2020年01月12日

独居老人の生活1743(孤独感が爽快


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1743(孤独感が爽快)


孤独の時間にどうやって精神的な豊かさを培ったかで、

魅力には差がつく。

                           齋藤孝(教育学者、 作家)


ジジイは知らなかった。
昨日(2020年1月11日)がタイの子供の日だったとは。

タイでは毎年、 「1月の第2土曜日」 が 「こどもの日」 になる由。

第1回目のこどもの日は1959年で、 その時は、「10月の第1土曜日」。

その後10月は雨期の影響を受ける等の理由から、 1965年より現在の1月の第2土曜日に変更されたという。

               * *

昨夜、 たまたま 「セントラル・エアポートプラザ」 へ行ったのだが、 そこで 「こどもの日」 ってことに気付いた次第。

まず目に入ったのが 「Export Kids Day Sale」 の看板だ。

pict-DSCN6535.jpg



玩具とか子供用品の特売か、 ちょっくら中を覗いてみた。
                  ☟
pict-DSCN6551.jpg
         ☝ 大人用の衣料品がほとんど。
           こどもの日とは関係あるの?



   いたいた、 子供(女の子)3人が品定め。
pict-DSCN6553.jpg



口紅など大人顔負けの化粧して...小学4年生くらいか。
                 ☟
pict-DSCN6554.jpg



   毎日が電飾か、 弥が上にも盛り上がる。
pict-DSCN6547.jpg



  プラザ内に入るとイベントの真っ最中。
pict-DSCN6539.jpg



   ジジイは晩ごはんを食う。
pict-P_20191210_124656_vHDR_On_pイサーン料理Airport Plaza (3).jpg



   店内。
pict-P_20200111_181525_vHDR_On.jpg



pict-P_20191210_124656_vHDR_On_pイサーン料理Airport Plaza (1).jpg



   注文は海鮮しゃぶしゃぶ:325バーツ。
   野菜とタマゴ付き、 Beer Chang小瓶:89バーツ。 
pict-P_20191210_124656_vHDR_On_pイサーン料理Airport Plaza (2).jpg


店には店員が5人いたが、 マナーの悪いこと....
男と女の子の店員が悪ふざけをやったりで、 なっちゃいない。

マネージャーらしき男性が現れたら、 ピシッと真面目になった。
店員教育が行き届いていないんだろう。

               * *

店で食事をしていたら、 友人の爺さんからLineが入る。
用件は次の質問。

「先ほどピッサヌロークに1泊した後、 帰ってきました。
 TM-30の届け出が必要ですか?
 あるブログで、 国内旅行でも他地域で1泊でもすれば、
 TM-30が要求されると...
 それを怠った中国人が罰金を支払わされた」 というもの。

「そんなもの、 無視です。 
 去年9月にパタヤで5泊した連中も、 やってません」

ジジイも2018年9月下旬、 クラビで数泊してチェンマイに戻ったが、 TM-30など考えもしなかった。

事実、 それで罰金を払ったわけでもない。
ホテル側がイミグレに届け出ていればそれでOK。

もし何もしていなければ、 チェンマイに居たことになる。
いやはや真面目な爺さんがいたもんだ。


TM-30の件が終わって更に話が弾む。 
今度はジジイが友人(67歳)に訊いた。

「何の目的でピッサヌロークに行ったの?」

「バイクでツーリング、 1泊2日だけでしたが...」

聞いて驚いた。
67歳の爺さんが1人でバイクを飛ばしてピッサヌロークへ....
チェンマイから片道360qの距離。 

もう少し若い頃は、 1人でチェンマイからペナン(マレーシア)まで走ったことがあるという。

ジジイには気が狂っているとしか思えない。

ピッサヌロークは2日間で746qを走り、 今夕チェンマイ到着。

バイクツーリングといえば、 数人で走るものと思っていたが...

「1人で走って寂しくない?」

「とんでもない、 この孤独感が何とも言えずイイんですよ」

ウーン、 ならばジジイは1人暮らしだから、 毎日、孤独感を楽しめるってことか。

何はともあれ、 世の中には変わった爺さんがいるもんだ。
この日は話の弾みで元気な ”老人の日” になってしまった。


ジジイが今、食べてる料理(前掲写真)を送信したら、

「私はピッサヌロークでこんなもの食いました。
 場末のような雰囲気が大好きで....
 エアポートプラザとはエライ違いですね」

pict-1578750112792西野 (1).jpg



pict-1578750112792西野 (2).jpg
                  ☝
 左はソーセージ、 右はポーク、 栄養バランスが悪い感じ。


友人はチェンマイの大豪邸にタイ人奥さんと住んでいる。
カネは有り余るほどに持つ金持ちだ。

その割にはケチ臭い食事だが....


孤独な貧乏人の楽しみは、 たまの贅沢らしき食事。

この日、 エアポートプラザで買い物ゼロ。

食事だけしてそのまま帰宅。  






 ちょっと寂しい。


チェンマイって ホントいいですね!

   

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:13| Comment(8) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チェンマイ華麗なる独居老人殿
何時も情報ありがとうございます。
昨日11日は市営球場でイベント、こどもが色々とゲット、お父さん少し助かる。
見ていて感じた、昨年度より景品に高級感消える!不景気?
先輩Sさん大きいバイクでツーリング、Fさん1人バイクでタチレイク!まだまだ頑張ってますよ。
Posted by 見知らぬオッサン at 2020年01月12日 13:49
見知らぬオッサン殿:
コメントありがとうございます。
子供の景品で景気を推測する...すごい洞察力ですね。
Fさんのタチレクは、何かの目的があったのかも...
ピッサヌロークへのツーリングは、ただ走るだけが目的だったようです。
だったらチェンマイのスーパーハイウエイを行ったり来たりすればいいのに..そう思っちゃいますね。
それにしても1人で遠距離を走る、すごいことで、ジジイにはとてもできませんわ。
Posted by 独居老人 at 2020年01月12日 20:27
ご友人は孤独バイクツーリングですか
人と行動すると気疲れするのでしょう
自己中で我が思うままの人には分からない悩みもあります。

TM-30は、ホテルやアパートのオーナー、また外国人が寝泊まりする家屋は必ずタイ人の持ち物ですから(タビアンバーンのトップ名が持ち主)その人たちが届け出するものなのです。
本来は自分でやるべきものではありませんね。
各タイ人オーナーは罰金を払わなくても何ら困りませんので、滞在不許可にされては困る外国人がターゲットにされているだけでしょう。
Posted by なんだかな〜 at 2020年01月13日 19:43
いつものことですが、(コメントする、この時間帯には)酔っぱらいの昔話になってしまいます。
小生もオートバイに憧れて、16歳で自動二輪の免許を取りましたが、家庭の事情で買っては貰えませんでした。30歳を越えて独身。どうしても夢を叶えたくて年甲斐もなくナナハンを買いました。
米映画「イージーライダー」を見た少年時代の興奮がどうしても忘れられずに・・・
バイクに跨るのは、女性に跨るのと同等か、それ以上のエクスタシーを覚えるものなんですねー。
当時、住んでいた家から日光とか秩父、御岳山など仕事が休みの日の朝には一人でツーリングに・・・ 昼飯を取らなくても苦にならず、ただただバイクに跨っている楽しさが最高のエクスタシーだったんですねー。
Posted by 信天翁 at 2020年01月13日 22:38
なんだかな〜殿:
コメントありがとうございます。
一人で旅したりする人が自己中とは思いませんが...
皆さんそれぞれ好きにやればいいだけの話です。
隠居爺さんは気ままにやるのが1番イイと思います。
Posted by 独居老人 at 2020年01月14日 15:38
信天翁さん:
ナナハンに乗っておられたとは、凄いですね。
カッコいいですよ、ジジイも憧れます。
作家の中島らもの言葉、「1人で遊べるのも1つの教養」。
誰彼に忖度することなく、好きに生きましょう。 あと数年の健康、命ですから。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2020年01月14日 16:03
おはようございます、ACEです。

自転車ツーリストの67歳の方の体力には驚きです。この方並みの体力を持っている方はその辺にはいませんから一人旅になるのでしょう。

私も今から半世紀余り前自転車で九州一周をしましたが、行程の5分の2で友人が止めて困りました。

精神的なショックだけで無くただでさえ重い荷物に共同の荷物が追加された事です。それで二年後の残りの日本一周は一人で行きました。

信天翁さんおはようございます。
>>米映画「イージーライダー」を見た少年時代の興奮がどうしても忘れられずに・・・

私もこの映画には感動しました。バニシングポイントやキャノンボールも良かったです。どこまでも続くアメリカの大平原に憧れて、40歳代になってからレンタカーで2万km位USAを走りました。1回目が一番長くて9600kmドライブでした。ロスからキーウエスト経由でNYで乗り捨てです。

バイクでの日本一周は金が無かったので、中古で買ったCB93(125cc)でした(笑)。




Posted by ACE at 2020年01月15日 09:00
ACEさん:
コメントありがとうございます。
67歳の友人はバイクでツーリングです。
自転車では1日360q走行は無理ですね。
ジジイも自転車好きでしたが、1番長い距離で東京・石神井〜館林(群馬)の往復でした。
車でも長距離は苦手で、1番長くて富山〜東京でした。
米国では、ケンタッキー〜Mobileを1人でドライブしたのが最長ですね。
2人でなら、ケンタッキー〜シカゴ、 ケンタッキー〜アトランタなどがありました。
ジジイは酒好きで、1人ではバイクも車も長距離はダメですね(笑)
Posted by 独居老人 at 2020年01月15日 13:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: