2014年07月31日

独居老人の食卓‐10(ヤム茶店・チェンマイの食事処)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐10(ヤム茶店)


飲茶(ヤム茶)はお好きですか?

独居老人は若い頃、ヤム茶というお茶だけを飲む、これが飲茶だと思っていた。

ヤメ茶(八女茶・福岡特産)からヤム茶を連想していたのかもしれない。


この日ランチで訪れたのは、チェンマイで人気の飲茶屋。

同行したのは、タイ人奥さんが里帰りで留守、「淋しい恋しい」と連発する愛妻家の同邦の老人1名。


店頭ショーケースに置かれた飲茶の数々、タイ語に不自由する我々は、食いたいモノを指差し注文。
値段は22バーツ/皿。
ヤムチャ.JPG


002.JPG


この日応対してくれたのは美人店員さん。
(顔が見えてませんが・・・・)



男性店員の時と異なり、どう言う訳か気品ある微笑みを作り、彼女の顔を見ながら優しい眼差しでオーダーする独居老人。

不断の修行で完治させた、かっての持病「慢性淫乱」(俗に言うスケベ)が再発か・・・、と不安になる。



注文したヤム茶は蒸し調理、客は席に着いて待つ001.JPG



サラダ(レタス)付き。
Beer Chang 大瓶は60バーツ/本。
この日は機嫌よく2本飲む。

愛妻家老人は下戸。
003.JPG

004.JPG

005.JPG


この日は2人で10皿オーダー。

店名不明、 場所はメーピンホテルから南へ徒歩6分。
 (Street Viewはココをクリック)

昼夜営業(3〜5時休憩)、 夜の方が混雑する。


チェンマイって、ホントいいですね!













posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:18| Comment(0) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独居老人の食卓‐9(酒も博打も女も知らず・・・)



その昔、三味線漫談・都家かつ江の都々逸を聞いた事がある。


酒も 博打も 女も知らず
  
 百まで生きた 馬鹿がいる”



どうであれ、100まで生きれば慶事と思うが・・・・・。
幸いにも独居老人は上戸、馬鹿にされずに100まで生きる。

我が食卓にはビール(等お酒)が不可欠、飲みながら食えば旨さ倍増、自作の不味い料理も食欲を満たす。
(正直言って、酒なければ食欲出ず)

だから365日、休みなく昼酌・晩酌で飲む。
「皆飲賞」と言うのがあれば当確(受賞)。

特に、昼間にビールを飲めば、
これぞ隠居! 至福の時代 
とつくづく実感。


初めて入るレストラン、そのメニューの中で一番先に目が行くのはビール代、高ければ足は遠のく。

目安はビール大瓶、80バーツまで。
それが60バーツ程度で出されたりすると、単細胞の独居老人は歓喜、これって非富裕者の率直な気持ち。  
      * * * *

先日、晩飯を食いに出かけた先はタイ飯屋、友人との会食時によく使う、地元人気のレストラン。
ご一緒したのは、食を探求する同邦のご老人2名。

この店のビール代(Chang大瓶)は3本セットで190バーツ、 1本当たり約63バーツ。これなら通いたくもなる。

料理はポークBBQ、焼き魚など。店頭持ち帰りの客も多い。


この日のオーダーは、ポークを2皿(50バーツ/皿)
013.JPG



次にトムヤム ムー:50バーツ021.JPG



フルーツと野菜の和え:60バーツ024.JPG



ビールのキャンペーンガールは4〜5名おりました。

美女がいると、どう言う訳か飯もビールも旨くなる
029.JPG


老人一行が店に着いた時、美女たちはお食事中。
016.JPG



焼き場(BBQです、斎場ではありません)

の横にはカウンターがあり、タイ人客で賑わう
017.JPG



ライブ演奏、歌も楽しめます。
025.JPG



この店は、サンティタムプラザから西へ300mほど、閑静なところにある。

店名不明、メニューは一度も見た事がなく、いつもアレくれ、コレくれで適当に注文。(勿論、値段は確認して・・・)



チェンマイって、ホントいいですね!  











posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:53| Comment(0) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独居老人の食卓‐7(お粥屋・チェンマイのレストラン)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐7(お粥屋)


今日は、独居老人の健康的朝食をご覧になってください。

先ずもって、朝食どきには酒はなし、これをご報告。



つい)に行く

道とはかねて  聞きしかど

           
       昨日今日とは  思わざりしを



最後には辿る道だと聞いてはいたが、まさかこんなに早く来ようとは
思ってもいなかったなあー            

                      在原業平



「えーッそんな、 オレは100まで生きたいよ」

健康長寿を願う独居老人は、朝食でも決して手を抜きません。
この日は、ジジイが月3〜4回は通うお粥屋へ。

チャングプアク門近く、内堀沿いスリプーム通りにある。
 (場所はココをクリック)

5〜6人いる美人の店員さんが、オーダーを取りに来ます。


001.JPG


ジジイのお気に入りは、カオトム クン:60バーツ。
(海老入りライススープ)

熱いのでフーフー冷ましながら食べます。


002.JPG



ジジイの朝食は、これだけではありません。

店を出て直ぐに帰宅、そこで食べるは朝の定番、次の3品。


004.JPG


005.JPG
ゆで卵:4.5バーツ(10個入り45バーツ、自宅でゆでる)と
プレーンヨーグルト:24バーツ(甘いのが苦手なんで)


そして最後に小さめのリンゴ:13バーツ
005.JPG005.JPG

メインディッシュは何であれ、これら3品は毎日食べます。

健康維持には、”朝食をしっかり”、”栄養価を考えたバランスの良い食事”、
自慢じゃないがジジイはこれを毎日実践。


食事に全く無頓着な親友に忠告、

「長生きしたかったら、オレのように食事に気を使った方がいいよ」

「そんなら先ず、お前は酒量を減らせ!」



ハイ、ごもっともです



食欲だけが人生だ!

チェンマイって ホントいいですね !




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 08:36| Comment(0) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする