2018年01月13日

独居老人の生活1084 (人、愛欲の中に在りて独り立たず)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1084
                  (人、愛欲の中に在りて独り立たず)


   人、 世間の愛欲の中に在りて

   独り生れ、 独り死し、 独り去り、 独り来る

                                            浄土三部経


本ブログもたまには皆様のお役に立ちたい.....
こう願って本日は滅多にないこと、 真面目にお届けします。


現在、 ED治療薬として我々に馴染みのあるのが下の3つ。

pict-pict-DSCN2664バイアグラ.jpg
チェンマイではジュネリックが売られており、 安価で手軽に入手
できる。

それが 「Sidegra」 (タイ政府承認)、 「カマグラ」 (インド製)など。

チェンマイに住むED(勃起不全)の方は、 大概このどちらかを
服用されていると思う。


上記の 「バイアグラ」   「シアリス」、  加えて 「カマグラ」 は、
メーサイやタチレク(ミャンマー)では、 非常に安く売られている。

しかしおそらくこれらは偽物、 ジジイはのんで薬害を被った。
身体中いっぱいに湿疹ができて、 痒くて痒くて....

完治するまでに数ヵ月、 それ以来 「Sidegra」 に決めている。
  (但し、 服用チャンスがほとんどありません)
pict-シデグラ2.jpg
「Sidegra」 は、 タイ国内で氾濫する偽バイアグラを一掃する
ために、 タイ政府認定のGPO社が製造販売を開始したもの。

しかし皮肉にもこの 「Sidegra」 の偽物が大量に出回っている。
日本の通販から購入すると偽物が多いらしい。

ちなみに通販価格は輸入代行者によって異なるが、
100mg  4錠/箱   2,000円/箱前後。


同品をチェンマイの薬局で買えば200B(現レートで約660円)。
お土産に喜ばれるはずだ。

                * *

偽物をのんだからか、 「Sidegra」 でも効き目がない...
こんな爺さんも結構おられる。

ジジイの友人(75歳)は200mg服用でも起たないとボヤく。
普通50mgの服用だ、 それがその4倍の量で危険性がある。

こうなると命を懸けたSEX....勇ましいというより涙ぐましいが、
まだ 「男」 を捨てたくはないのだ。


               * *


このような状況下、 第四のED治療薬が販売された。
それが 「ステンドラ」。

2012年にアメリカのVivus社が開発・販売したED治療薬だ。
pict-ステンドラ(一般名:アバナフィル).jpg

主成分 「アバナフィル」 はアメリカの製薬会社ヴィヴスが初めて
製造販売。

この成分の含有量により、 100mgと200mgの2種類あり。

ステンドラには2つの謳い文句がある。
それが 「即効性がある」、 「副作用が少ない」。


メーカー発表では、 Sex前の30分前に服用。
服用後、 早い人で15分後に効き目が出る。

てことは、 SEX開始15分前にのんでもOKということ。
但し、効果は3〜6時間。

             * *


ではここで各ED治療薬を比較してみよう。

1.バイアグラ(製品名)
   シルデナフィル(成分名)

・勃起力が強く効果が得られやすいが、 副作用が強い。
・効果持続時間は3〜6時間

・食事の影響を受けやすく空腹時の服用が推奨されている。



2.レビトラ
   バルデナフィル(成分名)

・バイアグラの改良品とも呼ばれ、 勃起力・効果持続時間が
 バイアグラより優れており、 副作用もバイアグラより少ない。

・効果持続時間は5〜8時間
・食事の影響は受けにくいが、 空腹時の服用が最大効果あり。



3.シアリス
   タダラフィル(成分名)

・自然でマイルドな勃起力効果、 ED治療薬としては副作用が
  最も少ない。

・効果持続時間が24時間〜36時間とED治療薬の中では最長。
・食事の影響を最も受けないとされている。



4.ステンドラ
   アバナフィル(成分名)

・勃起力はバイアグラとレビトラの中間程度。
  副作用はバイアグラと同じくらい。

・服用はSEX前の30分前、 15分後から効き目が出る。
・効果持続時間は3〜6時間。

・100mgと200mgとも1日1回の服用、 空腹時がベスト。
・50mg錠もあり、 必要に応じて服用量を調整する。


参考までに価格だが、 「渋谷三丁目クリニック」 では、
1錠100mgで2,000〜2,500円。


通販もあって 「お薬なび」 TEL:050-5539-9156
ステンドラ
100mg   4錠   5,400円(1,350円/錠)
       28錠   30,240円(1,080円/錠)


副作用は火照り、 鼻づまり、 動悸、 めまい、 頭痛など。
しかし服用した人の1割程度で、 いずれも軽度なもの。

必要以上に血流が活発になることで起こるとか。


低血圧、 心臓、肝臓、腎臓の悪い人などは服用不可。

医師の診断を受けて服用...これはどのED治療薬について同様で
要注意。

               * *


ステンドラには既にジェネリックがあるようだ。
主成分がステンドラと同じでアバナフィル。

それがインド製の 「アバナ

価格レベル(参考まで)。
注文代行業務の 「GドラッグEC」 を見ると、

100mg  28錠   7,480円(270円/錠:税込)とある。

尚、他にも同品を扱う通販あり。 

                 * *

以上4種類(4メーカー)のED治療薬を記したが、 それぞれで主成分が異なる。  ジジイはどれも同じだと勘違いしていた。

バイアグラのジェネリック、 「Sidegra」 をのんで効果がない人でも、 他品なら効き目が出るかもしれない。

諦めないで色々試してみたら良いと思う。

(注意) 何をお試し戴くにも自己責任でお願いします
       (本ブログは情報提供のみ)

             * * 

ではチェンマイで販売しているか?
ジジイはターペ門近くの薬局に行って訊いてみた。

この薬局は 「カマグラ」 などジェネリックを扱う店。
安く売るので、 ジジイも何度か利用したことがある。

結論は、 「ステンドラ」 も 「アバナ」 もなし。
品名を告げてもその知識さえなかった。

「代わりにこれを使ってください」

店主が出して見せたのが 「Sidegra」。


第四のED治療薬を入手するには日本で...ということか?

バンコクなら売っているかもしれない。
情報をお持ちの方、 教えてください。


では頑張ってまいりましょー!
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=qpAZAG6oLpQ


  爺さんだってまだ男だぞ!


                 ☟



                 ☟




pict-老人と若い女SEX.jpg
         ☝ これからが勝負、 勃起するかな?



ジジイはこう思う。









勃起があるから......チェンマイがある。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:54| Comment(4) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

独居老人の生活1069(医療費使って長生きしよう!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1069
                     (医療費使って長生きしよう!)


    生命を永持ちさせようとする秘訣は、

    ただ生命を縮めないようにすることだ。

                        フォイヒタースレーベン (オーストリアの医者、 詩人)


団塊の世代、 これは作家の堺屋太一が自著で名づけた言葉。
某テレビの女子アナが ”ダンコンのセダイ” と読んで恥をかいた。

日本で昭和22年〜24年に生まれた約810万人をさす。
出生数はこの3年間に毎年270万人前後を記録。

戦後のベビーブームで非常に突出した人口ボリューム。
2016年の出生数(98万人)の約2.8倍もある。


pict-出生数.jpg


この団塊の世代の人々が2018年には69〜71歳、 どっと70代
老人が増えてくる。

日本の健康保険(健保)は現在3割が自己負担。
これが75歳からはほぼ1割負担になる。

で、 実際にかかった医療費をみると、 2016年では約41兆円。
2025年には54兆円になるのでは...との予測がある。


pict-DSCN2627健保の破綻.jpg
          ☝ 青天井か、 増え続ける医療費。


医学の進歩 → 治療法や新薬の開発 → 我々はより長命に....
例えばIPS細胞使用の再生医療や新型抗がん剤が出てくる。

これら治療のターゲットが我々老人で、 喜ぶべきことか。
昔ならとっくに死んでた人まで病院に行くわけだ。


これもある雑誌に出ていた例だが....
最近、 90歳の婆さんが緊急入院して心臓手術を受けた。

これにかかった医療費は700万円、 ほぼ全額タダ(公費)だったという。 そしてこの婆さんは退院、 自宅に戻る。

その後別の病院に行っていたが、 半年後に死亡した。
90の老女は半年生き長らえたが、 そのための費用が700万円。


島に住む80過ぎの老人が危篤になり、 ドクターヘリが出動。
本土の大病院に入院治療....このような例だってある。


こんなのが続けば健保破綻?   誰もが心配になろう。
老人はいい、 高度で高額治療を享受してすぐに死んでいく。

しかしまだまだ長生きしなきゃあいけない若い人が大勢いる。
団塊の世代が年取って益々増える後期高齢者 = 医療費。

健保だって赤字が続けばどうなるか、 その対策は?


イギリスを例にとれば、 ”健康な状態の命” を1年延ばすためにかけられる医療費(公費)に上限がある。

その基準が300〜400万円なんだとか。
てことは、”非健康な状態” の寝たきり老人はどうなるんだろう?


チェンマイに暮らす友人Nさん(66歳)が言っている。

「オレはガンになっても手術はしない、 なるがまま。
 今さらジタバタしたって.....運命を受け入れるよ」

達観か諦観か、 66歳にして潔(いさぎよ)い......イイね!


増え続けるのは医療費ばかりではない。
医療費を含む日本の社会保障給付費もいつかはパンクしそう。


pict-DSCN3091社会保障費.jpg
それを懸念した結果、 我々の年金に影響を及ぼす。
ジジイは年金受給の年が60歳 → 63歳に.....

現在はみな65歳からの年金受給だが、 これだって将来は70歳とかになりそうだ。

若者にとって、 将来が不安になるだろうなあ。


                * *


チェンマイの爺さんは元気そのもの。
服用の治療薬といっても全額自己負担のバイアグラ。

この日の夕食は日本人バックパッカーが参加して盛り上がった。
それもそのはず、 バックパッカーの2人は女性だったから。

                   ☟

pict-DSCN2856.jpg
         ☝ 35(左)と32歳の処女(と思われる)。


観光で来タイした彼女たちは、 チェンマイ・フエイケーオ通り近くの安宿(ドミトリー)泊り。

貧乏旅行だ、 奢ってもらえるとなれば爺さんでもOK。

場所はヤム茶店 「Toey Dimsum」 
 (地図はココ、 Street Viewはココをクリック)

女性2人に男が7人、 壮絶な女の取り合いバトルが心配。

                   ☟

pict-P_20171127_182758.jpg




しかしそこは精力衰えた爺さんだ、 和気藹々に飲みまくる。

pict-P_20171127_195410.jpg




その内1人が抜け出した。  片田舎で独居のTさん(63)だ。

pict-P_20171127_183244.jpg
                  ☝
      握手しているのだが、 Tさんの頭の中では
      彼女の太ももを撫でている。




もう1人とも握手。
握手しながら頭では、 彼女のオッパイを揉んでいる。
                  ☟
pict-P_20171127_183308.jpg


このように若い(?)女性の肌に触れるだけで爺さんは蘇る。
医療費軽減のための特効策だ。


美醜に関係なし、 女性の顔を見なきゃあいい。


Tさんは全く顔を見ないで握手する、










 上戸彩を思い浮かべながら.....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:34| Comment(7) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

独居老人の生活1054(チェンマイの夜はロマンチック)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1054
                    (チェンマイの夜はロマンチック)


    ロマンチックな感情の根源は、

    ひとえに 「おぼつかなさ」 である。

                                        オスカー・ワイルド

             (注) 「おぼつかなさ」 とは、 あやふや、 頼りない、 疑問であるさま。



@ チェンマイ介護研究会・第五回シンポジウム。

昨日(12月9日)午後1時、 オーキッドホテルにて開催された。
参加費は100B(コーヒーとケーキ付き)。

介護に関心ある高齢者で満席。
中には既に介護されている車椅子の爺さんも.....


  スタート前、 席で待つ参加者。
pict-P_20171209_125622介護研究会.jpg




  パネラーの皆さんも待機。
pict-P_20171209_125920.jpg
                   ☝
左から黒江領事、 乗鞍政義チェンマイ定住者集いの会代表、
香川大学・大西教授、 徳島大学・上野加代子教授、 峯尾領事。




 香川大学・大西美知恵教授の講演。
pict-P_20171209_131110.jpg
                ☝
北タイへの新規移住者が減少している。

これは定年の延長、 年金受給年齢の上昇、 移住先の物価高騰、
住宅ローンの長期化などの影響と考えられる。


2016年の参加者アンケート結果では、

1、回答者の平均年齢:70歳、
   2年前の調査ではまだ60代 → 高齢化が進む。

2.回答者の30%が、 家賃込みの月3万バーツ未満(約9万円)で
   生活。
3.要介護になっても、 60%の人が北タイ居住を希望。


とまあ、 チェンマイは後期高齢化社会になるのかねー。
てことは、 今後チェンマイでの邦人死者はドンドン増えていく。

                 * *


峯尾直矢領事の講演でジジイが注目したことは、

1.2017年12月1日現在のチェンマイ総領事館扱いの死亡者は
   21名、 内13人(62%)は日本から遺族の来タイなし。

  (遺体はそちらで適当に処分して....ということ)

2.バンコク大使館扱いでは同死亡者101人、 内遺族の来タイ
   なしは30%。  

バンコクで死ねばチェンマイの2倍、 遺族がタイに来てくれる。
チェンマイには家族に見捨てられた老人が多いってことかな。


チェンマイの在留届出数は約3,200人 → 死亡者21人(0.65%)
一方バンコクは6万人 → 死亡者101人(0.17%)。

チェンマイ管轄の在留者死亡比率が、 バンコク比で4倍も多い。

これはバンコクは駐在員など若い人が、 チェンマイには老人が
多いからでは。


その他峯尾領事のお話をジジイが勝手に解釈すれば、

3.生活困窮者は速やかに帰国することをお勧めする。
  病院代にも事欠き、 不法滞在になるケースがままある。

4.将来に備え、 介護の目途を付けておいて戴ければ.....

5.領事館に家族の連絡先を明記の上、 在留届を出して欲しい。

6.領事館では、 家族・親族の同意なしでは遺体処理不可。  
   (注)内縁の妻は遺族に該当せず。

7.死後、他人(領事館含む)に迷惑をかけないようご準備を...

とにかく家族と疎遠で友人もいない独居の老人が1番厄介。 
とにかく生きるも死ぬも自己責任で......(お願いしたい)


ということで、 このジジイが厄介組に入りそう。

当てにはならないがそれでもジジイの友よ.....よろしくね!
 (死んだらどうするか、 全く準備してません)

                 * *


A チェンマイの夜はロマンチック。

介護研究会シンポジウムのあと、 昨日は夜の街にも行ってみた。
ここはチェンマイで1番お洒落な界隈、 ニマンヘミング通り。

かってアマリリンカム・ホテルがあったところ。
                 ☟
pict-DSCN2872.jpg




その南側で催されているのが 「nap」。 (地図はココ
年1回の開催、 今年で18回目だとか。

  開催期間は明日の12月11日まで。
pict-DSCN2873.jpg




 お洒落な洋品、 アクセサリーなどが出品。
pict-DSCN2876.jpg




  ライブもタダで楽しめる。
pict-DSCN2870.jpg




ロマンチックな雰囲気、 カップルでブラブラ歩きに最適。
こちらはのっぽの白人にチビのタイ人女性。

pict-DSCN2869.jpg
              ☝
チェンマイではよく見かける光景。
これだけの身長差があっても H ができるから不思議。

そうか、 超デブの小錦だって日本人の妻とはHしてたんだ。




建物の中に入ると.....これ教会の回廊の感じ。

pict-DSCN2890.jpg





その北側には建物に囲まれた広場がある。

pict-DSCN2886.jpg




塔の上空を飛行機が飛ぶ。
一瞬シャッターチャンスが遅れて夜空だけに.....

pict-DSCN2887.jpg





エスカレーターで2階に上がって広場を見る。
こちらの建物や照明は 「nap」 に関係なく1年中オープン。

pict-DSCN2880.jpg



上りのエスカレーターのすぐ横に下りのもある。

しかしその間は柵で遮断されており、 グル〜と建物の中を回らせる仕掛け。  面倒だね〜!

これが広くて長くて....中々下りエスカレーターに辿り着けず。
中は化粧品やら衣類やら、 普通のモールと同じ。

pict-DSCN2882.jpg




1つだけ使えそうなのがこれ。 証明写真撮影の背景に利用可。
                  ☟
pict-DSCN2884.jpg





地上に降りて南側Soi6に向かう路地に入る。
ここは食い物の露店が並ぶ。
                 ☟
pict-DSCN2865.jpg




デコレーションのアイスクリームかな?
                 ☟
pict-DSCN2866.jpg




  こちらは串焼き、 10B/串がメイン。
pict-DSCN2891.jpg
       ☝ ジジイはビールのツマミに4本購入。



ご覧のようにチェンマイの夜はお洒落でロマンチック。
皆さまも恋人や奥さまとご一緒に....愛を深めてくださいませ。

「あれ買ってぇ〜」 とねだられたら気持ちよく....
彼女に贈り物をするチャンスです。

1年中おねだりされてる爺さんも、 ロマチックな夜は特別に!
明日まで開催してますよ。

                * *

てなことで、 ジジイは露店で買った串焼きでビール。

pict-DSCN2892.jpg
        ☝ 上の1本が20B、 他は10バーツ。



自宅でいつもの通り飲んでます。

ロマンチックな夜.....









 一人じゃどうにもなりません。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:47| Comment(8) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする