2021年04月14日

独居老人の生活2214(チェンマイのソンクラン風景2021)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2214
         (チェンマイのソンクラン風景2021)



 どんなものにも驚きがある。 暗闇や静寂にさえも。

 そして、わたしは自分がどんな状況にいようとも、

 その中で満足できるということを学ぶ。

                 ヘレン・ケラー (米国の教育家)


@ 2021年4月13日のコロナ感染状況(タイ)

Inkedpict-nearly 1,000 Covid-19 cases_LI.jpg


国内計956のうち、 302人は積極的検査により確認。
地域別ではチェンマイが断トツの1位、 次にバンコク。
   (source : The Nation)


ではそのチェンマイを見てみよう。
           ☟
  pict-1618348718482.jpg
    ☝ source :Chiangmai News


4月13日の新規感染は260人。
4月5日以降の感染累計は1,191人となっている。

          * *

メーホソンのある地区では道路を遮断し、 外部からの入境を警戒。
チェンマイからの来訪者は、 入れてくれないかも...

pict-1618323205525.jpg  



   pict-1618323210873.jpg

          * *

またランパーンは、 バンコク、 ノンタブリー、 パトゥムターニー、 サムットプラカン、 ナコンパトムに加え、 チェンマイからの訪問者に規制措置をとっている。

上記6都県からの訪問者は、 地元の保健当局または役所に直ちに報告せねばならない。
しかしコロナ検査が陰性の場合は、 2週間の自己隔離の必要なし。 (source : Bangkok Post)

           * *

チェンマイでコロナに感染すれば、 軽症者は国際コンベンションセンターに 隔離(治療)される。

今や1000人を収容し、 さらにキャパを7000人(7000病床)に拡充するという。

pict-1618186622084.jpg
             ☝
 チェンマイ国際コンベンションセンター(仮設病院)。



ではそこで隔離されてる患者は、 どんなものを食べているか?

 pict-1618322612983.jpg
            ☝
左からカオパット(焼き飯)、 野菜、 ウインナーソーセージ。



   pict-1618322606620.jpg

食堂ではなく、 各自のベッドで食べてるようだ。
3食とも弁当(箱)で提供され、 無料と聞く。

食えば必ず排泄する(重症便秘の人除く)。
女性トイレを見れば、 便器16個しかなく、 長蛇の列で我慢を強いられる。

シャワーといえば4つで、 これも少ない。
そもそもイベント用の建物であり、 居住に最適とは言い難い。

ま、患者はほとんどが若者で、 我慢して戴こう。
70歳過ぎた老人(ジジイのこと)が隔離されることはなさそうだ。

何故なら、 老人の感染者はほぼ重症化しており、 ちゃんとした病院に入ることになろう。 
但し有料で、 高額治療費を請求されるかも...

           * *

こんな野外(仮設)病院はチェンマイだけではない。
バンコク都は、 バンコクアリーナを500床の仮設病院に変えた。

バンコク都は、 4つの野外病院を設置し、 総収容人数1,250床を確保。

   バンコクアリーナ。
pict-Bangkok Arena turned into field hospital.jpg



  床を傷つけないようマットを敷いている。
pict-Bangkok Arena turned into field hospital2.jpg

あとベッドを置けば一応完成となるがまだまだ...

まあ、病院というより隔離施設と言ったところ。


  *******************



A チェンマイ・ソンクラン2021年。

4月10日(土)〜15日(木)はソンクランの連休だ。

いつもなら最も盛り上がる13日〜15日、 チェンマイの街の様子を写真で見てまいりましょう!

写真はジジイが昨日(13日)の午後2時頃撮ったもの。

まずはいつもならパレードが出るターペ通り。
            ☟
pict-チェンマイ・ソンクラン2019.jpg
      ☝ 過去のソンクランパレード。



   今年(2021)のターペ通り。
pict-DSCN7732ソンクラン2021 (13).jpg
       ☝ 人が全く見当たらない。



コロナがなけりゃ、 こんな熱狂が見られるのに...
            ☟
pict-ソンクラーン祭り の水かけ.jpg
       ☝ 過去のソンクラン。



いつもなら水かけで熱狂、ロイクロ通りのバービア街、 。
             ☟
pict-DSCN7732ソンクラン2021 (3).jpg
             ☝
  左に見えるのがル・メルディエンホテル、
  右がドゥワンタワンホテル。 ここも人影なし。



  次にナイトマーケットのチャンクラン通り。
pict-DSCN7732ソンクラン2021 (1).jpg
   ☝ 人が見えるが、 ピンクパンダのデリバリー。



ではお堀端はどうか。
屋台が出て水鉄砲やバケツなどを販売する。
             ☟
pict-1523498009555チャングプアク門.jpg
        ☝ 過去のソンクラン。



  今年は、 水かけ禁止のバナーが出ている。
lonesome this Songkran2.png



  お堀端で水を掛ける人もいない。
pict-DSCN7732ソンクラン2021 (11).jpg



  アモラホテルの前では水かけで熱狂したが・・
pict-1523611625492Amoraホテル前.jpg
        ☝ 過去のソンクラン。



  ハイ、 今年は水を打ったよう。
pict-DSCN7732ソンクラン2021 (5).jpg




ターペ門の内側、 午後2時というのに人っ子1人いない。
    (旧市街)
pict-DSCN7732ソンクラン2021 (4).jpg



サンデーマーケットのある通り。
ターペ門から西(ワットプラシン方面)を見る。
            ☟
pict-DSCN7732ソンクラン2021 (6).jpg
     ☝ 人間は何処に消えたんだろう?



ソンクラン・水かけのホットゾーンはターペ門広場。
行ってみたら、 そこには飾り付けがなされていた。
            ☟
pict-DSCN7732ソンクラン2021 (2).jpg



  広場の飾りつけの中に入ったけど・・
pict-DSCN7732ソンクラン2021 (10).jpg
     ☝ 飾り付けた人たちがお気の毒。
      人が少ないというか...寂しすぎる。



ターペ門広場に面した道路は、 いつもなら人でごった返すはずだが...
              ☟
pict-チェンマイ ソンクラーン.jpg
    ☝ 過去のソンクラン(ターペ門広場の前)



  ここはこんな状態、 人は水かけで熱狂する。
pict-2021年版タイのソンクラン.jpg
       ☝ 過去のソンクラン。



しかし今年は...
”閑さや 道にしみ入る 水の音” もない。
             ☟
pict-DSCN7732ソンクラン2021 (12).jpg
    ☝ 静寂のターペ門広場前の通り。



お、見えた、 いっぱい見えた、
何とか賑わうターペ門のソンクラン。

ありがとう、 よくぞ来てくれた。

            ☟


            ☟



pict-DSCN7732ソンクラン2021 (8).jpg



pict-DSCN7732ソンクラン2021 (9).jpg


いつもなら 「餌をやらないでください」 の迷惑な鳩が、 寂しいチェンマイソンクランに景気をつけてくれる。


でもこんな鳩なら大迷惑、 水をぶっ掛けて追い返してやる。


            ☟





   pict-鳩山由紀夫.jpg


来年こそは、 静寂から狂騒の...
ソンクランになって欲しいネ。

(ジジイ個人としては、静寂が良いのですが...)



チェンマイって ホントいいですね!  







posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:11| Comment(2) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

独居老人の生活2154(春節で復活)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2154(春節で復活)


  人生は幾度かの死と、

  幾度かの復活の一続きである。


               ロマン・ロラン (フランスの作家)


@ 転落死(ノンカイ、 タイ)

ノンカイはラオスとの国境の街、 友好橋を渡ればビエンチャンまで車で30分ほどだ。  (地図はココ

そのノンカイの 「ワット・パ・タク・スア」 で、 観光客が崖から落ちて死亡した。

pict-Wat Pha Tak Sua.jpg
       ☝ Wat Pha Tak Sua



ガードレールのない展望台の頂上から約30メートル落下。
写真を撮ろうとしてバランスを崩したもの。

pict-Nong Khai on Friday..jpg


救助隊は2月12日(金)、 ザイルを使って崖を降り、 観光客を引き上げた。

地元警察署は、 サラブリ出身のセクサンさん(52)と特定。
友人5人と一緒に同寺院を訪れていた。

Wat Pha Tak Suaでもここなら安全に眺望できる。
            ☟
pict-ワット・パー・ターク・スア.jpg


先月には、 カオヤイ国立公園の人気ビューポイント 「ロンリークリフ」 でも観光客が転落死している。

美しい眺望であっても、 崖には近寄らない方が無難。
タイには柵もガードレールもないビューポイントがある。


  *********************



A 昨日の晩ごはん。

店名 「I Luv Sushi CNX」  (地図はココ
ジジイは初めて行っった。  開業して1年とか。

pict-P_20210212_184610_vHDR_OnSushi CNX (2).jpg



この店は2度目だという友人と店で待ち合わせ。
   夜7時頃の店内。
pict-P_20210212_184610_vHDR_OnSushi CNX (1).jpg



pict-P_20210212_184610_vHDR_OnSushi CNX (5).jpg



まずツマミに枝豆:48バーツ。
そしてジジイは寿司セット:268バーツ。
            ☟
pict-P_20210212_184610_vHDR_OnSushi CNX (3).jpg
             ☝
右側の 「カリフォルニア巻きは要らないから、 値段を引いてくれ」 と言ったのだが、 全く通じていなかった。

タイ語のできない悲しさ、 仕方ないので平らげた。
268バーツはちょっと高い感じ....

友人は鯖焼きセット:138バーツ。
シェアということでサーモン刺身:188バーツを注文。
    (注)すべて税込みの価格。
pict-P_20210212_184610_vHDR_OnSushi CNX (4).jpg
    ☝ Beer Leo(大瓶)が65バーツ。


営業時間:11:00〜21:30。  定休日は火曜日。 
駐車場は店の横のSoi(小路)でOK。

場所はイギリス領事館の斜め前にある。


  *******************



B 春節のナイトマーケット(チェンマイ)。

昨日(2020年2月12日)から14日まで春節。
例年なら中国人など観光客がどっと押し寄せる。

今年はコロナの影響で、 バンコクなどで春節イベントが中止になっている。

それでもチェンマイ空港では、 春節の雰囲気をと搭乗者をお出迎え。

pict-Chinese New Year.jpg

春節(2月12日から14日)で現在、 チェンマイ空港〜スワンナプーム空港のフライト(往復)は1日あたり30便。

1日あたりの乗客数は推定5,000〜5,500人で、 ここ数ヶ月と比べて30%の増加とか。

             * *

チェンマイの春節といえば、 例年ならば最も賑わうのがワロロット市場界隈。

しかしコロナでイベントは中止のようだ。

そこで蘇ったのがナイトマーケット。

  pict-pict-1611297281359.jpg
    ☝ 1月下旬のチャンクラン通り。
  


昨夜は、 北はターペ通りから南はパンティッププラザまで、 南北にチャンクラン通りは車両通行止め。

pict-P_20210212_201733_vHDR_On.jpg


道路に屋台が置かれて1年ぶりの 「ナイトマーケット」 復活だ。

昨夜(12日)、 夕食を終えたジジイは友人とレストランで別れ、 1人でチェンマイの春節を味わった。

pict-P_20210212_202333_vHDR_On.jpg
    ☝ 右側にマクドナルドが見える。



  ストリートミュージシャンも現れる。
pict-P_20210212_202156_vHDR_On.jpg



    靴を販売。
pict-P_20210212_202612_vHDR_On.jpg



   こっちは犬・猫・パンダの眠ってる姿。
pict-P_20210212_202545_vHDR_On.jpg



「アヌサーン市場」 も蘇った。

pict-P_20210212_203216_vHDR_On.jpg



ソーシャルディスタンシングを守りましょう!
            ☟
  pict-P_20210212_202909_vHDR_On.jpg



   ここでもライブ。
pict-P_20210212_203030_vHDR_On.jpg



若者カップルが2組、 食事をしている、 イイネ!
           ☟
  pict-Screenshot_20210213-054702.jpg



  道路ではビールを飲む人が・・
pict-P_20210212_203808_vHDR_On.jpg



   串焼きなど食べ物も売っている。
pict-P_20210212_203643_vHDR_On.jpg



   春節らしい装いがイイネ!
pict-P_20210212_203901_vHDR_On.jpg



  パンティッププラザ前の路上で飲食。
pict-P_20210212_204038_vHDR_On.jpg



   ライブは学生みたいな人たち。
pict-P_20210212_211541_vHDR_On.jpg



   すっかり春節気分、 盛り上がるネ!
pict-P_20210212_210118_vHDR_On.jpg



ジジイも1人で盛り上がった。
           ☟
  pict-P_20210212_205557_vHDR_On.jpg



ぞろぞろと人が歩く、 復活のナイトマーケット。
             ☟
pict-P_20210212_202238_vHDR_On.jpg



でも春節が終わると....

         ☟

pict-P_20210213_071811_vHDR_On.jpg
     ☝ 翌朝(13日)のナイトマーケット。


またこんな風に 寂しくなるのかな。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:52| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

独居老人の生活2090(スリルと冒険)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2090(スリルと冒険)


 危険を冒して前へ進もうとしない人、

 未知の世界を旅しようとしない人には、

人生は、ごく僅かな景色しか見せてくれないんだよ。

                     シドニー・ポワチエ (米国の俳優)


@ 密入国運び屋 逮捕される。

ウボンラチャタニーの密航ブローカー(タイ人の男)が、 12月11日夜10時頃、ピックアップトラックでラオスから12人の不法入国者を輸送した疑いで逮捕された。

pict-12 illegal migrants from Laos.jpg


ラオス人はパスポートを所持しない男性5人と女性7人。
逮捕された場所はラオスと国境を接するコーンチアム地区。
   (地図はココ

ラオス人らはタイのブローカーに1人あたり4,000バーツから5,000バーツを支払っていた。

ラオス人らはバンコクに運ばれる予定だった。
   (source : The Nation)


バンコクに行けば仕事があるのかネ?
あったとしても3K(キツい、 汚い、 危険)職場かな。


  *******************



A 崩壊しないか心配。

日本ではGoToトラベルの効果もあって、 京都・嵐山は観光客で大賑わい。

pict-美しき嵐山「渡月橋」.jpg



人気は何といっても 「渡月橋」 、 鉄骨鉄筋コンクリート桁橋は京都府道29号の一部でもある。 なので車両も行き来している。

pict-美しき嵐山「渡月橋」2.jpg

            * *

タイの観光地にも嵐山に似た橋がある。

12月10日(木)からタイは4連休、 観光地は人で賑わった。
カンチャナブリ県サンクラブリーもその1つ。

ここの人気スポットはタイで最長の木造橋、 「モンブリッジ」。

pict-Sangkhla Buri.jpg


モン族出身のウッタマ師を称えるために建設されたという。
   
川岸からはカーオ・レーム・ダム、 もう一方からはモン族独特の家並みが見渡せる。

pict-Mon Bridge Uttamanusorn 2.jpg


残念ながらコロナの影響で、 パヤトンズー(ミャンマー)への国境越えはダメ。  (地図はココ


サンセット(日没と書くとロマンがない感じ)がとても美しいと評判。
で、タイ人がどっと押し寄せて ”歩行者天国”・モン橋散歩を楽しむ。

コロナ感染対策はバッチリ、 マスク着用と消毒をして橋に...

pict-Tourists have flocked to Sangkhla Buri2.jpg



だがこの橋は木造橋、 大勢の人が渡れば崩壊するのでは...と心配になる。

pict-Tourists have flocked to Sangkhla Buri.jpg


4連休で毎日少なくとも3,000人が訪れ、 1日あたり約1,000万バーツのお金を地元に貢献。

カンチャナブリの最西端にあるホテルやリゾートは満室の盛況とか。

           * *

こちらは北タイ。

大勢の美女が橋を渡っていたら、 彼女らの重みで20mの吊橋が崩壊しちゃったのだ。

事故が起きたのは12月7日の朝、 ミスタイ2020の出場者30人が「リゾートのレストラン」 を訪れた時のこと。

3人のミスタイ候補者が、 擦過傷や打撲傷などで病院に運ばれた。

彼女たちはチェンマイ、 ランプーン、 ランパーンを周り、 さまざまな活動を楽しんでいた。

pict-Foot bridge collapses.jpg


お気の毒に...コンテスト本番前に傷ついたミス候補者。
これがホントの 「ミスっちゃった」 ってことで....

ちなみにコンテストは 「チェンマイ国際コンベンションセンター」 で開催される。

            * *


世の中には車で走るのも、 通路を歩くのも非常に怖いという観光地がある。

ここは中国湖南省、 武漢ウィルス発症の地。
張家界市永定区にある標高1518.6mの山が天門山である。

この人気観光地へ行くには車で山道を走る。

pict-通天大道.jpg
              ☝
   通天大道と呼ばれ、 全長10.77km。
  全部で99の険しいカーブがある(2005年9月完工)。



    ケーブルカーだって怖いよね。
pict-天門山 - Wikipedia.jpg



この山には遊歩道(スカイウォーク)があり、 観光客は歩きながら景色を眺望。

pict-天門山のスカイウォーク4.jpg
      ☝ ガラスの橋、 真下が見える。



でもチョット高いところにあるから怖い感じ。
          ☟
pict-天門山のスカイウォーク2.jpg



    見晴らしは抜群にイイ。
pict-天門山のスカイウォーク3.jpg



  スカイウォークが崩れたらお陀仏100%。
pict-天門山のスカイウォーク.jpg



で、 天門山には ”天国への扉” と呼ばれる天門洞がある。
標高1260mの絶壁の上にあり、 その高さは131.5m、 幅57m、 奥行き60m強。

天門山の ”天国への扉”。
            ☟
pict-天門山天国への扉.jpg



13の階段どころじゃない、 999段あるという。
年寄りが登るにはちょっと無理かも。

pict-中国の天門山にある天国への扉.jpg



  ジジイが登れば、 着いたときには天国へ・・
pict-天門山 張家界の魂 天門洞 999段.jpg


ここまでやって旅をする、
スリルとアドベンチャー(冒険)、これが旅行の醍醐味か。

でもジジイにはそんなモノ、要らない。
求めるものは 「ロマンス」 ただ1つ。

異国の地での美女との出会い。

残り僅かな人生だ、 諦めずに頑張りたい。






最も危ない冒険だけど....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:36| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする