2018年12月22日

独居老人の生活1388(嫉妬に狂って...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1388(嫉妬に狂って...)


 嫉妬している男にとっては、 恋人を失ったことより、

 自分をさしおいて他人が良しとされたことが妬けるのだ。

                                  パウル・レー (ドイツの哲学者)


@ 大学生が若者を襲撃。

事件は12月15日、 Jing Jai Market(地図はココ)近くのパブで発生。
20代の大学生5人が、 バンコクからチェンマイに来ていた若者(21歳)に襲い掛かったのだ。

理由はなに?
バンコクの若者は、 そのパブで顔馴染みの女性2人と遭遇。

話し込んでいるのを見た大学生は嫉妬して切れた。
オレの女にちょっかい出したとでも勘違いしたのだろう。

殴られた若者はケガ、 証拠としてビデオが提出されている。
若者5人は相当酒に酔っていたそうな。

                * *

A 別れた亭主が襲撃。

23歳の女性が、 パブで28歳の男性と飲んでいた。
このとき運悪く、 別れた亭主(22歳)とバッタリ。

その時は何事も起こらなかったが....
彼女が女友だちや28歳の男性を乗せて自宅に帰ったとき。

別れた亭主が斧を持って襲い掛かったから堪らない。
止めに入った28歳の男性は、 耳や指数本を切られて重傷。

前亭主は結婚生活の間もしばしば妻を虐待、 特に飲んで酔った時は酷かったという。

襲った前亭主は12月15日に自首、 殺人未遂の罪で起訴された。

pict-オンナ.jpg
    ☝ 別れた亭主に襲われた女性(23)が恐怖を語る。

                * *

この2つの事件は、 ジジイには非常に関心あるニュースだ。
ジジイは時々パブにも食事に行き、 可愛い女性がいれば声を掛けたりもする。

また、 ジジイが付き合った女性には離婚した人もおった。
てことは、 運が悪いとジジイだって襲われかねない。

なので女性と食事してる時、 それとなく訊く。
「前の亭主とはなぜ離婚したの?」

「彼は今、どんな仕事してるの?」

事件にでもなり、 報道されたら堪ったもんじゃない。

”日本人の独居老人、 若い女性と食事中に襲われ重傷。
 犯人は女性の離婚した夫、 嫉妬に狂っての犯行”

見っともなくてチェンマイにはいられなくなる。


でも...よく考えてみれば、 老醜ひどい老いぼれだ。






嫉妬されるレベルじゃないか。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:06| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

独居老人の生活1370(妊娠したら・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1370(妊娠したら・・)


私は女性が愚か者であるということを否定はいたしませんが、

全能の神は男性につりあうように女性を作られたのです。

                            ジョージ・エリオット (19世紀、 英国の女性作家)


パタヤ警察は食料品店でパパイ(20歳)という女性を逮捕した。
パパイはラオス人で、 容疑は11月25日(日)に乳児を捨てたというもの。

pict-Lao woman arrested .jpg


彼女は地元のビアバーで働いていた時、 客で35歳の外国人ビジネスマンと知り合う。

彼女が ”J” と呼ぶその男とは、 2週間に1回逢瀬を楽しむ関係に....
その蜜月は3ヵ月続いたが、 破局が7か月前に訪れた。

彼がパパイを捨て、 本国に帰ってしまったのだ。
その2ヵ月後、 彼女は妊娠していることに気付く。

パパイは誰にも相談しなかった。
何故なら彼女はオーバーステイ(不法滞在)の身だったから。

pict-パタヤのビアバー3.jpg
           ☝ Beer Bar、 イメージ画像。


結局11月22日(木)、 トイレ内で出産。
彼女には育てる余裕もなく、 3日後の25日、 見知らぬ家のゲートの前に赤ん坊を置き去りにした。

その家の所有者が赤ん坊を育ててくれるだろうと期待して....
警察は乳児遺棄、 不法滞在容疑でパパイを告発。

パタヤのポリスはよくぞ逮捕にこぎ着けたもの、 ご立派。
尚、 赤ん坊は現在、 ソーシャルワーカーに世話されている。
 (source : Bankok Post)


ところでその赤ん坊の父親、 ”J” という外国人はどこの人?

35歳のこの男性、 ”J" といえばJapanese。
変なところで日本人が出てきちゃったよ。

HIV感染も怖いし、 妊娠させることもある。
ナマがイイのはわかるが、 コンドームくらいつけてヤレ..と言いたくなる。

赤ん坊を捨てたラオ女性、 今後は避妊をしっかりやるだろう。
この手の女性はチェンマイにも結構いる、 妊娠恐怖症だ。

そしてH の(射精)時はコンドーム使用を求めるようになる。
荻野式を説明し、 安全日は妊娠しないと言っても信用せず。

特に生理が終わった直後なら絶対に安全..と説いてもダメ。
精子が2週間、 膣内で生きている可能性もあるとナマ出し拒否。

馬鹿め、 爺さんの精子にそんな元気があると思うのか!
チェンマイにはこんな女性が結構いると聞く。

タイではコンドーム一点張り、 荻野式の教育はしてないようだ。
性教育、 不届きなり。 (あっ、 日本も同じか)

                  * *

チェンマイに住むジジイの友人Nさん(73歳)は、 数年前バンコクの風俗店で可愛い娘と出会う。

「こんな仕事は嫌だろ?  俺が面倒みるよ」

こう言って娘に足を洗わせ、 彼女の実家に帰らせた。
娘はミャンマー北部の少数民族の出身。

pict-bar girl.jpg
         ☝ イメージ画像(本人ではありません)


それ以降Nさんとの逢瀬は月に1度、 メーサイで3,4日間、 一緒に過ごす関係に....

Nさんは娘に家、 車を買ってやり、 交際は4年ほど続く。
独身なので結婚を望み、 娘も承諾したような雰囲気もあった。

しかし結婚式を挙げるところまでは話が進むのだが、 いつも計画倒れに終わる。
結局、 会う回数が減っていき、 Nさんもようやく諦めた。

連絡が途絶えて8か月ほど過ぎた今年、 娘(25歳)から珍しく電話が入る。

「子供を産んだけどお金がない、 2万バーツ送って....」

彼女は二股をかけていた可能性がある。
子供は勿論Nさんの子ではない。

普通なら 「今更なにを言いやがる」 と無視するのだが.....
Nさんは違った、 1万バーツだけ送金してやったのだ。

ジジイはNさんに言う。
「彼女が、 あなたの子よって言わなかっただけ立派」

「そんなもの、 長い間ヤッてないんだから分かりますよ」

                 * *

Nさんは送金したが見返りは求めない。
「タンブン(布施)ですよ」 と鷹揚なもの。

他人(ひと)が自分のカネをどう使おうが、 それは自由。

別れても暖かい手を差し伸べるNさん。
自分を振り、 他の男で妊娠・出産した女にもカネを送る。

ジジイはNさんを優しい日本人..と思っている。

しかし周りの友人たちは言う。

「いくらなんでも 人が良すぎるよ」


Nさんにはカネがある。

例えばNさんの子が宿ったとしよう。







彼女は幸せになれるかな。


チェンマイって ホントいいですね!


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:32| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

独居老人の生活1347(何を考えているのやら・・)



前回掲載(引き揚げ者たち#5)の中でミス記入がありました。

タイ人奥さんの就職に関し、 時給830円x8時間/日と記入。
これは5時間が正しい勤務時間です(8時間は誤り)。

従って奥さんは830円x5時間/日 = 4,150円/日の収入。

月収(22日出勤として)なら、 4,150x22=約91,300円/月。
             (1万円=2,900Bとして27,000バーツ/月)

年収は91,300円x12か月 = 1,100,000円/年。
        (同為替レートで322,000バーツ/年)

タイ人奥さんは1日に5時間だけ働き、 月収は10万円/月を下回るということです。

                * *

  本ブログは下品で低劣な内容です。 
  紳士・淑女および18歳未満の方はご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1347
                       (何を考えているのやら...)


  女とは驚くべき存在だ。

  なにも考えていないか、

  別の事を考えているか、 そのどちらかだ

                                    デュマ (フランスの小説家)


日本人の爺さんがタイ人女性と付き合っていると、 時たまアレレと感じることがあるそうな。

友人Sさん(70歳)の恋人Pちゃんは30前、 Sさんから見ると子供のように可愛いんだとか。

Sさん曰く、
「Pが俺の顔を見てね、 ニコッと笑って話し出したら要注意。
  100%、 おねだりしてくるんだよ」

ジジイは思った、 彼女は知っている。
その微笑みに負けてすぐカネを出すのは誰か  Sさんです。

                  * *

ある日Sさんは、Pちゃんのおねだりにうんざりして 彼女に言う。

「Pちゃんは顔はイイ、 スタイルもイイ、 頭もイイねぇ。
 でも性格はどうなの?  悪いってこと、ない? 」

「わたしの性格、 とてもイイよ、 顔よりもイイよ」

自分でよくも抜け抜けと言えるものと感心したそうな。

                  * *

SさんがPちゃんに言った。

「今度アンコールワットに連れてってあげるよ」

「今年は日本に行ったし、 プーケットにも行ったでしょ。
  これからは貯金がいいわ、  貯金ね」

「オー、 珍しい、 貯金する気になったか、 月いくらするの?」

Sさんは、 やっと俺の教育が実を結んだかと嬉しくなる。

「いいえ、 あなたが貯金して....... 車、早く買ってほしいの」

Sさん、 あいた口が塞がらなかったそうな。

爺さんもこんなの相手に...楽じゃないわ。

                 * *

SさんがそのPちゃんと食事に行った時のこと。
席に座って彼女の真正面を見たときに気付いたという。

どういうわけか、 まぶたには初めての付けまつげ。
Sさん、 それが不気味な顔に見えて驚いた。

「なんだって付けまつげしたの?」

 「え?  綺麗に見えない?」

「カラオケ店に勤めたらいい」

「そんなことない、 みんなしてるわ」
  pict-Screenshot_20181103-170606.jpg
    ☝ 40バーツの付けまつげとか。

 「今日はハロウイーンだから.....」

だからお化けのような...... Sさんは、
「君は付けまつげをしない方が美しい」 と言ったそうな。

                 * *

Sさんは先日タイレストランで恋人Pちゃんと食事。
彼女はバイクに乗ってやって来た。

ヘルメットを取って席に座る → 注文 → カオニャオ(もち米)。
Pちゃんはそのカオニャオを指で掴み取って食べ始める。
pict-カオニャオ .jpg


これは北タイでは普通、 しかし事前に手を洗うことはしない。
チェンマイで長年暮らすSさんも、 これには衛生面で抵抗がある。

可愛い彼女が不衛生なんて.....
手を洗わないのならフォークで食べればいい。

そう思ったSさんは、 タイ人と暮らす友人Kさん(64)に話した。
するとKさんは、 それはまだマシな方だと言う。

『自宅で妻(タイ人)の親戚らと一緒に食事するのが苦手で...
オバはんたちがカオニャオを指で食うだけならそれでいい。

そのカオニャオを皿から手掴みで俺の皿に盛るんです。
お食べなさいって..... 不潔もいいとこ。

手は洗わない、 自分が食べてるその指でですよ。
これって、 慣れろ言われても無理ですよ』


ジジイはこれとよく似た体験をした。
本ブログで2016年4月に書いたのだが、 再掲させて戴く。

タイ人に招かれて田舎のランチパーティーに参加。
この時ビールが冷えていない。

で、 バケツに氷を入れ、 ビール瓶を突っ込んで冷やす。
                    ☟
pict-プラオー2.jpg


勿論ビール瓶を綺麗に拭いたりしない。
埃かぶった瓶をそのまま突っ込み、 グラスには冷却用の氷を入れてビールを飲む。

各人が手で氷を掴み、 グラスに入れている。
タイ人のオッサンがジジイのグラスにも氷を入れてくれた。

pict-プラオー.jpg


オッサンの手も、 ビール瓶も汚い。  
更にタイ人は洗ってもない白菜を根元から千切って食べる。

ジジイが清潔すぎるのか、 全てが受け入れがたい。
この件を話したら、 SさんもKさんもジジイと同感...安心した。

こんなタイ人の衛生観念にはとても付いていけないというのが皆の本音。
それでもSさんとKさんは、 恋人や奥さんの陰部になると話は別。

Hの時はたっぷりクンニしてるというから矛盾もいいとこ。
2人の衛生観念もいい加減なもんだ。

                  ☟

pict-クンニ.jpg
               ☝ イメージ画像です。

                 * *


PちゃんがSさんのアパートに来た。
短パン姿の彼女、 今日は H する夜だ。
    pict-P_20180927_213529.jpg
             ☝ イメージ画像。


暗くした部屋の中でPちゃんは、 いつもの通り服を脱ぎ始めた。
短パンを下ろす時になって、 Sさんが彼女に囁く。

 「今日はどんな下着かな?」

と言いいながら、 Sさんが短パンを下げた。

「洗濯して....乾いてなかったから......」

Pちゃんはノーパンだった。

こんなんでバイクにまたがり、 Sさん宅までやって来る。

ジッパーが股に食い込まないのかねぇ。
てなこと考えながら、 Sさんは彼女の股をペロペロしたという。


尚、Sさんにお2人の写真(掲載)をお願いしたが、 「ダメ!」
強い拒否反応でジジイは断念。

タイ人女性と一緒にいると色んなことがあるんだなあと、 Sさんの話を聞いて呆れ返った次第。

タイ人のオンナって...







 何を考えているのやら.....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:36| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする