2016年02月23日

独居老人の生活479(ムエタイ・好カード)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐479(ムエタイ・好カード)


効果的な募金活動を実現するには多くの時間と創造力が必要だ。

ただ 「寄付してくれ」 ではカネは来ないぞ。

人が集まるように、 そうムエタイ、 それも好カードで。




21日(日)、 久しぶりにムエタイを観に行った。

日本ではタイ式キックボクシングと呼ばれているが、 この
ムエタイはタイの国技だそうで、 人気は高い。

試合会場を聞いてビックリ。
そこが公立のユッパラー校の運動場だったから。
  (場所はココをクリック)

ユッパラー校といえば、 インラック前首相の母校。
当ブログでも、 2015年11月20日に掲載(#403)、 取り上げたことがある。


ここがユッパラー校の正門。
pict-DSCN4840-thumbnail2.jpg





入って直ぐの左側に運動場がある。  普段はこんな感じ。

pict-DSCN4786-thumbnail2.jpg





それがこの日はムエタイ開催場所に変貌。
pict-DSCN6010.jpg





会場入り口には、 学生予備兵(rodo)に所属するユッパラー
在校生が入場券をチェック。  可愛いね〜。

pict-DSCN6012.jpg

(注)Rodoについては、 当ブログ2015年12月11日掲載、
  #420「タイ・学生予備役軍:Rodo」をご参照ください。





その入場券、 ジジイのチケットは一般席で300バーツ。
pict-DSCN5995.jpg





入場してすぐに気付いたのがこの売り場。

pict-DSCN5998.jpg
     ☝ ビール、 ウイスキーがあるではないか。


前夜訪れたのがチェンマイ大学。
「Lanna=Japan Festival」 では、 酒の1滴もなかったぞ。

ユッパラー校、 なんと粋な計らいか.....ジジイ感激!
で、 すぐに缶ビール(小)、 40Bで購入。




ジジイが入場したのが夜8時15分。
校内会場では既に宴会で盛り上がっていた。

pict-DSCN6000.jpg
        ☝ イイね!   学校で酒盛りとは。


このテーブル席は、 料理込みで8,000バーツ/席とか。
定数は決まっていないが、 座れるなら何人でもOK。




こちらの席はリングサイド、 1,000Bくらいだと聞いた。

pict-DSCN6007.jpg




なので、 ここでも学生予備兵の在校生がチケットを確認。
pict-DSCN6003.jpg





MPは観戦に来たのではなく、 警備なんでしょうね。

pict-DSCN6002.jpg


バンコックのルンピニー・ムエタイスタジアムはタイ陸軍の敷地内にあり、 陸軍が運営している。

この日の試合に陸軍が絡んでいるとは思えないが・・・・・。
チェンマイ競馬場も軍の運営で開催されている。

ムエタイがギャンブル、とは言わないが、 タイの軍隊は博打の
元締めのような感じがしないでもない。

ならば軍の運営管理で、 タイにカジノを作って欲しいものだ。
そしてその収益を学校建設など、 教育に充てればいい。



   ここが一般席。
pict-DSCN6018.jpg





8時35分、 いよいよ第1試合開始。
この日は全部で9試合あり。

pict-DSCN6005.jpg



出場選手は、 ユッパラー校OBとか関係者なんだとか。

最後にはユッパラー校の英語の先生が登場して闘う。
南アフリカから来たというから、 黒人で強いかも。


端(はな)は細身の選手が真剣に・・・・・・・。

pict-DSCN6004.jpg




ラウンドごとに美女がカードを見せて歩く。

pict-DSCN6006.jpg
        ☝ この美女も、 ユッパラー校の卒業生?

1試合5ラウンド (1ラウンド3分)、 ラウンド間休憩2分。
採点においてはキックが重視される由。



  1試合目が終了、 トイレに駆け込む。
pict-DSCN6009.jpg
  ☝ 分かり易くていい、 日本語で 「男」 の表示。
   ユッパラー校、凄い、 でもなんでタイ語がないの?





リングに戻れば、 寄付した人への感謝記念撮影がスタート。
50,000バーツ出した人。

pict-DSCN6013.jpg




こちらは10,000バーツの寄付。
pict-DSCN6015.jpg



そう、 チャリティ・ムエタイなんです。

だからユッパラー在校生の父兄は、 少なくても300Bのチケットには協力しているはず。

勿論300Bのチケットに、3,000バーツを支払う人もいよう。
1万バーツ出してもかまわない。  チャリティだから。


何を隠そう独居老人、 ポンとこのチケットをタダで貰った。
気前のいい友人からだ。
で、 たくさんビールを飲んで協力ということで・・・・・。



さあ第2試合、 なんと女の子2人が登場、 火花を散らす。

pict-DSCN6024.jpg
    ☝ ソムオー嬢VSエミー嬢(チケット裏に記載)




  女の子でも同じ、 5ラウンドで闘う。 
pict-DSCN6033.jpg
        




女の闘いを制したのはこんな可愛い娘さん。
高校生くらいかな?

pict-DSCN6046.jpg





しっかりとご祝儀袋と現金を握りしめておりました。

pict-DSCN6039.jpg
    ☝ 親に持っていかれないよう、 気を付けてね!
      寄付すんじゃないよ、 ご祝儀は。


尚、寄付や収益金は、 学校設備などの購入に使われるとか。

単なる ”寄付お願い” よりも、 イベント開催で募る方がちょっと
スマートな感じ。

                * *


ムエタイをやるなら、もっと対戦カードに創造力を駆使しろ、と
アドバイスしたい。  それが寄付金アップにつながる。

例えば、

・チェンマイ・カラオケ店対抗戦、
 「ナミキ」 VS 「サチコ」 のホステス、 計10試合。

馴染みの子が出るなら、ジジイも応援に行きたいね。


             * *


・日本人爺さん VS タイ人女房 (壮絶なる闘いになろう)

なんせ日頃の恨みつらみが溜まっているだろうからな。


              * *


・こんなスピーディーなムエタイなら人気になるだろう。

            ☟

   ☝ 〇の中の△をクリック、 約10秒後に動きます。


              * *


・年齢90代のムエタイ対決 (蹴りが出れば面白い)


              * *


・こちらはムエタイで政争にケリをつける。

     警察士官学校卒のこの方。
             ☟

  pict-200px-Thaksin_crop.jpg
      ☝ タクシン元首相(66歳)

            VS

     陸軍士官学校卒のこの方。

             ☟  
  pict-Chan_o_cha_Portrait.jpg
     ☝ プラユット現首相 (61歳)


               * *



・タイ日友好親善ムエタイ試合。  
                
        この方(63歳、 タイ代表)
                ☟

      pict-200px-HRH_Vajiralongkorn_(Cropped).jpg
        ☝ ワチラロンコーン王子
   
              VS

        こちらの方 (56歳、 日本代表)
                ☟

       pict-Crown_Prince_Naruhito_cropped_2_Crown_Prince_Naruhito_and_Prince_William_20150227.jpg
       ☝ もうご存知ですよね、 雅子妃に優しい浩宮。
     本日(23日)がお誕生日、 56歳になられました。


王子VS皇太子は、 ムエタイ終了後、 今度は相撲で対戦。

王子の理想の相手は浩宮ではなく、 秋篠宮であろう。
だがムエタイせずに、 2人して夜遊びに行っちゃいそうで.....



チケット代は天井知らずの高値となろう。

こんなチャリティ・ムエタイ、 その寄付金でタイの教育向上に役立てたいもの。


   どうでもいいけどジジイには、











    毎日がお祭りだ。



チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:02| Comment(9) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

独居老人の生活471(ケチ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐471(ケチ)


ボランティア活動で体の不自由な方たちに接する機会があると、
不足とか我慢とかを知ることができます。

手間を省くことで失ったものを、 手間をかけて取り戻す。
手間をかけるという事を学べるのがボランティア活動なのです。

                                      牟田悌三 (俳優)



(1) 競技大会。

Chang Puakのチェンマイ競技場に掲げられたバナー。
競歩 (2.5km)、 ハーフマラソン (11km)、 サイクリング (9km)
の開催。  2月20日 (土曜日) 午前6時〜

pict-DSCN5766.jpg
  興味ある方はどうぞ。 




(2) Good Bye のメッセージ。

ジジイが居住するアパートの掲示板に貼ってあった。

pict-DSCN5695.jpg

「8ヶ月間の滞在でした。  チェンマイは美しい街であり、
 いつかまた戻って来たい」

と Thank you メッセージ。   イイね!
そうです、 このようにチェンマイはホントにいいんですよ。




(3) 最近のジジイの好物。

タイ産の納豆、 粘りがあって日本の輸入品に匹敵する美味しさ。
リンピンスーパーで売っている。

      pict-DSCN5784.jpg
          ☝ 社長さんの納豆 (タイ産)。


値段が3個で50バーツ (約17B/個=54円)。
日本産は同90バーツ前後で2倍近い。

他のタイ産の納豆は1個15バーツ、 2Bの差なら社長を選ぶ。



次に、 ゆば: 35バーツ。 
チェンマイ・金曜朝市で購入。 場所はココをクリック。
      
      pict-DSCN5872.jpg

さっと湯がいてワサビ醤油で食べている。




(4) チェンマイの街角で見かけた。

ヘルメットを着用せねばなりません!

pict-DSCN5869.jpg
               ☝      
タイ語に加え、 中国語と英語の記載あり。
10,000と書かれているが、 これは何かな?




(5) つい最近、 ジジイが購入したクスリ。

「Sidegra」、 100mg X 4粒入りで1箱。
これを10箱一遍に買う(センタン・カドスワンケーオ内の薬局)。

   pict-DSCN5884.jpg
       ☝ タイ政府認定のバイアグラ・ジェネリック。


価格が270バーツ/箱。  処方箋が無いので割高。
この薬局は50mg箱ならば売価150B、 比較してややお得。

標準的服用は H 1回当たり50mg、 この基準で計算すると、
8H/箱 X 10箱 = 80回のセックスが可能。
(100mgの場合、 半分にカットしてのむ)

週1回の H ベースならば月4回、 20ヶ月分になる。
約2年分に相当する量、 思う存分使いたいものだ。

残念ながらジジイ用ではなく、 日本にいる友人から頼まれたもの。
その爺さん(69歳)には、 30前後のカノ女(日本人)がいる。

スケベ爺は、 チェンマイだけじゃないわ。




(6) Healing Family (癒しのファミリー)

チェンマイの街を歩いていたら、 こんなバナーを見かけた。

pict-DSCN5871.jpg




で、 暇つぶしで見物に行く。 (入場無料)
ここが入口。  場所はココをクリック。
北タイ情報誌Chaoの地図 (G‐4)

pict-DSCN5880.jpg
  


施設 (建物)。

pict-DSCN5881.jpg





入口ドアに貼ってあるのがこれ。

pict-DSCN5873.jpg
   ☝ Healing Family 財団が2011年、 熊本県を訪問。




中に入って目に付いたのがこれ。
pict-DSCN5874.jpg

おおー、 日本が出てくる出てくる。


このHealing Family は、 チェンマイでJICA(注)草の根技術協力として「障がい者の就労機会開発地」 としてスタートしたもの。

2005年、JICA事業の終了後、 このプロジェクトを引き継いで設立されたのが 「Healing Family 財団 」 だという。

日本にはこのNPO法人があり、 今も現地と協力して支援活動を続けている由。
タイの障がい者を支援するボランティア活動か。

(注) JICAとは: 国際協力機構。
英語名: Japan International Cooperation Agency.

2003年に設立された外務省所管の独立行政法人。
政府開発援助(ODA)の実施機関の一つである。

青年海外協力隊や、 シニア海外ボランティアの活躍はご存知の
通り。



そんな経緯があるとはつゆ知らず、 のんびり訪問したジジイ。
じっくり室内を見物、 否 「見学」 させて戴く。

織物作業の様子。

pict-DSCN5879.jpg





作品を展示、 これらの販売もやっている。

pict-DSCN5877.jpg


pict-DSCN5876.jpg




部屋にはやはりこのお方、 国王夫妻のお写真が・・・・・。

pict-DSCN5878.jpg



2月14日(日)まで開催、 11am〜6:00pm。
お忙しい (そんな人はいないと思うが) 皆さまもどうぞ。



彼らの作品を何か買わねばと心に思ったが、  スミマセン。

欲しい物が一つもなくて・・・・・・・・、 







     

   ケチ。


  こりゃだめだ。



チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:45| Comment(2) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

独居老人の生活197(流れゆく先)


「アンコールワットへ」の旅シリーズはチョイと休憩。
今日はチェンマイ市のインフラについて考えます。
独居老人の疑問に対し、お答えをご教示戴ければ幸いです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐197(流れゆく先)


  ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
  

  よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、
  久しくとどまりたるためしなし。

  世の中にある人と栖(すみか)と、又かくのごとし。
            
                         

  
     (全てのものは移り変わり、いつまでも同じものはない)    「方丈記」: 鴨長明



独居老人、先日初めて目にしたチェンマイの光景がある。
「えーっ」とびっくり、嬉しくなって写真に撮る。 それがこれ。






pict-006.jpg




ジジイは、チェンマイ市内で下水道の工事現場を見たことは一度もなかった。
既に道路が掘り起こされ、下水管が見える状態にある。

pict-007.jpg

pict-005.jpg




これから掘削し、新しいコンクリート管を埋設して行くのだろう。
この現場は北タイ情報紙「Chao」の地図(E‐5)辺り。

pict-004.jpg


「チェンマイにも下水道があるのか?」

「いや、それともこれはただの暗渠か?」

トイレや台所の水は自家の浄化槽に集める。

そして雨水だけが今埋設されんとするコンクリ管に流れて行く。


そうか、これは雨水用の暗渠なのか。

だが待てよ、このコンクリ管を下水道として併用できたら?

               * *


こんな事を考えながら、この日のランチはイサーン料理。
店名「ガイヤーン・コラート」。 友人が案内してくれた。

国道107号線を北上、3029号線を右折、ピン川を渡って数キロ先の左手にある。 地図はココをクリック。

店の入口。
pict-001.jpg



店内、ここは調理兼カウンター。
pict-003.jpg




奥は広大、雰囲気抜群。
pict-005.jpg


pict-006.jpg




ソムタム(パパイヤサラダ)35バーツ。 2皿注文。
Beer Chang大瓶 65B。
pict-007.jpg



魚の鍋料理かな。 価格忘却。
pict-009.jpg




これはガイヤーン(チキン焼き)。
pict-011.jpg




蛙の揚げ物。
pict-010.jpg




何て言う料理名か? とにかく蟹料理。pict-008.jpg


ジジイが蟹の皮を取り除いていたら、友人が教えてくれた。

蟹は皮が硬くならない前のモノ、そのまま食べるんだとか。
独居老人、無知を曝け出して食べる。 なる程美味い。

他にモツの和物 60Bを注文(写真撮り忘れ)。


街の中心部から少し離れただけでこんなに素晴らしいレストランがある。 安価で美味しい。

ビールを3本飲み、5人で食べて代金は1,200バーツほど。
友人の家族を交え、楽しいランチのひと時となった。

             * *


ジジイは疑問に思っていた。
このコンクリ管に集まる雨水は何処に流れて行くのか?

流れゆく先、その終点は何処にある?
そしてどう処理されるのか?

それによっては、屎尿など下水もこのコンクリート管に直結できる。


どうなってんだろう。

真剣に考えると夜も眠れなくなる。


ランチでビール、たらふく食って満腹。


じっくり昼寝でもするかー。


 眠りゆく睡魔は絶えずして、しかももとの昼寝にあらず。



ジジイの流れゆく先は分かっている・・・・・・・・・・・、









     あの世。


こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね! 




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 00:25| Comment(4) | チェンマイ改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする