2018年02月23日

独居老人の生活1121(容貌か人柄か?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1121(容貌か人柄か?)


   美味しくて体に悪いものを食べて病気になるか、

   まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。

   食べ物も女性も同じ。
                              美輪明宏名言のパロディ


@ こちらの紳士はどなた?

普通の大衆レストランで定食を食ってるサラリーマン。
この人が誰だか分かりますか?   有名人ですよ。

                             週刊新潮より。
pict-DSCN3427黒田さん.jpg
ヒント:
1.東京都庁の役人で、 現在建設局の担当課長を務める。
2.趣味はカメラ。
3.奥さんが超有名人。

ハイ、 答です。



もうお分かりですね。  黒田慶樹さん(52歳)。
奥さんが今上天皇の長女・清子さん(48歳)です。

                   ☟


pict-黒田清子さん3.jpg



天皇の孫・眞子さまは、 婚約発表したまでは ”めでたし” だったがその後難航、 この先どうなることやら。

黒田さんは無事結婚、 夫婦生活を満喫しておられるようで...

そもそも黒田さんは秋篠宮殿下の学友、 なので今でも秋篠宮家と黒田夫妻は仲がいいそうだ。


pict-黒田清子さん.jpg



それが何故、1人であんな大衆食堂に行って食べてんの?
最近では、 自宅でコンビニ弁当という夕飯も多いとか。

ジジイが惣菜買ってきて、 部屋で食うのと同じ.....寂しい!

                 * *

清子奥さまが最近多忙、 昨秋以降、家を空ける日が増えている。

それというのも昭和天皇の四女・池田厚子さんから、 伊勢神宮の祭主を引き継がれたから。


pict-黒田清子さん2.jpg


2017年10月20日、 皇居での皇后さま83歳の ”お祝い御膳”。
ご夫婦で参加予定だったが、 黒田さんは欠席なさった。


こんなところから、 あらぬゴシップが出て......
子供もいないし夫婦仲はどうなの?   別居してるの? 

黒田慶樹さんは普通のお役人だが、 世間の噂の的となる。
エライ女房を持つと、 ”男はつらいよ” ってことか。

お暇でしたらどうぞ!   ご夫婦を取り上げてます。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=1g8Hjyo33eM

                * *


A 未だ終わらず。

今もってランドセルが放置されたままの教室。

                 ☟

                            撮影は篠山紀信。
pict-DSCN3429福島学校.jpg

                   ☝
         ここは福島県双葉南小学校の教室。 


東北大震災は終わってはいない。
約7,000人の町民が依然として避難中なんだとか。

                   以上、 「週刊文春」 から引用。

                  * *


B 天は二物を与えず。

チェンマイのジジイ宅に通う掃除婦がこの1月から、 別の女性に
変わっている。

暫く来ていた前の掃除婦は、 他所で定職が見つかり退職。
で、その姉(30歳前半)が 妹の仕事を引き継いだ。

姉は以前から友人宅の掃除をやっており、 その伝手で拙宅にも
来るようになった次第。

友人宅では、 掃除に加え洗濯・炊事をやるという勤務条件。
週に2回、 500バーツ/回の支払い。

ジジイ宅は週1回の掃除(45分程)、 250バーツ/回の支払い。

てことは、 彼女は友人+ジジイの合計で、 1,250B/週の稼ぎ。
1ヵ月で、1250x4= 5,000B、 アルバイトとしてはまあまあか。

                 * *

妹の掃除婦はもの凄いブスだった。
ではその姉はというと、 妹よりはマシだが女としての魅力は乏しい。

しかし掃除の仕事は完璧、 文句の付けようがない。
5,6年も溜まりに溜まっていたこんな所まで綺麗になっていた。

    pict-P_20180203_072029.jpg
             ☝ 
 台所、矢印の箇所、 2〜3mm厚ほどの埃が溜まっていた。


数日経ってジジイが気付き、 すぐお礼のLineを送信。
するとこんな返信.....日本語で 「どういたしまして」。



姉の掃除婦は、 読み・書き・話すの日本語ができるのだ。
堪能とまではいかないが、 意思は十分に通じる。

人柄も真面目、 で、友人共々部屋の鍵を預けている。
ジジイが留守の時に掃除して貰えるので甚だ便利。


結婚願望のある爺さんには、 彼女のような人をお薦めしたい。
申し分のない奥さんになるであろう。


但し、 天は二物を与えず、 器量の方がイマイチ。

スラリとした容姿、 パッと見た感じ この人に似ている。


         ☟





ポパイ2.png



ではご本人を見て戴きましょう。

pict-P_20180221_124212.jpg




  正面から見れば、
pict-P_20180221_124220.jpg




まさに掃除婦は、 ポパイの恋人オリーブだ。
ジジイでは、 たとえホウレン草を食ったとてヤル気は起きず。

                  ☟

pict-ポパイ3.jpg



なかなか見つかんないものです。











バイアグラ......のみたくなるような掃除婦。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:44| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

独居老人の生活1108(わたしを札幌、連れてって!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1108
                      (わたしを札幌、連れてって!)


    悲しめる心よ、
    落ち着いて悔ゆるのをやめよ。

    雪の後ろには太陽が照っている

                        ヘンリー・ワズワース・ロングフェロー (アメリカの詩人)


札幌では今、 雪まつりが開催されている。
2月6日から12日(月・祝) まで、 開場は24時間というから深夜でも見物できる。

夜はライトアップされ、 さぞかし美しい造形物が見られるだろう。
ジジイは1度も見たことがない。


pict-札幌雪祭り2.jpg


そもそも寒い冬の札幌に、 何を好んで行かなきゃならないのか。
寒さの中でブルブル震えての祭りなど、 端(はな)から御免だ。


しかし近年では日本国内のみならず、海外からも多くの観光客が訪れる程の人気。
2017年の来場者数は期間中約260万人を超えたという。

世の中には物珍しさを求める人が多いということか。

寒さと雪を求め、 タイ人は遥々北海道を旅するから面白い。

                * *

ジジイのチェンマイの友人Xさん(日本人、72歳)は、 札幌雪祭り
を見るために、 わざわざ北海道まで足を運ぶ。

理由は20年来のタイ人の恋人にせがまれて.....

 「わたしを札幌  連れてって!」

ジジイなら、 こんな恐ろしい要求は突っぱねる。
だが、 Xさんはからっきしオンナに弱い。

「よっしゃ!」 とばかりに1月末、 チェンマイを飛び立った。

おそらく今頃肺炎で入院しているか、 凍死してるだろう。

ちなみに札幌で泊まるホテル代は3万円/泊。
雪祭り開催時は特別料金、 高いんだとか。


               * *


その点で、 同じく友人Yさん(73歳)は利口である。
42歳年下のタイ人奥さん(31歳)にせがまれた。

 「札幌雪祭り、 見たいわ!」

暖かいチェンマイでゴルフ三昧が天国のYさんだ。
極寒の北海道など行きたくもない、 で、こう言った。

「俺は留守番、 キミとお母さんで行ってらっしゃい」

この言葉にタイ人母娘は、 北海道4日の旅へと心が弾む。
弾んだのは母娘の心だけじゃない。

カネが弾(はじ)き飛ぶ。
ツアー費用が何と7万バーツ/人、 2人で14万B(約50万円)が吹っ飛んだ。

タイから日本への団体ツアー(4泊程度)、 普通なら3〜4万B/人とか。 (航空賃、 ホテル代など)

それが札幌雪祭りとなれば2倍に跳ね上がる。
加えて札幌での小遣いも必要になろう。

しかしYさんと奥さんの2人旅でも出費は同じ。

だったら俺はチェンマイでゴルフを.....
鬼の居ぬ間にスケベ心、 あのキャディーを口説こうか.....

だが奥さんは、 Yさんがどこにいようとも、 ほぼ1時間置きに
電話をかけてくるそうな。

北海道から頻繁な電話連絡があるだろう。

「雪祭り、ステキよ、 貴方は今なにしてるの?」


                 * *


チェンマイに住むZさん(65歳) は2月下旬に1週間、北海道旅行の予定。

タイ人の奥さん(31歳)からせがまれて.....

 「わたし雪が見たいの、 連れてって!」

長年の遠距離恋愛が実を結んだZさんだ。
愛しい若妻のおねだりを無下にするわけがない。

で、札幌、 小樽などを旅し、 函館から船で青森に渡る。
「トンネルで青森に移動なんて情緒がないからね」 とZさん。


ジジイには容易に想像できる。
青函フェリーは寒風吹く中、 津軽海峡をまっしぐら。

雪は容赦なく降り続く....雪の舞う大海原。
しかしタイ人にはこれが幻想的光景...この世のものとは思えない。

奥さんはデッキに出て、 夢の世界に佇み涙して感激。

 「雪、とても綺麗よ、 あなたも一緒に.....」

寒風、雪の降りしきる中、 Zさんはデッキで3時間震え上がる。


pict-Inkedpict-青函フェリー2_LI.jpg
          ☝ 吹雪の中を走る青函フェリー。


65歳のZさんが再びチェンマイの地を踏むことはないだろう。
Zさんは夢の天国に、 そして若妻は早々と未亡人に.....


                * *


タイ人の恋人や奥さんに雪をたっぷり見せたいのなら、 なにも
札幌でなくてもいい。

関空から近くて便利、 そう福井で十分。
現在37年ぶりの豪雪(積雪138cmを記録)、 最高の雪見頃だ。


pict-福井市で130cmを超す大雪.jpg
                   ☝
      JR福井駅前の名物、 恐竜も雪に覆われて......

福井市内の学校は豪雪のため、 1週間の休校となっている。


福井では戦後、 3度の豪雪を記録。
1962年(昭和37年) と1981年(昭和56年)、 そして2018年。

下は昭和37豪雪、 福井市内・仁愛女子高校。
女子高生が駆り出されて校内の雪掻きに励む。
                ☟
   pict-仁愛高校除雪作業_38豪雪.jpg


こんな絶好のチャンスは滅多にない。
皆さまのタイ人奥さまが雪に埋もれて感涙にむせぶ。

雪ダルマ、 雪合戦、 道路の雪掻き、 屋根の雪下ろし。
全部が1日で体験できる贅沢なツアーだ。

まだあるぞ、 ドライブ中、 道路で車が立ち往生。

ロマンチックな雪景色の中、 彼女と2人だけ...1日車内で過ごす感動の旅。

                 ☟

pict-国道8号 立往生3.jpg
                  ☝
     こういう時は1日、 大小便は我慢してください。



雪がない、 暖かい、










チェンマイって ホントいいですね!

  <後記>
福井関係者の皆さま、 豪雪のお見舞い申し上げます。
タイ人にとっては豪雪は夢物語、 憧れなのです。

豪雪に難儀する福井の皆さまを茶化す気などございません。
決してご立腹なさらぬよう、 よろしくお願いします。




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:44| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

独居老人の生活1101(タイ人女性は魅力的)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1101(タイ人女性は魅力的)


  二十代の恋は幻想である。
  三十代の恋は浮気である。

  人は四十代に達して、
  初めて真のプラトニックな恋愛を知る。
       (ゲーテ)

  そして七十代にして淫靡な恋愛を知る。      (独居老人)


本日は、 ジジイが見て面白かったyoutubeの特集です。
こうやってお茶を濁し、 休みを少なくしております。


@ 中国外交部・華春瑩報道官(47歳)

テレビで喋る彼女がジジイには憎たらしく見える。
中国の一方的主張や日本批判をする訳で、 そう感じるのだろう。

pict-華春瑩.jpg


いつも沈着冷静、 無表情で語る華春瑩報道官。
まあ、尊大で偉そうに話す北朝鮮のオバさんアナよりマシか。


そんな彼女が珍しく笑ったというので話題に.....

外交部定例記者会見で、

「上野動物園でシャンシャンが公開されてどう思うか」
という日本人記者の質問(英語)に対し次の回答。

「日本と中国がしっかり向き合い、日中間の4つの共通認識、4つの共同文書に基づいて関連問題を適切に処理することを望む」

質問内容とかみ合わない答え。
中国人記者が 「パンダのシャンシャンですよ」。

中国語でシャンシャンと似た発音になる外務省・杉山事務次官の
話と勘違いしたのだ。

誤解に気づき屈託のない笑顔を見せたのが華春瑩報道官。
この笑顔が珍しいんだとか。  その笑顔をどうぞ。
                ☟            (40秒)
https://www.youtube.com/watch?v=MmX2X2DfK_Y


                * *


A 中国人女性の喧嘩。

中国人の女性観光客2名が、 タイのセブンイレブンでお土産を巡って喧嘩勃発。 

「私が先よ!」  中国人に人気のローション(アロエ&カタツムリが原料)の奪い合い。

まさに恥も外聞もない中国人女性、 ジジイから見ると怖くなる。
でも笑っちゃうんだな。

別のセブンイレブンに行けばいいのに.....(1分40秒)
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=FN2Pe6J4750


                 * *


B 日本人男性が異常にモテる国。

そのランキング....ベスト5の国は?
こんなyoutubeをご覧ください。  

ランクが当たってるかどうかは皆さまのご判断にお任せ。
アジアでは唯一、 4位にタイが入っている。

ビデオでは、 タイ人女性の気質や行動について実に的を射た
説明をしている(とジジイは思う)。


5位がアメリカ、
これにはちょっと驚いたが、 思い起こせば成程って.....

ジジイが米国に住んでいた時は40代、 こんなジジイでも結構米人女性にモテたのだ。

現在のジジイがタイ人女性にモテない理由はこれ。

  1. 老醜がひどい。
  2. カネがない。
  3. タイ語が上手くできない。
  4. すぐ中折れする。


では日本人男性が異常にモテる国、 ベスト5をどうぞ。 

20分と長く、 早めに出てくる4位のタイだけでも是非ご視聴を!
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Wu91Elb_THQ


                * *


C タイ人女性はリズム感がいい....痺れ(しび)るぜ!

たくさんある中からジジイ厳選のビデオ。
タイ人女性の魅力をたっぷりご堪能ください。


pict-DSCN3324.jpg


いずれも美女5人ほどが登場。

まず普通の娘って感じ....制服姿があだっぽい。
               ☟              (3分)
https://www.youtube.com/watch?v=4arikTq1m9o 



次にセクシーな感じがするタイ女性。
               ☟          (2分15秒)
https://www.youtube.com/watch?v=hQEMTtxbDVU


               * *


D 72歳、 今のジジイの顔です。

ある宴席でご一緒した日本人爺さんは絵画が得意だという。
で、ジジイが飲んでいる間の5,6分で描き上げたジジイの顔。

             ☟

pict-DSCN3318.jpg


気品のある感じがよく描かれており、 さすがと感心。
これならまだモテるかな。


思いやりのある爺さんだ。










老醜を暈(ぼか)してくれた。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:26| Comment(9) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする