2020年02月02日

独居老人の生活1764(老いればすべてが天国)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1764(老いれば全てが天国)


  私たちが追い出されずにすむ

  唯一の楽園は思い出である。 


                        ジャン・パウル (ドイツの小説家)


@ チェンマイでは初めての武漢肺炎発症例確認。

2020年1月31日、 スアンドーク病院(チェンマイ)は、 武漢肺炎の感染発症者例を確認したことを発表。

患者は隔離された状態にあり、 万全の態勢で治療にあたる。
同病院の出入り口ではスタッフが訪問者をチェック。

サーモスキャナーも置き、 アルコールジェルとマスクを無料で提供している。
    
  pict-スアンドーク病院.jpg
     (source : The Nation)

  ***********************


A 昨日の朝ごはん。

2月1日朝6時10分頃、 お粥店((地図はココ)に到着。
なぜ早朝に出向いたかというと、 この店には中国人も結構やって来る。

朝の7時過ぎに行ったら、 ジジイは中国人グループに取り囲まれて食うことになるかも。

朝6時頃ならガラ空き。
ジジイは定番のカォトム クン(海老入りライススープ)を注文。

自宅で刻んだ長ネギ(1本分)を持参、 これに入れてて食う。

pict-P_20200201_062337_vHDR_On.jpg
          ☝ カォトム クン:65バーツ。



中国人客が多いからか、 店員さん全員がしっかりマスク。
                 ☟
pict-P_20200201_062219_vHDR_On.jpg


顔見知りの店員さんが注文を取りにジジイの席に来た。
ところが彼女、 マスクを顎にまで引き下ろし、 鼻も口もオープン状態。

「中国人が来たら、 マスクをしろよ」 とジジイ。

美しくもない顔を見せて貰っても、 ちっとも嬉しくないわ。


  ********************


B 昨日の昼ごはん。

ランチは友人と 「ファン ムアンチャイ」 で。 (地図はココ
この店はミシュランでも推薦されてる人気店。

12時15分、店に到着、 オープンエアーの席は満杯。
で、エアコンルームの席に案内される。

客はジジイたちだけ、 これはラッキーと喜ぶ。
ところがこのあと、 客がゾロリゾロリとやって来た。

まだ注文前だったので、 引き揚げようかと....
しかし彼らが話しているのはタイ語、 お、タイ人か。

なら一応安心して、 オーダーを出す。
店に入ってから気付いたのだが、 マスクをつけている店員さんが
1人もいない。

朝のお粥店の店員さんとはエライ違い。
大丈夫なのかな...とこっちが心配になるほど。

ランチで食べたのは、 温野菜付きポークのこれ。
                  ☟
pict-P_20200201_123923_vHDR_On.jpg
            ☝ Prik Aong:80バーツ。



   友人が注文、 Prik Nam Pu:80バーツ。
pict-P_20200201_123911_vHDR_On.jpg
      ☝ タケノコと黒いもの(蟹から作るとか)。


他にカオソイ(チキン):65バーツ、 Beer Chang大瓶:85Bを注文した。

この店の客はタイ人が多いのか、 マスク着用の人が少ない。
                 ☟
pict-P_20200201_134206_vHDR_On.jpg
        ☝ 店の前、 誰もマスクをつけてない。

ここは中国人が少ない店なのかな?


  ********************


C マスクが売り切れ状態に.... (チェンマイ)

ここはチェンマイ人気の観光エリア、 ニマンヘミング界隈。
ショッピンモール 「MAYA」 もあって中国人が押し寄せる。

   中国人のお目当ては薬局。
pict-Chinese tourists stocking.jpg



この通りにある薬局はマスクの品切れ状態に見舞われる。
先月中旬あたりからマスク販売が急増している由。

pict-Empthy-shelves.jpg


原因は、 中国人が一括大量買いをやるからだ。
彼らは中国に帰国すると、 マスクの入手困難を知っている。

加えて、 家族や友人からの土産要請もある。
爆買いし、 帰国後にそれを売って儲けを企む人だっているかも...

   しっかりマスクする中国人観光客。
pict-Chinese tourists stocking 2.jpg


タイの商務省は、 マスク供給には全く心配なし、 安心するよう呼び掛けているが....

品薄との情報を耳にすると、 ストックしておこうと大量買い。
日本でも以前、トイレットペーパーで起こったことがある。

ジジイを例にとれば、 マスクはまだ1枚も買っていない。
武漢肺炎ではなく、 大気汚染対策でマスクの在庫があるからだ。

まさかウイルス対策になろうとは...ホント先の事は分からない。


  ***********************


D 重慶からチャーター便でタイ人が帰還。

昨日(2月1日)午後6時35分、 13人のタイ人が中国・重慶からスワンナプーム空港に到着した。

13人に武漢肺炎の徴候は見られないが、 全員2週間、 隔離される。

重慶に在留するタイ人はこれで1人も居なくなったという。
   (source : The Nation)

武漢のタイ人救援チャーター便はどうなっているのかな。
昨日(2月1日)、 バンコクを出発する予定だったが....


  **********************


E シルバー川柳。

ジジイが選んだモノをどうぞ!
武漢ウィルスばかりじゃ飽きが来ちゃいますから。

 ・この動悸  昔は恋で  今 病気

 ・恋かなと 思っていたら 不整脈

 ・物忘れ このまま全部 忘れたい

 ・くしゃみでも 漏れてしまうよ 小便が

 ・忘れえぬ 人はいるけど 名を忘れ

 ・物忘れ するが晩酌  忘れない      

 ・年上が タイプだけれど もういない

 ・起きたけど 寝るまで特に 用はなし

 ・愛してる 問えば老妻 頬を染め

 ・カードなし ケータイなし 被害なし

 ・土地もある 家もあるけど 居場所なし

 ・医者と妻 急にやさしく なる不安

 ・LED 使い切るまで 無い寿命

 ・オレオレの 相手をしたい ほどの暇

 ・若作り しても話題は みな昭和

 ・五十代 六十代は 夢と去り

 ・居ないとき 妻の枕を 尻に敷く

 ・「インスタバエ」 新種の蝿かと 孫に問い

 ・「もう止めた」 検査ばかりで 病気増え

 ・懐メロが 新し過ぎて 歌えない

 ・マイナンバー ナンマイダー と聴き違え

 
と、ここまで書いていたら、 突然ドアがノック。
ドアを開けてみたら、 立って居たのは友人の日野さん(71)。

pict-DSCN6632.jpg
        ☝ 今日の10時40分、 ジジイ宅にて。


「俺、 家で日本のテレビ番組見てたら時刻が出て....
 約束の12時半近くだったんで慌てて出てきたよ。
 すっかり勘違い、 日本とタイの時差....2時間」

今日の12時半に待ち合わせ、 そのあとランチに出る予定。
2時間も早くも来てしまったのだ。

また家に戻るの面倒だから、 ここにいるよ..と言ってソファーに座る日野さん。



エロボケに加え.....日野さん、






ホンマもんの認知症になっちまった。


チェンマイって ホントいいですね!    




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:23| Comment(2) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
独居老人様

コメント削除有難うございました。
「チェンマイの華麗なる生活」を夢見て、資金を貯めるため中国で2年間働き、
12月末に帰国しました。河北省の隣の省で働いていたので肺炎がとても
心配でしたが1か月たっても症状が出ないので、白だと思います。

先日、中国の会社からマスクを送ってくれと要請があり、あちこち飛び回って
ようやく1000枚集めて送付しました。中国はどこもマスクは入手できないようです。
日本でも薬局もドラッグストアも品薄で、一度にたくさん売ってくれません。

チェンマイでも感染者がでたそうですので、皆さんも、マスク、手洗いで十分注意してください。
Posted by yange sama at 2020年02月02日 16:55
yange sama殿:
中国で2年間働いておられましたか。
しばらくコメントを戴いてなかったのはそのためでしょうか。
ご無事で何よりでした。 帰国があと1ヵ月遅れていたら...
またチェンマイにお見えになってください。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2020年02月03日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: