2020年02月08日

独居老人の生活1770(羊頭狗肉)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1770(羊頭狗肉)


 人間は、 しばしば希望にあざむかれるが、

 しかし、また、 「絶望」 という観念にも

 同様にあざむかれる事がある。

                                 太宰治 (作家)


@ ターペ門広場が新装オープン。

2020年1月下旬から工事中だったターペ門、 昨日(2月7日)オープンし一般に開放された。

こんな感じになりました。 写真でどうぞ!

pict-DSCN6665.jpg



ゲートの両サイドには大きな象が2頭、置かれている。
                   ☟
pict-DSCN6657.jpg



   広場はお花畑のよう・・
pict-DSCN6661.jpg



   記念写真を撮る人が大勢いた。
pict-DSCN6659.jpg



  昔は毎夜、 この広場には市が立っていたのだが・・
pict-DSCN6663.jpg



ジジイが撮影していたら、 若者が近づきこれをくれた。
               ☟
   チェンマイのガイドブックとマスク。
pict-DSCN6670.jpg
    ☝ この時期にマスクをタダでくれるとは...いいね!



   おまけに絵はがきまで入っていた。
pict-DSCN6672.jpg


  **********************


A 武漢ガンバレ!  

チェンマイ観光当局と北タイの観光会社らが昨日(2月7日)、 中国総領事館に10万バーツと千枚のマスクを寄付した。

武漢肺炎で影響を受けている中国人を助けるためだ。
チェンマイ市庁舎ではこんなバナーを掲げて....
                 ☟
pict-Chiang Mai donation.jpg
     ☝ 頑張れ武漢、 頑張れ中国! と書いて励ます。


Rattapon Naradisornチェンマイ県副知事はこう述べた。
「中国によるウィルス危機への防御策とその対応には敬服する」
 
これに応えて中国総領事(女性)が挨拶。
「この危機がすぐに終わることを望んでいます」

pict-Chiang Mai donation 2.jpg
    (source : The Nation)


武漢肺炎危機、 早くに終結してくれればイイけど....

横浜港では3,700人の乗船客がまだ缶詰状態なんだよね。


  *********************


B 浮かぶ監獄になっちゃた?

大型豪華クルーズ船 「ダイヤモンド・プリンセス」 が入国できず、 横浜港に停泊したまま。
                  ☟
pict-ダイヤモンド・プリンセス2.jpg


2月5日、 乗船客10人に新型ウィルスの陽性が確認。
これが現在、 61人にまで増えているとか(読売新聞)。

約3,700人が原則2週間、 船内で缶詰に.....
その間は客室から出られず、 食事は部屋に届けられる。

pict-DSCN6674.jpg
           ☝ クルーズ船内の様子。


ルールがあって、乗船客は 「服は繰り返し着なくてはならず、 下着は石鹸で手洗いしている」 そうな。

昨日(2月7日)現在で、 日本の感染者は中国に次いで2番目に多い86人。 世界的には、 発症31,400人以上、 死者638人。

                  * *

とまあ、 乗船客にはお気の毒だが、 そう簡単に入国を許すわけにはいかない。

では彼らが留められている「ダイヤモンド・プリンセス」 ってどんな船か?

この船は、全長290m、全幅37.5m、 総トン数は約12万トン。
レストランは7つ、 日本人向けに大浴場や寿司バーもある。

1337室のうち約70%は、 海が見えるオーシャンビュー!
まさに 「海に浮かぶホテル」 なのだ。

ちなみにダイヤモンド・プリンセスの運営会社はアメリカ・サンタクラリタにある 「プリンセスクルーズ」 が本社。

50年以上の歴史と世界三大クルーズ会社の1つと言われている。

日本でのオフィスとして、 2012年 「カーニバル・ジャパン」 を東京・銀座に設立。


では船内をちょっと写真でご覧あれ。

   ここがジュニア・スイートの客室。
pict-ジュニア・スイートの客室.jpg
          ☝ 料金は高いクラスになる。



レストランの1つ、 「インターナショナル・ダイニング」
                 ☟
pict-レストランの1つ「インターナショナル・ダイニング.jpg



    プリンセスシアター。
pict-プリンセスシアター」。約700名を収容.jpg
              ☝ 約700名を収容。



  カジノは領海外に出たところでオープン。
pict-カジノ 領海外に出たところでオープン.jpg



   フィットネスルームもありますよ。
pict-フィットネスルーム.jpg



    プール。
pict-プール.jpg



でも、 このような施設には出て行けない3,700人。
ま、窓から日本の景色を見て....「ああ、 早く上陸したいなあ」
                 ☟
pict-ポートサイド)の眺め.jpg


缶詰状態になった船内の模様をビデオでどうぞ!
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=M7kpWDNu9zU


「ダイヤモンド・プリンセス」 は2019年1月25日に香港を出航。
であれば、 もう1度香港に引き返したらどうか。

元気な人は思う存分、 マカオでカジノを楽しもう!

残念、 マカオは観光客87%減で、 全カジノが営業停止中。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=m4J--oiOZws


更にクルーズ船が4隻、 日本へやって来る。
日本政府は入港を拒否する意向とか。

香港発の 「ウエステルダム号」 の乗客が、 武漢肺炎を発症した疑いがあるからだ。
           

  **********************


C 羊頭狗肉。

”病院かと思たら病院じゃない”

 それは何かと尋ねたら....

”カクリ、 カクリ、 カンゴクー”

武漢市内に大急ぎで用意された臨時の病院。
患者はホッとして入院、 ベッドに横たわった。

pict-Screenshot_20200208-062358.jpg



そこまでは良かったが....責任者の説明にはびっくり仰天。

    ここは病院ではないと・・
pict-Screenshot_20200208-061729.jpg



   薬がなくなったら家族に頼め!
pict-Screenshot_20200208-061815.jpg



   ここはただの隔離施設だ!
pict-Screenshot_20200208-061744.jpg



   最も重要なのは、 入ったら出ないことだ!
pict-Screenshot_20200208-061925.jpg


なんだー、 隔離施設というけど、 監獄じゃないか。

責任者と患者のやり取りです、 ビデオをどうぞ!
 (武漢 新型コロナウイルス 方倉醫院)
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=4q1zwQVgPnQ



こうなると患者の怒りは爆発。
武漢臨時病院、 入院初日にすでに精神崩壊状態。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=eOjQJ9NjLeM


いやはや一党独裁政権は何でもござれ、 怖いモノなし。
病院と称して隔離施設を用意しただけ。

医師は居ない、 症状が悪化したらここで死になさいって。
このくらいやらなきゃ、ウィルス拡散は防げないということ。

中国政府のやり方には驚嘆!   ある意味でご立派!
しかしこんな状態をほとんどの中国人は知らない。

共産党政権が情報統制(検閲)してるから。
もっと宣伝すればいいと思うが...やはり後ろめたいのかな。

中国人市民ジャーナリスト2人が武漢から現地の厳しい状況をスマートフォンで撮影。

これを上掲のような動画で世界に発信 → ユーチューブにも転載されている。

だが今、この内の1人が行方不明に....(当局に拘束された模様)

              * *

「ダイヤモンド・プリンセス号」 の乗客はまだイイ方か。
それぞれに部屋があり、 食料も水もあるのだ。


ジジイはつくづく思う、 日本人に生まれて良かった。

豪華クルーズ船には縁遠い貧乏人で良かった....倖せ。

チェンマイでブラブラ、 これが1番いい。






チェンマイって ホントいいですね!   





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:24| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: