2018年02月13日

独居老人の生活1112(CMU Book Fair)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1112(CMU Book Fair)


   人間は死ぬまでにいくら年を取っていても、

   死の前日でも、 いつでも生き直すことができる。

                                           曽野綾子 (作家)


@ スマホでレンタル自転車。

中国ではとっくに人気のレンタル自転車。
スマホでスキャンするだけで借りられるという便利なもの。

これと同じシステムのレンタ自転車がチェンマイにもお目見えした。

pict-DSCN3364.jpg
       ☝ チェンマイ・サンティタム界隈で見かける。




先ずアプリをダウンロードし事前登録する。
あとは広場や道端に停まっている自転車を借りるだけ。

pict-DSCN3361.jpg
         ☝ サンティタムのとあるアパートにて....




自転車にはQRコードが付いていて、スマホでスキャンすれば、 自動的にリモートでガチャっと鍵が開き、そのまま乗ることができる。

pict-DSCN3363.jpg



驚くのは、 公共の道路上であれば、 どこにでも乗り捨て可能。
放置自転車問題などチェンマイにはない。

目的地についたら邪魔にならないところに停めて、 鍵を閉めればそれでOK。
利用時間に応じて料金がアプリ上で引き落とされる。

pict-DSCN3362.jpg


空きのレンタ自転車は何処にある?
どうやって場所を探すのか。

これはアプリの地図を開ければ、 空き自転車の位置が一目瞭然。
ウーバー(スマホ白タク)に似た感じ。

自転車にはGPSが付いており、 それで管理されている。
で、 運営会社は適宜空き自転車を収集して回るそうな。

さて料金は、 30分で10バーツとのこと。
例えばレストランまで20分走り、 そこで一旦レンタル終了。

食事して2時間後、 まだそこに自転車があれば、 再度乗って帰れば合計20バーツで済む勘定。


残念ながらジジイは実際に利用したことがなく、 今回は情報だけということで.....


                  * *


A チェンマイ大学Book Fair開催中。

期間:2月12日〜20日、 9時〜20時。
場所:チェンマイ大学コンベンションセンター(ココをクリック)。

Book Fairは今回で24回目、 期間中は割引価格になる由。

てなことでジジイは昨日(12日)、 早速会場を覗いてみた。
今日は写真でFairの雰囲気をお楽しみください。

                * *


  入場ゲート。
pict-P_20180212_135115入場ゲート.jpg




  会場内。
pict-P_20180212_133659.jpg




  これはコミックス誌かな?
pict-P_20180212_133802.jpg




 これなら分かる、 旅行ガイドブック。
pict-P_20180212_133523.jpg
   ☝ 左端上の赤と下の青い表紙には 「JAPAN」 の文字。




 タクシンとインラックが書かれた本のようだ。
pict-P_20180212_133924.jpg




「あなたが探していた愛は、 きっとここにある」
「恋は、 本屋さんに売っている」

ハーレクインのロマンス小説に感じが似ている。

                  ☟

pict-P_20180212_133953.jpg




  アニメのマンガ本かな。
pict-P_20180212_134108.jpg
               ☝ 
   「Your Name」 の書名は日本の 「君の名は」 かも。




書籍ばかりじゃない。
会場内には色んな屋台が出ている。

  食欲が出そうにない寿司。
pict-P_20180212_133537寿司.jpg




  建物の外にも食べ物の屋台が・・・
pict-P_20180212_134751.jpg




女子大生が食べてます。
お近づきになりたい方は、 ブックフェアへ行きましょう。
                    ☟
pict-P_20180212_134744.jpg





  ジジイはアイスクリームを・・・
pict-P_20180212_134521アイスクリーム.jpg




   1スクープ:30バーツ。
pict-P_20180212_134541.jpg
          ☝ 一言、 美味しかったです。




ここはプラスチックの組み立てモデルなど。
ほとんど中国製、 日本のタミヤは高級すぎるか。
pict-P_20180212_135925組み立て模型.jpg
                 ☝
     左のソーラーロボットは170バーツ。
     右側の小さな箱は 「レゴブロック」 で60バーツ。




  ここの売り子の女性が愛想よく可愛い。
pict-P_20180212_135939.jpg




で、 ジジイはこのミッキーマウスを60Bで購入。

pict-P_20180212_193540.jpg
          ☝ 小さなレゴの数は230個。



こんなモノ買って......どうするって?

勿論組み立てて....


死ぬ前に生き直すのです。










 ボケ防止。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:51| Comment(0) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

独居老人の生活1107(#34チェンマイ百景:ゴミ棄て)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1107
                    (#34チェンマイ百景:ゴミ棄て)


   全ての混沌には調和が、

   無秩序の中には秘められた秩序がある

                          カール・グスタフ・ユング (スイスの心理学者)


@ 年に1度のお勤め。

昨日(6日)午前、 陸運局へ出向く。 (地図はココをクリック)
目的はTAXの支払いと保険の更新。

先ず陸運局の北隣にある検査場(民間)でバイクのチェック。  
待つこともなく簡単、 3分ほどで終了、 検査証明書をもらう。
費用は60バーツ。


次に保険の更新。
陸運局建物玄関のすぐ横にあるオフィスに.....

これも待つことなく、 スムースに手続き完了。
支払いは323バーツ(1年間)。


最後は陸運局へ....TAXの支払いだ。
建物に入ってすぐ左にあるInformationで番号札をもらう。


pict-P_20180206_112357陸運局.jpg
               ☝ 座って待つ。




ジジイの札は274番、 251番目の人が手続き中。
23人、 約20分待ってジジイの番がくる。
pict-P_20180206_112307.jpg
      ☝ このカウンターで税金を支払う。




TAX100バーツを支払い、 領収書をもらって完了。
pict-P_20180207_084531.jpg
        ☝ 右の赤い紙をバイクに貼っておく。


いつも思う。
これくらいイミグレがスムースに進行してくれたら......


                 * *


A ゴミを捨て去る不届き者。

チェンマイ市内で頻繁にゴミの違法投棄がなされていた。
場所はチョタナ通り(地図はココをクリック)。

頻繁にとなると住民も迷惑、 市に苦情を申し立てる。
で、警察は捜査開始、 1月下旬に若者2人を逮捕。

pict-Chiang Mai Citylife不法ゴミ捨て.jpg
         ☝ これが違法投棄のゴミ。


監視カメラで違法投棄の模様を撮影し、 犯人を割り出した。
2人の仕事は、 レストランなどから出るゴミ処理の請け負い。

バイクでゴミを運搬、 1日置きくらいで数ヵ所に捨てていた由。
        以上は 「Chiangmai city life」 のニュースより。


犯人は、 自分が捜査の対象となっていることに気付いていなかったのか。

捨てる場所がいつも同じチョタナ通りでは、 そりゃあバレるわな。
広くあちこちにばら撒いていれば、 苦情が出なかったかも。

犯人は頭が悪い。
それにしてもこんな商売があるのか...ちょっと驚き。

                  * *

ジジイの東京自宅町内では、 ゴミ出しはそれぞれ決められた場所があり、 そこまでゴミを持って行く。

ゴミの分別が厳しい、 加えてゴミを入れる袋まで決まっている。
新聞や書籍などは決められた曜日にしか出せない。

しかしチェンマイ市内では、 それぞれ家(建物)の前に置いておけばそれでOK。
ゴミ収集車が早朝から出動、 ゴミを拾って走る。


一昨日(5日)の午前6時前、 まだ真っ暗な通りをバイクで走っていた時である。

(Street Viewはココ,   地図はココをクリック)

ジジイの前を走行中の車が、 何かを避(よ)けるように対向車線にはみ出た。

で、ジジイの目の前に飛び込んできたのがゴミの山。

             ☟


pict-P_20180204_054055道路のゴミ.jpg



pict-P_20180204_054214.jpg
                  ☝
     ジジイが走る道路のど真ん中に置かれてある。
      (注) この通りだけは、 車は右側走行です。


ゴミにぶつかって転倒したら死ぬかも.....馬鹿たれ!
危険度から言ったら、 違法投棄より悪質だ。


そこからチョッと先のこっちのゴミは、 少し道路脇に置いてある。
                  ☟
pict-P_20180204_054419.jpg


日本では、

  気を付けよう  甘い言葉と民進党。

  気を付けよう  暗い夜道とストーカー。


タイでは、

  気を付けよう  甘い笑顔とタイ女。

  気を付けよう  暗い夜道とゴミの山。









 何でもありのチェンマイか。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:53| Comment(2) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

独居老人の生活1106(穴が好きな不届き者)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1106(穴が好きな不届き者)


クイズの司会者:

「世界の三大珍味です。
  トリフ、 フォアグラ、 もうひとつは?」

    「サキイカ!」

 「残念、 違います」

   「あっ、思い出した・・・キャタピラ!」

                                  ガッツ石松 (元プロボクサー)


今日は、 チェンマイから車で30分走った田舎で暮らす友人Tさん(63)のお話。


pict-轟自宅2.jpg
                  ☝ 
    広い庭付きの一軒家(借家)で一人寂しく暮らすTさん。
    ちなみに家賃は5,000バーツ/月 + 電気・水道代。


先日午前、 自宅に居たTさんが何気なく外をみると、 庭で見知らぬ男3人が何やらやっている。

不審に思ったTさんは、 庭に出て男たちに訊く。
「何をやってるんですか?」

「ムニャムニャ・・・」 とタイ語で答える。

意味を理解できないTさんは、 男たちの行動を監視する。

彼らがやっていることは、 ひたすら庭の中の穴掘り。

pict-1517025287805.jpg




  ドンドン深く掘っていく。
pict-1517025293214羽アリ」.jpg




このくらい掘って、 穴に手を入れ、 指でコチョコチョ探る。
             ☟
pict-1517025295558.jpg




 何も出てこない、 土が手にあるだけ。
pict-1517025290869.jpg




気持ちが悪いので、 Tさんは大家さんに訊きに行く。
すると大家さんは、 男3人の闖入を初めて知ってびっくり。

Tさんは、 てっきり大家さんの許可を得て、 穴掘り作業をやってるものと思っていた。

男3人は勝手に他人の敷地に入り込み、 勝手に穴掘りをしていたのだ。

後で男たちの知り合いのオバさんが駆けつけて来る。
大家さんが知らせたのであろう。


結局彼らは約3時間、 数か所の穴だけ掘ってがっかりした表情。
ササッと穴に土を被せ、 礼を言うこともなく去って行った。

全く不法侵入もいいとこ、 タイは何でもあり..にしても驚き。

で、 彼らは何を目的に穴を掘っていたのか?

答え: 土中に生息する羽アリ(の一種)を採取していたのだ。

羽アリの卵が2,000バーツ/kgの高値で売られており、 北タイの珍味として人気があるという。

穴を掘って採取するのが難しく、 毎年高値を呼ぶそうな。

pict-1517025297810.jpg


こんなモノをどうやって食うのか?
まさか生(なま)でそのまま.....

タイ人に訊いたら、 羽アリは薄塩で(フライパンで)煎って食うのが旨いとか。 
シャリシャリした食感が堪らないらしい。

羽アリの卵はスープに入れて食べる。
もしくは(鶏の)卵焼きで、 そこに入れても美味しいとか。


タイで食べる昆虫の種類は数多い。

イナゴ、 竹虫、 蛹、 コオロギ、 サソリ、 ガムシ、 タガメ。
白アリの卵も旨いらしい。

pict-イナゴ、竹虫、蛹、コオロギ、サソリ、ガムシ、タガメ.jpg


ジジイがこれまでに食べたことのある虫はイナゴだけ。
それも一口だけ、 虫はどうも苦手で......


美女なら穴を探し...すぐ食らいつくのだが。










 でも、ブスはどうも苦手で......


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:37| Comment(2) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする