2019年09月21日

独居老人の生活1643(タイ人女性の運転免許奮闘記)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1643
                    (タイ人女性の運転免許奮闘記)


 孤独の中でしか、 自分自身を豊かに深めていくような

 濃密な時間は得られない。

                              齋藤孝 (日本の教育学者、 作家)


今日はタイ人女性の運転免許の取得がテーマ。
彼女らに翻弄される爺さんの悲喜こもごも、 どうぞ!


@ ランパーンで取得した奥さん。

日本人に嫁いだタイ人奥さまは既に50歳を超えていた。
バイク、 車とも運転免許証は1度も持ったことがない。

奥さまの実家・ランパーンに暮らすご亭主(60代)は、 自分で動けない、 又は将来動けなくなった時のことを考えた。

ヨメにも運転免許証が必要 → 取得を勧める。
亭主は気の乗らない奥さんを車に乗せ、 教習所へ連れて行く。

1週間通って6,000バーツの支払い。
そして試験は実技と法令。

筆記テストは合格したが、 問題は実技。
実技テストの日には、 試験官が教習所にやって来る。

奥さんは幅寄せというか車庫入れの設定で当然の如く失敗。
試験官は 「もう1回やってみよう」 と再トライ。

またダメ、 「もう1回やって...」  → また失敗。
結局4度目でやっと成功、 これで合格となった。

試験官には、 何とかして運転免許証をあげたいという気持ちがあったようだ。

しかし免許を取得した奥さまはその後、 実際には運転はしていないという。
ご亭主が言う。

「ヨメが運転する車には絶対に乗りたくない。
 どうにもならなくて乗る時は、 決死の覚悟で....」

運動神経の鈍い奥さんを持つと亭主は命懸け。


  ********************


A チェンマイで運転免許証 取得にトライ。

友人のMさん(60代半ば)は長年チェンマイで生活。
独身の彼は、 タイ人女性と5年の交際の末結婚。

30数歳も年若の奥さんはバンコク暮らしだったためか、 バイク・車を自分で運転した経験なし。

しかしチェンマイでは ”足” が必要になってくる。
子供の学校の送迎しかり、 亭主だけでは困る場合が出よう。

で、 30チョットの奥さまは、 チェンマイ(ハンドン)の陸運局で車の運転免許証にトライ。

筆記試験は1発で合格し、 その後の3ヵ月間で実技試験に通ればOK。 
不合格になっても、 3ヵ月間は何度でも再試験を受けられる。

   pict-技能試験.jpg
           ☝ イメージ画像。  

実技テストは、 試験官が奥さんの横に座って行う。
奥さんは車庫入れテストで予想通りに失敗。

「んじゃあ、 もう1回やって...」 とは試験官は言わない。
ビデオを撮っており、 それを見て判定を下すのだ。

              * *

ならばと、 その後奥さんに運転させて路上教練、 Mさんが横に乗って指示を出す。

Mさんは命懸けの実技指導だ、 必死になって 「危ない、 ダメ、 何やってる!」 の連発。

奥さんだって、 亭主に言われっ放しでは頭に血が上る。
「うるさい、 黙ってて!」 で夫婦喧嘩勃発。

このままでは離婚危機に... 亭主による路上教練はあっさり中止となった。

              * *

1回の不合格でも、 そのあと何度でも再試験を受けられる。
しかし奥さまにはプライドがあったのか、

「もう嫌だわ」 と言い、 免許取得を諦めてしまう。
何とまあ、 往生際のいいこと。

それでも運転に未練があるのか、 チェンライに行った時の事。
奥さんは 「ちょっと運転させて...」 とハンドルを握る。

車が余り通らない道路を直線でちょっと走ると T 字路の交差点。
ここを右折するのだが、 亭主に奥様が思いがけないことを言う。

「右に曲がれない」 と停車してギブアップ。
後ろに他の車が見えた、 Mさんは慌てて運転を交代。


こんな運動神経の鈍い女をヨメにすると爺さんが苦労する。

「運転手はアナタ、 あたしは朝寝....」

Mさんはそれこそ老骨に鞭打って毎朝夕、 子供の学校送迎に奮闘。
ジジイも知ってる、 学校通りの朝夕のひどい大渋滞。

ジジイはこんな話を聞くとニンマリ。
やっぱし1人暮らしが最高だ!


  ***********************


B 日本で運転免許証 取得にトライ。

平さん一家は昨年9月、 チェンマイを引き揚げて日本に戻った。
この件は本ブログ#1346(2018年11月5日)で掲載済み。

日本に引っ越して約1年、 パートタイムの仕事を見つけたタイ人の奥さまはその間、 タイの国際運転免許証で(運転して)通勤。

しかし国際運転免許証の有効期限は1年。
タイの国際運転免許 → 日本の運転免許証切り換えはできない。

日本の国際運転免許 → タイの免許証切り換えはOKなのに....
互恵がないのは、 日本がタイの免許証を信用していないからか。

仕方がない、 奥さんは日本の運転免許証取得にトライする。
平さん(68)の奥さん(43)は、 Mさんの奥さんと違った。

1回目の実技試験は、 S字走行で脱輪 → 不合格。
ここでタイ人らしく、 「もう嫌だわ」 と取得を諦めた。

プライドが許さないのか、 試験はもう絶対に受けないと拒否。
しかし会社の人に諭されて、 渋々再受験することに....

但し時すでに遅し、 再試験は有料になっていた。
それでもトライしたが....

2回目は左右確認を怠り → 不合格。
3日目、 4回目は徐行を怠り → 不合格。

計4回の実技試験にことごとく不合格。

しかしカネだけは出て行った → 自動車学校の入学金が2万円。
2時間の教習が1回1万円、 3回受けたので3万円。

試験料は1回約2,500円、 4回受験で1万円。
これだけではない。

試験を受けに行くには有料の高速道路を走り、 申請に印紙代2,500円もかかって約1万円が吹っ飛ぶ。

その都度カネが吹っ飛び、 平さんはイライラ。
口を酸っぱくして注意しても下手糞な運転は変わらない。

    pict-1537042211641相楽宅と家族 (2).jpg
        ☝ 奥さんとお嬢ちゃん。

結局、 平さんが運転し、 奥さまを会社まで運ぶことに....
子供ならぬ、 25歳年下女房ために朝夕の送迎が始まった。

送迎代は勿論無料、 奥さんの給料は全て奥さんの財布に入り、 家計の足しには全くならない。

それでも平さんは、老骨に鞭打って毎朝夕の送迎に奮闘。
平さんがボヤきたくなるのも分かる。

運動神経の鈍い女をヨメにすると爺さんが苦労する。

ジジイはこんな話を聞くとアハハと笑う。
あぁ、 やっぱし1人暮らしが最高だ!


  ********************


C チェンマイで免許取得にトライしないと....

日野さん(71)は昨年5月頃、 中古自動車を80万円で購入。
チェンマイを引き揚げて日本に帰国する友人から譲り受けた。

で、 日野さんは10年来の恋人(30)にこう言った。

「この車をあげるから、 運転免許証を取りにいきなさい」

日野さんは彼女を運転手にして、 あちこち出かける算段。
ところが彼女は、 一向に免許を取りに行かない。

それどころか、 何かあるとすぐに、
「パパ、 xxに行きたいの、 連れてって」

日野さんは彼女の運転手に成り果てた。
ミツグ君だけだったのが、 アッシー君まで加わりボヤくこと。

それでも嬉しそうに彼女のアパートに迎えに行く日野さん。
40も年下の女性の機嫌取り、 ジジイにはとてもできない。


子供、 奥さん、 恋人の運転手としてサービスに励む爺さんたち。

若いタイ人女性をパートナーにすると、 こんな苦労が待っている。


ジジイはつくづく思う。






孤独が最高だ。         (負け惜しみかも)


チェンマイって ホントいいですね!
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:56| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

独居老人の生活1628(女性が映えるとき)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1628(女性が映えるとき)


   制服 やり易く  爺 勃ち難し
                                   詠み人知らず


@ ミスユニバース2019タイ代表がいた!

今年6月、 Fahsai嬢(25歳)が代表に選ばれた。
成る程、 ジジイにはどうやっても手が届きそうにない美女。

9月4日のFacebookには、 彼女が一般のバスに乗って帰宅する様子の投稿あり。 乗客が目敏く撮った写真だ。

pict-Miss Universe seen on public bus 2.jpg


Fahsai 嬢はモントリオール生まれ。 父がカナダ人、 母タイ人で、 カルガリー大学卒業後、 タイに移ってモデルをやっている。

英語とタイ語に堪能な美女、 それでも公共のバスに乗っている。
公共のトイレだって利用するかも....

                 * *

それじゃあ、 昨年(2018)のミスユニバースを思い出そう。
                  ☟
pict-2018年ミスユニバースタイTMB銀行.jpg  
          ☝ TMB銀行に勤務する才媛の美女。



      2015年はこんな美女(21)。
  pict-2015のナット・アニパン(21).jpg



     2011年のミスユニバース・タイ代表(20)
  pict-2011年のミス・ユニバース・タイ(20).jpg



     1965年は18歳。
  pict-pict-1965年(18).jpg

              ☝
この人が60代になった時の写真が報じられている。
余りに若く見え過ぎて、 ジジイには信じられない。
               ☟
   pict-1965年のミス・ユニバ.jpg  
     ☝ こんな事ってある?  60代前半のお姿。
       50数年後のミスユニバース1965タイ代表。



こちらはミス・ティファニーズ・ユニバース 2015(タイ)。
                   ☟
pict-ミス・ティファニーズ・ユニバース2015(22)大学生.jpg
        ☝ 22歳の大学生、 歴とした男性です。



    2016年のミス・トランス・ユニバース・タイ。
 pict-2016年の「ミス・トランス・ユニバース・タイ.jpg
             ☝ 勿論、男です。



徴兵を免れた2018年のミス・トランス・ユニバース・タイ。
                  ☟
pict-2018年の「ミス・トランス・ユニバース・タイ」で優勝.jpg


男だって女以上に美しい。
これじゃあ抱いてみたいという気にもなろう。

でも股間を触ってチンコがあったらジジイはもうダメ。
悲鳴をあげて逃げるだろう。

タイって、 大らかで イイネ !


  **********************


A 国は変われどいずこも同じ。

雨が降れば傘を差す。
で、多くなるのが傘の忘れもの。

  pict-P_20190831_183703_vHDR_On_p忘れた傘.jpg

ここはチェンマイ、 スーパー 「リンピン」 の入り口前。
買い物したあと、 雨が上がってると忘れるんだよね。


  **********************


B こんだけの品揃えじゃ物足りない。

この店はチェンマイ・サンティタムにある。
5差路ロータリーの北側近く。  (地図はココ

pict-1567687737571ランジェリー (1).jpg



   まばゆいネ〜
pict-1567687737571ランジェリー (2).jpg



   脱がせてみたい彼女から・・
pict-1567687737571ランジェリー (3).jpg



   ド派手ですな〜
pict-1567687737571ランジェリー (4).jpg



   セーラー服姿は今も憧れ。
pict-1567687737571ランジェリー (5).jpg

皆さまの奥さま・恋人へのプレゼントに如何でしょう。
歳は関係なし、 50代女性でも着てみれば映えるはず。

ちなみにランジェリーの価格は199バーツから。


でももっと品揃え して欲しい、 男は制服に弱いんだ。

ナースの白い制服、  フライトアテンダント、  女子警察官、
女性兵士(軍服)、  腰巻とセットの和服・浴衣もいい。

黒のブルマ、 弓道・剣道・柔道着、 女子バレーのユニホーム、
ワンピースの黒い水着と体操服、 喪服など。


皆さまのパートナーにこんな制服や衣服を着させて....

日頃のマンネリ H を克服、 燃えますぞ。


貴方が脱がせようとする時、 彼女にこう言って貰いましょう。

「アー、 いや、 ダメダメ、 いけません.......ああぁー」







これをタイ語で言われてもなぁ............勃たんわ。



チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:41| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

独居老人の生活1617(タイ人女性の恋の駆け引き)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1617(恋の駆け引き)


 思いどおりにならないけれど、 きっとこの愛に応えてくれる

 と男性に思いこませるすべを心得ている女性は、

 男性について最大の支配権を握っています。

                       エーブナー=エッシェンバッハ (オーストリアの作家)


@ ジジイのこれからの楽しみ。

ジジイは今か今かと待っている。
理想の女性が現れるのを....ではない。

それは韓国の通貨危機だ。
2019年7月4日、 日本が韓国をホワイト国扱いから除外した。

それ以来、 ウォン安が止まらない。
それまでは1ドル=1150ウォン前後だったが、 8月5日、 1220ウォンを突破。

これは2016年3月以来、 3年5ヵ月ぶりの安値である。

pict-DSCN6083.jpg


1ドル=1400ウォン(の安値)を突き抜けたのは過去2回。

1回目は1997年のアジア通貨危機の時で、 韓国はIMF(国際通貨基金)の管理下に置かれた。

これは経済的独立国からの転落を意味する。

2度目は2008年のリーマンショック。
この時は 「日韓通貨スワップ協定」 があり、 日本が韓国を助けたのだ。

しかしスワップ協定は2015年、 韓国の希望で終了している。
日本は、 もう何があっても韓国を助ける必要なし。

対岸の火事、 野次馬よろしく見物してればいい。
心配なのは、 日韓議員連盟などの政治家の画策だ。

「隣国が困っていれば助けるのが当たり前、 友好につながる」

こんな工作員のような政治家がいるから厄介だ。


通貨安につられたか、 韓国総合株価指数(KOSPI)も下落。
2019年5月には2200を超えていたが、 8月には一時1900を下回った。

更に中国経済の失速が韓国に追い打ちをかける。
貿易立国の韓国は、 対中国(香港含む)輸出依存度は34%。

日本ボイコット(不買)運動で、 苦しい経営(赤字状況)の韓国・航空会社は、 ますます業績悪化の泥沼に....

さあ、 3度目の通貨危機がいよいよ現実味を帯びてきた。
 (source : 週刊 SPA!)

https://www.youtube.com/watch?v=01Fs_435QNk

  危機よ来い、 早く来い ♬
  あがき始めた 韓国で
  経済不安が どっと出て 
  国家の破滅を 待っている ♬


  ************************


A タイ人女性の恋の駆け引き。

Mさん(65)は年2回、 チェンマイに来て数週間滞在する。
恋する彼女(30歳前半)は病院勤め、 忙しくて毎日逢えないのが唯一の不満。

先日、彼がシャワーを浴びている時、 デジカメをテーブルの上に
置いていた。

部屋にいた彼女はその間に、 素早くデジカメをチェック。
たくさんある写真の中から1枚に目を止める。

後日Mさん、「僅かな時間でよく見つけたもの」 とジジイに言う。

しかし感心してる場合じゃない。
彼女はカンカン、 「この女性(ひと)、 だれ!」

まる1日 口を利かず、 不機嫌そのものだったという。
何とか宥めたものの、 彼女の不信感が払拭された訳じゃない。

   pict-イタイ親父.jpg
          ☝ イメージ画像。

               * *

昨夜、 Mさんを交えて4人(爺さんばかり)で夕食。
間もなく彼が帰国するので、 その送別会だ。

その時Mさんに、 彼女から幾つもの Lineが入った。
Mさんはその1つを取り出して我々に披露。

 ”貴方が私を愛していないなら、 お金は要りません”

Mさんが嬉しそうに言う。
「彼女は私の愛を確かめたいんですね、 お金だけじゃなくて..」

「愛してるって書いて Line すればいいんですよ」 とジジイ。

日本人男性のほとんどは、 愛情表現が下手糞だ。

でも、 チョト待てよ、 彼女のこの含蓄ある言葉。
”貴方が私を愛していないなら、 お金は要りません”

これって、 裏を返せば、

「もし私を愛してるならば、 バンバンお金、頂戴ね。
  私の欲しい物、 何でも買ってくれるわね」

ということを意味する。

彼は日本に帰ってからも、 彼女に送金するという。

そう、 これぞ男だ、 まさに....







”International ATM" (国際ATM) といえよう。


チェンマイって ホントいいですね!

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:02| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする