2019年08月24日

独居老人の生活1617(タイ人女性の恋の駆け引き)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1617(恋の駆け引き)


 思いどおりにならないけれど、 きっとこの愛に応えてくれる

 と男性に思いこませるすべを心得ている女性は、

 男性について最大の支配権を握っています。

                       エーブナー=エッシェンバッハ (オーストリアの作家)


@ ジジイのこれからの楽しみ。

ジジイは今か今かと待っている。
理想の女性が現れるのを....ではない。

それは韓国の通貨危機だ。
2019年7月4日、 日本が韓国をホワイト国扱いから除外した。

それ以来、 ウォン安が止まらない。
それまでは1ドル=1150ウォン前後だったが、 8月5日、 1220ウォンを突破。

これは2016年3月以来、 3年5ヵ月ぶりの安値である。

pict-DSCN6083.jpg


1ドル=1400ウォン(の安値)を突き抜けたのは過去2回。

1回目は1997年のアジア通貨危機の時で、 韓国はIMF(国際通貨基金)の管理下に置かれた。

これは経済的独立国からの転落を意味する。

2度目は2008年のリーマンショック。
この時は 「日韓通貨スワップ協定」 があり、 日本が韓国を助けたのだ。

しかしスワップ協定は2015年、 韓国の希望で終了している。
日本は、 もう何があっても韓国を助ける必要なし。

対岸の火事、 野次馬よろしく見物してればいい。
心配なのは、 日韓議員連盟などの政治家の画策だ。

「隣国が困っていれば助けるのが当たり前、 友好につながる」

こんな工作員のような政治家がいるから厄介だ。


通貨安につられたか、 韓国総合株価指数(KOSPI)も下落。
2019年5月には2200を超えていたが、 8月には一時1900を下回った。

更に中国経済の失速が韓国に追い打ちをかける。
貿易立国の韓国は、 対中国(香港含む)輸出依存度は34%。

日本ボイコット(不買)運動で、 苦しい経営(赤字状況)の韓国・航空会社は、 ますます業績悪化の泥沼に....

さあ、 3度目の通貨危機がいよいよ現実味を帯びてきた。
 (source : 週刊 SPA!)

https://www.youtube.com/watch?v=01Fs_435QNk

  危機よ来い、 早く来い ♬
  あがき始めた 韓国で
  経済不安が どっと出て 
  国家の破滅を 待っている ♬


  ************************


A タイ人女性の恋の駆け引き。

Mさん(65)は年2回、 チェンマイに来て数週間滞在する。
恋する彼女(30歳前半)は病院勤め、 忙しくて毎日逢えないのが唯一の不満。

先日、彼がシャワーを浴びている時、 デジカメをテーブルの上に
置いていた。

部屋にいた彼女はその間に、 素早くデジカメをチェック。
たくさんある写真の中から1枚に目を止める。

後日Mさん、「僅かな時間でよく見つけたもの」 とジジイに言う。

しかし感心してる場合じゃない。
彼女はカンカン、 「この女性(ひと)、 だれ!」

まる1日 口を利かず、 不機嫌そのものだったという。
何とか宥めたものの、 彼女の不信感が払拭された訳じゃない。

   pict-イタイ親父.jpg
          ☝ イメージ画像。

               * *

昨夜、 Mさんを交えて4人(爺さんばかり)で夕食。
間もなく彼が帰国するので、 その送別会だ。

その時Mさんに、 彼女から幾つもの Lineが入った。
Mさんはその1つを取り出して我々に披露。

 ”貴方が私を愛していないなら、 お金は要りません”

Mさんが嬉しそうに言う。
「彼女は私の愛を確かめたいんですね、 お金だけじゃなくて..」

「愛してるって書いて Line すればいいんですよ」 とジジイ。

日本人男性のほとんどは、 愛情表現が下手糞だ。

でも、 チョト待てよ、 彼女のこの含蓄ある言葉。
”貴方が私を愛していないなら、 お金は要りません”

これって、 裏を返せば、

「もし私を愛してるならば、 バンバンお金、頂戴ね。
  私の欲しい物、 何でも買ってくれるわね」

ということを意味する。

彼は日本に帰ってからも、 彼女に送金するという。

そう、 これぞ男だ、 まさに....







”International ATM" (国際ATM) といえよう。


チェンマイって ホントいいですね!

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:02| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

独居老人の生活1588(女たちの闘い-1)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活(女たちの闘い-1)


  美しさは女性の 「武器」 であり、

  装いは 「知恵」 であり、

  謙虚さは 「エレガント」 である。

                                  ココ・シャネル


@ この有名人は誰でしょう?

写真をご覧なって1発で当てられた方は相当なこの道の通。
2019年に撮影したもの。

     ヒントは闘う女。
  pict-DSCN5890片山さつき (2).jpg



      次のヒントは日本人。
  pict-DSCN5890片山さつき (3).jpg



     若い頃はこんなだった。
  pict-片山さつきさん.jpg
       ☝ 大学生時代。



      昔、 この方と結婚!
  pict-若いころの舛添要一.jpg



   現在のお仕事中のお顔。
pict-片山さつき大臣.jpg



  はい、 もうお分かり、 この先生です。
pict-DSCN5890片山さつき (5).jpg


片山さつき参議院議員(60歳)。 最近整形されたようで...
昔、 舛添要一元都知事と結婚(上掲の写真)。 

現在内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革、男女共同参画)として奮闘中。

加えて老醜とも闘っている、 そう女は顔が命だからね。

では他の政治家の若い頃も見てみましょう。
               ☟            (2分20秒)
https://www.youtube.com/watch?v=FesYk-JUEBA


  *******************


A この女性ならすぐわかる。

      昔の写真です。
 pict-山東昭子.jpg



     45年間を闘い続けて今がある。

              ☟

  pict-山東氏、歴代最多.jpg
           ☝ 化粧が濃すぎ。
            加齢と厚化粧は比例する。


2019年参院選の比例代表で、 歴代最多となる8回目の当選を果たした山東昭子(77、 自民)。

科学技術庁長官や参議院副議長を歴任。
2019年8月予定の臨時国会で、 参議院議長に選出されるとか。


政治家になる前は女優・タレント。
15歳でラジオドラマ 「赤胴鈴之助」 のナレーターを務め、 16歳で東映と専属契約。

TV番組 『クイズタイムショック』 では5週連続で勝ち抜き、 「クイズの女王」 と呼ばれた。

1974年、 田中角栄首相に請われ参院選に全国区から出馬。
約125万票を得て32歳の最年少参院議員として初当選。

長〜い政治家人生、 結婚もせず、 日本のために闘ってきた。
自民党受動喫煙防止議員連盟の会長で、 喫煙者の敵かも。


  *********************


B ジジイはこんな人、 見たことも聞いたこともなかった。

        中央の女性。
 pict-元モー娘・市井紗耶.jpg
            ☝ 彼女が15歳の頃か。



それが20年後には.....

            ☟
   pict-市井紗耶香氏、子育て家族を支援.jpg
           ☝ 市井紗耶香(35)


ちなみに最初の3人の写真は、 左が後藤真希、 右が保田圭。

1998年5月、 14歳で矢口真里らと共に、 モーニング娘。に2期メンバーとして加入。

2000年5月、 16歳でモーニング娘。を卒業(脱退)。
2003年、 芸能界を引退。

2004年5月、 20歳でバンドマンと結婚、 同年8月に出産。
できちゃった婚の典型。 しかし7年後の2011年に離婚。

2012年、 28歳で5年前から知り合いの美容師の男性と再婚。
前の亭主との間に2人、 現亭主で2人、 計4人の子持ち。

35歳で2019年参議院選挙で立憲民主党から立候補(比例区)。
”子育て支援” を訴えて闘いに挑む。


元大阪市長・橋下徹(50)は7人の子持ち(男3、 女4人)だけど、 選挙では ”子育て支援” なんて1度も言わなかった。

市井紗耶香は4人、 ”子育て” では弱かったか...15人いたら。
で、 5万415票を獲得するも敢え無く落選。

  pict-市井紗耶香氏.jpg
        ☝ 涙顔の市井候補。 


ジジイだって全く知らなかったタレントさんだ。
落選しても仕方ないか。

立憲民主党は懲りてくれたろうか。







タレントや女子アナで票は取れんぞ!


チェンマイって ホントいいですね!
 




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

独居老人の生活1587(タイ人は江戸っ子気質)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1587(タイ人は江戸っ子)


 日照りの時のために とっておかずに水を飲む。

                                       タイのことわざ

意味は、後先を考えずに使い切ってしまう。
タイ人の性格を表す言葉だという。

               * *

@ 甘くはなかったChocolate(チョコレート)。

ピン側西岸、 レック橋(鉄橋)近く、 アヌサーン市場の東側ゲートの斜め前に、 チェンマイの古民家があった。

この古民家の広場が2018年7月、 「Chocolate Factory」 としてオープン。 同時に色んなお店も開業した。
                  ☟
pict-DSCN4294.jpg



そして古民家は改築され、 レストランに変貌した。
    (ココをクリック)
pict-DSCN4293チョコレートFactory.jpg



  昨年のロイクラトンでは賑わいを見せた。
pict-P_20181121_194221ロイカトン2018 (22)古民家レストラン.jpg
   ☝ いつもは駐車場、 ここに屋外テーブルを臨時に設置。



しかし経営は1年と持たなかった → 今年6月に撤退。
                 ☟
pict-pict-DSCN5803チョコカンパニー (1).jpg
   ☝ Chocolate Factory のネオンサインも撤去された。



   古民家に戻り、 灯りだけが寂しく点る。
pict-pict-DSCN5803チョコカンパニー (2).jpg


ジジイはこのレストランに行ったことがない。
料金が高すぎて、 非富裕層のジジイには無理。

ジジイよりずっと金持ちの友人が、 車でこの店に行った。
30以上も年少のタイ人奥さんと子供が一緒。

席に座り、 メニューを見てアレレ.....高い!
仕方ないので、 ソフトドリンクだけ注文して店を後にした。

ビジネスというのは、 そう簡単でないようだ。


  *************************


A お金は何に使うの?

友人の独身・Yさん(66歳)がため息をついてジジイに語る。
彼の恋人N嬢(27歳)のことだ。

男女の仲になって既に2年経過、 週に2回ほどの逢瀬は、 Yさんにとって夢のような日々。

 pict-タイ人女性.jpg
      ☝ イメージ画像。

Yさんの記憶によれば、 10ヵ月目に入った頃、 N嬢が頼みごとをしたという。

「学生ローンの返済があるの。 
 1年間払わずにいたから督促状が来て...お願い、助けて!」

「俺が渡すお手当から、 毎月千バーツでも返せばいいのに....」

仕方なくYさんは一緒に銀行に行き、 1万バーツを払ってやる。 
そして、
「来月からお手当を千バーツアップしてあげる、
  今後は、 その分で毎月返済するんだよ」

返済はこれからも10数年続くという。

               * *

間もなくして、 Yさんは彼女が持つ新しいスマホに気付く。

写真を撮れば鮮明、 いろんな機能がついており、 N嬢は器用に
使いこなす。 値段を訊くと数万バーツしたという。

Yさんは、5000バーツで買った自分のスマホをじっと見つめる。
心の中で、 「お手当を出す俺が安いスマホなのにこいつは...」

「毎日使うから、 イイ物でなくては...ネ」 とN嬢は微笑む。

              * *

先日、 Yさんに彼女からLineが届く。
「助けて、 学生ローンの返済期日がきたの」

「毎月返済してたんじゃなかったのか?
  毎月千バーツ、 増額したのはそのためだ」

「1回も返してないわ、 他のローンもあるし....
  今年の返済は8千バーツくらい、 ネ、助けて」

仕方なくYさんは、 待ち合わせの銀行に出向く。

彼女の友人が返済しないでいたら、 裁判所から呼び出しがかかったと聞いたからだ。

N嬢は銀行の中で座って待っていた。

「あれだけ毎月返済しろって言ったのに....」

いつもは甘い Yさんだが、 この時だけはキツい表情だったとか。

「見て、このスマホをローンで買ったの、 毎月1500バーツ、
  こっちの返済であっぷあっぷだったわ....」

勿論、 Y さんは8000バーツを払ってあげた。

              * *

和食店 「サクラ」 でのランチ。
Yさんはビールを飲みながらジジイに言う。

「もう呆れ返って...あの子、あっけらかんですもんね」

「他の爺さんも同じようだよ。 彼らは奥さんに毎月の生活費を渡すんだけど、 半月も経つともうないっていわれるそうだ」

「それにしてもNはひど酷すぎますよ」 とこぼす Yさん。

ジジイもビールをグイと飲む。 そして....







「そんなもんだよ、 タイ人の金銭感覚って」


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:25| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする