2020年05月19日

独居老人の生活1880(コロナ禍で稼がねば食えぬ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1880(稼がねば食えぬ)


 空っぽのポケットほど、 人生を冒険的にするものはない。

                                ヴィクトル・ユーゴー (フランスの作家)


@ 北タイの田舎で銀行強盗。

強盗事件が起こったのは昨日(5月18日)午前10時過ぎ。
襲われたのはチェーセーン(チェンライ県)のクルンタイ銀行。

pict-DSCN6945.jpg


チェーセーンは 「ゴールデントライアングル」 観光でお馴染み。
ミャンマー、 ラオスの国境が近い。  (地図はココ

黒っぽい服を着た2人組が105万バーツをかっさらい、 ホンダの青いバイクで逃走した。

pict-Robbers stole.jpg


強盗のターゲットになった女性行員が警察と支店長に語る。

「チェーセーン農協向け(配送用)に、 105万バーツを袋に
 入れて用意したその時です。
 強盗に襲われ、 その袋を渡さざるを得ませんでした」
     (source : The Nation)
              
何とまあタイミングよく強盗が入ってきたもの。
女性行員は他に対応の仕方があったろうに...気が転倒してた?


  ***********************


A タイ政府、 タイ国際航空の更生手続き申請へ。

タイ政府は国営のタイ国際航空について、当初予定していた救済計画を撤回。
破産法に基づく会社更生手続きの申請を計画していると、 政府報道官が語る。

今日(5月19日)の閣議で協議される予定。
米国の連邦破産法第11条の適用申請と同様の手続きがとられるが、 更生計画の詳細はまだ協議されていないという。

政府は当初、581億バーツ(2,030億円)の融資保証を求める同社の要求に応じ、 救済する計画だった。

ただ、タイ国際航空は武漢ウィルス以前から苦境に陥っており、 2012年以降は16年を除いて毎年赤字を計上。
2019年は120億4000万バーツの赤字だった。


タイ国際航空の労働組合は、 今回の措置に同意すると表明。
労組の委員長は 「政府持株が51%を下回る計画には労組として同意しないだろう」 と付け加えた。

同社の株価は18日に12%安。 年初来では約38%安。
   (source : ロイター)

労組は、 タイ航空の民営化には絶対反対の立場。
しかし民営化がなければ赤字はずっと垂れ流しになるかも...

肉を切り血を流す、 ”甘えの構造” を断ち切らなきゃ...
ちょっとやそっとでは、 健全黒字体質には変われない。

一旦倒産させて、 会社更生法のもとで再建を図るのか、 プラユット首相の決断にかかっている。


  *********************


B 昨日の晩ごはん。

昨夜(5月18日)、 ショッピングモール 「MAYA」 に行く。
モール内にある和食店 「FIN」 でサーモン兜煮を食べるつもり。

しかし着いてみればお休み、 同店以外にも、 4Fのレストラン街は半分以上が休業のまま。

仕方なく 「弥生軒」 に入る(夜7時20分頃)。
入る前にQRコードをスキャン、 アルコールジェルで手の消毒。

面倒くさいのはこれだけじゃない。
友人と2人で行ったのだが席は別々、 1つのテーブルに1人が決まりとか。

pict-P_20200518_193220_vHDR_On.jpg

すごいソーシャルディスタンシング。
ジジイは豚丼セット(税込み150バーツ)を注文。


  奥のテーブルは倒されていて座れない。
pict-P_20200518_193248_vHDR_On.jpg


7時50分頃、 頼みもしないのに勘定書きを持ってくる。
領収書は 「弥生軒」 ではなく、 鍋料理の 「MK」 だった。

8時、 「MAYA」 の各売り場はみな店じまい。
店内はうす暗くなっていく。

pict-P_20200518_200200_vHDR_On.jpg


pict-P_20200518_200250_vHDR_On.jpg



明かりが煌々と輝いていたのが地下の 「スーパー・リンピン」。

pict-P_20200518_200643_vHDR_On.jpg



買い物して帰ろう...しかしQRコードのスキャン前で断られた。

  pict-P_20200518_200715_vHDR_On.jpg

リンピンも8時で閉店、 MAYAの夜は早かった。


  *********************


C デリバリーサービスで稼ぐ。

今、 ”Stay Home” で大繁盛なのが 「Grab Food」 などのデリバリーサービス。

チェンマイの人気店の前には配達用バイクがズラリと並ぶ。
                  ☟
pict-Grab.jpg



日本でなら 「Uber Eats」。
しかしチョット違うのが、 自転車配達が多いこと。
                 ☟
pict-Uber Eats.jpg

               * *

   こちらはレーサー用自転車でUber Eatsのデリバリー。
pict-UberEats配達員.jpg
               ☝
見るからにさっそうとした体格のいい男性。
それもそのはず、 彼はフェンシングの三宅諒選手(29)。

ロンドンオリンピック団体で、 日本に史上初の銀メダルをもたらした強豪選手なのだ。

  pict-三宅諒.jpg

2020年東京オリンピックの代表候補でもある。
しかし、大会の延期が決定する中、 3社あったスポンサー契約が満了。

となると食い扶持は自分で稼がなければならない。
収入ゼロの生活、 しかし、現実は重くのしかかる。

2020年2月に行われたイタリア遠征の請求書。
自己負担額は、 67万円にものぼっていた。

そこで遠征費を工面するために始めたのが 「Uber Eats」。

「自分の力で遠征に行けるだけの蓄えをつけてから臨んでみる。
 それを応援してくださる方に、 改めて支援して戴くことから
 スタート」

こう語る三宅諒選手。
オリンピックに向け、 何事もチャレンジ、 頑張れー!

                * *

武漢ウィルスは水商売にも容赦しない。

歌舞伎町のキャバクラ嬢(26)はコロナの影響で店は営業自粛 → 収入ゼロに...
                  ☟
pict-DSCN6947.jpg

で、歌舞伎町内でのデリバリー業 「かぶデリ」 でアルバイト。
自転車による配達で汗をかく。

               * *

こちらの彼女は本職がデリバリーで、 キャバクラは副業。
だが今は本職に専念か。

   pict-副業でキャバ嬢.jpg

               * *

吉原の高級店ソープ嬢(35)も店が休業。
「Uber Eats」 で4月から働いている。

  pict-DSCN6948.jpg

専用のリュックを9,500円で購入。
バイクは知り合いから借りたとか。

初日から5時間で7軒に配達し、5千円ほど稼いだ由。


彼女たち、 コロナ禍で収入ゼロ、 デリバリーで必死に稼ぐ。

お間違えないように...

決して ”デリヘル” ではありません。






でも、 ついでに ヤっちゃたりして....イイネ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:13| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: