2021年08月18日

独居老人の生活2341(コロナ禍の1年ビザ延長)


本日2度目のアップです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2341
              (コロナ禍の1年ビザ延長)


  悲観主義は気分によるものであり、

  楽観主義は意思によるものである。

                アラン (フランスの哲学者)


今朝(10時40分)、 チェンマイ入局管理局(空港近くのイミグレオフィス)から帰宅。

リタイアメントビザ(O-A)の延長手続きに出向いた。
年に1回のお勤め、 これを取らなきゃタイでは暮らせない。

8時過ぎに自宅を出発 → 8時15分にイミグレ到着。
まずテントの中の受付で順番札を貰う(ジジイは13番目)。

pict-P_20210818_093025_vHDR_On.jpg




次にオフィスの中には入らず、 端にあるテントに向かう。

pict-P_20210818_081441_vHDR_On.jpg



そこではボランティアの人(だと思う)が、 書類のチェックをやってくださる。

ジジイは特に問題なし、 先に来ている申請者がオフィスに移って行くと、 空いた前方の椅子に移動。

pict-P_20210818_081448_vHDR_On.jpg


40分ほどこのテントで待機、 ジジイの番が来ると番号カードを手渡してくれた。

それを持ってオフィス内のインフォメーションカウンターへ行く。
そこで再度書類チェック、 今度は最後の受付番号札を貰う。

その貰った瞬間にジジイの番が来て、 1秒も待たずして手続きに入る。
数分で終了、 ビザ代金1,900バーツを払って長椅子で待つ。

しばらく待つと隣の窓口で写真撮影。
メガネとマスクを外し、 突っ立っていればOK。

pict-P_20210818_090513_vHDR_On.jpg



あとは長椅子に座って、 パスポートの返却を待つだけ。
9時25分、 パスポートを受け取り、 イミグレを後にした。

混雑なくイライラなく、 所要時間1時間10分で完了。
そのまま帰宅して、 今このようにブログを書いている次第。

これもコロナのお陰か。


        * *

ボランティアの人がテントの下で書類チェック。
イミグレには世界中から人がやって来る。

急に飛び込んで来て、 そのボランティアに質問する外国人たち。
引っ切り無しで、 書類チェックが度々中断する。

いったい彼らは何を訊いているんだろう?
それぞれのお国柄、 各人各様の特徴があるのかも。

そんな一端をコロナワクチン接種で探ってみよう。

         * *

「私は絶対にコロナワクチンを打たない」 と言い張る人たちがいる。

各国から集めたワクチン嫌いの人たちをどう説得するか?
ある心理学者が実験し、 見事にやって見せた。

その心理学者は、 それぞれの外国人にこう言った。
          ☟

米人には 「ワクチン接種すればあなたは英雄ですよ」

英国人には 「接種すればあなたは紳士です」

ドイツ人には 「接種するのがドイツの規則となってます」

ロシア人には 「接種したらウオッカ1ダース貰えます」

イタリア人には 「接種すると女性にモテますよ」

ギリシャ人には 「接種したら公務員になれます」

フランス人には 「接種は絶対にしないでください」

中国人には 「中国製じゃなくファィザーが打てますよ」

韓国人には 「日本に比べ、 韓国は接種率が低いです」

フィリピン人には 「接種しないと撃ち殺されますよ」

タイ人には 「接種すれば安心して浮気できます」

日本人には 「みんなでワクチン打ってますよ」

チェンマイの日本人爺さんには

「ワクチン打つと...







ムスコが ビンビンになりますよ!」


チェンマイって ホントいいですね!  




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:21| Comment(0) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: