2017年06月12日

独居老人の生活891(独居老人の食卓日記―4)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活891
                     (独居老人の食卓日記―4)


  川岸で生活を始めるなら、 ワニと仲良くなりなさい。

                                          インドのことわざ


@ 小学校の同窓会。

一昨日(10日)集合したのは11人、 皆1945年生まれ。
開催場所は新宿歌舞伎町の 「トラノコ」、 12時スタート。
  (地図はココをクリック)

この店は正午開店で深夜まで営業、 時間を気にせずゆっくりできる居酒屋だ。  しかもハイボールが100円など全てに安価。

ウエートレスはベトナム人美女、 テキパキよく働くので驚き!


昨年もこの時期に開催、 1年間を無事に生き延びた老人が出席。
婆さん3名は衰えを感じさせず食欲旺盛。

pict-同窓会2.jpg




参加爺さん8名中、 2人がガンの手術をやったという。
1人は術後6年目、 ピンピンして飲んでいる。

あとの1人は今年4月に肺腺ガンを手術、 普通に飲んでいる。
ガン、恐れるに足りず、 勇気を貰った感じ。

pict-同窓会.jpg
                ☝ ジジイも写ってます。



爺さん連中がジジイに訊く。
「末期はチェンマイの現地妻に看取ってもらうのか?」

「オレは独居、 現地妻などいないよ」

と言っても誰も信用してくれない。
1人寂しく暮らせるわけがない...という論理だ。

我々昭和20年生まれは、 チェンマイ=玉本ハーレム事件。
頭っから女がいると決めてかかっている....誤解もいいとこ。

               * *

今回は地方からたまたま東京旅行中の同窓生Aくんも参加。
このあと仙台、 札幌、 名古屋などに行くという。

Aくんは今も現役で忙しいはず、 それがのんびり何故?
彼の答えを聞いて納得、 選挙運動なんだとか。


永田.jpg
             ☝ 
      ”明日に向かって立つ!”
      ジジイなら ”アナに向かって起つ!” と書くが......


Aくんの職業は司法書士、 ある県の司法書士会の会長でもある。
今回 「日本司法書士連合会」 の理事に立候補、 投票依頼のため
上京。

全国司法書士の登録数は21,658人(女性3,506)、 927法人。
(2015年4月)

司法書士試験の合格率は3.2%(受験者数16,726人、 合格660人)、 これは2016年の結果。

理事選挙の投票権は各県の代議員300人が持つとか。
司法書士連合会の理事数が14名、 当選してくれればいいが....


この日の勘定は、 男4,000円、 女2,000円/人。
2次会もなく新宿で皆とお別れ、 来年の再会を約す。

ジジイは1人、 電車に乗って帰宅も降車駅を寝過ごす。
また引き返すのだが、 下車したらジジイの同類がホームに居た。

                 ☟

pict-DSCN1047.bmp
           ☝
  酩酊しているのか爆睡していた。
  バッグの盗難が心配、 まあ平和な日本を信頼しよう。


                  * *


A 送別会。

昨日(11日)11時50分、 集合したのは爺さん5人。
ジジイのチェンマイに帰る日が間近に迫り、 送別会が名目。

集合場所はJR高田馬場駅、 ここから徒歩で適当な店へ......
入った処が 「満マル」、 大阪名物・串揚げを出す店だった。
  (Street View はココをクリック)

  店内
pict-DSCN1051.jpg




壁にはメニューがずらり、 串揚げが100円/本と安い。

pict-DSCN1050.jpg




大阪名物 ”ソースの2度浸けはダメよ” で、 ドボっと1回だけ
浸けて・・・・
pict-DSCN1052.jpg




来年の再会はなるか?  おそらく1人くらいは寝たきりに・・・

pict-DSCN1054.jpg


ビール中瓶:518円x5本、 ビールジョッキ:356円x5杯
麦焼酎:432円x2杯、  角ハイボール濃い味:430円x3、

角ハイボール:356円x1、 ホッピー:486円x2、
串揚げ:108円x29ほか。

勘定は合計14,222円 ÷ 5人 = 2,844円/人。


いい機嫌でもう1軒、 同じ通りを歩いて探す。
と、こんな店を見つける。  「相席屋」

pict-DSCN1058.jpg


女性は無料、 そのかわり男性客と相席になろう。
男は食べ飲み放題で1,500円/30分とか。

出会いを求めて婚活に利用できる....ココをクリック。


前川喜平・前文科省事務次官が通った店は出会い系バー。
相席屋とは少し趣が異なる感じだが目的は同じだろう。

70歳の爺さんが行って、 女の子が相席になってくれるのか。
目をそむけられ、 鼻をつままれるだけ?

「相席屋」 の営業は夜のみで、 諦めて別の店を探す。


で、入ったのが 「満マル」 並びの店 「慶太郎酒場」。
群馬県自社黒毛和豚牧場直送と書いてある。
pict-DSCN1071.jpg




このビールジョッキ生:199円が決めて。
pict-DSCN1074.jpg




でもお通し(200円)が出てきて最低400円/人かかる。
ビールは自動給麦装置でジョッキに入れる、 すごい!

pict-DSCN1062.jpg




 店員さんは中国人の美女。
pict-DSCN1069.jpg




こちらの美女も中国人(28歳)、 日本滞留9年だとか。
日本語堪能、 訊いたら店のオーナーも中国人。

pict-DSCN1060.jpg


何てことはない、 社長〜従業員まで完全な中国人の居酒屋。
でも黒豚は群馬県産、 中国から直送ではないようだ。

東京都内で数店舗展開している由。
中国人、 観光客の爆買いだけかと思ったら、 居酒屋チェーンで
”爆儲け” やってるか。


店員さんたちの容貌からでは、 日本人との見分けは困難。

でもこれ見てジジイは、 「なるほど彼女は外国人」 と納得。




               ☟






日本人のウエートレスは、 店でこんなの履きません。

pict-DSCN1066.jpg




チェンマイ・タイ飯屋の店員を思い出したわ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:49| Comment(2) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

独居老人の生活889(独居老人の食卓日記―3:東京のタイレストラン)



ジジイは気が付かなかった、 というより知らなかった。
沖縄にはこれまでセブンイレブンの店がなかったのだ。

この度会社は沖縄進出を表明、 2019年をめどに出店開始。
5年間で250のコンビニを展開するという。

これにより全国都道府県のセブンイレブンの空白県が解消。
タイには腐るほどあるのにね。


店の入り口に次のポスターを貼れば大繁盛か。

「沖縄にある基地を全部なくそう!」

沖縄振興予算をもっと増やそう!
 目標:平成29年度の3,150億円 → 6,000億円に!」

これでお客が殺到するかな?


                  * *


チェンマイ独居老人の華麗なる生活889
         (独居老人の食卓日記―3:東京のタイレストラン)


      低級な人は低級な味を好み、
 
    低級な料理と交わって安堵し、

    また低級な料理を作る。
              北大路魯山人


今回は東京のタイレストラン2店をご案内します。
先ず昨日(6月9日)のランチは 「サワディー」で。

この店は所沢市(埼玉県)と東村山市(東京)の2店舗ある。
2つの市は隣接しておりほぼ同地域。

昨日行った店は東村山、 所沢店に比べアクセスが便利だから。
場所は西武新宿線久米川駅から徒歩2分(ココをクリック)。

 店はビルの2階。
pict-DSCN1033.jpg




1F階段入り口に大きなメニュー。  平均900円くらい。
pict-DSCN1031.jpg



 店内。
pict-DSCN1024.jpg



 ランチメニューがある。
pict-DSCN1023.jpg




そこから、 ナスのタイ味噌炒め860円を選択。
ビール中瓶:520円。
pict-DSCN1028.jpg




マネージャーもコックもタイ人。
壁には前国王のお写真が・・・・
pict-DSCN1027.jpg


メニューには、 辛くない、ちょっと辛いなどの表示あり。
ジジイは辛い料理をチョイス、 タイを味わいたいからね。

                * *


昨日はタイレストランに立ち寄っただけ。
本来の目的は競輪観戦、 8、9年ぶりかな。

で、 ランチ後東村山から近い 「西武園競輪場」へ。
入場口、 入場料100円。
pict-DSCN1034.jpg




平日の金曜日、 日中から暇を持て余す人間は老人と失業者。
まばらな観客、 ほぼ9割がオッサン。
pict-DSCN1035.jpg




観覧席もガラガラ、 ゆっくりできてイイ。
ジジイはビール(缶小)400円を飲みながら......
pict-DSCN1037.jpg




各レース間隔が約30分、 待ち時間はのんびり読書。
だが選手が出てくると目を凝らす。
pict-DSCN1039.jpg


競輪ファンの方のために.......
この日はF1の決勝戦、 穴の伏見俊昭(福島)が優勝。

その伏見俊昭選手のブログです。  
            ☟
https://ameblo.jp/toshiaki-fushimi/


ジジイは外れで昨日は的中ゼロ。 ジジイはいつも連勝単式の
1レース1点買いで勝負。
結果、 千円 x 5レース=5千円の観戦代についた。

               * *


2軒目のタイレストランは先日行った 「メナムのほとり」。
ここでのランチ後は競輪ならぬ映画鑑賞で。

場所は東京・神保町、 岩波ホールの裏通りにある。
  ((地図はココをクリック)


pict-DSC_0070.jpg




 店内。
pict-DSC_0067.jpg




ランチメニューから、 鶏バジル炒め:1,180円を選択。
生ビール(ジョッキ):550円、 ともに+8%の消費税がかかる。

pict-DSC_0066.jpg


同じくメニューには、 辛くない、 辛いなどの表示あり。
どこのタイレストランも ”辛さ度合い” を表示するようだ。

ランチメニューには他にカオマンガイなどがあったが、 全て千円
以上の価格。

チェンマイなら40バーツ(約120円)で食えるカオマンガイ、 それを1,200円も出して食べる気がしまへんわ。

貧乏人根性のジジイには、 東京のタイ料理は合わないか。


やっぱしね、










チェンマイって ホントいいですね!

 (追記)
日本全国にあるタイレストランを地域ごとに検索するなら.....
                 ☟
http://thairestaurant.jp/restaurant_saitama.html

地図が出たら、 ご希望の都道府県をクリックです。
例えば札幌市内だけでも16店、 タイ食人気はかなりなもの。

因みに札幌のフィリピンレストランを調べたら2軒だけ。
それがすすきのにあるココ
もう1店がバー&レストランのココ、 札幌の人はタイ食が好き。   


お暇でしたら、 音楽を聴きながらタイ料理をご覧ください。
            ☟

                     ☝ 上のこちらをクリック、
 次の画面が出たらブルーの枠をクリック。




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:27| Comment(4) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

独居老人の生活857(#2 独居老人・食卓日記)



   ”チェンマイ独居老人の生活” は低俗娯楽ブログです。
    紳士・淑女、 18歳未満の方はご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐857
                      (#2独居老人・食卓日記)


    人は3つの名前を持つ。
    両親が生まれた時につけてくれた名前、

    友達が親愛の情を込めて呼ぶ名前、 そして、
    自分の生涯が終わるまでに獲得する名前である。

                                            ユダヤの格言


昨日に引き続き、 ジジイの食卓を覗いてやってください。


5月1日: 「日本海庄屋」

pict-DSCN0180.jpg


場所はJR池袋駅・東口、 LABI池袋店の7階にある。
  (Street Viewはココをクリック)

高校時代の同級生2人と一緒にランチ。
  店内。
pict-DSCN0179.jpg



Eくんの注文は海鮮丼:1,000円。
他にビール中瓶:594円x7本。   焼酎:486円x4杯。

pict-DSCN0176.jpg




ジジイとKくんは刺身定食:1,280円。
ジジイは前日(30日)も真鶴で魚三昧、 飽きずに又もお魚で。

 (価格の全てに8%の消費税がプラスされます)
pict-DSCN0178.jpg




2人とも公務員の生涯で引退、 約55年の長い付き合いだ。

     pict-DSCN0177.jpg
         ☝ 左がEくん、 右がKくん。


Kくんには兄2人がいたが、 共に60代で鬼籍に入った。
60代前半の頃、 Kくんの心配ぶりは尋常でなかった。

  「俺も70を越えられないかも......」

そんな心配は杞憂に終わる。  我々は今71歳。

一方、Eくんの家系は短命、 両親・兄弟で80を越えた者なし。
 「俺はもうすぐあの世だよ」 と達観したように言う。

でもこればっかりは分からない、 その順番は。
3人のうちで、 ジジイが最後になるとは思っているが......


                * *


5月2日: 「庄や」

ランチをご一緒したのは 「パタヤ視察団」 のメンバー。
この日はパタヤならぬJR国分寺駅に正午集合。

pict-DSCN0183.jpg
                  ☝ 
    左が西団長(76)、 奥さんの手前、顔を隠します。
    右がド助平の日野さん(68歳)



 向かった先は駅の目の前にあるビル。
pict-DSCN0191.jpg




 このビルの2階に 「庄や」 がある。
pict-DSCN0184.jpg




  席は個室の感じだがドアとかの仕切りはない。
pict-DSCN0189.jpg




ランチメニューを見て感激。  2品チョイスして900円だ。
             ☟
pict-DSCN0185.jpg




 ジジイと日野さんは刺身とモツ煮込みを選択。
pict-DSCN0186.jpg




 西団長はアジフライ・コロッケと煮込み。
pict-DSCN0187.jpg


ビール大瓶:594円x6本。
ウーロンハイ中:432円x3、  紀州梅:118円x1。

他にツマミで、 塩辛、 しらすおろし等オーダー。
 (価格は消費税除く)
勘定は総計7,928円(2,643円/人)と東京にしては安い。

               * *


 西団長とは8ヶ月ぶりの再会。
pict-DSCN0190.jpg



昨年の8月末でチェンマイを引き払い、 西団長は日本へ.....
現在は自宅でテレビを見ながら酒をチビチビ、 模範的老人の健全なる日々。

ここで懐かしい 「パタヤ視察団」 団歌を思い出しました。
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=mJJut1ooYSI



  パタヤの夜。
pict-DSCN7973.jpg
                  ☝
 今や西さんにはこんなパタヤは夢の夢、 遥か遠くの世界に....



プリプリオッパイを触りまくったあの柔らかな掌(手のひら)は、
今や動脈硬化でガチガチ。

若いオンナの柔肌に触れないでいると、 老人の身体は忽ちしぼり滓(かす)になる.....西さんの8ヶ月間の変貌がこれを証明。


    pict-1472464756784.jpg
          ☝ 男の常道... ”乳帰る” 



片やド助平の日野さんは、 チェンマイに恋人がいるにも拘わらずこんな良からぬことを・・・・
pict-1439647205368.jpg
          ☝ パタヤの一夜妻と一緒に......


パタヤ視察団は、 パタヤの怪しげな文化も研究テーマの1つ。

1ヶ月半の東京滞在を終え、 日野さんは1週間後チェンマイへ。
そこには7年越しの恋人(27)が待っている。
                   ☟
pict-DSCN9737.jpg


チェンマイに着いたその夜、 早速熱い夜になるんだとか。

彼女との将来を真剣に考え、 浮ついた心から脱却した..と思えた日野さんだが......

酔いが回り、 いつの間にかパタヤ視察団を再結成。
今夏、 西さんを団長に4度目のパタヤ訪問が決定した。











スケベは死ななきゃなおらない。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:13| Comment(0) | 食卓シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする