2020年01月20日

独居老人の生活1750(爺さんは地図を読まない)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1750
                      (爺さんは地図を読まない)


 人生は地図のない旅とよくいわれているが、

 所々に道しるべが置かれている。

それぞれの人生の中に、 命の道しるべの経験があると思う。

                             鎌田 實 (医師、 作家)


友人のAさん(70歳半ば)とランチを食うことになった。
場所はジジイが北タイレストラン 「ファンペン」 を提案。

Aさんがまだ1度も行ったことがない処だったから。
色んな店に行き、 チェンマイ市街を覚えたいという。

1月11日(土) 12時30分、 店内集合...こんなLineで連絡。   
そしてジジイは次の地図を送信した。
  pict-DSCN6585.jpg


スマホでの地図の読み方は、 以前にジジイが十分に伝授。
最初にファンペンの位置情報(地図)、 次にグーグルマップを送る。

位置情報だけで良かったのだが、 店がどのような雰囲気かを知って貰うために、 グーグルマップも追加で送った次第。

グーグルマップには店や料理の写真も載っているから。

      位置情報。
  pict-DSCN6574.jpg
     ☝ ジジイが付けた赤線が 「ファンペン」



      グーグルマップ。
  pict-DSCN6578.jpg


ところが当日(11日)、 「ファンペン」 に行ったところ、 無休のはずが休みだった。

先に着いたジジイが店の前の道路で待っていると、 程なくAさんがやって来た。

仕方なく2人で別の店に行き、 そこで昼食をとる。
この日はこれで終わった。

                * *

昨日(1月19日)、 再度 「ファンペン」 で待ち合わせ。
時間も地図も前回(11日)に送ったものと全く同じ。

問題はここから始まった。
店に到着、 テーブルに座るやいなや、 Aさんがこう言った。

「位置情報の地図とグーグルマップが同じじゃない。
道路が1本違っていて、 どっちが正しいのか迷ってしまった」

「そんなバカなことは100%ありませんよ。
どちらも地図にあるファンペンにマークしただけですから」

「いや、 俺が見たときは絶対に違っていた、 自信がある」

店内でジジイが送信した2つの地図をチェック。

「ね、 同じでしょ?」 とジジイ。

「いや、 ここはファンペンだから同じに出てるだけ」 とこう主張するAさん。

              * *

ランチが終わり、 店から1qほど離れたカフェに移動。
そこでもう1度、 2つの地図をスマホで見てチェック。

「ね、 同じでしょ?」 とジジイは再び言う。

「ウーン、 自宅に帰ってじっくりチェックしてみますよ」

どこでチェックしようが結果は同じだが...

              * *

その日の夜、 ジジイはAさんにLineを送った。
「地図、 チェックされて如何でしたか?」

返信はすぐに届き、

「独居さんの言う通りでした。 
 目まで悪くなりました。 救いようがないですね」


Aさんは約1週間前にもこの店(ファンペン)に来ている。
であれば、 地図に頼らずとも簡単に再訪できるはず。

そう思うジジイは考えが甘かった。

Aさんはジジイが送った地図をベースに、 スマホのカーナビを見ながら運転する。

だから前に行ったレストランでも道を覚えることがない。
Aさんの頭には、 チェンマイの地図が入っていないのだ。

旧市街(お堀の内)は車と人が多く、 スマホを見ながらの運転(車)は危険を伴う。

何処へ行くにもカーナビ、 郊外など遠方なら分かるが、 チェンマイのダウンタウンでも...


ジジイはチェンマイに来た頃、 北タイ情報誌 「CHO=チャオ」 の地図に訪れたレストランをマーキングしていた。

大きな紙の地図に行った所を書き込む、 これでチェンマイの地図がジジイの頭に入った。

アナログ的だが、 スマホの小さな地図よりもずっと見やすく、 チェンマイ全体を把握できるのだ。

                * *

「女の子が喜びそうなレストランに彼女を連れて行きたい。
 独居さん、 いい処を教えてくださいな」

こう言うAさんにジジイは答えた。
「私のブログを読めば、 地図付きでいっぱい載ってますよ」

「ブログをどうやって見たらいいのか、 それが分からない」

Aさんは、 独居老人ブログを全く読まない。

そんなAさんをお連れして、 色んなレストランをご案内しているここ4ヶ月。

尚、 Aさんはチェンマイが初めてではない。
冬期ではあるが毎年数か月、 チェンマイ郊外でロングステイ。

5〜6年のいわばチェンマイ暮らしを体験済みの爺さんだ。
しかしチェンマイ・ダウンタウンには詳しくなかった。

最初お会いしたとき、 知っていた所は 「オーキッドホテル」、
その並びのセントラル、 YMCAくらい(その界隈で...)。

東京なら、 八王子に住んでいても山手線内の地域には疎いという状況と同じ。

ちなみにAさんは現在、 お堀(外側)まで徒歩2,3分という便利な場所(アパート)に引っ越しなさっている。

               * *

話は変わって2年ほど前になろうか、 ランチのため4人が集合。
その店が初めてという爺さん(76歳)に位置情報を送信。

ところがその爺さんは地図が読めず、 立往生。
何度も行ったことがある 「チェンマイ・プラザホテル」 に着いたとの連絡。

店はそこから車で4,5分の所。
ジジイはプラザホテルまでバイクで迎えに出向いた。

ランチの店は Soi などの入り組んだ通りにある訳ではない。
極めて簡単...と思っていたジジイが甘かったのだ。

その爺さんは、 結局1時間遅れで約束の店に到着した。
チェンマイ郊外に数年暮らす人でも、 チェンマイの地図が読めない。

Aさんもこの爺さんもなぜ地図が苦手か?

お2人とも日頃から地図に馴染んでいない、 つまり読む訓練をしていないからだと思う。

               * *
                
Aさん(70代半ば)は今、 20代前半のタイ人とデート中。
20代の美女じゃなければ興味がないという。 

50数歳も年下、 上手く口説ければいいが....

地図の読み方でお分かりのように、 Aさんの頭は半ボケ。

しかし、





色ボケの方は100%、 進んでいるようだ。


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:36| Comment(4) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

独居老人の生活1745(精力をつけて...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1745(精力をつけて...)


  女犯だと?  お笑い草よ

  男根と女陰

  これこそが宇宙であり生命の源である!!

                             ふくしま政美 (漫画家)


@ CMU Book Fair 2020。

pict-CMU Book Fair 2020.jpg

今回で26回目となるチェンマイ大学ブックフェアが催される。

2020年2月2日〜12日  10am - 9pm (地図はココ
入場無料。


  *********************


A チェンマイ・フラワーフェスティバル。

2020年2月7日〜9日(日)  
ノーンブアクハート公園 (地図はココ

観光目玉のパレードは2月8日(土) 午前9:00〜12時。
ターペ通りを西に歩いてノーンブアクハート公園へと向かう。

pict-P_20180203_103238.jpg
           ☝ 過去のパレードです。


  *********************


B 生徒が集団食中毒。

100人以上の学生がキャンプ場で食事後、 下痢・嘔吐の症状。

pict-100 students fell ill after eating at camp.jpg


2020年1月13日、 チェンマイ郊外にあるサンサイ病院のレスキュー隊と医師が出動。

モンフォートスクール(ココ)の生徒で、 76人はサンサイ病院へ、 他の50人の子供は父兄の家近くにある病院へと運ばれた。

子供たちは症状によって注射や点滴の手当てを受けた。

約30人の医師と看護師は、 まだ 「Ban Chum Jit キャンプ場」 (サンサイ)にいる生徒を看るため現場に急行。

食中毒の原因は、 ボイルされたソース付きチキンと思われるが、 これから詳しく調べる由。


料理を提供したのは何処の誰だろう。 
Catering(仕出し)の業者かな?  厳罰に処して欲しいね。


  *********************


C 精力増強食品。

チェンマイに住む友人がこれを毎日1粒食えば、 1か月後にはチンコがビンビンになる...こう自信たっぷりに勧めてくれた。

pict-P_20200111_203935_vHDR_Onニンニク.jpg


友人自身がニンニクを1ヵ月間ほど電気炊飯器に入れ、 じっくり
温めて作ったという。

「食べ過ぎはダメ、 1日1個でそそり勃つこと間違いなし」 と
友人は自信満々。

物は試しと、 ジジイが食い始めてから5日経つ。
今のところ何ら反応なし。

食べてみるとこれが美味しいのだ。
つい2個、3個と食いたくなるが、 教えを守って1日1個。

友人の講釈に疑心暗鬼になるのは、 友人自身が、 「俺は薬をのんでも勃起ダメ、 女房(タイ人)とは2年もヤッてない」

とまあ、 こんなことを言ってるからだ。

ニンニクが精力アップに効くとは昔から言われている。
とにかく1ヵ月後には、 次のようになることを夢見て....


                  ☟


pict-陽元石.jpg
                  ☝
  この奇岩(陽元石)は、 中国広東省の丹霞山にある。

陽元石は高さ28m、 直径7m、 30万年もの歳月を経てこの様な形になったといわれる。

この写真を横にして見るとリアルな感じ。
              ☟
  pict-pict-陽元石.jpg


丹霞山の主峰は標高は618 m。
2004年、 ユネスコの世界ジオパークに認定された。

pict-丹霞山.jpg


奇岩怪石が点在、 チンコに似ている陽元石があれば、 当然ながら女性器を思わせる陰元石もその近くにある。
               ☟
   pict-陰元石.jpg
     ☝ 陰元石:高さ10.3m、 幅4.8m。


この2つの奇岩は夫婦円満の縁起物として、 観光客の人気を呼んでいる由。

ジジイは1ヵ月後にこの陰元石を見て、 ムラムラと勃起すれば、 ニンニク効果ありということか。


そのとき多分、 ジジイのチンコはこんな状態であろう。


              ☟



              ☟



        垂れたまま。 (写真は茄子)
   pict-DSCN6556.jpg
             ☝
 (注) ジジイの一物は、 短小でももうチョット大きいです。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:21| Comment(2) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

独居老人の生活1705(老人になればどういう訳か・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1705(老人になれば..)


 医者が来るのを待ちきれずに死ぬ奴を短気という。

 そして 息が ”切れて” あの世に...


人間、 長生きすれば大概ボケる、 立派な ”国民病” といえよう。

団塊の世代が75歳以上となる2025年には、 全国の認知症患者が700万人になるそうな。

65歳以上の5人に1人がボケる → 予備群を含めると1000万人を超えるのではと推計(厚生労働省)。

pict-認知症.jpg
               ☝ イメージ画像。


ボケは、 性格や生活習慣、 日々の行動と症状の進行がリンクしているという。

特定の言動のパターンがボケの進行を早くする傾向あり。

なかでも、 わかりやすいサインのひとつが “口癖” 。
自分の脳は、 自分の発言を一番よく聞いている。

1日に何度も 「物忘れがひどくて」 という人は、 「物忘れがひどい自分」 を認め、どんどん症状が悪化。

で、 認知症の初期症状として次の2つの口癖が増える。

1つが 「面倒くさい」、  2つ目が 「別にいい」。

言葉は脳の状態を映す鏡、 認知症になる人は日頃から “悪い
口癖” を言っていることが多いとか。   (参考 : 週刊ポスト)

                 * *

ジジイはチェンマイで 「面倒くさい」 が口癖の爺さんを2人知っている。 2人とも独身者。

1人は71歳、 チェンマイが面倒くさくなったのか既にチェンマイを卒業、 顔を見せなくなった。

日本での1人暮らしだ、 間違いなくボケているだろう。


2人目は74歳、
結婚願望があったので、 ジジイはこうアドバイスした。

「普通の素人の女性を見つけたら如何?」

74歳の爺さんの相手はいつも風俗(玄人)の女性。
家や車など、 貢いだ挙句に逃げられたのが過去数人。

彼は必ず言う。
「素人は口説かなきゃならない、 面倒くさい」

言われてみれば、 風俗女性は爺さんが口説かなくても向こうからなびいてくる。

「面倒くさく」 なくて楽なことは確かだ。
しかし、 「共に白髪がはえる迄一緒に生活」 なんて頭になし。

カネだけ取ったらスタコラ逃げるのは当然か。
ま、 彼は 「エロ認知症」 にあったと言えよう。

今は 「もう女は要りません」 と言っているので、 次は一般的なボケが進行するであろう。

とにかく 「面倒くさい」 はボケる老人の口癖だとジジイも思う。


  *********************


一方で、 「切れる老人」、 「モンスター老人」 が増えている。
暴力、 暴言……高齢者による事件も多発。

総人口(1億2671万人)に占める65歳以上人口(3515万人)の割合(高齢化率)は27.7%。

高齢化により、 これからもこの比率は高まっていくという。
 (平成30年版・内閣府の「高齢社会白書」 より)


で、 1998年以降、 高齢者の検挙人員は毎年増加。
1998年が1万3739人 → 2017年で4万6264人で約3.4倍に...

うち70歳以上の検挙人員は、 2017年で3万1636人(68.4%)。
1998年の6840人と比べ、 10年間で約4.6倍にも増えている。


ではなぜ老人が ”切れて”、 ”モンスター” になるのか。

1.元気があり、 体力があり過ぎて攻撃性が増す。

2.多くのシニア社員が、 役職から引き下げられ、 部下も
   権限もなし → ムシャクシャして...

3.家庭内の権威低下 → 相手にされず → 1人で暇を持て余す。

4.「お客様は神様」 の風潮で、 尊敬を強要する心理が高まる。

   pict-okoru-oji.jpg


プライド過剰な高齢者は特にストレスが大きい。

店員さんなど赤の他人に無理やり敬意を要求し、 「態度が許せない」 と言ってキレるという。

些細なことで切れるのだ。
電車内で席を譲られると、 「年寄り扱いするな!」


幼児が電車内などで泣いていると、 「静かにさせろ!」
そして 「日頃からちゃんと躾しろよ」 となる。


レストランで年寄り大勢が騒ぎ立てる。
周りから苦情がきて、 店員が 「お静かに願いませんか?」

これで切れる、 「そんなにうるさくはしていない!」 
「カネ払ってるんだぞ!」 そう、”お客様は神様” 根性なのだ。


コンビニでは、 おとなしい店員に向かって、
「もっとハキハキ話しなさい!」 と怒鳴って説教。

老人にはこういう説教マニアが多いらしい。

 pict-キレる老人.jpg



介護現場でもモンスター発揮。
若い女性介護士の手やお尻、 胸を触る爺さんがいるんだとか。

介護士が 「いい加減にしてください!」 と言えば、
「老人には優しくしてよ、 いたわらないとダメでしょ!」
   (参考 : ダイアモンドオンライン)

こんな ”エロボケ” はおっぽり出せばイイ。

pict-転職で介護.jpg
         ☝ 触りまくる爺さんがいるとか。
             (イメージ画像)

               * *

もうチェンマイを引き揚げてしまったが、 次のようなお堅い爺さん・某(70代)がいた。

某がチェンマイ総領事館に行った時のこと。
窓口で書類の発行を依頼 → タイ人(女性)職員がその書類を差し出した。

そのとき某はこう言って怒った。
「こういう書類は封筒に入れて渡すもの、 なっとらん!」


ある日某は、 和食レストランに行った。
混み合っていて、 注文の料理が中々出てこない。

なんせタイ人夫婦による家族経営の小さな店だ。
待ちきれず、 とうとう切れた、 テーブルをガンガン叩いて、

「何をやってる、 どれだけ待たせるんだ、 いい加減にしろ!」

店主がやって来て
「もう帰ってくれ、 2度と来ないでくれ」。

               * *

某という人は謹厳実直、 いつもは普通の好々爺、 イイ人なのだ。
しかし余りに日本スタンダードであり過ぎた。

タイに居ながら、 暮らし方と考え方は日本そのまま。
これではストレスが溜まる一方だ。

ここはタイランド、 マイペンライ(気にしない)の国。

と言いながら、 ジジイもたまには切れることもある。


ジジイは切れそうになった時、 こう3回、呪文を唱える。

間違いなく気が静まる......皆さまにもお奨めします。








「オxxコ、 オxxコ、 オxxコ」


チェンマイって ホントいいですね!  


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:28| Comment(2) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする