2017年05月29日

独居老人の生活877(チェンマイでチップを出すの?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活877
                   (チェンマイでチップを出すの?)

   金持ちに成っても、金持ちに生まれついても、
   それで優雅な生活が送れるわけではない。

   そのセンスが必要なのだ。
                                 バルザック (フランスの小説家)


チェンマイ定住の友人Aさん(74歳)からメールを戴いた。
首記のチップに関する戸惑い、 みんなはどうしてるって。

Aさんは一昨日(27日)、 タイ人の奥さま(40ちょっと)と高級和食店に出向く。

店名は 「花輪」、 オールドカルチャラルセンター内にある。
  (場所はココをクリック)

注文は、先ず奥さまから記しましょう。

 @ 刺身盛り合わせ: 850バーツ。
 A ビール小瓶: 70バーツ。
 B ご飯と味噌汁: 55バーツ。

  さすがに豪勢。
pict-1496010406817.jpg




次に日本人亭主Aさんの注文。
鯖の照り焼き定食230バーツと水20B。

pict-1496010404395.jpg



至って控えめ.....ダイエットされてるのかな?

否、ジジイが推測するに、 Aさん宅では奥さまが女王様、 ご亭主はATMで唯の召使い、 そんな主従関係で?

注文した料理でどっちが偉いか、 その差は一目瞭然。


Aさんご自身がおっしゃるには、

「オレは女房のお抱え運転手だよ。
 女房はおろか近くに住む女房の母親まで乗せて行く。
 遠方にある美容院とか買い物とか.......嫌んなるよ」


で、 勘定がVat込みで1,311バーツ。 サービス料は請求なし。

      pict-1496010401099.bmp



Aさんはお札で1,520バーツを支払う。  当然お釣りは209B。
 (1,000B札 + 500B札 + 20B札)

すると返って来たつり銭は、 190Bのお札と19Bの硬貨。
 (お札は100B札1枚 + 50B札1枚 + 20B札2枚)


普通なら100Bx2枚(お札)に9Bの硬貨のはず。
お店ではたまたま100B札が不足していたのか?

しかし穿(うが)った見方をすれば、 店員さんにはチップを多めに..の期待があったのかも。

これはジジイも他店で経験、 戸惑ったことがある。
お釣りにたくさんの硬貨、 持って帰るのも何だか.......


Aさんは違和感を覚えたが、 ここは硬貨(19B)をチップにして店を後にした由。

タイ人の奥さまからは 「何故お札で渡さなかったの?」 とブツブツ言われたとか。

ではここで、 Aさんがお仕えする30ほど年下の女王様です。
                  ☟
pict-1496010409080.jpg
            ☝ Aさんのタイ人美人妻。



ジジイは奥さまのお気持ちが理解できる。
お金持ちの私たちが、そんなみみっちい了見では恥ずかしい。

お店は高級和食店、 気持ちよく接客してくれた......
ならば硬貨はそのまま、 お札で(チップを)渡すべき。

奥さまはそうしなかった夫に不満を持ったものと思う。

もしジジイだったら100Bだけ取り、 残りの109Bはチップにすると思う。 但し、実行するかどうかはその時の気分次第だが。 

そもそもそんな高級店に行ったことがないし、 予算的に無理。


ジジイはマッサージ店やカラオケ店に行けば、 大概チップを渡す。
1〜2割程度、 カラオケなら女の子に100〜200B。

勘定にサービス料が含まれている場合はチップなし。
普通の庶民的レストランでもチップは出さず。


タイではチップの習慣はないと聞く。

但し、 ホテルとか高級レストランの場合、 10%前後のチップを
置く客がいるようだ。 (サービス料なしの時か?)


タイでのTip、 皆さまはどうなさってますか?


独居老人、 たまにはそういう高級レストランに行ってみたい。  











 

 勿論、 美女と2人で........


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:21| Comment(28) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

独居老人の生活848(ドイ・インタノンのレストラン)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐848
                       (ドイ・インタノンのレストラン)


   私は生きんがため、 奉仕せんがために食べる。

   また、 たまたま楽しむために食べることがあっても、
   快楽を追求するために食べるわけではない。

                                            マハトマ・ガンジー


@ 雇用延長の理由。

大手デパートに勤務するAさんは65歳で定年を迎えた。
食品売り場の超ベテランだった彼に、 会社は配置転換を条件に
雇用延長を提示。

で、 Aさんの新しい部署は ”顧客苦情係” だという。
彼にはこの異動先に思い当たる節があった。


Aさんは最近、 もう耳が遠くなっていたのだ。


                * *


A 旧市街でのランチ。

ソンクランの真っ盛り、 レストランは休みの処が多かった。
お堀の内なら開いているだろうと 「ごはん屋」 に行く。

ところがお休み。
仕方なくその付近の店を覗くとオープンしている。

店名 「ブルーダイアモンド」  (場所はココをクリック)

 入口。
pict-pict-030-26574-thumbnail2.jpg




 店内。
pict-DSC_0046.jpg




 ガーデンにもテーブルがある。
pict-DSC_0044.jpg




上がポークをトッピングしたソバ:90バーツ。
下はジジイがチキンをチョイス、 スパゲティ:110B。
pict-DSC_0047.jpg
            ☝
     ビール大瓶が90バーツ。


ヴェジタリアンの店だが、 肉類や海老のトッピングOKだ。
ファラン(白人)客が殆どで、 1品当たりの量が多い。

友人は半分近くを残して正解。
ジジイはビール大瓶2本飲んだ上に全部平らげたら、 やはり胃がおかしくなった。


 ジジイの席の足元には池があり、 錦鯉が泳ぐ。
pict-DSC_0045.jpg


                * *


B あるカフェーの店内掲示を読むと.....

『当店ではお客さまは神様です。 店内で喫煙戴けます。

つきましては、 コーヒーカップに煙草の火を落とす癖のある
お客様は、 その旨お申し出ください。

次回からは、 灰皿にコーヒーを入れてサービスさせて
戴きます。                   店長』


                 * *


C 先日ドイ・インタノンに出かけた。 (地図はココ

ドイ・インタノンはご存知タイで1番高い山。
標高2,565m、 頂上まで車で行くことができる。

pict-TH_IMG_2457.jpg
                   ☝
頂上にはこのような施設や散歩コースがある。
ジジイは8年前、 現地日帰りツアー(1,000B/日)に申し込んでこの周辺を観光。


この日は友人と一緒、 総計4名で鱒(マス)を食べに行く。

麓にロイヤルプロジェクトによる鱒の養殖場があり、 その近くのレストランで養殖マスを出してくれるのだ。

だが行ってみるとそのレストランが見つからない。
ジジイは4,5年前に訪れたことがあり、 道案内係だったが......


同行者に申し訳なかったが、 別のレストランを探す。
そしてヒットしたのがこちら....「Inthanon Highland」

先ず行き方だが、 ドイ・インタノン国立公園・第一チェックポイントの手前約1kmの右側に幾つかの看板が見える。 (場所はココをクリック)

そこに 「TOUCH STAR」 や 「Inthanon・Highland 」 の
案内板がある。
 
その看板の所を右折して1〜2kmほど走ると・・・・
「TOUCH STAR Resort」 が左手に現れる。

pict-DSCN0017.jpg




そこを通り越して300mほど奥に行けば到着。

pict-DSCN0011.jpg




「インタノン・ハイランド」 リゾートだ。

  ここが入口。
pict-DSCN0010.jpg




広大、 そして美しい庭園を見ながらのランチ。

pict-DSCN0009.jpg





 爺さん4人は屋根のあるここで食事。
pict-DSCN0008.jpg




ジジイの注文: ポークBBQ:110バーツ。
ビール大瓶が安くて感激・・・60バーツ。
pict-DSCN0013.jpg


こんな素敵な田舎のレストランでランチ。
庭園の池や木々がロマンチックムードを醸し出す。

ドイ・インタノン山頂あたりを観光し、 そのあとホテルに宿泊。
たまにはのんびり自然の中で過ごしたいものだ。

勿論一緒に行くのは女性。  口説くも良し。
奥さん・恋人となら、 2人の愛は更に深まるであろう。


自分自身が情けない。











爺さんと行って.....どうすんの!


チェンマイって ホントいいですね!








posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:52| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

独居老人の生活839(イライラしたらダメよ)



日本はお花見真っ盛り。
でも今や花見は国際的人気、 外国人の観光目玉になっている。

ちょいと見てみましょう。


この皆さんはインドネシアから日本へようこそ!
             ☟
pict-DSCN9999.jpg
              ☝ 
ムスリムだけに、 時間になればメッカに向けて祈ります。




こちらはスペイン娘。  桜をバックに一際映えてます。
              ☟
pict-DSCN0001.jpg




 白人も茣蓙の上に座って日本人と交流か。
pict-DSCN0004.jpg




このカップル、 日本人じゃありません。
台湾からカメラマン共々やって来た。
pict-DSCN0002.jpg
              ☝ 
   メロドラマの主人公になり切ってますな。




こちらの花見はオッサンとオバさんの日本人カップル。
でも訳アリの2人なのよ。
pict-DSCN0006.jpg


男は映画監督の源 孝志(55)。
立命館大学卒、 映画「東京タワー」などで頭角を現す。

女はNHKの與芝由三栄(42)。
NHKサンデースポーツのキャスターとしてお馴染み。
慶大法卒で、 ミス慶応にも選ばれた才色兼備のアナウンサー。

源監督は家庭持ち。
與芝アナはバツ1で亭主と子供がいる。

これをW不倫と呼び、 当事者はとても燃えるんだそうな。
いいねえ、 花見で飲んで熱〜い1発、 いや2発かも。

スケベなお二人には長〜く不倫を楽しんで戴きたい。
25年後、 80と67歳でヤってくれれば拍手喝采だ。

(注) カラーの4枚は 「週刊新潮」、
    白黒の1枚は 「週刊文春」 共に今週号より。




チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐839(イライラしたらダメよ)


  よもや他人の迷惑にはなるまいと思っているときに、

  他人の迷惑になっていることがよくあるものである。


                                   ラ・ロシュフコー (フランスの箴言家)


@ チェンマイで日本人爺さんと.......


「失礼ですが、 お幾つになられてます?」

 「84歳だよ」

「お若く見えますね。
 で、 最後のセックスって、 いつヤリました?」


 「今朝の4時だな」


                * *


A 恋人募集中の爺さんが訊いている。


「チェンマイの若い美女を紹介してくれませんか? 」
 
「”紹介” かどうかは分からないけど....
 ”買う” ことなら、 いつでも..........」


                 * *


B ウイグルで........


「中国はあなた方ウイグルの人にとって友人ですか?
 それとも兄弟ですか?」

  「兄弟です」

「・・・・ ??? 」

  「友人は選べますがね、 兄弟は選べません」


                * *


C 北朝鮮の強制収容所にて........


「なんで、 ここにいるんだい?」

「2006年に偉大なる金 玉男同志の悪口を言ったからさ。
 で、 キミはどうして?」

「僕は2016年に金 玉男同志を褒めたからだよ」

2人はもう1人の囚人に問いかけた。

「君は?」


「私は......金 玉男だ」


(金 玉男さんはまだ幸せ、 暗殺されずにいて......)


               * *


D チェンマイ市営競技場が.......

現在競技場はトラックしか使えない状態にある。
フィールドには入れないよう、 網ネットで囲われている。

pict-DSCN9986.jpg




網ネットにかかっているバナー。
ジジイはタイ語がダメ、 翻訳、よろしくお願いします。
pict-DSCN9989.jpg



pict-DSCN9988.jpg





何の目的で囲ったのか、 さっぱり分からないけど・・・・
トラックだけ利用する分にはどうってことない。
pict-DSCN9987.jpg


                * *


E ランチはローカルレストランで.......

店名分かりません。 (場所はココをクリック)

pict-DSCN9980.jpg




  店内。
pict-DSCN9984.jpg




ジジイの注文はイカ炒め: 55バーツ。
ビールは置いてません、 近くで買って持ち込みです。

pict-DSCN9982.jpg




 仕上げがヌードルスープ: 35バーツ。
pict-DSCN9983.jpg


メニューに1番多いのが40バーツ。
非富裕層にピッタリ、 ジジイはこんな店でも食ってます。


                * *


F チェンマイ・リンピンスーパーの店内で。


 日本酒がズラリと売られている。
pict-DSC_0006.jpg



pict-DSC_0007.jpg


こんな高い酒、 誰が買うんだろう......不思議だ。


(金持ちはいくらでもいるぞって.....声が聞こえそう)


                * *


G リンピンスーパーの店外で。

ジジイが買い物を済ませ、 駐車したバイクに戻った時だ。
バイクの真ん前に車が横付けされていて出られない。


pict-DSC_0008.jpg
            ☝ 右側がジジイのバイク。



ムカムカしたが3分だけ待つ、 車の所有者がすぐ現れると思った。  しかしダメ、 現れない。

車を動かそうと押してみたが、 ビクともしない。

仕方なく店内に戻り、 インフォメーション係の女性に言う。
その女の子はジジイと一緒に出てきて状況を見る。

彼女は店内に戻り、 「お車をどけてください」 のアナウンスでも
するのかと思った。

ジジイの予想は外れ。
そこから10数m離れた車の駐車場に向け叫ぶ。

そして誘導していた係員に合図。
係員のオッサンがジジイのバイクの所にやって来た。

オッサンは剛腕、 ジジイのバイクを車と並行になるよう、 少しずつ向きを変えていく。
そしてバイクに跨り、 足で動かしながら道路に出した。

ジジイはバイクに乗って.....
車の持ち主は依然として現れなかった。


正直言ってイライラ.......しかし
こんなんで怒ってたら、 チェンマイではやっていけない。










と分かっちゃいるけど腹が立つ.....まだ修行が足りませんわ。


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:55| Comment(6) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする