2019年07月31日

独居老人の生活1595(盟友逝く)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1595(盟友逝く)


 りっぱな死に方を心得ていない人間というのは、

 生前の生きざまが悪かった人間である。

                          トマス・フラー (17世紀のイギリスの聖職者・作家)

本ブログでは、過去数回にわたりパタヤ旅行の模様をお伝えした。

加えて ”ヤンゴンの切腹” (#159、 2015年1月15日掲載)では、 その恥ずかしい顛末をテーマにした。

これら旅行の団長を務め、 ジジイたちを指導してくださった爺さんが西さん(昭和15年生まれ、 仮名)だ。

pict-DSCN7951.jpg
                   ☝
 2016年8月、 パタヤの桟橋で、 左が西さん、 右が日野さん。


その西さんが今年7月20日、 あの世へと....(享年79)
死因は虚血性心疾患急性心筋梗塞、 心臓麻痺というやつか。

急性とあるように、 突然に襲われてあっという間に...
西さんはとてもお元気だった。

今年7月上旬、 ミャンマー経済視察団・団長としてヤンゴンに赴き、 観光情勢を実地調査されたばかり。

ジジイも誘われたが、 6月から胃の調子が悪くて断念。
友人の日野さん(70、 仮名)がチェンマイから飛んで合流。

「11月、チェンマイに行くよ」 と話されていたのだが...

西さんは真面目な爺さんで愛妻家(奥さまは日本人)。
10数年居住のチェンマイでは奥さまとご一緒に仲睦まじく...

だからか、 愛人は一切持たなかった。
ゴーゴーバーなどのプロ専門で、 遊び方はとても綺麗。

pict-DSCN7938.jpg


20バーツ札を数10枚用意し、 おねえちゃんのオッパイを触るごとに渡す。
なので何人ものおねえちゃんが席にやって来た。

おねえちゃんを連れ出すと、 部屋で一緒にビールを飲む。
日本から持参したツマミを食べ、 彼女の乳や太ももを触る。

pict-DSCN7937.jpg


ジジイと同じで巨乳がお好きな爺さんだった。
そんな西さんは、 ヤンゴンから帰国してほぼ1週間後に死去。


理想的な死に方をなさったと思う。

ボケもせず、 ガンなどを患うこともなく、 寝たきりにもならず、 周りに迷惑をかけず、 日本でピンピンコロリ。

ヤンゴンでコロリといってたら、 ご家族は大変だったろう。

羨ましいりっぱな最期、 欲を言えばせめてあと5年、 お元気でいてほしかった。

西さんと最後にお会いしたのは今年5月5日、 東京でのランチ。
いろいろと思い出が蘇る。

チェンマイで数年前、 奥さまを交えて食事をご一緒した時、 ジジイはこう言った。

「西さんはお酒が大好き、 でも若い女には興味なしだから」

奥さまは笑いながら.....






「気を遣って戴き、 ありがとうございます」


ご冥福をお祈りします。  寂しいネ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:18| Comment(6) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

独居老人の生活1590(これが運命か)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1590(これが運命か)


死者にたいする最高の手向けは、 悲しみではなく感謝だ。

                            ソーントン・ワイルダー (アメリカの劇作家)


@ まだ見つからない?

pict-missing-girls.jpg

2019年7月19日(金)、 13歳の少女はバイクでチェンマイ県、
メーテン・ Ki Lek にある祖母の家を出た。

時刻は午後4時頃、 途中で友だちの少女(15歳)を乗せる。
このあと2人は消えてしまった、 行方が分からない。

もし2人を見かけた人がいたら連絡して欲しいと....
警察:089 269 5832、   家族宅:093 149 4179.

               * *

どこに行ってしまったんだろう?
山中に転落した?   誘拐された?    家出した?

乗っていたバイクも発見されていない。
2人が見つかったというニュースはまだ聞いていないが.... 


  *********************


A ローマ教皇来タイ。

ローマ・カトリック教の最高位、 フランシスコ教皇が2019年11月、
タイと日本を訪問する。

pict-フランシスコローマ法王.jpg

今年はタイにおけるローマカトリック教会の誕生350周年記念で、
それに合わせての来タイとか。

ローマ教皇のタイ初訪問は、 1984年のヨハネ・パウロ2世。
フランシスコ教皇は2番目となる。

タイにおけるカトリック信者は、 278,000人いる由(2003年)。
総人口の1%にも満たない。

信者はタイ族よりも、 多くはヴェトナム系住民や山岳民族、 華僑などが圧倒的。


ちなみに日本を見ると、 1981年、ローマ教皇・ヨハネ・パウロ2世が日本初訪問。

教皇フランシスコの日本訪問が実現すれば38年ぶりとなる。

日本のカトリック教会の信者数は44万1107人。 

この数は、 生長の家の45万9531人よりも少ない。
  (文化庁 『宗教年鑑』 2016年版)


  *********************


B 昨日の昼ごはん。

目当ての店に行ったら満席、 「30分以上の待ち」 と言われ、 ならばと目的地変更。

で、出向いたのがこの店 「バーン・スアイ・カフェ」。

pict-DSCN5920バーンスアイカフェ (1).jpg

ところがビールは置いていないという。
それでは食えない、 ならばと隣接するレストランへ移動。

オーナーは同じ、 広い庭園に2店舗あるって感じ。
店名が 「CAVE」   (地図はココ

pict-DSCN5908CAVE (3).jpg



  バイクを置き、 奥に進むとレストランがある。
pict-DSCN5908CAVE (1).jpg



   店内。
pict-DSCN5908CAVE (2).jpg
     ☝ 店に入ったのが2時頃、 ガランとしていた。

ポークサラダ:79バーツ、  カオパット79バーツ、
Beer Chang大瓶:80バーツ。

                * *

食後にコーヒーでもと、 また隣のカフェに戻る。
庭で客の子供がブランコで遊んでいた。

pict-DSCN5920バーンスアイカフェ (3).jpg



 広い店内、 この他にもテーブルがたくさんある。
pict-DSCN5920バーンスアイカフェ (2).jpg



  アメリカーノ(ホット):50バーツを注文。
pict-DSCN5920バーンスアイカフェ (5).jpg

カップの下に見える茶色の棒。
ジジイはクッキーだと思ってかじったが硬くて食えない。

スプーンのようにしてコーヒーをかき混ぜるためのものだった。
誰かに見られてなかったか、 やはり恥ずかしい。


両店とも雰囲気良くサービス抜群、 ゆっくりくつろげる。
お勧めです!


  ********************


C タイの葬式初体験。

先日、 生まれて初めてタイの葬式に行ってきた。

夜7時半からというので、 ジジイは7時40分、 チェンマイ市内の
お寺に到着。

  既に読経が始まっていた。
pict-P_20190723_195243_vHDR_On_pChinさん.jpg


本堂に入ると、 すぐ顔馴染みのタイ人婆さんと目が合う。
婆さんはジジイを入口の方に連れ戻し、 まず線香を...と言う。

靴を脱いで上がった所に線香があり、 既に焚かれていた。
ジジイは火のついた線香を手に持って拝む。

そして後ろの席に座って1時間、 居眠りすることなくお経を聞いていた。

日本人はジジイただ1人、 手を合わせてCさんを偲ぶ。
彼は54歳、 愛煙家なので肺ガンかと思ったが死因は胃ガン。

今年2月には元気にジジイとも話していた。
ビールも好きなので、 故人とは結構飲んで食った。

若い頃、 日本に長く住んでいたので日本語ペラペラ。
年上の奥さん(タイ人)とは日本で知り合って結婚したという。

ジジイが日本からチェンマイに戻った翌日(6月3日)、 自宅を訪ねるとベッドに横たわっていた。

げっそり痩せていて、 好きなタバコもビールもダメ、 食も進まないという。

ジジイが帰ろうとしたら、 Cさんが起き上がってきたので、 すぐベッドに戻す。

その時がCさんとの最後になる。
知り合って5年くらいは経っていたろうか。

5ヵ月前には、 彼が死ぬとは想像もできなかった。
ジジイによく気を遣ってくれたのに.....54歳は早過ぎる。


読経は8時45分で終了、 そのあと散会となる。
ジジイはお寺を出て、 帰り道、 レストランに立ち寄る。

ビールを飲みながら.....





 Cさんに感謝した。


チェンマイって ホントいいですね!







posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:01| Comment(4) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

独居老人の生活1081 (爺さん、 久しぶりのチェンマイ再訪)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活11081
                  (爺さん、 久しぶりのチェンマイ再訪)


  故郷を離れたことのない人間は偏見に満ちている

                               ゴールドーニ (イタリアの喜劇作家)


Wさん(77)は11年間チェンマイで暮らしていた。
75歳を機にチェンマイを引き揚げ日本へ.....

75とはいえまだまだ壮健、 帰国する必要性は皆無。
それでも元気なうちにと、 友人たちから惜しまれて姿を消す。

1度帰ってしまうと戻って来る人は稀。
しかしWさんはチェンマイを再訪、 引き揚げて以来初めて。

今回の滞在は14日間、 そのWさんの1日を追ってみよう。

               * *

@ プラオーの温泉に行く。
    (場所はココをクリック)

爺さん6人、 チェンマイから約2時間、車を飛ばして温泉へ。
Wさんは大の温泉好き、 今回の滞在では2度目の温泉行きだ。

プラオーの温泉は管理人も売店もない、 従って無料。
ただ行って、 温泉に浸かるだけという鄙びたところ。


pict-1515206425873.jpg


しかし管理されていない = ほったらかし。
ということは汚れるまま....その辺の溜池同然。

で、 到着してすぐやることはお風呂の掃除。
そのためには先ず、溜まっていた湯(水)を抜くことから始まる。

この水抜きに約1時間、 その間を利用して近くの食堂でランチ。  
風呂上りならぬ風呂前に一杯。

pict-1515372207526.jpg
         ☝ 左がWさん(77歳)



頃合いを見て温泉場に戻り、 いざ清掃開始!

pict-1515236434360.jpg


6人で行ったのだが、 掃除したのは2人だけ。
あとは持参したツマミでビール、 のんびり掃除を見物。

新しい湯を入れて(約30分)、 ペチャクチャ飲みながら待つ。
そしてやっと満杯 → 入浴、 また風呂上りにビール。

女はおろか誰もいない田舎の温泉場。
それでも興味津々やって来た、 変な日本人がいるぞって....



                  ☟




                  ☟




pict-1515206432931.jpg


お元気なWさんも77歳、 掃除に温泉、飲み疲れ。
シートの上で1人寂しく転(うた)た寝。

夢の中に現れるは美女、 やさしく添い寝をしてくれる。
ところがプラオー温泉、 夢ではない、 Dreams come true。

夢は現実、 添い寝をしてくれたのだ。
何とまあサービスのいいこと!


                   ☟




                   ☟




pict-1515206435075.jpg


                 * *


A チェンマイで夕食。

レストランはWさんが設定、 「友だちラーメン」
             (地図はココをクリック)

ネーミングはラーメンだが、 実際は居酒屋に近い。
参集したのはジジイとこのメンバー。

                 ☟

pict-P_20180108_192224友だちラーメン.jpg

                 ☝
左端は旅行会社オーナーで、 肥満体に変化したメムさん、
右側のカップルは日野さん(69、 仮名)とその恋人(28)。

Wさんは、 メムさんの会社・PTM開業前からの長い付き合い。
暫(しば)しの旧交を温める。


日野さんと恋人は既に9年目の関係、 厭きずに今も熱々。
食事中にも仲の良いところを見せつける。

pict-P_20180108_192322.jpg


知り合ったのは彼女が19歳の時、 かなりの経年変化で最近は
太り気味。

Wさんが言う。 「5年後にはメムさんと同じ体型になってるよ」

ウファー、 メムさんのあそこまでデブったら目も当てられない。

「幸せの証拠、 でも私、少し太り過ぎたかな」 とメムさん。


食事を終え、 それぞれが帰途につく。
手をつないで仲よく帰る日野さんカップル。

歳の差41、 チェンマイだからできること!
(日本では恥ずかしくて...お手々繋いでは無理)


pict-DSCN3137.jpg


尚、 メムさんの会社 「PTM」 はナコンピンコンドーの1階。
              (地図はココをクリック)。


                 * *


B 秘密の隠れ処、 バーに行く。

Wさんとジジイは2人で飲み直し。
行ったところはサービスアパートメント 「Bliss」 の西側。

店名不明、 場所はココをクリック。
夜8時半頃だったか、 こんな美女が出迎えてくれた。


pict-DSCN3113渡部Bar.jpg



バーのママさんは御年40ウン歳、 未亡人だという。
40代といっても77歳のWさんから見れば若い女の子って感じ。

ここでも旧交を温める。
ビール大瓶:60B、 おツマミは5バーツから。
                  ☟
pict-DSCN3115.jpg




チェンマイにもこんな静かなバーがある。
料金が安く、 妙齢の美女としっとり飲むビールは旨い。

Wさん、 思い存分チェンマイを堪能、 老い先短い夜に沈没。

それにしても、 こんな分かりにくいバーに誰が来るんだろう。
路地の奥は突き当り、 民家の中、 一軒輝くバーでした。


                  ☟




                  ☟




pict-P_20180105_202337渡部Bar.jpg



本日(1月10日)午前、 Wさんはチェンマイを飛び立ち日本へ....









 また来てねー


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:46| Comment(8) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする