2021年02月28日

独居老人の生活2169(普通の人生)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2169(普通の人生)


人生が終わってしまうことを恐れてはいけません。

人生がいつまでも始まらないのことが怖いのです。

              グレース・ハンセン (米国の女流作家)


@ プラユット首相のワクチン接種が延期に...

pict-PM's vaccination postponed.jpg


プラユット首相は今日(2月28日)、 アストラゼネカ社製ワクチンを接種する予定だった。

しかしこれが延期、 その理由は明らかにされていない。

加えて新しい接種期日もまだ未確認。
保健省で接種準備が整っていない可能性が高いとメディアは推測している。


  *******************



A タイ国王が万仏節で功徳を施す。

2月26日夜、 ワチラロンコン国王はバンコクのエメラルド寺院で、 功徳を施す宗教儀式を行った。

pict-Majesties make merit.jpg



スティダー妃、 シリワンナワリー・ナリラタナ王女、 チャオ・クン・プラ(国王の高貴な配偶者、 側室)のシニーナートさん(35)らが同行。
pict-Majesties make merit2.jpg



pict-Majesties make merit3.jpg



国王は式典に出席する国民にハンド消毒液と飲料水を提供した。  (source : The Nation)
pict-Majesties make merit4.jpg


  ******************



B 中年男性の7割が 「人生つまらない」…

「普通の人生」 に潰され、 家族のためにひたすら働く。

生きる意味とは何か。
先の見えない若者にとって、 悩ましい問題に違いない。

しかし、実は、 先が見えてしまった中高年男性にとってこそ、 切実なテーマだといえる。

35〜49歳の中年男性300人を対象にした調査で次のような回答が出た。

普段の生活で 「つまらない」 と感じる頻度が 「増えている」 「どちらかといえば増えている」 が72%にも達した。

大切な自分の人生なのに、この結果はあまりにも寂しい。

pict-サラリーマン.jpg


「普通」の男性は、 学校を卒業したらすぐに正社員として就職し、 1日8時間、週40時間は 「最低限」 で、 それ以上が 「当たり前」 という働き方を40年間にわたって続けていく。

こんな 「普通の人生」 はまっぴらごめんだと言ったところで、 結婚して家族を持てば 「一家の大黒柱」 として期待されるため、生活費、教育費、 さらには家のローンが重くのしかかり、 今さら道を外れることは不可能だ。

自由になるお金も時間もない。
ただひたすらに働き続けて、「こんな毎日に、いったいなんの意味があるのか」 と嘆きたくなるのも当然だろう。

多くの中高年男性が抱える漠然とした不安の裏側には、「卒業→ 就職→ 結婚→ 定年」 という 「たった一本の道を、ひたすら歩み続けるしかない」 という明確な原因が存在している。

「普通の人生」 を歩み続けることは、 確かに忍耐の連続であるが、 少し考えてみればわかるように、 そのルートから外れてしまった男性もいるはずである。

そして、その道は 「普通の人生」 よりも、 はるかに過酷に違いない。  (source : Business Journal )

pict-頑張るサラリーマン.jpg

            * *

「普通の人生」 に潰され、 家族のためにひたすら働く...これでは結婚したいという気が起こらないか。

ジジイはサラリーマン人生の中で、 何度か会社を辞めたいと考えた。 一種の逃避かも。

しかし妻も子供もいる、 給料は絶対に必要だ。
で、辞めるに辞められなかった。

42歳のとき、 腎臓の病気で会社を6ヵ月も休んだ。
その間、 給料やボーナスが大幅減、 だが何とか生活はできた。

快復して出勤開始、 6ヵ月後に異動があり、 別の部署に移る。
そこがジジイの性に合っていて、 精神的にも元気を取り戻した。


60歳で待ってましたとばかりに無職になる。
年金受給は63歳から。  受給無しで3年間を預金で生活。

で、60歳以降は海外旅行三昧、 チェンマイが最も気に入って定住するようになった。

サラリーマン人生、 時には辛い時期もあったが、 楽しいこともいっぱいあった。

「普通の人生」 で終わったが、 今こうしてチェンマイ暮らしを楽しめるのは、 「普通の人生」 の賜物。


60歳から隠居、 今75歳のジジイだが、 この15年間は...






至福の時代、 「つまらない人生」 じゃないぞ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:15| Comment(4) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独居老人さん、大病したのですね。私も今、長年の不摂生がたたり、生涯で初めて重篤な病が見つかり20日間入院、身体の中の一部を断捨離し、明日退院の予定です。今後もまだまだ厳しい治療が待っています。昨日チェンマイの友人から知人の女性(日本語が話せるタイ人)と楽しそうに昼食を食べているとの電話がありました。まさか今入院しているとは言えず、来年行くからと答えましたが、今後、コロナ禍が収まっても果たして、この身体で訪チェンできるかどうか。チェンマイは平穏なようですね。
Posted by カップ at 2021年02月28日 16:13
カップさん:
ご病気の件、驚きました。
ACEさんも入院されたとお聞きしており、現在の容態が心配です。
基礎疾患のある高齢者は、コロナに感染したらとても危険、ご注意ください。
希望をお捨てにならず、チェンマイ再訪を目指して戴きたいです。
ジジイは42歳の時、4ヶ月半の入院、1ヵ月半の自宅療養で、計半年を寝て暮らしました。
病気が難病指定で、再発確率が高いと言われ、それ以来仕事中心(の考え)から健康中心になりました。
現在こうしてチェンマイ暮らしを満喫する日々、ラッキーだったと思ってます。
ご快復を祈念しております。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2021年03月01日 12:18
つまらない人生を送っている中高年、老人というのはネガティブ思想の人が多いと思います。独居さんのようにポジティブに生きないと楽しくないですよね。タイガー・ウッズがヒュンダイの車で事故を起こしたことがニュースになっていますが、工場の労働者たちが仕事中にYoutubeの映画やドラマを見ながら仕事している、禁止すれば労働組合からの突き上げでそれを許容しているような会社の製品ではドライバーがいざというときに制御できないような車を出荷していたとしても、それはあるだろうと思います。K国内でもブレーキが効かない、急発進するといった問題があるようですから。
Posted by タオ・クワーイ at 2021年03月04日 10:06
タオ・クワーイ殿:
コメントありがとうございます。
人生山あり谷ありで、ジジイは会社に行くのが心底嫌になったことが2度(2つの職場で)あります。
40歳前後でした。 やはり体調が悪くなりましたね。
ジジイは原則的に韓国産は買いません。
Made in Koreaで欲しい物なんかありませんし...
大韓航空にもここ7〜8年、乗ってませんね。
ジジイのような嫌韓になった日本人、多いと思います。



Posted by 独居老人 at 2021年03月04日 18:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: