2019年11月11日

独居老人の生活1688(#14とんでる女の今昔物語:天国に結ぶ恋)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1688
            (#14とんでる女の今昔物語:天国に結ぶ恋)


 みずから苦しむか、 もしくは他人を苦しませるか、

 そのいずれかなしには恋愛というものは存在しない。

                                  レニエ (フランスの作家、 詩人)


1932年5月、 神奈川県大磯町の坂田山の松林の中で若い男女の死体が発見された。

男性は慶應義塾大学の制服姿、 女性は錦紗の和服姿の美人。
昇汞水を飲んだ服毒自殺、 心中だった。

男性は東京府の慶應義塾大学の学生・調所五郎(24歳)、
女性は静岡県の素封家の娘・湯山八重子(22歳)。

二人はキリスト教の祈祷会で知り合い、 交際を始めた。
しかし女性の両親が反対し、 別の縁談を進めようとしていた。

そのため二人は家から出て、 永遠の愛を誓って心中を決行。

  pict-坂田山心中.jpg
         ☝ 湯山八重子と調所五郎。

                * *

両家の意向があったのか、 警察は次のように異例の発表。
「令嬢は清く汚れのない処女であった」

新聞各紙は二人のプラトニック・ラブを盛んに報じる。
特に東京日日新聞は 「純潔の香高く 天国に結ぶ恋」 の見出し。

これが 「坂田山心中」 を象徴する名文句となり、 ロマンチックに美化された同名の映画や歌が大ヒット。

pict-映画「天国に結ぶ恋」 2.jpg

                * *

遺体発見の翌日、 怪奇な事件が発生。
仮埋葬した2人のうち、 八重子の遺体が無くなっていた。

令嬢の遺体が盗まれるという猟奇事件は新聞で大きく報道され、 大騒動となる。

警察が地元の人の協力を得て捜査。
松林にあった船小屋の砂の中から全裸の八重子の遺体を発見。

犯人は埋葬作業員の橋本長吉(当時65歳)。

「異常な興奮を覚え、 女の遺体を船小屋まで運び出し、全裸にしてから愛撫したり局部を見たりした」 と供述した。

この時の新聞報道がすごい、 今のエロ雑誌の見出しのよう。

「おぼろ月夜に物凄い死体愛撫、 砂上に葡(は)う女の黒髪」

                  * *

その後、両家が話し合った結果、 遺骨を分骨して2人が天国で結ばれるようにと葬った。

  pict-坂田山心中事件.jpg


そしてこの 「坂田山心中事件」 は、人々の涙を誘い 「天国に結ぶ恋」 というタイトルで映画化、 爆発的なヒット。

五所平之助が監督、 主演が竹内良一と川崎弘子。
心中事件から僅か1カ月で映画公開という早業だった。

  pict-映画「天国に結ぶ恋」.jpg


しかしこの映画公開で弊害が出る。
坂田山で心中する男女が後を絶たず、 同年だけで20組が心中。

1935年(昭和10年)までの自殺者(未遂含む)は約200人に....

この映画のヒットをきっかけとして、 マスメディアに 「心中」 
「情死」 「天国」などの言葉が氾濫。

翌年の三原山女学生心中事件など、 多くの自殺騒ぎを誘引。


歌謡曲 「 天国に結ぶ恋」 (悲恋大磯哀歌)をどうぞ!
                ☟        (45秒)
https://www.youtube.com/watch?v=PCKjE4I3eBQ&feature=emb_logo

この歌では、 歌い出しよりも人気になったのが三番の歌詞。
  (上のyoutubeが三番を唄っている)

  ふたりの恋は清かった ♬
  神様だけが御存知よ

  死んで楽しい天国で
  あなたの妻になりますわ

歌:徳山l・四家文子 
作詞:柳水巴(西條八十)  作曲:林純平(松平信博)。


このような歌はチェンマイでは流行らない。
日本人爺さんと若いタイ人女性は心中なんぞやらないから。

で、こうなる。

  ふたりの恋はカネだった ♬
  仏様だけが御存知よ
  貢いで楽しく現世を
  ヤッてヤッてヤリまくる

爺さんは腹上死、 歌のタイトルは 「天国でも結ばれない恋」。

               * *

ジャーナリストの半藤一利がまだ文藝春秋の編集者だった頃、 ヒロイン・湯山八重子の実姉に取材したという。

以下、半藤氏が語る秘話を引用。 
  (実姉が回想して曰く)

「この事件では、 湯山家と私が純情な2人に無理解で、 結婚を許さなかったから起こったのだと報道され、 世間の非難を浴びました。

でも本当は八重子は身体が弱くて結婚に自信がなく、 心から悩んでいたのです。

世の中はそうとは知りません。
映画が作られ、 私たちは試写会へ出かけてみました。

思った通り、 八重子は悲恋のヒロインで家族からいじめられている。
私は本名で登場し、 邪険な姉の役が演じられていました。

街を歩けば人に後ろ指をさされ、 脅迫や中傷の手紙が次々に舞い込む、 宗教の勧誘までありましたよ」


実姉の回想のお終いはこうである。

「先年、 私は子供や孫たちとバスを借り切って静岡へ旅行したんです。

バスが大磯にさしかかると、 女の車掌さんが坂田山を指差しながら、 例の歌を唄い、 八重子と五郎さんの悲恋物語を説明してくれました。

その中でも、 やはり私たちは悪役として扱われていました。
汚名はいつまでも消えませんねぇ」

               * *

気の毒になるのが、 心中に付き合わされた感じの調所五郎だ。
「八重子さんに卑怯者だと思われたくない」

こんな思いがあったというが、 性交することなしに心中だけが成功、 24歳の若さであの世行き。

もし死ぬ前に1発ヤッていれば、 「こんな気持ちのいいことが世の中にはあるんだ」 と、 心中を思い直していたかも....

八重子には今でいう自殺願望があったのだろうか。
調所五郎は、 華族・調所広丈の孫で家柄もいい慶大生。

とんでる女・湯山八重子に惚れたのが運の尽きだった。

pict-pict-P_20191111_082551_vHDR_On_p.jpg
           ☝ 湯山八重子。



「今でも H したい、 元気で長生きしよう!」 と

74歳のジジイは老春に胸を躍らせているのだ。






バイアグラのお陰です。


チェンマイって ホントいいですね!   


<参考までに:調所五郎の遺書

もし私が明六日になつても帰らなかつたらこの世のものでないと思つてください、

かずかずの御恩の万分の一もお返し出来なかつた自分を残念に思つてゐます、

御相談申し上げなかつたのは八重子さんにわたくしを卑怯者と思はれたくなかつたからです、

そしてお父様にこの上御心配をかけたくなかつたから姉さんに約束した赤ちやんの写真も撮らずに終ひました。

梶原さんに頼まれた複写の原画は暗室の棚の下の段の右側に封筒に入れてあります。

写真器は押し入れの中に乾板が六枚入つてゐるから自分でやつて下さるようにハレーション止めしてある乾板ですから、 幸子を可愛がつてやつて下さい、

本当の兄妹がもう宅に居らなくなつてしまふから、 湯山さんのお宅の方が見えたら八重子さんから戴いた手紙は全部纏めてありますから見せるなり差しあげるなりしていただきたいものです。

八重子さんにいただいたものも全て纏めて集めてあります。

スエーターはお母さんが在り場所を知つていらつしやるでせう、 小さな押入れの三つの箱がさうです、

写真はアルバムに貼つてあるのと、 アグフアのクロモイゾールの箱に入れてあるので全部です、 一緒のバンドで結へてあるのは皆さうです、

先月の十七日以来心掛けて全部片付けて置きました、 もう思残すことはありません。

生みの母、懐かしいお母さんのお墓にお詣りして来ました、 直ぐ傍にゐることが出来ませう。

では皆さんさようなら。
明日は早く起きなくつちやなりません。

 七年五月五日夜更け 五郎
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

独居老人の生活1664(タイ人女性には参ります)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1664
                       (タイ人女性には参ります)


 愛をうまく告白しようとか、

自分の気持ちを言葉で訴えようなんて、構える必要はない。

きみの身体全体が愛の告白なのだ。
                                      岡本太郎 (画家)


 そう、 貴方が貢ぐ、 モノ・カネが愛の告白なのだ。
                                         
                                      チェンマイの独居老人


@ プラユット首相が日本へ。

令和元年10月22日(火)、 新天皇の皇位継承に伴う 「即位の礼」 (タイでいう戴冠式)が行われる。

タイからはプラユット首相とナラポーン首相夫人が出席。
10月21日から24日まで、 日本に滞在予定。

pict-プラユット.jpg


日本と国交を結ぶ国は現在195カ国、 「饗宴の儀」 は海外へのお披露目でもある。

ちなみに即位の礼の儀式 には、 「即位礼正殿の儀」、 「祝賀御列の儀」、 「饗宴の儀」の3つがある。

加えて内閣の行事として10月23日、 安倍首相夫妻主催の夕食会が開催される。

これは即位の礼のために来日した各国元首、 首脳らに謝意を表するため。

プラユット夫妻もこれらの儀式に出席なさるだろう。
タイで暮らすジジイにとって、 このニュースは嬉しい限り。


  ***********************


A 今年 → 2020年の乾期は寒いぞ!

タイ気象庁が公式に発表。
2019年10月17日からタイはコールドシーズンに入る由。

pict-Cold Season タイ.jpg

昨年(2018年同シーズン)の最低気温平均は21.9℃。
今季はもっと寒く、 平均20〜21 ℃になると予想されており、 来年の2月まで続く。

上記の数値は全国平均、 チェンマイは当然20℃以下か。
尚、2018年のコールドシーズンは117日 → 今年は122日になるそうな。

南部の幾つかの県では、 この時期に大雨、 特に11月は要注意。
川や森林から急襲する水害に警告を発している。

寒いシーズンといってもタイは熱帯気候、 朝晩は冷え込むが、 日中は温暖な日が続く。

ホットシーズンは例年の如く、 3月〜5月にやって来る。

ちなみにタイで最低気温を記録したのはチェンマイでもチェンライでもない。

1974年1月、 サコンナコンの氷点下1.4℃なんだとか。


ジジイの部屋は北向き、 12月〜2月は寒いんだよね〜。
身体が暑さに慣れきっており、 20℃でも寒く感じる。

南向きの部屋に移るか、 パタヤに2ヵ月ほど滞在したいが経済的に無理。 
セーターを着込んで寒さを凌ごう!


  *******************


B タイ人女性には参ります。

友人Sさん(70歳)にはタイ人の恋人Pちゃん(31)がいる。
以下はSさんのビールのツマミには持って来いの土産話だ。

付き合って1年を過ぎたころ、 日本を旅行することに...
で、出発前、 Sさんは彼女に訊いた。

「日本へ行ったら何処に行きたい?」

彼女の答えはシンプル。

「ショッピング!」

               * *

ある日チェンマイで P ちゃんは、 履いていたスニカーをSさんに見せて言う。

「タイのブランド品は偽物が多いの...
 すぐにこうして靴底が剥がれちゃうのよ」

「今度、日本に行ったら本物を買ってあげるよ」


で、2人で日本へと旅立った。
成田空港に着いた時、 Sさんは彼女のおねだり通り、 小遣いとして5万円を渡す。

P ちゃんの楽しみはやはりショッピング。
Sさんは東京で 「100円ショップ」 に連れて行く。

2人別々に品物を籠に入れ、 2人並んでレジへ....

前にいた彼女は勘定を告げられると、 Sさんの顔を見てサッと前に進み、 レジ袋に品物を詰め始めた。

Sさん、 仕方なくレジ係に言う。
「2人分合計で払います」

何とPちゃんの100円ショップ買い物、 約7千円あったそうな。
ボヤく Sさん、
「何のため小遣いを渡したんだ...嫌んなるよ」


pict-セーラー服おじさんとデート.jpg
               ☝ イメージ画像。

                * *

Pちゃんのショッピング意欲は衰えない。 
別の日には欲しがっていた腕時計を買い、 洋服やバッグも購入。

勿論、 Sさんが渡した小遣い5万円から出費している。
で、タイに帰国の前日、 PちゃんはSさんに言った。

「今日は約束のスニーカーを買ってちょうだいね」

「5万円渡したろ?  それで好きな物、 買ってくれ」

「あなたはスニーカー、 買ってやるって約束したわ。
 5万円は私の小遣い、 プレゼントとはプレゼント、 別物よ」

Sさんは戻ったチェンマイでジジイにこぼす。
「何のために小遣い 渡したんだか、 ホント参りました」

ジジイは言う、 「そんな強欲女とはすぐ分かれた方がいい!」

               * *

懲りもせず、 その後Sさんは Pちゃんとベトナムに旅行した。
同じ様に今度は小遣いを2万円、 ハノイの空港で渡す。

あっという間の5日間、 タイ帰国の日になった。

「今回は日本と違って、 あまり買い物しなかったね」

「だって、 ここは買いたい物が少ないんだもの」

ハノイの両替店で、 残ったベトナム通貨・ドンをバーツに替える。

Sさんもドンを余らせており、 彼女と一緒に両替に....
ドン → バーツ、 P ちゃんの手には4,800Bが戻ってきた。

「このお金はチェンマイで使うわ」

彼女はハノイで、 3千円チョットしか買い物しなかった訳だ。
余りをSさんに返却しようとは、 これっぽっちも思わない。

Sさんはチェンマイで、 ビールをあおってぶちまける。

「小遣いなんて、 2,000バーツもやっとけば良かった」
 

年齢差40近い2人、 どうしても甘くなる Sさん(70歳)。
英語の ”Sugar Daddy"、 Sさんにピッタリの言葉だ。

Sさんには失礼だが、 エロボケ爺としか言いようがない。

               * *

先日、 Sさんは彼女にアドバイスした。

「来年、 ATMキャッシュカードがチップ入りになるんだ。
  早めに銀行行って、 切り替えた方がいいよ」

P ちゃんはあっけらかんと言う。

「あたし、 ATMカードなんて、 持ってないわ」

彼女は銀行に口座を持っていないのだ。
これには驚いたと、 Sさんはジジイに言う。

そりゃそうだ、 カードなんぞ持つ必要は全くない。
P ちゃんは 「パパ〜」 というだけでカネが出る、 甘いATMを持っている。

               * *

pict-おじさんなんて言わないで.jpg
              ☝ イメージ画像。


お次は友人・Mさん(72歳)の奮闘ぶりを....
Mさんは恋人募集中。

カラオケ嬢と H の経験あるが、 チェンマイで恋人を持ったことは
1度もない。

何とか素人女性を口説きたいということで、 レストラン&バーの店員(接客係)に目を付けた。

店員といってもお化粧し、 短いスカート着用(ユニフォーム)で男性客を魅了する。

その内の20代店員とLine交換し、 何とかデートにこぎ着けた。

Mさんは日本にいた若い頃、 スナックや韓国バーのホステスをプレゼント攻撃で落としてきたという強者(つわもの)。

「70過ぎの爺さんに付き合ってくれる、 金しかありません」

こう理解しているMさんは口説くため、 彼女にこう言った。

「君が今、 1番ほしい物は何ですか? プレゼントするよ」

「アイフォーンが欲しいです」 と20代の彼女。

iphoneとはAppleが提供するiOS搭載の端末(スマホ)。

スマホに疎いMさんは即答で、
「そのくらい、 今すぐ買ってあげるよ」

結局、 26,000バーツ(約9万円)の iphone をプレゼント。

「そんなに高いとは思ってもいなかった、
 せいぜい6〜7000バーツくらいだと....」 とMさん。

さぞかし彼女は大喜びであったろう...太っ腹の日本人、 ステキ!


但し今日現在、 Mさんと彼女はまだ清い関係。

ジジイは願っている、 Mさんのこんな言葉がないことを...







「タイ人女性には参りました、 持ち逃げされ....」


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:18| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

独居老人の生活1643(タイ人女性の運転免許奮闘記)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1643
                    (タイ人女性の運転免許奮闘記)


 孤独の中でしか、 自分自身を豊かに深めていくような

 濃密な時間は得られない。

                              齋藤孝 (日本の教育学者、 作家)


今日はタイ人女性の運転免許の取得がテーマ。
彼女らに翻弄される爺さんの悲喜こもごも、 どうぞ!


@ ランパーンで取得した奥さん。

日本人に嫁いだタイ人奥さまは既に50歳を超えていた。
バイク、 車とも運転免許証は1度も持ったことがない。

奥さまの実家・ランパーンに暮らすご亭主(60代)は、 自分で動けない、 又は将来動けなくなった時のことを考えた。

ヨメにも運転免許証が必要 → 取得を勧める。
亭主は気の乗らない奥さんを車に乗せ、 教習所へ連れて行く。

1週間通って6,000バーツの支払い。
そして試験は実技と法令。

筆記テストは合格したが、 問題は実技。
実技テストの日には、 試験官が教習所にやって来る。

奥さんは幅寄せというか車庫入れの設定で当然の如く失敗。
試験官は 「もう1回やってみよう」 と再トライ。

またダメ、 「もう1回やって...」  → また失敗。
結局4度目でやっと成功、 これで合格となった。

試験官には、 何とかして運転免許証をあげたいという気持ちがあったようだ。

しかし免許を取得した奥さまはその後、 実際には運転はしていないという。

従ってご亭主は奥さんのお抱え運転手に....
美容院、 病院、 マッサージ、 買い物など全て亭主が送迎する。

我慢強いご亭主が語る。

「ヨメが運転する車には絶対に乗りたくない。
 どうにもならなくて乗る時は、 決死の覚悟で....」

運動神経の鈍い奥さんを持つと亭主は命懸け。


  ********************


A チェンマイで運転免許証 取得にトライ。

友人のMさん(60代半ば)は長年チェンマイで生活。
独身の彼は、 タイ人女性と5年の交際の末結婚。

30数歳も年若の奥さんはバンコク暮らしだったためか、 バイク・車を自分で運転した経験なし。

しかしチェンマイでは ”足” が必要になってくる。
子供の学校の送迎しかり、 亭主だけでは困る場合が出よう。

で、 30チョットの奥さまは、 チェンマイ(ハンドン)の陸運局で車の運転免許証にトライ。

筆記試験は1発で合格し、 その後の3ヵ月間で実技試験に通ればOK。 
不合格になっても、 3ヵ月間は何度でも再試験を受けられる。

   pict-技能試験.jpg
           ☝ イメージ画像。  

実技テストは、 試験官が奥さんの横に座って行う。
奥さんは車庫入れテストで予想通りに失敗。

「んじゃあ、 もう1回やって...」 とは試験官は言わない。
ビデオを撮っており、 それを見て判定を下すのだ。

              * *

ならばと、 その後奥さんに運転させて路上教練、 Mさんが横に乗って指示を出す。

Mさんは命懸けの実技指導だ、 必死になって 「危ない、 ダメ、 何やってる!」 の連発。

奥さんだって、 亭主に言われっ放しでは頭に血が上る。
「うるさい、 黙ってて!」 で夫婦喧嘩勃発。

このままでは離婚危機に... 亭主による路上教練はあっさり中止となった。

              * *

1回の不合格でも、 そのあと何度でも再試験を受けられる。
しかし奥さまにはプライドがあったのか、

「もう嫌だわ」 と言い、 免許取得を諦めてしまう。
何とまあ、 往生際のいいこと。

それでも運転に未練があるのか、 チェンライに行った時の事。
奥さんは 「ちょっと運転させて...」 とハンドルを握る。

車が余り通らない道路を直線でちょっと走ると T 字路の交差点。
ここを右折するのだが、 亭主に奥様が思いがけないことを言う。

「右に曲がれない」 と停車してギブアップ。
後ろに他の車が見えた、 Mさんは慌てて運転を交代。


これ程までに運動神経の鈍い女をヨメにすると爺さんが苦労する。

「運転手はアナタ、 あたしは朝寝....」

Mさんはそれこそ老骨に鞭打って毎朝夕、 子供の学校送迎に奮闘。
ジジイも知ってる、 学校通りの朝夕のひどい大渋滞。

ジジイはこんな話を聞くとニンマリ。
やっぱし1人暮らしが最高だ!


  ***********************


B 日本で運転免許証 取得にトライ。

平さん一家は昨年9月、 チェンマイを引き揚げて日本に戻った。
この件は本ブログ#1346(2018年11月5日)で掲載済み。

日本に引っ越して約1年、 パートタイムの仕事を見つけたタイ人の奥さまはその間、 タイの国際運転免許証で(運転して)通勤。

しかし国際運転免許証の有効期限は1年。
タイの国際運転免許 → 日本の運転免許証切り換えはできない。

日本の国際運転免許 → タイの免許証切り換えはOKなのに....
互恵がないのは、 日本がタイの免許証を信用していないからか。

仕方がない、 奥さんは日本の運転免許証取得にトライする。
平さん(68)の奥さん(43)は、 Mさんの奥さんと違った。

1回目の実技試験は、 S字走行で脱輪 → 不合格。
ここでタイ人らしく、 「もう嫌だわ」 と取得を諦めた。

プライドが許さないのか、 試験はもう絶対に受けないと拒否。
しかし会社の人に諭されて、 渋々再受験することに....

但し時すでに遅し、 再試験は有料になっていた。
それでもトライしたが....

2回目は左右確認を怠り → 不合格。
3日目、 4回目は徐行を怠り → 不合格。

計4回の実技試験にことごとく不合格。

しかしカネだけは出て行った → 自動車学校の入学金が2万円。
2時間の教習が1回1万円、 3回受けたので3万円。

試験料は1回約2,500円、 4回受験で1万円。
これだけではない。

試験を受けに行くには有料の高速道路を走り、 申請に印紙代2,500円もかかって約1万円が吹っ飛ぶ。

その都度カネが吹っ飛び、 平さんはイライラ。
口を酸っぱくして注意しても下手糞な運転は変わらない。

    pict-1537042211641相楽宅と家族 (2).jpg
        ☝ 奥さんとお嬢ちゃん。

結局、 平さんが運転し、 奥さまを会社まで運ぶことに....
子供ならぬ、 25歳年下女房ために朝夕の送迎が始まった。

送迎代は勿論無料、 奥さんの給料は全て奥さんの財布に入り、 家計の足しには全くならない。

それでも平さんは、老骨に鞭打って毎朝夕の送迎に奮闘。
平さんがボヤきたくなるのも分かる。

運動神経の鈍い女をヨメにすると、いずこの爺さんも苦労する。

ジジイはこんな話を聞くとアハハと笑う。
あぁ、 やっぱし1人暮らしが最高だ!


  ********************


C チェンマイで免許取得にトライしないと....

日野さん(71)は昨年5月頃、 中古自動車を80万円で購入。
チェンマイを引き揚げて日本に帰国する友人から譲り受けた。

で、 日野さんは10年来の恋人(30)にこう言った。

「この車をあげるから、 運転免許証を取りにいきなさい」

日野さんは彼女を運転手にして、 あちこち出かける魂胆。
ところが彼女は、 一向に免許を取りに行かない。

それどころか、 何かあるとすぐに、
「パパ、 xxに行きたいの、 連れてって」

日野さんは彼女の運転手に成り果てた。
ミツグ君だけだったのが、 アッシー君まで加わりボヤくこと。

それでも嬉しそうに彼女のアパートに迎えに行く日野さん。
40も年下の女性の機嫌取り、 ジジイにはとてもできない。


可愛い子供、 美人の奥さん、 メチャ若い恋人の運転手としてサービスに励む爺さんたち。

若いタイ人女性をパートナーにするとこんな苦労が待っている。

一緒になる前に、 運動神経のテストが必要。

やり方は簡単、 100mを一緒に猛ダッシュで走り、 爺さんに勝てば合格だ。


ジジイはつくづく思う。






孤独が一番だ。         (負け惜しみ)


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:56| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする