2019年07月11日

独居老人の生活1576(メーカムポン観光)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1576(メーカムポン観光)


  自然は教師なり、

  自然を眺めて学び、 自然に即して考える。

                                    山岡鉄舟 (幕末の幕臣)


友人から誘われた。

「たまには まだ行ってない所へ出かけませんか?」

「遠くならバイク、 オレ嫌だよ」 とジジイ。

「私が車を出しますから....」

ということで出かけたのが 「Mae KamPong」、 山ん中である。
コーヒー産地の村だそうだが、 最近では観光で人気。

村にはホームステイ(民宿)やロッジ(ホテル)がいっぱい。
お洒落なカフェ、 レストランが観光客を迎えてくれる。

ということで、 今日はメーカムポン観光でまいりましょう!
   (タイ語の発音ではメーカポンに聞こえます)

               * *

チェンマイのジジイ宅を出たのが午前11時15分。
車は1317号線に入り、 一路サンカムベーンを目指す。

サンカムベーン温泉を通り過ぎ、 1317号から3005線へと右折。
この3005号線は、 そのまま行くとドイサケット温泉に続く。

なので途中の Y 字2差路を右の方に折れて行く。
山道、 ワインディングロードをゆっくり走ると村が現れる。

12時半頃到着、 車で約1時間15分かかった。

ジジイたちが目指したのはメーカムポン村のこのレストラン。
  (地図はココをクリック)

   店名:Lung Pud Pa Peng (ルンプドパペン)
pict-P_20190710_125523_vHDR_On_pレストラン (2).jpg
        ☝ 場所は村の中心部、 超人気の店だ。



このレストランには駐車場がない。
でもご安心、 20mほど西寄りに無料の公共駐車場がある。
                  ☟
pict-P_20190710_125523_vHDR_On_pレストラン (5).jpg
                  ☝
 坂道を上がってきた左側(写真では右に見える)が駐車場。



この通りには土産物店、 屋台、 カフェなどが軒を連ねる。
                  ☟
pict-P_20190710_125523_vHDR_On_pレストラン (4).jpg
        ☝ ここがメインストリートといえる。



  さあ、 目当てのレストランに入ってみよう。
pict-P_20190710_125523_vHDR_On_pレストラン (6).jpg
                  ☝
  右側が川面のカウンター席、 その後ろ側がテーブル席。



  この辺は海抜1300mくらいか、 涼しく感じた。
pict-P_20190710_125523_vHDR_On_pレストラン (7).jpg



  ジジイの注文はフライドポーク(小)で55バーツ。
pict-P_20190710_125523_vHDR_On_pレストラン (9).jpg



   友人は Hang-le curry(Pork)で95バーツ。pict-P_20190710_125523_vHDR_On_pレストラン (8).jpg

店にはビールなし、 3軒ほど先の雑貨屋で購入して持ち込む。
Beer Chang(小缶)が40バーツだった。



   ジジイも店先で記念撮影。
pict-P_20190710_125523_vHDR_On_pレストラン (10)すすむ.jpg
           ☝ 木造の建屋に風情あり。

                 * *

メインストリートを少しばかり散策、 そのあとはカフェへ....
目指すは 「The Giant」、 歴としたカフェである。
   
メーカムポンから少し離れ (地図はココ
くねくね道を上って行くと、 Giantの駐車場が目に飛び込んでくる。

で、駐車して中に入ると....
   吊り橋があるので、 渡ってカフェに行く。
pict-P_20190710_150939_vHDR_On_pジャイアンツ (2).jpg

吊り橋は、 入り口用と出口用の2つあり。
1度に2人以上は乗るな...など注意書き(看板)がある。



   橋を渡りきるとテーブルがある。
pict-P_20190710_150939_vHDR_On_pジャイアンツ (1).jpg

ホットコーヒー(アメリカーノ)が85バーツ。
ケーキ類も置いてある。



こんな吊り橋、 怖くて渡れない..という方もご安心を。
固定された階段と通路があるので、 普通に歩いて席に着ける。

pict-P_20190710_150939_vHDR_On_pジャイアンツ (5).jpg



  山の風景を見ながらのんびりコーヒーも乙なもの。
pict-P_20190710_150939_vHDR_On_pジャイアンツ (7).jpg



     柵が折れて下に落ちたらお陀仏100%。
  pict-P_20190710_150939_vHDR_On_pジャイアンツ (3).jpg



ジジイは出口用吊り橋を渡り、 カフェを後にした。
                ☟
  pict-P_20190710_150939_vHDR_On_pジャイアンツ (4)進.jpg


さて、車のない人はどうやって行くか?
バイクなら雨天でない限り快適なツーリングが楽しめよう。

車もバイクもダメという人は、 ソンテウをチャーターするか、
またはミニバスに乗車。

ミニバスはチャンプアク・バスターミナル発 → ワロロット市場 → サンカムベーン温泉 → メーカムポンがあると聞く。

始発は7時台、 4時間に1本くらいで運行(4往復/日)とか。
ご利用の場合はご確認ください。

                * *

4月、ソンクラーン(水かけ祭り)の喧騒から脱出、 4〜5日、山間のメーカムポンで過ごすのもいいかな。

行きか帰り、 サンカムベーン温泉またはドイサケット温泉に寄って一風呂浴びたら最高だ。





ご家族で、 または恋人とご一緒に是非どうぞ!


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:45| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

独居老人の生活1539(東京だよ おっ母さん)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1539(東京だよおっ母さん)


   久しぶりに 手をひいて ♬

   親子で歩ける うれしさに

   小さい頃が 浮かんできますよ

   おっ母さん ここがここが二重橋

   記念の写真を とりましょうね
                                   島倉千代子

https://www.youtube.com/watch?v=WOAmubK0rvQ


ということで、 今日は東京見物をして戴きます。
ジジイが2019年5月に訪れた東京はこんな雰囲気。

@ 道頓堀。

   pict-P_20190525_193709_vHDR_On渋谷 (2).jpg

「なんだい、 大阪じゃネーか、 完全ボケかよ!」
そうお叱りを受けそう。


いえいえ、 ここは東京・渋谷の百軒店界隈。
                 ☟
pict-百軒店.jpg



道頓堀でも 「道頓堀劇場」、 ストリップ劇場なんですよ。
                   ☟
pict-P_20190525_192845_vHDR_On渋谷道東ん彫り.jpg
     ☝ 入場料:5,000円、 昔と比べ高くなってます。



ストリップ劇場の真ん前にあるのが 「一期一笑」。
タピオカティー(注)を売る人気店です。
                   ☟
pict-P_20190525_193709_vHDR_On渋谷 (3).jpg
           ☝ 女性が並んで買ってます。

(注) タピオカはキャッサバの根茎から製造したデンプン。
    今、 東京ではタピオカミルクティーが大人気。
                   ☟
pict-タピオカドリ.jpg  
              ☝ イメージ画像。

尚、 タピオカだけ購入し、 自宅でもティーを作れます。
タピオカティーの発祥地は台湾だとか。



ここ百軒店界隈はラブホテルが軒を連ねます。
                  ☟
pict-P_20190525_193709_vHDR_On渋谷 (4).jpg

 

泊まりで7,000円、 一般のホテル代わりに使ってもいいね。
但し、 ウィークエンドだけ値上がり、 12,000円/泊ほど。
             ☟
   pict-P_20190525_193709_vHDR_On渋谷 (5).jpg

                 * *


A 新宿のタピオカ。

   新宿西口、 駅の表にある小路。
pict-DSCN5641新宿西口 (2).jpg



   ここでも人気なのがタピオカドリンク店。
pict-DSCN5641新宿西口 (1).jpg
        ☝ 並んで待って買う、 今 ブームです。

                  * *


B エビスガーデンプレイス。

JR恵比寿駅近く、 かってのエビスビール(サッポロビール)の工場跡地を開発。

pict-P_20190525_182413_vHDR_On恵比寿 (3).jpg



pict-P_20190525_182413_vHDR_On恵比寿 (1).jpg



pict-P_20190525_182413_vHDR_On恵比寿 (2).jpg
                    ☝
ビアホール、 高級フレンチレストラン、 三越、 カフェ、 ベーカリー、 レストラン街などがあり、 ゆっくりくつろげます。

                   * *


C 高みの見物。

この日は水曜日なのにこんな長い行列が.....
     並んで待っているんです。
  pict-P_20190522_150601_vHDR_On都庁 (1).jpg



新宿西口から徒歩7分ほど、 地上202メートルの展望台。
入場無料はありがたい....東京都庁に行きましょう。
                   ☟
pict-東京無料観光スポット.jpg
          ☝ 都庁展望台、 夜間もオープン。

                  * *


D 浅草・浅草寺、

観光客向けにレンタル和服が提供されてます(有料)
和装で参道を歩けば日本情緒たっぷり、 外国人に人気です。
                 ☟
pict-P_20190524_181527_vHDR_On浅草 (2).jpg



ジジイの撮影に気付き、 美女がそろってイエー!

pict-P_20190524_181527_vHDR_On浅草 (1).jpg
            ☝ 韓国人の皆さんでした。

                 * *


E 様変わりの観光スポット。

ここが何処だかお分かりでしょうか?
              ☟
   ケバブの店。
pict-P_20190520_141539アメ横 (5).jpg



  黒人にラテン系でしょうか。
pict-P_20190520_141539アメ横 (2).jpg



   外国人だけど、 観光客ではない感じ。
pict-P_20190520_141539アメ横 (1).jpg



   ここは上野アメ横なんです。
pict-P_20190520_141539アメ横 (4).jpg


最近、外国人経営の店が急増、 昔のアメ横とは違ってます。
彼らの店の特徴は、 呼び込みをし、 通りにまでテーブル。

ゴミ出しでも、 日本人経営者らと揉めたりしたそうな。

赤ちょうちんでやっと日本らしい雰囲気に....
                ☟
pict-P_20190520_141539アメ横 (3).jpg

                 * *


F 六本木の夜は遅い。

六本木交差点から飯倉へ向かう通りは深夜まで賑やか。
夜10時過ぎ、 喉が渇いたジジイは通りのバーで飲みなおし。

  こんなに大勢で客引きやって効果あんの?
pict-P_20190524_220230_vHDR_On六本木 (1).jpg



   店内から外を見たところ。
pict-P_20190524_220230_vHDR_On六本木 (2).jpg

前払いで、 男は500円券4枚付きで2,000円。
ちなみに、 女性は同2枚付きで1,000円。

ビール、 ワインなどが1杯500円。
ジジイは3杯目にギムレット(カクテル)を注文、 1,000円。

客は圧倒的にアフター5の白人(外国人)が多い。
観光客は1人もいなかったように見えました。
                  ☟
pict-P_20190524_220230_vHDR_On六本木 (3).jpg


ここで 「六本木ララバイ」 内藤やす子でお聴きください。
                  ☟
https://www.youtube.com/watch?v=mxmx1tk9AMY

上が削除でNGなら ☟
https://www.youtube.com/watch?v=UrCNKth0mMI

                 * *


G カルロス・ゴーン氏は居ないけど.....

フェラーリハイブリッドスーパーカー「SF90ストラダーレ」
                 ☟
pict-フェラーリハイブリッドスーパーカー「SF90ストラダーレ」.jpg




   ポルシェ初のフル電動スポーツカー・タイカン
pict-ポルシェ初のフル電動スポーツカータイカン.jpg



   この車こそ次世代の日産カー(と謳われている)。
pict-P_20190520_17445日産自動車5 (1).jpg

上のフェラーリやポルシェはもう走り出してますよ。
ニッサンも頑張って欲しいなあ。


まだ展示だけの段階か、 場所は銀座4丁目交差点。
   日産ギャラリー。
pict-P_20190520_17445日産自動車5 (2).jpg



銀座4丁目といえば、 和光(服部時計店)の時計台が名物。
                  ☟
pict-銀座4丁目の和光.jpg



東京の魅力は何でしょうか?
便利な交通網、 治安、 お洒落なレストランやバーや歴史に文化。

    大都会の美しさは世界に誇れます。
pict-六本木ヒルズ展望台.jpg
           ☝ 見えるのは東京タワー。


ジジイも来週はここです。

              ☟




              ☟    




pict-チェンマイの街.jpg
         ☝ ピン川が流れる古都チェンマイ。

              

チェンマイって ホントいいですね!







posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:51| Comment(2) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

独居老人の生活1523(タイフェスティバル2019)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1523(タイ祭り 2019)


 幸福な人とは、 客観的な生き方をし、

 自由な愛情と広い興味を持っている人である。

                                 ラッセル幸福論より


昨日(5月13日)は 「Thai Festival 2019」 の最終日。
ジジイは4年連続で見物してまいりました。

今日はその模様を写真でお楽しみください。

                  * *

午後2時頃、 JR原宿駅に到着、 会場の代々木公園まで歩く。
日曜日とあってすごい人出、 ぞろぞろ人に付いて行く感じ。

途中、 ツイストの曲で踊る集団に出くわす。
昔の原宿、 若者たちによるダンスの狂演を思い出した。

pict-DSCN5572.jpg

かかっていた曲はChubby Checkerの 「Let's Twist Again」。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=P9xKVBAtQBk

ツイストで踊る人たち、 カッコ(身なり)は若い。
だが見れば50歳前後のオッサン/オバさんばかり、 若者ゼロ。

こうなりゃあ70代、 後期高齢者の爺さん婆さんが踊り狂えば最高に盛り上がる。 

昔はこんなように、 本物の若者が踊ってました。
                 ☟
pict-原宿ホコ天.jpg


とまあ興味は尽きないが、 目的のフェスティバルの会場へ。
よくこれだけの人が集まるもの!

pict-P_20190512_142220.jpg



  場内はすし詰め状態、 歩く人、 座って宴会やる人。
pict-P_20190512_142359.jpg



   食い物を買うために並んで待つ人々。
pict-P_20190512_142630.jpg



   どれも1品500円。
pict-DSCN5580.jpg



   マンゴーは高いからかな、 売れ行きイマイチ。
pict-P_20190512_143810.jpg



  コンサートは熱気にあふれる、 タイ人歌手が熱唱。
pict-P_20190512_142813コンサート.jpg



  ジジイはこの歌手を知りません。
pict-DSCN5579コンサート.jpg



  椅子に座れない人はこうやってコンサートを楽しむ。
pict-P_20190512_142851.jpg



  こんな素敵な T-シャツ、 訊いたらタイ人でした。
pict-DSCN5581.jpg
                   ☝
     ”酒しか信じない”、 横の女性は日本人。
     そう、 女を信じちゃダメ、 身を亡ぼすもとですよ。



   ジャスミンライス、 美味しい?
pict-DSCN5585.jpg



   値段は1袋300円、 旭日旗の値段表示がイイ。
pict-DSCN5584.jpg



   金ピカのツクツク、 セール中。
pict-DSCN5582.jpg



   お値段118万円、 限定3台。
pict-DSCN5583.jpg



   こちらはタイ・マッサージ、 10分で千円。
pict-P_20190512_144837_1.jpg
        ☝ 綺麗なおねえさん、 タイ人でした。



   繁盛してますね。
pict-P_20190512_144859.jpg


 
出ました 「We love チェンマイ」、 昨年に引き続きご登場。
チェンマイからは唯一の店、 バッグなどを売ってます。
                   ☟
pict-P_20190512_144307チェンマイ.jpg



  この衣装が如何にも北部タイの雰囲気。
pict-DSCN5587チェンマイ.jpg



   売れ行き好調で・・
pict-P_20190512_144341.jpg
         ☝ チェンマイを発信.....イイネ!  
              

チェンマイを懐かしんだところで、 ジジイは渋谷駅に向かう。

この日の午後2時頃、 渋谷駅前名物 ”スクランブル交差点” の
上空をドローンが飛んだということでニュースに...

pict-渋谷スクランブル交差点.jpg

飛ばした犯人は外国人(男)で「違反とは知らなかった」 と弁明。
こんな人混みの上にとんでもない行為....罰則は論旨だけ?


だからか、 渋谷駅前交番はピリピリって感じ。
  最近の交番には、 女性警官がいるんですね。
pict-P_20190512_154713.jpg


こうしてタイにドップリ、 幸せな午後はあっという間に終了。

東京に滞在してちょうど半月経過.....







 チェンマイが恋しいなあ。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:16| Comment(6) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする