2020年03月30日

独居老人の生活1826(ロックダウン)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1826(ロックダウン)


 オリンピックで2位に入賞すると銀メダルになる。

 政治で2番目になると忘れ去られる。

                       リチャード・ニクソン (米国の元大統領)


先日、 河野太郎防衛大臣がツイートで文句。
武漢肺炎報道でやたらと外国語が出てきて分かりづらいと...

 ・クラスター (集団感染)
 ・オーバーシュート(感染爆発)
 ・ロックダウン(都市封鎖)

なんでカタカナ? というもの。

他にもたくさんある。

流行の範囲で、 アウトブレイク(集団発生)→ エピデミック(国は超えない大規模伝染)→ パンデミック(世界的流行)。

エアロゾル(aerosol:ウイルスが霧のように空気中に漂うこと)

トリアージ(triage:各患者の治療優先順位づけ)

スーパースプレッダー
super-spreader:10人以上に感染拡大させた感染源の患者)

我々はこのように医学英語を知らぬ間に勉強させられている。

だからといって、 大多数の日本人が英語を話し、 書いて読むかといえばとんでもない。

そのくせ英単語を好んで使いたがる。
外国語を入れると、 カッコいい、 文化的価値が上がるように思うのかも。

ジジイが最近覚えたのが、 「トリエンナーレ」 の単語。
イタリア語で triennale、 英語では triennial、 意味は3年ごとの。

記憶に新しい 「愛知トリエンナーレ」 で初めて知った。
名称からして胡散臭いが、 中身は左翼プロパガンダ。

芸術と称してキチガイ作品が展示されただけ。
ジジイは思う。

外国で発明され、 それが日本に輸入されたもの、 これなら外国語で表すのもある程度は理解できる。

例えば車、 我々は普通に外来語を使っている。
キーでドアを開け、 エンジンをかけ、 アクセル踏んで、 ウインカー出して、 ハンドル回してドライブする。

これを日本語で言おうとすれば大変。
野球やゴルフなどのスポーツも同様だ。

しかし一切外国語が入らないスポーツもある、 それが大相撲。

寄り切り、 外掛け、 年寄り、 親方、 土俵、 行司、 差し違え、
物言い、 桟敷席、 升席、 中入り、 弓取式、 取り直し等々。

行司をアンパイア、 レフリー、 ジャッジなんて呼んだら興醒め。
こんなところに大相撲人気の秘密があるのかも....

                * *

日本語で十分言えることまで英語にするからおかしくなる。

コミットメント(責任、 関わり合い )、
ユーザー(利用者、 消費者)、  エビデンス(証拠、 確証) 

スペック(能力、性能)、  アジェンダ(議題、課題) 
コンセンサス(合意)、  フィックス(決定) 

シェア(共有)、  ペンディング(保留、中止)
フレームワーク(骨組み、 体制、 組織)

挙げたら切りがないのでこの辺でやめるが....


今、ブログを書いてたら、 志村けん(70)死亡のニュースが...
人気コメディアンが武漢肺炎でやられてしまった、 残念。

志村けんの懐かしい 「英語レッスン」 をどうぞ!
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Ic53hhFllPM

                * *

小池百合子東京都知事は3月23日、 記者団にこう述べた。

「事態の推移によっては、 ロックダウンなど強力な措置を取らざるを得ない可能性がある」

ここでも ”ロックダウン” という英単語が使われた。
この意味は封鎖, 避難。

ジジイが初めてこの文字に出くわしたのは3月17日のこと。
タイの英字新聞 「The Nation」 に ”Buri Ram province locked down” の記事。

本ブログ#1811では ”Buri Ram(ブリラム)県が封鎖宣言” と
訳して書いた。

日本であれだけ ”ロックダウン” が普通に使われるなら、 無理して訳す必要などなかった。


で、 そのBuri Ram(ブリラム)県の刑務所で暴動が発生。
2020年3月29日、 「The Nation」 が報道。

Buriram prison.png


服役者が武漢肺炎に感染との噂が出て、 暴動 → 脱走に発展。
100人ほどが食堂や面会ルームに火を放つ。

7名の脱走者を逮捕したが、 他は依然逃亡したままで、 脱走者数はまだ把握されていない。

服役者は終身刑の身、 それだけに近隣では恐怖が増す。
武漢ウィルスで、 ロックダウンした街の刑務所が破られたという
皮肉な話。

               * *

ロックダウンはタイ屈指の観光都市・プーケットにも及んだ。
今日3月30日〜4月30日まで街は封鎖される。

出入りが出来るのは、 生活必需品運送の車両だけ。
船もプーケットの港には接岸禁止(生活必需品搬入を除く)。

ビーチも同様で全て閉鎖。
飛行機は欠航、 ホテルも閉鎖で、 新規の予約はダメ。

チェンマイと同じで、 劇場、 バー、 クラブ、 美容院、 動物園、
レストランなど、 全てが閉鎖。

観光都市の1ヵ月ロックダウンは、 経済的に多大な影響を及ぼす。
それでもやらねば多くの人間が死ぬ..ということか。

               * *

延期となった東京オリンピックについて日程が固った模様。
開会式を2021年7月23日、 閉会式を8月8日にするとか。

大会組織委員会、 東京都、 政府などで討議してのこと。
まさか武漢肺炎が1年も続くことはあるまいが....

ジジイが森喜朗大会組織委員長を見て感じたことがある。
ジジイの森喜朗先生の印象は、 彼の若い時の方が強い。

  pict-森喜朗・全人像.jpg



  首相時代もまだ若々しい。
pict-総理大臣森喜朗(2000年9月.jpg
           ☝ 2000年9月、 63歳の時。



   pict-森喜朗.jpg



今や御年82歳、 お元気なれどやはり容貌は衰える。
                 ☟
pict-東京五輪組織委員会の森喜朗会長.jpg

もうここまで来たら、 東京五輪を見届けた後に、 あの世に旅立って戴ければと思ってはいるが...

74歳のジジイが尿意を催しトイレに行くと、 出す前にチョロっと漏らしてしまうほど。

82歳となると結構お疲れではないだろうか。 
オムツして...かな?

                 * *

同じく小池百合子知事もかなりお年を召された感じ。
ジジイは彼女のTVキャスター時代を見ているから余計に...

小池百合子の顔立ちは、 超美人というわけでもなく、 愛嬌があった。

次の写真は関西学院大学(5ヶ月で中退)に入学した頃。
               ☟
   pict-小池百合子の出身校1971年.jpg
         ☝ 19歳の小池百合子。


    そしてカイロ大学へ・・
  pict-1976年カイロ大学.jpg
       ☝ 24歳の小池百合子。
 

    帰国し、 ニュースキャスターに・・
  pict-ニュースキャスターだった若い頃.jpg
           ☝ 36歳の頃。



     ミニスカートだって似合ってた。
  pict-ミニスカート.jpg



    40歳で政界に進出、 立候補(1992年)。
  pict-小池百合子の若い頃.jpg



    国会議員になって輝いていた頃。
pict-小池百合子さんが政界入りして、間もない.jpg




  そして今や東京都知事でオリンピックを・・
               ☟
  pict-小池都知事.jpg
    ☝ 67歳という年齢で貫禄がついたというか...


ちなみに小池百合子は1度だけ結婚している。

1974年、 大学3年生(22歳)の時で、 相手は3歳年上のカイロ大学の日本人学生。

結婚生活は3年間ほど、 亭主がサウジアラビアに就職した際に離婚。

子供もなく、 生涯を政治にかける小池百合子知事。
希望の党は ”気泡の党” になっちまったが、 都知事再選は?


森喜朗組織委員長(82)と小池百合子知事(67)。

来年の東京オリンピック開催まで....






その地位を....ロックダウン(封鎖)!   


チェンマイって ホントいいですね! 



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:21| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: