2020年07月28日

独居老人の生活1953(これならタタでやれる)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1953
                        (これならタタでもやれる)


  急患:
 死にかけている人間を猛スピード運ぶスポーツ。

                               筒井康隆 (作家)


  休刊:
 収入激減で、 死にかけている編集長が寝て暮らすこと。

                                  独居老人 (チェンマイの暇人)


@ 今日(7月28日)は国王の誕生日で祭日。

今日はワチラロンコン国王(ラマ10世)の68歳の誕生日。

バンコクではサナムルアン(王宮前広場)で仏教式典がプラユット首相によって執り行われる。

加えて夜には祝賀の花火、 また全国各地でも祝賀のイベントが開催される。  


  **********************



A 弘田三枝子が死去。

ジジイが感慨を覚えるのは歌手の弘田三枝子(享年73)。
ジジイとほぼ同年代で、 青春時代の思い出がいっぱい蘇る。

pict-歌手の弘田三枝子3.jpg


弘田三枝子は14歳でデビュー、 てことはその時ジジイは16歳。

デビュー曲はヘレン・シャピロのカバーで 「子供ぢゃないの」。
ジジイはその裏面の 「悲しき片想い」 のほうが好きだった。

よく歌ったので、 今でもそらで歌えるくらい。
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=FaEpf77rIRE


翌1962年発売の 「ヴァケイション」 (コニー・フランシスのカバー)は青山ミチのほうが印象深い。

東京のジャズ喫茶に青山ミチが出演、 ジジイはそこで彼女の歌声を聴いたからだ。

外国人のカバーばかり、 弘田三枝子の人気にも陰りが見えた。
ようやく彼女のオリジナル曲が大ヒット。

      それが 「人形の家」。
pict-歌手の弘田三枝子2(22歳).jpg
            ☝ 22歳の時の弘田三枝子。

「人形の家」 をお聴きください。
https://www.youtube.com/watch?v=8UGAzM9Cv_c


弘田が30歳の時、 不倫相手の男の妻に刺されるという事件があった。
彼女もこの頃はまだ見られる顔だったが....

  pict-歌手の弘田三枝子4(30歳).jpg
      ☝ 30歳の弘田三枝子。


ジジイが51歳の頃か、 弘田三枝子のショーを見たことがある。
新宿・歌舞伎町のコマ劇場近くにグランドキャバレーがあった。

友人と2人でたまたま通りかかり、 「弘田三枝子が出てるんなら寄って行こうや」 ということで店に飛び込んだ次第。

付いたホステスと 「人形の家」 を聴きながら踊るという贅沢。
弘田三枝子の顔をじっくり見たかったので、 彼女のすぐ前まで近づいてチークダンス。

そのとき弘田三枝子は49歳、 顔は別人のようで、 弘田三枝子と言われなければ分からないほど。

pict-歌手の弘田三枝子6.jpg


整形手術を何回繰り返したのだろうか。
やればやるだけ元の顔から遠のいて....


最後は見るも無残な容貌で歌っていた。

              ☟


  pict-歌手の弘田三枝子5.jpg


ちなみに同じグランドキャバレーで、 ジジイは中村晃子ショーも
見た。  勿論オバさんの中村晃子だったが....

ではジジイの大好きな青春の思い出、 「砂に消えた涙」 です。
オリジナルはミーナの曲、 弘田三枝子でどうぞ!
            ☟
https://www.youtube.com/watch?v=vd4Ppk7v6Uc

                * *

弘田三枝子同様に、 さほど美人でもないが大人気を博した演歌歌手がいる。

それが畠山みどり(現在81歳)。
北海道稚内市出身で、 23歳のときにデビュー。
                   ☟
pict-畠山みどり(23).jpg



畠山みどりも整形したのだろうか。
しかし26歳の時の写真では、 原形をとどめている。
               ☟
  pict-畠山みどり2(26).jpg
      ☝ 結婚して授かった最初の赤ちゃん。

ちなみに結婚相手はフジテレビ(社員)のディレクターだった。

その後も離婚することなく、 今日まで歌手を続けている。

ジジイは1度だけ、 畠山みどりの実物を近くで見たことがある。
勿論人気も落ちたオバさんの頃で、 彼女は50代だったかも。

JR新宿駅(東口)のすぐ近くのビルで、 母親と一緒に大きな居酒屋を経営していた。

ジジイが友人と飲んでいると畠山みどりが現れて、 カラオケで彼女のヒット曲を歌ってくれた。

若い人にはどうってことない歌手かも...しかしジジイにとっては青春そのもの、 懐かしさがこみ上げた。

  pict-畠山みどり(57 ).jpg
          ☝ 57歳の畠山みどり。



畠山みどりは過去しわ伸ばしくらいで、 あまり整形はしなかったのでは...

それでもちゃんと結婚し、 子供にも恵まれ、 81歳の今もステージに立っている。

  pict-畠山みどり(76).jpg
         ☝ 76歳の畠山みどり。


一方の弘田三枝子は原形をとどめない顔で鬼籍に入った。
結婚したという噂もなし。

整形もせいぜい鼻(シリコーン)と二重まぶた程度にとどめて欲しかった。

何をやったって、 老いとともに、 みな醜くなるんだよね。


  **********************



B 自動車の販売、 大きな落ち込み(タイ)。

2020年1月〜6月、 タイ国内の新車販売台数。

今年上半期のタイの新車販売は、 前年同期比37.2%減の328,604台となった。
                   ☟
Car output.jpg
          ☝ source:タイ工業連盟(FTI)

バイクを見れば、 731,979台の販売で前年比 ▲18.1%。


明るい兆しも見えており、 6月の販売実績は前月(5月)に比べて43.5%増。

尚、2020年上半期の輸出向け自動車販売台数は、 前年同期比37.4%減の350,550台で、 金額にして1,879億バーツ(34%減)となった。
     (source : Bangkok Post)

              * *

では日本の国内新車販売台数はどうか。

2020年上期(1〜6月)の新車販売統計(速報)。
総台数は前年同期比19.8%減の220万7775台となった。

上記は、 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が7月1日に発表したもの。


 【図解・経済】国内新車販売台数の増減率.gif
           (source : 時事ドットコム)

2020年、タイ国内の販売減(上半期)は前年同期比37.2%減の328,604台。

日本国内の販売減は、 同 19.8%減の220万7775台。

車にはたくさんの部品が使われている。
従って、 タイヤ、 計器、 ブレーキ、 ホイール、 硝子、 バッテリー、 マイクロモーター、 ハーネス、 シート、 ハンドル、 シートベルト、 エンジン、 ランプ、 シャフトなど、 多くの部品産業が影響を受ける。

タイが強権発動で武漢ウィルスを抑え込んだ分だけ、 車で見る経済的影響は日本の倍近く大きいということか。

タイの経済はこれからもジワジワ落ち込んで行く。

ま、韓国と比べればまだイイ方か。
反日、 アホな日本ボイコットが相俟って、赤字または破綻する企業が続出だわ。


  *********************



C 北タイ情報紙 「Chao」 が消えている。
 
武漢ウィルス流行がもろに影響し、 「Chao(チャ〜オ)」 が4月以来ずっと休刊している。

pict-DSCN7162.jpg


情報紙の財源(収入)は広告、 各お店は観光客が絶無の状況 → 費用対効果 → 広告費は削る。

読者はタダで読むが、 広告激減での印刷代はバカにならない。
で、 「Chao」 もバーやカラオケ店同様、 休業を余儀なくされているのだろう。

いずれ復活されるものと期待、 しかし編集長も失業して暇。
死ぬまでじっと寝て暮らすわけにもいかない。

そこで印刷代ゼロで発信できる、そう、「Chao」 のfacebookをスタートさせた。

pict-DSCN7161.jpg


7月21日には 「ほっとチェンマイBIN ちゃ〜お編集長の気まぐれ通信」 なんてぇのを書いておられる。

「Chao」 は現在、 facebookで健在、 興味ある方はどうぞ!
                ☟
https://www.facebook.com/chao.chiangmai


「ほっとチェンマイBIN....」 これ、どういう意味だろう?

ジジイも真似してやってみよう。

「ホット チェンマイBIN BIN.... 独居老人の気まぐれ1発」

マッサージパーラー 「サユリ」 での体験レポート。







ホットに BIN BIN....勃つかなあ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:28| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独居老人殿

弘田三枝子の「人形の家」久々に聞きました。
「私は♪〜あなたに♪〜命を預けた♪〜」の
「あなた」が「はなた」に聞こえたのは私だけでしょうか。
タイに行けないので、ChaoをFacebookで見られるのも嬉しいですね。
サユリの体験リポート期待しています。555
Posted by やまちゃん at 2020年07月28日 16:18
弘田三枝子のヴァケイション、小学生の時に近所の家での誕生会の時に歌った記憶があります。今のカラオケの様な感じで歌いました。60年近く前のことですが、これだけが記憶にあるのです。年齢がちょっと上だけ、年の差があまりなかったのですね。
「Chao」休業ですか。訪チェンした時に旅行社等に行き入手してました。今のチェンマイが分かりました。5年前からの物が自宅にあります。特にチェンマイの地図はチェンマイ市街地を歩くのに大変参考となりました。以前に若者が、ちょっと紹介・気になる店の欄に掲載された店に行って食べたりしていると言っていました。チェンマイの貴重な情報紙です。現在はIT化の時代、復刊出来るのでしょうか。ところで、本ブログ名を「ホット チェンマイBIN BIN.... 独居老人の気まぐれ1発」に改題するのですか。
Posted by カップ at 2020年07月29日 15:11
やまちゃん殿:
人形の家はいい歌ですよね、なかにし礼の歌詞が決まってます。
「あ」を強くすると 「穴」 と聞こえるから弱めたのかも...(笑)
ジジイはChaoの編集長さんとは面識は全くなく、挨拶も話したこともないんです。
でもChaoはやはり紙で配って欲しい、と復刊を願ってます。
サユリは行きたいのですが、密室・密閉・密着が怖くて...
年寄りはしばらく家で我慢です。
Posted by 独居老人 at 2020年07月29日 20:30
カップさん:
「ヴァケイション」の頃はまだジュークボックスがあって、バーやコンパなどで聴きました。
あのジュークボックス、もう1度復活して欲しいもの。
100円入れたら5曲かかるとか...
こっちのボックスは演歌、あっちのはポップスとかに分けてもいいでしょう。 懐かしいですね。
Chaoの地図はとても便利、グーグルマップより見やすくて慣れちゃいました。
復刊してほしいですね。
「ホット チェンマイBIN BIN.... 独居老人の気まぐれ1発」 のタイトルでは余りに下品で..
「独居老人の華麗なる生活」の”華麗なる”でまいります。
ちっとも華麗じゃないけれど...(笑)
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2020年07月29日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: