2020年06月09日

独居老人の生活1901(経済復興への第一歩)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1901(経済復興への第一歩)


 希望とは一般に信じられている事とは反対で、

 あきらめにも等しいものである。

 そして生きることは、 あきらめないことである。

                              アルベール・カミュ (フランスの作家)


@ タイ国際航空は、 日本発着路線の運休期間の延長を発表。

前回の発表では、 2020年7月1日までの運休期間だったが、
今回は更に1ヶ月延期となり、2020年8月1日までとなっている。

【日本発】 運休期間:2020年3月26日〜8月1日まで

成田:TG641便/TG643便/TG677便 
     ※TG677便は7月31日まで運休

羽田:TG661便/TG683便
関西:TG623便
中部:TG645便  ※TG645便は7月31日まで運休


【バンコク発】 運休期間:2020年3月25日〜7月31日まで

成田:TG640便/TG642便/TG676便
羽田:TG660便/TG682便
関西:TG622便
中部:TG644便

上記以外の日本路線は、10月24日までの運休。
【2020年10月24日までの運休便】

新千歳:TG670/671  仙台:TG626/627  関西:TG672/673 
中部:TG646/647  福岡:TG648/649


  *********************


A China vs USA。

pict-DSCN6980.jpg
       (source : News Week)

米: 「武漢ウィルスを世界中にバラ撒きやがって!」

中: 「ウィルスは米軍が中国に持って来たんだ!」

米: 「何を言ってやがる、 証拠はあるぞ」

中: 「中国が迅速に収束させた、 世界は感謝しろ!」

米: 「嘘つけ、 まだ隠蔽してるくせに...!」

中: 「自分の感染防止の失策を中国のせいにするな!」


  ********************


Bタイ政権与党での内紛。

プラユット首相(66)を支える政権与党パランプラチャーラット党の党執行部役員34人のうち18人が2020年6月1日、 一斉に辞表を提出した。

役員の過半数が辞任したことで、 現執行部は解散し、 45日以内に新執行部が選出される。

今回の集団辞職はウタマ・サーワナーヨン党首(財務相、59)、 ソンティラット・ソンティジラウォン幹事長(エネルギー相、60)、 スウィット・メーシンシー副党首(高等教育・科学・研究革新相、58)の追い落としが狙い。

ウタマ、 ソンティラット、 スウィットの3氏は閣僚ポストを失う。

上記3氏は軍事政権時代からプラユット政権の経済政策を担当してきたソムキッド・ジャトゥシーピタック副首相(66)率いる閣僚チームのメンバー。

いずれも学者出身で、 政治経験に乏しく、 党内基盤が弱い。
現政権では非議員として入閣し、 閣僚ポストを狙う党所属の下院議員から辞任圧力を受けていた。  (source : newsclip)


pict-タイ内閣改造.jpg
                   ☝
 前列中央2人がプラウィット副首相(左)とプラユット首相。


Pridiyathorn Devakula氏がソムキッド副首相(経済政策)の後任。
新財務大臣には Predee Daochai 氏(現タイ銀行協会総裁)が就任予定とか。

ソムキット氏は、2006年の軍事クーデターで崩壊したタクシン政権で副首相、 財務相、 商務相を歴任。

タクシン政権下では、 内需拡大と外資の誘致を同時に推進して経済を活性化する政策 「タクシノミクス」 を発案したことで知られる。


何処の国でもいろいろあら〜な。
みんな大臣になりたいからネ。


  **********************


C ビールの写真をブログに載せてもOK。

今、 ビールの文字を出し、 アルコール飲料の写真をfacebookに掲載した人が、 5万バーツの罰金を科せられたという噂が飛んでいる。

これには驚いた人が大勢いて、 一時パニック状態に...
「アンチアルコール機関」 はこの噂を次のように述べて否定した。

『噂はアルコールコントロール条例 BE2551の目的を歪めている。
条例の目的は、 人々の健康を守り、 新しい飲酒者を減らすことにある。
この法律に対し、 人々の間に誤解と嫌悪感を生じさせた。
あくまでメディアによるアルコール飲料の宣伝を防止することが目的。
もしfacebookの写真が商業的(宣伝の)意図がなければ、 罰金を科せられることはありません』  (source : The Nation)

               * *

ジジイは本ブログで、 過去6年間、 何度となくビールを飲んでいるところや、 ビールや焼酎の写真を掲載してきた。

しかし日常生活の光景であり、 特にビールメーカーを宣伝したつもりはない。
ま、タイ人が本ブログを読むことはまず無いが...

噂を撒いたタイ人は、 実際に5万バーツを支払ったのだろうか。
単に条例の解釈を勘違いして書いただけじゃないのかな。


  ********************


D サンデーマーケットが再開された。

2020年6月7日(日)、 約2ヶ月間中止になっていたサンデーマーケットが再開された。

マスクをし、 ソーシャルディスタンシングを守り、 マーケットの通りには人が戻ってきた。

Sunday Walking Street reopens.png


しかし武漢ウィルス以前は毎週 混雑していたが、 再開された
一昨日は寂しい状況。

生憎の曇り空に強い風、 雨まで降って再スタートに水をさした。
                 ☟
Sunday Walking Street reopens2.png


中国人をメインとする観光客がほとんどいない。
チェンマイ居住の外国人が来たとてたかが知れている。

だがこれが活況の第一歩、 経済復興への道が開かれたのだ。

Sunday Walking Street reopens3.png


ちなみに、 ピン川寄りにある 「ナイトマーケット」 や、 「チェンマイ金曜朝市」 はまだ再開されていない。


まだまだ活気のない寂しいチェンマイ。
でも必ず元に戻る、 そしてジジイの希望は実現する。





チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:30| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: