2020年02月06日

独居老人の生活1768(倖せはここに)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1768(倖せはここに)


  何も知らぬことは最も幸福である。

                                西洋のことわざ


まずは懐メロヒット曲 「倖せはここに」 をどうぞ!
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=TMnnBI8W9N0

              * *

@ イミグレ90日届け。

読者のコメントから転載。
(ご本人に確認の上、 ジジイが追記した箇所あり)

90日届けでイミグレに着いたのは2020年2月4日午前10時頃。
イミグレの駐車場は満車。 向いのスパ(?)もほぼ満車状態。

運良く出る車があったのでその後に停められました。

受付カウンターで手続きする人の列がイミグレの玄関からはみ出していました。  こんな混雑は初めてです。

列の最後に並びましたが、 30分程しても2〜3歩進んだだけ。
しびれを切らして列を離れてカウンターの様子を見に行きました。

そしたら、以前とは受付方法が変わっている様でした。

ビザキャンセル、 90日届け、 リエントリーはそれぞれの受付に直接必要書類を提示して、 番号札をもらってる様でした。

90日届けはAのカウンター、 ここで番号札をもらいました。 
待つこと40分程で手続終了。

尚、もらった番号札は54、 掲示板の受付中の番号は41。
イミグレを出たのは11時半過ぎでした。

                * *

まとめてみると、

1.イミグレ到着が10時頃。
2.コメントから40分待って番号札を貰ったものと解釈。
3.手続き完了し、 イミグレを出たのが11時半過ぎ。

イミグレ到着 → 手続き完了までの所要時間は約1時間30分。
かなり長い時間を要している。


ジジイの友人が1月30日(木)、 90日届けでイミグレへ行った。
この時は10時50分に受付、 順番札を貰う。

11時には手続き完了、 待ち時間は僅かなもの。
それからたった5日後でこれだけの差が出ている。

その日その日で混み具合が異なるのだろうか。


  *******************


A 正直なタイ人。

一昨日の午後、 バイクに乗りガソリンスタンドに行った。
外堀の通り北側にある ”緑の葉っぱマーク” のGSだ。

給油してもらい、 代金は90バーツ。
ジジイは100バーツ札を男性店員に渡した。

すると 「200バーツありますよ」 と店員さん。

ジジイは知らずに2枚、 出していたのだ。
100バーツを返して貰い、 清々しい気分でGSを後にした。


  *********************


B トランプは単純明快。

側近が大統領に訊いた。
「なぜ国境に長い壁を作るのですか?」

「君、 少しは歴史の論理というものを学んだ方がいい。
 中国の万里の長城を知ってるかい?」

「勿論です、 長い壁を建設しましたね」

「そうだよ、 だから中国にはメキシコ人が居ないんだよ」


  ********************


C 小指の思い出。

和食店 「家族亭」 で友人家族ら8名が集まり夕食を共にした。
友人Aさんは、 タイ人の奥さん(65歳)と娘さんが一緒。

Bさんはタイ人の奥さん(54歳)、 Cさんはタイ人の恋人(30歳)を連れて来た。

食事も進んだ時、 Aさんの奥さんが小指を立ててジジイに訊く。

    pict-220px-Der_Exporteur_Klenkes.jpg

「独居さんはコレを連れて来ないの?」

この奥さんは10数年日本で生活し、 その後チェンマイに移住。
だから小指がオンナを意味することを知っていたのだ。

奥さんにとって、 小指は日本の思い出なのかも。
https://www.youtube.com/watch?v=klafInH5Tbw


後日、 ジジイはからかってAさんにメールで訊いてみた。

「タイ人の奥さんはこの意味、知ってるんでしょうか?」

    pict-DSCN5690.jpg


ご丁寧に回答が届いた。

「妻は知らないと言ってました」

この指の形はテレビドラマでも、
「オレ、 コレしたいよ、 吉原行こうぜ」 なんて絶対やらない。

だから、 奥さんは知らなかったのだろう。


  *********************


D ユーモアは通じたか?

ジジイが20代半ばの頃、 女の子と付き合っていた。
旅の話題になり、 彼女がジジイに訊いた。

「今までに海外旅行は何処に行きました?」

「そうね、 ロンドン、 ハワイ、 ハリウッド、 トルコにも...」

「すごいわネ、 お金かかったでしょ?」

「そりゃそうだよ、 相当 通ったからね」

「え、 通うほど旅したの?」

「キャバレーのロンドン、 ハワイ、 ハリウッド....吉原のトルコ」

「・・・・・・・・」


pict-キャバレー全盛.jpg


  ***********************


E 日本を忘れちゃったの?

武漢肺炎の発生で、 各国ともその対応に追われている。
一般市民も戦々恐々、 マスクをしたりして防御にあたる。

韓国でも感染者が出て、 「中国人お断わり」 のホテルやレストランまで出現。

今や、 韓国人の関心はみんな中国に向いちゃった。
だからか、 あれだけ騒いだ 「日本ボイコット」。

引き続きやってくれてるんだろうか?
韓国人の皆さま....

絶対に日本のマスクや医療品を使っちゃダメですよ!


  *******************


F 結婚の条件。

「結婚して欲しいわ」 と望むタイ人女性。

友人Kさん(70)が語るには、 最近、日本人と結婚(入籍)を希望するタイ人女性が増えているとか。

pict-タイの結婚式.jpg
          ☝ タイの結婚式(イメージ画像)


あれまあ、 下々のタイ人は入籍にはあまり拘らないのに....
結婚式を挙げ、 周囲にお披露目してそれで終わり。

で、あとは一緒に暮らせば、 それで立派な結婚になる。
それが何故...入籍を求めるのか。

答えは ”遺族年金狙い” にある。
「最近はタイ人もこれを知るようになってね」 とKさん。

しかしチョト待てよ。
Kさんの奥さんはタイ人(入籍済み)だから、 その関係の女性は当然 ”遺族年金” があることを知る。

しかし、 日本人と全く関わりのないタイ人だって大勢いる。

実際に 「日本人は独居さんが初めて..」 というタイ人女性もいた。

彼女らは、 ”遺族年金” なんぞ知りようがない。
友人・日野さん(71)の10年来の恋人は、 年金とは何ぞや..すら知らないという。

それでいいのだ。
なまじ知って結婚を条件にすると、 特上の爺さんを取り逃がす。

男やもめなどの金持ちは、 入籍をしたがらない人が多いから。

自分の死後、 日本にある財産をめぐり、 遺族(日本の子供)とタイ人女房とで揉め事を起こしたくないという配慮だ。

だからそういう爺さんは、 タイで子供を作ることさえ拒む。
ジジイの知る爺さんは皆、 タイ人と一緒になる前に言った由。

「結婚しない、 子供は作らない」 と念押ししてパートナーに...
それを了解し、 幸せに暮らすタイ人女性を数人知っている。

自分の死後、 彼女が路頭に迷わないよう生活面の策を講じる...
これを金持ちの優しい爺さんはちゃんとやる。


男女ともに、 条件を多く付ければ付けるほど縁遠くなる。
ジジイの友人に今もっている。

「歳は30前後、 子持ちはダメ、 美人でグラマー、 気立て良く、
 頭脳明晰、 仕事は程々にして俺に尽くしてくれる女が欲しい。
 欲を言えば、 日本語か英語が話せたらいいネ」

こんな爺さんと一緒になる女性はまず出てこないだろう。

タイ人女性も同じで、 爺さんの年齢や結婚に拘(こだわ)っていると、 それこそ大魚を逸することになりかねない。


ジジイはこんな女性に巡り会いたい。

          ☟



今よりも、 明日が幸せになれるなら、 それで十分....

 
チェンマイって ホントいいですね!   





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:27| Comment(6) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

独居老人の生活1717(老エリートの恋)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1717(老エリートの恋)


 人の恋路を邪魔する奴は 馬に蹴られて死んじまえ

                                         都都逸


今日は老いてもなお盛ん、 歳はとっても男はヤルぞ..というお話。
ジジイはこんなのが大好き、 所詮、世の中 男と女。

ヤッてる阿呆なら見る阿呆、 同じ阿呆ならヤラなきゃ損損。  
ということで、 爺さんの奮闘ぶりを見てやってください。


@ エリートの不倫。

古くから 「恋愛成就を祈る社」 として名高い京都・貴船神社。

2019年8月9日の昼下がり、 この ”縁結び” のパワースポットに一組の熟年カップルが現れた。

  pict-和泉洋人は.jpg


男性は家庭持ち、 女性は離婚した独身のシングルマザー。
2人は永遠の愛を誓って祈る、 これで不倫の恋は成就か。

pict-貴船神社.jpg



     腕を組んで歩く熟年カップル。
  pict-安倍首相補佐官.jpg
                 ☝
 爺さんが転ばないよう、 女性が支えているようにも見える。



ところが幸せな2人に嫉妬する御仁がいる。
馬に蹴られて死にたいのであろう。
                 ☟

       文春砲が炸裂!
pict-かき氷をスプーンで「アーン.jpg


そう、 男性は安倍政権で官邸主導を牽引する、 和泉洋人首相補佐官(66)
               ☟
  pict-安倍首相補佐官3.jpg


和泉洋人氏は1953年 神奈川県横浜市生まれ。
栄光学園中学校・高等学校卒業、 1976年東大工学部卒。

同年4月に建設省入省し、 今や2539万円の高給を取る内閣総理大臣補佐官だ。

加計学園の獣医学部新設問題で国会に招致されたあの官僚。

「総理は自分の口からは言えないから、 私が代わりに言う」

こう前川喜平・文部科学省事務次官に発言したとされて問題に。
(尚、 和泉氏は国会でこの発言を否定)

               * *

相手の女性は大坪寛子氏(52)。
厚生労働省大臣官房審議官(兼内閣官房健康・医療戦略室次長)

     年収は1500万円前後か。
  pict-安倍首相補佐官4.jpg
          ☝ 大坪寛子審議官。


2019年8月9日、 2人は京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長に面会するため京都に出張。

    2人を出迎える山中伸弥所長。
pict-DSCN6396和泉補佐官 (1).jpg
山中所長との面談後、 2人はハイヤーを借りて私的な観光を楽しむ → これがバレちゃった。

京都・河原町の老舗甘味処で甘いデート。
             ☟
  大坪寛子の大学・経歴.png
             ☝
 「アーン」 とスプーンを差し出す姿は新婚夫婦。

これが100%の私的旅行ならまだ良かった。
交通費は公費から出ており、「公私混同」 の批判が渦巻く。

                * *

和泉補佐官は仕事終わりにハイヤーで彼女を自宅まで送る。
そして週末にはわざわざ横浜の自宅から迎えに来ることも...

   2019年8月31日、 2人は銀座の蕎麦屋でデート。
pict-大坪寛子と和泉洋人の出会.jpg
         ☝ ワインを飲みながら愛を育む。



大坪審議官が上司の和泉補佐官に敬語を使うことはない。
そう、 2人は男と女の仲だから。

pict-ドベスケすぎる和泉洋人.jpg



2軒目の老舗のバーへ移動中、 そっと手を握り合う2人。
              ☟
  pict-安倍首相補佐官5.jpg

               * *

ここで大坪寛子審議官の経歴を見てみよう。

東京慈恵会医科大学卒業。
東京慈恵会医科大学病院の腫瘍・血液内科に勤務した内科医。

大坪寛子の若いころ.png


2008年9月〜2011年4月:厚生労働省。
2011年4月〜2013年4月:環境省企画課特殊疾病対策室長。

大坪寛子.png

2013年4月〜現在、 厚生労働省 医政局総務課医療安全推進室長。 厚生労働省大臣官房審議官。


慈恵会医科大で働いていた時に結婚、 子供もいるとのこと。
厚生労働省に勤務後、 離婚したそうな。


そんな2人の恋の劇的な切っ掛けは何だったか?
2018年6月、 和泉氏が仕事中に突然倒れた(心肺停止)。

数分間の呼吸停止になったが、 たまたま居合わせた大坪氏が応急措置を施した。

彼女は医師だから当然の措置。
これで和泉氏の命の恩人・大坪氏が → 愛しい女性(ひと)になっていく。

              * *

2人の京都出張の件で問われた和泉氏は次のように説明。

貴船神社には行きました。  彼女はもともと、 午後は休暇を取っているから。

僕は休暇ではなく、出張です。
僕の場合は特別職なので、勤務時間がないのですが....

また、交際については 「ないです」 と否定。
ハイヤー代は 「ポケットマネーで支払った」 と答えた。


一方の大坪氏は、 往復の新幹線代の支払いについて、

「内閣官房で行なっています」 と公費だったことを認めた上で、午前中は公務だが、 午後は半休をとったと説明。

和泉氏との関係については、

「補佐官から 『医学用語が分からないから一緒についてきて通訳してくれないか』 と言われた」 そうな。

交際について問う文春記者に、

「男女って...(和泉氏は)だいぶお爺ちゃんですよね。  
  いくつだと思う?」
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=3QGtwKQuD9k
  (source : 週刊文春)


何をおっしゃる、 66歳なんてまだまだ若い。
70歳でも週に2〜3回のセックスなど当たり前、 こんな爺さんがチェンマイにはウヨウヨおりまするぞ。

エリートと言えども、 ヘソから下は頭脳・学歴・職歴関係なし。

不倫でも何でもイイ、 老いらくの恋は炎と燃え上がる...イイネ!

但し、 ”李下に冠を正さず”、 公私混同はダメ。

歌舞伎町で ”貧困女性問題” を研究した前川喜平さんのように、 堂々と自分のカネでやることだ。


  *********************


A ド助平爺さんの浮気。

文春砲に負けずに ”独居老人砲” が炸裂。

ジジイの友人 日野さん(71)には10年越しの恋人(29)がいる。
でも他にオンナを作ると、 彼女の ”チンコ切り” の仕返しが怖い。

ということで、 2匹のメス猫を自宅で飼って愛で始めた。
しかし何とも猫では飽き足らない。

そこで出かけたのがヤンゴン(ミャンマー)。
そこには 「エンペラー」 という若い女の子でいっぱいの店がある。

で、夜も昼も、 ヤンゴン娘とイチャイチャの日野さん。
71歳でも H は毎晩だというヤンゴンの旅。
              ☟
  pict-1576210394871沢谷.jpg


ところが肝心のバイアグラ持参を忘却。
初日は同行の爺さんから薬を借りてのむ。

2日目からは、 インド製のジェネリック(おそらくカマグラ) をヤンゴンで購入した由。

ボケが多少あっても、 H だけは忘れずにするようだ。


上の写真を日野さんの恋人が見たらどうなることか。
彼女は逆上、 彼のチンコは犬の餌になること必至。

ジジイはいつでも彼女のLineに連絡できるのだが、 武士の情けだ、 黙っておこう。


自分のお金で遊ぶのがチェンマイの爺さんたち。

公私混同どころか公は全くなし、 好きにヤレばいい。

そう....






勃起寿命はもう間もなくだ。


チェンマイって ホントいいですね!  




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:10| Comment(0) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

独居老人の生活1683(友人が体験した最良の夜)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1683(友人の最良の夜)


  情熱を持って、 自分の使命を愛せ。

  感謝の気持ちを持って、 チップを渡せ。

  これほど素晴らしいことはない。

                                ロダン (彫刻家) のパロディ。


@ 想像を絶するコンドー。

どうやったらこういう事が出来るんだろうか?

とあるコンドーにアメリカ人(男性)とタイ人(女性)のカップルが
1ヵ月契約で部屋を借りた。

コンドーのオーナーは、 洗練されたカップルを微笑ましく迎える。

pict-trash Condo room. 3.jpg
      ☝ タイ人と米人の若いカップル。

ところが1ヵ月近くの滞在後、 断りもなく姿を消してしまう。

光熱費など諸費用4,000バーツを払わずに....
部屋に入ったオーナーは、 腰を抜かさんばかりに驚いた。


                 ☟


pict-trash Condo room. 2.jpg



pict-trash Condo room.jpg


コンドーのオーナーは、 facebookでこの惨状を訴えた。
「コンドー所有の方は、 貸す時はご注意を...」

消え2人にスマホでコンタクト → 着信拒否で繋がらない。
オーナー(女性)は警察に届け出た。

しかし 「賃貸契約上に違反があれば、 起訴してください」
警察はこう応じただけ。


部屋をゴミで滅茶苦茶にするのは大概中国人(が通り相場)。
家主は日本人と知れば喜んでで貸したがる、 この気持ち、 分かるなあ。

米人とタイ人カップル、 こんな汚い部屋でセックスしてた?


  **********************

    ここから先は風俗の話になりますので、
    紳士・淑女および18歳未満の方はお読みにならないでください。


A 友人が味わった歓喜の夜。

昨夜(2019年11月4日)6時頃、 友人Eさん(72)からLine。
「これからカラオケへ....可愛い子がいれば良いんのですが」

「6時では早過ぎ、 拙宅で時間を潰し、それから行かれたら?」
と返すと、 Eさんは6時半、 ジジイの部屋に現れた。

「既にクスリをのんできました」 と言って、 缶ビール(小)をちょこっと口にするだけ。


ヤル気マンマンのEさんと部屋を出て、 カラオケ 「ミユキ」 に入ったのが7時20分。  (地図はココ

pict-P_20180624_065547_pミユキ.jpg
             ☝ 昼間の 「ミユキ」。


店内には、 既に日本人らしい爺さんが2人いた。
我々は2階に案内される → 20人ほどの女性がズラリと並ぶ。

Eさんは迷っていたが、 見かけ20代の美女を指名。
連れ出し料は2時間2,100バーツ、 泊りで3,000バーツ。

Eさんは泊りを選択、 座っていた女性たちが立ち上がるとEさんは突然、 「キャンセルする」 と言い出した。

「この友達が指名しないので俺も止めたい」 と理由をつける。

表に出てEさんに訊くと、
「指名した彼女がすごいチビ、 あれではヤル気がしません」

やっと物にした指名がふいになり、 気の毒なのは彼女だが....
勃起に不安があるとなれば致し方ない。

              * *

次に向かったのが 「MIYUKI」 の並びにある 「ナミキ」。
「見て行くだけでもいいよ」 の声に勇んで入る。

pict-P_20180624_065607_pナミキ.jpg


またも20人ほどがズラリ、 パッと即決できるほどの傑出した美女は見当たらず。

迷っていたEさんがようやく1人を指名。
2時間2,100バーツ、 泊りで3,000バーツ。

Eさんは店に3,000Bを支払い、 彼女を連れ出した。
カラオケで唄うことはせず、 すぐに店を後にする。

で、ジジイはというと、 既に飲んでおりムスコは役立たず。
最初から連れ出しは諦め、 Eさんに付き合った。

               * *

店から出たEさんは Foxy Lady に連れてってくれ、と言う。
1度も行ったことがなく、 知っておきたいと....

「Foxy Lady」 はチェンマイにあるGo Go Barの1つ。
  (地図はココ

「ナミキ」 から徒歩10分とかからない距離だが、 カラオケ嬢が一緒だったこともありツクツクに乗る。 60バーツ。

「Foxy Lady」 に到着、 8時頃とあって客は白人の爺さんが1人。
カラオケ嬢を含め3人で、ステージの女の子たちの踊りを見る。

ビールは小瓶で130バーツ。

  ごーごーばーの女.jpg
        ☝ イメージ画像。

連れ出したカラオケ嬢は26歳、 子供なし。
店で着替えてジーンズ姿、 こっちの方が遥かにお似合い。

20分ほど楽しんでいたら、 Eさんが 「Foxy Lady」 の場所を教えて欲しいと言う。 

ジジイが 「地図を今、送ります」 とスマホから発信。
するとEさん、 ポケットの中のスマホを捜すが出てこない。

何処かに置き忘れてきたか落としたのだ。
大慌てのEさんは、 ジジイ宅にあるかもと....

「それじゃあ、もう1度拙宅に戻りましょ」 とジジイ。

そんなところに先ほど乗ったツクツクの運転手が現れた。

Eさんが9千バーツで買ったスマホを持って.....
もうEさんは大喜び、 「Thank you」 の連発。

運転手が帰りかけたので、 慌ててジジイがEさんに言う。
「チップ、 チップ!」

Eさんはカフェバーに行くと、 女の子(店員)たちに500バーツのチップをばら撒くほどに気っ風のいい爺さんだ。

スマホが戻り上機嫌のEさん、 我慢していたビールを注文。
「祝杯です、 今日ほど気持ちの好い日はありません」

この気分高揚なら今宵のカラオケ嬢との一戦、 楽しめよう。

「それにしても親切で正直な運転手だよね。
 わざわざスマホを持って来てくれるなんて....」 とジジイ。

ちょっと気になって....

「ところでチップ....幾らあげたんですか?」

 「100バーツです」







何とまあ.....ケチ!


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:39| Comment(4) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする