2021年02月21日

独居老人の生活2161(2月18日のイミグレ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2161(2月のイミグレ)


読者タオ・クワーイ さんからのイミグレ情報です。
    (一部、 ジジイの加筆あり)
            ☟
2021年2月18日、 1年ビザ(リタイアメントビザ)を更新しました。

11時15分に建屋外で書類の一次チェックを受け、 事務所内受付で二次チェックを受けました。

11時半に呼ばれて終了したのは12時。

準備した書類は、
1.パスポートおよびページコピー
2.次回の90日届け。
3.申請書(本人写真添付要)にはGPSコードも必要。
4.銀行関連では預金残高証明書と Statement。
5.通帳は1年分のコピー、 当日確認のページも必要。

(注)タオ・クワーイ さんの預金は普通預金だと思います。

書類が確実にそろっていれば1時間ほどで終了。

バンコク銀行利用者が Statementを作成する場合、3週間は見ておくことをお薦めします。

私の場合10日かかりました。
ほかの銀行、サイアムなら4日、 カシコンなら3日でできるようです。

参考までにバンコク銀行の Statement発行料は、 普通預金200バーツ、 定期預金200バーツ、 預金残高証明書100バーツでした。

以前Nekoさんが、 イミグレ係官から要求されて2枚の書類にサインしたとのことですが、 私は要求されませんでした。

その2枚は、今回はBank Statementを準備できなかったけれど、 次回は準備するといった約束内容のようです。

次回もし準備しなかったら罰則を受ける覚悟が必要と思われます。

          * *

参考までに、 イミグレ2020年12月下旬情報を再掲。
        (読者 nekoさんより)            
            ☟
2020年12月23日、 空港近くのイミグレへ行き、 リタイアメントビザの延長手続きを行いました。

[混雑状況]
まず10時に銀行へ着き、 預金残高証明書を発行して貰う。
書類コピー等も11時頃に終わり、昼食を済ませたら12時前。

ダメ元でイミグレへ行き、 昼休み中でしたが13時の事務開始を待って申請、 16時少し過ぎに手続き終了。

やはり武漢風邪の影響か、利用者は少なくスムーズに手続きができました。

[申請内容]
パスポート、 入国カード、 TM-30、 90日報告、 銀行預金通帳、 銀行発行の残高証明書の原本。

銀行預金通帳(全記載頁)等のコピーはボールペンで全てサイン。
イミグレ係官から渡された同意書2枚にサイン、 以上を提出しました。

(注)出入国カード、 TM-30、 90日報告等の説明は、
             ☟
http://sabaijaicons.com/visa_90days.html


今回の変更点は90日報告のコピーを要求された事です。

又、入口ドアー前の書類チュエック職員に ”居住する家” の証明書を求められましたが、 無視して中に入りました。

待ち番号札発行の受付窓口でのチェックでは ”家証明” は問われず、申請は受理されました。

次回(機会あれば)コンドー(または家)の権利書とコピーを持参した方が安全かと思いました。

(注)
ジジイはいつもアパートの賃貸契約書コピーを提出している。
しかしこれを要求されなかったという友人も数人いる、 不要なのかもしれない。

尚、Bank Statement(過去1年分の預金変動記録)は不要でした。

但し、預金残高証明書(発行手数料100B)に加え、 残金80万バーツ以上ある普通預金通帳の原本と全頁コピー(2016/08/22〜2020/12/20)を提出しました。


ということで、 今なら午後からイミグレに行ってもリタイアメントビザの延長は出来るようだ。 (但し、 日によって異なる場合あり)

nekoさんは午後1番で受付し、 午後4時過ぎに完了された。
この時間内で 「Re-Entry Permit(再入国許可)」 まで手続きされたかどうかは不明。  以上


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:53| Comment(8) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リタイヤメント・ビザの更新を3月末に予定してますので、参考にさせて頂きます。
80万バーツは一年定期にしてますので、銀行の残高証明書(100B)だけで済んでます。
私も以前は残高証明書発行を依頼して2−3日待たされたので別の銀行に預け替えました。また、60歳になった後の一回目はお祝いだからと言われて発行手数料をタダにしてくれましたが、その後は200Bに値上げされましたので別の銀行にしました。
支店長の人柄なのか権限なのか、そのくらいのことはどうにでもできる感じがします。



Posted by 信天翁 at 2021年02月21日 13:43
独居老人さま、情報公開ありがとうございます。Bank Statementはタイ政府の取り決めによって各月の銀行残高を見ることにしているためか、二次受付の担当官は前後2ケ月をかなり時間をかけてチェックしていました。80万バーツ以上が1年の定期預金であれば問題ないのかよくわからないので、残高証明ではなく、私は定期、普通両方のStatementをバンコク銀行に依頼しました。5日でできると言われたのに10日もかかり、正直あと数日でビザ期限だったので、銀行の対応の悪さにはイラつきました。今月対応の悪いカドスアンゲーオ支店から近所の支店へ変更します。なおPCR検査、医療保険ともになくても何も言われませんでした。
Posted by タオ・クワーイ at 2021年02月21日 16:47
信天翁さん:
サービスが悪ければすぐ他のにチェンジする、これは必要なことでしょうね。
ジジイはバンコク銀行だけ、他の銀行とは1度も取引してません。
対応がとても良いですし、変える必要はなかったです。
「サービス(対応)が悪きゃすぐチェンジ」、これはタイ人パートナー(妻や恋人)にも適用したいですね(笑)
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2021年02月21日 19:55
タオ・クワーイさん:
こちらこそ情報ありがとうございました。
カドスアンゲーオ支店というのはセントラル内にある支店かな。
信天翁さんのコメントでは、数回銀行を変えておられます。
銀行をチェンジする手もありますね。
「PCR検査、何も言われなかった」、この情報もありがたいです。
おそらくイミグレ係官が先走って(間違って)要求しちゃったことだと思います。
いつも何かとありがとうございます。
Posted by 独居老人 at 2021年02月21日 20:04
独居老人様、タオ・クワーイ様

「イミグレ係官から要求されて2枚の書類にサインした....
その2枚は、今回はBank Statementを準備できなかったけれど、
次回は準備するといった約束内容のようです。
次回もし準備しなかったら罰則を受ける覚悟が必要と思われます。」

確信は有りませんが、サインした書類は下記の2枚だったと思います。

<1枚目>
ACKNOWLEDGEMENT OF TERMS AND CONDITIONS FOR
PERMIT OF TEMPORARY STAY IN THE KINGDOM OF THAILAND
(タイ王国での一時滞在を許可するための利用規約の承認受け入れ書)

1.許可された継続理由に変更がある場合、略...
2.許可条件の変更、又は終了の場合、略...
3.雇用の変更又は終了、略...

<2枚目>
The Acknowledgment of Penalties for Visa Overstay
(ビザのオーバーステイに対する罰則の承認受け入れ書)

罰則一覧、略...

------------------------------------
何れにしても次回はタオ・クワーイ様の非常に有益な情報に従って申請致します。
情報、ありがとうございました。
Posted by neko at 2021年02月21日 21:56
nekoさん:
追加情報ありがとうございます。

Posted by 独居老人 at 2021年02月22日 19:47
online 90 days report が現在使えなくなっています。
web版は「2日前から遮断されています」と表示され、
スマホ版は Can not connect と表示されます。
恐らく住居のgps座標データを記録するためでしょう。
Posted by at 2021年02月23日 13:03
匿名様:
情報ありがとうございます。
オンラインのフォーマットの手直しをやっているのかもしれませんね。
Posted by 独居老人 at 2021年02月23日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: