2020年05月14日

独居老人の生活1875(無償資金協力)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1875(無償資金協力)


 人間は往々にして、

 罰を受けずに悪いことができるようになりたい

 という願望を持って善行をなす。

                             ラ・ロシュフコー (フランスの警句家)


@ 武漢ウィルスの新規感染、 初のゼロ(タイ)

pict-First Day Without New Virus Case.jpg



  ************************



A アメリカからチェンマイ県への贈り物。

大気質意識週間にあたり、 在チェンマイ米国総領事館は消防やボランティアに寄付をした。

pict-U.S. Mission Thailand supports fire.jpg


タイ国立公園や消防署の関係者に物資を贈る。
チェンマイ県で山林火災の消火に奮闘する人たちだ。

チェンソー、 消火装置、 ほか設備類合わせて9千ドル(291,000バーツ)分である。

オニール総領事がチェンマイ県知事に会い、 装備を引き渡した。

pict-U.S. Mission Thailand supports fire 2.jpg
        ☝ 左端がチェンマイ県知事。


米国は2019年も同目的で、 15,000ドル(485,000バーツ)の寄付をした。

オニール総領事が挨拶。
「北タイの山火事と闘うタイの友人や仲間を支援できて光栄です」

               * *

全ての段ボール箱には米国の国旗が貼られている。
堂々と、 米国からの寄付品ということをアピール。

ジジイは、 この位のことはやって当然だと思っている。

皆さまもタイ人パートナーへのお手当や生活費、 日の丸の付いた封筒に入れてお渡しくださいな。


  *********************


B 中国からタイへの贈り物。

2020年5月12日、 ドンムアン軍事空港に中国の飛行機が着陸。
そして積んできた物資を機内から下ろす。

pict-China gives more gear to fight Covid 2.jpg


武漢ウィルスと闘うタイに対し、 中国は3千万バーツ(約1億500万円)相当の医療品を寄付するのだ。

医療品には、 ウィルステスト一式、 ウィルス防止装置などが含まれている。

この日はチャンモンコン国防次官補が空港に出迎えて歓迎式典に臨んだ。

pict-DSCN6934.jpg
           ☝ 左側がタイ、 右側が中国。


中国のヤンシン外交官が挨拶。

「世界的な危機に際し、 国は違っても国境はない。
タイの人々は中国に対し、 温かい支援と医療設備を与えてくださった」

pict-China gives more gear to fight Covid.jpg


中国からの寄付品には次の物が含まれている。
                ☟
6台の換気装置、 10の心電図、 30の点滴ポンプ、 100の赤外線体温計、 6,000のウィルステストキット、 15,000枚の手術用
マスク。

加えて10,000枚のマスク、 10,500個の医療用ゴーグルも...

                * *

なんともはや、 自分でウィルスをまき散らし、 散々迷惑をかけておいて、 お詫びの印かと思ったら寄付(贈り物)。

たった3,000万バーツ程度で援助してる気分の中国。
慰謝料として300億バーツくらい、 現金で払え..と言いたくなる。


尚、 アメリカは2020年3月中旬、 200万ドル(約2億1400万円)をタイに支援している。

pict-U.S. Ambassador Michael G. DeSombre, right.jpg
         ☝ DeSombre在タイ米国大使(右端)


他では台湾政府も寄付。
日本はと言うと、 「盤谷日本人商工会議所(JCC)」 が寄付。

屋外設置型の武漢ウィルス感染症の検査用建物を、バンコク東郊サムットプラカン県の医療研究所に寄付。

病院の建物から独立した建物で検査を実施できるため、 病院での感染リスクを下げることができる。

寄付の実施時期は2020年5月。

寄付額は235万4千バーツ(約820万円)で、 JCC日タイ修好130周年記念基金から拠出する由。
  (建物・基本的な設備1棟分に相当)


では日本政府として、 何かタイに寄付してるのだろうか?

2020年4月23日、 梨田駐タイ日本国特命全権大使がプラユット・タイ首相を表敬訪問。

  pict-梨田和也大使.jpg
          ☝ 梨田和也大使。


梨田大使は、 日本の対ASEAN支援についてプラユット首相に説明した。

 (1) 感染症対策能力の強化
 (2) 感染症対策センターの設立
 (3) ASEAN経済の強靭化

pict-梨田大使によるプラユット首相表敬.jpg
     ☝ 右側がかなりお痩せになったプラユット首相。


支援額は幾らかいな。
タイの1国ではなく、 ASEAN支援ということのようだ。

               * *

では在チェンマイ日本国総領事館の直近の寄付はどうか?

2019年12月9日、 「プレー県ワンチン郡メーパーク地区における子どもと高齢者のための送迎車両整備計画」 支援を決定。 

pict-送迎車両整備計画」支援の署名式.jpg
        ☝ チェンマイ総領事館にて署名式。

中央のお2人、 右側が松本洋総領事、
左がメーパーク地区行政機構長のブントット・タイマー氏。


日本政府は、 同地区の送迎用トラックとバス停設置にかかる総額 2,016,000バーツ(約6,894,720円)を支援する。

あくまで 「草の根・人間の安全保障無償資金協力」 を通して、 人間の安全保障のための取り組みを支援するというもの。

武漢ウィルスや大気汚染とは全く関係ない。
チェンマイで暮らすジジイにとっては、 これら2つに支援して欲しいが...


「草の根・タイ人女性の生活保障 ”無償” 資金協力」 なら、 我らチェンマイの爺さんたちが日頃から行っている。

車や家を寄付したり、 毎月の生活資金協力を惜しげもなく...


無償資金協力とちょっと違うのは...






肉体での返済あり(ってことか)。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:33| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

独居老人の生活1874(100年前には・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1874(100年前には・・)


 この大変化の機会に於いて精神の復興を期しなければ、

 如何に物質的復興を計っても

 真正なる文明を実現することは不可能である。

                                 渋沢栄一 (実業家)


@ チェンマイの空は美しい!

ここ2週間のチェンマイの AIQ(air quality index = 大気質指数)は大幅に改善している。

(注) AQI とは、 幾つかの国や地域で採用されている
    大気汚染の程度を示す指標。

チェンマイをはじめ北部タイの大気汚染は社会問題化。
チェンマイは世界の都市ワースト5の常連で、 不名誉なTop-1にも ”輝いて” いる。

pict-2020-3-11チェンマイ.jpg
        ☝ 2019年3月10日頃のチェンマイ。


  pict-AQI.jpg


しかし今年のチェンマイは、 2019年の同時期に比べ50%以上も
大気汚染指数が減少。

  2019年4月30日  AQI : 152
  2020年 同上    AQI : 57

  2019年5月4日  AQI : 158
  2020年 同上    AQI : 56

  2019年5月12日  AQI : 129
  2020年 同上    AQI : 69

AQI が50以下なら綺麗な空気、 50〜100なら普通の大気。

毎年次の収穫のために、 1月〜4月に山畑を燃やして土地をクリーンにする。 2020年3月がピーク(最悪)だった。
    (source : The Thaiger)

今年は4月下旬から雨が降って大助かりだった。
尚、 ジジイは、 5月のチェンマイ滞在は初めて。

ちなみに今日(5月13日)現在のAQI は....
チェンマイ 72 (AirVisual)


  **********************


A 農耕祭(Royal Ploughing Ceremony )は王宮内で開催。

2020年5月11日は農耕祭(ワン・プット・モンコン)、 タイ王国王室による田植え儀式だ。

毎年バンコクの王宮前広場で行われ、 国中の農民が祝福を受ける式典の日。  農民の日として祝われる。

しかし今年は武漢ウィルスの影響で王宮内で執行された。

タイ語で農耕祭.png



pict-タイ語で農耕祭3.jpg



pict-タイ語で農耕祭2.jpg
               ☝ (source : Khaosod)


  *********************


B アンケーオ市場が再開。  (地図はココ

2020年5月12日、 チェンマイ大学内の 「アンケーオ市場」 が再開された。  

Ang Kaew Market 3.png


武漢ウィルスの影響で経済的に苦しい農家に、 大学が販売の場を提供するもの。

場所代は無料、 農民は自作の産品を販売できる。

Ang Kaew Market 2.png


Ang Kaew Market.png


入場にあたっては、 ソーシャルディスタンシングと衛生基準を守ること、 1度に200人までの入場制限を設けている。

アンケーオ市場は毎週火曜日と木曜日の開催。
オープン時間は、 午前の8時〜11時まで。


チェンマイ金曜朝市も再開して欲しいものだ。
 (今日現在、 依然として閉鎖中)


  ***********************


C スペイン風邪(1918年)

今から約100年前の1918年から1920年までの約2年間、 新型ウイルスによるパンデミックが起こった。

当時の世界人口の3割に当たる5億人が感染。
そのうち2千万人〜4千500万人が死亡したのがスペイン風邪である。

スペイン風邪の発生は、 米国・カンザス州にあるファンストン陸軍基地の兵営からだとされる。

当時は第一次世界大戦の真っ最中で、 アメリカ軍の欧州派遣によって世界中にバラ撒かれた。

では米国から発生したのに何故スペイン風邪というのか?
現在のWHOが中国にしたように、 米国に忖度した訳ではない。

それは第一次大戦当時、 スペインが欧州の中で数少ない中立国であったため、 戦時報道管制の外にあったからだ。

戦時報道が自由なスペイン電として感染の惨状を世界に発信。
おまけにスペインでは800万人がスペイン風邪に感染。

スペイン国王までも感染し、 ありがたくもないスペイン風邪の呼称が現在まで続いている。


日本では1918年の11月に全国的に流行し、 3年間で人口の約半数の2380万人が感染、 約39万人が死亡。

pict-パンデミックの歴史、スペイン風.jpg



    1919年の東京、 みんなマスク着用。
pict-1919FluVictimsTokyo.jpg



pict-100年前も“マスク転売.jpg



  pict-手當が早ければ直ぐ治る」内務省の予防宣伝ポスター.jpg
              ☝
 「手當が早ければ直ぐ治る」内務省の予防宣伝ポスター。



では当時(100年前)を写真で振り返ってみましょう。
先ずは発生源とされる米カンザス州・ファンストン救急病院。
                  ☟
pict-emergency hospital in Camp Funston, Kansas.jpg
      


pict-1918年、アメリカのミズーリ州で担架をもつ看護師.jpg
         ☝ 米ミズーリ州で担架をもつ看護師。



pict-100年前5億人が感染.jpg



pict-1918年の米国.jpg
           ☝ 米国・赤十字の看護師たち。



    ポリスも皆マスク(米・シアトル)
pict-Policemen in Seattle.jpg



   ワシントンD.C.の赤十字救急ステーション。
pict-Red Cross Emergency Ambulance Station in Washington, D.C.,.jpg



pict-Walter Reed Hospital, Washington, D.C..jpg
        ☝ ウォターリード病院(ワシントンD.C.)



 マスクを着けよう・・のボードをぶら下げて(右端)。
pict-スペイン風邪と102年前に.jpg
         ☝ カリフォルニア州(1918年)。



    マスクなしの人は乗車拒否(シアトル)
  pict-マスクなしの人を乗車を拒否シアトルの路面電車。.jpg



pict-犠牲者の遺体を運ぶ赤十字の職員StLouis.jpg
                   ☝
   犠牲者の遺体を運ぶ赤十字の職員(米・セントルイス)



pict-米オークランド市講堂で患者の世話をする赤十字の看護師.jpg
                  ☝
 米オークランド市講堂で患者の世話をする赤十字の看護師。



    ウィルスにおびえる家族、 猫までマスク。
約100年前に大流行したスペイン.png



   こちらは欧州、 スイス中央部オルテンの軍事病院。
pict-スイス中央部オルテンの軍事病院、1918年.jpg
                ☝ 1918年。


   こちらは豪州・シドニー(1919年)
pict-DSCNシドニー1919年.jpg



   スペイン風邪の犠牲者。
pict-スペイン風邪の光景.jpg



    ここは何処か?
pict-武漢市、臨時医療施設.jpg


pict-武漢の臨時病院.jpg



武漢市が2020年、 急いで作った臨時医療施設。

歴史は繰り返す、 100年経っても....






変わり映えしないねぇ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:38| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

独居老人の生活1873(道路の名前を改称しよう!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1873
                          (道路名を改称しよう!)


 「強盗はマスクをしていました!」   被害者の店主


pict-DSCN6917.jpg
         ☝ 「それはよかった!」 とポリス。

                 * *

@ 食料品の無料提供。

昨日(11日)の本ブログで、 「遠慮なくお持ち帰りください」 というボランティアの話題を取り上げた。

武漢ウィルスの影響で失業し、 困窮する人々を助ける目的で、 各地の道路際に棚を置き、 食料品を無料提供する試みだ。

で、昨日はバンコク、 コンケーン、 ナコンラチャシーマをご案内したが、 今日はタイ北部の都市に注目したい。

メディアで報じられたからか、 このボランティアは瞬く間に広がり、 今では43の県(5月11日現在)に拡大した。

     こちらはピッサヌローク。
pict-Phitsanulok..jpg



    ここはランパーン。
pict-Lampang city..jpg
        ☝ 食料品を補充するボランティア家族。



    我らの街、 チェンマイでも・・
Huay Kaew Road.png



Huay Kaew Road 2.png
                 ☝
  場所はフォイケーオ通り(セントラルとシェルGSの間)。
  食うに困ってる方はこちらへどうぞ!

                * *

ところがちょっと問題が起きたのがウボンラチャターニー。
                       (地図はココ

pict-Ubon Ratchathani family empties pantry.jpg


父子3人が棚にある食料品などを全部、 一遍で持ち帰ってしまったのだ。

これがfacebookに投稿され、 議論沸騰。
ある人たちは、 「必要なだけ持って行って」 なんだから、 全部を持ち去ってもいいではないか。

またある一方では、 みんなでシェアしようという考えだから、 マナーに欠けると....    (source : Bangkok Post)


この場合、 父子3人で持ち去ったが、 この家族には奥さんや姉妹がいて6人家族とか、 近所に親族がいるかもしれない。

家族・親戚の分トータルとして、 棚ごと全部、必要だったのかも...

皆さまはどのようにお考えでしょうか?


  *********************


A あの頃の活気が懐かしい!

いつになったらコロナは消えるのか。
ニューヨークのタイムズスクエアはいつも賑わっていた。
                          (以下、 Newsweek より)
pict-DSCN6921.jpg
               ☝2019年9月。



    しかし今はひっそり(2020年4月)
pict-pict-DSCN6920.jpg


  *********************


B 物々しい雰囲気で再開。

都市封鎖が解除された武漢市、 5月6日から121の高校が再開。

pict-DSCN6919.jpg
            ☝ しかし厳戒態勢で.....

生徒の席は1mほどの間隔を空けて、 透明のプラスチックのついたてで守られる。


  **********************


C 通りの名前を改めたい。

死の責任を負う国の大使館前に、 その名を永遠に刻む

こう言ってトム・コットン上院議員(共和党)が法案を下院議会に提出した。

それは、 駐米中国大使館前の通りの名を変えるというもの。
   (地図はココ

武漢ウィルスでの流行に警鐘を鳴らし、 中国当局から処分された中国人医師・李文亮(リー・ウェンリエン)にちなんだ名前に...

     ここが中国大使館のある道路。
pict-DSCN6924.jpg                                  ☝ ワシントンD.C.




「武漢ウィルス通り」 の名も イイネ!

 日本でも改称したらどう?


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:59| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする