2021年05月28日

独居老人の生活2259(#17とんでる女の今昔物語:波多野秋子)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2259
        (#17とんでる女の今昔物語:波多野秋子)



 愛の前に死がかくまで無力なものだとは

 此瞬間まで思はなかつた。


                 作家・有島武郎 (遺書)


@ チェンマイのコロナ新規感染状況(2021年5月27日)

チェンマイ県発表、 前日の11 → 5人に....

pict-1619778311070コロナ.jpg


チェンマイ感染者累計は4,076人に...
尚、5月27日のチェンマイでの死亡は0人、 死者累計23名。

4,076人のうち94%が快復した(3,828人)、
まだ治療中または野外病院の患者が224人いる。

  *******************



A CCSA発表(5月27日)のタイの新規感染は 3,323人。

うち刑務所内で受刑者ら1,219人の感染を確認。
ほか国内2,083で人、 入国/隔離で21人の感染を確認。


刑務所を除く国内感染(2,083人)の都県別は次の通り。

バンコク都:894人、 サムットプラカン県:280人、 ペチャブリ県:233人、 ノンタブリ県:129人など。

感染者累計:141,217人、 快復:93,828人。
27日の死亡は47人、 死亡累計:920人。

  *******************



B merit making ceremony(功徳式)

5月27日午前、 3人の王様記念像で、 Charoenrit Sanguansatチェンマイ県知事は、毎年恒例のチェンマイ功徳式を ”new normal” バージョンで開催した。

pict-City merit making ceremony.jpg



pict-City merit making ceremony3.jpg
  ☝ ソーシャルディスタンシングを考慮して...



pict-City merit making ceremony2.jpg
   ☝ Charoenrit Sanguansatチェンマイ県知事


式典は3人の王様記念像に加え、 市内9ヵ所(各城門など)でも行われた。

今年の功徳授与式では、 特にコロナ蔓延の終息を祈ったという。
ソーシャルディスタンシングを守るため、 27人の僧侶と50人のゲストが出席。

このイベントの模様は、 Facebookで実況放映された。


  ********************



C とんでる女の今昔物語:波多野秋子

波多野秋子は1894年10月生まれ、
中央公論社の 『婦人公論』 記者であった。           

作家・有島武郎の愛人で心中相手として知られる。

秋子は、 実業家・林謙吉カが新橋の芸者に生ませた庶子とされている。

大正元年(1912年)に実践女学校を卒業。

この頃、 米国帰りの英語塾経営者であった波多野春房(烏峰、 1885年生)に口説かれて結婚、 秋子が18歳の時である。
春房(当時27歳)には妻がいたが、 離婚して秋子と結婚。

  pict-春房と秋子の結婚.jpg
         ☝波多野春房と秋子


春房は、福岡県の神職の長男として生まれた。

太陽通信社社長を経て、 1920年より大日本総合火災保険協会、 日本海上保険協会などの書記長を務め、 銀座で画廊も経営していた。


秋子は春房の学費提供により女子学院英文科に入学、大正3年(1914年)に卒業し、青山学院英文科に入学。

大正7年(1918年)に卒業後、 『婦人公論』の編集者となり、 美人記者として名高かった。

  pict-波多野 秋子2.jpg


芥川龍之介は秋子の依頼でなければ原稿は書かないと冗談を飛ばした。
永井荷風も秋子の原稿依頼には喜んで応じたという。

          * *

作家有島武郎は数え年26歳でアメリカに留学(明治36年)。

フィラデルフィアの近くにあるハーバーフォード大学の大学院に入学し、 経済学と歴史学を学ぶ。

武郎は明治42年3月、 陸軍中将神尾光臣の娘安子と結婚。
東京で式を挙げた後、 札幌で新婚生活を営む。

  pict-明治42年3月、神尾安子と結婚。.jpg
       ☝ 妻・安子と武郎


彼女は武郎より11歳年少。 武郎31歳、安子は20 歳だった。
しかし安子は肺結核で死亡(享年27)。

男やもめになった有島武郎は本格的に作家生活に入る。

『カインの末裔』 『生れ出づる悩み』 『迷路』 を書き、 1919年(大正8年)には 『或る女』 を発表した。

ちなみに2人の間に授かった長男は俳優の森雅之。

           * *

武郎は再婚することなく独身を通した。
そんな頃(1923年)、 ある劇場で席を前後したことがきっかけで人妻・波多野秋子と知り合う。

で、次第に恋愛関係 → 男女の関係に発展。

当時の流行作家と美人編集者の関係だ、 秋子の夫・春房の耳にも届く。

春房は有島武郎を会社に呼びつけて脅す。

    波多野春房.jpg

「それほど気に入ったなら秋子は喜んで進呈する。
しかし俺も商人だ。 ただで商品は提供できない。
1万円(現在の1千万円程度)をよこせ。
お前はケチだから、 苦しめるには金を取るのが1番だ」

「愛する人を金で換算することはできない」 と武郎は断る。

ならばと春房は、 告訴すると告げた。
当時、 姦通罪の刑期は長ければ2年、 告訴されたら入獄は免れない。

有島武郎は数日の猶予をもらった。
そして大正12年6月8日の夕方、 小さな風呂敷つつみを抱えて行き先を告げずに家を出た。

新橋で波多野秋子と落ち合い、 軽井沢に向かった。

ふたりは激しい雨の音を聞きながら、 9日未明、別荘・浄月荘の応接室で、ともに首を吊った。

pict-浄月荘.jpg
          ☝ 別荘・浄月荘(軽井沢)


1ヶ月後の7月7日に遺体が発見されたが、 梅雨の時期ともあって腐乱が進んでおり、 遺書の存在で本人と確認されたという。

有島武郎:享年45、 波多野秋子:享年28。
年齢差17の首つり心中であった。

 pict-有島武郎2.jpg
            ☝ 有島武郎



  pict-波多野秋子.jpg
          ☝ 波多野秋子


 世の常のわが恋ならばかくばかり
 おぞましき火に身はや焼くべき


これは、 武郎の自宅書斎に残されていた歌稿のはじめの一首である。


愛は惜しみなく与う   トルストイ(ロシアの文豪)

惜しみなく愛は奪ふ   有島武郎

  pict-惜しみなく愛は奪う.jpg


与える方がいいのか、 奪われるのがいいのか、 どちらにしても生死をかけてまでも...と凡人のジジイは思ってしまう。


ロマンチックなことを書きながら、 有島武郎はオンナ好き(助平)であった。

執筆で円覚寺の別院に籠っていた時、 近くの茶屋の女と肉体関係に...

加えて円覚寺近くの寿司屋の娘と懇ろに、 はたまた帝劇の女優・唐沢秀子とも男女の仲。

  pict-有島 武郎.jpg
         ☝ 有島武郎

作家で色男となれば、 女にモテるのは当然か。
比較するのもおこがましいが、 ジジイも若い頃はまあハンサムだった。

しかし女性にはモテなかった。
その理由は分かる、 ジジイは今も昔もド助平にはなりきれないからだ。

          * *

とんでる女・波多野秋子が夫の春房に残した遺書がある。
            ☟
pict-DSCN7644有島武郎 (1).jpg

春房さま
とうとうかなしいおわかれをする時がまゐりました。 
○○おはなし申上げた通りで、 秋子の心はよくわかって下さることとぞんじます。 

私もあなたの お心がよくわかってをります。
十二年の○ 愛しぬいてくだすつたことをうれしく もつたいなくぞんじます。

わがままのありつたけをした揚句にあなたを殺すやうなことになりました。

それを思ふと堪りません。
あなたをたつた独りぼつちにしてゆくのが可哀相で可哀相でたまりません。   秋子

六月九日 午前一時半   (○字判読不能)


ホント 女って....






自分勝手なもんでんな〜。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: