摘まんで空ける。
ちなみにBeer Chang大瓶は100バーツ/本。


音楽に酔い、 酒に酔い、 女の子にしびれてジジイは酩酊。
Kさんが車で拙宅まで送ってくれた → あとはバタンキュー。

ということで頭が少々痛いまま、 今、 書いている次第。


 「私の血はワインなの」   川島なお美(女優)


 「俺の小便はビールだ」   独居老人(暇人)







チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:41| Comment(2) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

独居老人の生活1673(Jungle De Cafe Baan Tawai)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1673
                   (Jungle De Cafe Baan Tawai)


人は心が愉快であれば、 終日歩んでも嫌になることはないが、

心に憂いがあれば、 わずか一里でも嫌になる。

人生の行路もこれと同様で、 人は常に明るく

愉快な心をもって、 人生の行路を歩まねばならぬ。

                             シェイクスピア (英国の劇作家)


@ ドイアンカーンへの道路が再オープン。

ドイアンカーンはチェンマイ市街から約150km、 車で3時間。
   (地図はココ

先週、 工事中だった道路が完工、 現在再開通している。
チャイプラカーンハイウエイ当局は、 注意を促す。

pict-Route to Doi Ang Khang .jpg


道路は急カーブと険しい坂道が多い。
天候も急に霧が出たり消えたりで、 ドライバーは安全運転を...!

尚、大型車両、 例えばバスなどの通行は禁止されている。

                * *

ドイアンカーンは標高1300mの山の上。
ここにはロイヤルプロジェクトがある。

プロジェクト内には大規模な庭園があり、 ハーブ園、 ツツジ園、 バラ園など見所が多い。

pict-花ドイアンカーン.jpg


また早朝に起床して日の出を見るのも人気とか。
「雲海」 が見られればもっと最高。

乾期に楽しみなのが花見、 桜が咲いて日本人の心を和ませる。

ジジイはまだ1度も行ったことがない。
ホテルは結構あるそうで、 泊りがけで行くのもいいかな。


  ***********************


A 昨日の昼ごはん。

昨日(2019年10月24日)、 10月2日にオープンしたばかりのカフェに行く。 

店名は 「Jungle De Cafe Baan Tawai」。  (地図はココ

「Jungle De Cafe」 がメーリム、 クイーン・シリキット植物園の
近辺にもあるが、 この店はハンドンで開業。

山の中にあるメーリム店と異なり、 ハンドン店は水田の中、 加えてホテルも営業。

では写真でお楽しみください。

  ここが入り口、 牛がトレードマークか?
pict-DSCN6184.jpg



ここで注文、 テーブルを確保して待ってればいい。
                 ☟
pict-DSCN6187.jpg



  ジジイはテーブルに座って待つ。
pict-DSCN6194.jpg



注文の品が出来上がるとアナウンスあり。
自分でカウンターまで取りに行く。

   ポークとライス:95バーツ。
pict-P_20191024_135031_vHDR_On_p.jpg
                   ☝
ジジイの注文ナンバーは59、 番号で呼ばれる(英語あり)。
ビールもあるので、 飲み助も安心。



  このように ”水辺でお茶を” でのんびり寛ぐ。
pict-P_20191024_141952_vHDR_On_p.jpg



   ネットの上で休むのもいい。
pict-P_20191024_140517_vHDR_On_p.jpg



記念撮影する女性客。
ふくよかというよりデブ、 ジジイの連れではありません。
                  ☟
pict-P_20191024_142500_vHDR_On_p.jpg



  こちらはポーズをつけて...何枚も撮ってました。
pict-P_20191024_145433_vHDR_On_p.jpg



   ではホテルを見物してみるか。
pict-P_20191024_142008_vHDR_On_p.jpg



  ずず〜いと奥に入って・・
pict-P_20191024_143333_vHDR_On_p.jpg



大きなプール施設があるのだが、 各部屋プール付き。
   温泉の露天風呂ではありません。
pict-P_20191024_143252_vHDR_On_p.jpg



   気になるお値段は?
pict-P_20191024_150134_vHDR_On_p.jpg

ウッヒャー、 高い!
朝食付きで1泊3,500バーツ(2人)とは....

ジジイの趣味に合わず、 ビールを飲んでもう満足。

ご家族連れ、 または恋人とご一緒にどうぞ!


  ************************


B あの人は今....どこに?

本ブログの長い読者の方なら、 次の2人を覚えておられると思う。

1人はサラピーとランプーの境にある田舎の一軒家で、 1人寂しく暮らしていた T さん。

轟自宅.jpg



     もう1人はこのスキンヘッド。
  pict-pict-よも助.jpg


2人がチェンマイから引き揚げて早や1年以上経過。
その後、 チェンマイには姿を見せず。

風の噂では、 旅行中に行き倒れで死んだとも....
しかし昨日、 2人の生存を確認。

2人は観光名所・日光で再会、 杯を交わして旧交を温めた由。

                 ☟

   pict-1571901962707轟さん.jpg
                 ☝
    (注) 2人は飲み友達、 ホモ達ではありません。


T さんは現在、 瀬戸内海のある島で1人暮らし。
よも助さんは国内を放浪後、 今、栃木県内に滞在中。

2人とも60代半ば、 恋人を探す気はさらさらなく、 気ままに独身を楽しむ。

これもある意味で、 優雅な余生の過ごし方であろう。

お二人さん!






チェンマイに戻ってらっしゃい。


チェンマイって ホントいいんだよ!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:58| Comment(2) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする