2017年10月19日

独居老人の生活1006 (チェンマイのタウン誌・情報誌)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1006(チェンマイの情報誌)


     孤独は山になく、 街にある。

     一人の人間にあるのではなく、
     大勢の人間の 「間」 にあるのである。

                                        三木清 (哲学者)


チェンマイで暮らしているといつの間にか目にしているのがタウン誌である。

情報誌ともいうのか、 ホテル、 アパートメント、 レストランなどに
置かれている。

記事内容は各誌各様だが全て無料、 刊行費用は広告で賄う。

                * *

ジジイは昔、 東京でも同様のタウン誌を読んだことがある。
「銀座百点」 というもので有料ということだった。

pict-「銀座百選」.jpg


創刊が昭和30年、 今も発行されておりタウン誌の走りか。
創刊時の定価が50円というから普通の月刊誌と言っていい。


同編集部が、 寄稿した作家の記事を編集して出版もした。
それが 「私の銀座」 (新潮社) である。

pict-「銀座百選」3.jpg


「銀座百点」 には向田邦子の連載もあった。
それが 「父の詫び状」 として文藝春秋から発行される。

やはり東京・銀座となるとその辺のタウン誌とは違うようだ。
ちなみに現在の年間購読料は4,176円。

                * *


観光の街チェンマイにもそれ相応の情報誌が出ている。
今日はそんなタウン誌の幾つかを見てまいりましょう。

@ 「CHANGPUAK」

pict-DSCN2221.jpg
      ☝ 63頁に及ぶ豪華な出版物。




ターゲットの読者は欧米人のようで、 主に英語で書かれている。
最近は中国語併用の記事も目立ってきた。

pict-DSCN2218.jpg


広告主はホテル、 レストラン、 アパート、 デパートなど。
デパートを除けば全てハイレベル、 ジジイには縁のない高級なところが多い。

ジジイがチェンマイに来た時には既に発行されていたので、 長い歴史を持っているのかも。


                * *


A 「House & Car」

pict-DSCN2219.jpg
    ☝ 40頁の優れもので、 ターゲットは韓国人。
      ハングル文字がほとんど。




レストランでは焼き肉店の案内が目に飛び込んで来る。

pict-DSCN2222.jpg





表紙タイトルの通り、 家と車の広告がちゃんとある。
  住宅の広告。
pict-DSCN2224.jpg




  車の広告。
pict-DSCN2274.jpg


車の宣伝だが、 なぜか韓国車が出てこない。
現代(ヒュンダイ)の車はチェンマイで走っていないのか。

焼き肉がお好きな方には持って来いのタウン誌であろう。


                * *


B 「Spoon & Fork」

pict-DSCN2229.jpg


タイ語と英語で記載、 ターゲットはタイ人と欧米人か。
タイトル通りに食べ物がメインの40頁。



ほとんどがレストランとカフェーのガイド。
ケーキなども出ており、 グルメの方には楽しいかも。

pict-DSCN2230.jpg




pict-DSCN2275.jpg


上記3誌とも掲載写真が多くてみな美しい。


                * *


C 「Chao」

”ちょっとディープな北タイ情報誌” が謳い文句。

pict-DSCN2227.jpg


日本人向け、 熱心に取材しておられるのがよく分かる。
編集長の好みか、 山岳民族の記事が多いように思う。

地図も詳細で、 旅行者にも定住者にも役に立つ。
チェンマイ市街の主なスポットなら隈なく訪ねていける。


ジジイが必ず読むのが、 タイニュース、 イベント案内、 そしてレストラン等の紹介記事だ。

  レストラン等の紹介。
pict-DSCN2228.jpg


レストランの紹介だが、 和食店は1度も見たことがない。
ほとんどタイ料理の店とかカフェー。

ジジイにとって残念なのは、 紹介のレストランにビールが置いて
あるかどうか、 この説明がない。

ビールやワインは食事に欠かせないもので、 料理の1部なのだ。

ジジイは編集長以下スタッフの皆さんを誰1人知らないが、 多分
編集者の中に酒好きな方が1人もいないんだろう。

18頁のタブロイド版で、 月2回の発行。
和食店やアパートに置いてある。


                  * *


D 「Viang Chiangmai」

pict-DSCN2225.jpg
   ☝ こちらも日本人向けで、 20頁の見開きタイプだ。




地図が距離など正確で見やすく、 チェンマイに慣れていない方には便利。
pict-DSCN2226.jpg


名の売れた作家が毎回寄稿している。
それが下川裕治氏の ”五感に響く旅”。

ジジイもバックパッカーまがいの旅をしていたので、 下川氏の著書は結構読んでいる。
ファンなので月2回、 真っ先に下川氏の記事に目が行く。


「Viang Chiangmai」 では、 編集長自らが ”隠れない編集長” と名乗っている。

本当に隠れていないか確認しようと、 ジジイは電話したい気になった..がやめた、 余りにくだらない。

編集長のお名前が書かれていないので、 何処のどなたかジジイには分からない。  勿論口を利いたこともなし。

おそらく浮気がバレても、 奥さんから逃げ隠れしない編集長かも。

                 * *


以上、 ジジイが目にする5誌をご案内。
とにかく無料で情報を与えてくださる、 ありがたいこと。

感謝の気持ちで読み終えた後、 朝食の時に使わせて戴く。
お盆の上に敷いて、 パン屑や果物の皮を落としている。

そしてそのままゴミ箱にポイ.....非常に重宝。


タウン誌の記事作成は大変だろうと思う。
全ての読者から喜ばれるように、 苦情が来ないように書かねばならない。

だから洗練された上品な記事になるのは当然のこと。
これからも益々のご繁栄をと...願わずにはいられない。


この点ジジイは気楽なもの。
下ネタあり、 毒舌あり、 パロディーありの何でもあり。


本ブログのターゲット読者は特定のマニア。










 スケベなご老人です。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:54| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

独居老人の生活998 (北タイ:チェンダオ/メガットダム観光)


昨日(9日)はサーバーにトラブル発生。
24Hのうち7〜8時間しか動いてませんでした。

それでも通常の5割以上の方からアクセス戴きました。
ありがとうございます。

ジジイは書き上げた原稿をサーバーに保存したつもりが消滅。
がっくり、 PCのメモ張の方に保存すべきでしたね。

                 * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活998
                    (チェンダオ/メガットダム観光)


  食べ物を拒絶し、 習慣を無視し、 信仰を恐れ、

  人々を避けるのならば、 家にいたほうがましである。

                                ジェームズ・ミッチェナー (米国の小説家)


一昨日(10月8日)は日曜日。
毎日が休暇のジジイでも、 日曜となると観光..という気分になるから不思議。

ならばと暇な爺さん4名が1日観光に出かけた次第。
さあ、 今日は北タイ観光をお楽しみください。


朝9時45分にチェンマイを出発、 あいにくの雨だが車なのでOK。

国道107を北にまっしぐら、 先ずはメガットダム湖を目指す。
   (地図はココをクリック)

メーテンの街を通過して右折、 道なりに走って11:10頃到着。
日頃の行いがイイから雨は上がっていた。

pict-DSCN2095.jpg




 レストランで休憩。
pict-DSCN2094.jpg





湖は水でいっぱい、 これなら水道が枯渇することなし。
安心してシャワーを浴びられる。
pict-DSCN2092.jpg


ここでジジイは、 初訪問を祝ってビール大瓶(55B)を飲む。
ツマミにイカのぶっ掛けご飯(35B)、 但しライスは残す。


ダム湖には観光ボートが運航している。
しかし誰も乗りたいと言う人がなく、 見ただけで次に移動。

                * *


次に立ち寄ったのがダム湖のほど近いところにあるお寺。
こんな田舎にも腐るほど寺院があるから驚き。


我々は 「ワット・バンボン」 に......
有名なのかな、 中国人団体がバスで到着。

pict-DSCN2098.jpg




なるほどカネをかけたお寺ですわ。
pict-DSCN2100.jpg




pict-DSCN2106.jpg





美女がいるとジジイの目はすぐそっちに......

pict-DSCN2107.jpg




pict-DSCN2109.jpg

ここも見るだけ、 他にやることなし。

                * *


ランチはチェンダオの街中で...R107沿いのレストランへ。

pict-DSCN2115.jpg





ジジイの注文はライスに大根など:50バーツ。
Beer Leo大瓶:80バーツ。

pict-DSCN2110.jpg




チェンダオは美人が多いのか、 店員さんは美女揃い。
 25歳。
pict-DSCN2114.jpg





こちらのウエイトレスは16歳の高校生、 アルバイトだとか。
気が利いていてテキパキ働き可愛い。

ジジイはたちまち虜になる。
Lineを訊いたらやってませんの返事、 がっがり。

pict-DSCN2113.jpg
                   ☝
 (注) 左側Vサインの娘、 右の青シャツではありません。


                * *


ランチ後はチェンダオで有名?な ”土管温泉” へ......
途中、 顔だけ知っている日本人の豪邸の前で停車。

ここのK爺さんはお金持ちで、 チェンダオの篤志家。
高額な物品を寄付をすることで名が知られている。

pict-DSCN2118.jpg




幼稚園をやっておられるのか。
門扉の横にこんな看板が・・・・
pict-DSCN2117.jpg
          ☝ 「夢みき幼稚園」 と書いてある。

ジジイがこんな所(ネオンなし)で暮らしたら、 3日で気が狂う。


                * *


川沿いにあるここが ”土管温泉”。
日本人爺さんが(暇つぶしの)ボランティアで設置した。

pict-DSCN2120.jpg
                  ☝ 
       管理人はいないが1年中無休、 入浴は無料。  
       24時間オープンだが夜は真っ暗闇だと思う。



 美女が入浴してました。
pict-DSCN2125.jpg




中国人かと思ったら外れ、 ジジイ好みのタイ人。

pict-DSCN2127.jpg




彼女の夫、 子供、 姑の家族で温泉を満喫。
pict-DSCN2122.jpg




日本人爺さんが取り付けた土管温泉の看板。
2004年とあるから13年前からのボランティアだ。
pict-DSCN2130.jpg
      ☝ 網で周りが囲われている、 何でなの?


我々一行は温泉に浸かることなく見るだけ。
温泉場の清掃をしたかったが、 出来ずに帰る....残念(嘘)。


               * *


この名所を落としたら観光にならない。
チェンダオ洞窟(Chiang Dao Caves)。
  (地図はココをクリック)

pict-DSCN2132.jpg




ここから洞窟に入る。  入場料40バーツ。
pict-DSCN2136.jpg




爺さんたち、 誰も洞窟内を見たいと言わない。
周りの景色だけ見て観光終了。
pict-DSCN2141.jpg


                * *


ここでチョロチョロする犬を見て、 友人と犬談義。

pict-DSCN2144.jpg


『チェンマイ周辺にいる犬は圧倒的にオスが多いんです。
 繁殖問題と関係あるのかな』   と友人のXさん。

「いつも犬のチンコばかり見てるんですか?」

『いいえ、 メスを見るんです。
 メスには乳がたくさんついていて、 垂れてるでしょ?』

「人間のメスにオッパイが6つ8つもあったら男は大変。
 H で8つの乳首をチューチューなんて、やってられませんよ」

『そうなりゃあ愛撫のし甲斐があるでしょうね。
 ところでオス犬同士が盛ってるの、 見たことないでしょ?
 そこが人間と動物の異なるところなんですね』

「犬にはホモとかレズがいないってことですか。
  さすがNさん、 よくご存じですね」


と、 こんなどうでもいい話をしながら帰途につく。

ガソリン除いて出費したのは昼食代のみ。

ただぼんやりと見ただけ....1日愉しい暇つぶし。

 








爺さんたちの観光.........こんなもんか。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:00| Comment(2) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

独居老人の生活994 (チェンマイからの国際宅配便)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活994
                    (チェンマイからの国際宅急便)


     昨日は、 もう過ぎ去ってしまいました。
     明日は、 まだ分からないのです。

     今日は、 与えられるものです。
     だから英語では、 

     今をプレセント (present) と呼びます。


1.ワット・パー・パオはお祭りです。

ここはビルマ風の寺院で1883年に建立。(場所はココをクリック)

シャン族(別称タイヤイ、 ビルマの少数民族)がイギリス人の下、 伐木搬出産業で働くためにチェンマイへやってきた。

彼らは仏教徒、 そのための崇拝場所が必要だったという。
だからであろう、 境内は民族衣装に身を包んだ人々で賑わう。


では本日(10月5日)、 午前7時前のワット・パー・パオの模様を
写真でどうぞ。

@ 寺院前の通りには売店がズラリと並ぶ。

pict-DSCN2063.jpg





A 参拝する人を待ち構えるソンテウ、 遥か彼方まで並ぶ。

pict-DSCN2082.jpg





B 境内に入れば、 色取り取りの衣装に目を奪われる。

pict-DSCN2065.jpg





C こちらは白装束で朝ごはん、 オバさんばかり。

pict-DSCN2066.jpg





D 本堂には信者が待機、

pict-DSCN2068.jpg





E 僧侶に拝謁してるのか?

pict-DSCN2067.jpg





F 仏舎利塔にもお参り。

pict-DSCN2069.jpg





G 真剣な面持ちの女性、 美しいねえ〜。
  鼻くそほじくってる女も見えるけど......

pict-DSCN2071.jpg





H 人が集まればお店も出る。
  ここでは民族衣装を売っている。
pict-DSCN2077.jpg





I 射的屋も開店。  娘さんが民族衣装で撃っていた。

pict-DSCN2073.jpg





J 的中して落とせば景品が貰える。
  日本で見るような人形ばかり、 こんなのが人気なの?

pict-DSCN2072.jpg





K 後ろ姿の可愛いあの子、 衣装が映えてるね。

pict-DSCN2074.jpg





L 早朝から賑わうタイヤイのお祭りでした。

pict-DSCN2079.jpg


                * *


2.国際宅配便。

チェンマイから海外へ物品を送ったことがありますか?
Yesならば、 それは船便か航空便のはず。

先日、 友人が日本へタイの食品を送るというので付いて行った。
タイ郵便局の航空便を使うという。

え〜そんなのがあったのか、 ジジイには初耳で興味津々。
向かった先はロータスホテルの建物にある郵便局。

セントラル・カドスワンケーオの後ろ、 1階にある。

pict-DSCN2041.jpg




こんな便利な場所に郵便局があったんだ。
pict-DSCN2044.jpg





たくさん置かれた紙パックから、 適当なサイズを選ぶ。

pict-DSCN2042.jpg





友人はやや小さめのパックを購入(12バーツ/箱)

pict-DSCN2039.jpg
    ☝ 紐までちゃんと付いている。




これを組み立てれば箱になり、 送りたい品を詰める。
500gまでなら送料が324バーツ(現レートで1,070円)。

pict-DSCN2040.jpg


で、 友人は何を入れたのかと思いきや、 タイ産のお菓子や調味料で、 合計千円ちょっとの品物。

友人は独身で日本に恋人もいない。
千円程度のモノを千円かけて航空便で輸送する。


友人には、 日本に大切な人がいるんだろう。











 それにしても....しょぼいモノ、

 プレゼントするんだなあ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:59| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする