2014年10月15日

独居老人の生活86(立ちあがれタイ女性)


当ブログは、これまでの下品下劣な表現・内容を控え、直面するシリアスな問題を取り上げる社会派ブログに転換です。
より良きチェンマイを目指し、「チェンマイ改造計画」スタート。
前回の水害対策に続き、本日は”タイ人女性の権利向上” を図ります。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐86(立ちあがれタイ女性)


「団結! 行動! いざ挑戦! 若い力だタイ女性!」



独居老人は常に女性の味方である。
か弱い女に助力せずして男じゃない。

そこで今回、タイ人妻労動組合の結成を提言する。

日本人爺さんをパートナーとするタイ人女性が設立する団体。
女性の地位向上、差別なき自由と権利の獲得を目指す。


タイ人妻は、子育てや家事労働など日々の負担が増すばかり。
おまけに諸物価値上がりもあって、数年前に決められた月のお手当ではやり繰りがきつくなってきた。

加えて「あれ買ってー、これが欲しい」と爺さんにねだっても、「前に買ったじゃないか」と爺さんの財布の紐は固くなっている。

そこで一人の要求では力が弱いからとタイ人女房が参集、団結して組合を作り、団体交渉でもって要求貫徹を図る。

入会組合員は、日本人を亭主または恋人にするタイ人女性。
特に今の生活にほぼ満足しているがもっと満足したいと、欲望に天井がない女。

今年の目標。

月々のお手当アップ(賃上げ50%)。

誕生日のプレゼントは10万バーツ以上の貴金属。

誕生パーティーは5つ星ホテルのレストラン、親族・友人100人を招待。

年に2度の海外旅行(含む日本観光)。

家族全員に各々自家用車購入(1台/人)。

両親に家の新築プレゼント。

夜の営みは5回/週以上。



多勢に無勢、日本人亭主は危機感を抱くのが当然。
こちらも”日本老人連盟”(略称:日老連)を設立、年に1回の暑闘(暑気にやる交渉)に臨む事になろう。

この”日老連”の会長には、気前のいい太っ腹爺さんをお願いしたい。
これだと暑闘の決着はやる前から明らか、タイ人女房にとっては理想の人事だ。

            * *

倹約精神を維持するために、この日の晩飯は友人たち計4人で庶民の店、タイスキ屋に行く。
店名不明。場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(F‐2)
サンティタム地区ロータリー交差点から50m北の右角。

pict-007.jpg

店内、若いタイ人でいつも賑わう
pict-004.jpg

19バーツ/皿。 Beer Chang大瓶60バーツ。
pict-003.jpg

しゃぶしゃぶに似た感じ
pict-001.jpg

(追記: 2016年2月8日)
上記タイスキ屋は既に閉店、 営業しておりません。


             * *


物価高、円安、老化で病気多発(治療費増)など、爺さんの財政は厳しくなるばかり。
加えて己の”チン上げ” 強化も図らねばならない。

衰えゆく精力、増えていく薬の量、それでも若い女房を満足させる為に夜の苦難を乗り越えねばならぬ。

それにしても要求の週5回はきつい、何とか交渉で4回にしてもらおう。



えー、もう女房とは飽きたってー? 週4回でもきつい?

いつも同じ相手じゃねー。


カネは愛よりも強し。
女性の要求は全て呑むことに尽きます。



独居老人は強くて逞(たくま)しい女は苦手。

何処かに「か弱いタイ人女性」がいませんでしょうか?







チェンマイ中探したっていねーぞ!

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:40| Comment(0) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

独居老人の生活84(どうなってんだ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐84(どうなってんだ)


偶然は準備のない者には微笑まない。   ルイ・パスツール(細菌学者) 



10月2日、「チェンマイ改造計画」と銘打って、当ブログ77(良いと負け、ココをクリック)では道路の凹(へこみ)を指摘、緊急補修の必要性を訴えた。

昨日そこを通りかかったら、何と既に補修されているではないか。
どうなってんだ?  とにかくびっくり仰天。


ではその該当地点を写真で検証してみよう。

路地の凹(抉り)
Before
pict-004-2a888-thumbnail2.jpg

After
pict-014.jpg



路地とロイクロ通りの曲がり角の凹(抉り)。
Before
pict-007-817b6-thumbnail2.jpg

After
pict-016.jpg
これなら雨降りでも水が溜らない



パンティッププラザ交差点の凹。
Before
pict-017-f094b-thumbnail2.jpg

pict-019-thumbnail2.jpg

After
pict-017.jpg
ここはコンクリで埋めようがない。
赤いペンキを塗って、注意喚起したか。



チェンマイ市営競技場の正門入口。
Before
pict-020-thumbnail2.jpg

After
pict-001.jpg

pict-003.jpg
丁寧に補修されている。



これにはブログを書いた当の本人も摩訶不思議、実にタイミング良く処置されている。
昔、千葉県松戸市は「すぐやる課」という部署を創設し、市民の要請に直ぐ対処した。
まさかチェンマイ市がねー。
独居老人のブログを読んだのかも・・・・。 ある訳ないよな。


読者の中で、「実はボランティアでオレが補修したんだよ」という方がおられたら、ジジイは嬉しいが・・・・・・。 
ある訳ないよな。
もしそのような方がいらっしゃったら、是非ご一報ください。
独居老人、感謝状と金一封を添えずに敬意を表させて戴きます。


では種明かし。
実は何を隠そうこのジジイが単独のボランティア、補修したのである。  なーんて、ある訳ないよな。

(注)上記情報は、朝日新聞のような事実を捻じ曲げた”誤報” ではありません。
同新聞の珊瑚事件のような ”やらせ” でもありません。
事実を客観的にお伝えしております。


ブログアップ日と補修期日が偶然に ”ステキなタイミング” になっただけの事か。 そう思うとつまんない話。

その「ステキなタイミング」坂本九、1960年の歌、
原題はジミー・ジョーンズの「Good Timin’」。
お暇でしたらYoutube(約2分)でどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=-PelzNPBDEc


独居老人のブログが社会に変革をもたらした、このくらいの法螺話にしておこう。


自分が行動したことすべては取るに足らないことかもしれない。

しかし、行動したというそのことが重要なのである。
 
                                   ガンジー(インド独立指導者


チェンマイって ホントいいですね!
(追記)
北タイ情報紙「Chao」276号のインフォメーションにコンサートの案内が出ている。
Sound Post Chamber Orchestra(10/18開催、無料)だが、行かれる予定の方は予約した方が良いと思います。

私は昨年、同様のコンサートに出かけたら満員で入場出来ませんでした。
予約先は、電話081885 6437
または ウエブ:cmuartcenter.finearts.cmu.ac.th

予約と言っても、名前と人数を告げるだけです。      以上 
 
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:49| Comment(0) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

独居老人の生活80(水の都)


当ブログは、これまでの下品下劣な表現・内容を控え、直面するシリアスな問題を取り上げる社会派ブログに転換です。
先ずはより良きチェンマイを目指し、「チェンマイ改造計画」スタート。
前回のインフラに続き、本日は”水害対策案” を提言します。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐80(水の都)


       案ずるより産むが易し

事前にあれこれ心配するよりも、実際にやってみると案外たやすいことをいう(広辞苑)



チェンマイのナイトマーケット付近はビン川に近くて地盤が低いのであろうか。
雨期、1時間でも豪雨が続くとこの地域は直ぐに水に浸かってしまう。

特に「D2 Hotel」、「Meridien Hotel」、「Plaza Hotel」辺り一帯は酷く、10cm位の道路浸水は当たり前。

3年前(だったか?)の洪水の時は、膝上まで浸水、ゴムボートが必要だったほど。
その時アヌサーン市場は全面浸水、4日間ほど水が引かずお手上げの状態だった。



先日(9月29日)の午後も、チョッと1時間程の雨降りでこの状態。
下はナイトマーケット、スリウオンホテルの交差点
pict-019.jpg

pict-026.jpg

pict-028.jpg

pict-020.jpg

pict-027.jpg

pict-022.jpg



ここはチェンマイプラザホテルの前
pict-018.jpg

pict-017.jpg

pict-015.jpg

pict-031.jpg


酷い水害である。
ならばチェンマイ市は、いっその事この地域をベネチアの様に水路にして、観光資源として売り出せばいいと思う。

そうなればピン川の水害対策は不要(予算が浮く)、それより如何にしてスムースに道路を冠水させるか、この検討に入る。

チェンマイの「ベニス化計画地域」は、下の地図(Viang Chiangmaiより)の赤線の範囲とする。
地図.JPG


道路両サイドには高さ1mのコンクリ壁を設置、アヌサーン市場にも同じように水路を構築。 勿論、渡しの橋も架ける。

ナイトマーケット一帯に用事のある人は、最寄りのボート停留所まで来て、そこでボートに乗り移る。

例えば、市場は元より地域内にあるホテル、両替屋の「SK」、居酒屋「ぐでんぐでん」等へはボートで揺られて行くようになる。

当然ながら、カラオケ「なみき」他4、5軒ある風俗店、乱立するマッサージ店も同じ、脚は全てボート。

下の様に改造される。




pict-25130011019.jpg


ベニスのゴンドラ同様、歌を唄いながら船頭がボートを漕ぐ。

レパートリーは森繁久彌「船頭小唄」、三橋美智也「おんな船頭唄」、花村菊江「潮来花嫁さん」、都はるみ「涙の連絡船」など。
洋楽ならロッドスチュアート「セーリング」がいい。

ベニス化計画に併せ、歌唱力ある船頭の募集と育成に取り掛かる必要がある。
今日はその「船頭小唄」、 お暇ならYoutubeで視聴ください。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=NsoO72IHPCE

            * *

この日の夕食は、水上ボートに乗らずに歩いて行く。
アヌサーン市場にある中華レストラン。
場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(F‐5)
友人たち計4人での夕食である。
店内
pict-009.jpg


オーダーは適当に。勘定は日本から観光で来ている友人の払い。
奢りとなると料理の値段など無関心になる。
pict-008.jpg

pict-006.jpg

pict-005.jpg

pict-007.jpg


ここも将来はゴンドラに乗って訪れるのだ。

風情があるではないか、「東洋のベニス」チェンマイ。

例えば連れ出したカラオケ嬢と爺さんがゴンドラに揺られ、ぎっちらこーぎっちらこー、船頭の歌を聴きながらホテルに向かう。






pict-src_OTHERS_298.jpg

ホテルの部屋でも彼女と2人、ぎっちらこーぎっちらこー。

水の都でロマンティックな夜、これぞチェンマイ名物になること間違いなし。

早速チェンマイ市当局に対し、ジジイのベニス化構想を働き掛けたい。


「そんな事、実現するわけないだろ、お前はバカか!」ですって?

独居老人は真剣です。



「 案ずるより産むが易し」

チェンマイって ホントいいですね! 
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:40| Comment(0) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする