2019年11月13日

独居老人の生活1690(#2ロイクラトン2019)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1690(#2ロイクラトン2019)


エライヤッチャ  エライヤッチャ ヨイヨイヨイヨイ


2019年ロイクラトンも昨日(11月12日)が最終日。
目玉はターペ通りに繰り出すパレード。

では昨夜の模様(雰囲気)を写真でお楽しみください。


11月12日午後7時10分のターペ通り(東 → 西を見る)。
まだパレードは現れない、 通りをのんびり歩く。
                  ☟
pict-P_20191112_191433_vHDR_On_p.jpg
         ☝ この辺りから車両通行止め。



  パトカーが来ればその後に続くのがパレードだ。
pict-P_20191112_191820_vHDR_On_p.jpg



  この一団がパレードのトップを務める。
pict-P_20191112_191946_vHDR_On_p.jpg



長時間、待たされたんだろうね、 子供の吹奏楽団マーチ。
                   ☟
pict-P_20191112_192015_vHDR_On_p.jpg



   こちらは何処の団体かな?
pict-DSCN6252.jpg



   堂々たる行進。
pict-DSCN6253.jpg



  お子様のご登場。
pict-DSCN6254.jpg



  写真では分かりにくいかも・・全員お子様です。
pict-DSCN6256.jpg



   Virgin Road in Loi Krathong.
pict-DSCN6257.jpg



  ここも全てお子様ばかり。
pict-DSCN6259.jpg




  Non Virgin Road、 大人の女性の行進です。
pict-DSCN6261.jpg



   クルンタイ銀行かな、 この男性は有名人らしい。
pict-DSCN6262.jpg



   アメリカがやって来た。
pict-DSCN6263.jpg



   アメリカンの衣装じゃない感じ。
pict-DSCN6264.jpg



   白いイーグルか、 その上には自由の女神。
pict-DSCN6265.jpg



米国の後ろには中国、 喧嘩してくれりゃあ面白いのに...
貿易戦争の決着はここでつけようぜ!
                   ☟
pict-DSCN6266.jpg



   山車は飛行機と何だろう、 中国。
pict-DSCN6268.jpg



   中国人女性かな、 山車の中で座ってた。
pict-DSCN6269.jpg



    お次は担ぐ人たちが大変という行進。
  pict-DSCN6270.jpg



   今か今かと待っていた、 我が祖国・日本!
pict-DSCN6271.jpg



pict-パレードロイカトン.jpg



    柔道じゃなさそう、 空手かな。
pict-DSCN6272.jpg



  浴衣やら法被を着て・・暑いだろうなあ。
pict-DSCN6274.jpg
                  ☝
  日本人の皆さんはボランティア参加、 頼まれたかな?



   若い女性も頑張ってます。
pict-DSCN6275.jpg



   タイ人のように見えるが・・
pict-DSCN6276.jpg



   鳥居が出てきたよ。
pict-DSCN6277.jpg



   和太鼓のパフォーマンス。
pict-DSCN6279.jpg



   最後尾で見えた 「日本」 の文字、 嬉しくなる。
pict-DSCN6280.jpg



  まだまだ続くロイクラトンパレード。
pict-DSCN6281.jpg


ジジイはこの辺でお暇(いとま) → ビールを飲みに....

今年はパレード見物客が少なかった感じ。

ジジイはチェンマイに来て以来毎年観ているがほぼ同じ。

しかしあと数年経つと、 70代〜90代の日本人がヨロヨロと行進しているだろう。

チェンマイでは60歳前半の老人が少なくなっている。


来年の日本の出し物に期待だ。

そう、4〜500人で阿波踊り。
エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイヨイヨイ
                  ☟
pict-阿波踊り.jpg


振付師を呼んで練習 → ターペ通りを練り歩いて欲しいなあ。

ジジイもやるぜ、 それー!






爺っちゃんも 婆っちゃんも 元気出してヤレヤレ ♬


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:15| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

独居老人の生活1689(ロイクラトン2019)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1689(ロイクラトン2019)


 私が死んだとき、 一匹の蝿がうなるのを聞いた。

 部屋の中の静寂は、
 嵐の高まりの間の大気の静寂のようだった。

                              エミリー・ディキンスン (アメリカの詩人)


昨夜(11日)は待ってましたとばかりにコムロイが宙に舞う。
ロイクラトンは今夜のパレードを残すのみ。

ピン川沿いやナワラット橋周辺は人と屋台でひしめき合う。
今日はその模様を写真でお楽しみください。


ワット・チェンマイコン通りにはクラトン売りの出店が並ぶ。
                    ☟
pict-P_20191111_195307_vHDR_On_p.jpg



  お寺の中に入ってみよう。
pict-P_20191111_194519_vHDR_On_p.jpg



大勢の人がピン川にクラトン(灯篭)を流(ロイ)している。
                   ☟
pict-P_20191111_194922_vHDR_On_p.jpg



この店はいつも閑散としているが祭りの時だけは別。
客のほとんどは初めてこの店に来たと思う。  (地図はココ

   鉄橋の西側に位置する。 
pict-P_20191111_200434_vHDR_On_p.jpg



   鉄橋でコムロイを揚げる観光客たち。
pict-P_20191111_200558_vHDR_On_p.jpg



   鉄橋の上、 両サイドで募金活動。
pict-P_20191111_200847_vHDR_On_p.jpg



  ピン川沿い東側、 屋台が所狭しと並ぶ。
pict-P_20191111_202200_vHDR_On_p.jpg



  やって来ましたナワラット橋。
pict-P_20191111_202700_vHDR_On_p.jpg



  車両通行止めの橋の上でコムロイを揚げる。
pict-P_20191111_202903_vHDR_On_p.jpg



  恋人と2人で揚げる。
pict-P_20191111_202942_vHDR_On_p.jpg



   オバさんも揚げる。
pict-P_20191111_203002_vHDR_On_p.jpg



  おっとさんとおっかさんも揚げる。
pict-P_20191111_203035_vHDR_On_p.jpg



   灯篭を手にしてたたずむ1人の美女。
pict-P_20191111_203111_vHDR_On_p.jpg



   コムロイが揚がる瞬間に歓喜の声。
pict-P_20191111_203334_vHDR_On_p.jpg



pict-P_20191111_203829_vHDR_On_p.jpg



   男同士でも揚げる。
pict-P_20191111_204045_vHDR_On_p.jpg



  こちらの美女は揚げたあとに祈る。
  素敵な男性と出会えますように・・・
pict-P_20191111_203906_vHDR_On_p.jpg



かしまし娘のようなオバさんは金持ちになりますように・・

pict-P_20191111_204104_vHDR_On_p.jpg



  揚げるところをビデオ撮りする男。
pict-P_20191111_204212_vHDR_On_p.jpg



  ナワラット橋西側の歩道、 フートマッサージ。
pict-P_20191111_204403_vHDR_On_p.jpg
             ☝ 30分で80バーツ。



  ご夫婦かな、 いつまでも仲睦まじく・・
pict-P_20191111_204549_vHDR_On_p.jpg



  ターペ通り、 ツクツクが人や牛より遅く進む。
pict-P_20191111_204612_vHDR_On_p.jpg



  チャンクラン通りにあるマーケット。  
     (地図はココ
pict-P_20191111_205641_vHDR_On_p.jpg



    美女4人が迎えてくれる。
pict-P_20191111_205446_vHDR_On_p.jpg



   中ではライブ、 踊る客。
pict-P_20191111_205544_vHDR_On_p.jpg



  屋台で買ったビールや食い物でライブを堪能。
pict-P_20191111_205552_vHDR_On_p.jpg



ターペ通りでは、いつ終わるともしれない喧騒が続いていた。
                  ☟
pict-P_20191111_204327_vHDR_On_p.jpg



   翌朝6時過ぎに通ったら、 誰もいなかった。
pict-P_20191112_060221_vHDR_On_p.jpg
          ☝ みんな疲れて眠りにつく。



今朝、 ジジイ宅の床の上でこんなのが眠っていた。
                ☟
pict-P_20191112_095908_vHDR_On_p.jpg


頭の近くをジジイの足でバンっと脅かしてやった。
疲れているのか、 ピクリともしない。


死んでいた。  






ジジイも間もなく、 こうなるんだなあ.....


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:05| Comment(9) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

独居老人の生活1599(何事もお行儀よく...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1599(何事もお行儀よく...)


 様々な文化圏で大きく異なるマナーが
 存在するのも確かですが、

 気持ちを伝えること、 そして相手を思いやることが
 重要なのは変わりありません。

                                  ティム・ペック(経営者)


@ 旭日旗がチェンマイに....

風を切って旭日旗がチェンマイ市内のあちこちを行く。
  これだ!  これナニ?
pict-P_20190801_190438_vHDR_On_p旭日旗ヘルメット (3).jpg



ナワラット橋東岸、 ベトナムレストランの前に置かれたバイク。
そのヘルメットは一面が旭日旗。

pict-P_20190801_190438_vHDR_On_p旭日旗ヘルメット (2).jpg



旭日旗はヘルメットの左右に描かれている。
               ☟
   pict-P_20190801_190438_vHDR_On_p旭日旗ヘルメット (1).jpg

ソウルの街をこのヘルメットで走って欲しいなあ。
韓国人からガタガタ言われたら、

「私はタイ人ですが....」 と、マナーよろしくと答えればいい。


  **********************


A バンコクには宝石箱がいっぱいある?

pict-屋台がひしめき合う光景が絶景.jpg

いえいえ宝石箱ではなく、 屋台がひしめき合う光景。
そう、 ここはバンコクで人気のナイトマーケット。

その名も 「ロットファイ・ラチャダー」。
ショッピング、 食べて飲む、 色々楽しめる市場だ。

2015年1月にオープン、 毎日営業している。

加えて隣接するショッピングモール 「エスプラネード」 4階駐車場からの眺望が素晴らしい。 

インスタ映えするとあって、 撮影する人が後を絶たないとか。

pict-タラートロットファイ・ラチャダ.jpg
              

行き方は、 MRT タイランド・カルチュラルセンター駅の3番出口を出てエスプラネードへ、 その裏側に市場がある。


  ************************


B 日本人の評判が悪くなるぞ!

大勢の日本人が殺到するのが 「ワット・パクナム・パーシージャルン(パクナム寺院)」 だ。

その理由は 「インスタ映え」。  (地図はココ

ワット・パクナムは15〜17世紀頃に建立された寺院とか。
2012年頃にできた仏塔は80メートルあり、 内部は5階建て。

最上階には美しい天井画があるため、 日本人が押し寄せる。
何故か来るのは日本人ばかりで、 中国人の御株を奪った感じ。

pict-ワットパクナム.jpg


日本人でもマナーの悪い人がいる。
天井画のあるフロアで逆立ちして撮影したりで、 タイ人が眉をしかめる。

観光客だと思うが、 寺院ではそれなりのマナーが求められる。

                * *

日本人の評判を落とすのは、 寺院だけでなく路上でもある。

10日間の観光でタイに来た爺さん(77歳)がバンコク警察に逮捕された。 容疑は幼児へのわいせつ。

爺さんは2019年4月中旬、 飲食店の道路際に座っていたスイス人の女児(4歳)の足首から太ももまで撫でた疑い。

「頬を触っただけ」 と容疑を否認しているが、 おそらく女児の親がその行為を見て、 警察を呼んだのであろう。

性別に関係なく、 見知らぬ子供には触るべからず。
それがマナーだ。


  ************************


C チェンマイの寺院でも観光客の無礼が....

その寺院は 「ワット・スワンドーク」 (地図はココ
サンセットの時は特に美しいと評判の寺院だ。

pict-ワット ・ スアン ・ ドーク.jpg


ここにはロイヤルランナファミリーの霊園がある。

外国人観光客がやって来て、 墓地に入ったり、 立ってポーズをとったり。 インスタ映えを狙うのだ。

  pict-ワットスワンドーク.jpg



pict-Wat Suan Dok..jpg


これを見たタイ人は怒って観光客を非難する。
寺院も霊園も神聖な場所、 マナーが求められる。

ロイヤルランナファミリーの一族(子孫)がコメントを出す。
「無礼な行為であることを分かってしてほしい」

そう、 我々日本人もマナーを守って、 品位を欠かさず...
存分にその醜い姿を撮りましょう!


  **********************


D こちらは日本、 この神社、 ご利益のあるの?

競馬ファンなら、 拝んでから馬券を買いたいもの。

 pict-勝馬神社 (1).jpg
     ☝ 茨城県稲敷市にある大杉神社の 「勝馬神社」。

JRAの美浦トレーニングセンターに近く、 馬主や調教師、 騎手ら、 競馬に関係する人達が大勢参拝するとか。

白い馬の 「勝馬守」 という競馬にご利益のあるお守りも販売。
こんな絵馬もある。

  pict-勝ち馬.jpg


ご利益は競馬だけじゃない。
勝負運、 金運の他にも、 仕事運、 商売運、 交通安全も...

pict-勝馬神社 (2).jpg



しかし神社には外れ馬券がいっぱい捨てられているようだ。
捨てるだけならまだいい、 燃やしたらダメよ。
              ☟
   pict-勝馬神社 (4).jpg


勝利を誓い、 的中を祈る、 これで実現するなら楽なこと。

神社の名前に惑わされそうだが....
こんな神社だってある。

勃起力が回復するなら参拝したい → 「金玉稲荷神社
信濃川と中之口川が合流する鷲ノ木新田に鎮座する。


こんな神社は嫌だ → 「貧乏神神社
長野県飯田市に1998年に建立。

pict-貧乏神神社.jpg
     ☝ 貧乏神に祟られたか、 2017年6月頃閉鎖に...


穴が恋しくて...という方に → 「人穴(ひとあな)神社
静岡県富士宮市にある。


皮膚病や腫れ物で悩んだら → 「瘡護神社」 または 「瘡守稲荷」。
サカモリと呼び、 世田谷、 富士市、 上田市などにある。


禁煙したければ → 信州湯田中温泉にある 「延命煙草地蔵」。
線香の代りにタバコを供えるそうな。

pict-延命煙草地蔵.jpg



ハゲの人が頼りにする → 京都の 「御髪神社
                ☟
pict-御髪神社.jpg



運をつけたかったら → 「福王子神社
京都・仁和寺の鎮守神である。

pict-福王子神社.jpg

ウンコしてふく王子、
海の王子には福がつくか、 真子さま恋しい!


H したい人のために → 愛知県犬山市の 「大縣神社」。

ここの豊年祭は、 女性器モチーフとする御輿や行列で有名。
別名、 おそそまつり、 まんこ祭りとも呼ばれている。

大縣神社豊年祭.jpg



「おたふくの口の部分が女性器の飾り物」 のパレード。
                 ☟
pict-姫の宮豊年祭.jpg



若い女性が恥ずかしもなく..抱きかかえて行進。
そりゃ、 大事なモノですからネ。

pict-姫の宮豊年祭2.jpg



神社のお土産は 「夫婦飴」、 500円とか。
                   ☟
pict-大縣神社豊年祭2.jpg


パレードを見て興奮、 神社境内で H するのはマナー違反。

で、近辺のラブホテルは....






見物人にチラシを配るという噂だが... 嘘だと思う。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:56| Comment(6) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする