2017年05月03日

独居老人の生活856(#1 独居老人の食卓日記)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐856(独居老人の食卓日記)


 人を選ぶとき、 家族を大切にしている人は間違いない

                                      渋沢栄一 (明治時代の実業家)


ジジイにとっては年に1度の日本一時帰国である。
楽しみはチェンマイでは味わえない和食を貪り食うこと。

今日はジジイの和食日記を覗いてやってください。
”独居老人の食卓” の復活です。


4月28日: 「サイゼリア」

 西武池袋線・大泉学園駅から徒歩3分。
pict-DSCN0084.jpg


ジジイが勤務していた会社の元上司Yさん(76歳)とランチ。
ジジイのサラリーマン人生で、 最も長く仕えた人がYさん。

海外部門、 そしてアメリカ赴任でも一緒に勤務、 引退した今もこうして付き合いは続く。

チェンマイにも2度、 遊びに来てくださった。
3度目は避寒で1,2月に行きたいと.......


下の写真は1998年12月25日撮影。  左から2人目がYさん。
米国現地採用の女性社員が一時帰国、 彼女を歓待して新宿で...

この頃はYさんもジジイも米国から異動、 日本で勤務中。
pict-DSCN0192.jpg
             右端がジジイ(当時53歳) ☝



 サイゼリアの店内。
pict-DSCN0087.jpg



注文はハンバーグランチ:550円。
ビール大ジョッキ:450円(ジジイが4杯、 Yさんが3杯飲む) 

フレンチフライ:298円、  シーザーサラダ:298円。
タコサラダ:298円。
pict-DSCN0085.jpg



pict-DSCN0086.jpg


「サイゼリア」 は安価な店、 店内が広くて落ち着ける。
ツマミメニューもあり、 時間無制限で飲めるのがいい。


                 * *


2月29日: 「トラノコ」

新宿歌舞伎町、 ドンキホーテのすぐ近く、 ビルの地下1階。

pict-DSCN0099.jpg




 店内、 ウエイトレスはベトナム人のまあまあの美女。
pict-DSCN0103.jpg




真っ昼間というのに若い女性客(矢印)が飲んでいる。
これも最近の東京・居酒屋の光景。
pict-DSCN0105.jpg




元会社の上司Tさん(86)、 同じく先輩Nさん(73歳)と...

Tさんとは数多くの海外旅行をご一緒、 それは現役時代から引退後まで続く。
pict-DSCN0101.jpg




Nさんは脳梗塞で倒れ歩くにもご苦労されたが、 リハビリで何とか回復。 ご夫婦でチェンマイに遊びに来てくださった。
pict-DSCN0102.jpg



注文は、 お通し:300円x3、  ビール大瓶:580円x4本、
清酒1合:350円、  モツ煮:380円x3個、 

川えび:370円、  ワカサギ天婦羅:380円、
肉豆腐:530円、 これらに消費税8%がプラスされる。

pict-DSCN0100.jpg



食事を終えて階段を昇り、 地上に出るお二人の先輩。
80過ぎても益々盛んなTさん(86歳)が言う。

 「最近足腰が弱ってきてね......」

過去には見られなかったTさんの現象、 脳梗塞の後遺症が若干
残るNさんと一緒に階段の手すりを掴んでゆっくりと......

pict-DSCN0106.jpg
                ☝
   階段の上がり降りでは、 手すりが必要なんだとか。
   来年はどうなっているかな。


                 * *


4月30日: 「うに清」  
神奈川県真鶴にある活魚料理の専門店。
  (場所はココをクリック)

この日はジジイの家族が一緒。  朝8時40分に自宅を出発。

東京駅まで出て(50分)、 新幹線に乗って小田原へ(40分)。
新幹線料金は片道約3,900円/人(東京→小田原・指定席)。

小田原駅で東海道線に乗り換えて13分、 真鶴駅到着。
                    (地図はココをクリック)
pict-DSCN0131.jpg




ここからタクシー乗車(1,070円)で約8分、 「うに清」 着。
pict-DSCN0132.jpg




2011年、 天皇皇后両陛下も来店されたという有名店だ。
店構え。
pict-DSCN0146.jpg




 店の隣に売店がある。
pict-DSCN0148.jpg
                     ☝ 
     後ろ姿のオバさん(中央)がジジイの娘(44)です。




 やはり干物が名物か。
pict-DSCN0149.jpg




ジジイたちは11時半で予約済み。
いつもは予約なしで行くのだが、 連休中とあって混雑を予想。

pict-DSC_0093.jpg
                   ☝ 
    11時15分でこの状況。 この後すぐに満席となった。



ジジイたち4人は舟盛り特上:7,200円/人を注文。
ビールは大瓶が600円/本。

 先ず出てきたのがサザエの壺焼きとこの貝。
pict-DSCN0133.jpg




 お次が焼き魚。
pict-DSCN0137.jpg




 続いて海老。
pict-DSCN0138.jpg





そして出ました舟盛りの海鮮。
うに、 ヒラメ、 アワビ、 サザエ、 鯵のたたきなどの刺身。

pict-DSCN0135.jpg




孫(高2)が山葵をおろしてくれる。
pict-DSCN0136.jpg




ジジイの大好物、 アワビの刺身を存分に......

pict-DSCN0139.jpg




トイレに行ったらこんな張り紙が......
天皇陛下もご覧になったのかな。
pict-DSCN0143.jpg



勘定は4人分で32,400円(税込み)、 全てジジイの奢り。
奢らなきゃあ、 家族が一緒に来るわけがありません。
 
ジジイにとっては散財だが、 年に1回の食欲を満たす贅沢。
チェンマイで女に貢ぐことを思えば....まっ、いいか。


帰りはお店の前からバスに乗り(170円/人)、 真鶴駅へ。
pict-DSCN0150.jpg




ご機嫌の娘(44歳)と高2の孫。
タダで旨い物を食えたわけで当たり前、 だから愛想がよかった。

pict-DSCN0151.jpg




小田原駅にこんな店があって....チェンマイを思い出した。

pict-DSCN0153.jpg
                   ☝ 
    チェンマイ市街に3店舗ある同名の 「ごはん亭」



帰りの東京行きは小田急ロマンスカーに乗車.
(小田原 → 新宿で1時間半・片道約1,800円/人)
pict-DSCN0154.jpg




乗車直後に撮影、 だから空席あり → すぐ満席に。
pict-DSCN0156.jpg



満腹感からか、 散財疲れか、










車中は爆睡の昼寝だった。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:30| Comment(6) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

独居老人の生活806(本ブログの原点逝く)


本日2回目のアップです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐806(本ブログの原点逝く)


   一度生を受け、 滅せぬもののあるべきか。

                                         平 敦盛 (曲舞)


今日(3月4日)、 ランチの時友人から電話が入る。
訃報であった。

本ブログのスタートは、 ジジイがブログ 「チェンマイ発信・飲んベい親父の子育て物語」 に投稿したのがきっかけ。

その飲んベい親父さんが3月3日に亡くなられた由。
確か61、2歳だったか、 早すぎる。

#30作までは、 全て飲んベい親父のブログに掲載されたもの。
第1回目は2014年の3月下旬だったと思う。

ジジイの下ネタ話のため投稿は30作で終了したが、 その2ヶ月ほど後にジジイ自身の本ブログを立ち上げた。


その時も、 親父さんはご自身のブログで紹介してくださった。
              ☟ 
「淋しい日本人独居老人」ブログ新規開設!  2014年08月07日


淋しい日本人独居老人の食卓シリーズは30作目で終了になりました。
だが今回、 独居老人さんよりお便りが届きました。

ななななんとご自身でブログを開設したとのこと。
とりあえず「独居老人ファン」の方にお知らせいたします。

下記が新規開設されたブログです。

チェンマイ独居老人の華麗なる生活。
(今は懐かしい本ブログの挨拶文がこれ)
               ☟

『独居老人の食卓シリーズ、 30回目アップ後お休みしておりましたが、 装いも新たに再スタート致しました。

チェンマイ一人暮らしの爺さんの寂しくも華麗なる生活。

書くテーマは食事、健康、死、老春、思い出、金と女など、 読者の対象は高齢者です。

ブログの内容は下品、 毒盛り、 低劣であり、 上品な紳士淑女向きではありません。

尚、この「独居老人の食卓」シリーズは、 初回から30作目までは
次のブログに投稿、掲載されていたモノです。

 「チェンマイ発信・飲んべえ親父の子育て物語」

上記ブログは子育て物語に加え、 親父さん経営の和食屋に来店するお客さんとの交流をほのぼのと描いた人気ブログ。

それにも拘らず、 私の下劣なる投稿を30作もアップしてくださった 「子育て飲んべえ親父」 さん、 その勇気と寛容性に感謝するばかりです。

今後とも 「独居老人シリーズ」、 ご愛読戴ければ幸いです。 

                          チェンマイ独居老人』

                * *

ご自身のブログには、 写真は1度も掲載されなかったオヤジさん。

もうお許しくださるだろう。


pict-のぼる店主の杉山満氏.jpg
                  ☝ 
       経営なさっていた和食店 「のぼる」 にて。
       在りし日の飲んベい親父と独居老人。


昨年(2016年)10月14日昼過ぎ、 友人宅のランチパーティにひょっこり現れ、 そこでお会いしたのが最後になった。


家庭を大切になさっていたオヤジさん、





 ご冥福をお祈りします。


チェンマイって  今日はホント悲しいです!

 (追記) 
思い出の 「子育て飲んべえ親父」 ブログ(2014年4月5日掲載)

淋しい独居老人現る

昨日の午後、ついに現れましたよ。

「淋しい独居老人」 さんが。


お父ちゃんはお礼を言いました 

「美味しいお店の情報をありがとう」 ってね。

ついでに写真をアップしたいので撮らせて・・・ともね。


そしたら本人 「恥かしいから、秘密にしておいて」  って。

そんなわけで 「独居老人」 さんは、謎の人・・・となりました。

果たして、誰なんでしょうかね、独居老人とは?


昨日、お母ちゃんのお店でいつものように、いつもの料理を
2品とチャンビールを1本、お召し上がりになりましたよ。

ソンクラン中はどうするの? って聞いたら

水を掛け捲って遊びまわるようです。
大好きなんだって、ソンクランが。

ケガをしないように楽しんでくださいな独居老人さん

もう歳? なんだからね!



今日はここまで・・・・・。



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 19:27| Comment(19) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

独居老人の食卓‐22(ティファニーで朝食を)



独居老人は、自分で言うのも何だがお洒落に気を遣う。

今回の食卓を見て戴くと、ジジイが都会派で、如何に洗練されているかがよく分かると思う。

タキシードを着用して朝食、そこまではやってないが、かなりハイセンスでもって食べている。

今日も一人、淋しい独居老人の食卓‐22、どうぞご覧ください。


        * * *



その昔、「ティファニーで朝食を」の映画ポスターを見た時、
「ティファニー」はレストランだと思った。

所は New York 五番街、「ティファニー」のショーウインドーを覗き、デニッシュを食べるオードリーヘプバーン、このシーンが今も印象に残る。

お暇なら下をクリック
http://www.youtube.com/watch?v=mmSJdxEiM9o

蛇足ながら、この映画の原作者はトルーマン・カポーティ、ベストセラー小説「冷血」の著者でもある。



今から22年ほど前、独居老人も憧れを抱いて五番街を歩き、「ティファニー」を訪れた。
どうって事ない街、しかし「ティファニー」は輝いていた。

広い店内、陳列された貴金属・アクセサリー、スゲー!  
もし恋人がいたら、こんなのプレゼントしたいなあ」との思いが走った。


チェンマイに来て驚いた。
あの「ティファニー」がここでも売っているではないか。

場所はナイトマーケット、価格は安いが紛れもないティファニー。
ブランドを示す小さな紙袋が付いている。
独居老人は迷わず購入、ネックレスとブレスレットを各1個、先ずは自分用に。

750バーツで買ったネックレスは使って数ヵ月、直ぐにチェーンの色が落ちた。
ブレスレットは手首への取り付けが面倒で、殆んど使用せず。

そりゃあ、本物の「ティファニー」が、市場の夜店で売る訳ないわな。




下はその ”名だけティファニー008.JPG009.JPG

ブレスレット(下)はまだ銀色だが、上のネックレスは光沢ゼロ(錆び?)。


この日の独居老人、
「ティファニー付けて朝食を」
010.JPG


食パンをトースト。スライスしたトマト、胡瓜を乗せ002.JPG



更にその上に玉ねぎ005.JPG007.JPG

チーズ、ハムを入れてサンド。
ニンジンをかじりながら食べる。



このサンドで6日間連続、同じ朝食。(食パン12〜3枚/袋、35バーツ/袋)


加えて朝の定番、3品種を食う。
ゆで卵(4.5B)とプレーンヨーグルト(24B)
004.JPG



最後にリンゴ(13B)005.JPG



独居老人は、いつか現れる(であろう)美しい恋人に、本物の「ティファニー」を贈りたい、と今も思っている。

ジジイの「愛と貴金属」、受ける取る女性は今何処にいるー?


えっ! 
女はモノだけ取って、ハイ サヨナラ ????






食欲だけが 人生だ!

チェンマイって ホントいいですね
















posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:33| Comment(0) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする