2017年11月25日

独居老人の生活1040 (#29チェンマイ百景:昼と夜)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1040
                     (#29チェンマイ百景:昼と夜)


    結婚生活をいくらでもほめたたえてよい。

    しかし自分自身は独身でいたまえ。

                               フィールディング (18世紀イギリスの作家)


チェンマイ・アマリリンカム交差点にあるShopping Mall 「MAYA」 の昼は何となく殺風景。 (地図はココをクリック)

下の写真、 「MAYA」 はいつもこんなもの。

pict-DSCN2637.jpg




昨日(11月24日)の 「MAYA」 にはチョットした飾り物。

pict-P_20171123_131838.jpg
                  ☝ 
    早くもクリスマスムードを盛り上げる。
  これからが年末にかけての商戦だ、 でもなんか味気ない。




いえいえ、 これが夜ともなればロマンチックな雰囲気に.....


                  ☟




pict-P_20171124_183032.jpg
             ☝ 昨夜7時前の光景。




 遠くから見ても輝いてます。
pict-P_20171124_175935.jpg




メイン入り口前の広場には噴水もあって.....

pict-P_20171124_180952.jpg




 写真を撮る人。
pict-P_20171124_181209.jpg





ちょっと中を覗いてみましょうか。

pict-P_20171124_180810.jpg



pict-P_20171124_181401.jpg




 象さんがお出迎え。
pict-P_20171124_181756.jpg




1Fの化粧品売り場、 客は疎(まば)ら。

pict-P_20171124_181855.jpg



まだ11月下旬、 クリスマス商戦はこれから。
皆さまも愛する奥さまや恋人とご一緒に、 是非お出かけを....

そして夜のロマンチックなムードで囁くのです。

「キミ、 いつも綺麗だね、 愛してるよ」


我々日本人爺さんの欠点は、 甘い言葉をかけるのが苦手。
照れくさい、 今さら、 もうオバさんだよ.....


”女心はどんなに悲しみで一杯になっても、
お世辞や恋を受け入れる片隅がどこかに残っているものだ”

                          マリヴォー(18世紀フランスの作家)


そう、 女性は絶えず褒められることを待ち望んでいる。
何でもいいんです、

「その髪型、 素敵だね」、 「そのスカート、 よく似合ってる」


大きな口を開けてあくびをしたら、
「キミのあくび、 とてもチャーミング」


ひょいと彼女が屁をこいたら、
「いいね、 清々しい山の木霊(こだま)のようだよ」


奥さんが出てきたあとに、 すぐにトイレに入る。
臭い、 彼女は大きい方をしてたのだ。

「キミのウンコはシャネル5番のような香り、 イイね!」


このように何でもイイ、 絶えず褒めることが円満の秘訣。
そしてクリスマス、 プレゼントする絶好の機会。

女性が喜ぶものを贈りましょう。
愛情表現は、 カネまたは高価な品物に甘い囁きを添えて.....

偉そうにしてると、 寝たきりのあなたは介護して貰えない。
あなたの常日頃の甘い愛の言葉、 贈り物が功を奏します。


ジジイは5万バーツの金のネックレスを贈りたい。
しかし貰ってくれる相手がいない...これは実に寂しいこと。











気もカネも使わなくって....いいですわ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:28| Comment(0) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

独居老人の生活992 (新しいスマホで邂逅)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活992(新スマホで邂逅)


    別れの痛みは、

    再会の喜びに比べれば何でもない。

                                    ディケンズ (英国の作家)


昨日(10/02)、 新たにスマホを購入した。
従来から使用のスマホ X-PERIAは容量が小さく、 撮った写真の鮮明度が悪い。

友人たちに言われていた。

「スマホくらいもっと良いモノを買ったらそうどう?」

ならばとセントラル・カドスワンケーオに出向いた次第。
と言ってもジジイ1人で買えるわけがない。

メーカー名ですら、 ソニーとサムスンくらいしか知らないのだ。
性能/容量と聞いても、 何がどうだか分からない。

ということで、 ITに詳しい爺さんに同行して貰う。

「1日かけてじっくり見て回りましょう」

凄いことを言う友人。
「ランチまでには買っちゃいますよ」 とジジイ。

              * *

朝10時に待ち合わせ、 すぐ店内に入る。
しかしセントラルはオープンしていたが、 スマホショップで開いているのは2、3店だけ。

のんびりしたものだ。
2店ほど覗いたたあと、 我々もカフェーでのんびり時間潰し。

ジジイは友人に前もって伝える。
「サムスンだけは除いてね」

韓国製品は原則買わないことに決めている。
チェンマイで焼肉なら食べてもいいが......


店内のスマホ店をあちこち見ると、 HUAWEI、 Oppo、 Lenovoなどの中国メーカーに加え、 フランスのメーカーも進出している。 

日本は影が薄い。


結局決めたのが4階の店 「Cash Sale」 のこれ。

pict-DSCN2049.jpg
                 ☝
Zenfone 4 Max、  ASUS(台湾)だがMade in China。

4-A black、   3G RAM 32G、  5.5" HD DISPLAY
価格が7,990バーツ。 三脚のおまけに付き。



同時に購入、 保存のためとか友人が言っていた。
pict-DSCN2046スマホ.jpg
     ☝ Sandisk 32GB : 490バーツ。


合計8,480バーツをクレジットカードで支払う。

帰宅して気付いたが、 これが8,490Bになっていた。
10Bの損、 やはり自分でよく計算しなきゃあねえ。

             * *


午後2時近くなったので友人だけが慌てて店を出る。
そして地下のフードコートへまっしぐら。

2時を過ぎるとビールを売らないからで、 ジジイのためにビールの
確保が目的。  やさしい友を持つとこんな時ありがたい。


無事ビールを買って、 1時50分から新スマホ購入の祝宴。

pict-P_20171002_141030.jpg




pict-P_20171002_141135_1.jpg



酔えば彼女に会いたくなる。
実はこの日の11時半ころ、 セントラル店内で彼女とバッタリ。

ジジイたちはエスカレーターの下り、 彼女は上り。
ちょうどすれ違った時に、 「ハーイ」 と彼女の合図。

ジジイだけすぐ上階に逆戻り、 彼女と数年ぶりの再会となる。


pict-DSC_0008.jpg
          ☝
N嬢はかっての和食店 「のぼる」 に勤務。


「これから仕事、 あそこのマッサージ店よ、
  いらっしゃいよ、 揉んであげるから」

「またね」  と言って別れたばかりなのだ。

久し振りに邂逅した2人、 こんなシチュエーションで爽やかな恋が芽生える。

てなことで仲良くツーショット。


pict-DSC_0011.jpg


               * *


こんな想いを抱いて5階のマッサージ店へ......
行くとN嬢は不在、 でも店が呼んでくれた。

5分後、 着替えて寝て待つジジイの元に現れたN嬢。
にこやかな顔でジジイの身体を解(ほぐ)してくれる。


pict-P_20171002_154506.jpg



    pict-P_20171002_154547.jpg


1時間180バーツ。
N嬢にチップ100バーツを渡す。

写真のモデル代の気持ち。


いやそれ以上に、
マッサージ中にでっぷりした彼女のお尻を2度、











やさしく撫でた、 そのお触(さわ)り代で.....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:28| Comment(8) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

独居老人の生活973 (パタヤ貧困女性調査団余聞)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活973
                      (パタヤ貧困女性調査団余聞)


    人間は一生のうち会うべき人には必ず会える。

    しかも一瞬早すぎず、 一瞬遅すぎない時に。

                                         森 信三(哲学者)

     pict-森 信三.jpg



@ 留守宅の異変。

「パタヤ貧困女性調査団」 の話は5回にわたって掲載したが、
まだまだ話の種は尽きない。


9月8日(金)午後6時前、 ウタパオ空港で搭乗を待つ 「パタヤ貧困女性調査団」 の日野団長(68)に電話がかかってきた。

8年来の恋人(28)E嬢からだ。

「パパは今プーケット空港(嘘)。 チェンマイには夜8時に着くよ。
 水泳とゴルフですごく疲れてるので、 来週月曜日に会おうね」


日野団長はパタヤで個別調査に励むこと2回。
前夜(木)もホテルでGo Go Barの女の子(19)と体当たり調査。

原因は別として、 疲労困憊は事実なのだ。

                * *

予定通りチェンマイ空港に到着、 日野団長はタクシーで自宅へ。
ちょうど夜8時半、 ドア開けて驚いた。

E嬢が部屋の中で彼の帰りを待っていたのだ。

1週間以上もご無沙汰していて、 ここでE嬢を抱かねば疑われる。
覚悟を決めた日野団長、 前夜に続きバイアグラ50mgをのむ。

御年68、 まさに老骨に鞭打って激しい H。
頑張ったものの、 さすがに空砲(発射せず)に終わった由。

そりゃそうだ、 火曜、 木曜、 金曜日と週3回のSex。


pict-DSCN8945エーム.jpg
          ☝ 日野団長(68)と恋人E嬢(28)


68歳にはきつ過ぎる奮闘努力の結末となった。


                 * *


A 奇縁。

パタヤ滞在最終日(8日)、 我々はランチ後にマッサージ店に行く。

その店でたまたまKさん(68)を揉んだのがこちらのPさん(42歳)。

     pict-1505094974894西野さん義妹.jpg


Kさんは、 片言の日本語を話すP嬢と馬が合ったようで.....
加えて彼女はチェンマイ出身、 話は弾む。

チェンマイの ”カサノバ・Kさん” はここぞとばかりに口説く。

「オレの恋人にならないか?、
 余りカネはないけどね、 子供がいても気にならないよ」


すかさずLineや携帯の連絡先を交換。
調査任務を忠実に実行するKさんだ。

P嬢は乗り気なのか、 Kさん宛にこんな写真を送ってくる。
               ☟
    pict-1505136938614.jpg



「彼女は10月、 チェンマイに来るよ。
 オレが飛行機代、 出してあげるって約束したんだ」

こう言ってKさんは嬉しそうに微笑む(典型的スケベ笑い)。

かってタイ人と結婚 → 離婚を経験、 現在1人暮らしのKさんに
とって、 久し振りに巡ってきたロマンスといっていい。


パタヤ貧困女性の調査では、 Kさんは八面六臂の活躍。

ある時はメル友と初のご対面。
2日連続で彼女に会い、 調査且つ友好を深める。


pict-1505225339419河田メル友.jpg
      ☝ 残念ながらプライベート調査には至らず。




またある時は、 Go Go Barの美女を連れ出し、 ホテルの一室で個別調査。
                   ☟
pict-DSCN1816.jpg



そしてパタヤの最終日、 今回のマッサージ嬢を調査した次第。
何とまあ、 パタヤに留まらずチェンマイまで持ち越すとは.....

               * *


つい先日、 チェンマイ定住の友人Nさん(65)から電話が入る。

「パタヤで Kさんが撮った写真、見たんだけど...
  皆さん、 マッサージ店に行ったでしょ?」

  「ええ、 パタヤの最後の日でしたね」

「Kさんがオレの恋人にならないかって口説いた彼女、
  実は...家内(タイ人)の1番下の妹なんですよ」

  「はああ〜、 嘘でしょう、 あり得ないよ」


ところがあり得た。
Kさんは、 友人(Nさん)の義妹を口説いているのだ。

Nさん宅を訪問したことさえあるKさんは、 Nさんの奥さんもよく知っている。


P嬢は、 チェンマイのコンピュータープラザでCDの販売員を務めたこともある。

その後結婚、 シーラチャでカラオケ店を経営。
しかし不景気のため店を他人に貸し、 現在パタヤへ出稼ぎに....


妹(パタヤのP嬢)は、 Kさんが姉の亭主の友人であることを既に
知っている。

知らぬはKさんばかりなり。


笑いながらNさんが言う。

「世間は広いようでホント狭いですね〜、
 これ、 ブログのネタになりますよ、 ワッハハー」

 「Kさんがホントに口説いてもいいんですか?」

「義妹は亭主に浮気されて離婚して.....
 男に苦労してもう懲りてますから、 まず無理ですね」


いやいや男女の仲は分からない。

 ”縁は異なもの味なもの”


いつかKさんは、 3歳年下の友人Nさんを....












 「お兄さん!」      「何だい、 弟カサノバ!」


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:29| Comment(2) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする