2017年06月21日

独居老人の生活898(#16懐かしき女優:逆玉の輿結婚‐4)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活
               (#16懐かしき女優:逆玉の輿結婚‐4)


    多少の資産を持つ人びとは、
    この世で一番大切なものは愛であるという。

    貧乏人はそれが金であることを知っている。

                        ジョージ・エリオット (19世紀・イギリスの女流作家)



田中 美佐子

1959年11月生まれで現在57歳。
島根県隠岐郡出身。  東洋女子短大英文科卒業。

TBSの俳優養成所 「緑山私塾」 から ドラマ 『想い出づくり』 で
デビュー。

1982年、 『ダイアモンドは傷つかない』 で映画初出演(主演)。
これで日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。

pict-田中美佐子.jpg


1995年、 かって付き人だったお笑いコンビ・Take2の深沢邦之
(現在50歳)と結婚。

田中からプロポーズしたとか。  (羨ましい!)
結婚した時、 田中36歳、 深沢30歳。

当時年収1億円を誇る田中、 相手の深沢は月収10万円。
格下の年下で、 まさに逆玉の輿結婚の典型。

夫婦生活を危ぶむ声も....しかし今も良き家庭を築いている。
種馬亭主の期待に応えたか、 2002年に女児を授かる。


pict-田中美佐子と亭主.jpg
     ☝ 深沢邦之と田中美佐子夫婦。



深沢邦之は明治大学商学部卒。
在学中に萩本欽一主宰のコメディアン養成塾 「欽塾」 に入る。
その後、 「欽ちゃん劇団」 の劇団員として舞台で活動。

1994年、 同じ劇団員だった東貴博とTake2を結成、 売り出す。
その翌年には田中と結婚、 一躍貧乏から金持ちに出世した。


相方の東貴博はコメディアン・東八郎の次男、 ご存知ですかね。
思い出されました?   この人。
                 ☟
    pict-東八郎.jpg




最近はアズマックスの名で単独出演している。
因みに東貴博の結婚相手はタレントの安めぐみ。

pict-安めぐみ2.jpg
       ☝ 東と安めぐみ、 子供が1人誕生。


お笑い芸人はモテるのか。


               * *


松 たか子

1977年6月10日生まれで現在40歳。
亜細亜大学中退、 父は九代目松本幸四郎(歌舞伎俳優)。


1994年にNHK大河ドラマ 『花の乱』 でテレビ初出演。
1997年 『NHK紅白歌合戦』 には歌手として出場を果たす。

以後も女優業と並行しながら、歌手としての活動も精力的。
2009年までにシングル21枚、 アルバム12枚を発表、 全国コンサートツアーも3度行っている。


pict-松たか子2.jpg




下の写真は誰だか分かります?
           ☟   
pict-松たか子 デビュー当時.jpg
    ☝ デビュー当時の松たか子





容貌が現在とでは大きな違い、 で、整形疑惑が........
加えて松たか子の姉がブス。

pict-姉女優の松本紀保.jpg
     ☝ 女優の松本紀保(松たか子の姉)


姉妹でもこれだけの違い、 お姉さんがお気の毒。
整形すればいいのにね。   

                * *

2007年、 30歳でミュージシャン・佐橋佳幸(当時46歳)と結婚。
出会いは、 松のツアー公演のバックバンドを務めたのが佐橋。

年齢差16、 身長差6〜7cm(松たか子は166cm、 佐橋は160以下)、 1998年に離婚したバツ1だ。


pict-佐橋佳幸.jpg
              ☝ 佐橋佳幸



松は名門の家系、 父の松本幸四郎が猛反対。
女癖の悪いギター弾きのオッサンがうちの可愛い娘を誑(たぶら)かして.....こんな思いか。

松たか子が押し切って結婚、 2015年に女児を出産(松、37歳)。



亭主の佐橋佳幸は1961年生まれで現在55歳。
ギタリスト、 音楽プロデューサーとして業界での地位は高い。

若い頃、 渡辺美里の曲のアレンジで頭角を現す。

pict-佐橋佳幸.jpg
          ☝ 渡辺美里と佐橋佳幸(右のチビ)



1991年に参加した、小田和正の 「ラブ・ストーリーは突然に」 が高評価。
1993年の藤井フミヤ 「TRUE LOVE」 もヒット、 共に200万枚を突破。

両作のイントロ部分のギターフレーズが佐橋の演奏。
アーティストとして信望が厚く、 大物歌手からお呼びがかかる。

音楽業界では有名で、 決して貧乏ギターリストではなかった。
それどころか年収2千万ほどあったらしい。

逆玉結婚で、 今や松たか子の亭主として知られている。


では松たか子が歌い、 亭主がギターを弾きます。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=5TiKmri8WEo



それより小田和正を聴きたいという方、
「ラブ・ストーリーは突然に」 、 佐橋のギターもどうぞ。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=o0_hjv9niaM


孫も誕生したのに父の松本幸四郎は、 今もって佐橋とは口をきかないとか。  親父の執念、 ここにあり!


                * *


松たか子の亭主はオッサンだったが、 収入もあるギタリスト。
しかしこの女優の亭主は売れないジャズギタリストだった。

だから結婚には父親が猛反対、 その反撥は松本幸四郎どころの
レベルじゃない。


 松坂 慶子

1952年7月生まれで現在64歳。
母が日本人、 父は韓国人の混血。

父は戦前の1938年、 日本へ仕事を求めてやってきた。
松坂は1964年、 12歳で日本国籍を取得。

小学2年の昭和35年、「くるみ児童合唱団」 に入団。
中学3年の昭和42年、「劇団ひまわり」 に入団。

同年、幼児向けコメディ 『忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ』 でテレビ初出演。

高校2年の1969年、 大映 『ある女子高校医の記録 続・妊娠』 でデビュー。

以来、 映画テレビで大活躍、 映画だけでも82本に出演。
83本目は2018年公開予定の 「空海‐kUKAI-」。

歌手としても活躍、 「愛の水中花」(1979年)が大ヒット。
2009年には紫綬褒章受章(松坂が57歳の年)。


pict-th.jpg
      ☝ 若い頃の松坂慶子



結婚は38歳(1990年)、 相手はジャズギタリストの高内春彦。

高内は1954年8月生まれで現在62歳。
東京造形大学美術科に進み、 油絵・版画を専攻。

20代の時に渡米、 ニューヨークを拠点にジャズ界で活躍、 と言っても高内は貧乏だった。
松坂より2歳年下で、 経済的 「格差婚」 は話題に.....


   pict-th2.jpg
       ☝ 松坂慶子の亭主




2人はニューヨークで新婚生活を始める。
娘が2人誕生、 姉が今年で27歳、 妹が24歳とか。
年齢から計算すると、 松坂のアラフォー高齢出産。

    pict-20110208_matuzakamusume_01-e1418527149861-200x176.jpg
       ☝ 娘たちはNHKの英語番組に出演。

            * *


結婚に大反対した韓国人の父親は、 メディアにしゃしゃり出て高内を批難。

この時の娘婿への ”口撃” が面白かった。
ジジイは今でも覚えている。

「大女優のうちの娘の稼ぎでのうのうと生きている」

「あの男は、 娘を利用しているだけ」

「原宿にマンション持ってると嘘をついた」

「金もないのに娘のカネで飛行機はビネスクラスだ」

「日本に帰ってくると高級ギターを買いやがる、 娘のカネで...」

「親が娘に茶碗など洗わせたこともないのに、 あいつは女優の
 娘に平気で洗わせる」


何ともはや、 韓国人ってこうなのかなって思ってしまう。

この時メディアのインタビューを受けた松坂慶子がすごい。

 「親ですから......」 と笑顔で一言。

あとは無言で押し通した、 お見事!


その父親は、 娘婿と和解することなく2007年死亡。
母親は要介護の状態、 同居して亭主と一緒に介護している由。


pict-th3.jpg
       ☝ 太りすぎの慶子バアさん。




逆玉結婚する男に求められること.........やさしさ。


タイ人と結婚する爺さんに求められること.......やさしさと











  忍耐。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:51| Comment(8) | 懐かしき女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

独居老人の生活893(#15懐かしき女優:逆玉の輿結婚3)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活893
                 (#15懐かしき女優:逆玉の輿結婚3)


     女は氏なくて玉の輿に乗る。

     男は金なくて女の腰に乗る。

                * *


竹下 景子

1953年9月生まれで現在63歳。
東京女子大学文理学部社会学科卒業。

高校在学中にドラマロケ中の夏木陽介にスカウトされ、 三船プロに所属して女優業スタート。

1972年、 NHKの 「明智探偵事務所」 に出演。
1973年、 NHK 『波の塔』 で本格デビュー。


pict-竹下景子2.jpg


1976年10月から TVの 「クイズダービー」 のレギュラーとして
16年間出演。

「お嫁さんにしたい女優No.1」 と言われて人気沸騰。
その女優を射止めたのがその辺の写真家。

1984年、 銀行のポスター製作で知り合った15歳年上の関口照生(当時46歳)と結婚。  その時竹下は31歳。

1986年に長男、 1988年に次男を相次いで出産した。


pict-竹下景子th.jpg

                              ☝
逆玉結婚の幸運な男・関口照生は1938年生まれで現在78歳。
明治大学文学部考古学専攻卒業。

最近では写真家としての活動のほか、テレビのコメンテーターや、
評論家・環境保全論者として活躍の幅を広げている。



次男の関口アナム(28歳)はロンドンに留学。
帰国後何をやるのかと思ったら売れない俳優になった。 

    pict-関口アナム.jpg
   

活動は主にテレビで、 CMの仕事が少し。
海外で大麻? ....橋爪功の息子みたいになると母が泣く。



 泣き顔のお母さん・竹下景子。
pict-竹下景子.jpg


                * *


宮崎 美子

1958年12月生まれで現在58歳。
熊本市出身、 熊本大学法文学部法学科卒。

1980年1月、21歳で「週刊朝日」の表紙を飾りデビュー。


pict-宮崎美子週刊朝日1.jpg


同年、ミノルタ一眼レフカメラのテレビCMで大ブレイク。
素人っぽい女の子がプルンプルンのオッパイとムチムチの腰。

ジジイはムラムラ、 安産型女性、大好き。  懐かしい!
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=KU4GBQGRqYQ

その後多くのテレビ・映画に出演して今も活躍中。


宮崎美子は1989年、 30歳で同い年の上川伸廣と結婚。
彼はその時、 宮崎が出演した 『2年B組仙八先生(1981年)』 のアシスタントディレクター。

彼は制作会社のスタッフで、 結婚に至るまで数年間、 同棲に近い生活を送っていたとか。

   pict-宮崎美子の元亭主.jpg
        ☝ 宮崎美子の元亭主。


スターとしがないサラリーマン亭主とでは、 収入の差は歴然。
逆玉の輿結婚の典型といえる。

神奈川県逗子市の新居で幸せな生活 → 1年4ヵ月で離婚、
共に32歳の時だった。


オバさんになっても可愛さ残る宮崎美子。

                ☟

pict-宮崎美子2.jpg


                * *


こちらのスターはテレビ局のディレクターと結婚。


川中 美幸

1955年12月生まれで現在61歳。

1973年、「春日はるみ」 の芸名で歌手デビュー。
パッとせず、 1977年 「川中美幸」 と改名。


pict-川中美幸.jpg
             ☝ デビューの頃の川中美幸。


1980年、 文化放送の深夜放送 「走れ!歌謡曲」 のパーソナリティーに抜擢される。
同年 「ふたり酒」 が大ヒット、 一躍演歌のスターに.....

ではここで、 その 「ふたり酒」 をどうぞ!
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=jJ-p--f-Scw


ジジイは何を隠そう川中美幸のファン。
あのド厚化粧、 お喋り上手で歌唱力抜群。

ヒット曲 「二輪草(1998年)」 も大好き。
そしてダメなバカ亭主とは離婚せず今も一緒。

川中美幸の逆玉の輿結婚の相手は、 当時関西テレビ・プロデューサーの山田一雄(現在59歳)

1991年、 仕事が縁で結婚、 川中(当時35歳)が2歳年上の
姉さん女房だ。

    亭主川中美幸.png
        ☝ 川中の亭主(若い頃)


幼少時代から苦労してきた川中美幸の夢見た結婚、 やっと掴んだ幸せのとき。

ところがその亭主は2000年、 覚せい剤と大麻でお縄に......
その時川中は44歳、 亭主当時42歳。

亭主は懲役2年、 執行猶予3年の判決、 勿論失業 → 川中のヒモに出世、 川中は見捨てずにヒモを支え続ける。 


pict-川中美幸2.jpg
           ☝ ド厚化粧で熱唱する川中。



化粧を落とせばこんな感じ、 普通のオバはんです。


               ☟



               ☟




 顎(あご)の長さはアントニオ猪木、 ソフトバンク内川選手に
 匹敵。
pict-川中美幸4.jpg




        内川選手
    pict-th.jpg
    

  
川中美幸の母親(現在93歳)は2014年に脳梗塞で倒れて闘病
生活。  川中は献身的に母親の介護をしているそうな。

器量は悪いが親思い、 良妻で苦労人の川中美幸、
ジジイはファンだからの彼女のいい事ばかりを書いている。

器量が悪いとは言っても、 このスターよりは美しいと思う。



              ☟




              ☟





pict-天童よしみ2.jpg
              ☝
        天童よしみ(62歳)、
        カネがあっても男が寄り付かない?



しかし、 女性を容貌や年齢で見るのは間違っている。
日本人であれタイ人であれ、 とにかく女性は人柄一番。

恋人やパートナーには少々ブスのオバさんでも、 性格さえ良ければそれで十分だと思う。









 と、分かっちゃいるが.......



チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:45| Comment(6) | 懐かしき女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

独居老人の生活886(懐かしき女優#14:逆玉の輿結婚2)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活
                (懐かしき女優#14:逆玉の輿結婚2)


    女はよき夫を作る天才でなければならない。

                                     バルザック (フランスの作家)


水前寺 清子

熊本県出身、 1945年生まれで現在71歳。
演歌歌手として多くのヒット曲を持つお馴染みの顔。

   pict-水前寺清子.jpg


そしてテレビドラマでも大人気。
TBSのドラマ 「ありがとう」 に主演。

これは1970年から始まり、 民放ドラマ史上最高の視聴率56.3%を記録。
山岡久乃演じる母と娘(水前寺)の日常生活、 石坂浩二との恋を演じた。

映画もかなりなもので、 10本出演している。


1989年 バックバンドのサックス奏者だった小松明と結婚。
この程度のバンドマンなら稼ぎはしれている。

    pict-水前寺清子亭主.jpg


まさに逆玉の輿結婚、 しかし温厚な人柄らしく、子供はいないが
夫婦仲は良い。
姉さん女房の稼ぎを使って浮気しないんだから偉い。

6歳下の小松明は、 現在水前寺のマネージャー。

自分の仕事よりも水前寺のマネージメントに徹して平身低頭で売り込む姿から、 『水前寺清』 と業界内で呼ばれているとか。


老いた水前寺清子は病気に悩まされている。

腰部脊柱狭窄症というもので、 狭くなった脊柱管が神経を圧迫し、 痛みや脚のしびれなどが出るそうな。  頑張れ チータ!

    pict-水前寺清子5.jpg
       ☝ 水前寺清子も71歳のお婆さん。



それなら北島三郎にだって若い頃はあった。 ついでに....

     pict-北島三郎.jpg


                * *


歌手・都はるみ(現在69)の離婚した男が朝月広臣で、 売れない歌手だった。

    pict-pict-朝月広臣.jpg


1978年に都はるみと結婚、 1982年に離婚。
離婚の原因が朝月の浮気発覚とか。

都はるみのカネで豪遊、 クラブホステスとできちゃった。
すぐにお払い箱、 追ん出されたことは当然。

演歌の大スターには愛を込めてお仕えすべきだった。
尚、 朝月広臣は2009年すい臓がんにより死亡(享年65)。


                * *


水前寺清子とよく似たカップルが歌謡界にいる。

八代 亜紀

熊本県出身、 1950年8月生まれで現在66歳。
中学卒業後、地元熊本のバス会社のバスガイドとして勤務。

15歳の時上京、 クラブなどで歌い始める。
ジジイは16,7歳の頃の八代亜紀と口をきいたことがある。

彼女は池袋のビックリガード近くの喫茶店に店員として勤務。
ジジイの友人(八代市出身)がその当時八代と同棲、 店に案内してくれた。

可愛いハイティーンという彼女の印象が今も残る。
その後の “演歌の女王” 八代亜紀の活躍はご存じの通り。


pict-八代亜紀.jpg


八代は画家としての才能も発揮、 フランスの「ル・サロン」展に5年連続入選、 日本の芸能人として初の正会員になっている。

特筆すべきは彼女のボランティア活動。
1981年より女子刑務所の慰問公演を続け、 2000年、日本全国すべての女子刑務所(注記)を訪問。

               * *

八代の元マネージャが増田登、 その前は売れない歌手。
八代とは同じ事務所に所属していたがクビ。

そこで八代がマネージャーとして拾い、 その後長い関係が続く。
父親が亡くなる前に 「結婚は増田くんならいいね!」 と言う。

で、歌手とマネージャの関係なので八代が逆プロポーズ。
「お嫁さんになってあげてもいいよ!」 だったとか。

暫くして 「一生、 八代亜紀を支えるつもりでした」 と受諾。
その時八代は40代、 増田登は5歳年下。

pict-八代亜紀の亭主2.jpg
      ☝ 増田登。


亭主は現在八代が所属する芸能事務所の社長、 趣味の陶芸が高じて陶芸家としても活動。

自宅で陶芸教室を開いて弟子を教え、 陶芸サークルの講師として飛び回る。

増田も人柄がいいようで八代亜紀へ愛一筋、 浮気の噂なし。
そういう男でないと、 演歌の嬢王の亭主は務まらないか。

太り気味だが今も健在、 八代亜紀。
             ☟
pict-八代亜紀2.jpg


                * *


歌手とマネージャーの結婚では石川さゆり がいる。
石川も熊本県出身、 現在59歳。

1981年、 23歳でマネージャーだった馬場憲治と(現在65歳)と
結婚。 

    pict-石川さゆり.jpg

1984年に長女も生まれたが、 1989年には離婚。
離婚理由は嫁姑・家族関係という噂。

石川さゆりは、 子供出産の翌年から亭主の家族と住み始めまる。
同じ敷地内に兄弟4家族13人が住んだという、 こんなの無理。

姑から何やかや言われ、 スターでなくても離婚するだろう。
しかも逆玉の輿結婚した亭主は、 6歳年下の石川を女王さま扱い
しなかった。

因みに別れた馬場憲治は2001年から1年半、 新宿高校時代の同級生だった塩崎恭久(自民党代議士)の公設第一秘書だった。


               * *


水前寺清子、 八代亜紀は男を見る目があった。
しかし人柄の悪い男を選ぶ女優もいる。

市毛 良枝

静岡県出身、 1950年9月生まれの66歳

父は医師でクリスチャン。
立教女学院中学・高校を卒業後、 文学座や俳優小劇場の養成所に入り女優人生をスタート

1971年、TBS『冬の華』でテレビに初出演。
清楚で容貌も派手な感じがなく、理想の結婚相手 No.1とも。


pict-市毛良枝OK.jpg


野心あるラッキーマンが市毛のハートを掴んだ。
1988年、 当時弁護士だった小川敏夫(立教大学卒)とお見合いでご結婚。

普通の弁護士だったが、 市毛と結婚したことで名を売った。
市毛良枝との結婚は、 国会議員になるための布石だったかも。

野望を秘めた ”隠れ逆玉の輿結婚” と言っていい。
1996年、 民主党公認で参議院選挙に初出馬したが落選。

翌年の1987年に離婚、 結婚生活は9年で終わった。
落選して、 妻(女優)の影響力は無いと判断したか。

離婚の原因は小川敏夫のDV(家庭内暴力)らしい。
このスキャンダルは、 週刊文春など各メディアによって報じられている。

小川は1998年、 民主党公認で東京都選挙区から再出馬して
初当選。  待望の参議院議員になる。

その後、 民主党政権時に法務大臣に就任。
DV小川敏夫は1948年3月生まれで、 現在69歳。

    pict-小川敏夫.jpg

原発反対、 靖国神社参拝反対、 集団的自衛権反対、 ”共謀罪” 反対と何でも反対。
じゃあ狂暴罪法案が出たら?  これもDV亭主だけに反対か。

但し推進している政策もある。
小川敏夫は、 在日外国人の参政権法案の早期成立に向け熱心に活動。

なので在日韓国人ではないか....と疑われたこともある。


市毛良枝は、 離婚して幸せになった。
                 ☟
pict-市毛良枝OKK.jpg










 離婚も..........いいね!


チェンマイって ホントいいですね!

 (注記)
<日本の女子刑務所一覧>

・札幌刑務支所
・福島刑務支所

・栃木刑務所
・笠松刑務所(岐阜県)

・加古川刑務所女子収容区(兵庫県)
・和歌山刑務所

・岩国刑務所(山口県)  
・美祢社会復帰促進センター(山口県)
・麓刑務所(佐賀県)                以上。





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:27| Comment(4) | 懐かしき女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする