2017年04月17日

独居老人の生活843(チェンマイで老老介護を思う)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐843
                    (チェンマイで老老介護を思う)


    お前がいつか出会う災いは、

    お前がおろそかにした ある時間の報いだ。

                                       ナポレオン・ボナパルト


「週刊 Friday」 今週号を読んでいたら、 何とも言えない気持ちになった。

老老介護、 我々の身近な問題である。
昨年、 千葉県船橋市でこんな事件があった。

2016年7月、 夫(80)は介護疲れから認知症の妻(73)を殺害。
同年12月、 懲役3年、 執行猶予5年の判決が下された。


夫婦はクリーニング店を経営、 仲の良い夫婦として評判だった。
しかし妻が6年前、 アルツハイマー型認知症と診断される。

物忘れ、 徘徊程度ならまだ良かった。
事件発生の3ヶ月前からは、 自分でトイレ(排尿・排便)ができなくなる。

オムツをしても、 辺りかまわず脱ぎ散らす。
介護施設入居を希望したが、 空きがなく順番待ちの状態。


その日の妻は、 2階の寝室一面にウンコを撒き散らす。
夫は考えた、 もし自分が先に死んだら妻はもっと大変に.....

夫は1階で3時間ほど寝ていたが、 タオルを持って2階に上がる。
一瞬妻と目が合った。
妻の瞳は、 何かを訴えかけるように瞳孔が開いていたという。

枕元に跪(ひざまず)き、 妻の頭を左手で持ち上げる。
妻は何ら反応せず。

そして妻の首にタオルを巻き力を入れる。
妻は絞められても、 拝むように両手を合わせ、 身動き一つしな
かった。

夫は言う。  妻も望んでいたのでは......

その夫が下の写真。
       ↓

pict-DSCN0007.jpg
                   ☝ 
        ちょうど座っている位置から首を絞めた。


                 * *


何とも身につまされる話である。
待機児童問題で人が殺された話など聞いたことがない。

「保育園落ちた、 日本死ねー!」 と国の死を望む。


この80歳のご老人は、
「介護施設に入れない、 日本死ねー!」 とは発しなかった。

自分で愛妻を絞殺、 「妻よ、 死んでくれ」 と心の中で....

                * *

チェンマイにはたくさんの同胞老人が住んでいる。
「オレの妻は若いから大丈夫」 と言える方は幸せか。

こういう日本の事件を知れば、 若いタイ人パートナーが理想かも
しれぬ。
しかし反対に、 自分の方が先にボケる可能性は高い。

部屋中にオムツやウンコを撒き散らす、 手でウンコをこね回す。
己がこうなった時、 若いタイ人妻はちゃんと介護してくれるのか。

                 *

ジジイの知人・友人には ”若くない” タイ人を妻にしている人が
結構いらっしゃる。

夫婦同世代、 タイ人の奥さんが10歳下くらいまでなら、 妻が先にボケても不思議ではない。 


女優南田洋子の結婚は28歳の時で、 相手の長門裕之が27歳。
                   ☟
pict-img_2437.jpg




妻・南田のアルツハイマー型認知症は71歳で始まった。

pict-bdy0812051703003_p1.jpg
           ☝ 長門74、 南田75歳の頃。




 ボケた南田洋子を長門裕之は介護した。
pict-20091021-minamida_youko1-580a9.jpg
                   ☝
   南田は、 ウンコを撒き散らしてはいなかったようだ。


南田洋子 76歳で死去。
長門裕之も1年7ヶ月後、 妻の後を追うように鬼籍に入った。


前述のクリーニング店夫婦は年の差7歳だ。
妻の認知症は65歳の頃から兆候があったという。

                * *


チェンマイの同胞ご老人の皆さま、 想像したこと ございますか?

あなたのタイ人女房がボケる、 ウンコを撒き散らす。
もしそうなったら、 あなたが介護なさるのです。

チェンマイの介護施設状況はご存知ですか?
日本の特養みたいな施設、 チェンマイにあります?

タイには介護保険ってあります?  何か保険 掛けてますか?
民間の介護施設は、 あっても高額だと聞いてます。


pict-php82190.jpg
      ☝ こんな日めくりカレンダーで予防しますか。



高齢者夫婦は認認介護(夫婦揃って認知症)に直面する場合も
生じます。 他人事ではありません。 

チェンマイで日本人爺さんがボケ、 タイ人女房も一緒にボケたら、
どうなるんでしょう。


老老介護問題、 「1人で抱え込まない」 ことが大切なんだとか。

何ごとも用意周到、 夫婦とも健康である今の時間をおろそかにせず、 相談する人や介護方法を考えておくってことでしょうか。 


とにかく日本人の爺さま方、
老老介護で疲れても、 ボケた奥さまを殺めたりなさらぬよう....


加害者:外国人、 被害者:タイ人。
  
日本のような期待はできません。










執行猶予は付かないかもよ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:26| Comment(6) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

独居老人の生活811(冠婚葬祭の軽重)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐811(冠婚葬祭の軽重)


    天てんを楽たのしみ命めいを知しる、

    故ゆえに憂うれえず。
                   易経

 (意味)
自分の運命を喜び、その使命を知れば、 悩むことは生じない。

                * *

今日10日、 ”子育てのん兵衛親父” さんの葬儀がある。
ブログや 「Chao」 のコラムでお馴染みの方が多いのでは.....

ジジイが初めてのん兵衛親父さんにお会いしたのは、 和食店 「のぼる」 がフォイケーオ通りに開店した時。

チェンマイに長く住む友人が、 「利用してあげてよ」 と案内してくれた。  それ以来、 大体週1回程度通ったか。


とはいっても今日の葬儀だが、 ジジイは欠席。
葬儀のあるチェンライは遠すぎる..という理由ではない。

行くに越したことはない。
だがジジイは60歳で隠居した時に決めたのだ。

今後、 冠婚葬祭は不義理しようってことを。
以来ただの1度も、 冠婚葬祭には出席したことがない。

     pict-280px-現代の標準的な葬式.jpg
         ☝ 日本の葬儀(イメージ画像)


親はジジイの還暦前にあの世へ行ってくれた。
1人いる甥っ子は生涯独身、 結婚式の招待状は出しようがない。

2人いる姪っ子は、 ジジイの還暦前に嫁いでくれた。
勿論独居老人、 結婚式には喜んで参列。


ジジイの隠居後、 これまでに冠婚葬祭の機会はあった。
実姉の亭主が死亡、 その姉も死亡、 世話になった叔父も....

3人が死亡した時、 ジジイはチェンマイで暮らしていた。
飛行機に乗り、 乗り換えて列車で地方に行く.....体力とお金の
かかる緊急の旅。

で、 香典だけ出して欠席...人から見れば不義理もいいとこ。
しかし何処の誰もジジイを非難はしなかった。

それは、 ジジイが根回ししていたから。
チェンマイ生活、 遠いところから馳せ参じ、 そのためにジジイが
病気で倒れたら困るでしょ?

要は、 チェンマイに移住する時に宣言した。

「今後、 冠婚葬祭には不義理します」
(注)この対象は親族・友人で、 東京に居るジジイの家族は別。


そこまでやらないと乏しい年金で、 ゆったりしたチェンマイ暮らしができないのではと..... 

つまり、 元気に生きているジジイが故人の分まで楽しむ、 これが供養だと思うことにしている。

勿論ジジイが死んだときは、 弔問も香典もあって欲しくない。

ジジイの場合、 通夜も葬式もやらない(遺言)ので、 有り得ないとは思っているが.....もしあれば迷惑、 そのように考えている。

自分にして欲しくないことは、 他人にもしない。
何ごともこの規範で......


老いたら、








冠婚葬祭は不義理がいい       (これはジジイの考えです)


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:41| Comment(2) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

独居老人の生活773(老いてこそ冒険)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐773(老いてこそ冒険)


     若い生活をしているものは若い。

     老いた生活をしているものは老いている。

                                         井上 靖 (作家)


「週刊文春」 今週号で、 老いてなお現役という方々が紹介されている。
老人が現役というと、 すぐHの方を連想するがそうではない。

では文春の写真で、 その元気なご老人たちをご覧あれ。 


@ パイロット・高橋淳(94歳)

2014年、 世界最高齢現役パイロットとしてギネス認定。
現在は富士川滑空場で後進の指導も。

pict-DSCN9442.jpg
              ☝
お洒落を心掛け、 爪も常に手入れし綺麗にしているそうな。


                 * *


A 落語家・桂米丸(91歳)

今も高座に上がる元気ぶり。
近年弟子の桂歌丸以上にエネルギッシュな活躍ぶり。

pict-DSCN9441.jpg



その桂歌丸(80歳)は車椅子が必需品。
噺家はいい、 声さえ出れば仕事ができる。
                   (写真は 「週刊 Fryday」 より)
pict-DSCN9453.jpg


同じ笑点メンバーだった林家こん平は、 商売道具の声が出なくなって笑点を降板した。


                * *


B オートレーサー・谷川武彦(75歳)

オートレース最年長勝利記録(73)保持者。
日本のプロスポーツ界の中で、 現役最年長でもある。

昨年はレース中に転倒、 左足骨折で半年の欠場の憂き目に....

pict-DSCN9440.jpg


                * *


C 声優・小林清(84歳)

多くの吹き替えを担当。  現在もTV、 CMなどで活躍中。

pict-DSCN9439.jpg


                * *


D ボディビルダー・森川清(83歳)。

甘いものと筋トレを愛しつつ、 目指すは90歳でのギネス入り。
体脂肪は約10%、 大会3ヶ月前から減量を開始し、 6%までに
落とす。
pict-DSCN9437.jpg


               * *


E マラソンランナー・よも助(61歳)

チェンマイ・マラソン界にその名を轟かす現役ランナー。
61歳とまだ若いが、 話芸や乗り物を動かすのとは違う。

自分の筋力で走り、 スピードマラソンに挑戦。
60代でチェンマイ開催でのマラソン大会・全制覇を目指す。

pict-DSCN9457.jpg

               * *

スキンヘッド・裸足のランナーは健在。

今朝(28日)もチェンマイ 「ロイヤルプリンスカレッジ・ミニマラソン大会」 に出場した。

では、 その模様を実況写真でご覧ください。


ここはロイヤルプリンス学校、 建物正面にかかるバナー。
ミニマラソン大会6.3km、 朝6時スタート。
 (場所はココをクリック)

pict-DSCN9454.jpg




スタート地点には早やくも大勢のランナーが集結。pict-DSCN9455.jpg




我が日本を勝手に代表して出場するよも助さん。
見渡すと....おりました(矢印)の人。

pict-DSCN9461.jpg




スタート地点に立つよも助さんと宿命のライバルの白人選手。
共にシニア部門で挑戦。  
pict-DSCN9459.jpg
           ☝ 裸足はよも助さんただ1人。




ブラスバンドの生演奏付きとは豪華。
表彰式ではこれをバックにトロフィーの授与か。
pict-DSCN9462.jpg




さあ10分遅れでスタート。
ジジイは曲がり角で待機したが、 アッと言う間に走り去る。

pict-DSCN9465.jpg
      ☝ このトップ集団によも助さんがいたのだが......




 あとを追う学生たち。
pict-DSCN9466.jpg




マラソンは参加することに意義がある、
200m過ぎて早や歩き始めた女の子たち。
pict-DSCN9467.jpg





 こちらは旗を掲げて走るのか?
pict-DSCN9469.jpg





後方はマラソンというより行進という感じ。
pict-DSCN9470.jpg



さてよも助さんはどこら辺に......途中棄権したか?
バイクで先回り、 ゴール1kmほど先で待機。

来ました!  スキンヘッドだから見つけやすい。
シューズが買えないので裸足、 スピード衰えることなく疾走。

正面の姿を撮りたかったが、 立ち止まってくれないので後姿に
なってしまった。



pict-DSCN9471.jpg


(追記: 3月4日)
よも助さんから、 「この写真を使ってくれ」 と送信あり。
懸命に疾走する彼の姿をご覧なってください。

    pict-1488598686219.jpg


あとで結果を訊いたら、 シニア部門の5位だった由。
まさか5人中5位ではないと思うが........


歳に関係なく飽くなき挑戦、 そして冒険する。
これが若さを維持するエネルギーではないだろうか。


老年になったら、 極端な話、 いつ死んでもいいんですよ。
死んでもいいなら、 冒険すればいい。

だから冒険は、 老年のためのものである。 
                                            曽野綾子(作家)



チェンマイで美女を求めて入れ揚げる。
これも爺さんの飽くなき挑戦.........冒険だ。





 腹上死する気で頑張ろー!


チェンマイって ホントいいですね!

 (後記)
Eのよも助さんの写真は、 「週刊文春」 の記事とは関係ありません。  ジジイが撮ったものです。

ネタにご協力、 よも助さん、 ありがとうございました。
今回は体調を測るトライだった由。  次回を期待しております。



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:49| Comment(2) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする