2019年07月17日

独居老人の生活1581(俺は何故タイに嵌まったか-2)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1581
                     (俺は何故タイに嵌まったか-2)


 過去を学ばない者は同じ過ちを繰り返す。

 過去を学ぶ者は別の過ちを見つけ出す。

                             チャールズ・ウルフ・ジュニア (米国の作家)


Bさん(73)は50歳を過ぎて初めてタイにやって来た。
観光ではなく転勤、 会社の辞令でバンコクに赴任したのだ。

Bさんは29歳で日本人と結婚、 それまで彼は童貞だったかも...
しかし半年と持たず離婚。

実際の夫婦生活は3ヵ月程度、 それでも慰謝料か何かは知らぬが、 150万円を相手に渡したという。

Bさんが浮気したとか、 縄で縛ってムチで叩いたわけじゃない。
Bさんは超真面目、 後ろ指をさされるようなことは出来ない人。

離婚後は以前の独身生活に戻り、 キャバクラや風俗店に通うこともなく、 女っ気なしの会社員として50歳を迎えた。

斯様に生真面目なBさんのバンコク生活が始まった。
勤め先、 部下はほとんどタイ人、 猛烈社員などいる訳がない。

というより、 さほど働かないのが多かった。
無理難題をいう客も大勢いて、 ストレスは溜まる一方。

これでは身体が持たぬ...と仕事を終えた夜10時過ぎ、 バンコクで名に聞くタニヤに足を向ける。

pict-タニヤ2.jpg


店に入って驚いた、 50数年の人生で初めて見る光景。
若い美女がわんさかいるではないか。

Bさんに僥倖が訪れた。
何回か通ううちに、 好きな女性ができたのだ。

  pict-タニヤ天使.jpg
        ☝ イメージ画像。

お金でその恋は実る、 20そこそこの若い美女を思い切り抱けた。
天にも昇る気持ちとはこう言うことだろう。

「車 買ってェ〜、 家 買ってェ〜」 のおねだりには即対応。
しかし彼女は家も車も売っ払い、 故郷に帰って行った。

                * *

Bさんの辞書に傷心の言葉はなかった。
遅咲きだが、 性春に芽生えたBさんの精神は成長する。

次の女性を見つければいい...今度は別の風俗店に向かう。

このようにしてBさんは、 風俗から足を洗わせ、 世話したオンナが次々と....

だがパターンはみな同じ。
家、 車を買ってやれば、 女たちはそれを売り払い故郷に帰る。

そしてBさんに人事異動発令、 日本に転勤と相成る。
バンコク暮らしはちょうど3年で終了。

日本暮らしになったBさんだが、 月に1〜2回はバンコク通う。
これは退職するまで続いた。

66歳で自由の身になったBさんは、 バンコクに舞い戻る。

勿論、 お目当ては風俗店。
そこでまた20歳そこそこの美女と巡り合う。

Bさんはすぐに店を引かせ、 彼女の面倒をみることに....
こんなパターンは彼女で4人目だ。

彼女は故郷、 ミャンマーの北方シャン州に帰った。

Bさんと彼女の逢瀬は、 タイとミャンマーの国境の街メーサイ(タイ)に変わる。

彼女が家を建てたいと言えばカネを出してあげる、 車を買いたい...カネを渡す。

但し、Bさんは1度もその家も車も見たことはなかった。

結婚という話になるがいつも延期、 結局、 彼女との別れの日が
やって来た。

別れて8か月ほどあとか、 ミャンマーの彼女から電話が入る。
「子供が出来た、 お金ないから送ってほしい」

Bさんは1万バーツだけ送金する。
5年以上も抱いた女性だ、 無視しないのはBさんのやさしい性格。

              * *

25,6年前にバンコクで世話した彼女がチェンマイに居た。
1度は切れたが、 何となく付き合いが復活する。

その女性は週に1回、 チェンマイのBさん宅(アパート)に来て、 洗濯をし、 ランチを共にする仲。

SEXはまったくなし、 ただ付き合うだけという。
Bさんは日本の家・不動産を売ってのチェンマイ暮らし。

チェンマイの生活にはパートナーが欠かせないと思うBさんは、 今年6月から彼女との同居を開始。

現在、高級コンドーで73と47歳は、 甘いどうかは知らぬが新婚のような生活を送る。

50にして春に目覚めたBさん、 73にして実が成ったようだ。
今週、 ジジイはBさんに会ったが、 Bさんの笑顔は幸せではち切れんばかり。


Bさんは何故タイに嵌まったか?  答はもう出ている....

50を過ぎたBさんが、 春にめざめたからだ。


ある友人はこう言った。  「年取って....」








 「オンナに狂っただけ」


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:35| Comment(4) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

独居老人の生活1573(女性読者と2人でランチ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1573
                         (女性読者と2人でランチ)


  美人なるものは、 目には極楽、

  心には地獄、 財布には煉獄である。

                               フォントネル (フランスの著述家)


ジジイが独居老人ブログを書き始めて早や5年経過。
その間、 「お会いしたい」 という読者も現れる。

先ほど数えてみたら、 11人の方からお誘い戴いた。
こんな事を書くと申し訳ないが、 暇つぶしの絶好の機会。

で、10人の読者にお目にかかった次第。
お一人、 「青」 さんの時だけはジジイが日本滞在中でダメ、 代理で友人に行って貰った。

後日、 その友人が撮った写真を見たら 「青」 さんは美女。
滅多にないチャンスを逸し、 悔しい思いをした。

残り9人は全て爺さん、 その9人には共通点がある。
どういう訳かジジイが仰天するような助平、 女性が大好き。

ま、 女が嫌いという男はチェンマイには来ないんだろう。
スケベだが9人とも好人物、 これも共通点。

               * *

お会いした10人中、 1人だけ女性がいらした。
「雪」 さんという中国人の方。

しかし日本滞在が長く、 日本語ペラペラ読み書きOK、 日本に詳しい美女。

お会いした時、 ご亭主(中国人の僧侶)が用心棒として付き添い無言でガード。

残念ながら、 雪さんご夫婦は1年ほどのチェンマイ生活の後、 中国へ戻られた。

ということで、 女性読者と2人だけで会ったことは1度もなし。


ところが昨日(7月7日)、 それが11人目で実現したのである。
奇(く)しくも七夕、 ジジイが長年待っていた織姫が現れた。

   pict-織姫.jpg

コメントの書き方から、 「あの人は女性じゃないの」 と言う友人や読者(コメント)が数人。

中には、 「30歳前後なら俺もすぐ行く、 連絡して..」 と言う厚かましい友人もいた。

「え〜女性かな?」 とジジイは思ったが、 一昨日、ご本人の名前を読んで女性と確信。

xx子と書かれていたからだ。
但し、 宿泊先が高級ホテル、 ジジイの財布ではとても無理。

ここで、 20〜30代の女性じゃないと推測。
若い女性はあんな高いホテルを選ばない。

しかし性別・年齢に関係なく、 チェンマイのことでお手伝いできるならジジイの喜び。

そりゃあ20代の美女なら最高に嬉しいが....

                * *

てなわけで昨日の12時半、 宿泊するホテルに出向いた次第。
約束時刻より5分早く到着、 彼女は既にロビーで待っていた。

容貌を云々するのは失礼だが、 お世辞抜きで美人。
淑やかに話され気品が漂う。

チェンマイは今回が初めてではなく、 以前にロングステイもされたという。

「ホテルには3泊、 その間に台所付きアパートを探したい。
 料理もしたいから.... 2ヵ月間ほど滞在予定です」


ホテル近くのタイレストランへ徒歩で移動。
ジジイはバイクで来たが、 ホテルの駐車場に置いて行く。

「私は飲めるんです、 ビールもワインも大好き」

と言って彼女はBeer Chang大瓶をオーダー。
食べながら、 軽く1本 空ける。

「私は未亡人、 遺族年金 もらってるんです。
 主人の死後 嫁ぎ先を離れ、 実家に戻りました」

当然ながら、 遺産も入ってきただろう。
だからかスペインを旅したり、 タイでロングステイもOKだ。


昨日はタイ語不要、 日本語で会話が楽しめる。
ジジイが浮かれるのも致し方ない。

ジジイはビール大瓶2本、 瞬く間に空けた。
滅多にないこと...日本語で女性とお喋り、 ブログのお陰だ。

彼女の写真をお見せしたいのだが、 了解が得られず。
で、こんな感じということで、 次の有名人3人を混ぜた顔。

      日テレ・笛吹雅子アナ。
   pict-笛吹雅子2.jpg
     


      じゅんとネネ(右側)
   pict-じゅんとネネ.jpg



      テレ朝・大下容子アナ。
   pict-テレビ朝日.jpg

以上、 この3人を混ぜれば彼女の顔になる。

「歳は訊かないでください」 と言う彼女。

「ブログで30代後半って書いときますよ」

「それはチョッと無理無理....」


彼女はレストランで空心菜炒めと海老焼きを注文。
その時ジジイが言った。

「空心菜はタイ語でパットブン、 覚えやすいんです。
 昔、米国の人気歌手で、 パットブーンがいたでしょ?」

「私、 知りませんが....」 と彼女。

ここから判断すると、 70代でないことは確か。

ジジイが見たところでは、 50歳前後かな。


割り勘で支払い、 また歩いてホテルに戻る。

「バイクの運転、 大丈夫ですか?」

ビール2本を飲んだジジイを気遣ってくれた。


そしてジジイは次の言葉を期待したが.....







「私の部屋で、 しばらく休んで帰られたら如何?」


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:15| Comment(4) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

独居老人の生活1557(不倫の果てに・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1557(不倫の果てに...)


 結婚は平穏と引き換えに情熱を失うものだから....


@ 人気アナウンサーの不倫疑惑。

「週刊新潮」 今週号がスクープ。
NHK出身のフリーアナウンサー・堀尾正明の “不倫疑惑”。
                  ☟
pict-DSCN5728.jpg



彼が出演するTBS情報番組 『ビビット』 では、 堀尾アナがこの件について生釈明。

   pict-TBSビビッド.jpg


疑惑は、 妻と別居中の堀尾アナが、 都内に暮らす50代の美人
すぎる未亡人との不倫。

シングルマザーの家を訪ね、 宿泊もする仲。
しかし堀尾は、 「不倫でも男女の仲でもありません」 と言う。

あくまでも彼女の ”サポートをしている” だけとか。

同番組では、 堀尾アナの妻によるコメントが紹介された。

『彼が困っている人を放っておけないのは出会った時から』

『今回ばかりは、 優しさの度が過ぎてしまったのかも』 と奥様。


密会の模様をビデオでどうぞ!
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=XOY2EbNCaVY

                * *

ジジイには何回も食事を共にしたタイ人女性がいるが、 手さえ握ったことのない女性だっている。

絵にかいたような純粋で清潔な関係である。
但し、 一緒に泊るようなことになれば、 最後まで突き進むだろう。

堀尾正明は99.99%、 嘘をついている。
寝泊まりを一緒にする男女でも友人関係とおっしゃる。

もしそれが100歳代と90代のカップルなら信用するけど.....

「心からの愛人です」 と開き直れない堀尾アナ、 ジジイは同情してるよ。

  *********************


A 71歳にもなって....


2018年9月21日朝 、町田市のサービス付き高齢者向け住宅
「ココファンまちだ鶴川」 の職員が110番通報。

pict-ココファンまちだ鶴川.jpg


住人の関初枝さん(当時69)がベッドの上で倒れており、 病院に搬送されたが死亡。

頭に鈍器のようなもので殴られた痕があり、 室内は荒らされたような形跡があった。

警視庁は殺人事件とみて捜査を始めた。 
この捜査の結末は、 今年6月13日のニュースでどうぞ。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=l6jVtiyIEw0


本来は介護が必要な人が入居する場所。
2人は川崎市麻生区の自宅を売り払って引っ越してきた。

同じ部屋ではなく、 別々に2部屋を利用(隣り合わせ)。
月40万円/人はかかるといわれる高級マンションだ。

関初枝さんは肺気腫を患い、 家事ができなくなった。
関健次の体は健康なので、 介護は利用せず。

通常の老人ホームというより、 マンションに介護やケアのサービスが付いている感じ。


関容疑者は、 窓を解錠して隣の自室にいったん戻った後、 就寝した頃を見計らい、 防犯カメラのない窓側から行き来して初枝さんを殺害した疑い。

夫婦は高校時代からの付き合いで、 東京農業大の同級生。
農大を卒業して2年後、 2人は結婚する。

関容疑者は農薬の輸入販売会社に勤務、 退職後、同級生とゴルフ場関連ビジネスをスタート、 順風満帆の生活。

退職後の事業も成功し、 幸せな老後だったはずなのに....

事件の前日、関容疑者と麻雀をしていた女性(80)が言う。

「ほぼ1時間おきに、 関さんの携帯が鳴りました。
 おそらく奥さんからで、 2人は喧嘩してたんでしょう」


警視庁は、 関容疑者に不倫関係の女性がいるのでは..と疑う。
やはり事件の陰に女あり。

関容疑者には中国人女性の愛人がいた。 (週刊Friday報道)
彼女のために、 町田市内にアパートを借りていたという。

警視庁ではその中国人女性が動機に関わっているとみて、 さらに捜査を進めている。

                * *

学生時代から交際 → 夫婦 → 老人用高級住宅に暮らす、 そんな恵まれた夫婦に起こった事件。

不倫したければ好きにやればいい、 バレないように....
残り少ない人生だ。

邪魔になったからとて、 殺すことはないだろうよ。
もっとほかにやり方があったろうに....

愛人の中国人女性は何歳なんだろうか、 知りたいネ。
 
関容疑者は生真面目な爺さんだったのかも.....


ジジイは思う。

「不倫の恋は、 別れた後でさえ人に知られてはいけない」


裕福な余生を送る爺さんが....

pict-ココファンまちだ鶴川2.jpg 
              ☝ 関健次容疑者。







一転、 ムショ暮らし、  憐れ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:12| Comment(2) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする