2019年01月14日

独居老人の生活1409(人を見たら詐欺師と思え)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1409
                       (人を見たら詐欺師と思え)


  なに人も永く仮面を冠りえず。

  偽装はやがて自己の天性へ還る。
                                      セネカ  「愚悲について」


次の写真が送信されてきた。
いわゆる ”不幸の手紙” のLine版、 多くの人に送れば幸せになるという。
   pict-1547368841665.jpg   


沖縄に何年かに1度現れる ”神の手” という雲。
すごい雲の形だと、 ジジイはびっくり仰天。

うまく騙された。  この写真は合成だった。
道理で....それにしても上手に合成できるもの。

                * *

銀行というと誰でもが信用する。
だから安心して大切なお金を預けることができる。

ところが預金した → その残高がいつの間にか減っている。
自分が引き出したわけでもない。

「おかしいじゃないか」 と、 銀行に行って言う。
調べると、 銀行員が勝手に引き出していた。

                * *

その銀行は 「クルンタイ パイ支店」 (Krung Thai Bank in Pai)
13人の顧客がクレーム、 4百万バーツの横領が発覚。

pict-DSCN4965.jpg
          ☝ クルンタイ銀行パイ支店。


事件は1人の男性が Facebookに投稿したことから始まった。
彼の母親の口座から、 お金が知らぬ間に引き出されていたことを公表。

母親はキャッシュカードを持たず、 引き出す時は直接銀行に出向いているという。
しかし昨年12月29日に、 29万バーツが引き出されていた。

そのとき母親は、 Chachoengsaoという別の所に滞在。
母親は通帳は肌身離さず、 失くしたこともないという。

新年7日、 クルンタイ銀行パイ支店の店長が、 この件を調査するとアナウンス。

pict-Krung Thai Bank in Pai 2.jpg


ところが同日、 他の顧客が同様のクレームで現れた。
通帳をチェックすると、 昨年7月16日には485,041バーツの残高記載あり。

それ以降通帳は、 同じクルンタイ行員によって3回もアップデートされていた。

昨年7月23日には45万バーツの引き出しあり。
そして12月20日には同額の45万バーツが預金されている。

現在、 その顧客の口座残高からは21,000バーツが行方不明。


1月9日にはまた2人の被害者が出現。

   パイの女性支店長は語る。
             ☟
pict-Krung Thai Bank in Pai .jpg


「問題の行員が誰かは把握しており、 懲罰を受けている。
 13人の被害額は4百万バーツ以上で、 不明のお金は被害者
 に返金し、 今後は管理強化を図り再発防止に努める」

                * *

このようなチョロマカシ、 タイ人ならクレームを付けられる。

しかしジジイのようにタイ語ができず、 上手く説明できない老人ならどうなるんだろう。

ムニャムニャと話したとて、 「この人、 ボケてんじゃないの」 で退けられそう。


チェンマイでかなり前に聞いた話だが、 美人の行員に惚れた邦人爺さんが彼女と付き合い始めた。

そして彼女を信用し、 通帳などを預けていた。

だが爺さんの知らぬ間に彼女は退職、 通帳と共にいなくなる。
当然だが、 数百万バーツあった残高は消えていたという。

爺さんは銀行にクレームを出すが、 結局ウヤムヤに.....
美人行員を口説く → 失恋 → おまけが多額の紛失。

泣くに泣けない爺さん、 憤懣ヤルかたなし。







彼女とはまだ...... 一発もヤッてなかったという。


騙されないようにいたしましょー!


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:40| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

独居老人の生活1408(錦の御旗・UN)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1408(錦の御旗・UN)


   平和は微笑みから始まります。

                           マザー・テレサ (ノーベル平和賞受賞者)


@ 韓国の戦争犯罪、 「ライダイハン」。

ライダイハンとはベトナム語で、 「ライ」 は 「混血」、 「ダイハン」 は 「大韓」 を意味し、 韓国人とベトナム人女性の間に生まれた子供を指す。

ベトナム戦争当時に派遣された韓国兵らが、 13、14歳の少女を含む現地女性数千人に性的暴行などを行い、 その結果生まれたライダイハンが約1万人いるという。

韓国政府は事実関係を認めず、 謝罪を行っていない。

この問題を追及する英民間団体 「ライダイハンのための正義」 は16日、 英議会にノーベル平和賞を受賞したイラクのクルド民族少数派ヤジド教徒、ナディア・ムラド氏(25)らを招き、 特別会合を開催する。

pict-ナディア・ムラド氏(25).jpg
                  ☝
    「イスラム国」 (IS)の性暴力を告発したムラド氏。


特別会合は、 同団体の 「国際大使」 に就任したジャック・ストロー英元外相が主催。

「ライダイハン」 のベトナム人、ナットさんとその母親も出席。

加えて英政府の性暴力防止イニシアチブを設立したウィリアム・ヘイグ元外相が性暴力撲滅などを呼び掛ける。

また、国連人権理事会にライダイハン問題の実態調査を申し立てる決議を行う。

1973年に結ばれたパリ和平協定による韓国軍撤退などで韓国人男性らは帰国し、 ライダイハンは置き去りに...

1975年のベトナム戦争終結後、 共産党政権下でライダイハンは 「敵国の子」 として迫害され、差別されてきた。

同団体は韓国政府に公式な謝罪を求めているが.....

                  * *

嬉しいニュースとはこのこと。  しかしジジイには大きな不満。

日本が、 なぜイギリスのような活動をしないのか?

日本の人権派政治家や市民団体は、 でっち上げの慰安婦問題で日本を責めるが、 真実の戦争性犯罪には口を閉ざす。

韓国人はベトナムで、 もっと酷いことをしてきたんだぞ。
他国のやる性犯罪は許容するのか。

福島瑞穂、 辻本清美、 日本共産党ら野党の先生方よ。
韓国から慰安婦を連れてきたように、 ライダイハンを国会に呼んだらどうだ。

政府もなぜ動かぬのか、 ジジイには理解できない。
まさか韓国に遠慮してんじゃないだろうな。

日韓友好、 事を荒立てないように.....といつもの調子。
だから舐められてんだよ。

日本にある韓国大使館や領事館前に、 100でも1000でもライダイハン像を設置したらどうだ。

全世界至る所、 ライダイハン像で埋め尽くせばいい。
               ☟
   pict-ライダイハン像.jpg
  

 「他国の嫌がることはやりません」

首相(当時福田康夫)がこんな事をいう日本だ、 なーもせんわ。

                 * *

A 国連は平和を守る。

西村直己衆議院議員は東大卒業後、内務省に入省、 静岡県警察部長、 警視庁保安部長を歴任して国会議員になった。

典型的日本のエリートコースを歩む、 バカではやれない。
その後防衛庁長官、 自民党政調会長、 農林大臣などの要職に就いたほど。

   pict-西村直己2.jpg
         ☝ 西村直己の銅像。


この西村が問題発言をしたのが1971年8月のこと。

全日空機雫石衝突事故で増原恵吉防衛庁長官が引責辞任した後を受けて入閣。 その時の記者会見だ。

「国連は田舎の信用組合みたいなものだ。 1万円出せば誰でも
 1票を持つ。 何か起これば俺にも権利があると騒ぐ。 
 国連も同じ」

「中共が国連入ってくればますます悪くなる」

こんな発言に朝日新聞は 「国連軽視」 との批判を浴びせ、 辞任に追い込んだ。

昔も今も、 大臣の首を取ることが朝日の勲章なのだ。
しかし西村直己の予言は当たった。

1971年10月、 国連に入った中国は、 同時に常任理事国を中華民国(台湾)から引き継いだ。 (中華民国は国連脱会)

その後、 中国はモンゴル侵入、 ウイグル、 チベットを奪ったことはご存知の通り。

国連には、 中国に味方する加盟国がいっぱいある。
加えて常任理事国だ、 拒否権という特権を持っている。

戦後の新秩序の原点、 平和を守るというイメージの国連は、 実は他国への侵略を容易にする組織でもあった。

国連は小さな国でも1票を持ち、 それぞれが嘘をつき、 利権争いする場。

日本人には国連信奉があるのか、 正義の味方と錯覚している。
だが ”正義” の意味は各国それぞれで異なる。

                  * *

そもそも 「国際連合」 という名称で日本人は勘違いする。
1945年に誕生した国連だが、 英語名は 「United Nations」。

誰がこれを「国際連合」 と訳したんだろう?
どこにもインターナショナルの文字はないんだが。

ちなみにドイツでは 「連合国」 と直訳している。


「United Nations」は、 第二次世界大戦中の枢軸国(ドイツ・イタリア・日本など)に対し、 連合国が自陣営を指す言葉である。

1942年1月の連合国共同宣言で、 United Nationsという語を公式で初めて使用。 
連合国軍は 「United Nations Fighting Forces」

下のプロパガンダ・ポスターを見ればよく分かる。
                  ☟
   pict-United Nations Fight for Freedom poster.jpg
         ☝ 1941年6月に作られたもの。



   pict-United_Nations__Fight_For_Freedom__poster.jpg
           ☝ 1943年のもの。


国旗で連合国軍の国名が分かる。
商業用宣伝ポスターは消費者に欲求を起こさせることが目的。

戦争宣伝用プロパガンダ・ポスターは、 感情を喚起して行動へ導くことが目的。

連合国は戦争中、 こんなポスターで意気を揚げていのだ。

それが日本ではいつの間にか国際連合になっていた。
戦争勝利国の連合国(United Nations)が国際連合と訳されて。

「連合国会議」 とでも翻訳しておけば、 日本人の錯覚は起きなかったかも.....

悪の敗戦国・日本はどれだけ分担金を積んだとて、 常任理事国にはなれない。

国連は戦争勝利国が牛耳っている組織。
本部は連合国軍陣営、 米国ニューヨーク、 マンハッタンにある。

だから本部が東京に移ることもあり得ない。
だが胡散臭い 「国連大学」 の本部は東京・渋谷にある。


募金で優雅な生活を送るユニセフ(国連児童基金)職員たち。

ジジイが不可解なのは、 なぜアグネス・チャンが日本ユニセフ協会大使になったのか?

アグネスの国籍は香港から現在英国、 家族にも日本人はいない。

夫の金子 力は韓国籍、 長男和平はカナダ、 次男昇平は米国、 三男協平は中国籍とか。 

pict-アグネスチャン.jpg
   ☝ 左から三男協平、次男昇平、長男和平、夫の力さん。 
               

日本でたっぷり稼いでるくせして、 日本の悪口は言う。
家族には1人も日本国籍を取らせないアグネス。

ちなみに子供のバラバラ国籍は、 アグネスがそれぞれ出産した国でそうなったらしい。

でも、よほど日本が嫌いなんだろう....穿った見方をしてしまう。
そんなのが日本ユニセフ協会大使、 任命者はバカじゃなかろか。
 
(大使は日本人でいい、 ジジイはひねくれているのかな)


ユネスコ(国連教育科学文化機関)も胡散臭い。
記憶遺産まで作り、 放漫財政の上に 「政治化」 する活動。


国連人権理事会もいい加減。
理事国に最も人権無視の国、 中国が入っているのだからもう漫画の世界。

おかしな大学教授が、 「国連人権理事会から来ました」 と来日。
日本の左翼組織の教え通りに報告書を作成して日本を批判。

それでいてベトナムの 「ライダイハン」 問題には目を瞑る。
名ばかりの人権理事会、 これが国連っていうものだ。


約50年前の西村直己の発言は正しかった。
正しいことを言うと、 メディアの吊るし上げにあう日本。

国連と名が付けば、 何でも信用し、 ありがたがる日本人。

ジジイもこれにあやかろう。

本ブログは.....








「国連・独居老人の華麗なる生活」 と改名します。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:26| Comment(7) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

独居老人の生活1386(外交官のお仕事)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1386(外交官のお仕事)


  外交官はよい天気のときにしか役に立たない。

  雨が降れば一滴でしおれる。
                                  ド・ゴール  (フランス大統領)


「週刊新潮」 に ”大使の食卓” という連載がある。
今週号には在日本タイ王国大使がご登場。

待ってましたということで、 ちょっとご覧なってください。
                 ☟
pict-DSCN4952タイ駐日大使 (1).jpg
                 ☝
   バンサーン プンナーク大使(59)とユバディー夫人。


  下は現在の大使公邸。 
  ゴシックスタイルの瀟洒な洋館だ。
pict-pict-DSCN4954.jpg
                   ☝
大使公邸は清朝最後の皇帝の弟、 愛新党羅溥傑と後に妻となる嵯峨 浩(ひろ)がお見合いした家。


ユバディー夫人は母国でレシピ本を刊行するほどの料理の達人。

「タイ料理の特徴は、 1つのお皿に塩味、 酸味、 甘味、 辛味など色々な味が入っているところでしょうか」

大使も語る。
「ソムタムはタイ東北部の料理といわれますが、 実は定かではありません。

150年前からあります。 グリーンカレーとセットにして、 ラーマ5世の時代からあったメニューだそうです」

美食家で、 宮廷料理の原型を作ったといわれるラーマ5世は、 お忍びで街中に出かけ、 人々の食生活を興味深く調べたという。

    pict-King Chulalongkorn the Great (Rama V).jpg
          ☝ ラーマ5世。


ジジイは何度もソムタムを食べているが、 あれは宮廷料理だったのか。 道理でジジイの口に合うはずだ。

ではタイ大使が紹介するタイの宮廷料理4品。

pict-DSCN4952タイ駐日大使 (2).jpg


@ ココナッツミルクで炊いたジャスミンライス 「カーオマン」 はバンダンリーフも味付けに一役買っている。

ライスの上に添えてあるのは甘辛味の豚の干し肉。


A チキンカレー。
1kのココナッツミルク、 パームシュガー、 赤パプリカ、 ハープ、
ナムプラーを入れると味はさらにまろやかに....


B ソムタム。
タマリンドの果実のジュース、 ナムプラー、 パームシュガーで
ソースを作り、 パパイヤに絡める。

トッピングには干し海老の粉、 干し唐辛子、 ライム。


C バナナの葉を帽子にして、 ライスを被せて登場させる洒落た演出。

皆さまもタイの宮廷料理にトライなさってみては如何でしょうか。
(source : 週刊新潮)

                 * *

一方、 在タイ日本大使公邸は?
ちなみに現在の大使は佐渡島志郎氏、 2015年4月に着任。
                 ☟
pict-在タイ日本国大使公邸.jpg
              ☝ 新年懇親会にて。


料理の方は大使公邸専属の料理人がいるはず。
タイ大使公邸では毎年、新年懇親会が開かれている。

専属料理人も腕を振るうのであろう。
日本大使公邸はパーティーができるほど広いのだ。

1996年12月、 ペルーの日本大使館がテロに襲われ、 4ヵ月以上も人質になった事件は記憶に新しい。

この時は恒例の天皇誕生日祝賀レセプションが行われていた。
参列者が600人もいたというから驚き、 それくらいに大使公邸というのは広いらしい。

タイ大使公邸も色んなレセプションに利用される。

例えば2018年1月27日、 「クルンシィ・アユタヤ 『絆』 駅伝2018」 の前夜祭(レセプション)が大使公邸で開かれた。


2017年2017年1月25日には、 「Jリーグ アジアチャレンジ in タイ インターリーグカップ」 のパーティーが開催。
                  ☟
pict-在タイ日本大使公邸でレセプションパーティーアジアチャレンジ.jpg
         ☝ 日・タイ修好130周年の記念大会。


このパーティーには、 大会に参加している鹿島アントラーズ、 横浜F・マリノス、 バンコク・ユナイテッド、 スパンブリーFCの監督、選手をはじめ、 日・タイの多くのサッカー関係者が参加。

                 * *

2015年5月は、 山形県東根市からの訪問団を迎える。
「果樹王国ひがしね さくらんぼ試食会&プレゼンテーション」

出席者42名で、 バイヤー、 日本食レストラン関係者、 現地メディア、 県人会、 旅行代理店など。

東根市長や佐渡島志郎大使が挨拶。

                * *

2014年10月には佐賀県からやって来た。
この年2月に上映され大ヒットしたタイ映画 「Timeline」 の影響で、 佐賀県にタイ人観光客が急増。

ならばとタイ人観光客の誘致やトップブランドの一つである 「佐賀牛」 の輸出拡大等を目論んだわけだ。

佐賀県知事をはじめとする訪問団が大使公邸でプロモーション、 メディア・旅行事業者向けの観光説明会を実施した。

この時の大使は佐藤重和氏、 勿論 訪問団を歓迎し挨拶もした。


ちなみにタイにおける佐賀牛の取扱指定店は2018年1月現在で7店。
指定店になるには、「佐賀牛のメニュー化」 と 「定期的な購買」 が条件になるという。

バンコクの鉄板焼きレストラン 「紅花」 が指定店の1つ。
チェンマイの和食店 「五郎」 には佐賀牛のメニューがあるが、 指定店かな?


とまあタイ大使もパーティーだけやっていれば気楽なお仕事だが、 さてどうだろう。

ところで在チェンマイ日本総領事公邸ってあるの?  
専属料理人はいる?

おそらく広い公邸がないから、 日本総領事館主催の新年賀詞交換会はホテル開催になるのだろう。


それにしても在日本タイ王国大使ご夫妻、 何と上品で教養がありそうな風貌か。






若いオンナ大好きのジジイとは月とスッポン。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:10| Comment(14) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする