2020年06月25日

独居老人の生活1917(アベノマスク検証)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1917(アベノマスク検証)


  マスクは、

 美人は美貌を隠し、 不美人は美貌を想像させる。

                                   筒井康隆 (作家)


@ 外国人のタイ入国再開。

2020年7月1日から、 まず次の外国人から入国が許される。

   一昨日お伝えしているが再掲載。
pict-foreigners expected to be allowed entry.jpg

               ☝
1. ビジネスマンや投資家。
2. 熟練労働者や特定のビジネスに必要な人。

3. タイ人と結婚している外国人、 または永住者。
4. 医療・健康関係の旅行者。

但し、 出国前と入国後の検疫(陰性)と、 医療保険加入も必要。
加えて入国後14日間、 指定の施設に隔離される。

               * *

続いて8月1日からの入国許可は ”トラベルバブル” の旅行者。

pict-foreigners expected to be allowed entry2.jpg

6月22日の発表では、 ”トラベルバブル” の対象国として、 武漢ウィルスを抑え込んでいる日本、 中国、 韓国が挙げられていた。

旅行需要喚起のため、 規制をなくして呼び込みたい(国の)ツーリストだ。
彼らは指定隔離施設ではなく、自宅Stay(隔離)が必要となる。

コロナ検査と医療保険が必要か、 はっきりしないが多分要求されるのでは...

(注) あくまで案(予定)であり、 6月29日(月)に討議して
     → 具体化していく模様。


  *********************


A TM-30の届けが要らなくなる対象者。

一昨日にもお伝えしたがアバウトな点もあり、 再確認で...

2020年6月30日から、 TM-30が不要の人の条件は、

1.リタイアメントビザなどを持ってタイを出国した人で、
2.リエントリー・パミットで再入国した人で、
3.前回、TM-30で申告した住所に変更のない人。

つまり、 前回提出のPM30以降に住所が変わっていたら、 従来通り24時間以内にTM-30を届けねばならない。  (source : ThaiVisa)


  *********************



B 日系アメリカ兵士が参戦した朝鮮戦争。

朝鮮戦争に従軍した日系米軍兵士が結構いたのだ。
勇敢に戦い、 尊い命を祖国に捧げた者も多い。

この中に第2次大戦を日本で経験し、 戦後米国に戻った帰米2世達がいた。

鹿児島県で幼少期を過ごしたシロー・アクネもその1人。

  pict-阿久根四郎.jpg



ヒロシ・ミヤムラは朝鮮戦争を戦った日系アメリカ人の1人である。
激闘の末に捕らえられ、2年4ヶ月もの捕虜生活を生き抜いた。

休戦後の1953年10月、 彼はアイゼンハワー大統領から 「名誉勲章」 を授かった。

pict-DSCN7036朝鮮戦争 (4).jpg
        ☝ 右はアイゼンハワー大統領(当時)



捕虜となった 「中国人民志願兵」 の兵士(中央)。
    左右の2人は日系米軍兵士。
pict-DSCN7036朝鮮戦争 (2).jpg



    休戦間近かと思われる市場の風景。
pict-DSCN7036朝鮮戦争 (5).jpg



米国慰問協会(USO)による前線兵士の慰問風景。
    黒人バンドが演奏。
pict-DSCN7036朝鮮戦争 (3).jpg

休戦協定締結後の1954年には、 あのマリリン・モンローも慰問のため韓国を訪問した。



     1952年頃、 釜山の売春宿での1枚。
  pict-DSCN7036.jpg

宿営地の周辺には売春宿ができて、 多くの韓国人女性が米軍をはじめとする国連軍兵士の相手をした。

”日本軍慰安婦問題” とは対照的に、 韓国ではほとんど語られることのない現代詩の1面である。

この理由は明白。
アメリカには朝日新聞がないからだ。


1953年7月、 38度線付近で南北は ”休戦” に至る。
”終戦” ではない。

戦争が始まって70年を経た今日も、 38度線ではなお争いの火種が燻っている。

つい最近も.....
            (2020年6月16日)
pict-金与正.jpg



pict-過激な挑発行動に出た「北朝鮮.jpg
                  ☝
    北朝鮮が開城に建つ南北共同連絡事務所を爆破。


  **********************



C アベノマスクは効果あるの?

専門家が電子顕微鏡で撮影し、 その防止力を検証した。

    アベノマスク(100倍)。
pict-DSCN7043アベノマスク (4).jpg
       ☝ 30μmの花粉ですら取り込めない。



    不織布マスク(100倍)、 コンビニなどで販売。
pict-DSCN7043アベノマスク (3).jpg
         ☝1枚約46円でも繊維がぎっしり。



   不織布マスク(1000倍)。
pict-DSCN7043アベノマスク (2).jpg
 ☝ 実際は3層構造になっているので飛沫もキャッチ可能。



   不織布マスク(5000倍)
pict-DSCN7043アベノマスク (1).jpg
       ☝ 繊維の静電気によって飛沫を吸着する。


アベノマスクは網目の大きさが100μm(マイクロメーター)以上あり、 ウィルス飛沫はおろか花粉ですら素通りしてしまう。

ガーゼが15枚重なっているが、 飛沫は防ぎきれないという。
専門家の実験で、 飛沫の90%が通過してしまうことが判明。

さらに布マスクは顔にフィットしにくく、 隙間が大きく開いてしまうこともある。

不織布マスクがあるなら、それを使った方がよいそうな。
  (source B C : 週刊 新潮)

              * *

タレントのビートタケシは、 「アベノマスクは眼帯に使え」 と言っていた。

グラビアアイドルの美女たちは、 アベノマスクをつけて撮影し、
インスタ映えを狙う。
小顔に見えるんだそうな。(マスクのサイズが小さいから)


ジジイは日本の家族に訊いてみた。

「アベノマスク、 使ってるか?」

「いいえ、 取って置くよ....






ケガした時、 ガーゼに使えるから」


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:39| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TM30の件はThaiVisaでも取り上げられてるので間違いないですね。ところでThaiVisaを読んでいていつも思うのですが、こうした情報交換の日本語の掲示板がどうして存在しないのでしょう。日本語の掲示板は風俗中心のものが多く、VISAに関する情報でもデマが飛び交うことが多いです。今回のTM30運用変更についても未だどこの掲示板にも書き込みがありません。在留邦人が7万人以上いるタイで残念なことです。
Posted by 水蓮 at 2020年06月25日 20:43
Twitterなどでタイ在住の方々やタイ情報関係のサイトが、日本語での情報を日に何度も更新されて発信されていますよ。米国大統領もTwitterでの発信が主ですし。情報の真贋は読み手の判断ですが、ありがたい情報と思っております。
Posted by at 2020年06月26日 09:59
名前未記入さん、ありがとうございます。トランプ大統領がTwitterで発信するのを知らない人はいないでしょうが、私はタイ情報はTwitterでは収集していなかったので、今後は活用したいと思います。TM30運用変更の件は昨日夜、BangkokPostが記事としてあげていたので、すでに広まったでしょう。まあ、Twitterもいいのですが、昨年のNON-OAビザ延長時の健康保険義務化でも誤情報が飛び交う中、ThaiVisaでは初期の頃から正確な情報が出ていました。やはりこのような日本語の掲示板は欲しいですね。
Posted by 水蓮 at 2020年06月26日 11:05
水蓮殿:
お名前未記入殿:
ジジイもツイッターでの情報は知らなかったです。
タイの英字新聞の記事を参考にして、ブログに書いております。
英文記事をそっくりそのまま翻訳はしておりませんが...
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2020年06月26日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: