2020年12月04日

独居老人の生活2082(老人の恋は本物)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2082(老人の恋は本物)


  お医者様でも草津の湯でも

  惚れた病は治りゃせぬ



@ リタイアメントビザ延長に住居の地図は必要か?

チェンマイイミグレでリタイアメントビザ延長を申請する際、 居住するアパート(又は家屋)の写真と地図の提出を要求された。

加えて住居(又は部屋)の前に立つ申請者本人の写真も必要...
こんな情報が流れ、 準備して申請された方がおられるかも。

じゃあ本当に地図や写真が必要か?
まずジジイは、 今年8月にリタイアメントビザ(1年)の延長手続きをしたが全く要求されず。

同じ頃に延長した友人2名も同じ。
その後12月2日までに、 友人4人がリタイアメントビザを延長したが、 4人とも地図や住居写真を提出せず。

ジジイが知るだけでも7人は地図など不要で、 必要だった」 と言う人は聞いたことがない。

ならばもう要らないのでは..と このように考えるのだが....

尚、配偶者ビザの人は、 係官の家庭訪問があるので、 住居の地図や家の写真が必要になるようだ。

  <参考までに>
11月26日に延長した友人は、 Re-entry permit の申請を含め、 イミグレでの所要時間は1時間(で終了)。

12月2日(水)に延長した人は、 朝8時20分頃イミグレ到着で受付け8番目。
9時20分には終了したという(所要時間1時間)。

まだイミグレは空いている、 イイネ!


                * *


A 働き口がなくお金がないという女性(30歳)。

チェンマイに住むあるタイ人女性は失業中で、 バイト先の飲食店も閑古鳥で出勤不要という状態。

一昨日(12月2日)、 Lineでジジイに窮状を訴えてきた。

「仕事がない、 お金もありません。
 家の掃除や洗濯をします、 誰かいませんか?」

友人を思い浮かべたが、 間に合ってる人たちばかり。
ジジイは今 東京に滞在しており、 部屋の掃除は無用。

「誰も見当たらない」 と返信したら、 「そうですか」 とがっかりした感じ。

困窮で自殺の心配もあり、 ジジイが送金してあげてもいいのだが....

しかし2人で食事さえしたことがない女性にカネを送る気にはなれない。

「恋人から貰えないの?」 と訊いたら、
「いません」 と... (本当かな?)

観光の街チェンマイ、 その根幹をなす外国人観光客が来ないとあって、 彼女のような失業者がごまんと発生しているようだ。

ちなみに(前にも書いたが)チェンマイ市の人口は約13万人。
2019年は、 340万人の観光客がチェンマイにやって来た。

チェンマイで働くタイ人がやり繰りに追われるのは必然的。


               * *

B みのもんた、 老いらくの恋の行方は...?

前にとり上げたタレント・みのもんた(76)は現在、 パーキンソン病と ”共演中”。

   pict-P_20201204_102310_vHDR_On.jpg
     ☝ 痩せて小さくなった感じのみのもんたの。



その みのを支えるのが40歳年下の恋人(元銀座のホステス)で介護資格を持つ女性だ。

  pict-みのもんたの彼女.jpg
     ☝ 週刊Fridayがスクープ。


2020年11月、 東京・港区内に1億5000万円のマンションを彼女に贈与、 みの自身は鎌倉の豪邸で暮らす日々。

彼女が鎌倉に通ったり、 2人でデートしたりのルンルン老いらくの恋を満喫するみのもんた。

                     ’19年4月
pict-P_20201204_102350_vHDR_On.jpg
   ☝ 食事を終え、 彼女のマンションへ移動。



pict-P_20201204_102412_vHDR_On.jpg
           ☝
 みのの行きつけの蕎麦屋が入る商業ビルから出てきた2人。
 変装もせず堂々と...



pict-P_20201204_102430_vHDR_On.jpg
           ☝
スーパーで買い物する2人。
このあと料理上手の彼女の手料理を満喫したのだろう。



pict-P_20201204_102454_vHDR_On.jpg
            ☝
またも買い物する2人をキャッチ。
コロナのため外食を控えて自宅でのディナーを楽しんだようだ。


仲睦まじい2人だが結婚はしないそうで、 みのさんはこう言っている。

「歳があまりに離れすぎているからね。 僕はあと3年で80歳だから、 いいお付き合いをしていければな、と思ってますよ。  彼女の人生を応援したいですね」
   (source : 週刊 Friday)

みのもんたの彼女への恋は本物、 みのさんなら多額のお金で支援できる。

余生はあと僅か、 思う存分、 ”老いらくの恋” を満喫してくださいな。  (まだ H してるのかな?)






ああ〜  羨ましい!    (俺にもカネがあったらなあ....)



チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:19| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

独居老人の生活2030(美人は3日で飽きる、 ブスは3日で慣れる)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2030
             (美人は3日で飽きる、 ブスは3日で慣れる)


 美人でツンとした顔より、

 ブスでもニコニコした顔のほうがよほど魅力的。

                                 美輪明宏 (歌手)


@ チェンマイ版 保険金詐欺。

日本では時折ニュースになるのが妻の夫殺害事件。
狙いは保険金をだまし取ること。

最近では筧千佐子の近畿3府県で起きた青酸化合物による連続殺人事件が話題に....

pict-筧千佐子.jpg


京都地裁は2017年11月7日、 高齢男性4人に対する殺人などで、 筧被告(現在73)に対し求刑通り死刑を言い渡した。

かっては銀行のOLだった彼女は典型的な後妻業、 殺した夫たちの遺産や保険金などで8億円以上をゲット。

10数ヶ所の結婚相談所に登録し、 婚活していたという。


pict-筧千佐子の仕事は後妻業.jpg
               ☝ 2017年当時。

                * *


こちらはチェンマイ、 殺し方が荒っぽい。
元夫を殺害するために殺し屋を雇ったとして、 10月10日、 チェンマイの女が逮捕された。

pict-murders in suspected insurance scam.jpg


10月5日、 58歳の元夫が顔と首を斬られ、 殺害された。
捜査の結果、殺し屋の男(48歳)と、 被害者の元妻であるBualoi(63歳)を逮捕。

殺し屋は殺人を認めた。
元妻が数十万バーツ相当の生命保険を狙って依頼したという。

しかし元妻Bualoiは殺人の依頼を否定し、 元夫を傷めつけたかっただけと言う。
殺し屋に殺しの報酬として提示した40,000バーツは冗談に過ぎないと主張。

元妻は以前、 自分を保険の受取人にした後、 別の数人の死亡により保険金を受領していた由。

それら6人の犠牲者は毒殺された可能性があり、 警察は余罪を追及している。  (source : The Nation)


いやはや殺し屋は、 たった4万バーツ(約14万円)で殺しを請け負ってくれるのだ。

頼む方も数10万バーツの保険金を狙って..人間の命が軽すぎる。

ジジイは殺されたくない...タイ人から恨まれないようにしたい。
特に女性にネ!


  ********************



A バスと列車衝突、20人死亡(タイ) 

タイ東部チャチュンサオ県で10月11日朝、 バスが貨物列車と衝突。
寺院参拝途中の事故で、 バスの乗客ら20人が死亡、30人以上が負傷した。

現場に踏み切りはなく、 バスが線路を横切ろうとして衝突。

pict-20 killed as train rams into bus.jpg



pict-20 killed as train rams into bus 2.jpg



被害者は隣のサムットプラカンの住民で、 参拝のためチャチュンサオの寺院に向かっていた。

pict-20 killed as train rams into bus 3.jpg


では衝突の模様をビデオでどうぞ!
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=HThomF_F7hw


せっかくのお寺参り、 仏の御利益はなかったようだ。
   (source : The Nation)


  **********************



B ミスユニバース・タイ2020が決定。

ミス・ユニバース・タイランドの本大会は、 2020年10月10日、 バンコクのアイコンサイアムで開催された。

350万バーツ相当のMouawadダイヤモンドの王冠を獲得したのは、 Chalisa'Amanda, dam嬢(27歳)。

pict-Miss Universe Thailand.jpg



プーケット生まれのアマンダ嬢はタイとカナダのハーフ。
29人の候補者を破っての栄冠だ。

pict-Miss Universe Thailand2.jpg



  pict-Miss Universe Thailand3.jpg


アマンダ嬢はカナダのトロント大学で学び、 経営学の学士号を持つ才媛の美女。

審査員の質問には、 彼女の美貌にも負けない頭脳で流暢に答え、 審査員に感銘を与えたという。

尚、次点(第2位)はチェンマイ県出身の Praveenar Singh嬢(インド系タイ人)。

チェンマイ女性に勝って欲しかったけど....残念!

pict-Miss Universe Thailand4.jpg



pict-Miss Universe Thailand5.jpg


実にお綺麗なアマンダ嬢、 恋人がいるんだろうか?
彼女と皆さまの奥さま/恋人とを決して比較なさらぬよう。

次元が違うと思うしかないですわ。
何とまあ、 素晴らしいプロポーション!

pict-Miss Universe Thailand6.jpg



   脚が長いね〜、 八頭身美人ってこのことか。
pict-Miss Universe Thailand8.jpg



pict-Miss Universe Thailand7.jpg
     (source : The Nation)


負け惜しみでも何でもなく、 彼女はジジイの好みのタイプの女性ではない。

もっと地味で田舎っぽい女性でいいですわ。

次に登場するチェンマイの女性(キャディさん)は可愛い感じ。


  **********************



C キャディさんは暇で泣いている。

コロナの影響はゴルフ場にも及んでいる。
いつ行っても空いており、 気楽にプレイが楽しめるという。

しかしキャディさんにとっては、 客が来なくては飯の食い上げ。

友人の日野さん(72)が笑って言う。
「馴染みのキャディが毎日Lineを寄こす、 パパ、来てって」

ゴルフが下手な日野さん、 空いてる今がベスト、 1人で行く由。

「気の合うキャディと2人だけで回るのって、 楽しいよ。
 疲れていい加減に打ってると彼女、発破をかけるんです」

前に1度、 そのキャディが都合で休み、 彼女の娘が付いたことがあると言う。

「でもダメ、 若いだけで....
 俺が打ったって球を見ないで、 スマホばっか見てんだ」

とまあ、 40代でも母親のキャディが日野さんのお気に入り。

「40代って言ったって、 俺より30近くも年下、 色っぽいよネ」

ジジイは彼に訊いた。
「もう口説いちゃったんでしょ?」

「いやぁ、 俺にはMちゃんというカノ女がいるからね」

何とまあ珍しい、 ド助平の日野さんが口説かないなんて...
Mちゃんのために操を立ててるんかい?

では、 日野さんとキャディさんのツーショット。
 

             ☟



             ☟




    どんどん指名してあげてくださいませ。
pict-1601897291863澤谷.jpg


日野さん、 やさしいネ〜


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:32| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

独居老人の生活1899(魔物)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1899(魔物)


 お金は不思議なものだ。

 持っていない人は持つことを熱望し、また

 持っている人はそのせいで多くのトラブルに見舞われる

                       アイルトン・セナ (ブラジル人のレーシング・ドライバー)


@ 職場での 「ホモネタ」 が法律で禁止に...

これは先日施行された 『パワハラ防止法』 によるもので、大企業は6月1日より、 中小企業は2022年4月から義務付けられる。

そもそも今回施行された 「パワハラ防止法」 とは何か?

パワハラにあたる定義は3つだ。

 ・優越的な関係を背景とした言動

 ・業務上必要かつ相当な範囲を超えたもの

  ・労働者の就業環境が害されるもの


定義のもと、具体的な行動は6種類ある。

 1. 身体的な攻撃
 2. 精神的な攻撃

 3. 人間関係からの切り離し
 4. 過大な要求

 5. 過小な要求
 6. 個の侵害

「ホモネタ」など、 性的指向や性自認に関するハラスメント 「SOGIハラ」と、 本人の性的指向や性自認を本人の同意なく第三者に暴露する 「アウティング」 も含まれることになった。

pict-DSCN6979.jpg


たとえば、「6. 個の侵害」 でいうと、セクシュアリティなど個人情報をバラす 「アウティング」はもちろん、 「2. 精神的な攻撃」という意味では、 職場や飲み会でのホモネタなどもNG。

職場に関する法律の中で、はじめてLGBTも配慮されている点が画期的だ。

罰則はないものの、意識はかえるには効果大
よくある”職場のホモネタ” というと、例えば以下。

 「お前ホモみたいだな」
 「オカマっぽくて気持ち悪い」
 「ねぇねぇ、〇〇さんゲイなんだって」
 「〇〇さん結婚しないの?  もしやゲイ…笑」

これまでは道徳的にダメだといわれていたものが、今回の法律により明確に規制される。

もし違反した場合は罰則はないが、企業側がその改善を怠った場合、労働局から指導をうける可能性がある。

「どうせ罰則ないなら変わらないじゃないか…」
そういう声も聞こえてきそうだが....

思い返せば1999年、 2007年に施行された 「職場内のセクハラ防止」 により、 世間の認識が広まった。

罰則はないものの、 人々の意識を変える効果はおおいに期待できる。  (source : GENXY)

ジジイがよく使ったのが、
「あいつはオカマの腐ったような野郎だ!」

これはダメってこと。

  **********************


A チェンマイで女に騙されたファラン(白人)。

身体に障がいがあるオーストリア人男性(49)が、 タイ人の
”恋人” (49)に騙された。

結局、 1000万バーツ(約3500万円)を持って行かれたという、 チェンマイではよくある話。

pict-Disabled Austrian swindled out.jpg
          ☝ 女に騙されたオーストリア人。


脊髄損傷で動きまわるには限界がある男性だったが、 休暇を利用してタイを旅行、 2年前、チェンマイにやって来た。

で、ここで出会ったのがアミーというタイ人女性で、 タクシーの運転手をやっていた。

2人はたちまち意気投合、 アミーは彼の世話をするまでに発展。
ハネムーンのようにあちこち2人は旅をする。

その後、 男性は一旦オーストリアに戻る。
逢えない間はLineで連絡、 甘い会話で彼の情熱は燃え上がる。

芽生えた恋は実り、 男性は結婚を考える。
アミーが居るチェンマイに戻った男性は移住を決心。

この地で暮らし、 彼女を幸せにしてあげようと....
そのためには金銭的援助が必要。

まず彼女のために450万バーツの家を購入。
一緒に暮らし始め、 アミーは脊髄損傷の彼の面倒を看た。

次いで車を2台購入。
290万バーツのベンツと110万バーツのホンダ HR-V。

加えて彼女の夢であったシルバーショップの開店資金を渡す。

2人が結婚することを決めると、 アミーの兄が現れた。
男性は2人のために、 しばしば高級レストランで奢らされる。

勘定が5000〜6000バーツ掛かったときが多かった。
しかし男は兄ではなく、 アミーの前の亭主だったことが後に判明。

突然、 アミーと ”兄” は車と共に男性の前から消え去った。

分かったことは、 450万バーツで買ったという家は、 支払いが頭金の25万バーツのみ。 残りの425万バーツは彼女が持ち逃げ。

開店したはずのシルバーショップは存在せず。
男性は彼の人生の伴侶になるはずだったアミーの行方を追う。

なんと彼女は5度も名前を変えていた。
男性は、 自分が詐欺に引っ掛かっていたことを自覚。

男性は現在、 フアヒンの老人ホームに滞在している。
彼は高額な手術のためにお金が必要、 しかしもう大金は無い。

チェンマイの警察と弁護士に相談したが、 代理人として活動するにはお金が必要だと言う。

彼はお金が幾分かでも戻ったらハッピー、 そして片が付けば告発する積りはないと言っている。  (source : Sanook)

               * *

女に渡したカネが戻って来ることはまず無いだろう。

車を買うにしても、 最初は20〜30万バーツの中古で十分。
それだって自分の名義で購入できる。

家の購入も、 頭金の支払い(残りはローン)だけで出来るなら、 ローンにしておくべきだった。

購入代金の全額を支払っていても、 女が爺さんが留守の間に売り飛ばしていた..という事例もある。

なので男は頭金を出してやるにせよ、 ローン返済がベスト。
ま、爺さんと一緒になる女性には、 銀行ローンができないという人が多いけど...

そんな場合には、 爺さん名義で買えるコンドー購入がベター。
家を買うなら、 家屋だけは爺さん名義にしておくことも一考。

ジジイに言わせれば、 そもそも知り合ってすぐ、 女のために家や新車を買うなんぞ非常識、 せめて2〜3年付き合ってからで...

男性も迂闊だったが、 やはり騙した女は悪質極まりない。
こんな詐欺女、 何とか逮捕して欲しいが...難しいのかなあ。

               * *

ジジイの友人は、 知り合って2度ほど H して同居を考えた。
たった3週間の付き合いでだ。

そして女に10万バーツ(35万円)を渡し、 「これで支度しておいてくれ」 と言い残して日本に戻った。

爺さんは日本で移住準備をし、 1ヶ月後、 再びその女の居るチェンマイへ...

恋は幻、 女は10万バーツを持って逃げていた。
結局、 爺さんが女に使ったカネはあれこれで15万バーツ。

爺さんは、 その程度の被害でラッキーだったのだ。


とにかくオンナは魔物、 全てが魔物と思ったほうがいい。

ジジイなんぞ....






分かっていても 魔物が好きで...


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:19| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする