2020年05月26日

独居老人の生活1887(一家団らん)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1887(一家団らん)


人間は自分の欲しいと思うものを求めて世間を歩きまわり、

そして家庭に帰った時にそれを見出す。

                              ジョージ・ムーア (アイルランドの作家)


@ 14日間の隔離生活が残したモノ。

日本で仕事をしていたタイ人アーティスト(33)がタイに帰国した。
政府の指示に従って、 彼の14日間の隔離生活が始まる。

彼が連れて行かれた所は、 バンコクの 「パラッゾホテル」。
外出せず、 ホテルが支給する食事で14日間を過ごす。

食事は1日3回(6:30am、 11:30am、 4:30pm)で、 その都度ドアの前に置かれていた。

各食事はプラスチックの容器に詰められ、 ライスが別のボックスの時もある。

他にティッシュが入った小さなプラスチック袋、 プラスチックのフォークやスプーン、 ソース入りのプラスチック袋などが加わる。

彼が日本で暮らしていた時は、 ゴミを分別して捨てていた。
そうする決まりだったし、 習慣的に実行していたものだ。

で、彼はプラスチックの容器類を捨てずにまとめる。
一体どれくらい、 プラスチック類が溜まるだろうか...

14日後、 彼の部屋には100ケ以上のプラスチック容器とその蓋、 ペットボトル(飲み水18本)が残った。

これを写真に撮ってfacebookに投稿したら大きな反響を呼ぶ。
政府の廃棄物政策に対する批判が殺到したのだ。
pict-DSCN6958.jpg
100+ Plastics Spent.png
         ☝ 床に置いて並べればこうなる。


彼と同じ便でタイに入国したのは200人、 みな隔離生活に...
となると、 彼が残したプラスチック容器類の200倍が廃棄されたことになる。

5月14日現在で、 政府によって隔離された人は合計13,861人。
政府が指示した隔離は多量のプラスチック廃棄物を生じさせた。

彼は、 ホテルスタッフに 「リサイクルして欲しい」 と依頼。
コロナ防止とプラスチック廃棄物、 その兼ね合いが難しいと語っている。

一方、 「stay-at-home」 (家に居よう)の対策もまた同じ影響を及ぼしている。

レストランからの ”持ち帰り” といっても、 自分で容器を持って買いに行く人はほとんどいない。

そこには多量のプラスチック廃棄物を生んでいる。
      (source : khaosod)
    
               * *

ジジイもレストラン閉鎖後は、 頻繁に ”持ち帰り” を利用。
勘定したら7店で購入し、 持ち帰って自宅で食べた。

「サクラ」 と 「すし次郎」 の発泡スチロール容器を除き、 他5店はみなプラスチック容器を使用。

ジジイはせっせとそれらをアパートのゴミ箱に捨てたことになる。

持ち帰りで売り上げを少しでもカバーしようとする各お店、 その熱意と努力には敬意を表したい。

最も丁寧に包んでくれたのが 「家族亭」
まず料理の容器を紙バッグに入れてくれた。
                     ☟
pict-P_20200511_205023_vHDR_On.jpg
          ☝ 上部に見えるのが紙バッグ。



    そして料理とライスを別々の容器に・・
pict-P_20200511_204956_vHDR_On.jpg
      ☝容器の蓋には 「家族亭」 のシールまで....



毎日持ち帰りばかりでは面倒で...
最近よく食べているのが魚の缶詰など(スーパーで購入)
              ☟
  pict-P_20200514_133459_vHDR_On.jpg
     ☝ パックのいわし、 さば:57バーツ。

日本で買うよりも高いが、 レストランで食うよりは安価。
ただ自宅での食事はつい酒量が増えてしまって....


  *******************


A 昨日の昼ごはん。

昨日(5月26日)のランチは 「好寿司」、 89 Plazaにある。
                          (地図はココ

 注文はサーモンステーキ:129バーツとライス:15B。
pict-P_20200525_134649_vHDR_On.jpg



午後1時半頃、 店内にはジジイ以外に3組の客がいた。
ところが3組とも白人の爺さんとタイ人家族。

pict-P_20200525_140434_vHDR_On.jpg

2家族は小学生らしき男の子、 残りは中学生らしき女の子。
大人に混じって、 子供たちはみな行儀がいい。

白人が祖国に一時帰国していれば、 こんな一家水いらずの食事はできなかったろう。

外国にはタイの家族のもとに戻りたい白人や邦人が、 入国できずに立往生を余儀なくされている。


「好寿司」 に居た3家族....

コロナでバラバラにならずに済んで良かった。


バラバラなんぞ関係なしか....






ジジイだけ 1人だった。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:49| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

独居老人の生活1885(これぞ万全なウィルス対策だ!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1885
                   (#これぞ万全なウィルス対策だ!)


 どんな馬鹿でも、 あら探しをしたり、

 難くせをつけたり、 苦情を言ったりできる…

 そしてたいていの馬鹿がそれをやる。

                               フランクリン (米国の政治家)


@ 海外在留邦人のコロナ感染。

2020年5月14日現在で、 武漢ウイルスに感染した海外の在留邦人は93人。 このうち7人が死亡(外務省発表)。

国・地域別の人数や感染時期などは 「個人のプライバシーや家族に配慮する」 として公表せず。

尚、武漢で今年2月に死亡した男性は、 入院先の病院が感染を断定しておらず、 死亡者に含めていない。  (source : 読売新聞)


タイ在住の日本人、 感染したのは何人かな?
死亡者はまだ出ていないのでは...

チェンマイでは、 日本人の感染者はゼロのようだ。
ジジイも自主隔離のお陰か、 まだ元気でやっている。


  **********************


A なぜ日本はウィルス戦争に勝ったのか?

ブルームバーグの記事を 「Bangkok Post」 が掲載している。

「日本はルールブック無視でウィルスを打ち負かした。
都市封鎖せず、 検査も多くせず、 緊急事態宣言は効力なし。
日本は正しいことをやったのか?」


ご存じのように、 日本の対策は ”自粛要請” というもの。

パチンコ屋が営業しようが、 大勢が集まってビーチでBBQパーティをやろうがお咎めなし。

レストランやクラブは営業、 鉄道やバスはずっと動いている。
夜中に道路に出ていたら逮捕されるタイとは大違い。

それでいて武漢ウィルス感染での死亡は欧米に比べ実に少ない。
諸外国から見れば、 これが不思議に思えるようだ。

「10万人あたり死者数」 を比べてみよう(5月半ば時点)。
                 ☟
日本は0.5人台、 米国は30人弱で、 スペイン・イタリア・イギリスは軒並み50人超、 ドイツでも10人弱だ。

欧米から見れば日本はミラクルなのだ。

               * *

タイ政府も日本を、 まだ”ハイリスクカントリー” にリストアップしている。

欧米諸国と一緒くたにされちゃあ困るんだが....
日本の状況をよく理解していないとみえる。

    2020年5月22日の東京・蒲田。
pict-Japan wins virus.jpg
    ☝ ソーシャルディスタンシングを守る日本人。
     (注)「銀だこ」 はタコ焼きの店頭販売店。
    

日本の対ウィルス勝利には諸説あって、
・日本人は冬〜春のマスク着用が日常的
  (インフルエンザと花粉症対策)

・清潔好きで手をよく洗う
・靴を脱いで室内に入る

・皆が予防接種BCGをやっているから
・中国人の入国禁止措置が遅く、 結果、免疫ができていた

・挨拶で握手やハグ、 キスの習慣が無い
・日本人は唾を飛ばして喋らない(ぼそぼそと話す)

・「三密」 という分かり易い言葉で協力を訴えた
・国民皆保険制度と高い医療技術...等々、

とまあ、 専門家でもまだよく分からないらしい。

1つ、 ジジイでも分かることは、 日本人は ”自粛要請” だけで大多数の人がこれに協力するってこと。

なんとまあ聞き分けのいい国民なのか、 自己主張が強い欧米人ではこうはいかない。 「俺の勝手だろ!」

だから法律で罰則規定を設けないと守られない。
タイもそうだと思う。

「夜間外出を自粛してください」 とタイ政府が要請したところで効果はないだろう。

とにかく武漢ウィルス収束後に、 しっかりと検証されるであろう。
日本が結果的に 「ウィルス戦争」 に勝利したかどうか。
そしてそれは何故なのか、 偶然か?


  *********************


B 桜見る会めぐり安倍首相を刑事告発。

662人の弁護士や学者が先日、 公職選挙法と政治資金規正法に違反した疑いで、 首相と後援会幹部の計3人に対する告発状を東京地検に提出した。

告発容疑の対象は2018年の夕食会で、 1人5千円の会費ではまかなえず、 首相側が差額を負担したというもの。


ジジイがこのニュースを聞いてすぐに思った。
だったら鳩山由紀夫元首相もついでに告発すればいいのに..と。

しかし時効があった... 3年のようだ(15年じゃなかった)。

もう1つ感じたのは、 弁護士・学者というのは暇なんだなって。
勿論、 中には名前だけ連ねた人もいるだろう。

ジジイがその告発人に加わることが出来るんだろうか。
「だったら裁判代を負担しろ」 ってなるのかな。

それより無名の年金爺さんは、 端から無視されるだろう。
「お前は法律家じゃない」 ってね。


今流行りのこれでやればいいのに....

「#安倍首相を告発します!」


ジジイもハッシュタグ付けてやってみたい。

 #日本の平和憲法に追記しよう!
          ☟
 #ウィルスは日本を襲わない!







 #これでウィルス対策は万全だよ!


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:14| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

独居老人の生活1884(立ち往生で離れ離れ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1884(立ち往生で離れ離れ)


 夫婦が長続きする秘訣だって?

 それは、 一緒にいる時間をなるべく少なくすることさ。

                              ポール・ニューマン (米国の俳優)


@ ボーナス・スマイルツアーが店を再開。

日本人スタッフがいる 「ボーナス・スマイルツアー」 は、 武漢ウィルスの影響で3月下旬から店舗を閉鎖。

pict-P_20200522_064703_vHDR_On.jpg
        ☝ ずっと在宅勤務の状態が続いていた。



ようやくお店に出勤、 現在、営業を再開している。
                 ☟
pict-P_20200522_064646_vHDR_On.jpg

但し、 営業日は 月、水、金、 時間は午前10時〜午後3時まで。
通常業務に戻るのはもう少し先になりそう。

以前の様なご活躍を期待しております。


  *******************


A 昨日の晩ごはん。

昨夜(5月22日)は 「チェンマイホルモン2号店」 へ。
ランプーン街道沿い、 「Holiday Inn」 から北へ300mほどの所。

pict-P_20200522_200855_vHDR_On.jpg



   7時5分に到着、 驚いた、 満席の盛況。
pict-P_20200522_191550_vHDR_On.jpg
      ☝ テーブルとテーブルの間隔はたっぷり。



  注文はカルビ3点盛り:198B、  キュウリ:39バーツ。
pict-P_20200522_192801_vHDR_On.jpg



エアコンなし、 七輪の炭火が燃えて暑い...のは我慢して。
                   ☟
pict-P_20200522_194454_vHDR_On.jpg
         ☝ お世辞抜きでとても美味しい。



ジジイの隣の席はタイ人の客、 誕生祝のようだ。
もうソーシャルディスタンシングはお構いなし。
                 ☟
pict-P_20200522_191448_vHDR_On.jpg
          ☝ 8人がぎっしり詰め合って....

手前右のオッサンは缶を紙で巻いて....ナニ飲んでんの?
         

  ********************


B 離れ離れ...涙と傷心の家族。

夫は外国人、 妻はタイ人というカップルは日本人に限らず欧米人にもたくさんいる。

今回、辛い日々を送る国際カップルに焦点を当ててみよう。
なぜ離れ離れなのか?

タイ政府が外国からの旅客機乗り入れを禁止しているからだ。
この規制は6月30日まで続く。

加えて、 ほとんどの国がコロナのハイリスクカントリーになっていることから、 入国要件が非常に厳しい。

で、帰りたくても帰れない外国にいる夫、 早く会いたいと願うタイ人の妻と子供。

             * *

夫のオハロラン氏は今アイルランド滞在、 タイに戻れない。
チョンブリ(タイ)では妻と3人の娘が彼の帰国を待ちわびる。
                 ☟
pict-farang-Thai families apart.jpg
       ☝ 13歳、 9歳、 1年と8か月の3人の娘。

               * *

イギリス人のヤコブ氏は今、 フランスで立ち往生。
彼はチェンマイに住む妻ソパさん(29歳)のもとに帰りたいのだが....

4月からずっとフランス、 奥さんとはオンラインで連絡を取り合っているという。 

pict-farang-Thai families apart2.jpg
          ☝ 妻のソパさんと夫のヤコブさん。

美人の奥さんだ、 彼も早くチェンマイに戻りたいだろう。
恨めしや武漢ウィルス!


ソパさんの様な美人、 ジジイはチェンマイで見たことがない。
一体どこにお住まいなんだろうか。

我々日本人も負けずに頑張ろう..と言うのは簡単だけどネ。

               * *

同じくイギリス人のチータム氏はイギリスで立ち往生。
家族がいるタイ東北部のウドンターニーに戻りたいが...

彼はFacebookを立ち上げた。
”国際便規制のために海外で立ち往生するタイ居住の外国人” に呼び掛けたもの。

同じ苦境にある150人が、 これまでに参加したという。

タイ人と結婚した外国人が2つのFacebookグループを作り、 情報を交換している。

タイに居る家族との再会を図るために...
                 ☟
pict-farang-Thai families apart3.jpg
   ☝ メンバーは約300人、       ☝ メンバーは150人。

               * *

アラン・エドワード氏もよく似た状況で離れ離れ。
彼は不公平を訴える。

「夫がタイ人じゃないというだけで、 家族が離れ離れで暮らさなければならない。 

現在が厳しい状況にあることは理解している。
しかし国際カップルの家族を引き離すタイ政府の偏見。

愛する両親なしで子供が暮らす、 父親がタイ人ではないから。
これってフェアなんでしょうか?」

               * *

ロブ・ケネディ氏はブルネイで立ち往生。
当地のタイ大使館は協力的だが、 バンコクの上級役人が冷たい。

もし帰国が認められたら、 彼は自費(負担)で隔離される用意があるという。

               * *

匿名希望の外国人、 彼はプーケットで家族と暮らしていた。
3月にプーケットを出たまま、 今もタイに入れない。

彼の4歳になる男の子供は病気治療中。
現在チェンマイに居る妻も匿名で話す。

「夫はずっとカナダにおります。
 2歳になる娘が度々訊きます、 パパは何処にいるの?」

              * *

ダニエル・ノラン氏は3ヵ月近くオーストラリアで立ち往生。
タイに居る妻と子供のもとに帰れない状態。

彼は父親の葬式出席のためオーストラリアに戻ったが、 その後バンコク行きの便が無いことを知った。

妻チョンピチさんとの間には7ヶ月の子供がいる。

「夫は赤ん坊を看ている私を助けたがってます。
  仕方ないので今、 私は実家に戻っています」

彼女はスワンナプーム空港のイミグレ係官に頼んだという。
夫の入国を許可して欲しいと...

しかし係官は、 「我々の権限の範囲外で無理」 の返事。

              * *

南アフリカ人のジャコさんの別離は事情が違った。
彼は妻と娘を連れて今年2月25日、 休暇のため南アフリカへ...

3月25日、 家族と共にタイに帰国。
しかし空港イミグレで入国が認められず、 彼1人だけが南アフリカへ戻る羽目に...

有効なビザや結婚証明書など必要書類・要件は満たしていたにもかかわらず。

「妻と娘はタイ、 私は南アフリカ、 離ればなれの状態です」
   (source : The Nation)

               * *

外国で立ち往生していてもタイ人ならば、 タイ政府はタイ入国を許可している。
14日間の隔離施設のキャパ状況を勘案して、 順次帰国の途についている。

しかしタイ人の配偶者であっても外国人のタイ入国は、 現在難しい状態だ。


日本人爺さんで、 ジジイの友人にも同じ状況の人が数名いる。

Aさん(78歳)は2月下旬、 日本に一時帰国。
40代半ばの美人奥さまはチェンマイで待っている。

4月上旬にチェンマイへ戻る予定だったがダメ。
で、1ヵ月遅らせて5月のフライトを予約 → これもダメ。

7月1日からは旅客便が再開するが、 現在、日本はまだハイリスクカントリー扱い。

これが除外されないと、 入国要件が超厳しく、 飛行機は飛んでてもタイに入るのは大変..という状況だ。

               * *

Bさん(77歳)は3月下旬、 日本に一時帰国。
10年以上同居する40歳前のパートナーがチェンマイで待つ。

いつチェンマイに戻って来れるやら....


Cさん(75歳)も3月下旬、 日本に一時帰国。
30代後半の美人妻がチェンマイで待っている。

7月に戻って来れればいいが....

彼ら3人の共通点は、
        ☟
1.奥さんとの年齢差が30歳以上。
2.3人には、 タイ人との間に子供がいない。

3.加えて真面目、 奥さんにひたすら尽くす。
4.そして3人とも、 ジジイより遥かにお金持ちで太っ腹。

一時帰国の際、 奥さんにはたっぷり生活費を渡しているはず。
従って、 奥さま方が生活に困るような心配は全くない。

カネがなくなれば、 日本から送金なさっているだろう。


んじゃあ、 奥さまたち....






亭主が居なくたって、 泣くわけないか。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:34| Comment(6) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする