2020年05月23日

独居老人の生活1884(立ち往生で離れ離れ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1884(立ち往生で離れ離れ)


 夫婦が長続きする秘訣だって?

 それは、 一緒にいる時間をなるべく少なくすることさ。

                              ポール・ニューマン (米国の俳優)


@ ボーナス・スマイルツアーが店を再開。

日本人スタッフがいる 「ボーナス・スマイルツアー」 は、 武漢ウィルスの影響で3月下旬から店舗を閉鎖。

pict-P_20200522_064703_vHDR_On.jpg
        ☝ ずっと在宅勤務の状態が続いていた。



ようやくお店に出勤、 現在、営業を再開している。
                 ☟
pict-P_20200522_064646_vHDR_On.jpg

但し、 営業日は 月、水、金、 時間は午前10時〜午後3時まで。
通常業務に戻るのはもう少し先になりそう。

以前の様なご活躍を期待しております。


  *******************


A 昨日の晩ごはん。

昨夜(5月22日)は 「チェンマイホルモン2号店」 へ。
ランプーン街道沿い、 「Holiday Inn」 から北へ300mほどの所。

pict-P_20200522_200855_vHDR_On.jpg



   7時5分に到着、 驚いた、 満席の盛況。
pict-P_20200522_191550_vHDR_On.jpg
      ☝ テーブルとテーブルの間隔はたっぷり。



  注文はカルビ3点盛り:198B、  キュウリ:39バーツ。
pict-P_20200522_192801_vHDR_On.jpg



エアコンなし、 七輪の炭火が燃えて暑い...のは我慢して。
                   ☟
pict-P_20200522_194454_vHDR_On.jpg
         ☝ お世辞抜きでとても美味しい。



ジジイの隣の席はタイ人の客、 誕生祝のようだ。
もうソーシャルディスタンシングはお構いなし。
                 ☟
pict-P_20200522_191448_vHDR_On.jpg
          ☝ 8人がぎっしり詰め合って....

手前右のオッサンは缶を紙で巻いて....ナニ飲んでんの?
         

  ********************


B 離れ離れ...涙と傷心の家族。

夫は外国人、 妻はタイ人というカップルは日本人に限らず欧米人にもたくさんいる。

今回、辛い日々を送る国際カップルに焦点を当ててみよう。
なぜ離れ離れなのか?

タイ政府が外国からの旅客機乗り入れを禁止しているからだ。
この規制は6月30日まで続く。

加えて、 ほとんどの国がコロナのハイリスクカントリーになっていることから、 入国要件が非常に厳しい。

で、帰りたくても帰れない外国にいる夫、 早く会いたいと願うタイ人の妻と子供。

             * *

夫のオハロラン氏は今アイルランド滞在、 タイに戻れない。
チョンブリ(タイ)では妻と3人の娘が彼の帰国を待ちわびる。
                 ☟
pict-farang-Thai families apart.jpg
       ☝ 13歳、 9歳、 1年と8か月の3人の娘。

               * *

イギリス人のヤコブ氏は今、 フランスで立ち往生。
彼はチェンマイに住む妻ソパさん(29歳)のもとに帰りたいのだが....

4月からずっとフランス、 奥さんとはオンラインで連絡を取り合っているという。 

pict-farang-Thai families apart2.jpg
          ☝ 妻のソパさんと夫のヤコブさん。

美人の奥さんだ、 彼も早くチェンマイに戻りたいだろう。
恨めしや武漢ウィルス!


ソパさんの様な美人、 ジジイはチェンマイで見たことがない。
一体どこにお住まいなんだろうか。

我々日本人も負けずに頑張ろう..と言うのは簡単だけどネ。

               * *

同じくイギリス人のチータム氏はイギリスで立ち往生。
家族がいるタイ東北部のウドンターニーに戻りたいが...

彼はFacebookを立ち上げた。
”国際便規制のために海外で立ち往生するタイ居住の外国人” に呼び掛けたもの。

同じ苦境にある150人が、 これまでに参加したという。

タイ人と結婚した外国人が2つのFacebookグループを作り、 情報を交換している。

タイに居る家族との再会を図るために...
                 ☟
pict-farang-Thai families apart3.jpg
   ☝ メンバーは約300人、       ☝ メンバーは150人。

               * *

アラン・エドワード氏もよく似た状況で離れ離れ。
彼は不公平を訴える。

「夫がタイ人じゃないというだけで、 家族が離れ離れで暮らさなければならない。 

現在が厳しい状況にあることは理解している。
しかし国際カップルの家族を引き離すタイ政府の偏見。

愛する両親なしで子供が暮らす、 父親がタイ人ではないから。
これってフェアなんでしょうか?」

               * *

ロブ・ケネディ氏はブルネイで立ち往生。
当地のタイ大使館は協力的だが、 バンコクの上級役人が冷たい。

もし帰国が認められたら、 彼は自費(負担)で隔離される用意があるという。

               * *

匿名希望の外国人、 彼はプーケットで家族と暮らしていた。
3月にプーケットを出たまま、 今もタイに入れない。

彼の4歳になる男の子供は病気治療中。
現在チェンマイに居る妻も匿名で話す。

「夫はずっとカナダにおります。
 2歳になる娘が度々訊きます、 パパは何処にいるの?」

              * *

ダニエル・ノラン氏は3ヵ月近くオーストラリアで立ち往生。
タイに居る妻と子供のもとに帰れない状態。

彼は父親の葬式出席のためオーストラリアに戻ったが、 その後バンコク行きの便が無いことを知った。

妻チョンピチさんとの間には7ヶ月の子供がいる。

「夫は赤ん坊を看ている私を助けたがってます。
  仕方ないので今、 私は実家に戻っています」

彼女はスワンナプーム空港のイミグレ係官に頼んだという。
夫の入国を許可して欲しいと...

しかし係官は、 「我々の権限の範囲外で無理」 の返事。

              * *

南アフリカ人のジャコさんの別離は事情が違った。
彼は妻と娘を連れて今年2月25日、 休暇のため南アフリカへ...

3月25日、 家族と共にタイに帰国。
しかし空港イミグレで入国が認められず、 彼1人だけが南アフリカへ戻る羽目に...

有効なビザや結婚証明書など必要書類・要件は満たしていたにもかかわらず。

「妻と娘はタイ、 私は南アフリカ、 離ればなれの状態です」
   (source : The Nation)

               * *

外国で立ち往生していてもタイ人ならば、 タイ政府はタイ入国を許可している。
14日間の隔離施設のキャパ状況を勘案して、 順次帰国の途についている。

しかしタイ人の配偶者であっても外国人のタイ入国は、 現在難しい状態だ。


日本人爺さんで、 ジジイの友人にも同じ状況の人が数名いる。

Aさん(78歳)は2月下旬、 日本に一時帰国。
40代半ばの美人奥さまはチェンマイで待っている。

4月上旬にチェンマイへ戻る予定だったがダメ。
で、1ヵ月遅らせて5月のフライトを予約 → これもダメ。

7月1日からは旅客便が再開するが、 現在、日本はまだハイリスクカントリー扱い。

これが除外されないと、 入国要件が超厳しく、 飛行機は飛んでてもタイに入るのは大変..という状況だ。

               * *

Bさん(77歳)は3月下旬、 日本に一時帰国。
10年以上同居する40歳前のパートナーがチェンマイで待つ。

いつチェンマイに戻って来れるやら....


Cさん(75歳)も3月下旬、 日本に一時帰国。
30代後半の美人妻がチェンマイで待っている。

7月に戻って来れればいいが....

彼ら3人の共通点は、
        ☟
1.奥さんとの年齢差が30歳以上。
2.3人には、 タイ人との間に子供がいない。

3.加えて真面目、 奥さんにひたすら尽くす。
4.そして3人とも、 ジジイより遥かにお金持ちで太っ腹。

一時帰国の際、 奥さんにはたっぷり生活費を渡しているはず。
従って、 奥さま方が生活に困るような心配は全くない。

カネがなくなれば、 日本から送金なさっているだろう。


んじゃあ、 奥さまたち....






亭主が居なくたって、 泣くわけないか。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:34| Comment(6) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
流石に缶ビールの写真までは、いかがなものかと…。

お店に類が及びと、結果として密告したのと同じでは…。
Posted by at 2020年05月24日 09:52
at 何がいけないんだ?

タイ政府がだめって言ってることを守らない人間が悪いんじゃないのか?
Posted by 遠山の金さん at 2020年05月24日 14:31
お名前未記入どの:
コメントありがとうございます。
そういう見方もあるんですね。
まず申し上げたいのは、ジジイにはお店の誹謗中傷の意図は全くありません。
時たま通って食べてるお店でして、ファンの1人とも言えましょう。
でもジジイの書き方が悪かったです。
ビールと断定的に書きましたが、ジジイは確かめたわけでもなく、それを飲んで味見したわけでもありません。
推定でビールと書いた次第、なんせ紙で缶を巻いてましたから。
悪いのは持ち込んだタイ人客で、お店に罪はありません。
だって何を飲んでるか店員さんだって分かりません、あんな超忙しい時に...
もし客がバッグに麻薬を入れて食事していたら、お店が罪になりますか?
(店員の数が少なさ過ぎです)
誤解を招きますので、文面からビールの文字を削しました(訂正削除)。
再度チェックの意味で、お読みになってくださいませ。
あとは読まれた方のご想像にお任せます。
Posted by 独居老人 at 2020年05月24日 15:51
遠山の金さん殿:
おっしゃる通りでして、密告する感じになる相手はお店ではなく、隣席のタイ人ですね。
ま、人様に迷惑をおかけしてはいけませんので、文面と写真の1部を訂正して削除いたしました。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2020年05月24日 16:02
私のフェースブック友人があるタイ人カップルの写真を投稿していました。爺さん81歳、恋人18歳、なんと63歳差です。爺さんは70歳くらいには見えるものの、裕福には見えない農業従事者という感じでした。娘の方はまともに見えて、なんでこんな爺さんに寄り添うのか理解できませんでした。独居老人さま、まだ大丈夫です。がんばってください。
Posted by タオ・クワーイ at 2020年05月25日 14:23
タオ・クワーイ殿:
その爺さんは日本人なんでしょうかね。 すごい頑張りようで、頭が下がります。
どうやって知り合ったのか、どう口説いたのか、興味あります。
ジジイの知る限り、超年の差カップルは70代の日本人と20代前半のタイ人女性で、53歳年若ですね。
ジジイも若いのが好きですが、未成年はちょっと...何かあると困りますから。
20代後半なら十分、処女崇拝はありませんのでね(笑)
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2020年05月25日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: