2019年06月06日

独居老人の生活1544(老人の集合生活)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1544(老人の集合生活)


 年を取ると使用年限は大体見当がつくから、

 完全でなくても、どうにか死ぬまで保てばいい、

 と気楽に思えるのである。
                                 曽野綾子 (作家)


@ 居眠りに最適の場所。

ウトウト居眠り、 こんな気持ちのいいことはないと思う。
ジジイはかって、 会社の会議では100%居眠りした。

時間にして15分程度だと思うが、 目覚めるとスッキリする。
今でも友人たちとカフェなどで駄弁っていると大概眠る。

ジジイの関心ある話題(女です)なら、 しっかり聞き入るが....

東京のとある建物は居眠りに最高の環境とか。
特にくだらない話になると、 みんな眠ってしまう。

こんな感じで.....

          ☟
                             (週刊新潮より)
pict-DSCN5667国会居眠り (2).jpg
                   ☝
  甘利選対委員長、 二階幹事長、 松本純国対委員長代理。
  皆さん仲よく熟睡中、 平和の象徴か。



いやいや、 居眠りしない議員だっておるんだよ。
                  ☟
pict-DSCN5667国会居眠り (1).jpg

かってパンツ大臣(復興相)と揶揄された高木毅議員はSNSでチャット。 この行為は違反です。 

若い頃、 女性の下着を盗んだほど、 SNSなどどうってことなし。

                  * *


A 胃が痛くなる。

昨日、 朝食(カォトム=ライススープ)後に帰宅。
本ブログを作成していたら胃痛に襲われた。

徐々に痛みが激しくなり、 ランチを抜いてベッドで眠る。
日本から持参の胃薬をのんだが、 治まらず。

そのうち身体に震えが来て寒気を覚える。
すぐにファンを切り、 タオルケットを取り出して上にかける。

それでも身体はガタガタ、 吐き気と胃痛がひどく中々眠れない。
結局、 夕食抜き、 ベッドの上で翌朝まで横たわっていた。

ジジイにとっては稀有なこと.....終日ビールも飲まず。
今朝3時頃起床、 胃痛はかなり和らいだ。

何か食わなきゃあと、 近くのコンビニに行ってサンドイッチと温泉卵を購入。

朝7時前、 約24時間ぶりに腹を満たす。
食後に降圧剤と胃薬をのみ、 只今、本ブログを作成中。

まだ胃が重苦しいが、 痛みは消えた。
なんでまた急に胃が痛くなったのだろう。

それにしてもつくずく思う。
独居というのは高齢者にとって特にキツい。

水を飲むにも、 タオルケットや薬を出すにも全て1人。
歩くと体がフラフラ、ヨタヨタしたが...

昨日はジジイの誕生日。
誰とも会わず、 たった1人、 苦痛の状態で74歳を迎えた。

ジジイの未来が見えた、 こんな感じで孤独死か。

  **********************


B 年寄りの住む団地。

東京・新宿区 にある 「都営戸山ハイツ」 は1949年に完成した。

戦後、住宅難で家が不足する事態に陥り、 これを打破すべく、 東京都によって都営住宅が建設され、 都内の団地の原点に....

1970年代に、 鉄筋コンクリートの高層住宅に立て替えられた。

pict-戸山ハイツ.jpg



現在「戸山ハイツ」 には35棟 約3,300世帯、 5,600人が生活。
住民の56%が65歳以上のお年寄りだという。

老人は暇、 そこで団地には、 色んなイベントや交流の場が設けられている。

下は住民による合唱隊。
高齢者向けに開放されている施設で年に1度、 演芸会を開催。
                  ☟         (以下、週刊文春より)
pict-DSCN5662戸山ハイツ (6).jpg

pict-DSCN5662戸山ハイツ (2).jpg

正月の餅つきイベント。
40sのもち米を使い、 150食限定で振る舞われる。
                 ☟
pict-DSCN5662戸山ハイツ (3).jpg
                 ☝
       頭には帽子、 顔にはマスク、 これが
       清潔度を重んじる日本人の標準か。


チェンマイでも餅つきイベントが行われている。
在住者クラブという日本人会が ”餅つきキャラバン隊” を編成。

お祭りとか学校などに出向き、 華麗なるパフォーマンスを披露。
但し、 餅をつくのは70歳前後の爺さんばかりでボランティア。

それでも華やかに感じるのは、 爺さんらの若い奥さん(タイ人)が参加、 美しい微笑みを投げかけるから。

pict-DSCN3928X餅つきアップ.jpg
                 ☝
 2018年チェンマイWorld Fairで... 帽子はかぶってますね。
   (1人はハチマキだけど....)


正月恒例の餅つき大会を前に、 暫し休憩するお年寄り。
孫が出てくるのは、 正月ならではの光景。
                  ☟
pict-DSCN5662戸山ハイツ (1).jpg



     老人と猫。
   pict-DSCN5662戸山ハイツ (5).jpg
                ☝
  孤独死した2つ隣の住民の猫を引き取って育てている。
  この爺さんもいずれ孤独死か、 元気なうちに猫の嫁ぎ
  先を決めておこう。



草取りをする15号棟の住民。
夏と冬を除き、 毎月の行事になっているとか。
              ☟
   pict-DSCN5662戸山ハイツ (7).jpg



南地区の自治会では、 誕生会を開催。
4ヵ月に1度、 お祝いするそうな。
                   ☟
pict-DSCN5662戸山ハイツ (4).jpg


チェンマイの幾つかある日本人会には、 誕生会はないようだ。
もしあれば、 ジジイは74歳を拍手の中で迎えられたのに....

希望する爺さんには若い美女を付け 「今晩、記念にどうぞ!」
と送り出してやれば、 会員数は激増するだろう。


本音を言えば、 草取りには参加したくない。
誕生会ではビール、 出るんだろうか?

自分の趣味に合わない活動は無視、 こんな我儘はOKかな?
もう交流したくない..という老人は少なくないと思う。


「戸山ハイツ」 の住民交流は、 チェンマイでは日本人会がその役割を担っているか。

同じ交流でも戸山ハイツと異なる点は、 チェンマイ爺さんの話題にはオンナが出てくること。

・クスリをのんだけど、 効き目がなかった。
・イイ若い子、 いたら紹介してよ。

・彼女が言うのはおねだりばかり、 うんざりだぁ。
・俺のカノ女、 男作って逃げちまった、 クソー!


華のあるチェンマイの爺さんたち。
その数ある年寄りの中で、

ジジイは孤独の中、 苦しみ抜いて誕生日を迎えたが...







 74歳までは生きた、 感謝。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:25| Comment(14) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

独居老人の生活1538(好きなだけ...どうぞ!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1538(好きなだけ..どうぞ)


 一番大切なことは 単に生きることではなくて

 善く生きることである。
                         プラトン (古代ギリシアの哲学者)


@ 日本や海外で仕事を....

S(タイ人、 52歳)は2006年に日本へ行き、 シェフとして働く。
数年後、 貯めたお金を持って彼の故郷パヤオ(タイ)に戻った。

そして友人たちに、 日本や海外で働きたいなら斡旋すると吹聴。
彼らに相応しい高収入の仕事を紹介するとも約束した。

加えて、 当該国で要求されるイミグレ要件もパスするよう指導すると言う。

Sは海外での仕事斡旋業を無許可でスタートさせた。
雇用エージェントはタイの雇用局に登録せねばならないが....

料金は10万〜14万バーツ/人。
これには法律順守で日本へ渡る費用が含まれると言う。

pict-Employment Fraud.jpg
          ☝ Sこと Somnuek Sangbos。


2009年、 シーサケットの女性客と14万バーツで契約。
客が前金5万バーツを支払い、 フライト確認書を受け取る。

その客はバンコクのモチットバスターミナルに到着。
そこで約束通り、 5万バーツをSの銀行口座に振り込んだ。

残りの4万バーツは、 目的地(外国)に着いてから支払う約束。
しかし、 客が外国に到着することはなかった。


Sは2009〜2010年で、 バンコクとコラートの客2人を騙す。

直近の事件は2012年、 Sの生まれ故郷・パヤオで起こる。
被害者はSの妻の縁者だった。

Sは14万バーツで海外に行き、 仕事ができると確約。
客は前金としてSに7万バーツを振り込んだが、 何処にも飛べなかった。

この被害者は訴えることにした。
犯罪抑制部の警察が逮捕 → 起訴のためパヤオ警察へ移送。

Sは、 海外実務研修の約束までしてタイ市民を騙していた。
罪状は違法職業斡旋、 詐欺などで、 今後は裁判で争う。


Sは最初から騙すつもりで誘っていたようだ。
日本滞在中も何か悪いことをしていたか。

14万バーツ= 約48万円、 これで飛行機に乗り、 ビザの心配なくイイ仕事ができるなら、 タイ人だって飛びつきたくなろう。

その14万バーツも借金したのでは?

ベトナム人は、 150万円(借金)を払っても、 日本へ働きにやって来る。
しかし期待したほどの収入が得られず、 万引き、 窃盗などの犯罪に走る者が出てくる。

ジジイは今回の東京滞在中、 大戸屋(新宿店と浅草橋店)、 和民(渋谷)など居酒屋、 回転寿司屋(新宿ほか)に行ったが、 全てにベトナム人の店員がいた。

残念ながら、 タイ人の店員には1度も出会ったことがない。
もし居たら、 ジジイの拙いタイ語で話しかけたいな。

  *********************


A 成人病検診の結果。

2週間前に行った検査の結果を貰うため医院に行く。
医師が丁寧に説明してくれる → 特に異常なし。

但し、 γ-GTPが100、 尿酸値が7.5、 やや高めと注意を受ける。

「昼と夜、 欠かさずビール飲んでますからね」 とジジイ。

「アルコール、 休むことはありますか?」

「365日、 休みなしですね、 でも飲むのは食事の時だけです」

すると医師の立場としては言いにくいのですが...と前置きし、

「飲めるうちに好きなだけ飲んでおいてください。
 80歳を過ぎると、 飲めなくなっていきますから」

「そうですよね、 元気なのもあと数年ですから」

物わかりのいいこの医師、 自身も70歳と高齢だ。

「これを読んで、 参考にしてください」 と言って、

尿酸値を分かり易く説明する冊子をくれた。
                 ☟
pict-DSCN5643尿酸値 (1).jpg



帰宅後、 読んでみると、 そこにはこう書かれてあった。
尿酸値を下げるためには......
                  ☟
pict-DSCN5643尿酸値 (2).jpg
         ☝ ”アルコールを減らしましょう”

素晴らしい医者だと思う。

               * *

ジジイは医師にこの関心事を訊きたくなった。

「女のほうも...80歳を過ぎるとできなくなるでしょうか?」

医師はおそらくこう答えたであろう。

「もし今できるなら、 好きなだけヤッておいてください。
 80過ぎると、 クスリをのんでも勃たなくなりますから」


間もなく74歳になるジジイ、 勃起寿命が近づいている。
80代、 90代にも効くクスリが欲しいものだ。

                * *

今回の健診は、 身長・体重・腹囲測定、 胸部X線、 血液、 尿、 血圧、 心電図の検査。

支払いは300円のみ、 区の健康保険から補助があるので安価。
この補助は市町村によって異なり、 東京なら千代田区は無料。

ところが茨城県のある自治体(市)ではカネがかかる。
昨年9月にチェンマイを引き揚げた友人の平さんがこぼす。

料金が3,400円、 検査は上記項目に大便が増えただけ。
検査結果が出るまでに1ヶ月半要(ジジイの区は2週間)。

平さんは健保に加入、 しかし市の財政が豊かではないとか。
居住する市は東京のベッドタウンで人口約7万人。

年金事務所、 ハローワーク、 保健所の業務は隣の市に依存。
介護保険料も他の市よりも高いそうな。

健診に加え、 麻疹やインフルエンザ、 肺炎球菌などの予防注射代金もバカにならない。

ならば金満自治体・千代田区に引っ越すか....となるとアパート賃料は跳ねあがり、 タイ人奥さんのパートは見つけにくいだろう。

やはり奥さんと娘さん(小学生)の暮らしやすい所が最適か。

  ************************


B 神輿。

5月26日は日曜日。 新宿で元会社の上司(78歳)とランチ。
東口正面寄りにある 「アサヒビアホール」 で昼からビール。

食事後、 文房具などを売る 「世界堂」 へ折り紙を買いに行く。
日本に関心のあるタイ人へのプレゼントに使う。

この 「世界堂」 や 「伊勢丹」、 「紀伊国屋書店」 の並ぶ通りは、 日曜は歩行者天国。

折り紙を買って表に出たら賑やかなこと。
御神輿のパレード(と言っていいのか)だ。

その雰囲気だけでも どうぞ!

pict-DSCN5634.jpg



   pict-DSCN5635.jpg



    ねじりはちまき 揃いのゆかた ♬                   
pict-DSCN5639.jpg
      ☝ 担ぎ手も高齢化、 20代はいるんかねえ。


   雨が降ろうが槍が降ろうが・・ ♬
pict-DSCN5637.jpg
    ☝ 女も大年増、 昔の美女が混じって華を添える。



   いました若い子トリオ、 真ん中の娘が可愛い。
pict-DSCN5636.jpg
                  ☝
ジジイはポッチャリ型が好みだが、 右側の女性ではちょっと...


   景気をつけろ  エロまいておくれ ♬

   ワッショイ  ワッショイ

   ワッショイ  ワッショイ

   ソーレ ソロソロ  






    お迎えだー   


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:51| Comment(8) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

独居老人の生活1530(ピンコロのために・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1530(ピンコロのために...)


 1つの言語はあなたを人生の通路に立たせ、

 2つの言語はその通路にある全ての扉を開ける。

                                フランク スミス (英国の言語心理学者)


@ 寝たきり老人にならないために....

寝たきり老人を研究する星 旦二医師(首都大学東京名誉教授)が週刊誌上で語っている。

ピンコロで死にたかったら、 まず寝たきりにならないこと。
しかし日本はこの寝たきり高齢者が多いという。

日本の寝たきり高齢者は約200万人、 日本を100とすれば米国は20。

介護施設における日本の寝たきり割合は、 スウェーデンの4.2%に対し、 日本は33.8%に上る。

では寝たきり割合の少ない県はどこか?
これが東京かと思いきや違った。

山梨、 千葉、 長野...病床数(ベッド数)の少ない県が上位にくる。
日本では病床数が人口当たり米国の4倍、 入院期間も3倍近く長い。

国民皆保険だから気楽に入院を続け、 筋肉の衰えがきて寝たきりになってしまう。

寝たきりになりたくなかったら、 早々に退院しろってことか。

ところが日本人は根が真面目、 熱心に通院し、 元気でも健康診断を受ける。
加えて人間ドックまで....これでは病人になりに行くようなもの。

素人が考えても分かる。
70過ぎの老人なら、 何らかの病気があっても不思議じゃない。

高齢者の血圧は、 180を超えてなければ心配無用。
薬を服用し、 無理して下げると害になることもある。

星医師は 「病院に行くより美容院に行こう!」 と勧める。
美容院で気分転換し、 オシャレして出歩くほうが健康にイイ。

健康診断は予防ではない、 悪いところを見つけるだけ。
ピンコロにはこの予防が大切ということ。

そのためには口腔内ケアを忘れずにやろう。
歯の検査・治療である。

歯周病は、 菌が血液とともに心臓に流れて疾患を引き起こす。
歯周病は万病の元、 しっかり治療してほしいと言う。

pict-DSCN5609.jpg



   読みにくいので、 左側をズームアップ。
 pict-DSCN5612.jpg
               ☝
脳ドックでは、 「余計な病気を見つけられる」 と書かれている。


ジジイは東京で年に1回、 成人病検査だけ受ける。
尿、 血液、 不整脈、 胸部X線、 血圧程度。

人間ドックには1度も行ったことがない。

もう間もなく74歳、 コロッと死ぬなら明日でもいい。
思い残すことは少しあるが、 100%を求めても詮無い事。

とにかく寝たきりで、 苦痛あり、 酒飲めず、 女も抱けない、 こんな状態で生きていくのはキツいし嫌だ。

とは言っても元気な今も、 十分に女を抱けていないけど...
   (source : 週刊現代)

  ********************


A 東京で購入した物。

ジジイはあと2週間足らずでチェンマイに戻る予定。
少しずつ買い物をし、 タイに持参する。

日本茶、 サランラップ、 魚ソーセージ、 缶詰、 ワサビとカラシ、 お菓子類、 梅干し、 衣服、 常備薬、 書籍などは例年通り。

今年、 仕方なく買ったのが次のような物。

1.ヘルメット(日本製)。

昨年盗難に遭い、 日本製品輸入リサイクルショップで購入、使用して来た。
先日、 ドンキホーテで新品を買う、 7,500円。
               ☟
   pict-DSCN5603お土産 (1).jpg



2.電子辞書: 11,580円。

シャープ製で、 棚から1番安いものを選んだ。
機能は国語、 英語だけで十分。

  pict-DSCN5603お土産 (2).jpg
            ☝
  購入はヨドバシカメラ、 1割のポイント還元あり。



3.スニーカー: 7,500円。

     ナイキ製。
  pict-DSCN5604.jpg

チェンマイで買うブランド品は高い。
ナイトマーケットの品は偽物で品質に問題あり。

ジジイは、 スニーカーを1度もチェンマイで買ったことがない。 
いつも日本で買っている。



4.ポケット翻訳機: 32,270円。

SourceNext社、 商品名がポケトーク。
                ☟
pict-DSCN5603お土産 (3).jpg
       ☝ 右側に見えるのはパソコン用マウス。

ヤマダ電機で購入、 11%のポイント還元あり。
74ヶ国の言語に対応している
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=ULJ_bZQYi2c


ジジイはシム付きをチョイス、 Wi-Fiのない場所でも使用可能。
シムは2年間で買い替えが必要とか。

もしシムなし、 Wi-Fiだけで使用する場合は割安になる。
確か28,000円代であったと記憶する。

購入目的は、 タイ人とのより一層のコミュニケーションを図るため。

端的に言えば、 美女に話しかけて友人に → 恋が芽生え → 真実の愛を語り合う。

これまではタイ語がネック、 これで心配がなくなった。

但し不安なことが1点あり。
タイ語 → 日本語の翻訳の時だ。

ジジイがタイ語で話すと、 間違った日本語が出てくるのだ。
マトモに訳せたのは 「ポムラックン」 のみ。
          (私はあなたを愛してます)

しかし 「キンカーオ ドゥアイカン マイ」
      (一緒に食事しようよ)
            ☟
 これが 「ニュースはどうですか」 と現れる。


「ポム キトゥン クン」 (君がいなくて寂しいよ)
               ☟
          「目が覚めました」 と間違う。


不良品かも.....

しばらくして分かった。






ジジイのタイ語の発音がダメなんだ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:25| Comment(8) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする