2017年09月30日

独居老人の生活990 (#7とんでる女の今昔物語:平成編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活990
                (#7とんでる女の今昔物語:平成編)


    恋愛の世界では  理屈は全く通用しない

                              ナポレオン・ヒル (アメリカの著作家)


幸徳秋水相手にダブル不倫した管野スガは、 その秋水と共に 「大逆事件」 で短い生涯を終えた。

亭主の荒畑寒村と仲よく連れ添っておれば刑死することもなく、 もっと長生きして活躍できたろう。

W不倫が生んだ明治時代の歴史的悲劇ともいえる。


昭和・平成時代、 社会主義者は弾圧されることなく、自由に論陣を張ることができる。

しかし不倫だけは今も世間が許さない。
本日はそのW不倫をやらかした平成版 「とんでる女」 が登場。

明治の管野(かんの)スガに対抗したわけでもなかろうが、 平成のとんでる女も旧姓菅野(かんの)。

「かんの」 さんはW不倫がお好き....「あ かんのー」

                * *

頭脳明晰な彼女は、 子供の頃から目立ちたがりやだった。

小学校6年の時オーディションに合格し、 人気のミュージカル
「アニー」 の主役を演じる。

これで注目された彼女は1985年(11歳)、 雑誌の表紙に抜擢される。

pict-DSCN1927山尾志桜里.jpg
     ☝ 新潮社発行の 「エンマ」 より。




20歳の大学1年生の時には自著を出版。

アニーの100日受験物語1995年20歳.jpg
        ☝ ゴマ書房刊。




そう、 彼女は東京大学に入学したのだ。
そして体育会ラクロス部(球技の一種)のマネージャーになる。

pict-DSCN1929.jpg
      ☝ 左下はアニー役時代の彼女。



東大在学中から司法試験に挑戦、 7回目にして合格。
その後検察官に.....

2004年、 30歳の年に結婚。
相手は、 東京大学の同窓で同い年の山尾恭生氏。

ここで菅野から山尾に苗字(姓)が変わる。

前に本ブログで書いたのだが、 ジジイは13、4年前、 この山尾恭生氏と飲んだことがある。

この時もらった名刺は、 「株式会社アルチェ 社長」。
半蔵門辺りのビルに事務所を構えていた。

初対面で、 会ったのはその1回きり。
そのころ彼はまだ独身。 ジジイが会った時はこんな風貌。

     pict-山尾恭生2.jpg


会食は四谷三丁目、 ジジイと山尾氏と女性2人の計4名が集合。

結婚したのはその1年後か。
ジジイの友人女性は、 何度かSEXしただけで捨てられた。

山尾恭生氏の会社が買収され、 堀江貴文の 「ライブドア」 に役員として入社したのもその頃。

                 * *

皆さまには既にアニーの彼女が誰だかお分かり。
目立ちたがりやの彼女は勧められると検事を退官、 すぐ話に
乗った。


それがこれ。

pict-山尾志桜里のポスター.jpg
        ☝ 山尾志桜里議員(43歳)


2009年(35歳)、 小沢一郎にスカウトされて出馬、 政界デビューを果たす。 
元検事で美貌の政治家、 注目度は高かった。



2011年には子供が誕生、彼女が37歳の年だ。

pict-山尾志桜里赤ちゃん.jpg
            ☝
主婦の政治家で子育て、 世の母親の共感を得る。




ところが2012年、 変なところで脚光を浴びる。

pict-山尾志桜里ガソリン.jpg


ガソリン代だけで地球5周分、 政治資金問題が発覚。
「秘書がやったことで.....」 と歯切れ悪い釈明で逃げた。

それ以来、 彼女についたあだ名が ”ガソリーヌ”。


そしてそのガソリーヌの、 一世一代の国会質問がこれ。

 「保育園落ちた  日本死ね」

昨年の2月を思い出しましょう、 国会審議です。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=L979dmst2OE

                * *


2016年3月、 民進党結成時には政調会長に就任。
ガソリーヌは政界のジャンヌダルクと称されて民進党の顔になる。

しかし国会審議ではガソリーヌならぬ ”ヒステリーヌ” に変身。
とてもマトモとは思えない 「とんでる女」。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=vQrbh_WwEc0

                 * *


ところがどっこい、 「保育園落ちた  日本死ね」 で2016年の流行語大賞まではよかった。

しかし皮肉にも、 同じく受賞したのが 「ゲス不倫」。
授賞式で山尾議員はその貼り紙の横に立つ。

                 ☟

pict-山尾志桜里流行語.jpg



政界のジャンヌダルクは ”性界のとんでる女” に転落。
それが週刊文春のスクープ。

9歳下の妻子ある弁護士との 「禁断愛」、 ダブル不倫だ。
お相手は倉持麟太郎弁護士(34歳)。

倉持麟太郎弁護士 3.jpg




倉持麟太郎弁護士 2.jpg



2017年9月2日夜、 東京都品川区のホテルに時間差で入る様子を写真付きで掲載。

お互いに配偶者も子供もいる立場で、 週に4回密会を重ねていたというから凄い。
主婦に母親、 政治に性事ではウンコする暇もないだろうに。

えっ、 ヤッてたのは性事だけ?   なら分かる。

pict-倉持麟太郎4.jpg



彼女は、 「男女関係はなく、 政策立案などの打ち合わせと作業だった」 と釈明。

倉持麟太郎氏も言い訳、
倉持麟太郎弁護士 .jpg
            ☝
「深夜まで打合わせしてただけ。 男女の関係無い」


でもこの釈明は如何にも白白しい。
泊まったホテルは 「品川プリンスホテル」 とか。

pict-品川プリンスホテル画像.jpg

39階建て、1994年12月開業。
日本最大級の客室数3,679室を誇るシティホテルである。


2人が居た部屋は約37,000円/泊、 打ち合わせにピッタリ?

pict-DSCN1888.jpg


部屋のスペースの大半がダブルベッド占有。
背もたれのある椅子は一脚だけ。

ここで男女2人が 「政策立案や打ち合わせ」、  イイね!


ジジイがここで気になるのは、 ホテル代はどっちが払っていたのか...ということ。 
相当頻繁に利用していた訳で、 その出費はバカにならない。


格上の年上女か、 年下でもやはり男が出すのか。
それともその都度割り勘か。

その日のSEXの回数で取り決めしていた可能性もある。
1日に3発ヤッたら、 「お疲れ様」 と労(ねぎら)い女が払う。

それが1発だけなら 「調子でなくてスミマセン」 で男が負担。

意外と女の政治資金で落としてたりして....会議費。

               * *


山尾志桜里は待機児童問題に積極的に取り組む議員だ。
                 ☟
pict-待機児童緊急対策本部.jpg


それが自分の子供を自宅に待機させておいて何ほざく。
若い男とのSEXに耽溺....それより帰宅して子供と会話しろ!

6歳の子供は母親の帰りを待っている。


ではここで、 テレビの直撃取材をどうぞ。
山尾先生の日頃の勇ましさはどこ行った。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=ZJ6AhnlAOUk

               * *

元検事と現役弁護士だ。
潔白なら家族の為にも文春を告訴すればいい。

でもやらない、 敗訴100%、 2人はよく知っている。


ジジイは 「不倫はご自由に....」 の考え。
なので山尾志桜里議員を責めるつもりは毛頭ない。

しかし彼女は過去に、 自民党の宮崎謙介国会議員の不倫騒動を猛烈批判。

こんなの強盗を批判しておいて、 自分が強盗するのと同じ。
この ”言行裏表あり” がジジイには我慢ならない。


加えて山尾志桜里議員の離党決断の釈明会見。
用意した原稿を読み上げただけ。

pict-山尾志桜里3不倫会見9月7日.jpg
              ☝
記者団の質疑には一切応じなかった会見。


日頃は 「説明責任を果たせ!」 と糾弾する彼女。
これが自分の事となるとスタコラ逃げる....卑怯この上なし。

                * *


10月22日投票の衆議院総選挙には無所属で立候補するという。
その準備で忙しい彼女は選挙区回り。

pict-pict-DSCN2015.jpg



  「選挙に落ちた  山尾死ね!」

  「不倫に落ちた  志桜里死ね!」

とジジイは言わない.....死ぬ必要はないよ。


政治家辞めて、 普通の母親、 主婦に戻ればいい。

それが家族と国民に対する懺悔というものだ。


もう1度この写真を.....ポスターに書かれたお言葉が虚しい。


pict-山尾志桜里のポスター.jpg
       ☝
”持続可能な未来を子どもたちへ”

ゲス不倫・山尾先生のお子さんの未来はどうなるの?










 「とんでる女」 に明日はない。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:07| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

独居老人の生活985 (#6 とんでる女の今昔物語:大逆事件)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活985
                     (#6 とんでる女の今昔物語)


    降る雪や 明治は遠く なりにけり
                                         中村草田男 (俳人)


    不義密通 明治平成 変わりなく
                                          独居老人 (廃人)


本日は歴史がテーマ、 ご存知 「大逆事件」 (幸徳事件) です。


ここで日本史の入試問題を予想して......

< 「  」 を下の20人から選んで埋めなさい >

社会主義者・幸徳秋水は、 人妻だった 「  」 を寝取った。


@ 与謝野晶子    A 春日局     B 平塚らいてう
C 日野富子     D 樋口一葉    E 吉永小百合

F 紫式部       G 福島瑞穂    H ミヤコ蝶々
I 林芙美子     J 柳原白蓮    K 蓮舫

L 安倍昭恵     M 市川房江    N 松井須磨子
O 宇野千代      P 管野須賀子   Q 鳩山 幸(みゆき) 
   
R 夏目鏡子     S 神近市子


正解は何番でしょうか?   遥か昔を思い出してくださいませ。

では、 物語のはじまり、 はじまり〜 〜

                 * *


ここに登場する ”とんでる女” が上記 P番。   
明治時代の新聞記者・著作家・社会主義運動家。

大逆事件で処刑された12名の1人で、 大逆罪で死刑を執行された唯一の女性である。  管野スガ(ペンネーム が須賀子)。

pict-管野須賀子.jpg

               * *

管野スガは1881年(明治14年)大阪生まれ。
19歳のとき、 東京深川の裕福な商人と結婚 → 離婚。

離婚後、 小説家・宇田川文海(54歳)に師事、 1902年(21歳)に
『大阪朝報』 入社、 記者になる。

pict-小説家の宇田川文海.jpg
   ☝ 宇田川文海


スガはこの文海に手籠めにされる。
文士というものみんな漁色家、 今も昔も変わらない。

しかも文海は女房持ち。
結婚はできず、 その後のスガは狂ったように男を遍歴。

(参考まで)
宇田川文海の作品をチラっとご覧なりたい方はココをクリック。

                * *

日露戦争の直前、 宇田川文海が幸徳秋水、 堺利彦の非戦論に賛成したことから、 スガもこれに共鳴。

大阪に 「平民新聞読者会」 を結成、 婦人運動から社会主義運動にシフトする。

堺利彦の紹介で新聞記者・毛利柴庵と知り合い、 ほどなく愛人になる。
宇田川文海の時と同じで、 これも結婚でやきもき、 揉める。

で、 柴庵の友人・清滝智龍に身の上相談。
ああだこうだと愚痴ってるうちに、 清滝とも男女の仲に発展。

管野スガは、 男と出会えば見境なく肉体関係を結ぶ。
こうなると、 「穴ーキスト、 みな兄弟」 の感。


毛利柴庵が主筆であった和歌山県の牟婁新報社に入社。
ここで知り合ったのが荒畑寒村。

ウブな寒村、 スガに一目惚れして同棲。
1907年(明治40年)、 スガ26歳、 荒畑寒村(20歳)と結婚。

翌1908年、 寒村は赤旗事件で検挙され、 重禁錮1年の判決。
スガは獄中の寒村にかいがいしく差し入れする妻だった。

ところが1年も男旱(ひでり)の日々、 スガには耐えられない。
で、 亭主の先生ともいえる幸徳秋水とデキちゃった。

これが管野スガ、 運命の分かれ道。
スガは、 アナキズムに共鳴した縁で幸徳秋水の経済的援助を受けていた。

pict-幸徳 秋水.jpg
     ☝ 幸徳秋水



秋水は論客の通り相場に違(たが)わず、 女癖の悪いド助平。
弟子ともいえる男の女房と情交、 平民社内で同棲に発展。

学校ではこんな大事なことを教えないから困る。
幸徳秋水は生真面目な社会主義者、 ジジイはそう思っていた。
          

秋水には妻がおり、 スガにも獄中の夫・寒村がいた。

不義密通、 今なら ”ダブル不倫” と騒がれスキャンダルに...
で、 スガは、 寒村に一方的な離縁状を送って離婚した。

これに寒村は激怒、 2年後に出獄すると、 スガの射殺を試みるが果たせず。

 尚、 荒畑 寒村は、
pict-荒畑寒村.jpg
     ☝ 荒畑寒村


明治20年生まれの社会主義者・作家・評論家。
戦後1946年から1949年まで衆議院議員を2期務めた。

3人目の妻亡き後、 90で40歳の女に恋慕するが片恋に終わる。
1981年死去、 享年93。

ジジイは90歳で30歳の女性と恋仲になるつもり。

              * *

1910年、 3月に平民社は解散。

pict-平民新聞.jpg


スガと秋水は湯治療養のために湯河原に向かった。

同年6月、 2人はその湯河原で逮捕される。
判決は、 その他の社会主義者・無政府主義者らと共に、 24名が有罪・死刑。

翌1911年(明治44年)1月、 幸徳秋水ら11人が刑死。
その翌日、 管野スガも処刑された。

pict-菅野須賀子 画像.jpg
      ☝ どう見ても美人とは思えないスガ。


幸徳秋水、 享年39。
とんでる女・管野スガ、 享年29。


これが学校で習った 「大逆事件」 である。
官憲は、 秋水らが明治天皇暗殺を計画したとするが、 でっち上げというのが通説。

               * *


スガが拘留中に送った書簡が発見されている。
送付先は朝日新聞の記者・杉村縦横(筆名・楚人冠)。

pict-管野スガの書簡.jpg


『京橋区瀧山町 
 朝日新聞社  杉村縦横様
                    管野須賀子

爆弾事件にて私外三名、 近日死刑の宣告を受くべし
御精探を乞ふ
尚幸徳の為めに弁護士の御世話を切に願ふ
  六月九日
彼は何にも知らぬのです』

(毎日新聞2010年1月29日)


「自分たちは近く死刑宣告を受けるので、よく調べてほしい。
  秋水に弁護士をつけてほしい。
       6月9日
 彼は何も知らないのです」

と末尾で秋水の無罪を訴えている。


(参考まで)
幸徳秋水と管野スガを描いた小説。

pict-遠い声 (新潮文庫.jpg
  ☝ 瀬戸内晴美著、 新潮社、 1975年。


                * *


明治の時代、 政府は社会主義者や無政府主義者を弾圧。

この 「大逆事件」、 その後の 「大杉栄(甘粕)事件」、 彼らはいとも容易(たやす)く殺された。

管野スガも伊藤野枝も、 愛した男で不運を招く。
短い生涯、 何と儚い命であろう。


明治は遠くりにけり

平成の時代、 今は何を言っても何をやってもいい、 命の保証は
されている。  
社会主義者が弾圧・逮捕されることはない。

しかし色恋沙汰は未来永劫変わらない。
明治から平成の今日まで続く不義密通、 ダブル不倫。


そしてお待たせ、 ”平成のとんでる女” が今、 登場した。










この続きは次回にて.......


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:12| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

独居老人の生活957 (#5 とんでる女の今昔物語)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活(#5とんでる女の今昔物語)

  
    男の幸せは 「われ欲す」、 

    女の幸せは 「彼欲す」  ということである。
                                                 ニーチェ


か弱い女だと思って侮ってはいけない。
男がヘタなことをすると、 後々逆襲を受ける。

男どもに共通するのは
「俺のようなこんな大物がお前を抱いてやるんだ」

てな感じの尊大さ、 思いやりのなさであろうか。


@ 作曲家・都倉俊一(現在69歳)の場合。

父親が外交官で、 小学・高校時代をドイツで過ごす。
そこで音楽の基礎を学び、 帰国後学習院大学卒業。

pict-都倉俊一2.jpg
       ☝ 若い頃の都倉俊一。


こんなエリートは鼻持ちならない、 だから女性に逆襲される。

ピンキーこと今陽子(現在65歳)が夕刊紙(連載)に書く。

「都倉先生がベッドで言ったわ、
 こんな難しいこと、 君に話しても分からないだろうな」

いかにもエリートって感じの話しっぷり、 誰でも気分を悪くする。

「そんなことくらい、 私にだって分かります!」 って。

pict-今陽子.jpg
    ☝ 年取った今陽子。


ジジイはこの記事で初めて知った。
都倉俊一はピンキーに手を付けていたのだ。

この男は誰に対しても、 常に上から目線で接していたのだろう。
だから逆襲にあう。

有名歌手から昔の情事をバラされた都倉俊一、 男を下げた。


                * *


A 俳優・渡辺謙(57)の場合。


今やハリウッド俳優となった渡辺謙の不倫騒動は女の復讐から。
この事態には、 さすがの世界のケン・ワタナベも大慌て。


pict-DSCN1702渡辺謙.jpg


元北新地のホステスで、 現在はジュエリーデザイナーの不倫相手に懇願している由。

「もうこれ以上はやめてくれ!」  


それでも不倫相手の親友が登場し激白。
「彼女は求婚され、 子どもを産んでいいと言われた」 と。


渡辺謙はケチって墓穴を掘る。
愛人をニューヨークに呼び寄せる時も、 飛行機代すら渡さず。

愛人はそれでも自腹を切ってまでニューヨークに飛ぶ。
だが結果的に渡辺から捨てられた。


渡辺謙は手切れ金さえケチった。
ポンと渡していればまだ収まりもついたのだが......

で、 愛人は激怒して週刊誌に垂れ込んだってわけ。

pict-DSCN1703.jpg
         ☝ 渡辺謙と愛人の蜜月時代。



今後、 お金で解決と言うのが最も早いのだが、渡辺にはそうもいかない事情があるらしい。

妻の女優・南果歩が大激怒、 愛人に金を払うとはとてもじゃないが言い出せない。

pict-女優の南果歩再婚.jpg
         ☝ 妻の南果歩(53)と渡辺謙(57)。

ちなみに南果歩は作家の辻仁成と結婚、 1男をもうけたが離婚。
渡辺謙とは再婚(2005年12月)、 TVドラマでの共演が縁。



渡辺は53歳の女房では満足できず、 若い女に走ったか。
しかし渡辺謙、 記者会見では潔(いさぎよ)い。

pict-渡辺謙.jpg


「記事に出ていることはおおむね事実です。
 ”軽率な” 行動で迷惑をかけました」


と浮気を認めたまではいいが、 ”軽率” とは何事だ!
これじゃあ愛人はもっと怒るぜ。

ジジイが教えてやろう、 こんな時にはこう言うんだ。

「彼女の魅力にハマりました」  


今度は女房がもっと怒るか。


              * *


B 中川俊直衆院議員(46歳、 自民党)の場合。

“重婚ウエディング” までした愛人と揉め、 現職議員が警察に
「ストーカー登録」 されてしまったという前代未聞のスキャンダル。


pict-中川俊直.jpg
      ☝ 妻子がありながら愛人とハワイで結婚式。


この発覚も愛人(元ホステス)の復讐から。
中川議員の冷たい仕打ちに怒った愛人は週刊誌に垂れ込んだ。

更に悪いのは、 奥さんがガンの闘病中であったこと。
pict-中川俊直夫人.jpg
 ☝ じっと我慢の中川俊直夫人。


手切れ金をたっぷり弾み、 上手に別れておけばいいものを....


で、 中川議員、 頭を丸めてお詫びの会見。
でもこれ、 坊主って言うよりモヒカン刈り、 反省が足りない?

pict-中川俊直2.jpg




8月15日の全国戦没者追悼式ではこんなお姿も.....
記念撮影する場所かね?
pict-pict-中川俊直.jpg
                 ☝ 
左は民進党の羽田雄一郎議員(50)、 羽田孜元首相の息子。
右が中川俊直議員、 中川秀直自民党元幹事長の息子。


こんなことやってると、 また女性から逆襲されるぞ!
愛人からも、 そして選挙区の女性からもネ。


               * *


こちらの女性は情熱的、 自らが動く。


C 平塚 らいてう。

pict-平塚 らいてう.jpg


1886年(明治19年)〜1971年(昭和46年)、 享年85。
日本の思想家、 作家、 戦前と戦後に亘る女性解放運動家。


平塚は、 特に、大正から昭和にかけ婦人参政権等、 女性の権利獲得に奔走した活動家の一人として知られる。

             * *

平塚は22歳の時、 栃木県塩原で心中未遂事件を起こす。
相手は夏目漱石の弟子、森田草平(当時27歳)。

pict-森田草平.jpg
         ☝ 森田草平。


平塚らいてうの処女小説 「愛の末日」 を読んだ森田は才能を高く評価。
手紙をらいてうに送ったことがきっかけで、 二人は恋仲に.....

当時は電話がまだ普及していなかった時代。
手紙で男女は一線を越えていく。

今井絵理子参院議員は1泊しても一線は越えてないという。
彼女の一線は、 電柱にかかる電線を言うのだろう。


森田草平著 「青白き夢」 をお読みになりたい方はクリック。
              ☟
http://aozorashoin.com/title/18414

              * *


1911年(明治44年)、平塚が25歳の時に、 文芸誌 「青鞜」 を
発刊。

pict-seitou_cover.jpg


自らが寄せた文章の表題が 『元始、 女性は太陽であった』。

これが女性の権利獲得運動を象徴する言葉として、人々の心を
捉える。


26歳の1912年夏、 5歳年下で画家志望の奥村博史と出会って一目惚れ。
この時代、 女性が年下とくっつくことは稀だった。

奥村とはその後事実婚(夫婦別姓)を始めている。


pict-奥村博史.jpg
                    ☝
           1914年、 伊豆土肥温泉にて、 
           平塚らいてう(28)と奥村博史(23)。 


奥村との間には2児をもうけたが、 らいてうは従来の結婚制度や
「家」 制度をよしとせず。

で、 平塚家から分家して戸主となり、 2人の子供を私生児として自らの戸籍に入れる。

しかし平塚が55歳(1941年)の時に婚姻届けを提出、 奥村明(はる)になる。  明(はる)はらいてうの本名。

pict-raichouの移転ハガキ.jpg
    ☝ 戸籍上の夫婦になって送った転居通知。
     

最寄り駅が常磐線取手(上野から50分)と書いてある。
現在なら40分で着く。
取手でバスに乗り換えて20分、 随分田舎に越したもんだ。


ちなみに奥村博史は、 大正3年に二科展で入選。
指環の制作者としても知られ、 昭和8年国画会会員となる。

らいてうに先立つこと7年前の昭和39年死去。 享年74。

             * *


現在では福島瑞穂などが盛んに夫婦別姓を推奨している。
平塚らいてうはとっくの昔にやっていた。

ちなみに蓮舫は夫の姓をとり、 村田レンホウが本名。
民進党・山尾志桜里も夫の籍に入り、 夫の姓の山尾になった。


心中をやり若い男とくっつく、 そして夫婦別姓までやる。
日本史に出てくる平塚は、 まさにとんでる女と言えよう。


             * *


戦後は、日本共産党と共に活動し、婦人運動に反戦・平和運動を推進。

pict-平塚らいてう3.jpg
   ☝ 晩年の平塚らいてう。


1970年に胆嚢・胆道癌を患い、 千駄ヶ谷の代々木病院に入院。

入院後も口述筆記で執筆を続けていたが、 1971年(昭和46年)、 雷鳥は85歳であの世にとんで行った。



ジジイは一人でチェンマイに飛んできた。 今72歳。











まだあの世にとびたくないです。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:15| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする