2021年03月01日

独居老人の生活2170(家で飲もう、 誰と?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2170
               (家で飲もう、 誰と?)



 我々はみな真理のために闘っている。

 だから孤独なのだ。 寂しいのだ。

 しかし、 だから強くなれるのだ。


               イプセン (ノルウェーの作家)


@ コロナ感染者数:2021年2月28日(タイ)

12月にサムットサコンで感染第2波が始まって以来、 9日連続で新規感染100人未満を記録、 昨日は70人の報告。

pict-pict-70 new Covid-19 cases.jpg


国内の患者43人のうち、 39人がサムットサコン県、 2人がパトゥムタニーほか。

積極的な検査では19人の感染を確認、 サムットサコンで10人、 パトゥムタニーで9人。

国内感染の合計62人のうち、 サムットサコン県で49人(79%)を占め、 依然として同県がホットスポットになっている。

入国/隔離の8人は、 外国からタイに入国し、 14日間の隔離中に陽性が確認された。  (source : The Nation)


  ********************



A コロナワクチン、 タイで初めての接種。

2月28日(日)午前7時45分、 タイ初の接種者になったのはアヌティン保健相。

pict-First Covid jabs3.jpg
  ☝ プラユット首相(右)とアヌティン保健相。



pict-First Covid jabs.jpg
           ☝
 コロナワクチン接種第1番目のアヌティン保健相。



接種場所はノンタブリー県の 「Bamrasnaradura 感染症研究所」 で使用したワクチンは 中国産のシノバック。

続いて接種したのは、 Sathit副保健相、 Itthiphol文化相、 Kiattiphum保健次官、 Opas疾病管理局長、 Kanokwan副教育相ら。

pict-First Covid jabs5.jpg



pict-First Covid jabs6.jpg



pict-oversee the vaccination drive..jpg
 ☝ 接種者を見守るプラユット首相(右から2人目)


接種に立ち会ったプラユット首相は、 同日に英アストラゼネカ製ワクチンの接種予定だったが、 延期になった。

中国産ワクチンは、 60歳以上の人には接種しないことになっており、 プラユット首相はこれに該当している。

           * *

今回の接種者の中には、 中国産は御免だという人がいたかもしれない。
それでも命をかけてのお仕事に臨んだわけだ。 ご立派!
  (source : Bangkok Post、 The Nation)


  **********************



B 出張ピンク嬢との 「家飲み」 にハマる高齢者の実態。

「コロナ禍でジリジリとニーズが増えていることを実感しています。
ワクチン接種が行われたとしても、 この状況はしばらく続くでしょうね」

そう語るのは、 地方都市でデリバリー型のピンク店を経営する男性だ。

いわゆる夜の店を中心とした飲食店が時短営業を迫られて久しいが、 以前はスナックなどで飲食を楽しんでいた男性客が、 ホステス代わりに自宅へピンク嬢の派遣を依頼するケースが増加しているのだという。

  pict-「家飲み」.jpg
       ☝ イメージ画像。


「高齢の方を中心とした需要はコロナ禍以前からありました。
そこそこ年齢がいった熟マダム系店舗の価格は概ね120分2万円程度。

価格的にスナックと勝負...これは微妙なラインなのですが、 次のような人たちに人気です。

『足が悪い』
『繁華街までは少し離れた土地に住んでいる』
『わざわざ飲みに出るのが億劫』

といった理由で少し金銭的に余裕がある層が利用されていた印象です。

この冬はコロナに対する恐怖感が薄れたことと夜の店への風当たりが強くなったことで利用が増えています。

コロナ禍が収束したとしても、 “お気に入りの女性とまったり家飲み”というニーズ はなくならないと思いますよ」

不要不急の外出、人との接触が良しとされないこの状況で、 人目を忍び誰かと酒を飲みたいという男性の気持ちはわからなくもない。

女性からしてみれば肉体的な疲労がないのはありがたいでしょう。

pict-家飲み.jpg
          ☝ イメージ画像。


店によっては女性のプロフィール欄に飲酒可能かどうか項目を設けてわかりやすく表示したり、 紹介文の中に 「お酒が好き」 などの文言を記載したりして、 こうした 「家飲み需要」 を巧みに取り込んでいるという。

休業・閉業に追い込まれる夜の店が増加する中、 アフターコロナに定着するか注目したい。 (source : Asagei Biz)

            * *

チェンマイでもジジイの友人は、 バービアの女性を直接自宅に呼んで飲んだり H したりで、 コロナ禍を楽しんでいた。

友人はジジイと同じく1人暮らし、 寂しい時もあるという。

バービア女性はお店が休みでも呼んで貰えるわけで、 「助かります」 と言って喜んでいた由。

持ちつ持たれつか。

今、チェンマイの出会い系サイトに登録する女性が増えていると思う。

H なしでいいから、 ジジイ宅に来て2時間ほど、 一緒に飲んだり食べたりしてくれる女性がいないもんか。

ジジイのような孤独で寂しい独居老人が、 チェンマイには結構いると思うのだが....

まあ....





H があってもいいけどネ。



チェンマイって ホントいいですね! 





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: