2020年08月23日

独居老人の生活1980(プーケットモデルで観光客誘致)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1980
                     (プーケットモデルで観光客誘致)


 旅をするのなら覚えておいてほしい。

外国とはあなたが快適に過ごせるように作られているのではなく、

現地の人々が快適に過ごせるように作られていることを。

                           クリフトン・ファディマン(アメリカの詩人)


@ タイ国際航空(TG)が運休延長(日本〜バンコク間)。

同航空は、 2020年10月1日から運航再開を予定していた。
しかしまたもこの期日を延長すると発表。(政府認可条件)

理由は勿論、武漢ウィルスの感染拡大の影響

運休(2020年3月26日〜10月24日、夏期スケジュール分まで)

 日本発 → バンコク:運休(〜2020年10月24日まで)

 <成田発> TG641便/TG643便/TG677便
 <羽田発> TG661便/TG683便
 <関西発> TG623便
 <中部発> TG645便


 バンコク発 → 日本:運休(〜2020年10月24日まで)

 <成田行き> TG640便/TG642便/TG676便
 <羽田行き> TG660便/TG682便
 <関西行き> TG622便
 <中部行き> TG644便

         * *

 日本発 運休(〜2020年10月24日まで)

 <札幌発> TG671便
 <仙台発> TG627便
 <関西発> TG673便
 <中部発> TG647便
 <福岡発> TG649便


 バンコク発 運休(〜2020年10月24日まで)

 <札幌行き> TG670便
 <仙台行き> TG626便
 <関西行き> TG672便
 <中部行き> TG646便
 <福岡行き> TG648便

      * *

払い戻しに関しては、下記まで連絡。

1.旅行会社にて航空券をご購入頂いたお客様
ご購入の旅行会社へご連絡下さい。

2.タイ国際航空ウェブサイトまたは各支店にてご購入頂いた方
タイ国際航空日本地区コールセンター【ナビダイヤル】 0570-064-015
営業時間:月曜日 - 金曜日 10:00 - 15:00 (土日・祝祭日休)
※当面の間、営業時間を上記に変更させていただいております。

タイ国際航空本社コンタクトセンター
+66 (02) 356-1111 (英語)
営業時間:24時間(年中無休)

払い戻し手続きには通常よりお時間いただく場合がございますことをあらかじめご了承ください。 (source : タイ航空のネット案内)

             * *

ジジイは10月初旬にタイ国際航空で日本に帰る予定でいた。
当初の4月20日帰国予定が運休 → 10月に変更したのだが...

運休が10月24日までと発表されているが、 これだってまた延長される可能性が高い。

現在、 全日空が毎日1便、 バンコク → 羽田で運航している。
帰国したければ、 ANAに乗らなきゃダメってことか。

でも行きはよいよい 帰りはいつになるやらはっきりしない。
今、日本に帰国中で、 タイに家族や恋人をお持ちの方は大変。

半年、1年と愛する彼女や子供と会えない状態が続きそう。


  **********************


A プーケット・モデルの推進。

タイ政府観光庁(TAT)総裁がメディアに語った。

タイは10月にパイロットプロジェクトを実施し、 国境を観光客に再開放する予定。

外国人観光客を受け入れることはリスクだが、 それをやらねば経済とってもっと大きなリスクになる。

タイ観光・スポーツ省が打ち出す 「プーケット・モデル」 は、 ”安全で密閉された旅行”。

対象となる観光客は30日以上の長期滞在者で、 外務省に登録し、 入国前に多くの手続きが必要。

加えて6時間ほどのフライトでタイに到着できるアジアとヨーロッパの国、 または市民に旅行制限を課さない国の観光客。

旅行前、 タイ到着時、 14日間の検疫後、 プーケットを出る前に、 いくつかのコロナ感染テストが要求される。

最初のインバウンド便はチャーターサービスになる可能性あり。

外国人観光客はホテルでの14日間の隔離が条件。
しかしその間にホテルの外に出てもOK、 ビーチの半径1キロ範囲(区域)を提供する。

隔離期間終了後は、 観光客はプーケット内の移動OK。
さらに7日間の隔離およびテスト後には、 タイ国内を自由に移動できる。

プーケットモデルから開始し、 この観光刺激計画を拡大、 ハイシーズン中により多くの外国人観光客を招き入れたい。

これが疲弊した地域を活性化させ、 観光地の ”質と量” の問題の解決となり、 GDPに反映されることを期待している。
    (source : Bangkok Post、 The Thaiger)

              * *

とまあ、 TATの総裁は目論んでいるようだが、 そんな都合よく行くもんだろうか。

このプーケット・モデルは、 プラユット首相も了解しているようで、 9月に正式発表される由。

とはいえ14日間のホテル隔離、 安いゲストハウスに泊まれるの?
14日間で4万、 5万バーツのホテルなんか泊まれないよ。

プーケット県外へ出るまでには、 合計21日間の隔離となる。
これで多くの観光客を呼ぼうったって...14日の隔離で十分。

金持ちよりも、人数が多く暇のある年金生活者をターゲットにして貰いたいもの。

ま、何もやらないよりはマシだけど...


  *********************



B 氷河が溶け続けるグリーンランド。

地球温暖化の影響は目に見えて迫って来る。

グリーンランドを覆う氷床の溶解はすでに戻れぬところまできてしまっている。 
(2020年8月13日、 科学誌 「Nature Communications Earth & Environment」 )

夏の溶解によって失われつつある氷河を取り戻すためには、 現在の年間降雪量ではもはや十分ではないという。

pict-氷河が溶け続けるグリーンランド 2.jpg


pict-イルリサット・アイスフィヨルド.jpg
          ☝ 〇で囲った中にあるのは船。


一方で、 グリーンランドの氷床が融けて大量の土砂が海中に流出することで、 建設用の砂や砂利を採掘し、 輸出ができるようになるかも...

この 「砂ビジネス」 が実現すれば、 グリーンランドの経済活性化につながり、 懸念される世界的な砂不足にも貢献できる。

pict-氷河が溶け続けるグリーンランド 地球温暖化で「砂ビジネス」に恩恵も?.jpg
             ☝ 土砂が露出している。



    いつまで続くか、 海氷上の犬ぞり移動。
pict-氷河が溶け続けるグリーンランド 3.jpg



溶け出した水で覆われた海氷の上を移動する犬ぞりの姿が世界に衝撃を与えた。
                 ☟
pict-氷河が溶け続けるグリーンランド.jpg

               * *

地球温暖化によって氷河の融解が加速しているのはグリーンランドだけではない。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は2019年、 南極の氷などを含む世界の氷河が融解することで21世紀末までに海面は最大で1.1メートル上昇するとの予測を発表している。

仮に1メートル規模の海面上昇が起こると、 高潮や洪水によって世界の10億人が危機にさらされ、 2億8000万人以上が家を失うといわれている。

南太平洋のツバル、 キリバス、 インド洋のモルディブといった国々は国そのものの存亡に影響する。

まあジジイはその頃、 とっくに死んでいる。
でも、どうでもいいこと..とは言えません。   (source : Forbes)


  **********************


C コレ、 ジジイのに似てる。

pict-1598145423786.jpg



手で掴むとその大きさが分かる。
             ☟
  pict-pict-Screenshot_20200823-081859.jpg

ホント、 ジジイの一物にそっくり。
自分の大事なモノを食べるようで...ちょっと無理。

チェンマイ郊外に住む友人が収穫した茸、 こんな大きな茸、 食用になるのかなー?

友人は食べるつもりで今、 料理法を思案中。

彼は、 ウインナーソーセージを食べる時は一瞬、躊躇する由。





自分のムスコを食うようで...


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:06| Comment(4) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイで暮らすと「売り方」の都合でのビジネスが多いと感じます。スーパーマーケット、ホームセンター、同じ商品が山積みで種類が少なく、人気商品はすぐ売り切れで補充に時間がかかり欲しいものが手に入らない、そして談合値段。消費者は資本家の手の上で転がされてるだけ。これでは「現地の人々も快適に過ごせない・・・」と思うのですが。プーケットのことも一緒です。「売り方」の都合だけで「買い方」の都合など一切考えていません。
Posted by at 2020年08月23日 16:10
茸は、一本ヒメジか、月夜ダケ(暗がりで傘が光る毒茸)、と思われます。茎がひっかりしているので一本ヒメジと思う、見つけた場所の近く4か所に生えているのが多い、福島県いわき市では、一晩水に晒し味噌汁の具にしていますが、ヒメジ科ですから、味は、美味しいです。本には、食べられる、食べられないどちらの記述もあり、食中毒、病院を考えれば食べない方がベターか?
Posted by 茨城のオッサン at 2020年08月23日 19:08
お名前未記入殿:
おっしゃる通りだと思います。 ここは日本じゃない、そう思って諦めてますが...
TOT総裁は「リスクをとる」と言ってますが、あそこまで(何度かのコロナ検査+隔離)やるならリスクか限りなくゼロに近いですよ。
出発前の陰性証明書と、タイ入国時の検査だけで、あとは外国人観光客の自主的隔離で十分。
これならリスクをとるという意味で理解できます。
外国人を入れて経済活性化を図るなら、もう少し規制を緩和してやればいいのに..と思います。
トップや役人はリスク、責任をとりたくないんだなって感じます。
コメントありがとうございました。

Posted by 独居老人 at 2020年08月23日 19:47
茨城のオッサン殿:
コメントありがとうございます。
あんなキノコ、日本にも出てるんですか、初めて知りました。
ジジイは、気持ち悪くてとても食べる気にはなれませんが...松茸ならいいけどネ。
手にした友人のKさんは食う気満々、料理上手なだけに今、研究中だそうです。
Posted by 独居老人 at 2020年08月23日 19:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: