2018年12月04日

独居老人の生活1372(金持ちと貧乏人:料理自慢編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1372
                     (金持ちと貧乏人:料理自慢編)


  料理は、 材料や調理技術も大切だけど、

  心を込めて作らなきゃ、

  絶対においしい料理なんかできないです。

                                   村上信夫 (フランス料理のシェフ)


ジジイの友人には裕福な爺さんもいる。
その守倉さん(76歳、 仮名)は日本に自宅を持ち、 且つチェンマイにも家(奥さん名義)を所有。

現在30幾つ年下のタイ人奥さんとチェンマイで暮らしている。
勿論自家用車も所有、 奥さんの運転手としても走り回る。

奥さんが和食店 「愛 巴」 のバフェ(700バーツ/人=約2,400円)を食べたいと言えば、 「ハイ」 と即答で連れて行く。

pict-DSCN4940.jpg
                   ☝
   北タイ情報誌 「Chao」 掲載の 「愛 巴」 の広告。
   並みは499Bだが、 赤矢印の箇所にはこう書かれている。
               ☟
「鍋、 刺身サラダ、 高級握りなどのブッフェは699バーツ」
金持ちの守倉さんご夫婦は勿論、 699Bの方を注文する。

金持ちの日本人を見つけたタイ人女性は幸せだ。
これが同じ日本人でも貧乏人の亭主なら、 カオマンガイ(40B)になるのだから。

お金持ちにはグルメが多いようで、 守倉さんはいつも旨いものを食べていらっしゃる。

だからか料理が好きで、 自らが腕を振るうことも度々。
男性機能の衰えを料理でカバー、 日々奥さんにサービスする。

ところがその奥さんが実家に帰ってこの日は守倉さんお1人。
ならば自分でツマミを作り、 旨い酒で至福の時を過ごそうと....

うるさい女房が留守、 この時の一人酒はまた格別であろう。
どんな美女でも毎日一緒では鬱陶しいだけだ(と思う)。

で、守倉さんはこんな写真を送信してくださった。
                  ☟
pict-pict-P_20181202_183502料理 (5).jpg

その説明文には、

A) 炒めたウインナーにタコ足の刻みを入れケチャップをかける。
B) 炒めた竹輪の穴に胡瓜を挿入し、 輪切りにしてほおばる

C) 湯がいたオクラを1口で食い込めるように切り、 鰹節をかけ、
   醤油をさす。
D) 胡瓜をカニカマで挟み込み、 爪楊枝を突っ込む

これらを肴にして、 ちびちび舐めるようにして飲む酒はいいもんですよ。
(注) 下線部はジジイが守倉さんの説明文を弄(いじ)って、
    表現を書き換えております。


随分と手間暇かけて(肴を)作るものとジジイは驚いた。

こんなモノ、 ジジイならウインナー、 カニカマ、 胡瓜、 竹輪、 オクラをそのまま手を加えないで食べるだろう。

守倉さんはこれに反論して言う。
「肴は見た目、 おかずは味、 手間をかけた分だけ美味しくなる」

その通りだと思う。 だから通は食器にもうるさい。
犬・猫が餌を食うのとは違うのだ。

 「食器は料理の着物である」  
  北大路魯山人(芸術家)


それにしても守倉さんのLine(説明文)を変えて読むと、 食欲というより性欲をそそられてしまう。

”挟み込み”、 ”突っ込む”、 ”穴にxxxを挿入”、 ”ほおばる”、
”食い込む”、 ”xxxをさす”、 ”ちびちび舐める” 等々。

何かいやらしいことをしてる感じ。

                 * *

一方、 貧乏人の料理は至ってシンプル。

18,500バーツの中古バイクに乗る貧乏人はこの独居老人。
ジジイのある日の夕飯レシピをご覧なってください。

まずこの食材を洗ってから刻む。
名称が分からない、 市場で試しに買ってきた。
                  ☟
pict-P_20181202_183502料理 (1).jpg
   ☝ 初めて食べたが、 それほど旨いもんじゃなかった。



   次はオクラを薄く刻む。
pict-P_20181202_183502料理 (3).jpg



下は2点とも和食惣菜店 「大阪のおかん」 で購入。
                  (地図はココ
左は鯖を焼いたもの:35バーツ、 右は菜の花のゴマ和え:25B。
尚、 菜の花は量が多過ぎて半分使用、 残りは翌日に食う。
                  ☟
pict-P_20181202_183502料理 (4).jpg


食通のジジイは、 買ってきた惣菜をそのままでは食べない。

鯖の上部にあるのはショウガ。
菜の花には先ほどのオクラなどを添え、 細ネギも加える。

しかしこれだけでは物足りない。
で、 前日の残りの豚の耳(左)と大根(細切り)も.....
                   ☟
pict-P_20181202_183502料理 (2).jpg
      ☝ アルコールはビ−ルとタイの焼酎(130B/瓶)
        清酒なし、 貧乏人には高すぎて....

豚の耳は市場の惣菜店で購入30バーツ、 半分食べたので15Bの勘定になる。

貧乏人でも栄養価満点で豪華ディナーを味わうことができる。

また料理が何であれ、 食えば本能は充たされる。

旨そうに食うのが作法、 その技術を芸術にまで高める、 これがジジイの料理の基本だ。


お分かりのように、 ジジイの料理にはいやらしい事が1つもない。

”挟み込み”、 ”突っ込む”、 ”穴に挿入”、 ”ちびちび舐める” など一切なし。


「飽きるところから新しい料理は生まれる」 
    北大路魯山人

「飽きるところから新しい女ができる」     独居老人







舐めて穴に挿入......アノの時にしたいもの。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:50| Comment(12) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

独居老人の生活915(独居老人の食卓日記5:名人の手料理教室)


「このハゲ- - - - -!」 よりも凄い、 というより怖い。 
女はホント、 恐ろしいですね。  

チェンマイの女性が可愛く思えてきます。

10分進んだ辺りからクライマックスです、 男に同情する?
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=lZNvUcI5de4


pict-BBDYVlb.jpg


              * *


ピンクパンサーならイタリア映画、
チェンマイはホワイトパンサーか?

pict-DSCN1367.jpg




白装束の女性がお寺の境内に大勢いて.......

pict-DSCN1365.jpg




寝泊まりしてたのかな。

pict-DSCN1366.jpg


今日はカオパンサー、 仏教の大イベントですよ。


                * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活915(名人の手料理教室)


   神はわれわれを愛し
   われわれに幸せになることを求めている

   ビールがその証拠である

                    ベンジャミン・フランクリン (アメリカの政治家、 物理学者)


でも神様はそうであっても、 仏さまは違うんだな、 これが。

昨日(8日)、 ランチのためバイクで出かけた。
和食店 「さくら」 に到着、 中華丼を注文、 すぐビールも....

店員の女の子、 壁の貼り紙を指差して言う。
「ビール、 ありません」

ジジイは立ち上がって表に出る、 ビールがなければ他に行く。


次に行った処は和食店 「ごはん亭」、 YMCAの近くだ。
店に入ってすぐに訊いたが、 ビールなし。

それじゃあと、 近くのローカルタイ飯店へ.....ここもダメ。


こうなったら意地でもビールのある店で食ってやる......
思い出したのが 「チャンプアークホテル」。

チャンプアーク門から北へ200m、 バンコク銀行の裏手にある。
で、 ここでようやくビールに有り付けた。

pict-DSCN1359.jpg




注文はヌードルスープ(チキンにエビをプラス):60B。
Beer Chang大瓶:80バーツ。
pict-DSCN1358.jpg
                 ☝ 
    帰りがけに店員が言う。
   「明日もいらっしゃい、 ビールはホテルだけよ」



ジジイは知っていた、 8日から仏教の行事が始まることを。
しかしある人気ブログ(7月7日掲載)にはこう書かれていた。

『”今年2017年は7月9日のカオパンサーが “タイ・禁酒日”

タイでは2008年に、 アーサラハブーチャ(三宝節)の翌日のカオパンサー(雨安居)の日を“タイ・禁酒日”と制定。

今年2017年は、 7月9日(日曜)のカオパンサーが “タイ・禁酒日”に』  (以上、記載の文をコピー)


なので今日(9日)が禁酒日、 8日(土曜日)はまだOKだと思っていた。
文句を付けていると誤解されるので、 このブログ名は省略。

たかがビール1本飲めないくらいで.......
1日禁酒すれば健康にいいよ..とおっしゃる方もいよう。

               * *

ジジイが80歳まで元気に生きると仮定。
計算すると残るは2,885日。

昼と夜に飲むのでその倍、 ビール付き食事がとれるのはたった
5,770回だけ。
その1/5770は大切な食事、 だからビールは欠かせない。


 「ありそでなさそで なさそでありそな 
  ありそでないのが 魔羅の骨」

医学的にいうと、 チンコに骨はないんだとか。
でも昔、 ジジイのムスコは骨があった。

しかし最近は何と骨がないことか。
老いてその衰えを身に染みて実感する。

となると、 満たしたくなる本能は食欲。
ビールのない食事はワサビ抜きの寿司・刺身と同じ。

食えたもんじゃないわな。


                * *


こうなると夕食は自宅で......
ジジイ自慢の手料理で、 ビールを飲みながら戴くのだ。

さあ、 ここからが名人・独居老人の手料理教室です。


左の小鉢には蒲鉾とキュウリの塩もみ。
右の皿はセロリ、 キャベツ、 玉ねぎの生野菜。

pict-DSCN1363.jpg





下はオクラをスライス、 ワサビ+醤油+水のタレで食べる。
醤油を水で薄めること(コツ)で、 オクラに満遍なく味がつく。

pict-DSCN1360.jpg




よくかき混ぜて、 そこにカツオ節をかけるのがコツ。
これでオクラの臭みが消えてより美味しくなる。
pict-DSCN1361.jpg




まだあるよ。  枝豆、 これで10バーツ。
全部一遍に茹でて冷凍庫保存、 少しずつ食す。

pict-DSCN1364.jpg


軽めに茹でるのがコツ。  そうすることで電子レンジでチンしても水っぽさが少なく、 美味しく食べられる。

すべて、 料理好きの友人が斯様に教えてくれた。

持つべきものは 友。
これで美女を紹介してくれたら Best Friend だ。

この日、 特に感じた、










 あああー、 ビールが美味い。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:39| Comment(6) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

独居老人の生活891(独居老人の食卓日記―4)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活891
                     (独居老人の食卓日記―4)


  川岸で生活を始めるなら、 ワニと仲良くなりなさい。

                                          インドのことわざ


@ 小学校の同窓会。

一昨日(10日)集合したのは11人、 皆1945年生まれ。
開催場所は新宿歌舞伎町の 「トラノコ」、 12時スタート。
  (地図はココをクリック)

この店は正午開店で深夜まで営業、 時間を気にせずゆっくりできる居酒屋だ。  しかもハイボールが100円など全てに安価。

ウエートレスはベトナム人美女、 テキパキよく働くので驚き!


昨年もこの時期に開催、 1年間を無事に生き延びた老人が出席。
婆さん3名は衰えを感じさせず食欲旺盛。

pict-同窓会2.jpg




参加爺さん8名中、 2人がガンの手術をやったという。
1人は術後6年目、 ピンピンして飲んでいる。

あとの1人は今年4月に肺腺ガンを手術、 普通に飲んでいる。
ガン、恐れるに足りず、 勇気を貰った感じ。

pict-同窓会.jpg
                ☝ ジジイも写ってます。



爺さん連中がジジイに訊く。
「末期はチェンマイの現地妻に看取ってもらうのか?」

「オレは独居、 現地妻などいないよ」

と言っても誰も信用してくれない。
1人寂しく暮らせるわけがない...という論理だ。

我々昭和20年生まれは、 チェンマイ=玉本ハーレム事件。
頭っから女がいると決めてかかっている....誤解もいいとこ。

               * *

今回は地方からたまたま東京旅行中の同窓生Aくんも参加。
このあと仙台、 札幌、 名古屋などに行くという。

Aくんは今も現役で忙しいはず、 それがのんびり何故?
彼の答えを聞いて納得、 選挙運動なんだとか。


永田.jpg
             ☝ 
      ”明日に向かって立つ!”
      ジジイなら ”アナに向かって起つ!” と書くが......


Aくんの職業は司法書士、 ある県の司法書士会の会長でもある。
今回 「日本司法書士連合会」 の理事に立候補、 投票依頼のため
上京。

全国司法書士の登録数は21,658人(女性3,506)、 927法人。
(2015年4月)

司法書士試験の合格率は3.2%(受験者数16,726人、 合格660人)、 これは2016年の結果。

理事選挙の投票権は各県の代議員300人が持つとか。
司法書士連合会の理事数が14名、 当選してくれればいいが....


この日の勘定は、 男4,000円、 女2,000円/人。
2次会もなく新宿で皆とお別れ、 来年の再会を約す。

ジジイは1人、 電車に乗って帰宅も降車駅を寝過ごす。
また引き返すのだが、 下車したらジジイの同類がホームに居た。

                 ☟

pict-DSCN1047.bmp
           ☝
  酩酊しているのか爆睡していた。
  バッグの盗難が心配、 まあ平和な日本を信頼しよう。


                  * *


A 送別会。

昨日(11日)11時50分、 集合したのは爺さん5人。
ジジイのチェンマイに帰る日が間近に迫り、 送別会が名目。

集合場所はJR高田馬場駅、 ここから徒歩で適当な店へ......
入った処が 「満マル」、 大阪名物・串揚げを出す店だった。
  (Street View はココをクリック)

  店内
pict-DSCN1051.jpg




壁にはメニューがずらり、 串揚げが100円/本と安い。

pict-DSCN1050.jpg




大阪名物 ”ソースの2度浸けはダメよ” で、 ドボっと1回だけ
浸けて・・・・
pict-DSCN1052.jpg




来年の再会はなるか?  おそらく1人くらいは寝たきりに・・・

pict-DSCN1054.jpg


ビール中瓶:518円x5本、 ビールジョッキ:356円x5杯
麦焼酎:432円x2杯、  角ハイボール濃い味:430円x3、

角ハイボール:356円x1、 ホッピー:486円x2、
串揚げ:108円x29ほか。

勘定は合計14,222円 ÷ 5人 = 2,844円/人。


いい機嫌でもう1軒、 同じ通りを歩いて探す。
と、こんな店を見つける。  「相席屋」

pict-DSCN1058.jpg


女性は無料、 そのかわり男性客と相席になろう。
男は食べ飲み放題で1,500円/30分とか。

出会いを求めて婚活に利用できる....ココをクリック。


前川喜平・前文科省事務次官が通った店は出会い系バー。
相席屋とは少し趣が異なる感じだが目的は同じだろう。

70歳の爺さんが行って、 女の子が相席になってくれるのか。
目をそむけられ、 鼻をつままれるだけ?

「相席屋」 の営業は夜のみで、 諦めて別の店を探す。


で、入ったのが 「満マル」 並びの店 「慶太郎酒場」。
群馬県自社黒毛和豚牧場直送と書いてある。
pict-DSCN1071.jpg




このビールジョッキ生:199円が決めて。
pict-DSCN1074.jpg




でもお通し(200円)が出てきて最低400円/人かかる。
ビールは自動給麦装置でジョッキに入れる、 すごい!

pict-DSCN1062.jpg




 店員さんは中国人の美女。
pict-DSCN1069.jpg




こちらの美女も中国人(28歳)、 日本滞留9年だとか。
日本語堪能、 訊いたら店のオーナーも中国人。

pict-DSCN1060.jpg


何てことはない、 社長〜従業員まで完全な中国人の居酒屋。
でも黒豚は群馬県産、 中国から直送ではないようだ。

東京都内で数店舗展開している由。
中国人、 観光客の爆買いだけかと思ったら、 居酒屋チェーンで
”爆儲け” やってるか。


店員さんたちの容貌からでは、 日本人との見分けは困難。

でもこれ見てジジイは、 「なるほど彼女は外国人」 と納得。




               ☟






日本人のウエートレスは、 店でこんなの履きません。

pict-DSCN1066.jpg




チェンマイ・タイ飯屋の店員を思い出したわ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:49| Comment(2) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする