2020年09月01日

独居老人の生活1989(コロナ禍、 世界のバカンス)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1989
                       (コロナ禍、 世界のバカンス)


  怒りは凡庸な男の頭をはたらかせる。

  が、金持ちにはしない。

                    フランシス・ベーコン卿 (英国の哲学者・政治家)


@ ヒヤリとさせられるチェンマイの運転。

昨日の朝7時30分頃、 ジジイは片側一車線の道路をバイクで走っていた。

速度は40~50k/hの安全運転で、 道路の左側寄りを走行。
と、右側からバイクがジジイを追い抜きにかかった。

で、ジジイは少し左側に避(よ)けようとしたその瞬間だ。
ジジイの左サイドから別のバイクが追い抜きをかけていた。

ほぼ同時に左右から追い抜くとは...
思いもよらぬことで、 ヒヤリとさせられた。

追い抜いた2台のバイクは両方とも2人乗りで、 タイ人の若者が運転していた。

車を運転されてる方はバイクの ”ヒヤリ” がもっと多いかも。


  **********************



A ミャンマーからの密入国者、 後を絶たず。

昨日も本ブログでお伝えしたが、 タイ政府は取り締まりを強化している。
しかし仕事を求めてミャンマー人はタイへの不法入国を図る。

8月31日、西部にあるメーソート(地図はココ)では、 11人のミャンマー人を逮捕。

うち2人には高熱があり、 メーソート病院に運ばれた。

pict-11 illegal migrants detained in Mae Sot.jpg

               * *

8月29日には、 密入国者を運ぶピックアップトラックが、 道路を封鎖する警察車両に衝突。

タックのイミグレ警察官1人と、 ミャンマー人2人が軽いケガを負った。

pict-Policeman injured in bid to stop pickup.jpg


運び屋のドライバーはタークに住むタイ人の男(30歳)。

国境からタークのバンサムメウン地区まで、 1人12,000〜13,500バーツで運んでいたと白状。

pict-smuggling in Myanmar labourers.jpg
     ☝ ピックアップトラックで密入国、 大変だわ。


引きも切らないミャンマー人の密入国、 タイには需要(仕事)があるから来るんだろう。

雇用主への罰則強化も必要だ。  (source : The Nation)


  *********************


B コロナ禍、 世界のバカンス。

コロナ禍の現在、 各国観光地の対応は様々。
感染者数の減少に伴って観光客を積極的に受け入れる国。

厳しい規制を続ける国、 そのうちの1つがタイランド。

訪問客の激減で苦境にあるのはどこの観光地も同じ。
自由な移動と感染防止とのバランスが悩ましい。

ではコロナ禍、 世界の観光地を見てみよう。

         * *

1.ベルリン(ドイツ)

EUは6月に域内、 7月に域外からの渡航制限を緩和し、 観光を再開した。

ブランデンブルク門前の広場にはマスクなしの観光客が大勢押し寄せた(2020年7月28日)。
                 ☟
pict-DSCN7320.jpg



コロナ前はこんな感じだけど、 再開になって人が増えたかな。
                 ☟
pict-ベルリン ブランデンブルグ門.jpg

               * *

2.ゴルナーグラート(スイス)

コロナ対策万全のスイスでも、 最近は感染者数が増加。

マッターホルン(中央)などの山々を360度楽しめるゴルナーグラート展望台にもマスク姿が目立つ(8月8日)。

pict-DSCN7317.jpg



    この様に360度の眺望が人気に・・
pict-標高3131mのゴルナーグラート展望台でマッターホルンを.jpg

                * *

3.プエルト・モレロス(メキシコ)

コロナ対策でビーチは閉鎖。
それでも立ち入る観光客や市民が後を絶たない。

死に神に扮して注意を喚起する若者が現れた(8月1日)。
                 ☟
pict-DSCN7315.jpg

               * *

4.バンブローナ(スペイン)。

毎年7月に開催され100万人以上を集める牛追い祭り。
                 ☟
pict-牛追い祭り  バルセロナ.jpg



   こんな大混雑に・・、 今年の中止は当然か。
pict-牛追い祭り  バルセロナ 2.jpg



で、観光客は土産店前の牛の像と写真を撮って気分を盛り上げる(7月8日)。
                 ☟
pict-DSCN7318.jpg
          ☝ 本物の牛ではありません。

                * *

5.ベルリン(ドイツ)

ドイツでは7月半ば頃から新規感染者の増加傾向が止まらない。

クロイツベルク地区には 「No Tourist!」の落書きが...
  (8月10日)
pict-DSCN7325.jpg
             ☝ 観光客お断わり!

             * *

6.イスタンブール(トルコ)

感染者が減らない中でも、 トルコは観光客を積極的に受け入れている。
     アヤソフィア。
pict-アヤソフィア.jpg


 
2020年7月に博物館からモスクに変更された世界遺産、
  「アヤソフィア」 の内部(8月6日)
pict-DSCN7316.jpg



    コロナ前の風景(アヤソフィア)
pict-トルコイスタンブール観光.jpg

              * *

7.パリ(フランス)

ルーブル美術館はネットによる入場予約制を導入。
観光名所の混雑は以前から問題に...

予約制が 「新しい日常」 として定着しそう(8月10日)

pict-DSCN7321.jpg

              * *

8.ブライトンビーチ(英国)

欧州は今年も熱波に見舞われ、 英南部のビーチリゾートはソーシャルディスタンシングなどお構いなしの混雑ぶり(8月8日)。

pict-DSCN7323.jpg


一方で英国政府は8月中旬、 感染が再拡大中のフランスなどからの入国者に隔離措置をとると発表した。


    コロナ前のブライトンビーチ。
pict-太陽注ぐ海辺の街☆ブライトン.jpg

             * *

9.湖南省永州(中国)

中国では7月中旬、 省境をまたぐ団体ツアーの再開が認められた。
永州の舜皇山森林国立公園でも大勢の観光客がラフティングを楽しんでいる(8月1日)。
                  ☟
pict-DSCN7324.jpg
       ☝ 写真右側のカラフルな楕円形がボート。

               * *

10.チェンマイ(タイ)

「タイガーキングダム」 へは、 チェンマイ市街からソンテウで約30分。

ここの目玉(人気)は ”おさわりタイム”。
ベンガルトラと優しく触れ合うことができるのだ。
                ☟
pict-チェンマイ郊外にある「タイガーキングダム.jpg
   (source : Newsweek) 


つい最近、 あるタイ人女性がFacebookにこのトラとの触れ合い写真を投稿した。
                 ☟
pict-Social media condemns tiger balls-grabber.jpg
これを見た人たちは怒った、 何てことを....

タイガーキングダムのベンガルトラは6歳。
一体、 タイ人女性は何をしたんだろう?

写真全体を見れば納得。

              ☟

pict-pict-Social media condemns tiger balls-grabber.jpg
                ☝
   彼女が握っているのはベンガルトラの睾丸。
   多分チンコも触っていると思う。

ジジイは許してあげたい、 彼女は欲求不満だったのだ。





今度、 ジジイのを握らせてあげますよ。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:02| Comment(2) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

独居老人の生活1924(#56チェンマイ百景:いろいろ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1924
                    (#56チェンマイ百景:いろいろ)


 もしも あなたと 逢あえずにいたら
 わたしは何を してたでしょうか

 平凡だけど 誰かを愛し
 普通の暮らし してたでしょうか


                               荒木とよひさ (作詞家)


@ ゴースト・ニューヨークの幻。

デミ・ムーア主演のメロドラマ、 デミが最も輝いていた頃だ。
この挿入歌 「アンチェインドメロディ」 の歌が素晴らしい。

デミ・ムーアが歌とともに登場します。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=sc2uuRbzaNg

上が消去されていたら ☟
https://www.youtube.com/watch?v=K6rDJZurVx4


  ゴースト ニューヨークの幻.png

作っている粘土の壺が男性器のように感じられる。
サイズが大きいのは白人だからか....

               * *

こちらの女性は男性器の様なモノを握り締めて何やら...
粘土での壺作りじゃなさそう。

   pict-1593567231087佐野 (2).jpg



女性は友人(日本人爺さん)のタイ人奥さま。
股を広げ、 50代半ばとは思えないほど色っぽい。

             ☟

   pict-1593567231087佐野 (1).jpg
        ☝ 餅をついているんだとか。

おそらく奥さまは、 亭主のアソコもこの棒のように硬直してたくましく..と願っているはず。

60代半ばの友人には、 まだまだ頑張って戴きたいもの。
「俺、 糖尿でなかなか....」 なんて言わないで.....

  <参考まで>
人妻が思う男性のチンコの大きさについて。
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=SXsSn9K4sxA


  ********************



A これは果物か?

pict-DSCN7054.jpg


                 ☟





pict-DSCN7052.jpg
   ☝ グラビアアイドルの ゆめみるぅちゃんのお尻。
      嗚呼〜 バックから攻めてみたい!


  **********************



B NHK政見放送(都知事選候補者)。

ホリエモン新党から出馬した立花孝志候補(52)。
「NHKから国民を守る党」 の党首でもある。

pict-立花孝志党首(52)の政見放送.jpg


よく資金が続くなあと感心するが、 youtuberでガッポリ稼いでいるらしい。

ジジイは本ブログで1円だって稼いだことがない。
才能のある人が羨ましいネ。

では立花孝志候補の政見放送、 とても面白い!
内容はすべてNHKの悪口、 キャスターの不倫まで語りつくす。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=LMghjcRYCss


  *********************



C 釣れるんかいな?

チェンマイ市街を流れるピン川沿いで釣り人を見かけた。
場所はナワラット橋近く(南寄り)。

pict-P_20200621_184735_vHDR_On釣り (4).jpg


pict-P_20200621_184735_vHDR_On釣り (1).jpg

ジジイは10分ほど立ち止まって見ていた。
左側の黒シャツ男性が竿を引き上げた、 よし、釣れた!

針には藁(わら)がくっ付いていた。


  *********************



D 自宅近くで 3日連続でバン! という大爆音。

1回目は6月29日の朝5時前、 驚いたのなんの。
キッチンの蛍光灯を点けたらピカ、ピカ、ピカとするだけ。

ならばとリビングの蛍光灯は....スイッチを入れても点灯せず。
しかしそのまま待ったら、 5分くらい経って点灯。

シャワーはいつもと違って生ぬるい。
浴びている途中で蛍光灯が切れてトイレは真っ暗、 あわててドアを開けた。

お昼頃には何事もなかったように通常に戻る。
部屋の蛍光灯5個(うちトイレ1個)全部を取り替えなきゃと思っていたのでホッとした。


2回目の バン! は昨日の朝10時頃。
この時も状況は前日と同じ。

電気は流れているようだが、 弱いのかファンの回転が遅い。
途中で動かなくなったりで、 暑さにまいった。


今日(7月1日)は朝の10時50分、 バン! と大爆音。
インターネットが切れる → テザリングを使用して続行。
 (しかし極端にスピードが遅くなる)

部屋の蛍光灯をチェック、 OKだった。
なぜこの様に毎日、 バンの大爆音がでるのか、 場所は道路だと思うが...

とにかく物凄く大きな音で、 心臓に悪いわな。


  *********************



E テレサ・テン 博物館。

2020年5月5日に、 NHK BSで 世界ふれあい街歩き選、
「癒しの古都 チェンマイ」 が放映された。

ジジイもチェンマイがどのように紹介されるのか、 興味を持って
視聴した。

街歩きは旧市街(お堀の中)がメイン。
ジジイは詳しいつもりだったが...初めて目にするモノが登場。

pict-DSCN6906テレサテン (1).jpg

pict-DSCN6906テレサテン (3).jpg
                   ☝
こういったモノには興味がないので、 見逃していたのかも。



まだ1度も行ったことがない場所があった。

pict-DSCN6906テレサテン (2).jpg


テレサは1995年、 チェンマイにて42歳の若さで死亡。
亡くなった場所が、 宿泊していた 「メーピンホテル」。

テレサが愛したスイートルームは宿泊者以外にも開放され、 今も観光客が数多く訪れている由。

pict-チェンマイ テレサテン2.jpg
              ☝ 1502号室。

見学料金は(2020年1月現在の情報)

・部屋の見学のみ: 600バーツ(宿泊者500バーツ)
・見学+ ティーのセット: 900バーツ(宿泊者700バーツ)

営業時間:11:00〜17:00
尚、 同ホテルは現在改装のため休業中。

pict-チェンマイ テレサテン3.jpg


pict-テレサテン終焉のホテル.jpg


pict-テレサテン終焉のホテル2.jpg


テレサ・テンを懐かしんで...「時の流れに身をまかせ」
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=d9sBCOo_AcM


  時の流ながれに 身をまかせ ♫
  あなたの色に 染そめられ

  一度の人生 それさえ
  捨すてることもかまわない

  だから お願ねがい そばに置おいてね
  いまは あなたしか カネくれない


爺さんたちのカノ女たちは....






「カネの流れに身をまかせ」 てるだけかもネ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:04| Comment(2) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

独居老人の生活1920(マンホールは芸術だ!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1920(マンホールは芸術だ)


 人生は道路のようなものだ。

 一番の近道は、 たいてい一番悪い道だ。

                        フランシス・ベーコン (英国の哲学者)


 そこにある美しいマンホールには危険が潜んでいる。

                                   チェンマイの独居老人


@ 豪雨時のタイの国道には要注意。

既に復旧しているとはいうが、 やはり注意喚起ということで...

昨日(6月27日)午前、 国道118号線で、 工事中の道路と橋の
一部が大雨で決壊、 通行止めに...

pict-between kilometre makers 32 and 36 in Doi Saket.jpg



pict-between kilometre makers 32 and 36 in Doi Saket 2.jpg


場所はドイサケット地区で、 チェンマイ県知事は復旧に大号令をかけた。

(注) 国道118号はチェンマイ〜チェンライを結ぶ幹線道路。

こんなところに車やバイクが落ちたらお陀仏間違いなし。
   (source : Bangkok Post)


  *********************



A ドリームワールドが再開(タイ)。

pict-ドリームワールド.jpg


武漢ウィルスの影響で休業を余儀なくされていた。
ようやく6月27日から再開にこぎ着けた。

入場口では検温に加え、 QRコードでチェック。

再開を祝し、 ドリームワールドビザ価格を9月末まで600バーツから500バーツに値引き。

pict-Dream World.jpg



pict-Dream World 2.jpg



ドリームワールドは1993年にオープンした63エーカーあるテーマパーク。
平均200万人/年の入場者を誇り、 多くのアトラクションなどで人気を博す。

  pict-アトラクション|DREAM WORLD.jpg



    スーパーマンのところに顔出し(撮影)
  pict-スーパーマンのところに顔出し.jpg



pict-ドリームワールド2.jpg


場所はバンコクから約1時間のパトゥムタニーにある。
     (地図はココ

バンコクから行くには、
戦勝記念塔からラチャモンコン行きの538番バス、 またはミニバス(バン)も出ている。

営業時間:月〜金 10:00〜17:00 /、 土〜日 10:00〜19:00
入場料には外国人料金があってタイ人より高い。
    (source : The Nation)


  *******************



B マンホールは芸術だ!

日本にある最近のマンホールはアートと言っていい。
各都市/街では趣向を凝らして通行人の目を楽しませている。

今日はそんなマンホールの見事なデザインを見て戴きたい。
まずは横浜市から。

     横浜市庁舎入口にあるマンホール。
pict-CITY OF YOKOHAMA」「JAPAN」の横浜市庁舎入口.jpg
            ☝ 方角を示している。



   道路の舗装と同じデザインにしてある。
pict-CITY OF YOKOHAMA」「JAPAN」の 横浜市庁舎入口.jpg
          ☝ これも横浜市庁舎入口。



    これも歩道の柄に合わせたマンホール。
pict-歩道の柄に合わせた蓋、中央に横浜市.jpg
          ☝ 中央に横浜市の文字がある。



     こっちは横浜市みなとみらいのJICA前。
pict-みなとみらいのJICA前.jpg



    では同じ港町・神戸のマンホール。
pict-神戸市マンホール.jpg
           ☝ なんか風情があるね。



     こちらは神戸王子動物園。
  pict-神戸王子動物園.jpg



    静岡県伊東市松川通り。
pict-伊東市松川通り.jpg
       ☝ ちょっとマンホールが見にくいネ。
    
              ☟

      こんなデザインですよ。  
pict-松川通りに.jpg
           ☝ 伊東といえば温泉地。



      神奈川県小田原市。
  pict-小田原市.jpg
    ☝ 観光名所・小田原城を矢印で示す。



     兵庫県姫路市のマンホール。
pict-姫路駅前に姫路城デザインマンホ.jpg



    姫路をデザイン・・これしかない。
pict-姫路駅前に姫路城デザインマンホ2.jpg
         ☝ 姫路城を描いたマンホール。



     お金をかけてるネ、 小倉のマンホール。
pict-小倉駅周辺.jpg
            ☝ JR小倉駅周辺にある。

近くには北九州市漫画ミュージアムがあり、 名誉館長は漫画家の松本零士。
描かれている女性はエーテルで、 彼の銀河鉄道999に出ている。



     ここは沖縄県那覇市。
pict-沖縄県那覇市のもの.jpg



    そのうち藤井くんの顔が描かれるかな?
pict-千駄ヶ谷・将棋会館近く.jpg
        ☝ 東京の千駄ヶ谷・将棋会館近く。

               * *

外国人が日本にやって来ると、 街中の美しさに驚くという。
どこも清潔で道路は綺麗、 このようなマンホールを見れば驚くかも...

じゃあお隣の韓国のマンホールはどんな感じ?
                 ☟
pict-韓国のマンホール2.jpg



    昔の日本のマンホールみたい。
pict-韓国のマンホール3.jpg



pict-韓国のマンホール.jpg



   韓国では珍しいデザイン・マンホール。
pict-デザインのあるマンホールは韓国では珍しい.jpg
     ☝ でも日本と比べれば文化が違うというか....

                * *

中国に行くと民度が違うって感じ。
こんなにたくさんのマンホール、 どうして?
                  ☟
pict-山西省太原市の道路に“マンホール密集地帯”.jpg



    歩く人も大変かな?
pict-マンホール密集で道路ボコ.jpg
          ☝ 山西省太原市の道路。



この通りにもマンホールがぎょうさんおまっせ。
              ☟
  pict-北京市朝陽区にある300mほどに約150個のマンホール.jpg
              ☝
 北京市朝陽区、 300mほどの距離に約150個のマンホール。



中国にもデザインを施したマンホールがあったのだ。
                  ☟
pict-成都市のマンホール.jpg
          ☝ 成都市、 パンダしかないか。



   これが中国の一般的デザイン・マンホール?
pict-中国/高速道路の竹筋コン.jpg
       ☝ ”竹筋”コンクリートのマンホール。


   マンホールの中に落ちて死んだ人もいる。
pict-北京市の壊れたマンホール.jpg
              ☝ 北京市内。



    マンホールに木が植えてある?  いいえ。
pict-西安市長安区のマンホールが一晩で全部盗まれ清掃員が安全の木の枝を差し.jpg
                  ☝
   西安市長安区のマンホールが一晩で全部盗まれた。
 で、道路清掃員が安全のために木の枝を差し込んで注意喚起。

               * *

アートいうより、 まず安全を確保してくれ..と言いたくなるマンホールが海外には結構ある。

ボケーッとして歩いているととんでもないことに....
マンホールには危険を伴うモノもあるのだ。


ジジイの好きなマンホールは次のようなもの。
どんな形状でもOK、 どれを見ても美しいと思う。

しかし時には危険が迫る場合もある....要注意!


                 ☟


                 ☟



      たくさんあるマン・ホール。
pict-女性の性器を石膏.jpg


 穴に入れたくなるんです。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:21| Comment(2) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする