2019年10月16日

独居老人の生活1664(タイ人女性には参ります)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1664
                       (タイ人女性には参ります)


 愛をうまく告白しようとか、

自分の気持ちを言葉で訴えようなんて、構える必要はない。

きみの身体全体が愛の告白なのだ。
                                      岡本太郎 (画家)


 そう、 貴方が貢ぐ、 モノ・カネが愛の告白なのだ。
                                         
                                      チェンマイの独居老人


@ プラユット首相が日本へ。

令和元年10月22日(火)、 新天皇の皇位継承に伴う 「即位の礼」 (タイでいう戴冠式)が行われる。

タイからはプラユット首相とナラポーン首相夫人が出席。
10月21日から24日まで、 日本に滞在予定。

pict-プラユット.jpg


日本と国交を結ぶ国は現在195カ国、 「饗宴の儀」 は海外へのお披露目でもある。

ちなみに即位の礼の儀式 には、 「即位礼正殿の儀」、 「祝賀御列の儀」、 「饗宴の儀」の3つがある。

加えて内閣の行事として10月23日、 安倍首相夫妻主催の夕食会が開催される。

これは即位の礼のために来日した各国元首、 首脳らに謝意を表するため。

プラユット夫妻もこれらの儀式に出席なさるだろう。
タイで暮らすジジイにとって、 このニュースは嬉しい限り。


  ***********************


A 今年 → 2020年の乾期は寒いぞ!

タイ気象庁が公式に発表。
2019年10月17日からタイはコールドシーズンに入る由。

pict-Cold Season タイ.jpg

昨年(2018年同シーズン)の最低気温平均は21.9℃。
今季はもっと寒く、 平均20〜21 ℃になると予想されており、 来年の2月まで続く。

上記の数値は全国平均、 チェンマイは当然20℃以下か。
尚、2018年のコールドシーズンは117日 → 今年は122日になるそうな。

南部の幾つかの県では、 この時期に大雨、 特に11月は要注意。
川や森林から急襲する水害に警告を発している。

寒いシーズンといってもタイは熱帯気候、 朝晩は冷え込むが、 日中は温暖な日が続く。

ホットシーズンは例年の如く、 3月〜5月にやって来る。

ちなみにタイで最低気温を記録したのはチェンマイでもチェンライでもない。

1974年1月、 サコンナコンの氷点下1.4℃なんだとか。


ジジイの部屋は北向き、 12月〜2月は寒いんだよね〜。
身体が暑さに慣れきっており、 20℃でも寒く感じる。

南向きの部屋に移るか、 パタヤに2ヵ月ほど滞在したいが経済的に無理。 
セーターを着込んで寒さを凌ごう!


  *******************


B タイ人女性には参ります。

友人Sさん(70歳)にはタイ人の恋人Pちゃん(31)がいる。
以下はSさんのビールのツマミには持って来いの土産話だ。

付き合って1年を過ぎたころ、 日本を旅行することに...
で、出発前、 Sさんは彼女に訊いた。

「日本へ行ったら何処に行きたい?」

彼女の答えはシンプル。

「ショッピング!」

               * *

ある日チェンマイで P ちゃんは、 履いていたスニカーをSさんに見せて言う。

「タイのブランド品は偽物が多いの...
 すぐにこうして靴底が剥がれちゃうのよ」

「今度、日本に行ったら本物を買ってあげるよ」


で、2人で日本へと旅立った。
成田空港に着いた時、 Sさんは彼女のおねだり通り、 小遣いとして5万円を渡す。

P ちゃんの楽しみはやはりショッピング。
Sさんは東京で 「100円ショップ」 に連れて行く。

2人別々に品物を籠に入れ、 2人並んでレジへ....

前にいた彼女は勘定を告げられると、 Sさんの顔を見てサッと前に進み、 レジ袋に品物を詰め始めた。

Sさん、 仕方なくレジ係に言う。
「2人分合計で払います」

何とPちゃんの100円ショップ買い物、 約7千円あったそうな。
ボヤく Sさん、
「何のため小遣いを渡したんだ...嫌んなるよ」


pict-セーラー服おじさんとデート.jpg
               ☝ イメージ画像。

                * *

Pちゃんのショッピング意欲は衰えない。 
別の日には欲しがっていた腕時計を買い、 洋服やバッグも購入。

勿論、 Sさんが渡した小遣い5万円から出費している。
で、タイに帰国の前日、 PちゃんはSさんに言った。

「今日は約束のスニーカーを買ってちょうだいね」

「5万円渡したろ?  それで好きな物、 買ってくれ」

「あなたはスニーカー、 買ってやるって約束したわ。
 5万円は私の小遣い、 プレゼントとはプレゼント、 別物よ」

Sさんは戻ったチェンマイでジジイにこぼす。
「何のために小遣い 渡したんだか、 ホント参りました」

ジジイは言う、 「そんな強欲女とはすぐ分かれた方がいい!」

               * *

懲りもせず、 その後Sさんは Pちゃんとベトナムに旅行した。
同じ様に今度は小遣いを2万円、 ハノイの空港で渡す。

あっという間の5日間、 タイ帰国の日になった。

「今回は日本と違って、 あまり買い物しなかったね」

「だって、 ここは買いたい物が少ないんだもの」

ハノイの両替店で、 残ったベトナム通貨・ドンをバーツに替える。

Sさんもドンを余らせており、 彼女と一緒に両替に....
ドン → バーツ、 P ちゃんの手には4,800Bが戻ってきた。

「このお金はチェンマイで使うわ」

彼女はハノイで、 3千円チョットしか買い物しなかった訳だ。
余りをSさんに返却しようとは、 これっぽっちも思わない。

Sさんはチェンマイで、 ビールをあおってぶちまける。

「小遣いなんて、 2,000バーツもやっとけば良かった」
 

年齢差40近い2人、 どうしても甘くなる Sさん(70歳)。
英語の ”Sugar Daddy"、 Sさんにピッタリの言葉だ。

Sさんには失礼だが、 エロボケ爺としか言いようがない。

               * *

先日、 Sさんは彼女にアドバイスした。

「来年、 ATMキャッシュカードがチップ入りになるんだ。
  早めに銀行行って、 切り替えた方がいいよ」

P ちゃんはあっけらかんと言う。

「あたし、 ATMカードなんて、 持ってないわ」

彼女は銀行に口座を持っていないのだ。
これには驚いたと、 Sさんはジジイに言う。

そりゃそうだ、 カードなんぞ持つ必要は全くない。
P ちゃんは 「パパ〜」 というだけでカネが出る、 甘いATMを持っている。

               * *

pict-おじさんなんて言わないで.jpg
              ☝ イメージ画像。


お次は友人・Mさん(72歳)の奮闘ぶりを....
Mさんは恋人募集中。

カラオケ嬢と H の経験あるが、 チェンマイで恋人を持ったことは
1度もない。

何とか素人女性を口説きたいということで、 レストラン&バーの店員(接客係)に目を付けた。

店員といってもお化粧し、 短いスカート着用(ユニフォーム)で男性客を魅了する。

その内の20代店員とLine交換し、 何とかデートにこぎ着けた。

Mさんは日本にいた若い頃、 スナックや韓国バーのホステスをプレゼント攻撃で落としてきたという強者(つわもの)。

「70過ぎの爺さんに付き合ってくれる、 金しかありません」

こう理解しているMさんは口説くため、 彼女にこう言った。

「君が今、 1番ほしい物は何ですか? プレゼントするよ」

「アイフォーンが欲しいです」 と20代の彼女。

iphoneとはAppleが提供するiOS搭載の端末(スマホ)。

スマホに疎いMさんは即答で、
「そのくらい、 今すぐ買ってあげるよ」

結局、 26,000バーツ(約9万円)の iphone をプレゼント。

「そんなに高いとは思ってもいなかった、
 せいぜい6〜7000バーツくらいだと....」 とMさん。

さぞかし彼女は大喜びであったろう...太っ腹の日本人、 ステキ!


但し今日現在、 Mさんと彼女はまだ清い関係。

ジジイは願っている、 Mさんのこんな言葉がないことを...







「タイ人女性には参りました、 持ち逃げされ....」


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:18| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

独居老人の生活1643(タイ人女性の運転免許奮闘記)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1643
                    (タイ人女性の運転免許奮闘記)


 孤独の中でしか、 自分自身を豊かに深めていくような

 濃密な時間は得られない。

                              齋藤孝 (日本の教育学者、 作家)


今日はタイ人女性の運転免許の取得がテーマ。
彼女らに翻弄される爺さんの悲喜こもごも、 どうぞ!


@ ランパーンで取得した奥さん。

日本人に嫁いだタイ人奥さまは既に50歳を超えていた。
バイク、 車とも運転免許証は1度も持ったことがない。

奥さまの実家・ランパーンに暮らすご亭主(60代)は、 自分で動けない、 又は将来動けなくなった時のことを考えた。

ヨメにも運転免許証が必要 → 取得を勧める。
亭主は気の乗らない奥さんを車に乗せ、 教習所へ連れて行く。

1週間通って6,000バーツの支払い。
そして試験は実技と法令。

筆記テストは合格したが、 問題は実技。
実技テストの日には、 試験官が教習所にやって来る。

奥さんは幅寄せというか車庫入れの設定で当然の如く失敗。
試験官は 「もう1回やってみよう」 と再トライ。

またダメ、 「もう1回やって...」  → また失敗。
結局4度目でやっと成功、 これで合格となった。

試験官には、 何とかして運転免許証をあげたいという気持ちがあったようだ。

しかし免許を取得した奥さまはその後、 実際には運転はしていないという。

従ってご亭主は奥さんのお抱え運転手に....
美容院、 病院、 マッサージ、 買い物など全て亭主が送迎する。

我慢強いご亭主が語る。

「ヨメが運転する車には絶対に乗りたくない。
 どうにもならなくて乗る時は、 決死の覚悟で....」

運動神経の鈍い奥さんを持つと亭主は命懸け。


  ********************


A チェンマイで運転免許証 取得にトライ。

友人のMさん(60代半ば)は長年チェンマイで生活。
独身の彼は、 タイ人女性と5年の交際の末結婚。

30数歳も年若の奥さんはバンコク暮らしだったためか、 バイク・車を自分で運転した経験なし。

しかしチェンマイでは ”足” が必要になってくる。
子供の学校の送迎しかり、 亭主だけでは困る場合が出よう。

で、 30チョットの奥さまは、 チェンマイ(ハンドン)の陸運局で車の運転免許証にトライ。

筆記試験は1発で合格し、 その後の3ヵ月間で実技試験に通ればOK。 
不合格になっても、 3ヵ月間は何度でも再試験を受けられる。

   pict-技能試験.jpg
           ☝ イメージ画像。  

実技テストは、 試験官が奥さんの横に座って行う。
奥さんは車庫入れテストで予想通りに失敗。

「んじゃあ、 もう1回やって...」 とは試験官は言わない。
ビデオを撮っており、 それを見て判定を下すのだ。

              * *

ならばと、 その後奥さんに運転させて路上教練、 Mさんが横に乗って指示を出す。

Mさんは命懸けの実技指導だ、 必死になって 「危ない、 ダメ、 何やってる!」 の連発。

奥さんだって、 亭主に言われっ放しでは頭に血が上る。
「うるさい、 黙ってて!」 で夫婦喧嘩勃発。

このままでは離婚危機に... 亭主による路上教練はあっさり中止となった。

              * *

1回の不合格でも、 そのあと何度でも再試験を受けられる。
しかし奥さまにはプライドがあったのか、

「もう嫌だわ」 と言い、 免許取得を諦めてしまう。
何とまあ、 往生際のいいこと。

それでも運転に未練があるのか、 チェンライに行った時の事。
奥さんは 「ちょっと運転させて...」 とハンドルを握る。

車が余り通らない道路を直線でちょっと走ると T 字路の交差点。
ここを右折するのだが、 亭主に奥様が思いがけないことを言う。

「右に曲がれない」 と停車してギブアップ。
後ろに他の車が見えた、 Mさんは慌てて運転を交代。


これ程までに運動神経の鈍い女をヨメにすると爺さんが苦労する。

「運転手はアナタ、 あたしは朝寝....」

Mさんはそれこそ老骨に鞭打って毎朝夕、 子供の学校送迎に奮闘。
ジジイも知ってる、 学校通りの朝夕のひどい大渋滞。

ジジイはこんな話を聞くとニンマリ。
やっぱし1人暮らしが最高だ!


  ***********************


B 日本で運転免許証 取得にトライ。

平さん一家は昨年9月、 チェンマイを引き揚げて日本に戻った。
この件は本ブログ#1346(2018年11月5日)で掲載済み。

日本に引っ越して約1年、 パートタイムの仕事を見つけたタイ人の奥さまはその間、 タイの国際運転免許証で(運転して)通勤。

しかし国際運転免許証の有効期限は1年。
タイの国際運転免許 → 日本の運転免許証切り換えはできない。

日本の国際運転免許 → タイの免許証切り換えはOKなのに....
互恵がないのは、 日本がタイの免許証を信用していないからか。

仕方がない、 奥さんは日本の運転免許証取得にトライする。
平さん(68)の奥さん(43)は、 Mさんの奥さんと違った。

1回目の実技試験は、 S字走行で脱輪 → 不合格。
ここでタイ人らしく、 「もう嫌だわ」 と取得を諦めた。

プライドが許さないのか、 試験はもう絶対に受けないと拒否。
しかし会社の人に諭されて、 渋々再受験することに....

但し時すでに遅し、 再試験は有料になっていた。
それでもトライしたが....

2回目は左右確認を怠り → 不合格。
3日目、 4回目は徐行を怠り → 不合格。

計4回の実技試験にことごとく不合格。

しかしカネだけは出て行った → 自動車学校の入学金が2万円。
2時間の教習が1回1万円、 3回受けたので3万円。

試験料は1回約2,500円、 4回受験で1万円。
これだけではない。

試験を受けに行くには有料の高速道路を走り、 申請に印紙代2,500円もかかって約1万円が吹っ飛ぶ。

その都度カネが吹っ飛び、 平さんはイライラ。
口を酸っぱくして注意しても下手糞な運転は変わらない。

    pict-1537042211641相楽宅と家族 (2).jpg
        ☝ 奥さんとお嬢ちゃん。

結局、 平さんが運転し、 奥さまを会社まで運ぶことに....
子供ならぬ、 25歳年下女房ために朝夕の送迎が始まった。

送迎代は勿論無料、 奥さんの給料は全て奥さんの財布に入り、 家計の足しには全くならない。

それでも平さんは、老骨に鞭打って毎朝夕の送迎に奮闘。
平さんがボヤきたくなるのも分かる。

運動神経の鈍い女をヨメにすると、いずこの爺さんも苦労する。

ジジイはこんな話を聞くとアハハと笑う。
あぁ、 やっぱし1人暮らしが最高だ!


  ********************


C チェンマイで免許取得にトライしないと....

日野さん(71)は昨年5月頃、 中古自動車を80万円で購入。
チェンマイを引き揚げて日本に帰国する友人から譲り受けた。

で、 日野さんは10年来の恋人(30)にこう言った。

「この車をあげるから、 運転免許証を取りにいきなさい」

日野さんは彼女を運転手にして、 あちこち出かける魂胆。
ところが彼女は、 一向に免許を取りに行かない。

それどころか、 何かあるとすぐに、
「パパ、 xxに行きたいの、 連れてって」

日野さんは彼女の運転手に成り果てた。
ミツグ君だけだったのが、 アッシー君まで加わりボヤくこと。

それでも嬉しそうに彼女のアパートに迎えに行く日野さん。
40も年下の女性の機嫌取り、 ジジイにはとてもできない。


可愛い子供、 美人の奥さん、 メチャ若い恋人の運転手としてサービスに励む爺さんたち。

若いタイ人女性をパートナーにするとこんな苦労が待っている。

一緒になる前に、 運動神経のテストが必要。

やり方は簡単、 100mを一緒に猛ダッシュで走り、 爺さんに勝てば合格だ。


ジジイはつくづく思う。






孤独が一番だ。         (負け惜しみ)


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:56| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

独居老人の生活1628(女性が映えるとき)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1628(女性が映えるとき)


   制服 やり易く  爺 勃ち難し
                                   詠み人知らず


@ ミスユニバース2019タイ代表がいた!

今年6月、 Fahsai嬢(25歳)が代表に選ばれた。
成る程、 ジジイにはどうやっても手が届きそうにない美女。

9月4日のFacebookには、 彼女が一般のバスに乗って帰宅する様子の投稿あり。 乗客が目敏く撮った写真だ。

pict-Miss Universe seen on public bus 2.jpg


Fahsai 嬢はモントリオール生まれ。 父がカナダ人、 母タイ人で、 カルガリー大学卒業後、 タイに移ってモデルをやっている。

英語とタイ語に堪能な美女、 それでも公共のバスに乗っている。
公共のトイレだって利用するかも....

                 * *

それじゃあ、 昨年(2018)のミスユニバースを思い出そう。
                  ☟
pict-2018年ミスユニバースタイTMB銀行.jpg  
          ☝ TMB銀行に勤務する才媛の美女。



      2015年はこんな美女(21)。
  pict-2015のナット・アニパン(21).jpg



     2011年のミスユニバース・タイ代表(20)
  pict-2011年のミス・ユニバース・タイ(20).jpg



     1965年は18歳。
  pict-pict-1965年(18).jpg

              ☝
この人が60代になった時の写真が報じられている。
余りに若く見え過ぎて、 ジジイには信じられない。
               ☟
   pict-1965年のミス・ユニバ.jpg  
     ☝ こんな事ってある?  60代前半のお姿。
       50数年後のミスユニバース1965タイ代表。



こちらはミス・ティファニーズ・ユニバース 2015(タイ)。
                   ☟
pict-ミス・ティファニーズ・ユニバース2015(22)大学生.jpg
        ☝ 22歳の大学生、 歴とした男性です。



    2016年のミス・トランス・ユニバース・タイ。
 pict-2016年の「ミス・トランス・ユニバース・タイ.jpg
             ☝ 勿論、男です。



徴兵を免れた2018年のミス・トランス・ユニバース・タイ。
                  ☟
pict-2018年の「ミス・トランス・ユニバース・タイ」で優勝.jpg


男だって女以上に美しい。
これじゃあ抱いてみたいという気にもなろう。

でも股間を触ってチンコがあったらジジイはもうダメ。
悲鳴をあげて逃げるだろう。

タイって、 大らかで イイネ !


  **********************


A 国は変われどいずこも同じ。

雨が降れば傘を差す。
で、多くなるのが傘の忘れもの。

  pict-P_20190831_183703_vHDR_On_p忘れた傘.jpg

ここはチェンマイ、 スーパー 「リンピン」 の入り口前。
買い物したあと、 雨が上がってると忘れるんだよね。


  **********************


B こんだけの品揃えじゃ物足りない。

この店はチェンマイ・サンティタムにある。
5差路ロータリーの北側近く。  (地図はココ

pict-1567687737571ランジェリー (1).jpg



   まばゆいネ〜
pict-1567687737571ランジェリー (2).jpg



   脱がせてみたい彼女から・・
pict-1567687737571ランジェリー (3).jpg



   ド派手ですな〜
pict-1567687737571ランジェリー (4).jpg



   セーラー服姿は今も憧れ。
pict-1567687737571ランジェリー (5).jpg

皆さまの奥さま・恋人へのプレゼントに如何でしょう。
歳は関係なし、 50代女性でも着てみれば映えるはず。

ちなみにランジェリーの価格は199バーツから。


でももっと品揃え して欲しい、 男は制服に弱いんだ。

ナースの白い制服、  フライトアテンダント、  女子警察官、
女性兵士(軍服)、  腰巻とセットの和服・浴衣もいい。

黒のブルマ、 弓道・剣道・柔道着、 女子バレーのユニホーム、
ワンピースの黒い水着と体操服、 喪服など。


皆さまのパートナーにこんな制服や衣服を着させて....

日頃のマンネリ H を克服、 燃えますぞ。


貴方が脱がせようとする時、 彼女にこう言って貰いましょう。

「アー、 いや、 ダメダメ、 いけません.......ああぁー」







これをタイ語で言われてもなぁ............勃たんわ。



チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:41| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする